スピリチュアル

掃除の効果は心を洗うスピリチュアル|運気と波動UPの嬉しい時間

突然掃除したくなることがあるかもしれません。

掃除には物理的に物が片付くことで整理整頓されると同時に、月日によって蓄積されたホコリや汚れを取り除くことで、綺麗になる意味があります。

その際の掃除をする意味は、「自分が綺麗だと思うか」「納得するか」「満足か」という、自分が見て、感じて、思う“認識”にて、「掃除した」「片づけられた」という理解があります。

これは言い方を変えると、何が掃除なのかどうかは本人の尺度次第で決まるということです。

ここでお伝えしたい内容は、誰しもに共通の掃除の意味と効果です。

それは、物理的に納得する意味とは別に、掃除をすることで変化と効果が誰しもに起きる、自分の内側に対する意味と効果であり、心理とスピリチュアルの理解によるものです。

掃除には瞑想と同じ効果が見られ、掃除をすると自分を理解することになります。

そんな掃除の仕組みが明確にありますので、掃除の意味と効果から、より自分と向き合う機会となることを願います。

それでは、掃除に秘められた瞑想タイムをご覧ください。

 

掃除をするスピリチュアルな意味

掃除をする意味とは

掃除をする意味が実際にあるのかどうかを考えてみると、掃除をせずともそんなに困ることはないかもしれません。

掃除はそもそも必要なものかどうか、特にしなければならないことはありません。

掃除をしないとどうなるか考えてみると、「汚れる」「煩雑になる」、以上です。

そんなに困るような印象はありませんが、汚れて物が煩雑となることでの副作用があり、空気が悪くなりホコリが溜まり物を自分自身で把握できないことが起きます。

そこに良し悪しを持つのは人それぞれの価値観と認識の仕方にて変わりますが、掃除をしないと必ず起きることがあります。

 

掃除をしないと滞りが起きて人間性が変わる

“滞り”が生まれると、ホコリにホコリが集まり汚れやすくなり、気持ちとして「煩雑にしてもいいかな」と抵抗感がなくなり、掃除をする意識が薄れていきます。

掃除をしないことは、“流れがなくなる”ことと、“自分で物・場所を把握できなくなる”ことと、“気の緩み”を作り出します。

それらには、“変化が起きにくくなり、自ら変化を起こす気力がなくなる”という掃除をしない効果があり、人間性を変えてしまう力があります。

 

地球の仕組みにある掃除の意味

掃除をする意味は地球の仕組と全く同じものです。

地球は川によって循環が作られ、川が巡ることで海や山や自然がサイクルに則り、微生物が生まれ、植物が育ち、動物が育ち、人間が生活でき、そして季節が作られます。

生命環境が作られるのは、お金も経済も人の体の仕組みも全て、“循環”によって起きています。

そこにあるのは、“流れ”“変化”でして、これは、“滞り、停滞しない”という意味です。

仏教仏典にあるパーリー語で“アニッチャ”という言葉があります。

アニッチャ : 無常

※全ては常に変化し続ける無常、変わらないものはない

全ての仕組みには常に変化があり、変わらないものはないと言われています。

そこに掃除の意味が重なります。

 

掃除の意味はこの世の仕組み

“この世の仕組み”と言うと少し重い感じがしますが、掃除をすることは生きることと同じで、滞りを作らずに常に変化し続けるさまを言います。

そのため、掃除とは自然な行為の一つで、お腹が空くからご飯を食べるように、喉が渇くから水を欲するように、体が汚れるから洗うように、部屋が汚れるから掃除します。

そこには、掃除は物理的な清掃ではなく、自分のための行為となる意味があり、自分の内側との繋がりがあります。

 

掃除をすると幸せになる

「掃除をすると運気が上がる」と聞くことがあるかもしれません。

そこには、風水や断捨離など、エネルギーの流れを作り、波動の停滞を解消することでの効果があり、“自分として生きるための邪魔を取り払う”という仕組みがあります。

掃除をすることは滞りを作らず、変化のある生活基盤をもたらします。

それは、自分として生きて、自分の意志で幸せになる際の一切の抵抗や邪魔を撤廃することで、「幸せになる意志がある人は心置きなくどうぞ!」という具合にドアを開いて掃除を促します。

 

掃除をすることで自分の成長を促す

滞りなく、常に変化があることが自分らしく生きる環境基盤となり、「いくらでも成長してください」という状態になります。

変化があることは物事が流れることで、お金や経済を作る仕組みと同じ、または血が流れ、リンパ液が流れることと同じで、人生に流れが起き、出来事があり、流すことで人としての学びや経験があって成長します。

流すことができなければ停滞します。それは物事や出来事を“受け入れられない”という拒否によっておきます。それは変化を拒み、流すことが起きず、成長もなくなります。

掃除をすることはとても大切で嬉しい成長を促し、たくさんのことを経験する基盤作りとなり、血がサラサラとスムースに流れることと同じで、健康的な活力を生み出します。

 

エネルギーを流して波動を高める

滞りをなくして流すことで物事をスムースにします。それは風水や断捨離にあるように、エネルギーを流して波動を高める意味があります。

風水は陰陽五行説を基に〔木火土金水〕に方角を当てて、土地、場所、建物、風向きなどから気の流れを示して、人や場所それぞれにある気の停滞を取り払い、運を取り入れるための環境学です。

気を流すことで、人と場所のあるべき状態となり、さらに方角と自然を活用することで運を取り入れます。

すると、気が流れると同時に波動が高まり、運気が上がります。

波動とは、万物から常に発される振動エネルギーのことで、波動が高まることはポジティブでありのままの自分として生きることとなり、波動が低くなることでネガティブで活力がなく、オーラも小さく薄く乏しいものとなります。

断捨離も同様に、無用なものによって波動を低くする邪魔を取り払う意味があり、波動を高めることでの幸運が期待されます。

掃除をすることは、ありのままの自分として生きるための邪魔をなくすことで、波動を低くする障害や抵抗を取り払い、さらに、流れを作ることで波動を高める意味があり、幸せも同時についてくるというサービス付きの行為。

※波動が高くなることでの効果と意味は、波動が高い人の幸せの仕組み|エネルギーが高い人と低い人の違いとは? ご覧ください。

波動が高い人と低い人の特徴|エネルギーが高いとは?この世の全てのものには、波動が伴います。 波動が高い人はものごとがスムースに運ばれ、自分の思う良いことが次から次へと流れ込みます。...

 

掃除の効果 スピリチュアルと心理

掃除のスピリチュアル

掃除の効果の神髄には、スピリチュアルと心理の心や自分の内側としての在り方が含まれ、気楽な人間学のような心を紐解く理解があります。

私達は“心”という気持ちを感受するものを持ちます。それは波動の振動エネルギーを感覚として感じる場所で、波動を気持ちに変換するものです。

心があることで、掃除にはスピリチュアルな理解として、“部屋と心が繋がっている”認識があります。

 

部屋と心が繋がっている

心とは自分を自分として認識する源で、安心感の中心点です。
ありのままの自分として、ストレスなく、周囲の目や体裁を気にすることなく、好きな時に好きなように生きると、完全な安心感を感じます。

そして、部屋とは心を具現化した場所でして、物質的に自分の外側に安心感の中心点を作ります

それは最も自分が多くの時間を費やす場所で、心地良さがあり、安心感がある、家やラボやアトリエや部屋のことです。

自分の内側と外側に安心感の基となる環境を作り、それはお互いに影響して反映します。

心に安心があり、心地良さや満たしがあることで部屋は綺麗に整い、綺麗な状態でエネルギーが流れ、滞りがなく波動が高くなる。

その反対に、不安や恐怖が多く、心地悪さや落ち着かない状況があることで、部屋は煩雑となり、淀み滞り、波動が低くエネルギーが流れない。

 

掃除したいかしたくないかの意志が心を表す

部屋が煩雑でも、これまでの生活環境や幼少期の環境、性格や気質が人それぞれにあるので、心地良さを感じる人は感じます。

そのため、部屋に安心感があるかどうかはわかりにくいものです。

私達には脳があることで、安心感を“安泰”と捉え、さらに自分に嘘をついたり誤魔化すことで安心感を得ているように思い込むことができます。

安泰とは恐怖から逃れる術を身に着けて、恐怖を見ないようにできることでの真実を見ないで済む気楽さのことです。

しかし脳があっても、「掃除をしたい」か「掃除したくない」かの、どちらの意志を持っているかによって、心に安心感があるのかどうかがわかります。

  • 「掃除をしたくないと思う場合」
    恐怖を抱えて自分を見ないようにしている。
  • 「掃除をしなくても別に構わないと思う場合」
    恐怖はあるけど安泰を持っている。
  • 「掃除したいけどできないと思う場合」
    安心感を手に入れる意志があるけど、恐怖を抱いている。
  • 「掃除をしたいと思う場合」
    安心感を手に入れる意志が強い。

部屋と心が繋がっていることから、掃除をする意志と心が繋がっていて、それは自分を知る意志があるかどうかを表します。

 

掃除は自分を知るための時間

「掃除をするかしないか、したいかしたくないか」は自分の内側を表し、掃除を実際にすることは自分を知るための行為になります。

それは掃除によって自分の心を整理整頓して、自分の気持ちを把握します。

部屋が汚れているかどうか以上に、“整理整頓されているか”“自分で何を所持しているか把握できているか”が大切なポイントとなり、煩雑具合によって自分を把握しきれていない度合いが人それぞれに表れます。

掃除して整理整頓され、不要物がなく、自分に必要なもの全てを把握している状態が、“ありのままの自分”となり、掃除をすることでストレスなく、見たくない自分や、恐怖を抱える自分を知ることになります。

 

掃除は瞑想の効果がある

掃除をすることは自分を知る意味があり、それは瞑想をすることと全く同じ効果があります。

瞑想にはさまざまな効果がありますが、初めにもたらされる効果は、“思考整理”と、“内観による自分の理解”です。

それはそのまま、掃除の整理整頓と、何を所持しているかの把握と同じです。

瞑想をすることで、乱れる思考や、止められない考えを止め、客観視することで自分を見つめます。
そして、自分の感覚を感じて、気持ちを感じて、内側の認識と在り方を見つめることで、俯瞰視して自分を理解しようとします。

部屋と心が鏡写しのように反映しあっているスピリチュアルな認識から、掃除をすることは瞑想をすることと同じ効果となり、さらに心を綺麗に整え、自分を見つめなおす機会になる。

 

掃除は恐怖を表す心理

スピリチュアル以外にも掃除は心理をそのまま表す効果があります。

それは、物の多さと、所持している物の種類にて“恐怖”が表れることです。

家や部屋の自分の安心感の中心点となる場所に物が多い場合は、恐怖が多い人間性を表し、所持する物が“自分の好きなもの”、“自分を安心させるもの”であればあるほどに恐怖心を抱えていることを意味します。

 

物の量が表す恐怖心とは不安感

物が多いことは不安感を表し、不安感を抱えると恐怖心に繋がる人間性があります。

不安感とは本来ネガティブなものではなく、恐怖か楽しみかのどちらかに繋がる空虚な気持ちです。

物が多い場合は、空虚な気持ちが多くあり、大きな部屋に一人でいると、「何でもしていいんだ♪」と好き勝手するのではなく、怖くなります。

それは、掃除したいけどしたくないという相容れぬ思いを持つ原因となり、ありのままの自分ではない現状を教えます。

 

物の種類が恐怖心の大小を表す

“自分の好きなもの”であることは、自分に安心を与える意味があり、所持している物の割合が、“安心感を求めるための物”であればあるほどに、恐怖心が大きい自分を表します。

それは、寂しさや悲しさや怒りを抱えていて、幼少期の傷や、現状への不満を持つ心がそのまま反映された結果として部屋の物になり、掃除をしない理由にもなります。

※物が表す人間性については、海外旅行の荷物の少ない人|必要なものはない旅行の考え方で減る をご覧ください。

海外旅行で荷物が少ない人|必要なものはない?!荷物が表す人間性海外旅行をする際の荷物には、人それぞれにさまざまなものをバッグに詰めていますが、旅行をしている人は何を持ち運んでいるのでしょうか? ...

 

掃除の効果で自分の心を見つめる

掃除にはスピリチュアルな効果として“自分を知る機会”となり、それはありのままの自分として生きるきっかけや機会になります。

同時に不安や恐怖の自分を知る心理としての効果もあり、“ありのままの自分”を見出します。

自分を知って、掃除をすることで自分の心を綺麗にして、自分を見つめることができます。

 

掃除をする際には感謝をすると心が綺麗になる

掃除をして自分を見つめる際には、整理整頓にて自分の思考を整えて、不要物、必要物を綺麗に区分けして理解します。

不要物を片付けることが簡単な人もいれば、とても難しい人もいます。
簡単に捨てられない場合には、その物に記憶があり、自分を喜ばせたり依存させたりする理由が人それぞれにあります。

その際には捨てる必要はなく、自分の理解がとても大切になります。

自分を知ることはありのままのストレスのない自分となり、恐怖を払拭しますが、恐怖を克服することとは違い、「強くなった」「別人になった」とはなりません。

しかし、心が綺麗になり、自分を見つめる機会となることで、自分自身の力で恐怖を克服する機会になります。

そのため、捨てられないものは無理に掃除をしなければならないことはなく、あくまで自分のペースで少しずつ掃除をすることが大切となり、もし、物を捨てる際には感謝をすると、自分の中にある滞りを流しやすくなります。

それは物にある記憶が強ければ強いほどに、喜びの記憶と同時に依存と恐怖を作るエネルギー停滞の理由があるためです。

感謝をすることは、物への依存や執着の元を剥がし、自分を許す行為となり、自分を愛する意味があります。

自分を愛することは、自分を見つめるためには欠かせない行為となりますので、捨てる際に引っ掛かりがあって、「これは捨てられない」と思うものほど感謝をして捨てる、または、感謝をして残しておきましょう。

※掃除をする際のスピリチュアルな理解と方法がありますので、掃除したくなるスピリチュアルは内なる求め|片付けられない心の傷 をご覧ください。

掃除したくなるスピリチュアルは内なる求め|片付けられない心の傷を癒す掃除をしたくなる気持ちや片付けられない理由には、心からのサインとなるスピリチュアルな意味があります。 部屋にいつのまにか荷物が増え...

 

掃除の効果は空気を入れることが大切

掃除をしてエネルギーを流すことは空気を流すことも意味します。

風を通すことは停滞を流すことを促し、地球との間に壁を作らず、物事に拒否をしない意味があります。

ウイルスなどもあるので、時と場合を考えて窓をバァッと開けると、たまに龍神が通ったりもしますので、お楽しみください。

その際には、風が強かったり、いい匂いがしたり、蛇口をひねるとバシャッと勢いよく水が出てきたりしますので、確認をしてみてください。

 

掃除の効果一覧

これまでの内容から、掃除の効果をお伝えしていきますので、順番にご覧ください。

恐怖があっても不安があっても、掃除をすることで全ては綺麗になりますので、ぜひご自身のために役立ちそうな効果があれば、お役立てください。

物事を流すことで成長する

掃除をすることはこの世の仕組みと同様に変化を作ります。それは、物事を流し、滞りをなくします。

それは、自分の在り方としても頑固がなくなり、柔軟性が生まれ、拒否がなくなり、受け入れが多くなり、流れるものを流すことでの、スムースで引っ掛かりのない循環を作ります。

それは自分を流動的にして、健康的に活力的にします。そして、考え方や生き方を柔らかく受け入れる許容が多くなり、学びや経験が多くなり、成長する効果があります。

 

波動を高めて幸せを引き寄せる

変化を作り、物事を流すことでエネルギーが流れます。

それは空気を流すことでさらに、空間の気としても流すことを促し、大気も空気もエネルギーも流れ、場所や環境が本来のあるべき状態になり、波動が高まります。

言い方を変えると振動数が高まり活力的で、思考が煩雑ではなく整理され、アイデアも浮かびやすくなります。

停滞や抵抗をなくす効果があり、場所や人の波動が高まり、良きことやポジティブな出来事が引き寄せられることで、喜びと楽しみが増え、幸せがもたらされます。

 

自分を知ることができる

掃除をすることは瞑想と同じ効果があるために、思考整理となり、内観としての自分の理解を与えます。

家や部屋が心と繋がっていることから、掃除をする意志があるかないかによっても自分の心が表され、さらに、荷物の量や種類からも恐怖と不安の多さがわかり、自分を知る機会になります。

 

心を綺麗にして、自分を見つめ直す

自分を知ることで、掃除をして心を綺麗にすることができます。

整理整頓や、所持している物を把握しながら掃除することで、自分の心を整えることと同じ効果があり、それによって自分を見つめ直すことができます。

その際に、荷物をどれほど減らすか、何が自分にとって大切なものなのかが、そのままの自分の心の在り方、考え方、生き方となるので、自分として生きる道が見えてきます。

 

心の傷を癒す

「掃除をしたくてもできない」「したいけどしたくない」という場合には心の傷が考えられ、心に恐怖や不安、そして過去の記憶からの癒しが必要な場合があり、その際に掃除をすることで心の傷を癒す効果があります。

物に感謝しながら整理整頓と片付けをすることで、過去の自分や、記憶が深いものとの関わりを見つめ直し、自分の依存や執着との決別をする機会となります。

全ては自分の意志で捨てるかどうか、掃除をするかどうかで決まりますが、過去の自分を清算するように、ありがとうと言いながら掃除をすることは、自分として生きるための抵抗を取り払うこととなり、解放的な人生が始まります。

 

ただ気持ち良い

掃除をすることは単純に心地良く、気持ちをリフレッシュさせてくれます。

それは、浄化であり、淀みや汚れを綺麗にすることで、空間も自分もシャワーを浴びたような気分です。

私は掃除が大好きなので毎日のようにしていますが、たまに大掃除をしたくなり、その際には謎に体も何もかもを最後に洗います。

もうそれは最高の喜びでして、その後の日向ぼっこにてとどめを刺すということをします。

以上が掃除にある効果です。

 

掃除の効果は継続が鍵

掃除にはたくさんの効果があり、何より心を綺麗にして心地良くさせてくれます。

それは家や部屋と同時に自分の内側を綺麗にして、淀みも滞りもなくす爽快感となります。

しかし、掃除は一時的なものです。

物事は常に動き、変化し続けるために、汚れも一定期間が経てば必ず付きます。

そのため、掃除の効果とは一時的なもので、心を一時的に綺麗にして、あくまで自分を見つめるための“機会”です。

自分を見つめて、その後自分を変化させるか成長させるかは、本人次第です。

掃除を継続的にすることが大切で、最も重要なこととなります。

掃除をすることで常に心は綺麗になり、常に自分を見つめる機会があることで、波動はますます高くなり、自然と自ら行動して自分を成長させて変化を生み出そうとしていきます。

継続することがとっても大切で、少しの時間でもいいので毎日することで、エネルギーを流す循環を起こします。

そして、自分自身の掃除という行動によって、自分を見つめ、変化をもたらして波動を高め、幸せを生み出します。

※継続によって引き寄せの法則の発動にもなります。引き寄せの法則とは何か│普通のことを言っている?という大事な理解 をご覧ください。

引き寄せの法則とは何か│普通のことを言っている?という大事な理解ムアムアムアと物事を思うままに現実として引き寄せる。 世の中では今、“引き寄せの法則”が流行っているとか。 「ん、今じゃない...

 

掃除の効果 まとめ

掃除にはたくさんの効果がありますが、主体となるのは安心感を自らもたらすための行為という意味です。

掃除をするのは自分にしかできません。
誰かに掃除をさせることは、誰かに自分の心を掃除させることですので、そんなことをさせたい人はなかなかいません。

そのため、誰かに掃除をさせる時は、外見が良ければ納得する程度の掃除となり、自分のためではなく、他者からの目や体裁を気にした他者のための掃除や、一時的な脳の納得のためとなります。

自分の力で、自分の手で掃除をすることが大切で、掃除の仕方にも人間性が表れます。

自分の心を掃除する時に、自動掃除機をピッとするか、雑巾を使って自分の手でゴシゴシやるかを観察することも、自分を大切にしているかどうかを見る機会になります。

どんな掃除の仕方でも、人それぞれの人間性と在り方があるので自由です。

掃除にスピリチュアルや心理の認識があることを知ることで、より自分のための時間にすることができます。

より自分を知り、自分に成長を与える行為には幸せしか待っていません。それは自分で自分を幸せにする意志の表れですので、掃除をしてますます素敵な人となってください。

瞑想でモクモクするのも、掃除でゴシゴシするのもどちらも効果があり、掃除はさらに体を動かすことでの健康と活力を増す効果があるのでお得です。

それでは、掃除の効果についての話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

霊感・霊視・透視のちからであなたの心の霧を晴らします

【有名鑑定師に24時間いつでもどこでも相談可能】

恋愛・不倫・復縁・仕事・人間関係、現代では多くの煩雑とした悩みが私達を取り囲みます。

その悩みや不安を、電話占いで解決しませんか?

電話占いウィルではメディア出演多数の実力派鑑定師が多数在籍中。

なかには、霊感・霊視などスピリチュアルな方法で鑑定する占い師も。

初回鑑定3,000円無料・初回優先鑑定など、嬉しい特典がたくさんあります。

困難な問題への解決法、運命の切り開き方を知りたい方は、一度鑑定を受けてみてはいかがでしょうか?

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です