生き方

自分を大切にすることは自尊心の自覚|自己受容で始まる褒める意味

自分を大切にすることは自尊心を高める自覚と認識があり、心の意識を感じるスピリチュアルな意味があります。

自分を大切にしない場合、どうしてでしょうか?

自分を大切にすることは自分を愛することで、その気持ちを持っていない人はいませんが、見失い、忘れてしまうことがあります。

自分を大切にする気付きには、幸せになることを約束された認識があり、気付きと同時に自分の人生が始まります。

その為には自分を大切にすることの意味を知っていただき、自分を大切にする方法がありますので、ぜひご覧ください。

自分を大切にすることはいつでもどこでもできます。しかし、大切なことは自分を認識することであり、自分をどこまで敬う意志があるかです。

そこで、自分を大切にするために自分を褒めることが方法となり、持ち上げて持ち上げて、ワッショイワッショイと心豊かになることで、隠されていた真意や在りたい姿が現れます。

自分を大切にする意味となる、心の真意の自尊心を知って頂き、確たる自分として人生を切り開く一助になることを願います。

 

自分を大切にするスピリチュアル

自分を大切にするとは

自分を大切にする際には“大切”の意味をどのように解釈するかが重要になります。

大切には、敬いや尊重の気持ちにて愛する意味と、思考的に自分に辛いことや恐怖を味わわせずに納得と満足する意味があります。

その違いは、心で大切だと認識するか、頭で大切だと理解するかの違いがあり、どちらが本人にとって重要かは本人にしかわかりません。

そこで、“自分を大切にする”“自分”についてを考えてみると、どちらが好ましいかがわかりやすくなります。

自分は自分ですので、自分を大切にする際の主観は自分であり、他の存在も何もありません。

他を含めずに自分しか存在しない状態であり、自分一人しかいない真っ新な状態を標準とすると、頭を撫でたり甘やかしたり、辛いことをしない状態を作ることができなくなります。

なぜならば、自分しかいなければ自分の意志なく生きることができないからです。

すると、思考的に自分を大切にする際には“他”の存在が必要不可欠となり、自分という主観で生きない前提でのみまかり通ります。

どちらが良いか悪いかという概念はなく、「自分を大切にする」ことの意味を考えると、自分を主観として自分の意志を持って自分を敬うことだとわかります。

以上から、自分を大切にするとは自分の力と意志で自分に敬いと尊重を持ち、愛することだと考えられ、ピッタリな言葉が、『自尊心』です。

自分を大切にするとは : 自尊心を持ち、自分を愛する

自分を大切にするとは自尊心を認識することです。

自分という存在には自尊心が必要で、自分を愛することができるようになる意味があります。

 

自尊心の意味

それでは、自尊心とはどういう意味があるのか?
“自尊心”の意味をご覧ください。

自尊心とは : 引用 コトバンク

自分の人格を大切にする気持ち。また、自分の思想や言動などに自信をもち、他からの干渉を排除する態度。

自尊心には自己を尊重する気持ちと共に、他者からの反応を前提に踏まえて、他の干渉を排除する行為を含めるので、他を気に掛けた上で自分を高く評価して振る舞うプライドの意味合いも含まれています。

するとこの意味からは、自尊心の心の意味とは別に、頭にて他者を含めて思考して自分を見失わない様があり、さらに自分のみを主観にするのではなく、周囲の存在を含めた集合の中で、自分を確保する意志があることを表します。

自分を大切にするための自尊心には心と脳から捉える意味があり、社会性や他との生活を前提に踏まえた解釈があります。

しかし、自尊心の英語の意味合いにはシンプルに捉えた解釈があります。

英語での“自尊心”の意味は、日本語の自尊心とは少し捉え方が違います。

英語での自尊心 :[self esteem]

self・・・自己
esteem・・・尊重する

self esteem・・・自己を尊重する、自己を敬う

自己を尊重する際、他者の干渉は初めから終わりまで存在しません。

自尊心の“自己”には自分という存在があり、自分とは肉体と脳と心が一体となった一つの意識体で、他を含めた社会的な考え方や常識やルールの価値観や固定観念となる“他”はありません。

言葉としてのシンプルな意味付けとなり、自尊心とは自分を尊重して存在するありのままの自分のことを指します。

日本には他者の存在を重要視する概念があり、個よりも集団意識を大切にすることから他を踏まえた意味となりますが、他の国ではそのような概念はレアもレア、特殊または不思議になります。

他を気に掛けるのか他を敬うのかは天と地以上に差があり、他を敬うことができれば既に自分を大切にしているので、自尊心のことを考える必要もありません。

その為、日本語の自尊心は他者を敬うことができる人限定の意味となり、自分を敬えない人は他者を敬うことはできませんので、分け隔てなく適応されるのは自分のみを主観にした英語の自尊心の意味となります。

 

自分を大切にするスピリチュアルな意味

自分を大切にすることをスピリチュアルな認識で解釈する際には、“自尊心”の“心”をそのまま捉え、英語の意味合いになります。

日本語の意味合いでもいいのですが、英語でシンプルな意味合いがわかりやすくなるかと思います。

自分という存在をそのまま敬い尊重する自尊心の意味があり、“心”のことを指す、思考のないありのまま、またはあるがままの自分が主観です。

私達が生まれた時はそのままの姿でした。生まれた後は、思考やエゴのない心として目の前のことを認識して、自分のできることを本気で取り組みながら生存を図ります。

その活動には自分を敬う気持ちが集約されており、自分を愛するが故に呼吸をして、ミルクを貰うために本気で泣き叫び、排泄して、綺麗にして欲しければさらに大声で叫びます。

全力で自分のできることをして、周囲の人の助けを自分が生存するために活用し、自分のみにフォーカスをして自分を愛し続けます。

その生きる姿には全て、「生きるために自分を敬い大切にする行為」があり、何も考えずにあるがままにオギャオギャと泣き叫び、笑い、はしゃぎ、他も気にせず、体裁も建前も偽善もない自尊心の塊です。

スピリチュアルな認識では心は魂であり、ただあるがままに生きる自分を知ることが自尊心の認識となり、自分を大切にする意味になります。

自分を大切にするスピリチュアルな意味 : 自尊心そのものの自分を知る

※生きるために一生懸命に本気で行動する自分が自尊心の塊だと気付くこと

思考のない心を主体とした自分自体が自尊心であり、自分を大切に敬う姿です。

ありのまま、あるがままに本気で自分のできることを一生懸命にしている自分を認識すると、何も考えずに自分に喜びを与えて生き続けていることを知ります。

すると、自分を大切にしているからご飯を食べていること、自分を大切にしているから楽しもうとすること、自分を大切にしているから体調を気にかけていること、あらゆる行為は自分を大切にするがためだと気付きます。

その際の自分は自尊心の塊で、心を主体にしています。

自尊心は心の認識なので考えて認識することはできません。自尊心そのものとして生きることで、結果的に自分を大切にしている自分に気付き、そんな自分を紐解くと愛の存在だと認識します。

そこに、さらなる自分を大切にするスピリチュアルな意味があります。

自分を大切にするスピリチュアルな意味 : 自分が愛の存在だと知ること

自尊心そのものである自分を認識すると、自分は愛の存在だと気付きます。

生まれた赤ん坊が見本例になります。
赤ん坊の行動規範は生存本能による脳機能と、愛の認知による自分を愛するための行動となり、周囲の人や場所などの環境を活用します。

自分を大切にするとは自尊心である自分の“心“を知ることで、愛の存在である自分を認識するスピリチュアルな意味があります。

自尊心とは、愛の存在として心を主体にありのままに生きる自分自身のこと。
生きるために全力で目の前のことを認識して、自分のできることをするのが自分を大切にする姿。
他の存在を評価や比較対象には一切せず、自分のみを主観にして自分を愛し、自分を認識する心にスピリチュアルな意味がある。

※自分を大切にすることの理解が深まりますので、自分を愛する方法はスピリチュアルな自己中心|自分勝手とは違う認識 をご覧ください。

自分を愛する方法はスピリチュアルな自己中心|自分勝手とは違う認識自分を愛するとは気付くことかもしれません。 自分を愛することは、環境を活用した上での完全なる自由を与える生き方であり在り方です。 ...

 

自分を大切にしない理由

自分を大切にする意味合いでは、自分の存在そのものが敬いと愛する対象であることから、「自分を大切にする、しない」という概念がありません。

しかし、社会環境での他者との比較や、他人の反応が前提の考え方では、自尊心を高くしたり低く見積もる概念が生まれ、自分を愛さずに大切にしないと思うことがあります。

自尊心を低く認識することで本来の自分を認識せず、自分を大切にしない状態を作ります。

自分を大切にしない理由
  1. 自分を大切にすることへの周囲からの批判
  2. 自尊心へのネガティブなイメージ
  3. 社会的コントロールの概念
  4. 自分自身の自己否定によって発生する劣等感
  5. 喜びの理解が変わることで自分を大切にすることの意味がわからなくなる

自分を大切にしない理由のほとんどは、周囲の反応を気にすることが考えられます。

言い方を変えると、“自分を大切にし過ぎている”のかもしれません。

それは、自分のために傷つかないように恐怖から逃げ、自己肯定感を喪失しないように褒めて撫で可愛がる、今できなければそれでいいと先送りの繰り返しで一時凌ぎが一時でなくなるなど。

しかし、それらの行為が“自分のため”だと認識しないことで、何のために何をしているのかわからなくなる場合もあります。

周囲からの目や体裁や評価を気にして、他者によって自分の存在を見出そうとする考え方と生き方があることで、自分を大切にすること以上に優先したいことを作る。

※自分の喜びが恐怖を味わわないというネガティブではないことになり、本人にとっては喜びに違いないけれども喜びとは認めないことで、何が自分を大切にすることかわからなくなる

自分が他人から否定、批判されることを怖れ、自分の存在価値を見出すために周囲の存在ありきでの生き方を選ぶなどの理由によって、自分を大切にする本来のありのままの姿から少しずつ離れていきます。

※自分を大切にする方法については、自分を大切にする方法は事実の受け入れ|例外なく全ては自分のため をご覧ください。

他人より自分の利益を優先することに常識がある|全ては自分のため私達の住む日本には、独特で根強い文化としての考え方がたくさんあります。 その中にあるのが、“礼儀と建前”です。 礼儀と建前が幼い...

 

自尊心とプライドの違い

“自尊心”と“プライド”が同じようなニュアンスとして認識されることで、自分を大切にする行為や活動へのネガティブなイメージが生まれます。

プライドとは : 他人と比較して自身を誇らしく思ったり、自己を認めたいと思い込む気持ち

・エゴの思考にて発生する自己暗示であり、他人と比較して劣等感や優越感を見出すことで生まれる気持ち。
・自分で自分を認めることができないので、他人を利用して自分を認めようと思い込む脳の思考。

英語のプライド(pride)は本来の意味合いとして定義付けされています。
〔Pride〕 : 自慢や得意気、うぬぼれや誇り。
※誇りという言葉には“他人との比較による”という前提があります。

“他人を利用して自分を認めようとする思い込み”と、“自分自身を受け入れて敬い大切に愛する想い”には大きな違いがあり、自尊心とプライドを一緒にすることはできません。

 

自分を大切にすることを邪魔する自己否定

自分を大切にすることを邪魔する大きな理由の1つが、“自己否定”によるものです。

自己否定をすることで自尊心を低く評価します。これは自分を大切にするスピリチュアルな意味とは真逆の気持ちです。

自己否定による自尊心

【自己否定とは、他人と比較することで発生する劣等感】
人と比べて、“自分が劣っている、自分はダメ”と思える理由を探し、自己嫌悪を感じる = 劣等感を感じる = 自身の存在価値を見出す

劣等感によって存在価値を見出し、劣等感が必要な生き方が作られる
→ 自尊心があると自己否定に陥れず、劣等感を味わうことができない。
→ 劣等感を感じるためには、自分を大切にする自尊心は邪魔なものになる。

※「自分はダメな人間だ」と思うことが必要な行為になると、自分を大切にしない考え方、生き方が作られる。

自己否定は、自分を大切にするありのままの自分を感じないように努める気持ちで、自己否定感が強ければ強いほど、自分を大切にしないように努めようとします。

そこには、過去の傷やトラウマ、自分を見失う原因があり、インナーチャイルドの癒しを求める状態があるかもしれません。

自分を大切にすることはあくまで自分を主観にして他者は含まれません。その為、他者を攻撃することも迷惑をかけることもなく、周囲から嫌がられることは何一つありません。

しかし、社会の特徴や風潮となる時代背景もあり、妬みや嫉みのエゴが多い環境や、集団意識や爬虫類脳が主体の意識状態では、少し違う人を排他しようとする恐怖への対処となる価値観があります。

その為に自分を大切にする行為を遠くしていく現実があるかもしれません。

ですが安心してください。
自分を大切にする行為はいつでもどこでもできますので、自分を見失っていても問題はありません。

その為に、自分を大切にする方法がありますので、先を読み進めてみてください。

※自分を大切にする生き方がありますので、楽しいことだけを考える気楽な自分のために│心の声を知り、自分を知る をご覧ください。

楽しいことだけを考える気楽な自分のために│心の声を知り、自分を知る何もない真っ新な状態が今あります。そこに自分を愛する自分がいたら、もうそれで幸せなのではないかと思います。 この世の仕組みを考える...

 

自分を大切にする方法

自分を褒めるとは受け入れること

自分を大切にする方法となるのが、『自分を褒める』ことです。

自分を褒めることで自尊心を取り戻します。

自分自身で自分の良いところを見て、認めて大切にします。

それは、自分を受け入れる意味となる褒める行為です。

自分で想うことなので、それを相手に見せつけようとはしません。

自分を大切にする方法 : 自分を褒める(自己受容)

良いところを自分だけがわかっていれば良いんです。
誰にも伝える必要はありません。

“褒める”ことは自分を受け入れることであり、自分を愛することです。

褒めることに自分を肯定する意味合いはありません。

褒める際に、「今の自分は素晴らしい、あの人のようにならなくてもこのままがいいんだ」となると、自己肯定となり、強引に自分を持ち上げて自分を見失います。

自分を褒める際には、他者との比較は一切ありません。

心理学用語に、“自己肯定”と“自己受容”という言葉があります。

自己肯定とは : 自分に価値があると判断すること

自己受容とは : そのままの自分を受け入れること

自分を褒める際に自己肯定は要りません。自己受容をします。

価値や判断の概念は取り払い、あくまでそのままの自分を受け入れることが褒めることとなります。

自分を大切にするには、“大切にする、しない”もないスピリチュアルな意味があります。

それは、愛の存在である心の認識であり、自分を知ることです。

愛とは何か大それた想いでも何でもなく、単純に心が「心地良い」と感じる想いであり、喜び、嬉しさ、楽しい、愛する、敬う、褒める、協調、共有、感謝など、多種多様なポジティブな想いで、どこでもいつでもあります。

自分を大切にすることは、あるがままのそのままの自分を受け入れて、認めることです。

自分を大切にする方法

『自分を褒めるために、自分を受け入れて認める』
・自分を認めることに、「良い」「悪い」という判断や評価はない。
・自分を認める行為の対象には、『自分』という存在のみ。
・自分を認めるために他人を利用することはない。
・他人を自分より下だと蔑むことはない。
・他人を自分より上だと、自分を蔑むことはない。
※自分のみを対象にして、自分のために自分を認める。

認めるとは、認識することです。

自分を対象とすることで、自分を見て観察します。
認識するとは考え方や行為、または状態そのものから感覚や気持ちを感じることです。

自分自身の考え方からの結果としての気持ちや行為を認識しようとすると、“今この瞬間”のみが対象になります。

“今の自分”を感じることであり、思考にある過去や未来への概念はなく、あるのは五感と心の感覚と気持ちのみです。

心を感じることで、ありのままの自分そのものを感じます。

すると見えてくるのは、生きたいから生きている自分であり、空気を吸いたいから吸っていて、ご飯を食べたいのは食べて喜ぶからで、コンビニできな粉のチョコを買うのは自分を愛しているからしている行為です。

その行為をさらに認識すると、ポジティブな感覚からの気持ちしか感じていない自分を知ることになります。

自分を大切にする方法 : 自分を褒める、認める → 自分を受け入れる

※自分を認識することはありのままの自分を感じることで、心にある愛の認知。
今という瞬間には、心にある感覚と想いのみが存在し、それはネガティブな思考のない愛と自分を大切にする自尊心。

自分という存在の主観は自分のみであり、自分のみを対象にして自分を認めることで自分を大切にする。

※自分を大切にする別の捉え方については、自分を好きになる方法│そんなものはないという自分を愛する気付き をご覧ください。

自分を好きになる方法│そんなものはないという自分を愛する気付き「この人が大好き。それは私自身のこと」 このようになれば、おそらく幸せだと思います。自分を好きになり愛すれば、全ての中心を自分にし...

 

自分を褒めるとは感謝すること

自分を褒めることで自尊心を少しずつ認識します。
そこには、自分を大切にする敬いの気持ちを感じ、心地良さを体感します。

自己受容をすることは自分の受け入れであり、その際には喜びを尊重する気持ちが芽生えます。

自分の喜びを認識する気持ち、それは感謝する意味と同じです。

感謝とは相手に対して抱く気持ちではありません。そのため、「ありがとう」とは相手に伝える言葉としての意味は日本語にはありません。

日本語の感謝の意味は、自分が喜んでいることを認識する気持ちとして、考えられないことありえないことが起きたという奇跡に対する喜びの自覚として、「有り難い」という意味があります。

そのため、「ありがとう」とは、自分が喜んでいることを自覚する言葉で、実際にありがとうと発する際には、自分の喜びを実感して発言します。

自分を褒めるとは自分を受け入れることで、それは自分に感謝することです。

自分を大切にする方法 : 自分の喜びを認識して感謝すること

※自分の喜びを尊重すること
※英語やドイツ語などは相手に対する感謝の意味があります。

自分を大切にすることはありのままの自分を認識し、愛を感じる際のドキドキした高揚感や、ホワホワした浮遊感などの“心地良さ”を感じます。

自尊心はスピリチュアルな自分の心の認識であり、自分のみを主観にしたエネルギーとの繋がりであり、ワンネスの源である創造主の光との一体を意味し、ありのままの自分を取り戻します。

愛のある人は自他を褒める
  • 愛があれば、自分も他人も褒めることができる
  • 自分自身を敬い大切に愛を持ち、自分を褒める
  • 人を敬い、その人自身の存在や生き方や考え方を認め受け入れる
  • 人を尊重することは、その人を敬い愛すること
  • 他者の喜びを主体に考えることで、他が喜ぶことが自身の喜びになる

初めに自分を褒め、その後に周囲の人を褒めて愛は伝わっていきます。

愛の無い人は自他を褒めない
  • 自分を褒めないで人を褒めている人は、演技
  • 人を褒める行為が自分のプライドのためになるので、褒めることで優越感を味わう
  • 劣等感を味わうために褒めているように見せる

自分を大切にするための“褒める”ポイント

  • 自分を褒めることは、自分の喜びを尊重して感謝すること
  • 自分を大切にするとは、自分を認識して愛を感じる気持ち
  • 自尊心が高ければ高いほど、愛をより強く多く持っていることを表す
  • 自尊心は愛のバロメーター

※自分のためを知ることでここでの内容がわかりやすくなりますので、自分のために生きる方法はあることの気付き│生きるのか生かされるのか をご覧ください。

自分のために生きる方法はあることの気付き│生きるのか生かされるのか何のために生きているのか? 自分のためです。 これは非常識か常識か、正論か戯言か。何でもいいですよね。 生きているのは誰か。...

 

自分を大切にするスピリチュアル まとめ

自分を敬い大切に想う自尊心、自分を褒めて認め受け入れる気持ち。
それは心を知ることを意味します。

自尊心とは自己を尊ぶ心のことであり、それは愛を認知した自分のことです。

一番身近な愛、それが自分自身ではないかと思います。

自分を褒めることは人を愛することができるサインとなりますので、初めに自分を大切に愛する気持ちが優先されます。

自分を大切にする方法の褒めることはスピリチュアルな意味でもあり、心の意識であるありのままの自分を感じて認識することで、自分という存在を自然と理解することができます。

自分を大切にする自尊心は、あくまで自分のみが対象の生きている理解ですので、他人を干渉して人に見せびらかせるものではありません。

生きていることは、常に体や心である自分自身を大切にしている証拠です。

そのため、気付くことが重要になります。

自尊心を知ることで自分という確固たる存在に気付きます。それは、唯一無二の人生を歩み始めた合図となり、喜びと幸せを約束された生きる認識です。

自尊心を持ち、自分を大切にする人生を歩まれてください。

それでは、自分を大切にするスピリチュアルな話を終了します。

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

霊感・霊視・透視のちからであなたの心の霧を晴らします

【有名鑑定師に24時間いつでもどこでも相談可能】

恋愛・不倫・復縁・仕事・人間関係、現代では多くの煩雑とした悩みが私達を取り囲みます。

その悩みや不安を、電話占いで解決しませんか?

電話占いウィルではメディア出演多数の実力派鑑定師が多数在籍中。

なかには、霊感・霊視などスピリチュアルな方法で鑑定する占い師も。

初回鑑定3,000円無料・初回優先鑑定など、嬉しい特典がたくさんあります。

困難な問題への解決法、運命の切り開き方を知りたい方は、一度鑑定を受けてみてはいかがでしょうか?

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です