心理

思いやりがない人の心理と改善│本当に気にしたいのは思いやり偽善

思いやりがない人は悪でしょうか?

事実は時に全く違うものを見せてきます。

思いやりを知らない、わからない人。
思いやっているつもりで思いやっていない人。

思いやりだと思い込んでいる人ほど思いやりがない。
思いやりがないと自覚している人は思いやりに気付いていないだけ。

これが事実だったりします。

ここでは、思いやりがない人の心理からわかる、改善の一助となる願いを込めた内容をお伝えします。

思いやりとは優しさとは違うので誰しもができることではありません。誰しもがしなければならないことでもありません。

自分は思いやりがないと思い込んでいる人もいますので、私自身が思いやりの欠片もないと思い込んでいた経験を踏まえて理解した、心理状態と改善方法が役立てば幸いです。

思いやりがない人とは

思いやりがない人とは

初めに、「思いやりがない人とは何者なのか?」を明確にしたいと思います。

思い込みとは、心配りや同情にて他者の心情を認めて、配慮し、助けようとする行為や気持ち、その様です。

言い方をシンプルにすると、人を敬う認識による行為のことで、思いやりがあるかないかは、他者の喜びがどれほど自分の喜びだと思えるかでわかります。

  • 思いやりがある人とは、他者の喜び(満足や納得)が自分の喜びだと認識する人
  • 思いやりがない人とは、他者の喜びが自分の喜びだと認識しない人

両者の違いは、思いやる行動動機があるか否かです。動機がなければ他者を利用したり、嘘をつくことが起きます。

ここで突然ですが、思いやりがあるか確認したいと思います。

ウガンダに住むボハモンさん(男性52歳)はこの度結婚され、五人目の奥様との幸せで順風満帆な生活が始まりました、わーいわーい。

「‥‥知るかっそんなもん!」

距離が遠くなればなるほど思いやりは届かなくなり、思いやりがあったとしても自分の子供にだけ、家族だけ、親友だけと距離間があります。

近ければ近いほどに思いやりを持つことができ、自分のことのように喜べます。

思いやりがない人とは喜びへの尊重がなく、認識の距離範囲が狭い、またはない人を示します。

 

最も思いやりがない人

距離にて度合が作られ、誰に対しても自分と同じように喜べることでイエス・キリストになるとかならないとか。

思いやりのあるなしの度合の尺度として距離間がありますが、これは距離範囲が狭ければ思いやりがないという意味です。

距離範囲は思いやりを持つ基盤である自分から広がるので、最も思いやりがない状態とは自分の喜びに喜べない=距離範囲に自分が入っていない状態です。

自分が含まれていなければ思いやる基盤がないので、誰を思いやることもできなくなります。

すると起きるのが、自分に嘘をつく、思いやっていると思い込むことです。

社会の常識やルール、他者の意見に従って物事を自分なりに考えず、思いやる気はさらさらないけど思いやってそうな行為をする。

最も思いやりがない人とは、嘘によって現実を誤魔化し、思いやっていない自分を見ないように他の意見に準ずる、“主観がなく、自分に嘘をつく人”です。

他者が主観、常識が主観、文化が主観、親、テレビ、SNS…どれかわからない。

思いやりがなければ他者に興味も関心もなくなりますが、そこで嘘をついて自分を失い続けることで、自分にも思いやりがなくなっていきます。

自分ではない何かを基に思いやっている状態をあえて作ることで、思いやりがある状態からどんどん離れていくという具合です。

 

思いやりがある人の特徴

思いやりのない人をわかりやすく知るために、思いやりがある人の特徴を見ていきたいと思います。

1、思考も感覚もどちらもバランスがある

思いやりがある人は、思考過多、感覚依存などのバランスの逸脱がありません。

頭が固くなったり、心だけ多用したりはせずに、両方を大切にします。

どちらも重要である認識を持ち、自分の力を他者を思いやるために使用します。

 

2、相手を理解する洞察力がある

自分の力を他者のために使用するので、相手を見て、状態や状況を知ろうとします。

一方的や一側面だけを見ずに、多角的に捉えるために洞察力に優れている特徴があります。

目力として人を見て、観る。相手の立場になって物事を考えることをします。

 

3、思い込みや決め付けがない

物事の思考や認識がフラットで自由です。

「これはこういうものだ」という固定観念、思い込みや決め付けをしません。

 

4、聞く時の情報収集量が多い

聞く力に長けています。

人の意見を聞く時は聞き、口出しや途中で遮ることをしません。

言葉を聞くだけでなく、言葉から取れるさまざまな情報を五感にて認知し、人によっては第六感や波動感受にて受け取ります。

そのため、一つの聞く動作にさまざまな器官が働き、相手の状態を知る情報量が多いです。

 

5、フィルター掛けがない

人の意見を聞く際に、自分なりに解釈するルール設定がなく、その人の理解そのままに聞こうとします。

満面の笑顔で、「今日の天気は最悪だね」と言われた時に解釈できるように、自らのルール設定を他者に押し付けて決め付けることをしません。

 

6、HSPやエンパス気質が多い

あくまで傾向ですが、思いやりがある人にはHSPやエンパスである人が多いです。

両者は共に感覚感受が鋭く、共感能力に長けている気質を持つ人のことで、感受共感性の高さがあります。

自然とさまざまな情報を読み取り、相手の心情がまるで自分のことかのように認識します。

先天的な気質として無意識に相手の心情がわかってしまうというものなので、相手の理解が深く、思いやりの心を持つことに繋がる特徴です。

 

7、自分が主観、常に主体を忘れない

思いやりがある人は常に主観で主体性を持ちます。

自分が主体である前提があるために、相手を主体にする思いやりの際には自然と同情は共感による同調となります。

そして、自らの能力や才能を発揮するためにも主体性を忘れず、他者のために使用します。

 

8、自分を敬う

主体性を忘れないためにも、自分を敬います。

言い方を変えると、自分を愛しています。

思いやりがある人の絶対条件と言いますか、自分を愛していなければ他者を愛し敬うことができないため、思いやりのある人には必ずあるものと私は理解しています。

 

9、思考使用が端的

思考に飲み込まれて頭の中を巡り続けることはなく、問題解決、答えを出す、意見を作る、表現方法などと、使用目的が明確で端的です。

思考する時としない時の線引きがはっきりしているため、ずっと物事を考えていることが少ないです。

ずっと物事を考えるタイプで思いやりがある人は、考えることが好きな人で、自分を敬うために考えるという具合です。

 

10、人を信じる、疑わない

思いやりがある人の大きな特徴は、人を信じます。

自分を信じている基盤があり、他者を疑う概念がない、または少ないです。

純粋な子供のような心を持ち、物事を真正面から捉え、良い悪い、要る要らないとはっきりと自分の意見を持つ特徴です。

嘘をつかないということでもあり、現実を誤魔化さず誠実で爽快な人間性です。

以上、思いやりがある人の特徴です。

※思いやりとは何かの詳細は、思いやりの心とは他と自の同一化│持つためには敬いを育む覚悟 をご覧ください。

思いやりの心とは他と自の同一化│持つためには敬いを育む覚悟思いやる際に必要な“心”。 思いやりの心とは何か? 心の理解を基にした思いやり、そこには人と人の関わりにある人間味があります...

 

思いやりがない人の心理と改善

思いやりがない人のタイプ

これまでの内容から、思いやりがない人にはタイプが見出されます。

思いやりがない人のタイプ
  1. 自分に思いやりがない人(自分の喜びを尊重せず、他に思いやりもない)
  2. 他者に思いやりがない人(他の喜びを尊重せず、自分に思いやりがある)
  3. 思いやりがあると思い込む人(自他への尊重がなく、自他への思いやりがない)

それぞれのタイプにて心理がありますので、順番にご覧ください。

 

自分に思いやりがない人の心理

自分に思いやりがない人は自らの喜びを尊重しない特徴があります。

信じていない、敬っていない、愛していない状態で、自分にも他者にも思いやりを持つことができなくなります。

他者を思いやろうとすれば偽善となり、思いやりがあると思い込む状態に変化します。

自分を愛さず、感情や自己表現を抑制し、仮面を被るように我慢や取り繕いを多用します。

心理の要因となるのは、幼少期の他との関わり、生活環境での家族や友人との関わりにて愛を貰えていないことが考えられ、偽りの仮面環境、笑顔の裏に常に別の顔があることを知っていながら生きてきた経験の積み重ねによる、内側と外側の矛盾があります。

思っていることと行っていること、感じていることと発言していることの違いなど、あらゆるギャップを内包しながらも認めず、認めていないにも関わらず行為していることで、自分への思いやりがなくなります。

しかし、思いやっているように振舞ったり、思い込むことをしない場合には、自己矛盾への気付きがあり、自らを思いやりたい気持ちが内側のどこかにあり、模索する状態が起きます。

これは自分が主観のままで見失っていない状態です。

周囲の環境に翻弄され、支配されることで抑制や抑圧、見えない縛りなどがあり、思いやりがないと思い込んでいる可能性があります。

心理は、他からの影響に翻弄されることで思いやりがないと思い込み、自分を卑下して肯定しない状態を作ります。

思いやってもらう体験が少ないことで愛の感受を抑制しますが、他からの影響に違和感や嫌悪を感じる主観があることで、改善の道が見られます。

 

他に思いやりがない人の心理

自分への思いやりが強く、他の喜びに興味関心がなく、尊重する意味もわからないというものです。

自我が強く、他からの思いやりを受ける体験のなさが考えられ、サイコパス、自己愛性パーソナリティ障害、発達障害などに多く見られる心理でもあります。

自己愛が強いため、思いやりの成功体験があることで他者に対して自らの愛をおすそ分けする力を秘める人もいます。

しかし、幼少期からの環境にて人間性や価値観が構築され、自我が確立されている気質や性格から、自分の喜びがあれば他を配慮する意味がわからなくなります。

物事を自分の理解にて見るため、真っ直ぐで純粋な気持ちが強く、誠実で確証的な自己解釈が定着しています。

経験による絶対的な理論や理解(自分にとって)があり、一人一人は個々に生きているという基盤に忠実な人間性からの心理とも考えられます。

行動動機や意味があれば進んで他のためでも何でも人のために行動する人です。

しかし、いかんせん動機や意味が本人にとってはわからない、またはないので、思いやりも優しさも他にすることがなくなります。

 

思いやりがあると思い込む人の心理

思いやりがあると思い込む人は、思いやりがないことを自覚している状態から自分の見失いによって起きる段階です。

自分の意見や考えがなく、感情や自己表現をしないでいると、主観は己から他の誰か、または常識やルールといった大衆のものとなります。

違和感があれば自分に思いやりがない状態で留まりますが、“思いやりがない自覚をなくす”と決めた暁には、思いやっていると思い込む状態が作られます。

思いやりとは他者を敬う気持ちであるため、嫌々することではありません。喜んで他者に利益をもたらしたいと協力、サポートする姿勢には、自分の喜びがあります。

そのため、「これが思いやりだ」とルール設定されたものは、体裁や周囲の反応を気にした演技、偽善、取り繕い、優しさという皮を被った順守であり、思いやりとは別物です。

言葉通り“ルール順守”ですので、優しさでも配慮でもなく、気遣いでも考慮でもなく、思い込みだと知っていれば自分への嘘偽り、他者への演技、ルールへの従順となります。

思い込む心理には、他のために従う=生かされる状態を認めた経過があり、否定されず肯定される、価値を喪失せず、存在価値を見失わないためと、あらゆる行動は他を主観にした利益追従となります。

これらは全て恐怖を恐れ、苦痛を嫌がり、逃げ続ける人間性を作り、自己正当化を強める我欲を基に苦痛をなくすための生き方や価値観で脳内を埋め尽くし、否定されないために思いやりがない人を否定して攻撃する人まで存在します。

※性格の悪さを隠す人の話は、【利用は餌撒き?!】性格の悪い人ほど人気者で友達が多い訳がある をご覧ください。

 

思いやりがない人の改善方法

最後に改善方法をお伝えして終了します。

改善方法は、成功体験を増やすことです。

思いやりとは、ルール設定のない人と人の関わりにある敬いです。

目の前の人が変われば、その人に対する敬いの気持ちも行為も変わるため、千差万別の思いやりがあり、一つとして同じものはありません。

「この人が喜べばまるで自分のことのように喜べる」

そんな認識があることで思いやりを持つ動機となり、そのためには、心から人が喜ぶ顔や気持ち、反応にある情動や心情を知っている必要があります。

そのためには、自分が思いやりを貰う体験です。

誰かから喜びをもたらされることでの自分自身の喜びを体感します。その際に、自分が喜ぶことで目の前の人が喜んでくれていることをさらに体感します。

誰か心優しい人が思いやってくれるのを待っていると人生終わってしまうので、自ら成功体験をすることが重要です。

改善方法は、人に心から感謝することです。

 

心から感謝する

感謝を増やし、心からの本気の気持ちを見出していきます。

すると、感謝された人の中から、「嬉しい、この人にも喜んでもらいたい」と思いやりを与えてくれる人が現れます。

人との関わりと体験が増えることで、人を思いやる気持ちや認識がわかり、改善になります。

人に心から感謝するためには、自分を敬い大切にすることが大前提となるので、「感謝とは何か、意味とは?」という自分なりの理解を持つことが重要です。

あらゆることは経験による実感が教えてくれるので、行動して人と関わることで育まれます。

 

人と真剣に関わる

関わるのであれば真剣であればあるほど、自分のためにも相手のためにもなります。

一度関わっただけで理解を育むことは困難ですので、気負わず、疲れず、自分を尊重することを忘れずに、着実に少しずつでも真剣味を持つと良い塩梅。

真面目になる必要はありません。ただ、真剣になればなるほど関わる人は明らかに変わっていきます。

「ありがとう」と言っていれば良かったこれまでが、ありがとうの意味を知らないと使いたくないと思うかもしれません。それが真剣味です。

真剣に誠実に人と関わるためにも、自分をより深く知ることが改善になり、意見を持ち、物事をしっかり理解しているのかいないのかを明確にすると、嘘をやめるための理解も育まれます。

毎日生きていることが当たり前だと思うと、日々を一つ一つ認識しなくなるように、人との関わりが当たり前になることで真剣味は自然となくなるのが私達人間ですので、日々の時間を大切に、常に勉強して学ぶことを知ると、どんな時間でも重要になります。

 

感謝するための選別をする

思いやりを持つために人との真剣な関わりが大切ですが、誰彼構わず関わることは自分の利益追従が目的で相手を尊重することが遠くなります。

そのため、初めの内は関わる人は選別することが改善方法になります。

いずれは、線引きや区分けをなくすことが大切かと思いますが、世の中には一生かけても関われない人だらけですので、少しでも関わりたいと思う人=感謝したいと思える人と過ごすことが必要です。

感謝するための選別をすることで真剣に関わることができ、より自分を、そして他者を敬う気持ちを見出せます。

※思いやりがないと言われた時の改善は、思いやりがないと言われた時に直したいこと│優しさとの違いは改善を導く をご覧ください。

思いやりがないと言われた時に直したいこと│優しさとの違いは改善を導く思いやりとは優しさと違う独特なものです。 そのため、思いやりがないからと言って=冷たいには直結しません。 では、思いやりがな...

 

思いやりがない人の心理と改善 まとめ

改善方法は数知れど、最も大切なことは、「人を思いやりたい」という気持ちです。

重要なポイントは、
「思いやりがないと自覚すること」
「どうして思いやりたいのかへの答え」です。

思いやりとはルールでも常識でも、しなければならないことでも何でもありません。

「この人に喜んで貰いたい、辛さを緩和させてあげたい」と人を敬い、その人の利益を与えることです。

人のためですので、思いやりたい人がいれば思いやります。

そのためにも、成功体験、思いやりたい人と関わり、感謝したいと思う人と関わることがここでお伝えしたい改善方法です。

まずは自分からです。どんな状態になっても自覚が何よりも大切で、自分が主観だと忘れないことが改善を見えやすくします。

私自身、思いやりも何もない非情人間だと思い込み、葬式は笑うものだと思っている節がありました。

ただのヤバい奴ですが、あらゆる経験が増えて主観が明確になることで、優しさや思いやりがみるみる出てきて、今では理解を含めて葬式は笑うものだと思っています。

思いやりがなければないです。その際に見るものは、それを自覚し、それに対してどう思うか。

意見を持つ、目で見て、肌で感じて、頭で考えて、心で想う。全ての主観は自分です。

それを尊重すると、思いやりを持ちたいか否か、明確にわかりますよ。

一生勉強、一生学び、一生成長という具合で行きましょう。

【忘れていた人生の合図を電子書籍にて販売中!】

ふざけた人生哲学 幸せはムニュムニュムニュ

サラリーマンだった人間がおかしくなる。森での変人化計画と全貌。

一人での森生活、襲ってきた熊は忘れていた大事なことを思い出させてくれました。

自分を探し出す物語。自分を見失い、人生に疑問を抱き、違和感を感じる時こそ、本当の自分を見つけ出す変貌ストーリーが始まります。

自分らしく人生を生きるための経験と知恵を詰めた哲学を、小説として読む内容。

興味を感じた方は、ぜひ始まりの合図を受け取られてください。それはムニュムニュしています。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です