スピリチュアル

お金を知るスピリチュアル|生きる意味と仕組みが詰まる愛とエゴの物質化

お金とは価値のことで、人々の共通認識による信用です。

同時に、お金にはスピリチュアルな見方があり、そこには愛の交換による人間としての価値への認識が、お金がもたらされる人ともたらされない人の区分けを明確にします。

奉仕の精神も偽善も関係なく、シンプルにお金とは何かのスピリチュアルな解釈があり、目には見えないエネルギーや心の本質的な想いを物質化した、地球ならではの見方があります。

自分の価値を表すお金は、人間としての心の価値を表す姿があり、人間味を増していくことでお金の存在に関する意識が変わる未来が見えてきます。

そんな未来にお金はあるのかどうか。

お金は大切な統一認識であり、信用の価値を見えやすくするアイテムですので、活用をしてより幸せをもたらす考え方となることを願い、スピリチュアルな認識に基づいたお金とは何かについてをご覧ください。

お金のスピリチュアルな認識

お金とは

お金とは感謝を表すバロメーターとしての役割があり、そこにはお金とは自分であり、価値であり、エネルギーであり、対価である認識があります。

そもそもお金とは物質としての紙幣に貨幣、電子通貨や仮想通貨などがありますが、何のために必要なのでしょうか?

 

お金は喜ばせる時間を作り、喜びを見出すアイテム

お金の必要性を考えると、今の時代では“自分を喜ばせるための道具”と捉えることができます。

お金があることで、魚を捕まえに日本海まで行かなくても、テレビを観てお煎餅を食べていたら、ピンポーンと鳴って、判子を押す労力によって魚を食べることができます。

完全に自己の能力を超越した、時間削減と労力消費の回避があり、物質によって自分を喜ばせることはもちろん、自分を喜ばすための時間をもらうことになります。

人それぞれに自分の喜びを見出す道具となり、サービスを受けることでの快楽や物質的な娯楽による満足感があり、自らの行動を広げて生活の選択肢を広げることでの豊かさや安心感をもたらす、そんなさまざまな喜びを生み出します。

そして、お金を得るために人それぞれに時間や労力や自分の価値を提供して、人に喜んでもらうことをします。

そこには“喜び喜ばれのお金を生み出す仕組み”があり、始まりは自らが誰かを喜ばすことから始まります。

自分の価値の提供によって人を喜ばすことでお金を貰い、自分が喜ぶためにお金を渡す。
お金とは喜び喜ばれの関係性にて、人との関わりを作る。
自分が喜ぶことではなく、誰かを喜ばすことでお金を貰うことから始まる。

 

スピリチュアルなお金とは

お金が喜びを生み出す道具であることから、スピリチュアルなお金の見方が生まれます。

それは、お金は愛ということです。

喜びを生み出す際には人と人の関わりが生まれ、人がお金を他者に与え、人からお金を貰うことで流れと循環を作っていきます。

お金の流れを作る始まりは、自分が誰かに喜んでもらうための価値の提供をすることから始まりますので、その際には誰かに喜んでもらいたい気持ちがあり、それが愛です。

 

お金とは愛の交換

お金を作り出すのは日本銀行ですので、自ら作り出すことはできません。
できることは“お金を誰かから貰う”ことであり、それを使用して“お金を誰かに与える”ことです。

お金は愛であることから、人に愛を提供することがお金とは何かの意味となり、そこには人間の姿があります。

愛を与えることで、感謝の気持ちからお返しが生まれ、それも愛です。

それをお金の言い方にすると、誰かに喜びを価値として与えることで、感謝の気持ちとして対価のお金でお返しがあります。

そこには、愛を与えて貰うという愛の交換があり、価値交換やエネルギー交換という言い方にもなります。

 

愛の交換による循環作りが生きる仕組みになる

「人に喜んでもらいたい」という他者を敬う気持ちは、自分に喜びがあるから喜んでもらいたいという気持ちになります。

それは、自分も他者も敬って大切にしているからこそ生まれる気持ちで、それを愛と言います。

愛を与えても、貰うことを目的とはしていないのが愛で、愛を与える行為や、人が喜ぶことが自分の喜びという気持ちによって、見返りを求めずとも“お返しの感謝”が生まれ、自然と愛の交換が起きます。

そのように愛の交換を人を変えて行うことで、愛の循環が生まれ、愛の提供による人と人の関わりが生まれます。

それがお金となることで、お金の循環が生まれ、愛が流れていくようにお金が人から人へ流れ、それがお金を作り出す経済の仕組みになります。

循環を作ることで流れを作り、滞りや溜め込みの淀みがなくなることは、血の流れと同じです。

そこには、仏教用語にある“無常”という言葉が重なり、「常はない、物事は変化し続ける」という生きる仕組みと同じです。

お金があることで、人と人の関わりや愛の敬いや感謝の気持ちが循環され、流れることで愛が派生して広がり、お金が派生して広がり、愛をはぐくむように経済が育まれることになります。

スピリチュアルな概念でお金を見ると、お金を生み出す際には必ず人と人の関わりがあり、気持ちの交換による共存と循環の仕組みが見出されます。

愛があることで人と人の関係が潤滑されるように、お金が周り経済が円滑になる。
自分や他者を敬う愛の気持ちがあることで、経済は育まれ、お金が生み出される。
愛がないことで、経済に滞りの停滞が起き、お金が生み出されない。

※愛とは何かについては、愛とは何か。哲学とスピリチュアルからわかるシンプルな本物の想い をご覧ください。

愛とは何かを紐解くスピリチュアルと哲学|想いに種類と意味がある愛にはさまざまな意味付けと種類があり、それぞれに愛の度合や上下のレベル分けにて、とても壮大な愛の世界が広がります。 2000年ほど...

 

エネルギーのお金とは

お金は循環する仕組みであることから、エネルギーという見方もあります。

エネルギーとは波動です。

波動には振動数、振動幅、振動周期、振動リズム、整然性があり、愛として見るお金のエネルギーによって波動の高低が変わり、エネルギーの良し悪しが変わります。

誰かを喜ばせたいと想う気持ちにて愛のエネルギーが生み出され、他者に与えることでその人は喜びます。

それは波動の共鳴や引き寄せとなり、愛のエネルギーを持つ人には自然とお金が集まるエネルギーの習性からの概念があります。

 

引き寄せを生み出すエネルギー

お金が集まった際に、停滞を作らず循環させることで、よりお金が生み出される仕組みが生まれ、エネルギー循環となり、愛の行き来が起きます。

その際に集まる物質としてのお金を愛することで、お金自体が愛のエネルギーとしてお金を引き寄せることとなります。

スピリチュアルなお金とは愛の循環であり、愛による人と人の交流を作り、喜びの関係性を作り、お金自体に生まれるエネルギーによる引き寄せが起きます。

波動のエネルギー引き寄せと同調作用にて、愛を持つ際には愛のエネルギーが引き寄せられる

お金をエネルギーとして見ることで、波動の習性からの引き寄せにて愛が集まり、それはお金が集まる結果となります。

※波動の共鳴や引き寄せについての詳細は、波動が高い人の幸せの仕組み|エネルギーが高い人と低い人の違いとは? をご覧ください。

波動が高い人と低い人の特徴|エネルギーが高いとは?この世の全てのものには、波動が伴います。 波動が高い人はものごとがスムースに運ばれ、自分の思う良いことが次から次へと流れ込みます。...

 

お金の顔がある

お金は生きています。

スピリチュアルな認識にてお金のことを考えると、価値の見返りを求める姿は生まれません。

あくまで他者の喜びを敬うことで価値の提供をすることから始まり、お返しをしたいかどうかは相手次第です。

お金が欲しい場合には、自ら喜びを与えなければお金を貰うことができませんので、行動をします。

その際、他者に自分の価値の提供をする動機が愛に基づくもの、すなわち敬いの想いに基づくものはスピリチュアルなお金としての認識が成り立ち、初めから愛によるエネルギー循環が起き続けます。

そこで自分の価値の提供の動機がネガティブなものである場合、お金の概念は完全に別世界のものとして扱われます。

それがエゴです。

 

お金には愛とエゴの表裏の顔がある

お金には表裏の面々があることで、笑っている後ろを見ると、物凄く険しかったりします。

顔がどうであってもエネルギー概念があることで、同じ波動を引き寄せます。それは、笑っている面には笑っているのが集まり、険しい面には険しいのが集まることになります。

お金を貰うために行動をする際の動機が、“自他の敬い”か“ネガティブな恐怖への対処”かによってお金の概念が一変して、お金を循環させる人自体のエネルギーがそのままお金に伝播し、お金がどちらの面を持つかはお金を持つ人によって変わります。

そこに、お金は生きている状態があり、天使のような顔をしたり、悪魔のような顔をするお金の二面性であり、二極性が見られます。

お金は陰と陽、善と悪の認識を作る愛とエゴ

愛としてかエゴとして認識するかによってお金は顔を大きく変え、集まり方も生き方も何もかもが変わります。

人それぞれにどのようにお金を認識するかによってお金の存在意義が変わり、それは人々の考え方や生き方も変えます。

人に愛を与えるため、または自分に愛を与えるためなのか、自分のネガティブな思いを隠し続けるための策として使用するのか、恐怖からの逃亡策でお金を集めるのかなど、お金をどう見て思って感じるかが変わり、関わり方も変わります。

お金の持ち方、使い方の在り方によって、自分に集まる人やお金を与えてくれる人が変わり、考え方や生き方や物事の認識が変わります。

お金はエネルギーであり、自分の愛でもあり、自分のエゴでもあるために、自分という人間の在り方や関わる人などの周囲の影響も変えてしまい、その状態を物質化したのが“お金”です。

※引き寄せの仕組みについては、引き寄せの法則とは何か│普通のことを言っている?という大事な理解 をご覧ください。

引き寄せの法則とは何か│普通のことを言っている?という大事な理解ムアムアムアと物事を思うままに現実として引き寄せる。 世の中では今、“引き寄せの法則”が流行っているとか。 「ん、今じゃない...

 

お金を多く集める人

お金の顔が愛かエゴかによって、集まるお金の質が変わり、循環が起きやすいかどうかが変わり、お金が多く集まるか、直ぐに出ていくかが分かれます。

 

お金を貰うための行動動機によってお金が集まるか出ていくかが決まる

例えば、お金を貰うための自分の価値を提供する際の動機が、ネガティブに、「お金がないから欲しい」「ないと困るから増やさないと」「生活が不安だからなんとかしないと」などであることによって、自分のエゴのために人を利用することになり、他者に喜びを与えたい概念はありません。

すると愛の循環は起きず、エネルギーは与えられず、行き来がないので価値を自分のために誰かに提供して終わる当然の状態となります。

しかし、お金が貰えなければ納得いかず、価値の見返りを求めるエゴの行為として、権利や保障を主張して国や制度に助けてもらいます。

その反対で、ポジティブに、「この人を喜ばせたい」「この人が喜ぶことが自分の喜び」「安心感があると嬉しいからお金をもらおう」「選択肢が増えると楽しいから価値を提供しよう」と自分の喜びと他者の喜びがあれば、人を活用して愛の循環による行き来が生まれます。

愛を持って自分の喜びを尊重することで人との共存や調和となり、ポジティブな想いの循環が起きるお金の意味が成り立ちます。

他者の喜びのみを主張する必要はなく、エゴなく他者でも自分でも愛にてお金を貰うポジティブな動機があることで、お返しとしての価値が返ってくることになります。

  • 愛の動機を持って、自分の価値を他者に提供することでエゴが作られない。
  • エゴがあることで人を利用して見返りを求める。
  • 人を利用する同類からの価値を一方的に受け取ることが可能。
  • 愛の一方通行は存在せず、愛を与えるから貰い、貰うから与えたくなる。

 

エゴの行動動機にてエゴの顔をしたお金が集まり、直ぐ出ていく

愛の認知を基に、愛の流れを作る仕組みを理解することと、エゴを持たずに自分や他者を喜ばす愛を持つことが、お金を多く集める人となります。

その反対に、エゴの行動動機を持って他者からお金を貰う行動をすることで、エゴの一面をしたお金が集まります。

自分のために他者を利用する行動をします。さらに、エゴを多く持ち、「自分の存在価値を見出すため」「優越感を浴びて他者を卑下するため」「反社会性を持って、社会を馬鹿にするため」などの動機が強ければ強いほどに、エゴのお金がたくさん集まり、一瞬かのように出ていきます。

エゴは一方通行が成り立ち、人との共存では、誰かをおとしめるか、社会の仕組みを利用するお金の稼ぎ方になる。
一方通行なので、他者を顧みなければ一時的にたくさんのお金が入るが、循環や他者との交換が起きないために出て行くのみになる。

 

お金の未来を左右するスピリチュアル

スピリチュアルなお金と思考の概念

スピリチュアルなお金の見方では、喜び喜ばれの関係性を作る愛の交換であり、ポジティブな想いの循環を作る道具になります。

愛の動機を基に自分の価値を他者に提供することで、お金を集めるための循環を作る仕組みがありますが、その際には自分のことのみを大切に敬うことでもお金は価値として集まります。

 

自己愛のお金を得るための思考概念

エゴを動機にしても自己愛を基にしても同様で、エゴの場合は恐怖や不安を抱える人々からお金が集まり、自己愛の場合は自己愛を基にした人々からお金が集まります。

自己愛は自分を大切にする気持ちを持ち、人によって他者は好きでも嫌いでもない、興味がないという具合です(または自分の仲良しは好きなど)。

自己愛が愛かエゴかは人によって違いますが、共に自分にとっての喜びを敬う人間性があります。

自分の喜びを敬う結果のために国の仕組みや制度の助けをもらう前提があり、結果として“他者が喜んでくれる価値を提供できた時”にはポジティブな想いの循環が起きます。

偽の愛ではないのですが、スピリチュアルなお金の認識とは違い半分愛で半分思考という状態です。

自分の価値を敬い、自分を喜ばせることを優先することで、社会性のお金の概念と、スピリチュアルなお金の仕組みの併用でお金を集める仕組みが作られる。

お金を得るための思考と自分を敬う愛の認識を持つことで、お金を集める場合には一番効率的で有効的な手段となります。

スピリチュアルなお金とは、完全に愛のみを基にしたポジティブな想いの循環でありエネルギー循環で、そこには自分という存在だけではなく、他者の存在や、他者との生活環境、生きている基盤、社会性、人間性、地球などを含める俯瞰した認識があります。

愛やエゴとは別に、感情から派生した思考があることで、人間性とは離れた感情ロボットのような存在が今の時代には生まれ、社会の仕組みや中身のない人を対象にするゲームのようなことをすることができる一面がお金にはある。

自己愛には“思考による感情の思い込み”があり、自分の敬いが愛に基づかず、思考に基づくものがあります。

それはエゴではなく、「そういうものだ」と脳にインプットしたルールとして、“喜び”や“自分を大切にしている”という認識になります。

心からの喜びとは違うので、中身のない状態となりますが、常識やルールに準じた喜びを認識して行動をすることで、同じような認識を持つ人同士のお金の行き来が起きます。

※お金と共通する仕事の話は、スピリチュアル的な仕事の意味│命がけの暇つぶしは良いこと尽くし をご覧ください。

スピリチュアル的な仕事の意味│命がけの暇つぶしは良いこと尽くし仕事最高かよ、楽しい、会社を家にしたい。 仕事つまらない、辛い、会社行きたくない。 賛否両論です。 仕事って何なんでしょう...

 

お金の未来とは

スピリチュアルなお金とは、完全に心の愛の認知を基にした概念で、思考がなく自他を敬う想いのみです。

愛のみですと、他者を喜ばせたい想いを持って自分の価値を提供しても見返りを求めることをしません。

そこで生まれるのは、喜び喜ばれの関係である“感謝”です。

感謝とは愛を含んだエネルギーであり、誰かから愛の想いを貰うことで感謝を抱き、“お返し”をしたいと愛を与え返す気持ちが生まれます。

愛のみを基にした時、お金は物質として存在する必要がなくなります。

そのため、今の時代にお金に対するスピリチュアルな概念が適応されるかというと難しいと思います。

ですが、スピリチュアルな認識があることで、お金とは何かが見えやすくなります。

 

お金とは心の豊かさを具現化した人間としての価値

お金の意味は、心の豊かさを表す指標と見ることができます。

物質的な物の多さや、銀行残高の桁数の数の多さによる豊かさとは違います。

心の認知を持って生きる人の社会があれば、与え与えられ、感謝され感謝し、愛し愛されの関係性に、物質による表現は不要になっていきます。

心に余裕が生まれ、愛を持って人々と接する人間性と意識が芽生え、お金とはエゴを主体と動機にした経済循環のためなのかどうかを自分の頭で考えるようになることで、共通認識としてお金の概念が変わります。

お金を価値として認識することで思考を基にお金を捉え、より物質的な余裕と安心感を得る未来か、人間の価値である心の豊かさとして、愛を与え愛を貰うことでの幸福を得る未来か、お金の末路は愛の認知によって決まります。

 

スピリチュアルな意味でのお金持ちとは?

スピリチュアルな見方からのお金持ちは、心の豊かさにて表現されます。

お金に依存も執着もなく、お金があってもなくてもどちらでも構わない人であり、急にお金がなくなることがあっても不安や恐怖を持ち合わせません。

その為に、お金があって目の前の人を喜ばせられるのであればお金を使用し、お金がなければ愛によって自分の価値を与えます。

 

お金持ちとはいつでもお金を持てる人のこと

お金持ちとはお金のことを理解しています。お金が愛によって生まれ、流れ、循環され、周ることを知っていて、さらに自分を確立して愛を持ちます。

自分を確立することでエゴを認識して意識的に分離します。すると恐怖や不安に苛まれることはなくなり、思う存分好きなように愛を与える人間性になります。

すると、愛を与えていつでもどこでもお金を持つことができるので、お金に執着することはなくなり、むしろお金を流すために活用します。

そんな人を、“お金持ち”と言います。

お金持ちとは : 自分を確立して愛を他者に与え続ける人[/jin-iconbox07]

お金持ちは、心を主体にして他者を愛することが自分を愛することとなる人です。

自分を愛することはお腹一杯で、他者に喜びを与えることが自分を喜ばせる認識を持ち、人と人の関わりを大切にします。

心とは愛であり、愛の大小は人それぞれで比べるものではありません。
その為に、どれほどエゴなく自分を確立し、愛を持って自他を敬っているか、そしてそれは満たされているかどうかにお金持ち度合いが表れます。

お金持ちとは、自分から与えられるものが限られていても、なりふり構わず全部あげちゃったりします。

自分が困るかどうかを思考することはなく、恐怖や不安を持たない自分を知っているので、何の問題でもなくなります。

なので、お金持ちは何も持っていなかったりします。

自分という存在と心の認知を明確にして、いつでもどこでもお金を生み出すことができる人です。

 

スピリチュアルなお金とは まとめ

お金とは愛の交換であり、循環を作る道具であり、エネルギーであり、心の豊かさと人間の価値を示すバロメーターです。

お金を引き寄せる仕組みや集める仕組みが、スピリチュアルな認識によってわかりやすくなります。

紙幣が欲しくて、人を利用する完全なるエゴを動機にしてお金をもらうためには、完全に社会の仕組みや環境に依存することで、エゴを主体にした人々からのお金の流入と循環を作ることができます。

同様に、愛を持って自分を大切にして社会環境を活用することでも、お金の流入と循環が作られます。

貨幣制度の資本主義であれば、それは思考と制度や社会環境を利用や活用することが、お金を作る仕組みとなりますので、自分の価値を敬うことでお金を引き寄せて集めます。

大切な今を生きる上では、お金とは重要なものであり、心の安心感に繋がる外的な環境からの自分の確立を目指すことができます。

お金があることで選択肢が増えます。自分が確立されると、お金によって自他を喜ばせる機会や環境作りがもたらされ、人を喜ばしたい愛を持つことで今の時代ではお金に必要性が生まれます。

そんなお金へのスピリチュアルな見方があり、自分という人間性、生きる仕組みを教えてくれます。

それではスピリチュアルなお金についての話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

霊感・霊視・透視のちからであなたの心の霧を晴らします

【有名鑑定師に24時間いつでもどこでも相談可能】

恋愛・不倫・復縁・仕事・人間関係、現代では多くの煩雑とした悩みが私達を取り囲みます。

その悩みや不安を、電話占いで解決しませんか?

電話占いウィルではメディア出演多数の実力派鑑定師が多数在籍中。

なかには、霊感・霊視などスピリチュアルな方法で鑑定する占い師も。

初回鑑定3,000円無料・初回優先鑑定など、嬉しい特典がたくさんあります。

困難な問題への解決法、運命の切り開き方を知りたい方は、一度鑑定を受けてみてはいかがでしょうか?

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です