方法

自分の意見を持つことは悩みがなくなる遊び|記憶力と創造力の活用法

人間は考えることができます。これは動物にもできる脳の機能ですが、人間だからこその考える力があります。

それは思考力から生まれる“創造”です。

脳は記憶して保持して記憶を呼ぶ出す作業以外にも、人間としての思考機能があり、自分で考えることの意味となり自分の個性となる大元です。

頭の良し悪しは、自分の意見を持つことができるかどうかにあり、自分の頭で自分なりに物事を組み合わせて創造して考えられるかによって、自分の中での頭の良し悪しが生まれます。

自分の意見を持つことは、脳を使用する人間であることの根源的な意味があり、強さとなり人間力となります。

自分の意見を持つための脳の活用法を知り、自分を持って楽しく生きる一助となれば幸いですので、自分の意見を持つことの意味と大切さを見ていきましょう。

自分の意見を持つ意味

自分の意見を持つとは脳内の組み合わせ遊び

何かを考える際には脳を使用します。
脳によって物事の存在を認識して、体が反応する本能への動きを促します。

そこで脳が電気信号の伝達をして、覚えたことを保持して引き出す作業のみとして使用することで、“自分の意見”がなくなります。

脳は使用方法によってロボットのようになり、人それぞれの違いを生み出す個性にもなります。

 

自分の意見を持つことは記憶力ではない

自分の意見を持つことの意味は、自分の脳を使用して自分で考えることで、記憶力とは別の概念です。

脳の機能には、記憶を入れて、保持して、引き出す。この3連の作業によって、覚えて、忘れずに伝えることができます。

  • 脳の基本機能・・・記憶を入れる → 保持する → 必要な時に引き出す

記憶を保持して必要な時に引き出すことで、“記憶力”が作られます。

記憶力とは、目の前に既にあるものをそのまま頭に入れる行為と、それを頭から出す行為で、スキャンしてインプット、そしてリピートしてアウトプットです。

記憶力は、知識や人の意見を持つ保管機能で、自分の意見を持つのはこの後の作業になります。

 

自分の意見を持つことは創造と妄想

自分の意見を持つとは、自分の頭で考えることで、目の前にあるものを自分の理解で頭に入れて、記憶力を基に過去の経験や知識を組み合わせて、“自分としての理解や見解や認識”を自ら作り出すことです。

言い方を変えると、創造することであり、妄想することです。

創造と妄想を作る際には、自分という存在が必ず必要になり、誰かの真似をすることはできません。

真似をしたくてもできないことに特徴があります。

創造とは、新しく創り出すことです。新しいので自分にしかできません。
妄想も同じです。

創造と妄想を創り出すことは、全て自分の意見になります。

 

自分の意見には知識と経験が伴う

記憶力と創造力の違いは、記憶力が計算式で、創造力が答えであることです。

記憶力にて答えを出すことはできず、それは“誰かの意見をそのまま伝える”という脳の引き出しと口を動かす作業です。

自分の意見を持つためには自分なりの解釈が必要となり、知識と同時に“経験”が必要です。

経験には生の気持ちや感覚や波動を感じ、実際に体感する自分が存在します。
実体験で身体の感じるものを、心と脳が感情や想いにしてそれぞれに味わい認識します。

味わった時に情動があり自分の理解となり、全ては自分の意見としての知恵となります。

知識としての記憶と、経験としての記憶の2種類があり、両方の記憶をインプットして保持することで自分の意見を作るための材料となります。

記憶の種類
  1. 知識としての記憶 → 脳を使用した行為
  2. 経験としての記憶 → 脳と肉体と心を使用した行為

※2つの記憶が合わさることで自分の知恵となり、自分の意見となる

例えば、「1+1=2」と知識で脳に記憶としてインプットします。そこに、経験としてりんごを1つ置いて、もう1つのりんごを持ってきて2つになると実体験することで、自分の理解となります。

自分の理解となることで、自分の意見を持つことができます。

どれだけ難しい数式を知識として記憶したとしても、その数式を理解する経験が伴わなければ自分の意見を持つことができませんので、知識としての記憶力がどれだけ良くても、自分の意見を持つ創造性にはなりません。

すると、記憶力にて他人の意見をたくさん保持する能力と、自分の意見を持つ創造性の違いが表れ、それは人間性にそのまま反映されます。

 

自分の意見を持つ創造性には人間味として気持ちが加わる

創造や妄想をする際、記憶力にてたくさんの知識があるかどうかは重要ではなくなります。

自分の知識と経験があることで、そこには必ず情動としての気持ちや感情が含まれます。

すると、気持ちの入った意見は生きているように踊ります。

言い方を変えると、自分自身の心によって生み出される波動(振動エネルギー)が意見に加わります。

すると、自分の意見を持つ意味が見えます。

 

自分の意見を持つことは自分として生きている証

大それたことを言いたいわけではないのですが、気持ちがあることで創造性が生まれ、妄想ができます。

創造に自分としての気持ちや感情があると同時に、妄想にも気持ちや感情が含まれます。

妄想にはさらに、‘ポジティブな気持ちと感情のみ’という条件があり、ネガティブなものを入れると“想像”になります。

意見に気持ちが含まれないと、それは“他人の意見”や記憶の出し入れの作業となり、“自分”である必要がありません。

ですが、“自分でなければならない”ということはないので、気にすることではないと思います。

ここでお伝えしたいのは、「自分の意見を持つことの意味は、自分として生きること」

それは、「自分の意見を持つことは楽しいよ」ということです。

自分の意見は絵本を見ているようです。他人の意見を記憶して引き出すのは辞書を読んでいるようです。

そんな違いがあります。

自分の意見を持つことは創造と妄想をする楽しい意味がある。
自分としての個性によって生み出される理解や認識であることから、自分の意見を持つことで自分として生きていることを実感する喜びがある。

※楽しいことを見つける話は、楽しいことがわからないのは見つける場所が違う│楽しいの意味が教える自分 をご覧ください。

楽しいことがわからないのは見つける場所が違う│楽しいの意味が教える自分楽しいことだけ考えて生きられれば、どれほど気楽で素敵なものか。 「それができたらねぇ」と過去の私は常々言っていました。 まし...

 

自分の意見を持つ大切さ

自分の意見を持つとは自分を知ること

自分の意見を持つことは、“楽しみと喜びのある自分の認知”となります

自分を知ることは自分の意見を持つこととなり、自分を知らないことは自分の意見がないことです。

自分として生きている以上は、常に物事を自分の目で見て頭で考えて心で感じます。

心身を持っているので、自分の意見を持てないということは本来はありません。

しかし、自分の意見を持つことを忘れてしまうことがあります。

 

自分を尊重しないと自分の意見を持つことを忘れる

創造や妄想をすることは、自分として楽しみ喜ぶことの意味があります。

それは自分として生きることで、自分の意見を持つことは、自分を尊重することです。

自分を大切に愛して敬うことで、記憶力がなくても自分の感じる感覚や気持ちから、自分なりの意見が生まれ、それは楽しい夢を観ている時のようです。

夢とは自分の世界を表現する時間であり、自分の中にある欲求や不満を解消するための時間でもあります。

そのため、夢とは全て自分の心身状態にある情報でのみ、自らが創造します。そこにネガティブなものが多いと、思考過多で恐怖や不安が多く、自分を見失っていることを意味します。

 

自分の意見を持つことで自分を敬う

創造や妄想をぜひしてみてください。

それは、美しく広がるニュージーランドの緑一色の大草原で、大の字になって、フワフワした芝生の中で、時間も仕事も周囲の目も一切気にせずに、完全なる解放の中でポカポカとお昼寝をするように心地良いものです。

そんな時があったことを思い出すことで、いつでもどこでも自分の意見を持つことができ、それは自分の喜びを敬い、自分を愛する大切な時間になります。

自分の意見を持つために、お昼寝をして心地良い夢を観たり、妄想する時間を増やすことが大切になります。

 

他人への依存がなくなり、自分として生きる意志を持つ

自分を尊重して喜びを求めると、他者に依存をして恐怖を抱えていた自分がいたことに気付くことになります。

すると自分を知る時間が始まり、物事の認識が変わります。

他の意見や情報をインプットして、そのままアウトプットしていた状態ではなく、認識の視野が広がり、柔軟性を持ちます。

  • 自分の意見を持つとは、視野を広げ、柔軟性を持つこと

自分の理解した事柄と他の意見を組み合わせることが可能となり、図工の粘土の授業で、みんなは既にせっせと自由に作り始めている中で、自分だけ何を作ったらいいのかわからない状態から、みんなが作るものを見ることで自分の意見を作る幅を広げ、視野を広げることができます。

自分と他者の理解を組み合わせて創造することで、自分の意見を作る幅が広がります。

他者の意見を受け入れることは真似ではなく、それによって柔軟性が生まれ、1つの理解に固執することがなくなり、創造性によって自分で考えることの最も大切な人間としての意味が生まれます。

それが、“自分を確立する強さ”を持つことです。

自分を確立する強さとは、『恐怖に負けない意志』であり、自分の意見を持つ大切さは、他者に依存をしたり、自分の意見を持たずに他者に頼る自分を成長させることです。

自分の意見を持つことで他者への依存がなくなり、自分を確立する強さを持つことを意味する。
脳を持つ意味は、自分を知り、強さを持つこと。
※強さとは依存と執着にて他者に頼らず、自分の頭と体と心で生きて、恐怖に負けない意志を持つこと

※強さについての詳細は、本当に強い人の特徴はシンプル。肉体もメンタルも超越した地球の姿 をご覧ください。

本当に強い人の特徴はシンプル。肉体もメンタルも超越した地球の姿強さには人としての強さ、動物や虫などの生物の強さ、植物や自然としての強さなど、それぞれの世界の強さとなるものがあり、それは求めるものでは...

 

自分の意見を持つメリット

解決能力が付く

創造性を基に自分の意見を持つことで、自分の知識と経験による理解と同時に、他者の知識と経験の意見も保持します。

他者の理解は自分の意見ではありませんが、それは社会性の意見となり、人との共存における適応能力の一つになります

そのため、他者の理解も含めた自分の意見を創造して持つことで、解決能力が上がります

それは本を読む際の展開をよむ力ともなり、推理力洞察力にもなります。

他の意見を組み合わせることで、社会性のある意見を自分なりに持つことができ、問題が起きた時の思考力となります。

 

悩みがなくなる

“悩み”と“考える”には大きな違いがあり、悩みとは考えていないことによって起きます。

考えることで、悩みを解決するために自分の意見を持ちます。

悩むことは脳を使用しているので、考えているように動作としては見えますが、実際の行為は考えているのではなく“脳内のネガティブな思考を巡って観ている”です。

「悩みは対人関係でしか起きない」
心理学者のアドラーさんの言葉です。

悩みとは、自分も含めた人に対することのみで、それを紐解くと『全ての悩みは自分の中』にあります。

するとそれは、悩みを作るのも自分ということとなり、脳内の過去の記憶にて悩みを作るので、解決できないことは悩みとして作り出すことができません。

考える人は脳内の思考を解決するために巡ります。それは深海の宝探しのように、耐圧潜水艦にてブクブクブクと真っ暗な中をライト一つで探すことで、悩みの元となる脳内思考を見つけることで解決ができます。

自分の意見を持つ人とは、耐圧潜水艦を使用する人のことで、悩みが出ても必ず解決できます。

悩むことは考えることとは違い、自分に悩みがあることを認識するためにネガティブな思考を巡らせる行為。
そこにあるのは、悩みを解決するための考える行為ではなく、悩みの解決を図る行為でもなく、悩みが解決された時の自分の利益のみを欲する姿。

自分の意見や理解を持ち、柔軟性を持つことで物事への対処法を見出すことができます。そして、自分を知っていることで悩みによって苦しむことがなくなります。

 

幸せになる

自分の意見を持つことのメリットとなる最大の特徴は、なんと、幸せになります。

自分の意見を持つために喜びと楽しみを尊重して、自分を大切にします。さらに、自分の視野を広げる認識を持ち、他者の意見も受け入れて自分の意見の基とする柔軟性があることで、他者も敬います。

すると、自分の喜びのために創造と妄想をするようになり、悩みもなくなり、ポジティブな時間が多くなります

そして、『自ら喜びを生み出す力』を得ます。

それは、自分で幸せを生み出す意味で、お金を払って誰かに喜ばしてもらうのではなく、他の存在や反応によって自分を認めてもらう納得ではなく、道具やアイテムを使用して脳を満足させることとは別に、いつでもどこでも自分がいることで喜びも楽しみも作ります

自分がいることが何よりも大切なこととなり、自らが幸せを作り、さらに他者に喜びを与えることができます。

それは、エンターテイナーであり、喜びの発信者となることです。

自分の意見を持つことで人間としての強さを持ち、悩みで苦しむことはなくなり、喜びを作り出す力を得る。
自らが喜びの発信者となり、他者に影響を与えながら、喜びを与えることができ、幸せになる。

※自分の中にある意見を聞く際には、心の声に従うことの真意│実はどうでもいいそんな声の秘密。をご覧ください。

心の声に従うことの真意│実はどうでもいいそんな声の秘密。心の声を聞き、そこに耳を傾ける際、何を思いますか? 心の声は思考ではなく意志から生み出されるために、頭の声とは違います。 心...

 

自分の意見を持つ際の注意点

脳の活用による強さの違い

自分の意見を持つことで脳によって強さがもたらされますが、強さには“メンタルの強さ”と“心の強さ”があります

どちらの強さを得るかによって、人としての在り方が大きく変わり、自分の意見を持つことで他者を蔑んで自惚れのプライドを持つ人になる可能性があります

それが悪いことではないのですが、人としての人格がなくなり、脳の思考の活用が上手になると同時に、気持ちも脳で作る感情のみとなり、“社会的にインプットした感情を持つ辞書”のようになり、戻れなくなります。

自分の意見を創造性にて持つことで培う強さとは、恐怖に負けない意志を持つ強さで、『確立した自分』による人間力としての強さとなります。

 

メンタルの強さと心の強さは愛があるかないかの違い

  • メンタルの強さ → 忍耐力や他者との比較によって自分の恐怖に打ち勝つ意志
  • 心の強さ → 自分を受け入れることでの恐怖に負けない意志

自分の意見を持つことで自分を知ることになりますが、自分を知る動機が「自分の意見を持たなければいけない」なのか、「自分の意見を持ちたい」なのかで、求める結果が初めから変わります。

自分の意見を持つことは自分の気持ちを含める創造と妄想であることから、ポジティブで楽しみと喜びを求める意味となり、自分を敬い他者を敬う視野と柔軟性が伴います。

それは、自分も他者も受け入れることで、愛を持って接する意味です。

愛があるかどうかは物事を明確に分ける理由になり、自分に打ち勝とうとするメンタルの強さは、方向を見失うことでエゴを一気に増長する可能性を潜めます。

自分の意見を持つことに関して、自分の理解を深める経験を増やし続けることにフォーカスしていくことでの副作用として、脳の扱い注意点があります。

自分の意見を持つことにフォーカスをすることで、不安感と恐怖心に打ち負けないのではなく、打ち勝とうとする。
戦いの意識下に平和は存在せず、勝ち負けの競争によるエゴの増長があり、愛や心のない攻撃性や排他性による強さと弱さの両方を養い、自分としての存在を見失う。
自分の意見を持たない人を卑下したり、他者を比較して評価・判断する。

自分の意見を持つ創造性は不安感や恐怖心には打ち負けないことが重要なのですが、ここで打ち負かそうとする思考が強くなることで人を比べて卑下したり、馬鹿にします。

自分の存在価値を見出すための優越感を感じ続けることを善しとして、結果的には不安感と恐怖心に勝つことのみでの一時凌ぎの対処法となり、強さと弱さの両方を含んだ弱さとなります。

脳は活用法によって味方になったり敵になったりします。

我欲の解消やエゴのために脳を活用することで、不安感や恐怖心に対する本質的な強さとはならず、ボコボコにして打ち勝つことのみでの対処となり、そこにある根本の自分を知ることでの解決がありません。

 

自分の意見を持つことは遊び

自分の意見を持つことは創造性であり妄想による遊びです。

それは、ご飯を食べる意味を自ら考えることでもありますが、ご飯はお腹が空いたら食べる理由になります。

その際にお腹が空いてもいないのにご飯を食べることは、自分の意見を持たないと同時に、自分がいないことを意味します。

その際に自分の意見を無理矢理に持とうとすることで、自分に打ち勝とうとして、野心に燃えたぎります。

悪いことでもなんでもありませんが、自ら苦しみを作ってしまいます。

自分の意見を持つことは、ご飯を食べている際に、「おいしい」と思う理由を作ります

創造すると、食べている油揚げは汁を吸いこんで幸せなのかもしれません。ぷっくり太った油揚げはニンジンのみずみずしさと調和して、さらにホロホロと柔らかい骨付きの鶏肉を頬張ることで、新しい組み合わせの味を作ります。

すると、汁の味と油揚げの味、さらに油感と鳥のジューシーさが加わり、別々に味覚として味わっていたところにニンジンの味と鳥皮の脂身味が加わることで、全てが融合した新しい味が泡吹くうま味のように生まれます。

そこに、吸入空気量と、歯でクラッシュする咀嚼率と共に味に変化が起こり、目をつむると、中学生時代の合唱コンクールがよみがえります。

口の中でモグモグする音に、油揚げの味、油揚げとニンジンの混ざった味に鳥のにくにくしい味と弾力、モキュモキュする感触が加わり、空気が肺に入ると同時に鼻から抜けだすことで、口の中の大合唱際は最大限に盛り上がります。

「うっまーーーぁぁぁ」
おいしいと思う理由は、一言のテノール音域の中にさまざまな気持ちを含めて口から出ます。

自分の意見を持つことは遊びです。

自分の意見を持つことは、自分の理解を広げて脳の思考を活用して組み合わせることで、自分の気持ちを含めて創造する喜びと楽しみのある遊び。
自分の意見を持つために自分の頭で考える時は、その瞬間の今のみにフォーカスをして自分が生きることを感じ、楽しみ喜ぶことで幸せになる。

※自分の意見を持つ方法をまとめていますので、自分の意見がなくても凹まない|いつでもどこでもできる考える方法 をご覧ください。

自分の意見がない人とある人の特徴|自分の考えを作る方法は遊びの創造自分の意見がない人には共通した特徴があり、社会的には批判の対象となる傾向があります。 しかし、日本だけを見ると、自分の意見を持つこ...

 

自分の意見を持つ まとめ

自分の意見を持つことは、脳をどのように活用するかが大切になります。

脳を使用して生きていますが、何のために脳を使用しているのかを考えると、そこに自分の意見を持つ人と、自分の意見を持たない人が分かれます。

自分の意見を持たない人はいません。忘れてしまっただけです。

自分の経験と他の理解を含めた創造があり、他を含めずとも、子供の頃は自分の意見を持つために日々を生きていました。

嫌いな食べ物は泣き叫んで吐くほどに騒ぎました。それは紛れもない自分の意見であり、自分の頭が拒否して、体が飲み込むことを拒み、心が嫌がります。

自分の意見を持つことは、物事や自分を自分で理解する意志であり、自分として生きる覚悟です。

自分として意見を持つことで、自らの創造と理解を持ち、他者の意見も活用して、社会的に悩みを紐解きながら解決することができます。

さらに、自分を知ることで、他者にも喜びを与える発信者となり、幸せを生み出す力となります。

それはいつでもどこでもできます。現状を自覚して、ポジティブな動機を持って、小学生の図工の授業など、自分の好きなことをしていた時間のように、喜びと楽しみを求めて自分の意見を作り、発し、そして自己満足という具合です。

生きているからには生きている意味が人それぞれにあり、それを考える必要性も人それぞれです。

心を主体に生きて脳の思考を使用することで、生きる喜びと今この瞬間にフォーカスをして、自分の喜びである幸せのために自分を確立して生きていくことができます。

脳の活用によって脳は味方にも敵にもなりますので、自分のために活用して気楽に幸せに生きていかれてください。

それでは、自分の意見を持つことの意味についての話を終了します。
最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。

霊感・霊視・透視のちからであなたの心の霧を晴らします

【有名鑑定師に24時間いつでもどこでも相談可能】

恋愛・不倫・復縁・仕事・人間関係、現代では多くの煩雑とした悩みが私達を取り囲みます。

その悩みや不安を、電話占いで解決しませんか?

電話占いウィルではメディア出演多数の実力派鑑定師が多数在籍中。

なかには、霊感・霊視などスピリチュアルな方法で鑑定する占い師も。

初回鑑定3,000円無料・初回優先鑑定など、嬉しい特典がたくさんあります。

困難な問題への解決法、運命の切り開き方を知りたい方は、一度鑑定を受けてみてはいかがでしょうか?

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です