スピリチュアル

転職のスピリチュアルな兆候を見逃さない│仕事に悩む意味に合図あり

仕事に悩む時、転職するか我慢するか、辞めるかニートになるか。

もう旅しちゃう。そんな選択肢もあるかもしれません。

ここでは、「転職しましょう」というお話をお伝えします。

転職には大切な意味があり、スピリチュアルな理解にてタイミングや兆候がわかり、今後の動向を考える材料になります。

  • 仕事に悩む原因の我と自我とは?
  • 転職の兆候とは?
  • 転職のタイミングを教えるスピリチュアルとは?

これらを紐解き、現状改善のヒント、転職の意味を知っていただく内容となっております。

仕事の悩みや転職の兆候が、転職するか否かを考える際の一助となれば幸いです。

転職のスピリチュアル 仕事の悩み編

仕事に悩む意味

仕事とは人生の大半を占める行為です。

仕事に悩むことは人生の大半の時間を悩むことですので、今すぐにでも解決したいものだと思います。

悩む状態にあるのは、現状に対する不満を認めて満足を求める自分です。

仕事に悩む状態は、「変化」がキーワードとなります。

仕事に悩むと、自ら変化するか、変化を期待するか、現状に変化を求める“何か”があります。

“何か”とは、不満を満足に変えたい“欲”です。

欲がなのか、自我なのかによって、悩みや転職に対する理解が変わります。

 

仕事に悩む理由が我か自我か

我によって仕事に悩むのか。
自我によって仕事に悩むのか。

二つは仕事の悩みの意味を大きく分けます。

初めに我と自我の違いをご覧ください。

我と自我の違い
  • 我とは、他者と区分けしてあえて自分を認識しようとする意識
  • 自我とは、自分で自分を認識する意識

我によって仕事に悩む場合、不平不満を抱きます。

仕事内容や職場の環境、人間関係に待遇、自分の能力や仕事への貢献度など、満足のない状態に不満や不納得があります。

現状に納得いかないことから転職する選択もあり、今後のことを考えると不安や恐怖を抱きます。

自我によって仕事に悩む場合はいくつかの兆候があり、辛さや飽き、喪失や燃え切った感、野心や喜びを求める熱、仕事に合わない感覚などがあります。

二つの悩む意識によって、仕事の悩みの解決や転職への理解が大きく変わります。

順番に見ていきましょう。

 

我の悩みにて転職する

我にて仕事に悩む際、転職する以上に悩みの理由を理解することが大切になります。

我の悩みの特徴は“不平不満”を抱きます。

何かしら満足のいかない仕事環境、自分の不甲斐なさや環境に見合わない不満、自分以外の周囲である同僚や上司、会社のやり方や業務内容や評価査定などに対する不納得だったり。

この仕事の悩みは、不満を満足に変えたい欲によるものと考えられます。

不平不満がありますが、解消する手立てが見えないことで悩む状態です。

解消できないことに納得がいかず、現状維持はまっぴらごめんであるため、我慢や忍耐にて苦しむ理由にもなります。

考えれば考えるほどに悩んでしまいます。

転職を視野に入れて考えることで、先行きの経済的不安や心配が増長され、新しい職場での不慣れや人間関係など悩みの種が増えていきます。

 

我欲にて転職すると繰り返す

我欲にて仕事に悩み、転職など今後に変化を望むさまには、自分が見えずらくなっている心理があります。

転職しても同じような仕事の悩みを抱える可能性があり、変化しても一時凌ぎで終わってしまうことが多いです。

一時凌ぎは悪いことではないので人によっては大切です。しかし、ふすまを開けたらふすまという具合で、ふすまふすまふすま…と続いていきます。

転職を繰り返したり、仕事が嫌になってしまったり、行動すればするほどに不安や恐怖が先行している状態が強調されてしまいます。

 

仕事の悩みを解決することが第一優先

転職などの変化を求める以上に大切なのは、「どうして悩んでいるのか?」「どうやったら悩みがなくなるか?」を解決することです。

転職にて環境を変えると悩みの解決ではなく先延ばしになるため、“不平不満の基”を突き止めて解決することが大切です。

行き着くのは自分自身の人間性、不安と恐怖との関わり方です。

仕事の悩みにある我の不平不満とは、他者と比べたり比較したり、社会性の常識やルールと照合・適合させると起きる、現状否定や現実拒否です。

仕事の悩みが、自分を知って根本の問題解決をするタイミングが来たことを意味します。

※悩み解決のスピリチュアルは、悩みがあるから良い。スピリチュアルな悩み相談に大事なこと をご覧ください。

 

自我の悩みにて転職する

自我の悩みの場合、変化の兆しがあるために転職が大切な選択肢になります。

自我とは他者を介入させず自らの認識によるものなので、仕事の悩みを解消したい欲に大きな特徴があります。

違和感を感じて現状変化を望み、自分の向上や成長に繋がる変化への道を意味します。

仕事に悩むことには現状に見える不平不満ではなく、何か変化した方が良いと思えるような兆候があります。

思考だけでなく感覚や心の気持ちがあり、変化を求めるが故の違和感や不調和、「何かがおかしい」という感じ。

辛さや苦しみ、抑えられない情動や衝撃、心地悪さに喪失したような空虚感など、不満に思えるような気持ちもあります。

自我による仕事の悩みや欲には、転職をする兆候やタイミングが見えるスピリチュアルな認識がありますので、詳しく次の章から見ていきましょう。

 

転職のスピリチュアルな兆候とタイミング

転職のスピリチュアルな兆候

自我による仕事の悩みや欲には、いくつかの特徴的な兆候があります。

1、仕事に飽きる

もう飽きちゃいます。

飽きるとは興味がなくなったことでの好奇心の喪失。

「この仕事つまらねぇ~」というものではなく、以前はバリバリやっていたのに、「なんか楽しくなくなったなぁ」という具合です。

 

2、やりきった

飽きる理由にもなる、やりきった感があります。

「もう十分学んだし、やることはやった、覚えることはない、はい終わり」という思い。

もう楽しくない感情もあれば、燃え尽きた終息感もあれば、興味を見出せる材料がなくなったということもあります。

このような気持ちや感覚が、転職などの変化の兆候になります。

 

3、辛さに耐えられない

「もう無理」

「やってらんねぇなこんな仕事」という不満とは違い、もう無理。耐え難く、耐えられる兆しがない。

耐えられない理由は人それぞれです。仕事内容や人間関係、上司かもしれませんし、隣の席の人の香水のにおいかも。

「いや、席替えてあげてー」という感じですが、理由は何であれ本人が耐えられず辞めたいと思ったり、仕事を変えたいと思うかどうかが重要です。

耐える必要がないという自らの意志でもあります。

 

4、会社に行きたくない

辛さに耐えられないに似ていますが、「自分には必要ない」とどこかで感じている感情です。

現実的な行かなければならない思いと真意とのギャップがあり、「嘘ついて仕事休んじゃおうかな」というものではなく、「行く必要がない」や、「絶対行きたくない」という強い思いがあります。

我による不平不満にて嫌なのかを見極める必要があります。

 

5、辞める流れがある

突然予期せぬ部署移動、「どうしても行きたくなかった所だ」

辞めたいと思ったら急に給料下がってモチベーションなし。
友人の起業に誘われて考えていたら転勤の話。
悩んでいる時に家族のことで突然遠い実家に帰ることになった。

などなど、仕事場から離れることを促されているような流れが、自分にも周囲の環境にも起きます。

突然状況が変わり、「辞めたい」という気持ちが付随していれば、転職の兆候です。

 

6、行動力がある

先行きへの不安や恐怖もありながら、行動意欲の方が優位な状態です。

辞めたいと思った時の、次の仕事探しへの行動の早さや、考えて立ち止まる以上に動くことを優先する場合には転職の兆候が強くあります。

今の仕事を辞めることの不安がありながらも、仕事探しを辞めない自分がいるという具合です。

 

7、夢や希望への願望が自分の喜びのため

転職や独立にて起業する際の大きな兆候が、欲の矛先が自分の喜びであることです。

先行きが楽しみで嬉しくワクワクする気持ちがあり、現状の改善や向上にあるさまざまな欲がある中で、シンプルに子供のように喜びを求める意志があります。

今直ぐ始めちゃいましょう、という状態です。

以上が、転職のスピリチュアルな兆候です。

 

転職するタイミング

兆候があれば、転職するタイミングが来た表れです。

もちろん転職だけでなく、部署を変えたり転勤を希望したり、仕事の環境を変えることを含めた“変化”の時です。

兆候にはさまざまな感覚や気持ちや考えがありますが、共通した見極めのポイントがあります。

転職の兆候全てに共通して、現状への違和感や不調和があり、否定や拒否ではなく、「ここは違うな」「仕事場が合わないな」「耐える必要がないな」「辞めた方がいいな」「転職してみようかな」「自分がかわいそうだな」という、単純に変化を望む欲があります。

今あることに不満があるのではなく、今あることに喜びが作れない状態です。

言い方を変えると、今以上の喜びを見出そうとする気持ちが心のどこかにあることからの、違和感や不調和があります。

現状否定ではなく、現状打破にて変化したいかどうかが転職を良きものへと促します。

 

転職タイミングの見極め

見極めは、現状否定しているか、現状打破にて変化を望んでいるかの違い。それぞれに、不満か違和感かの違いがあります。

転職タイミングの見極め
  • 現状否定・・・我欲による悩みにて不満を何とかしたい
  • 現状打破・・・自我欲による悩みにて違和感を何とかしたい

不満か違和感は大きく異なる感覚として気持ちを生み出しますが、違和感がありながらも我慢して耐え続けることで、不満なのか違和感なのかわかりにくくなります。

努力は大切な行為ですが、嫌々押し付けると我慢になり、苦しい環境に頭を突っ込めるような拷問を自らに課してしまいます。

我慢して仕事を続けると違和感を不満のように感じてしまうので、一旦自分の真意や気持ちを明確にすることが意志決定の前に必要です。

辛く苦しい状況があれば一度休暇を取り、自分の意思や気持ちを見つめ直すことが先決です。

 

不満か違和感かの違いは、転職のベストタイミングを自ら示す

不満か違和感かの見極めにて転職のタイミングは自然と見えてきます。

不満か違和感かを見て、悩みの解決か、転職などの変化への行動かに道が分かれます。

  • 不満には否定や拒否という、現実をあるがままにしないことからの納得のいかない状態がある
  • 違和感には否定や拒否はなく、「合わない」「必要ない」「何か違う」といった感覚があり、自分を主体にした認識からの“心地悪さ”がある

心のどこかに喜びへの意志があると、現状と真意の差が作られて違和感が生まれます。

意志とは、喜びを作り自分を大切にしようとする気持ちであり覚悟。

仕事に悩んだり辞めたいと思う時、より喜びを作る気持ちや成長を求めて、自分を向上させるための転職が道を開きます。

※仕事が辛い際のスピリチュアルは理解は、スピリチュアル的な仕事の意味│命がけの暇つぶしは良いこと尽くし をご覧ください。

 

転職するスピリチュアルな理由

これまでの内容から、転職とは現状の不満を解消するためのものではないと知っていただきました。

スピリチュアルとは意識に基づいた理解です。

概念から少し離れ、自らの意識・認識を主観にした物事の捉え方があり、「生きるために働かなければなりません」とは違い、「どうして働くのか?」を自己理解した上で働く自分主観です。

働くことで自らの価値を見出し、他者への影響を与えられ、社会性を把握して、自己成長と同時に、他者を理解する共同や調和を知る機会にもなります。

人と人の関係性を作る場があり、自分をより知るための環境があり、学びや成長をもたらす時間があり、カルマを解消するための約束があります。

まとめるとこのようになります。

転職のスピリチュアルな理由
  1. 人と人の関係性を作るため
  2. 自分をより知るため
  3. 学びや成長をもたらすため
  4. カルマを解消するため

一つずつ簡単に見ていきましょう。

 

①人と人の関係性を作る転職

転職にて、より自分に合った人や仕事環境を得ることができます。

転職したいと思えば、転職する度により自分らしく人と関わるチャンスを自ら作ることを意味します。

 

②自分をより知る転職

転職にて、自分の能力や認識幅を広げる環境を得ることができます。

自分らしさと同時に自分が全力でできることを行い、独立があり起業があり、自らを試す挑戦にもなります。

今ある環境にて自分のできることを精一杯行い、より物事の見方や能力、仕事に対する向き合い方、そして仕事とは何なのかを知ることができます。

 

③学びや成長をもたらす転職

転職したからといって、何も文句がない仕事環境を得るわけではありません。

実際に関わる仕事や人、会社や環境をどのように認識するかに転職の意味があり、仕事への向き合い方を決める人間性が作られます。

転職後に辛い状況があった際にどのように捉えて対処して、何を学び自分を知れるか。

辛いだけでなく嬉しい状況であっても同様で、転職する意志決定があってから起きることが、精神的に学ぶ機会となります。

何をするか以上に、何を学び、認識するかに転職のスピリチュアルな意味があります。

 

④カルマを解消するための転職

輪廻転生の概念には、因果応報による悪行と善行のカルマが積まれます。

良いことも悪いことも、自分の行いは返ってくるカルマの法則から、スピリチュアルな理解ではカルマを解消するために転職することがあります。

あらゆる経験をすると決めた生前の取り決め、自分への誓いによるものかもしれませんし、過去のカルマにて自分が人を不当に解雇したり、仕事にて悪行をした解消のためかもしれません。

カルマに恐れる必要は一切ありません。起きることを受け入れて、仕事場での悩みがあれば悩むことに意味があります。

辛ければ辛いと思うことが重要で、起きる現実に拒否せず、そのままを認めると自然とカルマは解かれていきます。

人それぞれになにかしら意味をもたらします。

※転職を繰り返すスピリチュアルな話は、転職を繰り返す人の心理とスピリチュアル│エネルギーの使い方を変える をご覧ください。

 

転職のスピリチュアルな理解 まとめ

転職するかどうかの見極めに大切なことは、現状を否定したいか、打破にて変化したいかです。

不満を解消したいか、違和感を解消したいか。

嫌なことをなくしたいか、喜びをより自分に与えたいか。

自ら喜びを作りたいか否かが、転職するタイミングを違和感として教え、変化を決める時となります。

転職の意志決定に大切なのは、否定有無、違和感有無、喜びを自ら作る意志の有無です。

違和感があっても、「辞めたい、転職したい」と思っていなければ、今の仕事を続けることに意味があります。

どんな感覚があっても、「転職したい」と思っているか否かの真意が大切です。

[否定の認識+感覚+真意]が合わさると、転職を良きものとなります。

真意には自分をもっと喜ばしたいかどうか。不満をなくしたい恐怖への認識ではなく、「楽しみ喜び満足したい」と自分を発揮して楽しみたい気持ちがあるかどうかです。

仕事にどのように取り組み、認識するかは、如何に自分を喜ばすために環境を活用するか。

現状に悩みや違和感があれば変化をもたらすことが重要ですので、転職をぜひ楽しまれてください。

ワクワクしたりドキドキしたり、不安も混ざりながら、楽しみや喜びの気持ちが強いかどうか、ゾクゾクは恐怖ではなく興奮からの高揚感かどうか。

そんな気持ちが適職や天職に誘う意識を生み出します。

転職の兆候を見ながら、転職有無を決める一助となれば幸いです。

それでは、転職のスピリチュアルなお話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

自己理解を深めて悩みを解決する個別相談。心理セラピストとのセッション。心理セラピストになる養成。
やる気を見出し、悩みを解決し、使命を得る機会があります。
現状打破と今後の飛躍。人生を変える選択の一つにされてください。

※あらゆる知恵の詳細。無料プレゼントのお受け取りはこちらからどうぞ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です