愛とは何か

愛とエゴを知る│無償の愛以上に大切な人との関わりにある敬い

愛とエゴは二つで一つです。

その一つが分かれることで、まるで正反対の関係性を持ちます。

そんな愛とエゴを知ると、世の中にはあらゆる愛があり、あらゆるエゴで人と人の関係性が成り立っていることがわかり、さらに愛だと思っていたことがエゴだったりという真相も明らかになります。

愛とエゴは同じ一つであることから、人との関わりよって愛はエゴに成り代わります。

そのため、無償の愛や慈悲など、愛を持ってエゴとの関わり方を知ることはとても大切です。

何が愛で、何がエゴかを知ることで、人との関わりが容易で気楽なものになりますので、愛とエゴによる人と人の関わり、そして愛を持って関わる方法をご覧ください。

愛とエゴとは

初めに、愛とは、エゴとは何かについてを見ていきましょう。

愛とは

愛とは一方通行では成り立たない真理の一つです。

真理と言っても難しいことは何もなく、誰しもに共通の認識となる“ルール”のようなもので、それは守っても守らなくても本人に全てが委ねられるルールです。

そんな愛とは、敬いのことです。

愛とは : 敬い

※自他共に敬うこと
※敬いとは尊重し尊敬すること

言葉としては、愛=敬い、はい終了ー。

と簡単ですが、敬いを紐解くと少し解釈が広くなります。

自分を敬う場合、自分の意志を持って自分という対象を敬うのでそこには“自分対自分”の構図があります。

その際、意志にあるのは、「敬うぞ」という動機や目的であり、敬うという愛の行為の始まりを作る源です。

意志を核として自分という対象を敬うので、自分が何か対象を敬う状態になります。

同時に他である、他者や他の自然や動物や物や…自分以外の何かを対象にする場合は、自分が何か対象を敬います。

敬う対象が自分か他かによって何か変わりそうですが、何も変わりません。どちらも同じです。

それは、自分を愛するも他を愛するもどちらも同じように大切という意味でもあり、自分という意志を中心にして、自分も他も“対象”として敬います。

愛とは自他を敬うことです。

 

敬いの愛とはそのままを尊重する自然

上記でお伝えしたように、愛の敬いをする際は常に自分→対象(自分も含む)への行為なので、自分から愛を与えることになります。

同時に、他者があなたを敬う場合は、他者が愛をあなたに与えるということです。

そのため、愛を持つとは自分から愛を与えることであり、自発的で発信的になります。

愛を持つことで受信的ではなく発信的になる。

そして、愛とは尊重であることから、押し付けや干渉せずに“そのまま”を敬う自然であることを意味します。

自然とはその人にとって、自分にとってのありのまま、現状、今起きている事実であり現実をそのままです。

少し例を見てみましょう。

例えば、目の前に寝ながらソファの上でポテトチップスにマヨネーズをグリグリ入れて、袋を片手に箸で摘まんで食べながらテレビを見てゲラゲラしている友人、かれこれ勝手に居候を始めて二週間、が居るとします。

「このブタ野郎が」と思う所を堪えて、そのままの友人を尊重する。

できますか?

解説しますと、「なにが自然だ、ポテチにマヨネーズ、寝ながら箸だとぉ、このブタ野郎が!」と私のように思ったらそれはもう愛はありません。既に終了です。

同時に、堪えるとか、我慢や忍耐、仕方がない、今回だけは妥協して、最後の機会をやろうと甘やかしなどなど、本当に少しでもブタを認めたくない思考がスッと入ってくれば、はい終了。愛はありません。

敬いを持てず、尊重できません。

そのまま敬った振りをすると自分に嘘をつくことになり、嫌なことを自らすることにもなり、相手にさせられたと思うことにもなり、ストレスにもなり、嫌なことを自ら作ります。

ブタだと思えば、「このブタ野郎が、働いてこい!」と一喝、以上です。

すると、相手を愛せずとも、自分を愛することができます。

そんな感じで、愛とは人間心理的な感じであり、哲学的であり、さらにエゴを生み出す基です。

 

愛とは受け入れであり許しであり許容

愛の最大の特徴は“受け入れる”ということにあります。

自分も他者も受け入れる。

この行為をするには敬いが必ず必要になります。上記のブタ野郎に関して、その光景を、「はいはい、いつものね」と認めることは容易だと思います。見慣れちゃえばいいので。

しかし、それを受け入れる場合には認めてから“迎え入れる”という行為が追加されて完成します。

受け入れるとは…認め、迎え入れること。

そのため、敬いの愛が必要です。

迎え入れるのは、「よしよし、よくマヨネーズかけられたねー」というように喜びを感じて相手の状態を嬉しく思うので、自分に喜びがなければできません。

受け入れるとは最強にして最高に難しい行為でして、マザーテレサさんは神のようだというのは、どんな相手でも受け入れられる愛の大きさにあるのかもしれません。

自分だけでなく相手を受け入れる場合には、押し付けや干渉、思い込みや決め付けをなくす必要があり、自分を愛する前提が必ず必要です。

その上で、相手の行為に対して喜びを見出すので、相手の喜びが自分の喜びとなり、そのままを受け入れる許容があることで愛は生まれます。

そこには、相手を許す、または自分を許す行為が大切になり、許すという行為も敬いであり愛になります。

 

愛とは育み

愛は一方通行では成り立たないものです。

敬いという自分も含めた“他”を対象にした自分の意志による行為であり気持ちが愛なので、頭の中で自分のみを対象にして妄想や空想して満足することとは違います。

他が居て、行為や気持ちを持って愛を与えることは、相手へ何かしら良き影響も与えます。

影響によって他の意志に動機や動力を与え、行動や目的を作るきっかけになります。

言い方を変えると、愛を与える行為は物事を始める動力となり、その物事とは愛を与えてくれた人に対する行動や気持ちによって作られます。

それが“育み”や“成長”です。

例えば上記の居候に対して、「楽しい時間だね、面白いテレビでもやっているのかい?」と質問する時に敬いがなければ、質問一つにも刺や干渉が加わるので、まるで語尾に“子ブタさん”が加わったような嫌な気分を与えます。

しかし、愛であれば相手は喜びや嬉しさ、何より心地良さという影響を貰い、それによって、「質問に答えよう」「一緒にテレビ観たい」「ポテチ食べる?」みたいな愛に対する返答やお返しが作られます。

それによってお互いの関係性が作られたり、コミュニケーションを取ったり、愛による育みや成長があり、双方向からの行き来によってより敬いの愛は強く育まれます。

そんな愛を貰うことでの共通認識となるものは、“心地良さ”の感覚を味わうことです。

 

愛とは 一覧

これまでの内容から、愛についてをまとめるとこのようになります。

愛とは
  1. 愛とは自分も他者も尊重し尊敬する敬い
  2. そのままを敬う自然が愛
  3. 愛とは受け入れること
  4. 自他を許し、受け入れる許容が愛
  5. 愛とは双方向にて育まれる成長動力

これら全てに共通した根底理解となるのが“敬い”です。

そのため、愛とは敬いという理解になります。

※愛のスピリチュアルと哲学による見方は、愛とは何かを紐解くスピリチュアルと哲学|想いに種類と意味がある をご覧ください。

愛とは何かを紐解くスピリチュアルと哲学|想いに種類と意味がある愛にはさまざまな意味付けと種類があり、それぞれに愛の度合や上下のレベル分けにて、とても壮大な愛の世界が広がります。 2000年ほど...

 

エゴとは

次はエゴについてを見ていきましょう。

愛を知るとエゴはとてもわかりやすくなります。

愛を持って生きていると、自分のそのままを敬います。

自分に対する拒否や認めないという認識はそのままの自然な状態を邪魔するので、愛には拒否という認識はありません。

その言い方を変えると、自分を敬うことで自分のことを理解して認識します。

しかし、エゴの場合は愛がないので自分も他も敬いません。

それは、自分のそのままを受け入れるどころではなく認められず、他のそのままなんかもってのほか。

敬えないことから押し付けや過干渉となり、相手の世界ややり方、人間性や在り方を否定して批判して、強制して自分のように塗り替えてやろうとします。

それは、自分を自分で認めないことに起因しています。

エゴとは : 自分を自分で認めないことから作られる意識

※自分を他と区別、比較して見出して認識する思考
※根底には恐怖がある

エゴは他者と区別することで自分を見出し、認める材料を探します。

そのため、他の存在を利用して自分を認識しようとするので、押し付けや干渉、決め付けや強制をします。

さらに、エゴが強くなることで他者を否定して自分を正当化するように、自分を非難して存在を認識するように、否定・批判・愚痴・非難などの攻撃性を持ちます。

 

エゴとは恐怖から作られる自分自身

エゴの攻撃性は自分を守るためのものであり、自分を正当化したり他者と比較することには意味があります。

自分を自ら認められなければ自分を認識できないので、生きている意味や存在理由がわからなくなります。

すると、生きている必要性を見出せなくなり、そこに防衛本能や生存本能があることで生存を図るために心身は働きます。

エゴは防衛本能の一つでもある“自分を守るための対処”です。

エゴとは生きる上ではなくてはならないもので、他者と比較することで優越感や劣等感など、良いも悪いも自分を見出す方法になります。

そのように他者を利用することで自分を見出すので、主観が己の意志ではなく他者の目や反応になります。

すると、世間的な評価や判断が生きるための超重要事項になるので、社会性の常識やルール、“みんながすること”、“大多数が正”、“間違いはダメ”という思考ルールを頭にインプットして従う努力をします。

それによって自分を否定・批判されず、存在価値を見出すことに専念できるので、苦しみから逃れる対処となります。

あらゆる認識や人間性や在り方が他者の反応や評価(社会性など)を中心にして作られるため、自分を認識する際に名前や肩書が必要なように、“価値”として見える確たるものが必要になります。

その根底には“恐怖”が潜み、他者から攻撃されず、排他されず、否定されず、必要とされ、認められ、愛され、褒められることをとにかく求め、存在意義を見失わないと同時に存在価値を見出します。

エゴとは存在動機に関与する恐怖(存在意義と価値を見失う可能性)の対処のために生まれたもう一人の自分です。

 

エゴとは認めない拒否の認識

エゴがあることで敬うことをせず、とにかく利用する概念になります。

活用ではないので一方通行で物事を成立させようとして、嘘や誤魔化し、思い込みや決め付けが激しくなります。

すると、他者や自分との関わりが育みや成長ではなく、恐怖を味わわないように対処する己の利益のみとなり、双方向が生まれません。

あらゆることを認めず、利益と言う名の“恐怖からの逃避”を蜜だと思い込み邁進するため、周囲が見えなくなり認識の幅が狭くなります。

エゴとは他の常識やルール(社会性)を重んじて、自分の喜び以上に恐怖のない安泰を喜びとする思考であり、そんな自分を認めず拒否する認識

※エゴの詳細は、エゴの意味とはスピリチュアルな契約|エゴがない人が教える活用方法 をご覧ください。

エゴの意味とはスピリチュアルな契約|エゴがない人が教える活用方法私達は常に二人の自分を持ち、使い分けたり、使われたりと共存や利用の関係性を持ちます。 そんな二人の内の一人をエゴと言います。 ...

 

無償の愛によるエゴとの関わり方

愛とエゴの関係性

これまでの内容から、愛とエゴの関係が見えてきます。

それは同じということです。

「どこがやねーん」という感じですね。

同じというのは、共に“自分の中にある”ということでして、共に自分という意味です。

言い方を変えると、愛とエゴは自分の表と裏

愛は、「まぁ、あったら良さ気だよね」というものだと思います。
そしてエゴは、「ない方が良さ気だよね」というものだと思います。

しかし、エゴがなければ死にます。シンプルに死です。

考えてみてください。

この社会性、昔とは違います。まぁ昔を知りませんが、今は押し付けや干渉、常識やルールに縛られて生きることが当たり前のご時世。

子供という無知で生きる能力が乏しければ、他者にルールや常識をインプットしてもらい、自分を見失いながらも一生懸命に自分の愛を持って生きるのが仕来り、掟、規律、よもや生きる上での必須という具合です。

そのため、エゴは大切、もちろん愛も大切です。

愛の自分の尊重意志があるために自分を作ってもらっていることに対して、「いや、これは作られている、見失いの元凶だバカヤロー」と拒否するエゴが作られます。

そして、エゴがあるために自分の見失いや自分らしくない様に違和感を感じ、「こんなに怒る自分は何かが違う」と気付きのサインにもなる愛が見え隠れします。

愛とエゴは光と影のように自分の中に内包された善悪として二極化されて存在しますが、共に自分であることに何も変わらず、「どっちが良いも悪いも自分、ドンッ」という確たる己が鎮座する。

とまぁ、カッコいいこと言っていますが、愛とエゴの関係性は自分の中での話であれば解釈はそれほど難しいことはないと思います。

しかし、他者との関わりでの愛とエゴはややこしくなります。

詳細を見ていきましょう。

 

恋愛はエゴ

初めにお伝えしておきますが、全ての恋愛ではありません。

恋愛とは愛に発展するものもあるために愛の育みです。しかし、一方通行の恋愛があるとすれば、それはもうエゴ、エゴの塊のゴリです。

少し恋愛についてをイメージしてみたいと思います。

「あの人カッコイイ」「あの人可愛い」

「じゃあ、好き」

「はっ?!どういうこと??」と。

これは一般的な解釈かわかりませんが、愛を主体にするとこのようになると思います。

簡単なおさらいです。

  • 愛は双方向、エゴは一方通行
  • 愛は自分を受け入れる、エゴは自分を認めず他者と比較して存在を認識する

恋愛にて人を好きになることは、とても綺麗で神秘的なことです。

しかし、その際に自分を認められず、認めてもらうために他者を好きになる場合はこうなります。

  • 「30歳くらいで結婚しないと」
  • 「彼女彼氏くらいいないとちょっと周囲の目が気になる」
  • 「あんな美人と一緒の私は周囲から認められる」
  • 「あれだけお金持っている人とであれば、誰かに疎まれても蔑まれることはない」
  • 「あの人はみんなの人気者だから、そんな人と付き合いたい」
  • 「大事にされていると思いたいから」
  • 「一人は寂しいから誰かと一緒に居よう」

留まりを知らないエゴは己の利益として、恐怖を味わわない、周囲によって安泰を得るという蜜を求め、全ての主観は他となり自分が中心にはいません。

その際、依存と執着するようになり、恐怖の対処に周囲の名前、肩書、評価、常識、価値を使用して忙しなくなります。

恋愛にて自他への敬いがない場合、自分のために他者を利用するエゴになる

 

恋愛の好きはエゴ

恋愛すると相手を好きになると思います。

その際の「好き」の真意によってエゴなのか愛なのかが綺麗に分かれます。

  • エゴの好き・・・自分を喜ばしてもらえる期待に対する好意
    ※依存と執着を作り、未来の自分の喜びを相手によって作ってもらえるだろうことへの自己納得
  • 愛の好き ・・・自分を喜ばしてもらえたことを感じて抱く行為
    ※自分の喜びを感じ、それを与えてくれた相手への感謝や尊重を抱き、お互いの育みとなる喜び

“自分にとっての何かしらの喜び”を与えられたことによって好感を持ち、人を好きになります。

それは、存在がカッコイイだけでも自分がドキドキしたり、プレゼントを貰うことで好感を持ったり、好かれている=認められていることに喜びを感じたり、はたまた一緒にいることで周囲から排他されないことに喜びがありと、さまざまに喜びを与えられています。

自分の喜びのみにフォーカスして、「あの人といればこの先これだけの喜びがあるかも、こんなこともしてもらってもっと喜べるかも、周囲にはこんな風に言われてもっともっと喜べるかも」と未来への思考や、相手によってもたらされる利益に着目。

これが恋愛の完全なるエゴです。

愛の場合は、自分が喜びを貰ったことと同時に、相手によって貰っていることへの着目を忘れません。

※恋愛と愛の違いは、人を愛するとは自分のみが対象│自分を敬うことが唯一でたった一つの愛 をご覧ください。

人を愛するためには自分を愛することが全て│この世に存在する唯一の形頭があり心がある。人の愛とはどこから生まれ、どこへ向かうのか。 愛の定義とは幅広く、愛する行為も認識も人それぞれにあるために、何を...

 

無償の愛にてエゴと関わる方法

愛とエゴは対局する関係であることから反発します。

共に、自分であることには変わりませんが、敬うか敬わないか、受け入れるか拒否するかの+-は交わることができません。

エゴが一方的に関わりを求めると、無意識でも悪意なくとも己の利益のために利用する形になるので、愛のエネルギーを奪ったり疲れさせます。

それがエゴ同士の関わりであれば両者に負担はなく、お互いに蜜を吸い合うように利用し合うWinWinビジネスが成立しているので問題ありません。

同様に、愛同士も敬い合いの育みにて何の問題もありません。

愛とエゴの関わりには大きな隔たりがあるため、“関わり方”が大切になります。

特に愛側はエゴとの関わり方を知らないと一方的にボコボコにされるように疲弊してしまう、またはエゴの恐怖を煽って依存と執着を強めて相手に己をより見失わせるようなことをしていたりするので、関わり方を知っていると何かと役立ちます。

 

愛とエゴの関わりは愛側の理解が大切

愛があることで相手を助けようとしますが、それは一概に敬いではなく干渉でもあり、愛を押し付けるようなことがあればそれはエゴです。

人を好きになったり愛したりする際、自他への敬いがなければエゴですので、相手を変えたり自分に我慢させたりする場合はエゴです。

エゴは攻撃性があるので問題が起きた時に加害者に思われますが、実際には被害者が加害者意識を誘発している隠れ加害者ということは非常に多いです。

そのため、愛もエゴも己を知る必要がありますが、エゴは自分を見失っているので知れません。

そこで、自他を敬う愛を持っている愛側の人が主体となって、エゴとの関わりの流れを止め、関係性の構築の土台作りをすることが大切となり、そこに無償の愛が関わります。

 

無償の愛とは愛のこと

無償の愛という言葉がありますが、“無償”という“見返りを求めない”意味を付け加えて“無償の愛”ですが、これはそのまま愛のことです。

親が子を見守る際などは無償の愛を持ってほにゃほにゃほにゃと言うかもしれませんが、親は既に子供から無意識でも愛を貰っているので、敢えていうならば子が親へ与えるものを無償の愛と言うのかもしれません。

そんなことはどうでもいいのですが、無償の愛のポイントは“自他を敬う”ことからの愛にあります。

自他の敬いが愛の意味ですが、自分を敬うだけでも愛の始まりとなり、徐々に他を敬うことで愛になっていきます。

そのため、エゴとの関わりにて自分を敬う愛があれば“エゴと関わらない”、これに尽きます。

“二度と会わない”というベストアンサー。

さらに、自他の“他”にフォーカスすることで、自分を敬うと同時にエゴである相手も敬う無償の愛が本領発揮になります。

自分へも他者へも敬いを忘れないことが、人との分け隔てない愛の関わりを作ります。

 

エゴとの対峙は愛が常に主導権を取る

愛とエゴは波動や人間性の同調や引き寄せが大きく関与するので、基本的に関わることはありません。

しかし、カウンセリングや家族関係など、切っても切れないやむを得ない状況にて関わることがあると思います。

愛がエゴと関わる際、愛側が主導権を離してはなりません。それを離すと相手に依存や執着をされて飲み込まれます。

それは、愛をエゴに変えてしまう、またはエゴをよりエゴにしてしまう状態で、愛とエゴの反発にて関われば関わるほどにお互い大変なことになります。

「あ、言った傍からジャングルジムからジャンプして骨折った」みたいなイメージです。

怪我したくてしていればそれをそのまま敬って、「良く落ちたね、良かった良かったー」となりますがその自覚もないのがエゴですので、相手のペースに飲まれないことが大切です。

愛とエゴの関わり方
  1. 愛がエゴと接する際は常に主導権を持つ
  2. 相手のペースに飲まれず、愚痴や否定に同情しない
  3. 常に自分を中心の核にして、意志をぶらぶらさせない
  4. 相手に指導・享受する立場で関わる
  5. 相手に役立つ内容を教えてあげて後は距離を取る

エゴが主導権を握ると酷いことになりますので、常に愛が主体で関わることが大切です。

 

無償の愛でエゴと関わる際のポイント

最後に、愛とエゴの関わり方にあるポイントをお伝えして終了します。

愛がある以上、愛としてエゴに関わることを忘れてはなりません。
エゴと関わる際には自分を敬うことを忘れてはなりません。

忘れた時点で気付かぬうちにエゴになっています。

例えば、親子関係で自分が愛だとしても、親がエゴということもあると思います。またその反対も然り。

その際、一対一になることはなるべく避けたいものです。

ですが状況によってはあると思うので、その際は相手の否定や批判、愚痴や泣き言に同情してはなりません。

同情とは相手の空間に自ら入る行為ですので、相手の思うままにエネルギーを取られたり傷をつけられたりと散々なことになり、気付けばあなたの顔はベトベトン。

「あ、既にエゴ色だーーー!」と。

そのため、相手が何を言おうが空間の主導権を握ります。または会話の主導権を握り、相手のペースに飲まれないように自分を保ちます。

それは自分を守ると同時に相手のエゴを広げず、さらに相手が愛に気付くきっかけにもなります。

また、カウンセリングなどの相談をされる場合には、常に教える状況を作り、相手を懐に入れないことが愛です。

相手を否定せずに突き放つ、自覚を促す一言や厳しい助言も大切で、その際に自分が嫌な人間に思われることを危惧することは既に愛ではないので、それもまた愛の勉強(自分への敬い)になるという。

自分も他者も共に敬うのが愛であり、他者への敬いを強く持つ無償の愛があることで、エゴとの関わり方に涼やかな流れを作り、円滑な両者のためになる関係性が作られます。

※無償の愛とはここで言う“愛”のことなので、言葉以上に敬うことが大切です。

※違う見方となる無償の愛の意味は、本当の愛を持つ人の特徴とスピリチュアル|無関心と紙一重な親愛の真実 をご覧ください。

本当の愛を持つ人の特徴とスピリチュアル|無関心と紙一重な真実の愛愛にはさまざまなルール設定をすることで、人それぞれに差や価値を付けることができます。 「あぁ、愛しの Mi Amor」とは、親愛な...

 

愛とエゴ まとめ

愛もエゴも共に自分の中にある敬いか拒否か、それは善か悪かであり、喜びを尊重するか恐怖のなさを守るかです。

共に自分のためであり、人それぞれに度合や割合が作られるのは共に嬉しいものだからです。

愛とエゴの見分けにて他者との関わりに線引きや目的が自然と置かれるようになるため、自分の行為や認識を明確にすることができ、それによって自分を守るのか敬うのか、何が喜びで何を求めて、何にフォーカスしているかがわかります。

すると、人との関わりに気楽さが加わり、エゴが嫌であれば拒否するのではなく敬いを持って距離も持つ、または敬いを持って教えてあげることができます。

愛であろうがエゴであろうがどちらも自分ですので、神は己を敬うように、鬼も己を敬うように、どちらも大切です。

何より重要なのは、そんな自分を自覚して選択して行動することです。

そのための知識と理解として、愛とエゴについての話が役立てば幸いです。

それでは私はポテチに岩塩バンバンでいこうと思いますので、この辺で終了します。

【忘れていた人生の合図を電子書籍にて販売中!】

ふざけた人生哲学 幸せはムニュムニュムニュ

サラリーマンだった人間がおかしくなる、とある森での変人化計画とその全貌。

一人での森生活、襲ってきた熊は忘れていた大事なことを思い出させ、そこで見つけたものはムニュムニュしていました。

一風変わった哲学書であり、森を舞台にした一人の元サラリーマンが自分を探し出す物語。

自分を見失い、人生に疑問を抱き、違和感を感じる時こそ、本当の自分という名のふざけた自分を見つけ出す変貌ストーリーが始まります。

忘れている大事なことを思い出し、自分らしく人生を生きるための経験と知恵を詰めた内容です。何か興味を感じた方は、ぜひ始まりの合図を受け取ってください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です