スピリチュアル

波動が高い人と低い人の特徴|エネルギーが高いとは?

この世の全てのものには、波動が伴います。

波動が高い人はものごとがスムースに運ばれ、自分の思う良いことが次から次へと流れ込みます。

現状の幸福度が乏しく、良いことが起きていると思える状態ではない場合は、波動が低いことを意味しており、そこには波動を低くする原因が必ずあります。

身の回りで起きている全ての現象や出来事は、思考と波動により創造して引き寄せた結果であり、量子力学や物理学にて認識がなされた今日の時代です。

全ての存在に共通してある波動は、自分自身を認識するための源であり、自分を知ることは波動の意味を知ることに繋がり、自分の理解の先に、波動を低くする原因は世の中に一つしかない事実が浮き彫りになります。

唯一の波動を低くする原因と、波動の高い人の特徴から、波動を上げる方法をお役立てください。

波動が高い人と低い人の特徴

波動とは

波動とはエネルギーのことであり、この世に存在する全てのものにある“振動”のことです。

物質である物や人間の体や動物も虫も菌もゴミも、さらに目には見えない存在や魂や気持ちや感情などの想いにも、全てには認識の基となる振動があり、それら振動によって表されるエネルギーがあります。

振動とは、電子の動きによるブレであり、分子としての私達の身体などの物質を構成する仕組みです。

しかし物質に限らず、感情の気持ちや想いにもある振動であり、振動を表現するエネルギーが波動です。

波動とは : 存在を認識する振動エネルギー

エネルギーというと見えないのでわかりにくい表現かもしれませんが、音波や光や電磁波なども波動であり、見えないけどそこに存在するエネルギーです。

音波や光や電磁波は肉体の五感機能にて体と脳が認識し、物質としての存在も触覚などの五感で認識します。

感情の気持ちや想いのエネルギーも見えないものですが、五感以外の感覚機能にて認識しており、人を好きになった時などに感じる想いが、見えないけどそこにあるエネルギーを認識した証となり、そこに感じる基のエネルギーがあることを意味します。

波動は全てのものに存在し、常に振動として発される存在と状態を認識するエネルギーです。

 

振動には振動数、振動幅、振動域、振動リズムがある

振動の変化によって、“高い波動”や“低い波動”という表現をします。

波動はそのものの状態を表していて、波動が高いことは、振動数が多く、振動幅が大きく、振動域が広く、振動リズムが整然として安定的であり、波動を発しているそのものがポジティブな状態で、心地良い幸福な状態を表します。

反対に波動が低いことは、振動数が少なく、振動幅が小さく、振動域が狭く、振動リズムが乱れて不安定であり、波動を発しているそのものがネガティブな状態であり、本来のあるべき自分の姿との不調和を起こし、心地悪く幸福ではない状態です。

  • 高い波動 :
    本来の自分の姿と調和しており、ポジティブで心地良く幸せな状態
  • 低い波動 :
    本来の自分の姿と不調和を起こしており、ネガティブで心地悪く不幸せな状態

波動が高い人は、活き活きとバイタリティに溢れ、一時一時の今を心地良く過ごしている状態であり、とてもポジティブな思考状態です。

波動が低い人は、活力が乏しくなっており、思考もネガティブに陥りやすく、気持ちの上下変動が激しいので、良いことがあったら悪いことがあるという反動も激しいです。

ストレス状態でも同じことが言え、ストレスを味わっている人の波動は低い状態で、本来の自分の姿との不調和、やりたいことがやれていないこと不満足を体が教える。

*波動についての詳しい内容は、自分を紐解くとブルブルブル。自分の波動を知ると高まるエネルギー をぜひご覧ください。

自分の波動を知る方法│波動とはエネルギーであり存在の源であり自己表現波動とはこの世の全ての存在を創り、存在を認識するエネルギーの源です。 そして、自分自身を創造しているエネルギーとの繋がりです。 ...

 

波動が高い人の特徴

波動が高い人は、振動数が高く、振動幅が大きく、振動域が広く、振動リズムが整然と安定的な様です。

振動の美しさはスピリチュアルなオーラとしても現れ、色の濃さや勢いや輝きのような美しさが波動の高い人から放たれます。

そんな波動の高い人には特徴があります。

波動が高い人の特徴
  1. バイタリティに溢れて活動的
  2. ポジティブな思考を持っている
  3. 批判や愚痴、悪口のようなネガティブな思いがない、または少ない
  4. 心地良い気分
  5. 嬉しいことがたくさん起きる
  6. 素敵な人に囲まれている
  7. どこに行っても良い人ばかり、良いことばかりが起きる
  8. 思っていることや願っていることが叶う
  9. 自分が大好き
  10. 自分が喜び、心地良さを感じることを優先する
  11. 他人に干渉しない

高い波動域では、嬉しいことや楽しいことや心地良いと感じることが現実として起きます。

波動が高い人であればあるほど、その発生頻度も高くなり、ストレスを感じることなく常に心地良い状態になります。

 

波動が低い人の特徴

反対に波動が低い人とは、振動数が低く、振動幅が小さく、振動域が狭く、振動リズムが乱れて不安定な状態です。

波動が低い人の特徴
  1. バイタリティに乏しく、元気がない
  2. ネガティブな思考を持っている
  3. 常に考え事をしている
  4. 楽しい、喜び、幸せといったポジティブな思考がない、または少ない
  5. 心地悪い気分
  6. ストレスを感じやすい
  7. 嬉しくないこと、楽しくないことが起きる
  8. 周囲には自分よりひどいと思える人が多い
  9. どこに行っても辛い

低い波動域では、苦痛や辛さや心地悪いと思える出来事が起きます。

波動が低い状態であればあるほどその発生頻度は高くなり、常に不幸を味わいながら生きていきます。

周囲で幸せなことが起きない状態であり、波動の低い人は同じように波動が低い人を引き寄せるために周囲の人間も同じように波動が低い人となり、「この世には幸せなことは存在しないのではないか?」とさえ思ってしまいます。

波動は幸福度に繋がる心地良さが変わる。

*波動が高いから=良い、波動が低いから=悪い、ではない

ポジティブだから良い、ネガティブだから悪いのではないことと同じ。
地球の特性上、【陰陽 ±】の世界なので、陰も陽もなくてはならない重要なもので、どちらかに偏るとバランスが取れず、本質を逸脱しエゴイズムとしての脳内快楽主義や、合理主義となる。

*「良い、悪い」という概念は自分のみに適用されるので、自分以外の他に対して、「良い、悪い」と判断することはできない。

※エネルギーを奪われることで波動が低くなりますので、エネルギーを奪う人の特徴と真意。奪われる人にも目的がある密な関係 をご覧ください。

エネルギーを奪う人の特徴と真意。奪われる人にも目的がある密な関係普段の生活をしている中で、理由がわからないけど、「何となく心地悪い」「あの人と居ると疲れる」「あそこに行くと気分が悪くなる」などの違和感...

 

波動を低くする原因はエゴ

波動が低いことは幸福度に比例しており、心地悪くネガティブな状態を表します。
そこには、根本的な波動を低くする原因があります。

波動を低くする原因は、エゴです。
根本的に波動を低くする唯一の原因の正体です。

波動を低くする原因 : エゴ

エゴによって波動を低くします。
エゴによってネガティブな状態となり、低い波動を発します。

波動の意味を理解することは、波動を発している自分を知ることであり、自分を知ることはエゴを知ることになります。

波動を低くする原因であるエゴとはもう一人の自分のことであり、自我から生まれたネガティブな思いの意識です。

エゴの見極めにあるものは『矛盾』です。

 

頭で考えていることと行動の違いなど、自分に嘘をつくことで矛盾となりエゴを作り、波動を低くする

波動が低いことはストレス状態と同じで、本来の自分の姿との不調和によって起きます。

矛盾によって不納得で不満足な自分の思いが作られ、そのネガティブな思いがエゴを拡大するエサとなり、波動を低くする原因となります。

根本的な唯一の波動を低くする原因はエゴの自分。
エゴの自分により本当の自分との不調和を起こし、不納得や不満足を感じる矛盾を作り、ネガティブな思いを抱くことで波動を低くする。

生まれた時にはエゴがありません。
自我が育まれると同時に、ネガティブな思いを周囲の影響によって知ることで、ネガティブを初体験します。
「心地悪い、なんだこの気持ちは?」と初めはなります。

そこにあるのは、否定の行為となる押し付けや強制です。

その心地悪い気持ちを経験した時に、エゴが生まれます。

エゴが波動を低くする全ての原因です。矛盾がなければ波動を低くすることはなくなります。

※エゴについての詳細は、エゴとはスピリチュアルな契約|正体は敵か味方か、それとも をご覧ください。

エゴの意味とはスピリチュアルな契約|エゴがない人が教える活用方法私達は常に二人の自分を持ち、使い分けたり、使われたりと共存や利用の関係性を持ちます。 そんな二人の内の一人をエゴと言います。 ...

 

波動が高い人の仕組み

波動が高い人とはありのままの自分

エゴの矛盾によって波動を低くする原因となっているので、波動が低い人はエゴが主体となって生きています。

その反対に、波動が高い人はエゴが主体ではありません。それは、自分の在りたい姿である“ありのままの自分”を主体として生きることを意味しています。

波動が高い人とは : ありのままの自分として生きている
※エゴがない、または少ない特徴があり、受け入れ頻度が高い

  • 波動を高くする方法は、エゴをなくすこと。
  • エゴをなくす方法は、“自分”の主観を自分にするために、エゴとの分離をする。
  • 矛盾がエゴの正体であり、矛盾をなくすことでエゴとの分離を果たす。
  • 物事を受け入れることによって矛盾をなくす。

矛盾が生まれるのは、自分が思っていることと自分がやっていることへのギャップです。
「私はこうしたい」と思っていて、そうではないことをしている時に矛盾が生まれます。

自分の在りたい姿があり、その状態に反した行動をすることで不納得で不満足な矛盾が生まれるのですが、そこにあるのは認識を押し通して受け入れない自分です。

認識を押し通すことで、「今日は夜10時までテレビゲームをするぞ」という自分が在りますが、「はいテレビ使わせません。私が使うのー」とお姉ちゃんに行動されることで、「なぬー!ゲームしたいんだよ、使わせろ!」と不納得な、自分の在りたい姿との矛盾が生まれます。

矛盾は人それぞれの認識によって瞬間瞬間に変わります。
認識を押し通さないで、「まぁゲームも飽きた頃だったからちょうどいいや、別の趣味でも探そうかな」などと受け入れることで、テレビゲームをどうしてもやりたかった自分が消え去り、「お姉ちゃんのおかげで新しいことができる」などと認識した自分には矛盾はありません。

柔軟性と素直な気持ちをもって受け入れるのが波動が高い人の特徴です。

 

波動が高い人は自分を他人に押し付けず、他人の世界に干渉をしない

自分を自分として認め、人の意見に揺さぶられることがなく、自分を人に押し付けることもしません。

個の存在を受け入れ、なによりも自分を愛して大切にしているので、自分が辛く苦しむようなことはせず、自分のありたい姿に反する矛盾を作りません。

「自分を大切にしているから、自分を喜ばして生きる」とシンプルな理由があります。

自分を愛することことで波動が高い人の特徴が追加されて生まれます。

他人に干渉しないのは他人に興味がないのではなく、自分の存在価値を見出すために他人を利用しないためです。

自分の喜びを何よりも優先する純粋な欲望を持ち、忠実に自分を可愛がり、波動が高い人となります。

波動が高い人は自分を愛している。

※自分を愛することの意味については、自分を愛するスピリチュアルな秘密|完全な自由を与えられますか? をご覧ください。

自分を愛する方法はスピリチュアルな自己中心|自分勝手とは違う認識自分を愛するとは気付くことかもしれません。 自分を愛することは、環境を活用した上での完全なる自由を与える生き方であり在り方です。 ...

 

波動を高める方法

物事を受け入れることで認識を変え、認識を変えることで矛盾となる不調和を生まず、矛盾がないことでエゴを生み出さず、エゴがないことで波動を高める方法となる流れがあります。

波動を上げる方法

物事を柔軟に受け入れ、押し付ける認識がなくなり、矛盾は生まれない

矛盾が生まれないことでエゴが生まれない

エゴが生まれないことで波動を上げる

受け入れることで波動を上げる

波動を上げる方法は物事を受け入れることです。

受け入れることで、その先に向かいます。受け入れないということはその場で留まることを意味し、不納得で不満足な本来の在りたい姿との不調和を生み、エゴとなります。

受け入れて波動を高める方法
  1. 受け入れるためには自我を他人に押し付けない
  2. 比較したり自分の意見を押し付けたりと、自分の思考を介入、干渉させない
  3. その存在をその存在それ自体として見ることで、理解し、受け入れ、敬いの気持ちを持てる

自分の意見や価値観の認識を他者に押し付けることが波動を低くする。
自分や他者や物事を受け入れることが波動を高める。

※波動が高まることでお金が集まる話は、お金を知るスピリチュアル|生きる意味と仕組みが詰まる愛とエゴの物質化 をご覧ください。

お金を知るスピリチュアル|生きる意味と仕組みが詰まる愛とエゴの物質化お金とは価値のことで、人々の共通認識による信用です。 同時に、お金にはスピリチュアルな見方があり、そこには愛の交換による人間として...

 

波動を高めるための認識

波動を高める方法は矛盾をなくすことで、物事を受け入れることで自然と考えが変わります。

同時に、考えを変えるためには“思考をする際のルールを変える”ことでも成し得ます。

そこに重要なのが【認識】です。

認識とは : 常識やルールとして受け入れている自分の考え方

認識を変えるためには、インプットした考えとしてのルールや常識を理解することで成し得ます。

その為に、物事を自分自身の意見を持って考えます。
自分の頭で考えることで、自分としての理解をします。

その際に、周囲からインプットされる、「常識だからする」「そういうものだ」「みんながしているから正しい」「みんなと同じなら間違いない」という、情報としてのみ記憶するインプットではなく、自分の頭で考えて自分なりの理解をします。

その上で、本来の在りたい姿の自分として生きることで、エゴはそこにいませんので波動を高くします。

 

自分の意見として物事を認識して、自分の望む姿として生きることで波動が高まる

自分の考えを理解した上で、「自分の好きなことを良いこと」と認識することで波動を高める。
※自分の望む姿とは自分の好きなことをしている状態。

*このことが、特に重要でわかりやすい波動を高める方法ですので、いくつか例をご覧ください。

例①:アイスクリームやお菓子を食べたい時に食べる

→ 栄養学や学術的には、白砂糖や植物性油を大量に使用したアイスクリームやお菓子などのジャンクは、体を毒で満たし健康を害することが知られているが、子供の頃から食べているアイスクリームやお菓子には良い思い出も含まれ、食べると心地良く幸せな気分になる。
→ それならば、健康に関する認識を変えて、自分が幸せになることを優先して矛盾なく食べる。白砂糖が悪いどうのは一切考えず、ただアイスクリームを食べて幸せである自分を受け入れることで波動を高める。

*健康にはバランスが必須なので、バランスを崩している自分(例えば、便秘や下痢になって不調和を体が教えてくれる)を無視することで波動を低くする。

・健康面のバランスを考えない場合は、脳の欲望であるエゴが優先している状態。
「お菓子が好きだから、食べるのは全てお菓子だけで良い」などのバランスを大きく無視する時、体にはミネラル等の必須栄養素があるので体が不調となり、心と体に不調和が起きている信号を出してくれているが、それを無視することで健康を害し、体の不調和とエゴにより著しく低い波動となる。
・自分の心や脳のみを優先するのではなく、体も同時に敬うバランスが大切。

 

例②:自分の夢である陶芸家として生きる

→ 「好きなことをして生活をするのは一握りの人だけ」「安定したお金がなければ生活できない」「体裁を気にして会社を辞めることができない」などの認識を変えて、ただ自分が“心地良い”と想える生活をする。
全てを投げ捨てて海外へ放浪に出かけたり、田舎で自給自足生活を始めたり、自分にとって心地良いと思えることを矛盾なく実行する。

*自分だけ良ければ良いという思いで、人を傷つけたり、迷惑を故意に掛けたりすることで本当の自分との矛盾を作り、波動を低くする。
心から熱中できることや、子供の頃からやりたかったことや好きなことをやることで、波動を高くする。

認識を拭い切れず変えられない場合には、波動は低くなる。
例えば、好きなことをしていても、「生活はどうすればいいんだ?」「結果を残さないと周囲に顔向けできない」などの不安感を抱いている場合は、好きなことをして心地良い時に波動を高めるが、同時に“不安感”という低い波動を生み続けているので、“好きなことなのに不安感を持つ矛盾”を作り、結果的に波動は高まらない。
好きなことをする前の自分の方が心地良く幸せであれば、そちらの生活をした方が波動を高める方法となる。

【主観はあくまで自分のみ】

“好きなことをしたい”と思っていても、その理由が、「心から好きだから、心地良く幸せだから」であることが重要。
エゴの矛盾なく、純粋に自分の在りたい姿として調和していることで波動を高めるので、そこに他を介入した口実や理由付けはない。
あくまで“自分”が心地良く幸せであることが大切。

※波動とは何かのスピリチュアルな理解は、波動とはスピリチュアルな精神性│波動が高いも低いも自分次第 をご覧ください。

波動とはスピリチュアルな精神性│波動が高いも低いも自分次第波動とは自分の状態を表すエネルギーです。 波動を高めるかどうかは自分を知っているかどうかの"精神性"にポイントがあります。 ...

 

波動が高い人と低い人の特徴 まとめ

根本にある波動を低くする原因であり、波動を高くする方法となるのはエゴの有無です。

エゴがあればあるほど波動を下げる原因となり、エゴがなければないほど波動を上げる方法となります。
そこにあるのは本質の波動の意味となる、ありのままの自分の存在です。

波動を紐解くとエネルギーとして私達人間が認識できない物質概念のないものになります。しかし、エネルギーは“感じる”ことができます。それが、“心”です。

心でエネルギーを感じ、それは波動のエネルギーを紐解く先には自分があることを意味し、波動とは自分の存在を認識する源ということができます。

すると、最も波動が高い状態は心そのものであり、心として生きていることで波動が高いことを表します。

ありのままの自分とは、心を主体に何も考えずに自分のやりたいように、あるがままに生きる自分、それは完全なノーストレスの幸せな状態です。

最も波動が高い人であり、ありのままの自分で生きているのは“赤ん坊”です。

赤ん坊の時はエゴがないので究極的に幸福な状態であり、最も波動が高い人の状態です。
その為、波動が高いのが基準です。

波動を高くすることは、波動を本来の状態に戻すことであり、自分を戻して赤ん坊と同じように生きることがシンプルな答えです。

波動の意味とは、ありのままの状態のことです。
ありのままの自分の状態は、自分の在りたい姿であり、在りたいと願うことは元々その状態を知っていることを表します。

自分を知ることは認識を知ることであり、理解を知ることであり、自分の在りたい姿としての欲を知ることです。

エゴはネガティブな思いによって生まれるので、そこに矛盾を作らない自分の在るべき姿として、好きなことや楽しいことをすることがスムースに波動を高める方法となり、波動が高い人としての人生が始まります。

自分が心から好きで楽しめて、心地良いと感じることを純粋に受け入れて実施することで波動が高い人となる。
赤ちゃんを見本として、自由に自分として生きることで波動エネルギーの高い人となる。

波動を高くすることは自分を幸せにすることであり、自分を大切に愛することです。

波動には引き寄せと波長への共鳴があるので、波動が高い人の特徴として、波動の高い出来事やものや人が広がり、心地良く幸せな世界の住人となります。

波動が高い人は、シンプルに幸せである特徴があります。

自分を喜ばすことを考え、認識を持って行動をするので、当然の結果として自分を幸せにして、自分を喜ばすことで波動が高くなり、幸せを感じる出来事を波動によって引き寄せるサイクルを生み出します。

自分自身の認識を理解して、幸せになるために、自分のために物事の受け入れをぜひ試してみてください。

それでは、波動エネルギーが高い人からわかる、波動を高める仕組みの話を終了します。
最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。

霊感・霊視・透視のちからであなたの心の霧を晴らします

【有名鑑定師に24時間いつでもどこでも相談可能】

恋愛・不倫・復縁・仕事・人間関係、現代では多くの煩雑とした悩みが私達を取り囲みます。

その悩みや不安を、電話占いで解決しませんか?

電話占いウィルではメディア出演多数の実力派鑑定師が多数在籍中。

なかには、霊感・霊視などスピリチュアルな方法で鑑定する占い師も。

初回鑑定3,000円無料・初回優先鑑定など、嬉しい特典がたくさんあります。

困難な問題への解決法、運命の切り開き方を知りたい方は、一度鑑定を受けてみてはいかがでしょうか?

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です