好かれる人

動物が教える優しい人のスピリチュアル|人を想うと思うの違い

優しさを持つ際には演劇が始まる思考舞台と、自分を敬ったスピリチュアルな自己表現があり、人を想うのか、人を思うのかの違いが明確に表れます。

しかし、演劇や表現の表面だけを見ることで、本当の優しさなのか偽りのエゴなのかがわからないかもしれません。

人を想うと思うの違いには心の存在があり、そこにはスピリチュアルなエネルギーの概念があり、見えない世界で広がる事実のやり取りが優しい演技の中に繰り広げられます。

そんな計算をしながら物事を判断している横では、犬や猫の動物は何も言わずに真実の優しさを認識し、優しい人を教えてくれます。

人を想うと思うの違いの知識と、動物が教える優しい人と、そこにあるスピリチュアルな認識を共有し、優しい人になることや、優しい演技をしている人の判別のために役立つことを願います。

優しい人のスピリチュアル

優しいとは

優しい印象を与えることで優しい人となります。
その為、優しい人かどうかは他者が決めることとなりますが、優しい人の持つ“優しい”とはどのような意味でしょうか?

優しい人が持つ“優しい”の意味はこちらをご覧ください。

優しいとは : 引用 コトバンク

穏やかで好ましい。おとなしくて好感がもてる。 「気立ての-・い女の子」
思いやりがあって親切だ。心が温かい。 「 - ・い心づかい」
上品で美しい。優美だ。 「 - ・い物腰の婦人」

優しいの意味には、好感がもてる穏やかさがあり、上品で優美な外観から見える行為や動作への印象があります。
同時に、思いやりの親切さや心の温かさの気持ちを感じたことからの印象があります。

優しいの意味は他者が判断する好印象の気持ちと行動があり、それは自分自身に対する優しいと他者に対する優しいの両方が含まれます。

 

優しい人とは

優しいの言葉の意味を含めて、普段の生活で優しい人の印象を受ける際には、人から優しさを貰うことで“優しい人”という印象を抱くと思います。

その際には、思いやりや親切、心温かい気持ちをもらうことで優しい人の印象が作られ、同時に、思いやりや親切の行動から優しい人だと思います。

優しい人とは : 思いやりや親切の気持ちや行動を周囲に与える人

※優しい人は思いやりや親切の“気持ち”を周囲に与える
※優しい人は思いやりや親切の“行動”を周囲に与える
※優しい人の優しさには気持ちと行動の二つの認識が生まれる

優しい人が思いやりや親切をする動機には、人に対して「喜んでもらいたい」と人を想うために欲する気持ちがあります。

想う対象は多岐にわたり、人それぞれに「喜びや幸せ」を与えたいと想える人や動物や自然やものなどがあります。

思いやりや親切を周囲に与えることは、優しい人の欲望がある。
「どうして他者に喜んでもらいたいのか?」の動機が優しい人かどうかを分ける。

欲望を基に思いやりや親切の気持ちと行動をしますので、動機の真意によって、優しい人を演じているのかどうかが分かれます。

そこでは優しい人を演じる舞台なのか、自分をありのままに表現する舞台なのかの違いがあり、人を想う気持ちと、人を思う気持ちの二つが表れます。

 

人を想うと思う

優しい人を表す“優しい”には気持ちと行動があります。

気持ちを感じることで優しいと想う場合と、行動を見ることで優しいと思うことがあり、人を想うと思うの違いが作られます。

人を想うと思うの二つの認識は感じるか考えるかの違いであり、心を使用するか脳を使用するかの違いです。

人を想う : 心で感じること
心が感じる感覚から生まれる想い
想いを感じる過程式や理論がなく、感覚的で本能的な認識による気持ち

人を思う : 脳で考えること
社会的な思いや気持ちを脳で考える
思いを導き出す過程式があり、計算式や理由のある思考

人を想う気持ちから優しいのか、人を思う気持ちから優しいのかの違いがあり、それはスピリチュアルな認識にて判明します。

※優しくない人の話は、わがままな人は矛盾に生きる愛の存在|自分を愛するスピリチュアルな見方 をご覧ください。

わがままな人は矛盾に生きる愛の存在|自分を愛するスピリチュアルな見方わがままで何がいけないのか。 “わがまま”と“あるがまま”には天と地、いえ、月とスッポン、太陽にゴマふりかけと言わざるを得ないほど...

 

優しい人のスピリチュアルな認識

“優しい”の意味には、「心が温かい」ことが含まれており、優しい人の人を想う気持ちが本当の優しさとなります。

人を想う心にはスピリチュアルな認識が伴い、そこには“愛”が必ず生まれます。

その為、優しい人は愛を持って、思いやりや親切にて人を喜ばすことを欲する欲望の動機を持ちます。
そして動機には、どうして人を喜ばせたいのかの理論や計算がありません。

考えるための脳ではなく心を主体に生きていることを表し、優しい人のありのままの人格表現として、思いやりや親切の気持ちを持ちます。

スピリチュアルな心の認識である想いにはネガティブなものがありません。
理論や計算や過程がない心の感覚は、目の前のものを認識してどう感じるかですので、何かを作り出すのではなく、そこにある想いを心にて生み出している状態となります。

生み出すことは心にあるものを表現することであり、理論なく何かを感じて気持ちを抱く際には心地良さや楽しさや嬉しさなどのポジティブな想いしかないことに気付きます。

そして、それらの心地良さには全て愛が含まれます。それは心が愛の認知であり、優しい人は愛であるスピリチュアルな認識が生まれます。

優しい人のスピリチュアル : 優しい人は愛を持ち、ポジティブな想いをもって人に思いやりや親切をする

※愛を感じることで心が温かい優しさとなる

優しい人の気持ちや行動は愛を持った思いやりや親切であり、「人に喜んでもらいたい」という、人のことを敬い大切にする気持ちを持って人と接し、行動をします。

そこにはネガティブな気持ちはなく、ポジティブな想いのみが生まれるので、自分を喜ばすことを忘れません。

自他共に大切に敬う気持ちを持って、自分の愛から生まれた欲望は、自分も他者も愛する結果をもたらす行動動機となります。

人を想う気持ちは、自分を含めた自他を想う優しさとなる。
優しい人の人を喜ばせたい欲望は愛を基に生み出され、自他を愛する優しさとなる。
自分を愛しており、思いやりや親切をする対象の人を愛している結果から、優しい気持ちと行動に及ぶ。

愛を持って人を想うことで優しい人となり、優しい人は愛の存在であるスピリチュアルな判別が生まれます。しかし、優しい行動では本当に優しいかどうかはわかりません。

行動で優しさを表す際には偽善や取り繕いが可能であり、愛がなくとも建前や常識としての思い込みにて優しい人に見える行動をすることが可能です。

そこで、優しい人をスピリチュアルに判断してしまうのが動物です。

※優しい人になるための話は、優しい人になりたい場合の大切な理解│優しさは一人では成立しない をご覧ください。

人に優しくするには自分の喜び第一│方法は優しさを知る経験優しい気持ちがどこかに潜む。 冷たくしたり、自分勝手になった時、人に優しくしたくなるかもしれません。 なかなか人に優しくでき...

 

動物に優しい人とは

動物が教える優しい人

優しい人は自他を敬い大切にする愛を持つので、動物と接した際にはその真意が露わになります。

優しい人はスピリチュアルな愛の認知である心を主体にしているので、思考よりも感覚優位です。

優しい気持ちや行動をするのは、理論や計算なく愛を自他に与えたい欲望を抱くことで行為に及びますので、優しい気持ちや行動を生み出す際には思考がありません。

優しい人かどうかは心温まる愛を感じるかどうかですが、実際の生活では愛があるかどうかは波動にて自覚することができます。

波動は思考ではなく感覚にて感じる振動であり、エネルギーですのでわかりにくいかもしれません。
しかし、動物は波動によって心地良いか心地悪いかの認識をするので、愛がない優しさの場合にはその状況を表現します。

人間同士であれば、人を思う優しさでは偽善や建前としての演技が生まれ、外側の行為と内側の気持ちにギャップがある人間的な優しさが誕生します。

ですが、動物に対して偽善や建前が必要なルールはこの世にはあまりないので、動物と接する際には、純粋な愛を持っているかの姿が露わになります。

動物の感じるスピリチュアル : 波動にて優しい人か判断

動物にはエゴがなく、偽善や取り繕いで演技をすることはなく、感じたものを感じたように全力で表現して伝える。
波動を感じた際には、波動による感覚と想いに全力で反応して表現する。
※波動とは、動物と接する際の想いや思いを表すエネルギー。

人と接して心地良ければ心地良いことを表現し、懐いたり好きになり一緒にいる。
人と接して心地悪ければ、吠えたり攻撃をして一緒にはいない。
野生動物になると、心地悪さは動物本能としての戦いの理由になる。

動物と接する際の気持ちには、自分の喜びがあるのが前提で接します。
そこには、「動物が好き」「動物と居ると癒される」「動物の気持ちを感じる」などの自分の喜びに繋がる理由があります。

自分の喜びがあるので、残りは動物の喜びがあるかどうかで、優しさがその接し合いにあるのかがわかります。

自分や人を想い愛する気持ちがない場合には、自分のためにならないネガティブな思考が伴うので、優しさからの行為に愛がない場合は真逆のエゴになる。

例:義務として自分に我慢をさせる。偽善や建前にて嘘をつく。嫌々の忍耐などのネガティブな思考から、人を思うエゴを作る。

人を想う優しい人であれば、動物と接する際に喜びを想い、優しさを持って接することで、自分の喜びと同時に動物の喜びが生まれて相思相愛となる。

※動物が知っている優しい人は、犬に好かれる人に隠された共通点と特徴|波動を読み取る動物の秘密 をぜひご覧ください。

犬に好かれる人に隠された共通点と特徴|波動を読み取る動物の秘密動物は全てを感じています。 純粋な生き物でエゴがないことから嘘や取り繕いは通用せず、関わる人や動物自身の状況や状態を本気で表現して...

 

動物が教える人を想う優しい人

人を想う優しい人には社会性やエゴはなく、スピリチュアルな心で感じる、「喜んでもらいたい」と愛のある想いがあります。

動物に優しい人はエゴがなく、“人を想う優しさ”を持ち、動物がその事実を優しく表現します。

人を想う優しい人は、「喜んでもらいたい」と他者の喜びを求める愛の気持ちを持つ。
※他者の喜びを主体にしているので自分の押し付けはなく、完全に他者の立場を考慮して言動の行為に及ぶ。

動物は、優しい人の愛を心地良い波動として感じるので、優しい人かどうかを表現します。

動物に好かれる人は優しい人

優しさにはエゴも計算も理論もないので、目の前の動物をどう感じているかという感覚的な気持ちのみが動物との触れ合いにはあり、純粋に気持ちを表現する動物は人を好きになることで、その人が優しい人かどうかを教えてくれます。

 

動物に優しい人は誰にでも優しい

人を利用して自分のエゴの対処のために優しい人の演技をする人もいます。

エゴの対処とは、自分の存在価値を見出すことと、存在価値を見失わないことです。

その場合には人を思う優しい人として演技をする舞台が始まりますが、人を思うエゴでも自覚なく人のためだと思って行為に及んでいる場合があります。

それは思い込みや決め付け、常識やルールとしてインプットしている場合であり、エゴを主体にしていることに違和感がない状態では、自分で気付くことが困難になります。

人を思うエゴを善とした優しさだと思い込んでいる場合、そのような人が人や動物と接する際に、優しい行為かどうかの真意がわかりますので、ご参考にご覧ください。

動物が教えるエゴの行為

・優しさが押し付け → 自分の思っている優しさを他に押し付ける
人や動物が喜ぶことではなく、自分が思う優しさを与えてることで自分が喜ぶので、優しさが他のためではなく自分のため。
他が「要りません」と反応する際、嫌悪感や怒りやイライラが少しでも表れる場合は、優しさを提供することで自分が満たされなかったことへの反応となる。

・自分に懐かせるために物を与える → 自分を好んでもらうために物を与える
自分に懐いて欲しい理由が、「自分は動物に好かれている」「自分が言うことを聞かせている」「自分の言うことを聞いている」「しっかり躾ができている」と私物化することで、自分の存在価値を見出す。

・自分が喜べた時だけ優しくなる
動物が近付いて来たり、なにか自分に喜びなどの利益がもたらされた時のみ優しくなる場合、動物や人に対する優しさではなく、自分を肯定されたことへの喜びを表現している状態。自己肯定感を他によって見出してもらったことで動物や人を大切に想うのではなく、「良くやった」と上から目線で関わる自己満足。

・調和性がない
犬と散歩するなどの一緒に居る優しさが、「犬と一緒だと人と関わりやすくなる」「犬と一緒だと不安感なく外を出歩ける」などの動機の場合、自分の利益のみを目的とした行為となる。

優しい人かどうかは動物が反応として明確に表現します。

そのため、動物に好かれる人は誰にでも優しい愛を持ちます。

動物に好かれる人は、動物にも優しい愛を持って接することでお互いに寄り合いますので、動物に優しい人です。

人を想うのか思うのかの違いは、愛があるかエゴがあるかの違いでわかる。
優しい人か演技の嘘かの判別はスピリチュアルな波動と心の認識によってなされるが、動物と関わることで明確に動物が表現して教えてくれる。
動物に優しい人は誰にでも優しい愛を持ち、動物に好かれる人は心から優しい人。

※本当に優しい人の話は、本当に優しい人に強い秘密がある|好かれも嫌われもするサポート役 をご覧ください。

本当に優しい人に強い秘密がある|好かれも嫌われもするサポート役優しい人には、愛がある、モテる、人が寄ってくる、動物に好かれる、素直…などなどとさまざまに特徴がありますが、世の中には本当に優しい人がい...

 

優しい人のスピリチュアル まとめ

優しい人には演技としての取り繕いやエゴがあり、心を主体にした自己表現があり、スピリチュアルな認識を持って本当に優しい人かどうかを判別することが可能です。

優しい人には人を想う気持ちと、人を思う気持ちの違いがあり、そこには愛かエゴかの明確な違いが表れ、スピリチュアルな愛を主体としたポジティブな状態と、感覚で一瞬一瞬の今を生きるありのままの人格が表現されます。

そして、動物によって優しい人が露わにされる方法があり、スピリチュアルな波動概念を基に、心を剥き出しにした動物やペットは心地良いか心地悪いかで、接している人の想うと思うの違いをキュンキュン(はぁー心地良い)、バウバウ(なんだこの人、心地悪っ)とわかりやすく伝えます。

優しい人は考えて行為には及びません。
思いやりや親切な気持ちは目の前を認識して、純粋でシンプルに「この人のためになりたい」「この人に喜んでもらいたい」という想いを生み出します。

その際の欲望は愛を基に生み出され、人が喜ぶことが自分の喜びになり、自他を敬い愛している結果、「ありがとう」という愛の含まれた喜びになります。

優しい人は自分が嫌なことはしません。それは自分を愛さず大切にしない行為となることを知っているので、あくまで自分の欲望を基に行動をします。

しかし、考えて行動をしている訳ではないので目の前に困っている人がいれば、人を想う気持ちは消えることなく人格として刻まれており、気付いた時には思いやりや親切をして優しい人になっています。

その為、優しい人は根っから優しい人です。
ありのままの自分であることで優しい人となり、心を主体とすることでスピリチュアルな愛の認知と共に優しい人に自然となっていきますが、それは過去の自分に気付く状態であり、生まれた時から優しいことを知ります。

自分が優しくないと思う場合には、エゴがあることを意味します。
エゴがなくなれば本来の自分となり、自分が優しい人であることを自覚する時が来ると思いますよ。

それでは、優しい人のスピリチュアルな認識と、動物が教える人を想うと思うの違いからわかる優しい人についての共有を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です