方法

自己表現することの意味にある真実│方法も手段もない常に現れている何か

自己表現することの意味を知ると、自己表現には方法も手段もないことがわかります。

なんのために自己表現するのか?
自己表現とは何なのか?

ここでは自己表現の意味にある真実をお伝えします。意味を知ると自己表現は完全なる解放を持って羽ばたきます。

羽ばたく?
この表現は自己表現?

自己表現にそんなことを考える理解も解釈もありません。

自己表現を模索し、悩み、導きを求める場合、自己表現の意味を知り、あらゆる表現が広がることを願います。

自己表現の意味

初めに、自己表現の言葉としての意味をご覧ください。

自己表現とは

自己を表現する。

言葉の意味はそのままですね。己を表す。

「どうやって表すの?」と疑問になれば、方法として、「絵を描くんだよ」「文章にしてみなよ」「電車内で叫ぶんだ」「川に崖からダイブさ」と、良いも悪いも迷惑もヤバいもさまざまに答えのようなものがあるかもしれません。

そんな方法は一旦置いて、意味を明確にしましょう。

辞書にはこのように書いてあります。

自己表現とは : 自分の中にあるものを外部化すること

これもそのままですね。

表現する際には表に現すので外に出す、自分の中にある何かを出すという感じです。

 

自己表現することの意味

それでは、“自分の中にあるもの”を表現する意味は何でしょうか?

これは、言葉としてではなく、実際の行為として自己表現することの意味についてです。

こちらの方が現実として関わることなので大切で、言葉の意味なんてのはそのままですのでどうでもいい。ポイッと捨てちゃってください。

自分の中にある何かを出すという言葉の意味はわかりますが、どうして出す必要があるのか?

そこに自己表現の真意があります。

人によって無口な人や無表情な人がいます。私がそうなのですが、わざわざ自分の中にある何かを外に出すことに意味がなければ出しません。

自己表現には言葉としてではなく、行為としての意味がとても重要です。

そんな行為の意味とは、自己表現したければする、したくなければしないということです。

少しわかりにくいかもしれませんが、自己表現の意味を知るには、「自分の中にあるものをどうしたいか?」という己の真意が必要で、そこに自己表現することの意味として、あることが判明します。

それは、自分の今を知れるということです。

自己表現とは : 自分の今(状態、状況、感情、思考、気持ちなどのあらゆる認識)を己が知るための方法

※肉体や精神状態、過労や健康度、幸不幸、不安や恐怖、悩みや心配、喜びや悲しみ、考えや意見、歓喜に雄叫び、オウオウオウと

自己表現したいかどうかが人によって分かれることから、行為の必要性は人それぞれです。

そして、自分を表現する場合にはしたいからしますので、そこには“自分の中にある何か”を外部に表してどうこうしようという意志があります。

「ねぇ、何で外に出したの?」

「えっ?いや、私のことをあなたに知ってもらいたいから」

「私が知りたいって言ったの?」ということです。
「ねぇねぇ、あなたの中にある何かをここに出して私に知らせてよって言ったっけ?」ということです。

自己表現は完全に自分のための行為です。

そのため、自分の中にある何かを自分のため(喜ぶため、困らないためなど)に表し、それをしたい人はする、したくない人は表さない(それも自分のため)というもの。

自己表現したいと思う場合、それは自分の中にある何かを知りたい、自分のことを知りたいという欲求があるので、自分を知る方法が自己表現という行為の意味になります。

 

自己表現の意味を知るとわかること

これまでの自己表現の意味からわかることを掘り下げることで、より自己表現とは何なのかがわかりやすくなるので見ていきましょう。

自己表現と自己主張の違い

自己表現を誰か他者のためにすると思うか、自分のためにすると思うか、その認識の仕方によって自己表現の意味は大きく変わります。

他者のためにする場合、己の中の何かを外部に表すことで、「私のことを、状態を、気持ちを、人間性を、した行為を知ってくれよ」という、他者の反応や評価によって自分の利益を得ようとする意志を同時に表現します。

他者のために表現すると自分が表現していることを己で把握できないことが起き、狙いとは全く別のことを表現していたりします。

 

自己表現と自己主張の違い

自己表現は自分のためであり自分を知る方法ですので、ヒントを得るために自己の中にある何かを外に表し、理解しようとします。

もちろん、それを知るために周囲に居る人にも“自分の中にある何か”を観てもらって意見や感想を貰うことでヒントを得る人もいます。

それが、自分で表現した創作品に対して感想を求める場合などの真意です。

しかし、自己表現の目的はあくまで自分を知る方法ですので、他者のために表現するとしても他者は二の次です。

そこで、他者を主体にして表現する場合、自己表現ではなく自己主張や自己肯定のために表現する形になり、それこそ他者のためではなくなります。

自己表現する際は他者を二の次にしないと他者を本当に想って表現することができません。

自己主張の例えとして、「私は変人なんだよ」「テレビとか全然見ないからコロナとかわからない」とあえて他者に表現する場合、「自分は他の人とは違う人間なんだ」「みんなが食い付くことにも興味がないなんてちょっと特別だろ」と。

ここには、「さぁ、私を認めようじゃないか、この特別な人間の価値を見出し、認めてくれよ」という表現が盛んです。

これは自己主張して、自分を肯定してもらうために他者を利用している状態です。

他者のために何かを表現する際も同様です。まずは自分のためにしなければ100%の力で表現することができず、自分のためではない気持ちが少しでもあれば、それは自分を知り足らないことの表れとなり、自己表現を自分を知るためとしても使用しない、「なんのために表現しているの?」という疑問を作ります。

その際の答えは、自己表現の意味がわからないか自己主張のためかです。

自己主張する場合には、“自分の中の表現したい何か”を特定している前提があります。

上記の自己主張の例で言うと、自分の中にあるのは「認めてほしい」という我欲、「人を利用して肯定してもらうことで自分が納得したい」という目的です。

自分の中にある何かを知るための方法が自己表現であり、自己主張や自己肯定を狙う目的は含まれない

自己表現という意味に自己主張や肯定欲求を入れると、うやむやのムニュムニュで訳がわからなくなります。

自己肯定を自らすることはいいのですが、相手にさせようとする場合には表現を使って他者から利益を上げようとすることになります。

言い方を変えると、自己表現は使い方を変えることで他者に認めさせる主張と我欲による肯定欲求・承認欲求を強め、自己表現の意味を大きく見失います。

 

自己肯定や自己受容をするための方法が自己表現

自己表現の意味の大きなポイントは“他者を第一にしない”ことです。

自己主張や肯定欲求の行為は目的を得るために必ず他者が必要なので、他者を狙うようにターゲット化します。

それは言わば他者を第一にしているので、他者の存在がなければ表現することもありません。

自らが肯定するために表現することや、自らが受け入れられるように表現するなど、自分を第一にすることが自己表現の意味です。

言い方を変えると、自己肯定と同時に自己受容をするための方法が自己表現です。

自己表現とは :自己肯定、自己受容するための方法

  • 自己肯定とは・・・自分を過去の自分や他者と比べて己で認めて評価すること
  • 自己受容とは・・・今の自分を比べたり区別したりせず、そのまま己で受け入れること

自己表現とは完全に自分を主観にして、自分のために自分を知るための方法であり、見ているものは自分自分、自分ばっかです。

そのため、自己表現を他者のためにする場合、自己表現する必要がない状態(自分を知った)になり、表現を遊びとして活用することで自分のためにも他者のためにもなります。

さらに、他者の喜びが自分の喜びという認識になれば、自分が第一であることは変わりありませんが、とにかく他者に喜んでもらうためという意識を持って表現することができます。

もちろん、したければです。

 

自己表現の意味にある真相

自分の中にある何かを表すために、絵にする、言葉にする、態度に出す、気持ちにする…。

さまざまに自己表現の方法や手段があり、表現するために心理を理解し、人間性を紐解き、恐怖をなくしたりもします。

自分を知るための方法が自己表現なので、絵や言葉、心理の理解や恐怖の克服などはそのまま自分を知るための方法ということです。

さまざまな方法は自己表現に内包された理解でもあります。

言い方を変えると、自分を知るためにさまざまな方法があり、それは感情や心情を知るために絵で形にする、思考を知るために言葉を並べる、整理するために音にメロディーをつける、不安や恐怖を知るために気持ちを表す、心理や哲学にて人間性を知るなどと、それぞれに効果があります。

しかし、自分を知ることと、自己表現が別々に言葉として存在することに訳があり、自分を知ること=自己表現ではなく、自分を知る方法=自己表現という仕組みがあります。

自分を知る方法=自己表現

自分を知ること=自己表現

自己表現とは何か?

この真相は、“自分の中にある何か”を表現する根本の理解となる、自分が表現したいかどうかの意志に全ての答えがあります。

 

自分の中にある何かとは?

自己表現する際には“自分の中にある何か”が既に存在します。

それは紛れもない自分の何か(一部なんだか全てなんだか自分に所属する何か)です。

それを理解した上で、「自己表現したい」「いや、したくない」と人それぞれの意志があります。

“何か”が表現の基であり源、したいかしたくないか、欲するか欲しないかという行動動機であり、自分の意志や行動、物事の始まりを作る原因であり理由、欲を作るか否かの原液。

それを絵にしたいと思ったら、キャンパスに鉛筆ですらすらすら、絵具をグニャグニャグニャと。

音楽にしたいと思ったら、ドラムをバリバリバリ、カシャカシャするやつを足でチンチンチンと。

あらゆる始まりとなるその何かとは?

“真実”です。

自己表現とは自分の中に内包され、何かわからないけど確実にあると認識している“何か”=“真実”を知るための方法です。

自己表現とは自分の中にある真実を外に出すこと

※真実を外部化することで自分で自分を知ることができる

真実であることから、他者に表現しても自己表現の意味は成し得ません。

何を表現しようと、自分を知らない状態で他者に意見や感想を伺っても、真実は己のみが理解します。

 

自己表現は本当に何をしてもいい

真実を露わにする。

そこに方法も何も決まったものはありません。

自分の中にある光の玉のようなものがあります。それが真実であり、消えることなく自分の行動を作り、物事の始まりを作ります。

真実はあらゆる自分の今である、状態、状況、感情、思考、心情、意志、気持ち、認識を表現します。

そのため、人によって自己表現したくありません。真実を知っている上で、“行動しないという動機”が作られてそのまま表現されます。

  • 人によっては表現したいと何かしら表現します。
  • 人によっては表現したいけどどうすればいいかわからないと表現します。
  • 人によっては表現したいけど怖いからしたくないと表現します。
  • 人によっては表現しない、したくないと表現します。

真実があることで、自分の意志に従う状態を行動として作り、行動しないことも含めた外部への表しが作られます。

それは他者にわからずとも真実である以上、自分は必ず認識できます。

見たくない行動をしていればそれを見せ、それに嘘をつく場合は嘘をつく行為を見せ、全てを表現しています。

真実はあらゆる今を100%表現しています。それは今この瞬間も表現中であり、それを自らの意志は常に把握しています。

そのため、自己表現には方法も手段も実は何もなく、常に自らの内にある真実が表現し続けている状態が“今”です。

絵を描いても、言葉にしても、音にしても、味にしても、感触にしても、気持ちにしても、感覚にしても、あらゆる表現に方法はなく、今存在していることが既に表現であり、何でも表現になります。

本当に自己表現は何でもいいんです。突っ立ってても表現になります。

※自己表現できない場合の大切な理解は、自分を表現できない人の特徴と改善|苦手ならしなくていい本当の意味 をご覧ください。

自分を表現できない人の特徴と改善|苦手ならしなくていい本当の意味自分を表せなくても表したいと思える好きな人や、尊敬する人がいれば、その人には自己表現をしようとします。 それ以外の人、親でも兄弟で...

 

自己表現による価値とは

最後に、自己表現にて価値の提供をしている方へ向けて、自己表現の違う認識をお伝えして終了します。

表現は他者から価値を見出してもらうことでビジネスにもお金にもなり、それは生き甲斐にも暇つぶしにも、感謝にも愛にも、エゴにも恐怖にもなります。

自己表現を価値にする際、自己表現の意味を理解しているかどうかにて、価値の意味も捉え方も大きく異なるものになります。

 

表現による価値と創造

私は絵描きなのですが、絵を描いていてとても面白いことを知ることができます。

それは、価値の種類です。

価値は、自分がどういう認識と意味を持って自己表現しているかによって変わります。

絵描きとして以前は、“他者のため”に表現する認識で絵を描いていました。

するとお客さんは、絵に対する価値を自らが見出して買うか買わないかを決めます。その際に値段をこちらが決めるので、その値段に見合う価値かどうかを思考的に考えたりして、さまざまな人それぞれの優先度や重要度を加味して判断します。

ある日、私はそのやり方を止めました。何か違うと思ったからです。

今は、“自分の喜びのため”に表現する認識で絵を描いています。

するとお客さんは、私という人間に対する価値を認識して買うか買わないかを決めます。もちろん値段が決まっているのでその思考も含まりますが、感覚や直感で購入する方しかいなくなりました。

これは、今では自己表現しなくなったという意味でもあります。

他者のために表現していた時、他者に喜んでもらえる作品を作ろうと価値認識を強く持っていました。

すると、自己表現は自己主張や肯定欲求に繋がっていき、それを求めていなかったので自然と違和感を感じました。

それは言わば自己の表現でも何でもなく、勉強が必要な社会性のルールの記憶、評価される基準や判断の仕組みの記憶という、表現ではない記憶です。

すると、表現を価値にする際の創造や創作の意味が変わり、記憶の具現化という、「何これ?」みたいな時間で、記憶が自分の意見や思考ならまだしも、社会的な誰かの思考なので自分の中にあるものでもないという。

自己表現は自分を知る方法なので、創造して表現する際には“自己”の認識が変わります。

自分の中にある真実を明確にすることで表現は創造となり、表すことから創る状態になります。

何が価値になるかは自分ではなく他者が見出してくれるものなので、表現するか創造するかの違いは基盤の自分の在り方を変え、価値という見方を大きく変えます。

そのため、自己表現の意味を知り、表現から創造へと向かう、表現者から創造者へ向かうことで、表現欲か創造欲かの違いを己で実感します。

すると、両者がどれほど違うもので、何が真実なのかを明確に知ることになります。

絵を描いていて、「どうしてもこれを描きたい!」となった時、それが表現欲か創造欲か、それは自己表現の意味を知るかどうかで決まります。

ぜひ、表現を価値にしている方の参考になれば幸いです。

 

自分のための表現か、他者のための表現か

自己表現を知るとわかること、それは、“自分のために表現していなければ、他者のために表現することはできないという気付き”です。

表現と創造が全く違うため、表現にて価値を見出す際には他者だけのために表現することはできません。それは絵や文章などに限らず、日常的な表現である感情や心情や意志などもです。

自己表現の意味を知ってもらえれば明白かと思いますが、必ず自分のためが前提にあり、その後に他者のために表現する認識になります。

それは愛のようなもので、他者を敬うには自分をまずは敬う必要があり、その後に他者を敬い尊重する愛を持つことができます。

価値にして提供するかどうかに拘わらず、真実として自分を表現したい意志がある場合、“自分のために表現すること”が何よりも大事な理解になります。

ですが、創造になれば話はぶっ飛びます。何でもよくなっちゃいます。

自分のしていることを自覚することが表現でも創造でも行為する際に大切なことですので、自己表現の意味を知ることから全ては始まります。

※創造の意味がわかる自己表現を絵でする話は、自己表現を絵でする、その心は?|娯楽か遊びである。をどうぞ。

自己表現を絵でする、その心は?|娯楽か遊びである。「言葉で自分を表現できないので絵を描く」 私が絵描きとして個展や共展をする際に、良く聞く言葉です。 私はあまり絵の説明や意味...

 

自己表現の意味 まとめ

自己表現とは自分を知る方法であり、今の自分を露わにする真実の認識です。

そのため、「自己表現したい」と意志を持った場合、“自分のために自分を知る”という認識を同時に持つことで、自分にとって大切な自己表現の時間となり、何かしら気付きや喜びをもたらす行動になります。

方法も手段もありません。

ただ、自分がしたいことを自分のためにすることが自己表現の意味であり、自分を知る行為となります。

そして、実際に肉体的な行動がなくとも、思考や気持ちによる行動も自分の中では常に起きていることを自覚させてくれるのが、“自分の中にある何か”=“真実”です。

真実があることで自己表現する動機にも目的にもなる全ての源、それは自分という存在を喜ばせも悲しませも、楽しませも苦しませもする始まりです。

あらゆることは常に表現されていることを知ることで、自己表現はとても身近にあり、他者と比べたり自分の価値を他者に見出してもらうための自己主張や自己肯定欲求ではないことがわかります。

すると、自らの意志が何よりも大切で、自己表現に苦手も何もなく、上達や成長のみが待つ向上を作る動機にもなります。

「自己表現したくない」と思えばそれが意志の表れなので、そんな自分を表し知るための時間は常に“今この瞬間”に起きています。

したいもしたくないもどちらも意志であり真実です。

そんな真実があることで自己表現の意味が生まれ、求める人には向上を、求めない人には現状理解からの進展機会を与えます。

若干、哲学的な内容が含まれる自己表現、それは何よりも解放を表す行為であり、恐怖の有無以上に、恐怖へ対峙する気があるかないかの真意を表します。

なければない、あればある。それだけです。

自分を知ることの手助けをして、その後に自分の喜びを広げ、さらに他者への喜びを与える敬いへと繋がるのが自己表現の意味です。

そんな理解にて、何かを表現しているご自身に気付かれることを願います。

それでは、自己表現の意味についての話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

【忘れていた人生の合図を電子書籍にて販売中!】

ふざけた人生哲学 幸せはムニュムニュムニュ

サラリーマンだった人間がおかしくなる、とある森での変人化計画とその全貌。

一人での森生活、襲ってきた熊は忘れていた大事なことを思い出させ、そこで見つけたものはムニュムニュしていました。

一風変わった哲学書であり、森を舞台にした一人の元サラリーマンが自分を探し出す物語。

自分を見失い、人生に疑問を抱き、違和感を感じる時こそ、本当の自分という名のふざけた自分を見つけ出す変貌ストーリーが始まります。

忘れている大事なことを思い出し、自分らしく人生を生きるための経験と知恵を詰めた内容です。何か興味を感じた方は、ぜひ始まりの合図を受け取ってください。

 

POSTED COMMENT

  1. erotik より:

    I am just commenting to let you understand what a nice discovery our girl experienced viewing the blog. She mastered a lot of pieces, including what it is like to possess a wonderful teaching spirit to have most people very easily fully understand specified advanced matters. You actually exceeded her expectations. Many thanks for delivering these valuable, safe, edifying not to mention fun tips about that topic to Julie. Jolee Brucie Strickler

  2. Good luck to your blog as I continue to follow regularly. Stace Swen Edva

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です