方法

自分の世界の絵とは。

自分にしかない自分のための自分の世界を一人一人が必ず持っています。

そんな一人一人が持つ自分の世界を描きます。

ご自身の自分の世界に興味のある方へ、またはエネルギーアートを求める方へ、私という人間の表現のために絵のスタイルや考え方についてお伝えして、ご注文を頂くビジネス窓口と絵の世界と喜びの入り口をここに作ります。

自分の世界を描く絵のスタイル

人それぞれの自分の世界を描写

誰しもが自分の世界という空間を持ち、自分という存在を置いてこの世に生きています。

一人一人に世界があり、視覚的・物質的に捉えられるように紙に写し出すのが私の役目。

人それぞれが持っている、自分だけの自分の世界を描写します。

世界は今現在の自分自身の状態や状況からの世界ではなく、心として存在するありのままの自分、またの名を「ありのまま」です。

現在がハッピーでも、不幸真っ最中でも、浮き沈みなく変わらずに持つ真意を表現します。

自由に基づくありのままの世界。言葉で表現すると、「全てを受け入れ自由に生きる在り方」です。

 

心の世界のアート

自分の世界は感覚的な“想い”によって構成されます。

“想い”とは心が認知する、人を愛する時や大好きなことをしている時に感じる気持ちです。

見ることも嗅ぐことも触ることもできませんが、感じることができます。

一人一人の世界とは視覚的で物質的な世界ではありませんが、感じた世界をこの世の物質概念にて紙とペンを使用することで、絵として創造と表現をするのが私の絵のスタイルです。

 

エネルギーアート

私自身が絵を描くことには、エネルギーアートとしての意味があります。

自分の世界を知ってもらうと同時にエネルギーを紙の中に入れて、ヒーリングや癒しとして、絵を観てもらった際にホワッと心地良くなっていただく目的を持っています。

ご自身の世界を絵画にて手にしてもらうと同時に、自分の世界を感じる基となるエネルギーを注入します。

それが私の絵のスタイルとなり、私が描く意味はそこにあります。

 

絵の詳細、注文、販売について

絵の詳細

絵の詳細
  • 画材 : 色鉛筆、エネルギー
  • 紙  : 画用紙
  • 描写 : 自分の世界
絵のサイズと価格
  1. F4(333×242mm)
    …額縁:四ツ切(424×348mm)、大衣(509×394mm)
    …\50,000(額縁付きは+\5,000)
  2. F6(410×318mm)
    …額縁:半切(545×424mm)、A2(421×595mm)
    …¥100,000(額縁付きは+¥10,000)

絵にかかる時間は、F4サイズで約10日間、F6サイズで約20日間。
※絵を描く環境と状態と状況次第で時間に誤差がでます。

 

絵の注文、販売

絵を描く際には直接お会いする必要があります。
※Zoomでの対話、またはスマホにて写真を送っていただくことで、世界を把握させていただきます。

2020年9月26日付けで、絵の注文はお受けしておりません。

大変申し訳ございませんが、絵の注文を再開する際にはここに記載の内容を訂正いたしますので、ここの記載が変更されていない場合はご注文を承っておりませんので、悪しからずご了承ください。

 

自分の世界の絵のスタイル まとめ

以上が、私の絵描きとしてのスタイルと考え方です。

このブログを始めたことで個別に絵のご注文を頂くようになったので、絵について知ってもらえれば幸いです。

もしよければ、私のプロフィールもありますので、プロフィール、ブログ内容のご案内。をご覧ください。

絵のことや不明点があれば、お問い合わせ からご連絡ください。

意味わからないことをお答えするかもしれませんが、お察しと優しさで切り抜けてください。

それでは、自分の世界を描写する絵のスタイルについてをお伝えしました。読んで頂きまして、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。