スピリチュアル

断食の効果にあるスピリチュアル【初心者必見のコツと方法】

断食に興味はあるけど、詳細がよくわからない。

断食には学術的なものも精神的なものも理解としてあり、断食後の変化や兆候に良いも悪いもあります。

断食の効果はさまざまにあり、どうやったらいいのか方法もわかりにくいものです。

さらに、健康管理をした上で断食のスケジュールを組み、わざわざ断食をするために道場や他者の監修の基で行うのは何ともめんどくさい。

ここでは、初心者の方を対象に断食の効果にある理解と、コツやおすすめ方法をお伝えします。

一ヵ月断食や、エネルギー摂取による数ヵ月間の長期断食の理解もありますので、断食を続けることで知った精神面も含めて、断食を試される際の参考になることを願います。

私は断食にて人体実験をし続けているようなおかしな人間ですので、見極めて読まれてください。

断食の効果とスピリチュアル

断食する意味

食を断じる。

「そんなことしたくない」と思う人が多い中、「断食したい」と思う人もたくさんいます。

わざわざ、普段の食事を断って何も食べない時間を作ることには、普段とは違う状況を作る“変化”への意味があります。

そもそも、食べていることを断ずることが自然なのかどうかを考えると、赤ちゃんを見るとわかります。

ミルクを飲んでいる時に、「はいストップ、ダメー」と他者が食事を止めてきたら、それは明らかな不自然で干渉です。

ですが、自らの意志を持って、「バブバブブー(今日から一週間は自分を極めるなりー)」と食事を断ずれば、それは自分の意志に沿って自然な状態です。

自然な状態とは、自分の意志を持って断食をしたいか否かです。

食べたい時に食べて、食べたくない時は食べない。

断食は“食べたい時に食べない”です。
そこには、「食べないことが自分のためになる」という理由が必要です。

断食をする際には必ず自分の意志があり、それがなければただの拷問になってしまいます。

食べたい時に嫌々食べないようにするという概念は断食にはありません。

「食べないことが自分のためになるから断食する」
この意志に、断食の意味があります。

それは、

断食とは、自分を喜ばそうとする意志を認識するための行為です。

 

断食にて自分の意志で生きていることを認識する

断食することは普段していたことに変化をもたらすため、普段通りではできません。

“苦”があります。

苦があるにも拘わらず乗り越えようとすることで、生きている自らの意見や認識、壁を越えて自らを喜ばせようとする意志が見えるようになるのが断食です。

堅苦しいですが、この意味が断食をゆるゆるの気楽なものにします。

 

断食の効果

“苦”を乗り越えて喜びをもたらすことで、さまざまな効果を得ます。

最も顕著な効果は、胃と腸が休まることです。

それによって体重が減り、栄養素の消費率と吸収率のバランスを向上させます。

内臓器官が休まることで活力がみなぎり、健康的で元気になります。

さらに、腸の負担がなくなり腸内の不純物やカスを流して綺麗になり、便通の滞りを無くして肌荒れが改善されます。

などなどなどなど…。

効果が多いので、一覧にまとめます。

断食の効果
  1. 肌荒れ改善、肌質を整える
  2. 体重の減少
  3. 内臓に休息を与えて機能発揮
  4. 肉体の免疫力向上
  5. 健康的になる
  6. 栄養素の消費・吸収のバランスを整える
  7. 便秘解消、便通整理
  8. 腸内ホルモンを分泌させて幸福度が高まる
  9. 血液・リンパ液の循環による冷え性、肩こり、腰痛などの改善

※化学的に肌の毒素を出さないように抑えている場合には、断食すると初めに肌が荒れますが毒素を出している状態です。

断食は胃や腸を初め、膵臓や肝臓も休めることができるため、内臓に休息を与えて本来の働きを取り戻す機会になります。

それによって免疫力が高まり、不純物や抵抗が減ることで血液とリンパ液の循環も促されます。

ダムが決壊するように流れが作られ、体内に四季を作るように、季節や栄養素に見合った肉体の在り方が作られて自然な状態になっていきます。

 

断食のスピリチュアルな効果

効果はさらに精神面にも及び、腸内ホルモンバランスが整い、やる気、自信、感情のコントロールに繋がります。

スピリチュアルな認識では、エネルギーの停滞は血やリンパの停滞と同じように病気のもとになり、うつ病などの精神疾患を緩和・改善することにも繋がります。

感情にある波動や心身の抵抗となるエネルギーを流す効果です。

エネルギーが流れることで抑え込んだ感情や未浄化の滞りが解かれ、自分自身の体と頭と心で理解する認識が増えます。

それは自分を取り戻すように、他者主観の認識や、他者にて自分を見出すために区別や比較することが減ります。

そして、一つ一つの認識力が合がることで意見を作ることができ、集中力も上がります。

当たり前と思うことが減り、食事に対する感謝を初め、あらゆる身近過ぎて忘れていたことを思い出すように感謝への気持ちが表れます。

断食の効果 スピリチュアル
  1. やる気が出て活力的になる
  2. 自信にて自己肯定感が高まり、物事の認識が自分主観になる
  3. 感情に飲み込まれることが減り、悲しみやイライラにてコントロールされにくくなる
  4. 執着心が解かれ、自分の意志を持って物事を認識する
  5. エネルギーが流れ、活力的になる
  6. エネルギーが浄化され、自分を抑え込む感情の呪縛がなくなる
  7. 当たり前の認識が減り、一つ一つの理解力が上がる
  8. 感謝する気持ちが強くなる
  9. 集中力が上がる

感謝の気持ちは断食する人の特権効果です。

断食の意味の理解が深まれば深まるほどに、断食する人にしかわからない効果が見えてきます。

 

断食の効果のポイント

効果のポイントは、内臓の休息にて起きる“流れ”です。

断食は自分への変化を自らの意志で作ることで“停滞を流し”、さまざまな効果を生み出します。

それが、血の流れでありエネルギーの流れです。

血が流れることで肉体的な効果が、エネルギーが流れることでスピリチュアル的な効果が表れます。

流れとは地球の川と同じです。川が流れることで物事が繋がり循環され、季節が作られ巡り行きます。

人間も同じです。

 

断食したくなる理由

断食の大切な理解になることがあります。

それは、効果を自ら作ることです。

これが断食の意味である、“自分を喜ばせようとする意志”を認識できることです。

断食すると効果が顕著に表れます。そのため、自らの断食という行動にて喜びが作られることを嫌でも見ることになり、肉体的な健康があり、精神的な活力があることで“生きている感情”を感じます。

自らの意志にて認識を広げ、効果を見て、己を体感します。

そこに、生かされている認識は一切ありません。

意志という自分の喜びを作ろうとする姿勢から、あらゆる恩恵を得ることに精神的なスピリチュアルがあるという具合です。

こんな理解から、断食したくなることには共通した見方があります。

自らの行動にて変化を作るタイミングが来たことです。

少しでも断食に興味や関心がある場合、自らに変化をもたらす時を意味します。

さらに、変化するために苦を乗り越えて喜びをもたらそうとする意志と行動と努力があります。

断食しようとするかどうかは人それぞれの人間性を表し、如何に自分を大切にしているかを表します。

 

自分をより知りたいと断食したくなる

断食することの反対に、過食があります。

断食と過食を見比べると、意志があるかないかがはっきりとわかります。

過食は“満たし”によって現状に対する変化を望む行為です。

たくさん食べることで満たされるのは脳です。肉体、特に内臓は休む暇がなくなり、終わることのない過酷労働を課せられます。

食べ物にある、動物性脂肪・砂糖・うま味の三つは脳が満たされる快楽の基です。

そのため、油に脂、お菓子に加工食品に味の素は、食べても食べても欲し続けます。

肉体感覚が鈍くなり、脳内で分泌される幸福ホルモンを目を瞑って味わうことに勤しみ、感情の停滞や未浄化を認識しないように、より過食にて事実や現実を見ないように誤魔化そうとし、どんな“苦”も絶対に嫌なものになっていきます。

断食か過食かは行為も真逆ですが、認識の状態である人間性や在り方も真逆であることを表します。

断食をされるかどうかは大切なことですが、最も大切なことが本人の意志であるために、断食したいと少しでも思うことに意味があります。

それが、認識を誤魔化さずに受け止め、より自分のことを知ろうとする理解です。

そのような方に、ここでの内容にて効果がもたらされることを願います。

それでは、断食を実際にする際の方法を見ていきましょう。

※断食のスピリチュアル話の詳細は、断食はスピリチュアルな意味深│食べる意味を知るとどうなっちゃう?!をご覧ください。

断食はスピリチュアルな意味深│食べる意味を知るとどうなっちゃう?!さまざまな効果の見られる断食。あらゆる毒素を流すと共に抵抗を減らします。 その効果は精神による作用から、結果的に肉体もスッキリサッ...

 

断食の効果を得るコツと方法

断食の効果を得る際の注意点

初めに、断食をする上での注意点をご覧ください。

スピリチュアルな話をちょいちょい挟んでいますが、それは“エネルギーを食べましょう”みたいなぶっ飛んだ内容ではなく、精神的な理解です。

精神面の理解がとても大切なのが断食でして、自らの意志にて行動しない場合には断食はしない方が本人のためです。

さらに、人間は一人一人に体重や身長の違いから、内臓器官の機能幅、現状の状態、血液にリンパ液の量に循環度、日々のエネルギー消費率に量に吸収率に量、何もかもの違いがあります。

そのため、断食する際に重要なことは、“自分にとっての断食を見つける”ことです。

断食しながら自らの体調や変化や効果を体感し、断食する方法を自分に沿わせて調整します。

肉体労働する人がデスクワークする人と同じ食事では倒れてしまうように、お肉の摂取も野菜の摂取も共に人によって大切です。

私達は便利な商品を使用すると同時に、身体を動かさずエネルギー消費をなくしていますので、一日三食が食べ過ぎな人もいれば、丁度良い人もいます。

その上で間食までしていたら太らないことがおかしい状態ですので、自らの状態を理解して調整しないと断食を放り投げてしまいます。

他力で自分を見ないことで、断食後の反動にて太ったり健康を害してしまい、断食の意味を知らずに終わってしまいます。

  • 自分の行動と意志に責任を持つ
  • 自分にとっての断食を見つける意識を持ち、他力にならない
  • 断食をやめる際は自ら選択してやめ、放り投げない

健康面にて体調不良があれば無理しないでください。特に病気や疾患がある方、妊婦さん、糖尿病や低血圧で貧血気味の方は、医学的に断食はおすすめされていないのでご注意ください。

それでは、断食の方法です。

 

断食する方法

断食にはさまざまな方法があります。

朝ごはん断食、一日断食、三日断食、一週間断食、一日二食、一日一食、水はOK、などなどさらに限りなく多々。

断食の際には、前後数日は胃腸のケアのために少しずつ食事量を減らし、身体への負担を避けたりもします。

しかし、全部わずらわしいのでプイプイっのポイ。

物事はシンプルが良いです。

おすすめの方法は、夜ご飯だけ抜く断食です。

期間はまず10日間。

寝ている間は消化活動がゆっくりになるため、夜に食べないことで内臓を休ませる時間を作ります。

そのため、夕方以降(17~18時)は食事しないと決めます。

ですが、お茶やコーヒーなどは自由に飲んでOK。

気楽なルールにするのがポイントです。

 

断食する際のポイント

夜ご飯だけを抜く断食は、初めての方や慣れていない方におすすめです。

理由は長期的にできるためです。

断食の大敵は、“途中でやめる”ことです。

意志が放り投げられた時、それは白旗バサバサしているだけではありません。

「やってらんなーい」となってしまうことで食生活が悪化し、断食後に突然の肌荒れ、体重増加、骨や筋肉が痛む、血糖値が上がるなどの不利益が起きます。さらに精神面では感情のコントロールができず、自信喪失、エネルギーの停滞などなど。

この状態になってしまうのはとてももったいないので、一日一食を抜き、それをまずは10日間行います。

ここで理解したいことは、食を断じる量や回数の数字以上に、食を減らすことでどれほどの効果があるかを観察することです。

ポイントは食事制限への着眼ではなく効果の観察です。

 

モチベーションが大切

断食をやめてしまう理由は、苦しみを乗り越えられないからです。

それは、食べないという苦しみを乗り越える以上に、苦しみから逃げることが楽だからです。

この心理は、見えない先の利益よりも見えている確実な安泰を求めることです。

見える利益がないと継続は私達人間には困難です。

そのため、苦しみをなるべく抑え、効果を観察することにフォーカスしてモチベーションを得ることが大切です。

一食抜くだけでも大きな効果がわかります。

肉体的な効果もありますが、精神面が特に顕著になり、食べ物への認識としてありがたみや感謝が出てきて、心が満たされる感覚があります。

ぜひ体感してください。

 

効果を観察しながら自分にとっての断食を探す

10日間の内に体感する効果によって、自分なりに食事量や質を調整することができます。

この断食のポイントは自由度です。

調整は自由。
苦しければ夕食はみそ汁だけ飲んでいいことにします。
まだまだ断食の効果を得たければお昼も少しずつ減らしていきます。

夜の時間に食べないことがとても大切なので、一日二食でお昼を夕方にするなども可能です。

できれば、18時以降は何も食べないことが望ましいです。

効果を体感しながら調整することで、自分の身体の意見を聞きながら変えることができ、突然何も食べないことでの身体の驚き、変化に付いていけないということがなくなります。

断食を続ける内に調整が入り、一日二.五食で17時以降は飲み物だけ、間食一切なしなど、人それぞれに個性が出てきます。

そして、この断食の成功を手助けするアイテムがあります。

 

断食にスムージー

夜に食べないことが断食の成果を向上させます。

しかし、突然夜ごはんを抜くことは大変です。中には夜が一日のメインとして最も多く食べたいという方もいます。

そこでスムージーがとても活用的です。

断食の最もしたくないことは、途中で投げ出すことです。

そのため、苦しみはなるべく少なくして気楽な気持ちが成果への一歩になります。苦しみを乗り越えるために苦しみを課すのは苦行ですので、あくまで効果を体感しながら継続することに意味があります。

スムージーであれば消化が容易で負担が少ないため、胃と腸に優しく、夜を抜く方法の理にかなっています。

いきなり夜を抜くのではなく、夜ごはんを早めて18時前にスムージーを一杯飲むという方法もありです。

さらに、もし自分の体質や健康状態に見合った野菜にてスムージーが作れれば、何ともラッキーです。

ぜひ興味のある方はこちらをご覧ください。

※無料で自分に必要な野菜と果物を診断
25種類もある中から自分だけのスムージーを作れるパーソナルスムージー。
自分を大切にして、健康的な食生活を続ける人生のためにご活用ください。
パーソナルスムージーならGREEN SPOON!

 

断食に酵素ドリンク

断食に活用的なアイテムとなるのは酵素ドリンクもまた然りです。

少量を一杯のむだけでも大きな成果と健康面をサポートしてくれるため、断食にて食事の概念を変える機会にもなります。

食べていないのに空腹感がないという不思議な感覚から、「人間は栄養素などのエネルギーで生きている」と体感するかもしれません。

酵素ドリンクはエネルギーの塊のようなものです。少量でも栄養素が多く、空腹感をあまり感じません。

もちろん人によって差があると思いますが、酵素ドリンクだけで断食する人も多いほど人気があります。

断食は苦行ではなく気楽に継続することに意味があるため、酵素の力にて食べる量が自然と減っていく状態を見ることになるかもしれません。

どんな食材にて酵素ドリンクを作っているかがとても重要ですので、自分を大切にしたい認識の上では、こちらの酵素ドリンクが断然おすすめです。

※酵素ドリンクおすすめの飲み方や、断食方法の動画があります。
断食専門家が開発し、健康を重要視して厳選した食材から作られています。
健康サポートと共に、体が軽く快活なご自身を併せて体感される一助として、興味のある方はぜひご覧ください。

完全無添加 酵素ドリンクの詳細と断食おすすめ動画はこちらから

 

断食のおすすめはこれ まとめ

夜だけ断食。

10日間の後にまた10日間と継続していくことで、より自分らしい断食を見出していき、区切りを持ちながらやめる時はやめて調整してください。身体が主体ですので、体調不良などには注意されて行ってください。

食事は毎日しているため、行動動機が薄れやすくなるのが断食です。

「明日からでいいかな」
この認識は断食への意欲を薄めていきますので、明確な意志を持って挑まれてください。

ですが頑張る必要はありません。気楽に楽しまれてください。喜びが体感できれば継続できます。

体も心も綺麗にされ、断食にあるさまざまな効果と成果をぜひ楽しまれてください。

自分に合う断食を知るアイテム、スムージーと酵素ドリンクはこちらからご覧いただけます。

ですが、スムージーと酵素ドリンクを両方選ぶ必要はありません。

お好みの方を選んでお試しください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です