人それぞれ

かわいそうと言う人の心理に闇臭プンプン│超自己中心主義には優しい見守りを

「かわいそう」という言葉に意味を込める場合、それは統一的に二つの概念になります。

そこには愛と闇の人間性が表れ、「かわいそう」を使う人の共通が見られます。

そんな共通を知ると、かわいそうと言う人の心理と、かわいそうと言われる際の対処がわかります。

かわいそうと言う人の心理にある闇的においの基を紐解きましょう。

“かわいそう”の使い方も曖昧なものですので、明確にするためにも言葉の意味を題材にして、そこから見出される真相も同時に見ていきましょう。

かわいそうの意味

かわいそうとは

初めに、“かわいそう”の言葉の意味を確認しましょう。

かわいそうには、“可哀想”、“可哀そう”、“可愛そう”などの字があります。

かわいそうとは、

:人の同情をさそうようなさま。ふびんなさま。かわゆそう。かあいそう。

※引用 コトバンク

上記コトバンクさんを参照しますと、元々は“可愛そう”として使用されていた言葉だそうです。

“かわいい”という意味が“不憫なさま”だったのですが、同じく“愛らしい”の意味もあり、そちらに移行していったことで“不憫なさま”が消えていき、表記も“可哀想”に変わり、今に至るという。

本来の言葉としては“可愛そう”という“かわいい=不憫な様”の意味でしたが、不憫な様から愛らしいに意味が移行する時代の流れと共に“可哀想”になりましたとさ。ということです。

字が何だろうと、“かわいそう”の意味自体は変わっておらず、不憫さによって同情をさそう様を表します。

 

かわいそうとは二つの意味がある

かわいそうとは不憫な様に対して思うことですが、“不憫”とは何でしょうか?

不憫とは、かわいそうなこと、あわれむべき様のことです。

じゃあ、“あわれむ”とは?

あわれむとは、憐れむと哀れむの二文字あります。

  • 憐れむとは:気の毒で同情をさそう様
  • 哀れむとは:悲しく哀しい様

堂々巡り、どれも同じような意味ですが、まとめるとこのようになります。

かわいそうとは、同情を誘うような様であり、哀しく気の毒に思える様

あわれむの意味が二つあることで、かわいそうの意味も、“同情する”と“悲しみを感じる”になります。

 

かわいそうの意味

「同情するなら金をくれ!」

最高の言葉をお伝えしたところで、かわいそうと言う、思う、感じる際にする“同情”を紐解くと、かわいそうと言うことの意味がわかります。

同情とは、他者の気持ち、心情や感情や状態を自分のことのように思い感じ、「かわいそうだ」とあわれんだり思いやることです。

自分のことのように相手の心情や感情に入ることですので、とても勇気のいることです。

イメージすると、相手の悲しみにふける空間に、「すいません、そこに私もいれておくれ」と入ってくることであり、その際には相手のために侵入するので自分を消します。

「もう好きにしてください」ということです。

しかし、同じ情にするために相手に干渉する必要があります。

相手と同じ悲しみに自分もなるために、相手の状態を詮索し察知し、探求し洞察する。

「いや、邪魔、もう!」となる人はなりますね。そうです、「それなら金をくれ!」という実利的な言葉。

なぜならば、相手に同情するためには相手のことを知らなければなりません。傍から見て、「この顔は、彼氏にふられた感じだ、こんな時はおそらくこういう気持ちだろう」となれば、それはただの自分の過去の記憶、相手のことなんか何もわかっちゃいません。

すると、押し付けや思い込み、決め付けや勝手な自己満足として同情し、「うんうん、わかるよ」「その気持ち、辛いよね」

「ばか野郎、あんたにわかるわけねぇだろ」と隣で思われていることなど無視。気付いちゃったら同情できないので、自我を押し付けて貫く、「これが吾輩の同情なり~!」と。

同情するためには自分を捨てて相手に身を委ねる覚悟や決意が必要で、捨て身で行く必要があります。

同情と似たニュアンスで“共感”というものがありますが、共感は自分を持った上で相手に寄り添うので相手の空間に飲み込まれることはなく、自分の気持ちや意見を持った上で相手のことを考えて共感して共有して、アドバイスや助けをします。

その際には、相手に同情して悲しい気持ちに飲み込まれることはないので、「この人かわいそう」とあわれむことはありません。

以上からわかることは、「同情を本当にできる人っているの?」ってことです。

 

同情できればかわいそうと思える

同情するためには完全に相手を思いやり、愛や慈しみを持ち、相手のために自分を使ってもらうような敬いの愛が必ず必要です。

そもそも、相手の心情がわかるわけはないので、あくまで寄り添うという形です。それをしたいと思う人は、本当に相手を大切にしている証拠です。

「いや、同情むずくない」となったところで、「同情するなら金をくれ」の意味がわかりましたね。

そんなことはどうでもいいのですが、「かわいそう」と言うこと自体の意味がわかります。

かわいそうの意味:

相手の状態を悲しみ、相手を思いやる愛の気持ちから敬い、慈しみ、優しさ、気配りなどにて相手のために自分をなくして同情する、またそうしようとする様

自分をなくす行為が自己犠牲でも何でもいいのですが、そこには相手を思いやる気持ちがあり、とても強い意志が存在します。

それが“愛”です。

そのため、「かわいそう」と思い同情する人は愛のある人です。

貧しい路上生活者がいて、心からその人を想い、何ができるか。
インドでしつこく物乞いする人にお金をあげて追い払うのではありません。また、自分が悲しい気持ちになるのを晴らすためにお金をあげて納得するのではありません。

他者を完全なる主観にして、他者の喜びが自分の喜びとなる慈しみを持ち、愛を持って敬う動機がかわいそうです。

ですが、ここで一つ大きな境目があります。

「かわいそう」と言うだけだったら?
「かわいそう」と言って同情しても、相手に身を委ねるのではなかったら?
愛でなく、押し付けだったら?エゴだったら?勘違いだったら?

「金出せよ」と言うことです。

これは私の意見ではなく、同情してあげた相手がそう思うかどうかで境目がわかります。

 

かわいそうの心理

かわいそうの利用方法

かわいそうと言う人と、かわいそうと思って実際に同情する人は全くの別物です。

さらに同情しても、「それは本当に同情ですか?」の答えにて全くかわいそうの意味から逸脱する片割れがあります。

“同情かどうか”がわかるのは、相手の利益を尊重して自分を押し付けていないかどうかです。

「この人はきっとこう思っているだろうな」と思った時点で押し付けです。同情は共感とは違うので完全に相手優先で委ねます。同情の行為は表面的な行動だけでなく、思考や気持ちの心や精神も含まれます。とても厳しい道です。

ただ、相手のために相手の中に入り、相手と同じ匂いになり同じ形になり同じ色になる。

夏休みの友達の誕生日会で出た巨大なボウルで作ったプリンを、一切食べないで見ているということです。

「はいプリンどうぞ」
「わーい」です。

…わかりにくいのでプリンの話は忘れてください。

そんな愛を持って自分を犠牲にするような同情行為、私なんかは絶対したくありませんが、マザーテレサさん的な人がなせる行為です。

愛がないにも拘わらず“かわいそう”と思う場合、どうなるのでしょうか?

そこに“かわいそう”と言う人の心理があります。

 

かわいそうを利用する

同情できるかできないか。
かわいそうと本当に思っているのかどうかが綺麗に区分けされます。

同情できない人は、「かわいそう」と言う自分にフォーカスしています。もはやかわいそうとは真逆の状態、完全なる自我の象徴であり、我我我。

同情できないと同時に、初めから同情する気がない場合もあり、かわいそうの利用方法はいくつかあります。

かわいそうの利用方法
  1. かわいそうと認知する・・・同情せず、相手の状況を理解しやすくするため
  2. かわいそうと言う・・・誰か周囲に聞こえている人がいる前提条件にて、自分を肯定し承認を求める利益追従
  3. かわいそうと自分を投影する・・・他者の悲しみを利用して自分に対してかわいそうと言うことで、過去の傷を撫でて自分を正当化する

かわいそうと思う気が初めからない場合にもかわいそうは言葉として活用できます。

そして、かわいそうとさもあわれみ同情しているかのようにする場合には、かわいそうを利用することになり、そこには心理がもろに表れます。

詳細を見ていきましょう。

 

かわいそうと言う人の心理

上記のかわいそうの利用方法、【①かわいそうと認知する】に関しては、かわいそうを言葉として活用している状態で、相手の悲しみなどの状態を理解して認識するための方法です。

猛ダッシュで電車へ!
おりゃああああ、プシュー、ガッタン。
はい、乗れませんでしたー。

ガタンガタン、ガタンガタンと走り去る車内のあなたは一言、「あ~あ、あの人かわいそう」

これは初めから同情する気もありませんので、「はい、あの人はダッシュして頑張ったけど報われず、悲しい気持ちでしょうね」と相手を自分なりに理解するための認識方法として使用します。

人間観察などをする人に持って来いのフレーズです。

自分なりに理解するためなので相手に干渉も介入もしません。愛とかあわれとかの気持ちはなく、自分を知るための方法であり遊びです。

これ以外の“かわいそう”の利用には、同情している、あわれんでいる様を利用する心理が潜みます。

 

かわいそうと言う人

『誰かに聞こえるように』
これが絶対条件です。

かわいそうと言う人の心理には、同情している、あわれんでいるように見える外観を利用する思考があります。

それが、「他者からどう思われるか?」がメインの目的となる心理。他者によって自分の利益を上げ、悲しい状態を利用して蜜をなめまわします。

あることが起きました。

「お隣さん、チョコボール食べ過ぎて糖尿病で緊急入院ですって、かわいそうねぇ」

「チョコボールで緊急入院だって、ぎゃははは、ギャグかよっ、ケラケラケラ」

「あらやだ、人の悲しみを笑って、かわいそうな人ね」

「うう、誰か、チョコ、ボールを、ちょ、ちょ、ちょう、だ、い」

さぁ、かわいそうと言っていたあなた、早く搬送されるあの人にチョコボールをあげて。同情するなら相手に寄り添って。

「だめだよ、これ以上は体に良くないよ、あげられない」
「あなたは共感するんだね」

「ほらよチョコボール、あはははは、この状況でもチョコボールだって、ケラケラケラ」

さぁ、同情するあなた、早く寄り添ってあげて。ここで何をしてあげるの?

かわいそうって何でしょうか?

上記の例がチョコボールだろうと、薬だろうと、泥だろうと何でもいいです。場所が日本だろうと、アフリカだろうと、ラオスだろうと何でもいいです。

かわいそうと言う人の特徴は何もしないけど、何もしないように見せないことです。すると、正論とか社会性の常識などをかざして何か言います。

誰かに「かわいそう」と言っている自分を知ってもらうことに目的があり、そこには自分の存在を見出す意味があります。

かわいそうと言う人の心理:

他者から認めてもらいたい肯定・承認欲求を持ち、己の存在価値と意義を見出す利益を求める

「かわいそうと思っているこの人、素敵、優しい、思いやりがある」だか何だか知りませんが、何か良さげな評価や判断を周囲にされることを望みます。

そのために、かわいそうという発言を利用します。実際に行動はしませんし、したとしてもそれは相手のための同情ではなく、あくまで自分の価値を見出すため、自分が嫌な思いをしないため、自分で肯定する材料作りのため、または他者にしてもらうため。

常に自分を中心にして相手は見ていません。見ているのは相手の外観から見えるかわいそうと思える状況であり、利用価値のある蜜の元。

相手の状態から如何に蜜を吸えるか。そこに目の輝きがあり、キラリと光る瞳孔の鈍黒。

何だか闇のにおいがしてきました。

 

かわいそうと思うことで自分を正当化する

かわいそうと言う人の心理には、自分の肯定や承認への利益以外にも、自分を正当化して否定しないための“納得”を求める姿があります。

「台風被害で損害大だって、かわいそうだね」
「じゃあ寄付金送れば」と言うのは禁句です。

「障害なんだって、かわいそうだね」
「じゃあ何か助けてあげられることはないかな」と言っても行動しません。

なぜならば、かわいそうと言ったり思うことで自分を正当化する目的があるためです。

そこには、自分を正当化する動機となる傷があります。

過去に遡ります。幼少期や子供の時、周囲に褒められず、認められず、さらに否定されることが多くあると、それによって自分をあわれむ記憶が根深く残ります。

さらに、誰かを助けようとして助けられなかった過去の自分、何もできなかった過去の記憶も同様に自分をあわれむ記憶です。

自分のことを認めてあげられない記憶が滞りとして傷になります。

すると、かわいそうだと思える他者の状態や状況を見た際、そこに自分を投影する癖がつきます。

まるで自分を見ているかのように錯覚し、初めは自分との仲間意識を持ち、親近感からの同情(愛ではない)をします。

または、誰かを助けようとして助けられなかった自分を投影して、当時の自分にフォーカスします。

「かわいそう」と言うことで他者をあわれむのではなく、初めから最後まで投影した自分をあわれみます。

思い込みと決め付けによる正当化です。

かわいそうに思える人(特に自分の過去と似ている状況であればあるほど)を見つけることで、かわいそうと言わずにいられなくなります。

発言することで自分を撫でてあやすことができるためです。

かわいそうと言うのは過去の自分を否定しないための対処であり、「自分は正しい、間違っていない」と思い込むことで、過去の認められず否定された自分を守ろうとする。

これは自己防衛であり、今も過去に生きていることを意味します。

言い方を変えると、否定され続けた過去を認めず受け入れられないままで、そんな自分を今の自分が否定しないようにする対処として、「かわいそう」を利用します。

本人にとってはとても大切なことなのです。

 

かわいそうと言う人を見守ってあげて

自分を正当化するために他者の悲しみを利用します。

しかし、他者に介入するわけでもなく、実際に行動するわけでもないので、他者に迷惑はありません。

正当化だけでなく、自分を認められる材料としてかわいそうと発言することで自己満足します。

その際には、周囲が聞いていればそれでいいのです。あとは本人が、「私はかわいそうだと思う慈悲深い人なんだ」などと思い込むことで納得します。

聞いていない場合に、「ねぇねぇ、かわいそうだよね、ね、ね」と迫ってくるようでは大迷惑ですが、そうでなければ思い込みと決め付けによる自己満足の時間なので、そのままにしてあげるのが、「かわいそうだ」とあわれむ思いやりの行為になります。

かわいそうを利用している人はかわいそうな人です。

そのため、かわいそうと言う人、口癖になっている人は見守ってあげることが大切かもしれません。

実際に他者の悲しみに着目しているわけではなく、常にそこに投影した過去の自分を見ています。過去の自分を撫で可愛がるようにします。

自分がかわいそうなんです。

かわいそうと言う人の心理は、自分がかわいそうだと思っているので自分以外に着目できない。

自分のことを自分で認識できなくなるので、常に他者の目を気にしたり、評価や判断を気にして比較や差を作り、他者の存在にて自分を認めようとします。

物事を社会性の枠にあてはめ、正しい間違っているを口癖のようにして、如何に常識を持って生きられるかが重要項目になります。

なぜならば、否定される可能性が少なくなるためです。

 

かわいそうと言う人の対処

最後にかわいそうと言う人の理解を深めるために、かわいそうと言うことが嫌な場合の対処をお伝えして終了します。

人は常に自分を守り、自分なりの対処をして生きていきます。自分の認識が全てなので、同情とはそうそうできるものでもなく、愛がなければ自らを苦しめてしまうのが同情です。

さらに愛のない同情はただのエゴの押し付けです。金を出せと言いたくもなります、あれは「それ同情じゃないからやめろっ」て意味です。

かわいそうだと思って愛のない同情をする場合は我を押し付けます、マウンティングとも言います。

そのため、かわいそうと言われることで嫌な思いを感じる時は、エゴの押し付けをされている意味であり、自らの欲求を満たし蜜を吸うためにあなたを利用しています。

かわいそうと言う人は本当にかわいそうな人です。

愛を欲し、人から吸い上げて満足と納得するために生きていますので、離れることが必要です。

しかし、同時に見守ってあげる目線も大切になります。

かわいそうだと言って自分を正当化することは本人の傷の守り方であり生きる術です。

あわれみを蔑みや馬鹿にする意味としてかわいそうと言われる場合は別です。ボコボコにしてやりましょう、というのは冗談ですが、完全に言ってくる人の内面の問題なので、関わらない方がいいです。

かわいそうと思うことは本当はとても素敵な意味です。人のために自分のできることをします。そのために相手を理解することが大切となり、かわいそうと言う人の心理を紐解くことは人を大切に思う気持ちを紡ぎます。

かわいそうと言う人を理解して、より俯瞰した目線で相手を思いやることで、「かわいそうと言ってくる人はかわいそうだ」と本当の意味として思えます。

その際は、優しく見守るためにも距離を取ります。それは自分のためにも相手のためにもなる対処です。

そして、相手の意向に沿わせて過去の傷を癒せるように誘導や援助してあげるのも大切になります。

しかし、本人の問題なので押し付けや決め付けはせず、相手が欲すればカウンセリングやセラピーなどにて過去の傷を癒し、拒否し続けている事実と直面して恐怖から逃げ続ける日々に終止符を打ち、より自分らしく生きる時間を手助けします。

かわいそうの意味や言う人の理解が深まることで、よりかわいそうを実用的に使用できたらより素敵な社会になるかもしれませんね。

※かわいそうに含まれる愛とエゴの話は、愛とエゴを知る│無償の愛以上に大切な人との関わりにある敬い をご覧ください。

愛とエゴを知る│無償の愛以上に大切な人との関わりにある敬い愛とエゴは二つで一つです。 その一つが分かれることで、まるで正反対の関係性を持ちます。 そんな愛とエゴを知ると、世の中にはあ...

 

かわいそうと言う人の心理 まとめ

言葉の意味も大切ですが、実際に使用する私達一人一人がかわいそうと表現することで人間味を表す、そんな言葉が“かわいそう”です。

不憫な様を見る私達は、人それぞれに次への繋がりが違います。

人によっては、不憫な様を見て馬鹿にします。
人によっては、不憫な様を見て悲しみます。
人によっては、不憫な様を見て笑います。
人によっては、不憫な様を見て愛を与えます。

その愛をエゴに変えることで、相手のためのかわいそうは自分のためになり、過去の自分のためにもなる不思議な人間模様です。

かわいそうな人をかわいそうだと馬鹿にして蔑めば、それは何なのか。

かわいそうはあらゆる自分を教え、他者の人間性や在り方を表現します。

かわいそうと言われて嫌な気持ちになれば、それはかわいそうと言ってくる人の問題ですので何も気にすることはありません。

その際には、ここでの内容にて相手をより理解して、俯瞰して関わることが大切です。

俯瞰するとは線引きすることでもあります。それは差別ではなく自他への敬いです。

エゴにエゴを当てても自分のためにも相手のためにもなりません。優しく見守るように、少し空を飛ぶように全体を見れる人がそうしてあげることで、自分が偉いとかではなく全体に良きことをもたらすことができます。

そんな理解が深まることを願いながら、かわいそうと言う人の心理についての話を終了したいと思います。

それでは、最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

本当は全部かわいいかわいいという感じですかね。

『幸せへ導く』あなたの悩みを電話占いで解決

新規登録で最大10分間(2400円分)無料特典プレゼント

有名芸能人を鑑定したこともある実力派占い師が所属しているカリス。

鑑定件数100万件以上の実績があるので、電話占いに不安を感じている方でも安心して相談できます。

電話にて24時間いつでもどこからでも、あなたのお悩みを解決に導きます。

PR:Tphereth

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です