変人とは

普通の人とは覚悟を決めた強い意思│類まれな努力を作る特徴と人間性

普通の人とは特別です。みんなと同じである意味から、みんなと同じような人が普通の人かと思いきや、全く違う真相があります。

私達は普通も普通じゃないも前提にはない、「自分」であることから、とても厳しい過去と難しい生き方を経て、普通の人としての人生を手に入れることができます。

そこには類まれな努力と頑張りがあり、忍耐と決意による、“確固たる自分のなさ”が堂々とあります。

普通の人とは何者なのかを知ると判明する、いえ、“判明してしまう事実”をここではお伝えします。

普通の人の特徴と在り方である人間性は心理と真相を全て表します。すると、普通の人でも、普通じゃない人でもない存在が見出され、普通の人の真実がさらにわかりやすくなります。

普通の人とは努力による才能です。普通じゃない人とは自分を隠さない意志です。

それ以外の人とは何者か?

そんな真相がわかる、普通の人の紐解きをご覧ください。

普通の人の特徴

初めに普通の人の特徴をご覧ください。どんな人なのかがわかりやすくなると思います。

 

普通の人の特徴9選

1、困らない人生を持つ

普通の人は生きる上で、他者との共存、社会性のある認識、生活環境、自分としての在り方が困らない道を歩みます。

それは、お金、人間関係、時間の使い方を主体にした人生で、お金もあり、人間関係も良好で、趣味や大切な人との過ごし方があり、何不自由なく暮らします。

病気になれば病院に行けて、結婚式にはたくさんの友人を招き、休日には恋人や家族と旅行をして、保険を組み、年金への保障がありと、社会環境をフルに活用できる基盤を持ちます。

そのため、「困ったなぁ、どうしよう」という状態がありません。

 

2、完全なる安泰を持つ

困らないことは安泰を意味します。そして、普通の人は“完全なる安泰”を持ちます。

安泰とは恐怖を感じずに安心感を持ち、安全で危険のない状態のことです。

社会制度やお金によるバックアップを受けられる状態で、突然何かが起きても対処できます。さらに、人間関係にて恐怖心を感じるような深刻な悩みや、自分の中での不調和や違和感がなく、生活も自分も安泰の中心点に身を置きます。

社会性の安泰は特に“お金”が主となるので、平均年収を常に上回り、安定した仕事を持ち、対人では否定や非難をされず、認められて褒められる人です。

 

3、社会の常識とルールの認識をするプロ

普通の人は記憶力があり、さまざまな社会的な知識をインプットします。

常識やルールに忠実で、多くの情報を記憶して、さまざまな環境で適応できる人間性を持ちます。

安泰を持つために、環境によって恐怖や危険のない状態を自らのために作る生き方があり、結婚をするために平均年収以上を稼ぎ、タバコを好まない常識があればタバコを吸わず、お酒を好まない常識があればたしなむ程度になり、不健康な肉体を批判する常識があれば適度な運動をして健康を維持します。

それらの行動と思考をする基盤に、社会の常識とルールを叩きこんでいるために、その時その時の環境や状況に合わせた対応や認識をすることができ、人に批判されたり非難されることでの恐怖がなく、褒められ認められることでの安心感がある安泰確保の基盤能力です。

 

4、環境適応への努力が半端ない

普通の人は環境適応能力が高いです。しかし、これは能力ではなく努力の賜物です。

社会性は国として、地域として、県として、市として、仕事柄、年代、性別など、さまざまに場所や環境によって変わります。

その際には、普通の定義が変わりますが、普通の人は環境が変われど適応して、常に安泰を手にする力を持ちます。

そのための努力があり、常識やルールをインプットする記憶力や、周囲に合わせる順応に従順性を持ち、自分勝手やわがままにならずに、他者を気にかけ続ける忍耐を貫きます。

常に安泰を手に入れるために情報収集を欠かさず、Facebook、LINE、ネット情報に新聞は欠かしません。

 

5、空気の読み方が半端ない

普通の人は周囲の変化に対して察知する能力が長けています。

自分の意見や在り方を瞬時に変えられます。すると、安泰です。出ました。

自分が非難や否定や批判をされない、さらに、褒められ認められ愛される。
そんな、陰と陽を両方カバーする自分の在り方を作るために空気を読むので、「目的は安泰のため」と明確です。

そして、「そうそう、さすが、わからなくない」という周囲の評価を得られる意見や在り方をその場その場で作りながら、周囲の反応や変化や人間性を読みまくります。

例えば、普段はタバコを吸っています。しかし、合コンに参加する際、お店の雰囲気とその場にいるメンバーの情報を読み取り、タバコを吸うか吸わないか、「吸う人嫌い」と言っておきながら、吸う時の場所の配慮や一言伝えて席を外す敬いが好きなことなどを読み取り、「あの人良いね、悪くない」と評価されるど真ん中を射抜きます。

 

6、嘘を嘘だと思わない認識術を持つ

普通の人の大きな特徴となるのが、「私は嘘をついている」と、自分にとって負の行動や思考を自覚しない対処法を持っていることです。
※負とは安泰に繋がらないこと

自分の行動や思考、意見や在り方が場所や環境によって変わるので、自分に対して嘘をつくことになります。

しかし、嘘を嘘だと思わず、嘘を指摘されても誤魔化しやなかったことにできます。

単純になかったことにするのではなく、それをしても心地悪さや違和感を感じることのない術を持ちます、まるで記憶喪失かの如く。

人間の内面を観察する人には、サイコパスに見られることもありますが、実際にサイコパスではありません。

 

7、優しいと思われる

普通の人は全員に対して優しい特徴があります。

しかし、その際も優しくする対象は常識とルールの社会性を踏まえた上で、恐怖なし、安心ありの安泰を基準にして、総合的に判断した際に優しくなる在り方を作ります。

なので、関わる年代が60歳代男性で、優しくすることで、「なんじゃお前、しゃきっとせい」という人ばかりの環境であれば、優しくしません。

「優しい人ステキー」と言う人の環境であれば、誰にでも優しくできます。

また、優しくする理由は敬いや尊重ではなく、自分のための行為なので、八方美人や他人に興味がない人に見られることもあります。

 

8、尽くす

普通の人は優しい上に尽くします。

人と一緒にいることが好きで、一人でいることは家以外と、社会的に安泰の得られない場所ではほとんどありません。

例えば、本屋であれば一人でいても大丈夫です。しかし、焼き肉屋に一人では安泰がないので誰かと一緒にしか行きません。

人を求める特徴があり、寂しい状態はとにかくNGです。
その人間性から、社会的に「大切だ」とルールのある、“家族”、“パートナー”、“友人”などには特に尽くし、関わる人によって振り回される傾向もあります。

 

9、自分がいない

言わずもがなかもしれませんが、最も大きな特徴が、自分がない空虚であることです。

しかし、普通の人は自分がいないことを気にしないので、自分を見失ったり、探すようなことはせず、生き方がネガティブだけに偏ることはありません。

生活としての安泰があるので、自分がいないことで困ることはなく、自分がいないと自覚しない術があるので、深刻に悩むことのない対処をバッチリして抜け目ありません。

さらに、周囲の関わる人は同じ波長の人になる引き寄せや鏡の法則が、脳の認知やスピリチュアルな波動概念にて起きるので、自分がいないことを気にする周囲の影響もありません。

以上が、普通の人の特徴です。

 

普通の人とは

これまでの内容を基に普通の人とは何者なのかを詳しく紐解いていきます。

 

普通の人とは

普通の人には、限られた極僅かな人しかなれません。

海外のさまざまな国々のように、自分の意見や意志を持つのが当たり前の環境であれば、普通の人になることはできません。しかし、日本では普通の人になる環境基盤が社会性としてあります。

普通とは、“ありふれている”“珍しくない”という意味でして、“みんなと同じ”という解釈ができます。

それは、「どこにでもいる大多数」ということではなく、「みんなと同じになれる」という意味で、自分をいくらでも変えられる人のことです。

普通の人とは、どこにでもいるみんなと同じ人

普通の人とは、どこにでもいるみんなと同じ人になれる人

普通の人とは : 環境によって自分を“みんなと同じ”に変えられる人

普通の人は自分がないように見られます。

実際、完全にないのですが、ないことが特徴でして、環境が違えど適応する人間に変われる能力と言うことができます。

普通の人とは何者かを紐解く大きなポイントとして、“能力”があります。

 

普通の人の能力

普通の人が環境によって自分を作り変えられるのは、努力の賜物です。

そして、努力によって常識やルールをインプットする記憶力を持ちます。

さらに、記憶力を基にして、社会の安泰を完全に得られるように、社会性にて示された生きる道を歩む覚悟があり、自分に嘘をついても気にならないようにできる決意があります。

まとめると、こんな感じです。

普通の人の能力
  1. 自分を作って生き続ける努力
  2. 常識やルールをインプットする記憶力
  3. 環境によって自分を変える柔軟性と適応力
  4. 我慢に耐えて努力を続ける献身性と忍耐力
  5. 安泰を求める確固たる従順性
  6. 自分を偽ることを自覚しない自己撲滅意識

※普通の人の人生の詳細は、普通の人生とは幸せと不幸せ|両方味わえるつまらなく羨ましい生き方 をご覧ください。

普通の人生とは幸せと不幸せ|両方味わえるつまらなく羨ましい生き方普通の人生には両面からの見方があり、良くも悪くも不思議な魅力を持つ生き方となります。 そのために、幸せと不幸せが混在し、つまらない...

 

脳の記憶力を武器にして自分の意思を貫く人生

普通の人の大きな特徴となる“自分がいない”状態は、普通であれば自覚してしまいます。

しかし、それを完全に自覚しないための覚悟と決意を持つのが普通の人です。

それは自分の“意志”ではなく、安泰を求めることへの強い“意思”があります。

  • 意志は心からの真意
  • 意思は脳からの思考

心はないけど脳がすっごい発達しているという状態。

常識を基にして、環境毎に自分の意見や在り方が変わることは、場所場所、時間時間で自分が変わることです。

それができる努力の動機として、“恐怖なし、安心あり”の安泰を欲する強い脳の意思があり、根底には自分がいないことを守りぬくための防衛意識として、命を懸けるほどの強い動機があります。

脳を主体にして意思を貫くことで、自分の利益となる安泰を求めて努力を欠かさない人生となり、完全なる安泰を得た時に普通の人となります。

 

普通の人とは否定されることを対処する在り方

「どうしてそんなに安泰を求めるのか?」という疑問があるかもしれません。

普通の人は自分がいない状態で、努力による能力にて自分を変えることができます。

そこに、少しでも自分の真意と本心となる意志があれば、どこかに引っ掛かりを感じるので、嘘をついたことを自覚しないことは不可能になります。

自分で自分がいないことを認識することは、自分で自分を否定することになってしまい、それは生きる意味や存在理由を失くす行為になります。

それを対処するために完全に自分をなくし、敷かれたレールの上を歩き、他人が言ったようにして、他人に自分を否定されるようなことをなくし、他人で自分を見出せるように認めてもらう肯定や褒められる状態を作り、必要とされる在り方を作ります。

普通の人は自分がいなくなる過去があり、自分を取り戻すのではなく、新たに作る決意をした人
※自分で自分を見出さない決意を固くすることで、他人と区別したり比較することで自分を見出す方法をとる
※そのために自分の心は使用せず、脳によって思考的に自分を見出す
※自分がいるとかいないとかを考えないほど自分がいなくなる過去がある人もいる

実際に、世の中の多くの人はこのように生きているかもしれません。

私は完全にそうでしたが、他人と比べたりすることで自分の存在価値を作り、承認欲求を満たして、生きている意味をどこかに見つけようとします。

普通の人が求める“安泰”は、“否定されない”という意味でして、新しい自分として気楽に生きられる道となる“恐怖なし、安心あり”がある、生きる上で重大な社会性です。

  • 安泰によって、否定されない利益が得られる

安泰を完全に得ることで否定される恐れがなくなるため、「自分がない」とかそんなことは戯言になり、大きな問題ではありません。

周囲の親や教師の言うことに従い、テレビや雑誌の情報を信じ、学歴のために必死に勉強して、ストレスを溜めながら就職して、上司にこびへつらいながら昇進して、保険もかけて、家族を持ち、子供も生まれて、普通と言われる生活を作りながら休日には家族旅行をして、という具合に、社会の見本のような、教科書のような栄光を掴んだ人が普通の人になれます。

そのため、普通の人になることはとてつもなく難しいことで、一握りだけです。

※普通の人生がとても難しい話は、普通に生きるのは超能力的に難しい|変人どころの騒ぎではない生き方 をご覧ください。

普通に生きるのは超能力的に難しい|変人どころの騒ぎではない生き方ここ日本に居る人々の能力の高さを物語る言葉が、「普通に生きる」です。 普通に生きることの“普通”とは、統計上最も多くの人が、「うん...

 

普通じゃないけど普通の人でもない人

普通の人には大きな決意があり、努力を重ね続けることで得られる在り方と人生がありますが、なりたくてもなれない人もいます。

同時に、そんなもんになりたいとも思わない人もいます。

普通じゃない人とは

普通じゃない人とは、普通の人と真逆だと思ってください。

それは安泰の面ではなく、自分を明確に認識して、自分の意志を基に生きている人のことです。

普通じゃない人とは : 自分を持ち、自分の意志に従って生きている人
※全ては自分を主観にして、自分の目で頭で心で認識して物事を決める

自分が完全に人生の主体で、良いか悪いかは他人が決めることではなく自分で決めます。

就職活動で、「大学はどこにするの?」と教師に聞かれれば、「いえ、先生、私は明日からパチスロで生きていきます」と言ったり、「先生、私は森にこもって自分を見つめなおそうと思います」とか、「なんだか虫になって絵を描きたい気分なので、2年くらいありのままに自然体になってみようと思います」と言い出します。

普通じゃない人には同じ生き方や人間性の在り方は存在せず、人それぞれに千差万別に意見を持ち、人生を歩みます。

少し常識やルールとは外れるために、社会性を重んじる頑固者で、攻撃性を持つ非平和主義者に排他されることがあり、「生きにくっ」と感じる人もいて、普通じゃない人が普通に生きようとすると結構な矛盾を自ら作るので確実に苦しくて辛くなります。

しかし、自分が常に主体なので、他に何を言われても気にすることではなく、好きなように自分で“安泰”としての“幸せ”を作ります。

  • 普通じゃない人の安泰とは、喜びに溢れて幸せであること。

普通じゃない人の最も大きな特徴は自分を持っていることですが、生き方の中心にあるのは、“自分の喜び”を求める人生です。

※普通じゃない人の詳しい話は、普通じゃない人に辛さと喜びの人生│自分の意志が強いと弱くなる をご覧ください。

普通じゃない人に辛さと喜びの人生│自分の意志が強いと弱くなる「普通になりたいなぁ、フンフフーン♪」と枝をシュンシュンしながら歩いていました。 突然現れたのは、ヤベーやつか、怖い人か。いえ、普...

 

普通でも普通じゃないでもどちらでもない人

最後に残ったのが、普通の人になれず、普通じゃない人になる気もない人です。

どちらでもない人には明確な特徴があり、攻撃的で排他的です。ヤベーやつです。

普通の人を知ることで、“どちらでもない存在”が浮き彫りになり、真相として現れます。

ここから先は見たくない人は見ない方がいいと思います。

 

どちらでもない普通被りとは

普通被りは帽子を被り、グラサンをして、メキシコ辺りのホテルで、「ドライヤーないとか意味わかんない」と吠えています。

普通になりたかったんです。でも、慣れませんでした。実は私も元普通被りです。途中で気付いて、全部プイッて放り投げてきました。

常識やルールを適応させます。しかし、完全に自分がいない訳ではなく、新しく自分を作る決意をした訳でもなく、普通じゃないとも思っていない、むしろ、「普通じゃないなんてありえない」と思っています。

なんと普通被り、自分のことを普通の人だと思っています。

普通被りとは : 普通の人になれなかったが、自分のことを普通の人だと思い込み、普通じゃないと思われないようにしている人
※自分を見出せず、周囲と違うことを恐れて自分を出さず、自分を作ろうともしない

「いや、もう何者やねーん」という感じです。

あれもしない、これもしない、あれは嫌だ、これも嫌だ、なんなんやねーん、と。

何者でもなく自分もいない、作るわけでもないために、既に存在する誰かになろうとして、「いえいえ、私はもちろん普通の人です」という顔をします。

どどど、どこがやねーん、と。

しかし、自分をどう思おうが自由です。何も認めないことも、思い込むことも生きる上では非常に大切な生きる術でもあります。

ただ、一つ問題があります。

普通被れの人、普通じゃない人を攻撃して排他します。いじめっ子に多いです。けしからんです。

 

普通被れは攻撃的だから近寄らない

これは仕方のないことなのです。

自分がいないのにいないと認めない。自分を出したくても否定されるのを恐れて出さない。

すると、自分に嘘を毎回ついていることを自覚します。自覚してしまうと、心地悪いです。

「私は私を誤魔化している」「私は自分を否定して、相手を否定している」と理解してしまうので、いたたまれなくなります。

そのために、エゴを増やします。愛の反対となる認識をして、自分を認めてもらうため、褒めてもらうため、愛してもらうため、必要としてもらうため、捨てられないため、評価してもらうため、とにかく自分を見出す材料が必要になります。

そこで普通の人は努力をし続けました。すると手に入るのが否定されない=自分を他人で明確に見出せる対処(安泰)となります。

しかし、普通被れは欲するだけになり、求め続けることで他人に依存して執着します。自分でつかみ取る決意なく、誰かにすがって貰おうとします。

自分を見出す材料が必要になり、生きるのが大変になり、よりエゴを増やして他人を馬鹿にしたり、蔑むことで自分を持ち上げて評価します。

その際には攻撃です。エネルギーを奪い、文句を言い、愚痴に泣き言、否定に批判に非難、生き血を吸うように弱者を見つけて、グワァオと、ボロボロの爪を立てて襲います。

普通じゃない人が普通になろうとすると、自分の軸がなくなり弱い状態になります。

そこを狙うのが普通被れですので、普通じゃない人をターゲットにして、ゼーゼー言って生きています。

普通被れは普通の人には攻撃できない。神様のように崇め奉る。道を通る時には土下座をして、通り過ぎるのを待つ。
居る世界が違くなり、普通の人は相手にしない。

普通じゃない人は離れた方が良い。攻撃性を持って周囲から求め続ける人は、人のものを欲するおしりかじり虫。

 

普通の人の人生

以上が、普通の人、普通じゃない人、そして普通被れの人の紹介でした。

普通被れの人がいることで、普通の人がわかりやすくなると思います。

言いたいこと言っていますが、誰しもが自分であることに変わりありませんので、直ぐにでも自分で自分を認識して、どんな人でもなりたいようになれるのが私達人間です。

それを考えると、普通の人がどれほど能力が高いかがわかります。

生まれた時には誰しもが自分で自分を認識する意識を持ちます。そのため、普通の人には自分が消えていく過程が過去にありました。

その際に、押し付けや強制や嘘をつかれることは否定をされる意味なので、自分を見失っていきます。

「ああしなさい」「こうしなさい」と言われる度に、普通であれば、「うるせぇ、このやろう!」となります。

「○○ちゃんはいい子だねぇ、何でもできるねぇ、じゃあ、パパみたいな生き方がいいねぇ、うん、そうだよね、○○ちゃんはいい子だもんねぇ」と言われれば、「この嘘つきのブタ野郎が」と言うのは冗談ですが、何も疑問に思わず、「うん、うん、そうする」となります。

純粋であるが故に、自分らしさを消していきます。

  • 自分として肉体と脳と心がある以上、自分の意志を消すことはとんでもなく難しいことで、それを少しでも、本当に少しでもできないのが普通じゃない人。
  • 自分の意志を消せるのが普通の人であり、新しい自分を作る強い思考による意思を持つ。

 

普通の人にとっての利益がある

否定されない状況を作るのか、喜びを作るのかの違いが、普通と普通じゃないことの違いにはあり、ネガティブな利益でもポジティブな利益でも、どちらも利益であることには変わりありません。

  • 普通の人は、否定をされずに自分を見出し、自分を見失わない安心を得る利益がある
  • 普通じゃない人は、自分を消さず、自ら喜びを作る利益がある。

普通の人は社会性を大いに活用して、脳の武器を基にした常識とルールの中で自由に生きる道が広がり、最終的には自分自身で道を作る人生に繋がります。

その際には、社会的なバックアップの付いた完全なる安泰があり、気楽に生きられるのが普通の人です。

人生の途中で何を思うかなんて関係ありません。

「自分って一体何者?」
「人生って何なんだ?」
「愛って何なんだ?」

そんなことをプイッです、考える必要はありません。
必要であれば、どこぞの哲学書にでも書いてあることを知識にして自分の意見のようにできるのが普通の人の能力です。

あらゆる知識は自分のものになり、社会性という空間を明確にすることで、その中で誇りを持って、自尊を持って、頭豊かにお金を増やし費やします。

そんな最高な安泰に見守られる状態を自ら得ることができた人が、普通の人の磨き抜かれた在り方です。

※普通の人になりたい話は、普通の人になりたい気持ちに真意がある|特徴と心理からわかる心の奥 をご覧ください。

普通の人になりたい心理|普通の解釈が違う願望の真相と大切な人間性普通であることから平凡な人となり、ミーハーと呼ばれ、大衆となり、ポップな人となり、普通の人になります。 そんな普通の人になりたいと...

 

普通の人とは まとめ

普通の人になることは決意と能力があり、そのためには努力という類まれな才能があります。

努力を続ける動機に、「否定をされないため」「恐怖を味わわない生き方をするため」「生きている意味を見失うことが絶対にないようにするため」という強く自分を守ろうとする意識があります。

それは自分を敬い、生存することを望む意志です。
普通の人には本当はとても大きな意志があり、自分を敬う気持ちがあります。

自分を否定される経験が多ければ多いほどに、自分はいなくなります。完全になくなることで生きることができなくなるので、自分を消して作る防衛意識が働きます。

自分を敬う気持ちが強ければ強いほどに、自分を守るために自分を消す矛盾となりますが、それが周囲から傷を負わないための対処と生きる術になり、本人にとっては矛盾ではありません。

その際に、被害者意識を持ち、責任を他に押し付け、自分で人生を作らない状態となることで普通被れとなりますが、普通の人は大きな責任を持ち、ストレスとも戦います。

社会性に従いながら安泰を求めるのではなく、自ら手に入れるために行動して思考して生きます。

そんな強い人が普通の人であり、真実の姿として仮面を被りながら堂々と生きています。

そんな普通の人は、一番普通じゃないかもしれませんね。

それでは、普通の人とは何者かの話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

奇妙だけど核を突く人生物語の本

人生が始まるストーリーを電子書籍にて販売中!

少しばかしおかしな人間なもので…少しばかしおかしな経験をしました。

自分を探し出すまでの軌跡を綴った自伝を書き綴り、電子書籍にしました。

アラスカの森で起きた、私自身が奇人となるまでの変貌ストーリーです。

一風変わった刺激物として、ふざけた人生を大真面目にお伝えしています。

楽しく読める内容となっている実話ですので、ぜひご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です