方法

自分探しの旅にほぼ意味はないけど少し深みがある|海外旅5年間で気付く真実

自分探しの旅をすることは何か特別なような気がしました。

普段の生活から離れ、自分を赤ん坊のような無知な状態にすることで、さまざまなことを経験します。

旅には経験が付きものであり、その経験によって何か自分を変えるような光が見える。

そんな戯言を思い描いていた、真面目な自分を思い出します。

海外を5年間旅して気付いたことは、自分探しの旅の意味のないこととあること、それは、「自分探しとはどういう意味なのか?」に対する答えでした。

自分探しにて旅をされる方はたくさんいると思いますが、「何のために自分を探しているのか?」「自分を探すと何が起きるのか?」を知らないと、自分を見失う機会を自ら作る可能性があります。

自分探しの旅とは何か?
どんな意味があるのか?

自分探しの旅をされる方に行動をする際の参考となることを願い、海外を旅して気付いた自分探しの意味についてをお伝えします。

 

自分探しの旅とは

旅とは距離間と自己の成長を望む意志

“自分探しの旅”の行動の部分を表すのが“”です。

自分を探すための行動の部分ですのでとても大切な意味があり、旅とは何かを知ることで自分探しの旅の意味がなくなることを防ぎます。

旅行や観光とは少し違う話になり、気楽な哲学となりますのでご覧ください。

[旅]の意味を調べるとこのようになっています。

旅とは : 引用 コトバンク
・ 住んでいる所を離れて、よその土地を訪ねること。旅行。「かわいい子には旅をさせよ」
「日々―にして―を栖(すみか)とす」
・ 自宅を離れて臨時に他所にいること。
「あるやうありて、しばし、―なる所にあるに」

英語の[旅]の意味には複数の言葉があります。
[Trip],[Travel],[Journey]

Trip : 短い距離、短い小旅行

Travel : 遠い距離、遠方へ乗り物で行く、旅行する

Journey : Travelよりも遠い距離、自己の発展や変化に繋がる行為

それぞれの意味合いは距離によって分けられています。

距離と不安感が比例していることを表しており、Journeyは最も遠い距離への移動の際に使用する言葉で、補足として、自己の発展や変化がある意味を持ちます。

旅の認識にあるのは、旅や旅行や観光やバックパッカーや放浪など、さまざまな言葉が含まれますが、目的によって旅行などの他の言葉との認識を明確に分け、旅の意味を見出します。

旅の言葉としての定義からわかることは、旅は普段の居住地から遠く離れた場所へ行くことで、自己の成長や変化を求める目的があります。

自己の成長への意志の強さと、行く場所の距離間が自分探しの旅の意味を強調する度合いとなり、距離間とは普段の生活環境との“違い”に対する距離です。

旅とは : 成長と変化を求めて普段と生活環境の違う場所へ行くこと

成長への意志と生活環境の違いの度合いによって、旅行 → バックパッカー → 旅と変わっていく。

※生活環境の違う距離間は不安感をもたらす量を意味しており、一人旅なのか複数なのかが旅をする意味に大きく関与する。

 

自分探しの意味

次に、“自分探しの旅”の“自分探し”の部分についてです。

自分を探す場合、自分を見失っている前提があります。

そのため、目隠しして、「あー、見えない、ここはどこ、私は誰、そしてどこにいるの?」という状態があります。

この状態がない人が自分探しをしても意味はありません、自分が既にありますので。

見失って自分のことがわからない場合、不安感をもたらす環境にて旅をすることで、自分を知る機会作りとなり、運が良ければ見つかります。

自分を見失うことには明確な兆候がありますので、自分自身と比較してみてください。

自分を見失うと、確実に自分に嘘をつきます。それは、体裁や偽善の取り繕いとなり、演技をして生きていきます。

さらに、物事への否定批判、評価や判断をし始めます。攻撃性を持って文句や非難を自他にします。

そして、喜びを自分で作り出すことができなくなります。周囲から喜ばせてもらうことや、環境を変えたりお金を使用したり、装飾としての人やものの外部からの影響にて喜びを与えてもらうことしかできなくなります。

すると、目が吊り上がるか垂れ下がるかどちらかになります。

この場合、自分探しの旅をすると意味のある時間になります。

しかし、自分を見失っているにも関わらず、「自分はそこまで行っていない」と嘘をつく場合、自分探しをする手前の段階であり、もう少しエゴを増やして自分を見失うところまで行くと準備が整います。

しかし、自分を見失うことを一切受け入れず、自分を取り繕って「これが私なの」と開き直る場合もあります。

その場合は、自分探しをしても意味がありませんし、そのままの状態がその人の自分であることに間違いありません。

見失った自分を探し出すことは、現状に不満や不納得があることを意味しており、現状より自分に見合った人生や時間があると感じている状態です。

行動をする際には必ず動機があり、それは思考的に見出すか感覚的に感じるかのどちらかです。

感覚には心の認知や直感が含まれ、それは今より喜びや幸せや満たしがあることを求めていると同時に知っていて、過去の記憶にその答えがあります。

自分探しの意味 : 自分を見失った現状に不満や不納得があり、今以上に喜びを求める成長と変化

※現状以上に自分に見合った人生があることを知っている
※過去の記憶から今の自分に喜びが足らないことを感じている
※生まれた時や幼少期、ありのままに生きていた自分と今を比較して、現状に向上の余地がある場合に自分探しをする動機が生まれる

自分探しは今の状態を向上させるために、喜びを求める動機にて行動します。

そのため、自分探しをする際には自分の成長と変化を求める意志があり、過去の記憶と無意識に比較して、「より喜びが本当はあるのに今何しているんだ?!」という気付きと共に、動き出します。

そのようにポジティブな動機を基に行動することで、自分を探し出すことになります。

しかし、「現状に耐えられない」「こんな苦しいのは嫌だ」などと現状否定や非難のネガティブな動機にて行動することで、宝くじを当てるような運試しで自分を見つけるかどうかとなり、ほとんどの場合は見つからず旅をする意味はありません。

 

自分探しの旅の意味

“自分探し”と“旅”の意味が見出されたことで、“自分探しの旅”になります。

共に同じ意味と目的を持っていることがわかると思います。

共に、“自己の成長と変化を求める意志”があり、共に喜びを自分に与えるための機会作りになります。

そして、自分探しの意味と、旅の意味が合致します。

自分探しの旅の意味とは : 幸せになるため

※喜びを求め、成長と変化をする意志を持つ
※旅にて外側の環境と、内側の不安感を活用して、喜びのために自分を成長させる

自分探しの旅の意味は、ポジティブな状態を自らに見出すことです。

その際に、自己の成長と変化のために、不安感を携えて行動する旅をすることは、恐怖を克服する意味です。

恐怖に逃げて喜ぶ場合には、わざわざ遠くて不安感の増える環境へ行きません。

しかし、自分探しの旅に意味があるのは、あえて不安感にて恐怖を味わう自分を環境にて作り出そうとするマゾヒズム的な思想があり、それは克服することで自分を見失う理由を乗り越えて成長と変化を促す意志です。

克服せずとも恐怖と対峙する意志や、隠れて逃げ続ける自分を正面から見つめる意志があります。

 

自分探しの旅の意味は自分の認識

旅と人生は同義となり、共に喜び幸せになる自分の時間となります。

旅という行為を活用することで自ら行動をするので、自らの意志で自己の成長や喜びを生み出していることを認識します。

自ら行動をしていない日常や平常化した時間が流れることで、自らの意志がなくなったかのような気持ちになるかもしれません。

しかし、今生きているのであれば、常に生きる選択を続けている意志であり、一つ一つの行為を認識すると、そこには自己の成長が常に目の前の出来事や物事に在ることに気付きます。

旅をして外側の環境が変われば考え方が変わります。
そこで自分の意見や考えが必要になり、それを作るのに自分の存在が必要になり、自分に気付きます。

自分に気付く環境に不安感や恐怖心が多くあると、他人の意見や情報を駆使して自分の意見を見出さないことで逃れます。

そこには不安や恐怖以外に、執着や依存や責任転嫁やエゴへの対処の意味合いがあります。

環境を変えることで自分の認識に気付き、自分自身の在り方や生き方をまざまざと見せつけられます。

そこでは忘れていた一面を認識する出来事があり、見たくない一面を認識しない自分や、受け入れて認識する自分がおり、未だ知らない自分を認識して理解していきます。

物事の認識が変わると、アイスクリームを食べることの意味が変わり、より自分を喜ばせることが自分自身によってできる結果となります。
それは、子供の頃に食べたガリガリくんアイスの喜びと、大人になって、「258円のアイスなら喜ぶ」と思っている違いのようにです。

自分探しの旅の意味 : 自分の認識を変えて自ら喜びを生み出す発信者になる

自分を内側から変化させて、自ら喜びを作り出せる発信者になる意味があり、喜びや幸せの意味が誰かやものによって与えてもらうのではなく、自ら作って自分や他に与える発信者です。

自分に気付き、一つ一つの行為を知ることで、自分の選択と意志によって喜びのために生きていることがわかります。

そこに結果を残したり、大それたことをする必要はなく、自分の世界を自分の人生にて表現する時間が続きます。

そして、今日も夜ご飯は、「なし!」「断食で自分を見極める!」「ゴマ粒1粒!」などではなく、自分の食べたいものを食べます。

認識が変われば見え方が変わるので、400年前の殿様が食べていた食事よりも豪華なものを食べている自分の日常があるかどうかがわかります。

自分探しの旅は苦行とは違います。あくまで自分に気付き、自分で喜びを作り出せるようになることで、そのためには自分の喜びを尊重して喜ぶために旅をします。

その際に、自分を見失う原因である“恐怖”と対峙する機会が必ずあり、それをあえてもたらすために距離間を遠くする旅をして、恐怖と対峙するための自分を見やすくして、隠れて恐怖から逃避を続ける自分に気付くことが大切になります。

※旅をしたくなる時がある場合は、旅に出たくなるのは心からの合図。一人旅にスピリチュアルな喜びがある をご覧ください。

旅に出たくなるのは心からの合図。一人旅にスピリチュアルな喜びがある無性に旅に出たくなることがあるかもしれません。 何故かわからないが一人旅や海外へ行きたくなる時、それは現状に不満足があります。 ...

 

自分探しの旅に意味がない

自分探しの旅をしていない

自分探しをしているのか、旅行をして娯楽としているのか、はたまた自分探しをしている外見を評価されて自分に嘘をつき続けたいのか、恐怖を見ないための材料を増やしたいのか、何のために自分探しをしているのか、旅をしているのかによって、人それぞれの意味が変わります。

前提として、自分を見失っていなければ、またはそれを受け入れて認めていなければ、自分を探す意志はありませんので、自分探しの旅のようなことをしても意味がありません。

また、自己の成長や変化を求めていなければ、それ以外の目的となり、自分探しの旅とは意味が変わります。

自分探しをして意味があるのか意味がないのかは、単純に自分探しをしているのか他のことをしているのかの違いです。

自分探しにて必要なことは、意志と喜びを求める行動で、喜びは自分の認識を変えることで自ら作り出す喜びです。

しかし、他者の干渉を主体にして、周囲の目や体裁などの自分の評価を高めてもらうことや、認めてもらう、褒めてもらうために行動することで、自分探しではなく、自分作りとしての意味になり、探すべき自分がいるならばより見失います。

自分探しの旅ではなく、自分作りの旅をする場合には、自分探しの旅の意味はない

自分作りの旅の意味 : 他者から認めてもらい、褒めてもらう材料を手に入れて納得する

自分探しをしているていで自分作りをすると、より演技や取り繕い、プライドやうぬぼれが止まらなくなりますので、自分探しの意味がなくなります。

自分探しも自分作りの旅も共に人それぞれに大切な行為だが、自分が何をしているかを理解する必要がある。
自分探しの意味を知り、旅の意味を理解して、実際に行動をすることで、自分なりの理解が育まれ、自分としての旅の意味や目的を手に入れることに繋がる。

自分探しの旅とは何か大それたことでもなんでもありません。

単純に、元々居た隠れている自分を内側からバッと出す。

そのために環境を変えて、たくさんの場所に行って、たくさんの人々と出会い、わけわからないことや、意味のわからないことを体験して、隠していた自分、隠れていた自分に気付き、ありのままに笑って喜んで、はしゃいで踊り、楽しみます。

わけわからないのが大切な環境になります。海の前に住んで毎日泳ぎ、森に住んで草とか虫とか食べて、野生動物と共存して、自然の中で働いてみて、都会で住み、バスジャックにあったり、強盗にあったり、ヒッチハイクでたくさん人と出会った、宇宙人と出会ったり、シャーマンと生活したり、シャワーは泥川だったり、一つの井戸を村人全員で使用したり、芋みたいな食べ物しかない民族にあったり、宇宙の仕組みを教えてもらったり、砂漠のど真ん中で嵐に巻き込まれたり、道に迷ったり、砂に車埋まったり、車でクラッシュしたり、路上パフォーマンスしたり、絵を売り始めたり。

旅をしているといろいろあります。

現地の人と軽く会話をしたり、ごはんを食べたり、何をしていても自分の成長になり、変化がもたらされます。

どのように物事を認識するかによって、いくらでも喜びが見出せるのは、現地の人が教えてくれます。

道端を歩いていて、目が合った人が満面の笑みでした。

その人は幸せになる方法を教えてくれました。

それに気付くか、気付かないか。そんなのが、自分探しの旅です。

※旅がつまらないと感じる場合には意味がありますので、旅行に興味がなくなったのは大切?!旅行する意味を知ると気付く事実 をご覧ください。

旅行に興味がなくなったのは大切?!旅行する意味を知ると気付く事実旅行なんてものはつまらないものかもしれません。 海外を5年間周って気付いたことですが、旅でも旅行でもどっちでもいいけど、旅行に興味...

 

自分探しの旅 まとめ

自分探しの旅とは、自己の成長を促す行動で、自分の人生を認識する喜びと幸せを求める時間です。

自分探しの旅をすることで、自分に気付く時間が初めにもたらされます。

その際に表れる自分の表現としての世界には、不安感や恐怖心、見たくない自分などが現れ、それをどう受け止めて対処するかによって自分への気付きがあり、物事の認識が変わります。

その際に、弱い自分を観て修行者のように自分を克服するのは、既に強い自分がいることを知っており、環境によって不調和を生み出していることの払拭のために、自分に気付く道を明確に見つけ、本当の自分に気付くことでの喜びと幸せを選んだ方です。

しかし、克服するかどうかは人それぞれです。自分探しの旅とは、自分を知ることに意味があり、そのためには自分に気付くことが何よりも大切です。

ここまでお伝えしてきましたが、私は自分探しの旅とは意味がないと思います。

海外を5年間ぐるぐるしてたくさん経験をすることができ、自分を探すことには幸せになる意味があり、何よりも優先していいかもしれません。

しかし、旅をする必要性はありません。そのため、自分探しの“旅”に意味はないかもしれません。

もちろん、人それぞれに海外へ行ったりと環境を変えることで意味が見出されますが、実は自分に気付いて喜びを作り出すのは、日本でも普段の生活でも、仕事をしながらでも、ごはんを食べながらでも、そしてトイレにいる時でもできます。

全てには行動が伴っています。自分の行為を認識することで、あらゆる行動から自分に気付く機会があります。

旅にて海外などに環境を変えるのは、自分の行為を認識しやすくするためです。

いちいち自分の行為を認識する意識をすると、どこに喜びがあるかが見えたりします。

そういった意味で、自分探しのために大変な思いまでして旅をすることに意味はないと言います。

自分に気付くために、辛いことをする必要があるかどうかは人それぞれの喜びと幸せ次第です。

旅とは人生と同じで、自分の人生を認識する方法の一つです。
そこに別の方法があれば自分に見合う方法を選択し、喜びを紡ぎます。

自分探しの旅の意味を考えると、「自分の喜びと幸せ」の目的を求める時間で、それはジャングルジムで遊ぶ子供の時間と同じです。

その時間が当たり前となれば、大切な暇つぶし時間となり、常に遊び続ける喜びの人生が自己の成長として始まります。

そこには、自分を喜ばし、他人をも喜ばす新しい世界が待っています。

もし旅に意味が見出せず、暇でつまらない場合には、目的が違うかもしれませんので、旅行や観光をされることをおすすめします。

また、自分自身で喜びを今より作りたいという気持ちがあれば、この記事を参考にして頂き、新しい世界を切り開くことになれば幸いです。

アフリカに行く必要はありません。観光地を離れた秘境に行く必要はありません。人それぞれに考え感じながら行く場所があり、起きる出来事があり、出会う人々がいます。韓国でもアフリカでも、目的を明確にして行動をすることで、求める自分探しの旅の目的が手に入ります。

それでは、自分探しの旅の意味についてを終了します。
いろいろ言っていますが、楽しい旅を楽しんでください。

最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。

【忘れていた人生の合図を電子書籍にて販売中!】

ふざけた人生哲学 幸せはムニュムニュムニュ

サラリーマンだった人間がおかしくなる、とある森での変人化計画とその全貌。

一人での森生活、襲ってきた熊は忘れていた大事なことを思い出させ、そこで見つけたものはムニュムニュしていました。

一風変わった哲学書であり、森を舞台にした一人の元サラリーマンが自分を探し出す物語。

自分を見失い、人生に疑問を抱き、違和感を感じる時こそ、本当の自分という名のふざけた自分を見つけ出す変貌ストーリーが始まります。

忘れている大事なことを思い出し、自分らしく人生を生きるための経験と知恵を詰めた内容です。何か興味を感じた方は、ぜひ始まりの合図を受け取ってください。

 

POSTED COMMENT

  1. くれるん より:

    そういう生き方に まぢで憧れます。

    新鮮に 新しい視点を取り入れ続けたい

    なんか 頭の中でパッと思い浮かん

    だ断片と外側の世界にある断片

    今までの記憶

    がパッと繋がったときの爽快感

    表現できたときの達成感がはんぱない

    自分や他人 外側や内側 存在するしないという概念を

    簡単に打ち破ってしまう、

    なににも表せない 

    全てを保有するよ

    うにみえる何かの

    吐息を感じる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です