人それぞれ

モテる人の特徴。女性は顔じゃない秘密|好かれる理由は男?!

モテる人は自分を理解し、人を理解し、物事を理解する。

モテる人には、“人間としてモテる人”と、肉体や道具やアイテムなどの“利益としてモテる人”の種類があります。

そんなモテる人の特徴は国や場所の環境や思考による他の情報は関係なく、いつでもどこでもモテる魅力があります。

ここでは女性を対象に、人と人の本気の関わりにあるモテる女性の特徴をお伝えしたいと思います。

言い方を変えると、本当にモテる女性です。

モテる女性を知ることで、軽薄な人間模様により作られる、煩わしさや寄り付かれる嫌悪など、必要のないエゴによる悩みや苦労が生まれない仕組みが理解されます。

モテる女性の特徴から、人に好かれる一助となり、人と関わる際の理解に役立つことを願います。

モテる人の特徴

初めにモテる女性の特徴と、モテる男性の特徴に共通した“モテる人”についてをご覧ください。

モテる人とは

モテる人には、“思考的”“心の認知による感性”によって種類が分かれます。

モテる人の種類
  1. 思考的にモテる人
  2. 感性的にモテる人

 

思考的にモテる人とは

思考的には、脳を使用して物事の良い悪いの概念を事前にインプットしておく必要があり、その際に重要なのが他者との比較です。

「みんなが良い」と言う、可愛い、セクシー、お金持ち、性格が良い、などの情報を頭に入れて憶えることで、それを基準にして、「あぁ、顔が誰々みたいで可愛いから好き」や、「自分のことを大切にしてくれるから性格が良くて好き」と考えます。

そこには必ず、「あの人より良い」「あの人より悪い」などの他と比べた評価や判断があります。

思考的なモテる人とは世間の意見や評価を主にして、顔や肉体などの容姿、話し方や考え方、人との接し方など、あらゆる生活態度を査定した結果、「一緒にいたくなる」「好きになる」という好感を抱かせる人です。

 

感性的にモテる人とは

心を使用した感性にてモテる人とは、外観や比較をした評価査定はなく、その人と一緒にいる経験をしたことで直接感じる想いとして、「一緒にいたくなる」「好きになる」という好感を抱かせる人です。

直接関わらなければ好感を持てるかどうかはわからず、実際に体感として好きという気持ちを抱くかどうかとなり、他者との比較はありません。

そのため、他の意見や常識やルールなどはなく、人それぞれの意見として、認識として、どう思い感じるかによってモテるかどうかが決まります。

人間性や在り方など、他の介入なくモテる人です。

 

モテる人とは一緒にいたくなる人

思考的でも感性的でも、判断に他の介入があるかないかの違いがありますが、モテるとは共に同じ意味です。

モテる人とは : 一緒にいたくなる、好感を持てる人

思考的にモテる場合には他者の情報が必要となり、もし目の前の人と自分しかいなければ、その人がモテるのか、その人を好きになるのかどうかわかりません。

心の認知にて感性的にモテる場合には目の前の人と自分のみ必要で、直接関わってどう感じどう想うかですので、自分の感覚と感性からの意見でわかります。

 

モテる人とは顔や容姿や物質ではない

思考的に他者と比較しても、比較せずに自分がどう思うかの感性的な認識でも、「一緒にいたい」と思わせる人、「好感がある」と感じさせる人がモテる人です。

「一緒にいたい、好感がある」とは、実際に自分の体感した上での意見や気持ちですので、周囲から人を見て判断することはできません。

そのため、実際に関わることが前提での理解なので、思考的に他者や世間の情報と比較して誰かを好きになった場合には、その対象の人は、寄り付かれる状態でモテるとは違います。

寄り付くことには、「自分のために利用する」という概念も含まれるために、一概に良い意味だけではありません。

そのため、思考的にモテる人は、「あの人といれば自分の評価が上がる」「自分が周囲から疎まれる」「認められる、褒められる」「快感を得られる」「満たされる」という、好きとは違う“利益”としての概念が含まれます。

それは、好かれる、モテるとは全く違うもので、顔が良ければ、肉体が良ければ、性格が良ければ、お金があれば、などの世間である他の情報を主観にして判断した、脳内評価による“価値”が認められた人のことです。

そのため、思考的にモテる人とは、場所や環境や時代背景にてコロコロ変わります。

 

モテる人はいつでもどこでも人としてモテる

本当にモテるかどうかは、直接関わることで体感としての意見や理解にて決まります。

いつの時代でもどんな環境でも、「この人と一緒にいたい」「好きだな」と好感を持つ際には、外観の取り繕いや演技はなく、可愛いか可愛くないかの外見や容姿は大きなモテる要素にはなりません。

直接関わり、好きかどうかを体感する際には、可愛いかブスかなどの判断基準は、好きになる人の中にしかありません。

そのため、自分としての顔や容姿への見方があっても、「一緒にいたい、好感を持てる」と感じる場合には、人間性から好感を持ち、性格も他と比較したものではなく、本性のみがモテる人となるかの判断となります。

そこには、人と人の本気の関わりがあり、好感を抱かせる人間性を持っていることから、男女関係なくモテる特徴があります。

モテる人の周りには人間性を見て好きになる人がいる。
思考的にモテる人の周りには、人間性以上に世間の情報を基に好きになる人がいる。

 

モテる人の特徴

そんなモテる人にはいくつかの共通の特徴がありますので、順番にご覧ください。

1、愛を持って人と接する

直接関わって好感を与えられるのは、愛を持って人と接する人です。

愛を持つことで、ポジティブな想いを持ちながら人を敬う気持ちを持ちます。

さらに、愛があることで関わる人に“心地良さ”を与えます。

モテる人と一緒にいることで心地良い気持ちになり、一緒にいたいと思うようになり、敬われる接し方をされることで大切にされていることを感じて、好きになる好感を抱きます。

モテる人の敬いの行動は人を喜ばせ、優しさを与えることで感謝を抱かせます。

 

2、人を受け入れる

モテる人は愛の気持ちにて敬うと同時に、自分も他者も受け入れます。

自分の意見や認識を押し付けるのではなく、他者の意見や認識の世界をそのまま尊重します。

受け入れる行為には一切の攻撃性がなく、干渉をせずに人の認識を壊すようなことをせず、柔軟で寛容に受け入れます。

それは懐の大きさともなり、温かさともなり、思い込みや決め付けをしないで物事を俯瞰して捉えられる余裕を持ちます。

 

3、人が好きで自分も好き

モテる人は人と関わることを好みます。

人と話すことや話を聞くこと、人の行動を見ることや共有や共感をして、人との時間を楽しみます。

さらに、自分のことを愛しているために、自分を敬う気持ちを忘れません。

それは、我慢や忍耐を自分にさせないことで、自分の嫌なことはせずに意見や認識をはっきり持ちます。

嫌なことをしないことは他者に迷惑をかけることではないので、自分勝手やわがままになることはなく、自分も他者も敬う状態を作ります。

 

4、男女共にモテる

モテる人に性別は関係ありません。

男性にも女性にも両性にも好かれます。

人としての魅力を持ち、人間性や在り方にてモテるために、ルールで縛られることがなく、より幅広く自由に自分の認識と世界を持ちます。

そのため、モテる人を好きになる人は、憧れや尊敬を持つこともあり、多種多様に性別も年代も幅広くモテます。

男女関係を求める場合には、それに合わせた形になりますが、「男だから」「女だから」という縛りにて自分を抑制することをしない特徴があります。

 

5、子供と動物にモテる

子供と動物にも好かれます。

年代も超えて、さらに種別も超えます。

それは愛を主体にして生きているためでして、子供や動物のような愛の塊とは共鳴が起きて、近寄ってきたり、好かれたり、そして一緒に遊ぶ人間性があります。

自分を愛していることから、楽しいことや自分を喜ばすことを大切にして、子供や動物と戯れ、楽しい時間を共有すると同時に自分を喜ばせる時間にします。

そこで我慢をして、「遊んであげよう、仕方がない」ということはまずありません。遊びたくなければ遊びません。遊びたければ遊びます。

自分に嘘をつかずに明確な意志を持つので、子供や動物にはっきりと状況を認識させることができ、関わりやすい安心感があり、子供や動物も好き勝手利用するような関わり方をしなくなります。

モテる人には以上の特徴があり、特に“愛を持って人を敬う”ことと、“自分を大切にする”ことが大きくあります。

※モテる人の詳細とモテる男性の話は、モテる人のスピリチュアルな秘密|鍵は男も女も女性らしく をご覧ください。

モテる人のスピリチュアルな秘密|鍵は男性も女性もこだわりなし容姿やお金などの外的な取り繕いは一切のモテ材料にはならない理解があります。 人間力が表れるモテる人の特徴には心の認識があり、心を全...

 

モテる女性の特徴

モテる女性の特徴

モテる女性はモテる人の前提があることで男女から好かれますが、男性から特に好かれる特徴を持ちます。

そんな特徴を順番にご覧ください。

1、男性目線で思考的に接する

モテる女性は男性と関わる際に、思考的に接しようとします。

男性は理論脳にて、物事の認識も考え方も話す内容も何もかもに過程と計算式を用います。

そのため、理論のない会話や、話が急に飛んでしまうと、「どこ行った?」「一体何が言いたいの?」と理解ができなくなり、ストレスになります。

女性は感覚脳であることから理論を求めません。そのため、理論や正しい答えという概念があまりなく、会話をしていても話の内容以上に、その場の雰囲気や自分が楽しいかを主体にします。

モテる女性は、思考的に話すことで男性にストレスを与えません。

その際には、モテる人の特徴である愛にて目の前の人を敬う気持ちを持つので、男性のことを考慮して話し方を変えたり、話す内容を変えたりと柔軟にします。

モテる女性は頭が良く、それを自分のためと人のために使用します。

 

2、男性を認めてあげる

思考的な面を持っていることから、男性の気持ちを理解します。

すると、男性目線での接し方をすると同時に、男性の求めていることを敬いの気持ちから与えてあげることが可能となります。

男性が求めていることは、“認められること”です。

男性を認める人はモテます。

モテる女性は認める行為にさらに敬いの愛を付け足し、「男性を認めてあげる」という接し方をします。

これは完全に男性を理解した思考的な接し方で、認めてほしい人の心理を理解して、包み込んであげる状態で、母性が加わります。

これで完璧です。誰しもに好かれます。

まるで子供を褒めてあげるかのようにですが、馬鹿にするような演技ではなく、男性それぞれの性格を理解して接します。

 

3、演技が自然

モテる女性の最も大きな特徴が、演技が自然であることです。

偽りではないために演技が自然になります。『敬いの愛』を持ち、『人が好き』だからです。

演技にも真意との矛盾があれば自分に嘘をつくこととなり、不自然な演技となります。しかし、モテる人は人が好きで、人と関わることを楽しみ、自分を愛していることから、自分に嘘をついて心地悪くなるようはことはしません。

関わる男性を大切に敬っているために、男性が喜ぶことを考えて演技をします。
※「モテたい」「この人を落としたい」などの思考や計算がない上での演技で、人が喜ぶことが自分の喜びである愛を持つ。

 

4、自分を愛している

モテる女性は裏表や計算がなく、あくまで自分のために男性を喜ばそうとした結果として好かれます。

それは自分を愛するが故の行為で、“結果的に好かれている”という状態ですので、「男性にモテたいからこうする」という概念がありません。

あくまで自分が喜ぶための行為で、相手が嫌な思いをすることをしません。それは自分が嫌な気分になるからです。

自分を敬い他者を敬うことで、自然な結果として誰しもが喜び、自分にはさらなる喜びとしてモテる状態です。

これは、ビジネスでも人との関わりでも何でも同じ仕組みがあり、カルマの概念です。

与えたものが返ってくる状態で、自分が嬉しい状態であれば引き寄せにて良きことが起きる仕組みも加わり、ポジティブなサイクルが生まれます。

※モテる変人の話は、モテる変人の特徴は内面から溢れる|無意識な性エネルギーの秘密 をご覧ください。

モテる変人の特徴は内面から溢れる|無意識な性エネルギーの秘密変人がモテる際の理由には外見からの理由がありません。 そのために、「あの人かっこよくないのになぜかモテる」「可愛くないのになんでモ...

 

モテる女性は自由で可憐で知的

自分を大切に愛して敬っているからこそ、人と接する際には自然と愛を持ちます。

その際に男性目線での敬いの気持ちを持つことで、男性は思考的に、「あれっ、もしかして俺を好きなのかな?」「好きなんだろ?可愛いやつだな」などなど、ありもしないことを考えますが、一緒にいる際の心地良さがあるのでいろいろ考えるのはやむを得ません。

さらに、男性の求める美しさや可愛さなどを思考的に演じることが可能であり、天然のような、または可憐な、そして知的な人となります。

元々知的な人間性がありますが、「私は頭がいいの」という認識をして、自分を認めてもらい褒めてもらうような他者主観の捉え方がなく、“自分のことは自分で認識する意志”があることから、頭がいいことや回転が速いことを周囲に伝えません。

その姿がとても自由で攻撃性のない愛おしさを作り、他者を喜ばす生き方が周囲を魅了して、モテる結果が生まれます。

※モテる人の特徴から発されるオーラの話は、モテる人のオーラに秘密があった|ただ一つの人に好かれる理由 をご覧ください。

モテる人にオーラと波動を彩る人間力|ただ一つの理由に全てがあるモテる人にはさまざまなタイプがいますが、明らかに飛びぬけてモテる人の場合、顔の部位の配置や肉体の形、服装やアイテムの装飾具合などの外観が...

 

モテる女性の自由さ

モテる女性は苦労がない

これまでモテる女性の特徴をお伝えしましたが、実はモテる女性は苦労が絶えません。

それは、他者からの干渉が伴うからです。

人から好かれることは喜びの理由にもなりますが、労力の提供にも繋がります。

その際に、モテる種類の“思考的にモテる人”と、“感性的にモテる人”の傾向が分かれます。

ここでお伝えしているモテる女性とは感性的なモテる人で、愛を持って接する人です。

愛を持つ人は思考的なモテる人とは比べられないほどモテます。

感性的に愛を持ってモテる人はあまり苦労することはありません。なぜならば、あくまで自分を愛する行為として人と関わっているので、自分が嫌になるまで演技をすることも人と関わることもありません。

 

モテる女性はモテたいと思わないので苦労しない

モテたい意志を持つと、モテるための演技をして外見から好かれることが多くなるので、制御がなくなります。

それは自分から蒔いた種ですが、自分で刈り取れなくなってしまうことで許容オーバーです。

すると、媚びを売った人に寄り付かれ、たくさん貰い物をして、お返しをしなければと、たくさんの人にプレゼントを準備したりします。

モテたいと思ってモテる人となることで許容オーバーになる

自分の評価を気に掛けることで、自らを苦しめる結果が伴いますが、本当にモテる人は自分を愛することを絶対に忘れないために、許容オーバーになることもなく、何よりモテようと行動することはありません。

あくまで、自分の喜びを主体にして、他者を敬います。人と関わることが好きなので、モテて自分を認めてもらおう、褒めてもらおうということはなく、既に自分で自分を愛しているために余裕があります。

 

モテる女性は悩みがない

モテる女性となる際には、自ら愛を与えて敬って接することとは別に、顔が可愛いから、肉体がセクシーだからなどの理由でモテることがあります。

思考的なモテる人であり外見や容姿による判断からモテる場合には、悩みを抱えることになります。

モテることで“自分を見失う悩み”が生まれます。

モテる人は常に他者からの干渉があります。常に見られます、評価されます、チラチラ、コソコソ、ガツガツされます。

これが一時的であればいいのですが、幼い頃から始まり、年齢を重ねる毎に落ち着いてきますが、しばらく続きます。

すると、自ら自分の存在を認識することを忘れてしまい、他者の評価や意見、「何を言われるか」を気にして、「評価してもらうためにはどうするべきか」を主体に化粧をしたり洋服を決めたり、髪型を作ったりします。

さらに、モテることでもてはやされます。初めはそれが嬉しいのですが、その内に傾向が表れ、自分で自分を認識できなくなります。

モテることで自分を見失う理由
  • 優越感を味わうことを喜びにすることで、他者と比較する生き方となり、自分で自分を認識できなくなる
  • 寄り付く人々に嫌悪を抱き、反社会性と自分への反発にて自分を見失う

自分で自分を認識できず、「自分は誰なのか?」「何のために生きているのか?」がわからない悩みが生まれます。

モテる女性の悩み : 他者の意見と評価を主体にして自分を見失う

※自分が誰なのかわからなくなり、自分の存在価値のために他者と比較して優越感を求めてモテる人を演じ続ける
※モテることに嫌気がさし、人を嫌いになり、自分を嫌いになり、自分の目で物事が見れなくなる

 

モテる女性は自分を受け入れるために悩みがない

モテる女性は自分を受け入れます。そして、自分を心置きなく愛します。

他者の意見ではなく、自分の目と頭と心で意見を作ります。

モテる女性は他の干渉が止まらないので大変忙しないことです。しかし、自分の意志を持って自分を大切にすることで悩みもなくなります。

モテる女性は初めに自分を愛し、その後に余裕があれば他者を敬います。

モテようとする意志もなく、自他を敬う生き方の結果としてモテる自然な状態となるので、その結果に依存や執着をすることもありません。

自分で自分を認識することは、今の自分を受け入れている意味でして、そのために自分を愛することができます。

本当にモテる女性となることで、苦労も悩みもなく、ただモテます。

その際には、好きになる人にも特徴が表れます。

※モテる女性の心の話は、心が綺麗な人の輝きに美形もブスもない|自分で選んだ容姿に魂の目的 をご覧ください。

心が綺麗な人の特徴に美形もブスもない|自分で選んだ容姿にスピリチュアル顔が綺麗なのか心が綺麗なのか。 それらは全て容姿となり外見となり現れます。 しかし、可愛いのか可愛くないのか、美形なのかブス...

 

モテる人を好きになる人とは

モテる人の特徴は、自ら人を喜ばそうとする発信者であることです。

そのため、モテる人かどうかは待って判断されるのではなく、自ら作り出します。

発信側となることで出会う人が変わります。それは評価をしてこようとする人ではなく、人間として心を認識して関わろうとする人を惹きつけます。

人間としての魅力からモテる女性を好きになる人は、人としての中身や人間性を見て好きになるために本気で人と関わり、人をしっかり見る特徴があります。

モテる人を好きになる人の特徴
  1. 人に苦労や悩みを与えない
  2. 自分のために他者を利用しない
  3. 常識やルールにて思い込みをせず自分の意見を持つ
  4. 自分の目と頭と心で人と接し、人間性や内面を見れる人

人と人が出会い、関わる際には引き寄せや鏡の法則と言われるものがあります。

関わる人全てには意味があり、自分の状態や状況、人間性や波動状態を表す指標としても出会う人が変わるために、周囲にいる人や関わる人や好きになる人には、モテる女性との共鳴や引き寄せがあります。

モテる女性が自分も他者も敬い、受け入れる許容や余裕があることで、人を自分のために利用しようとする人や、エゴを主体にする人を引き寄せることがなくなり、苦労や悩みを与えてくる存在もいなくなります。

思考的に考える人がいれば、心を主体に感じる人もいる。
「女性は顔」だと思う人がいれば、「女性は中身」と想う人がいれば、「どちらもいいな」と感じる人がいる。
自分自身の発している波動によって、出来事や人との出会いがある。

世の中は広いです。実に多くの人がおり、さまざまな考え方や生き方をしています。自分の許容を広げることで世界の見方や認識が大きく変わり、出会う人や、人に対する捉え方も変わっていきます。

男女に拘わらず、目の前にいる人は自分自身の認識による波動の引き寄せ結果ですので、それにより自分がモテる人かモテない人かを見る指標にもなります。

※人に好かれる人の話は、人が寄ってくる人に秘密あり。嫌われる人の知らない唯一の理由 をご覧ください。

人が寄ってくる人の人間性は一つ|特徴からわかる人が寄ってこない訳人も動物も、人に寄るのには理由があります。 そのため、人が寄ってくる人になるには明確な理由があり、人が寄ってこない場合の理由もあります...

 

モテる女性の特徴 まとめ

モテる女性の秘密となるのは、人間として生きる姿にあります。

それは脳も心も共に活用した生き方で、ありのままの自然な自分の在り方をすることで結果としてモテることとなります。

モテる女性は演技をしていてもしていなくても、自分の喜びや幸せを主体にして忘れず、常に楽しみながら発信者として人を魅了します。

その生き様が、美しく可愛い人間性を醸し出し、「この人と一緒にいたい」と思わせる理由となり、モテる女性の特徴となります。

自分を愛するが故に他者を愛する行動が表れ、結果的に自分の好きなことをしていたらモテるという気楽な努力があります。

一生懸命に目の前のことに取り組むことは、苦しみでも楽しみでも努力であり、波動や認識の引き寄せにて、楽しんで努力することで現実に良きことをもたらす結果を伴わせます。

可愛いも可愛くないも大きな要因ではない見方があることから、モテない人というのは自らの意思で作り出さなければ存在しません。

何を材料にするかは人それぞれですが、「可愛いからこそ自分は不幸だ」と苦労し悩む人もいますし、「可愛くないから不幸だ」と悩む人もいます。

受信的であることで自ら喜びを生み出すことができなくなります。その際に可愛いことを利用することで、顔が垂れてきた時に苦しみます。

早いも遅いもなく、顔も体も道具も必要なく、人としての魅力はいつでもどこでも愛によって花開きます。

自ら喜びを作り出す発信者となることで、それはさまざまな喜びを引き寄せて幸福をもたらす結果があり、気付くとモテモテです。

そんな、モテる人とモテる女性の特徴についての話でした。

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

『幸せへ導く』あなたの悩みを電話占いで解決

新規登録で最大10分間(2400円分)無料特典プレゼント

有名芸能人を鑑定したこともある実力派占い師が所属しているカリス。

鑑定件数100万件以上の実績があるので、電話占いに不安を感じている方でも安心して相談できます。

電話にて24時間いつでもどこからでも、あなたのお悩みを解決に導きます。

PR:Tphereth

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です