体験

メキシコのペヨーテを食べる体験談|砂漠にサボテンなぎ倒す救急車

メキシコはサボテンの国。

大きな砂漠地帯のメキシコ北部には、至るところに生えています。

その中に神聖なサボテンがあります。

名を「ペヨーテ」

不思議な力を持ち、インディアンの儀式に使用され、国からも守られている大切な存在。

ペヨーテを探し求める旅は、不思議なことが起きる波乱の連続でした。

サボテン一つを探し出すのに、馬は出て来るは犬は出て来るは、刺さるは暴れるは、仕舞には砂漠に救急車。

そんなペヨーテを食べる体験談、不思議を味わう旅物語をお楽しみください。

変な本を売っております。

自己理解をギュッとした本(電子書籍)
※ふざけた人生哲学『幸せはムニュムニュムニュ』

ペヨーテを食べる体験談

ペヨーテとは

メキシコには古くから先住民のインディアン(ウィチョール族)が儀式に使用するサボテンがあります。

今では領土や国境の問題で、ネイティブアメリカンとメキシコ北部のインディアンは分かれてしまいましたが、元々は同じ国に同士の先住民。今現在も共にサボテンを使用しています。

神聖なサボテン「ペヨーテ」

ペヨーテには幻覚作用があり、メキシコ北部の州と、アメリカ南部の州にのみ生息します。

メキシコでは州からの持ち出しを厳しく取り締まる法律があるほどに、現地のインディアン、如いてはメキシコにとって重要で大切なサボテンとされています。

インディアンのウィチョール族が儀式としてペヨーテを使っていることで知られており、毎年ペヨーテを探し求めて、砂漠を何日も歩き続けた末の儀式も執り行われています。
※ペヨーテ wikipedia

 

ペヨーテを探すきっかけ

私がメキシコを旅していたのは、2018年2月。

遡ること約半年前の2017年9月、私は南米はボリビアの山奥の村にいました。

村で私は一週間の断食をしており、断食四日目の夜、月明かりで照らされた外は青く紺色の世界でした。

夜中に起き、トイレに行こうと外に出た私の目に留まったのは一本のサボテン。種類はサンペドロ。

突然、私はこのサボテンに話し掛けられます、「私を食べて」と。
※詳細は、【植物や石と話す方法】この世は不思議に満ちたスピリチュアル をどうぞ。

翌朝、その旨を宿泊場オーナーのおじいちゃんに伝えると、キラリと目の色を変えて私を秘密の部屋に案内してくれました。

そこで行われているのは、サンペドロを使用した儀式。

誘っていただきますが、「今このタイミングではない」と感じた私は誘いを断ります。

すると、おじいちゃんは一枚のメモ書きを私に授けます。

Mexico peyote San Luiz Potosi Real de Catorce

と書かれた暗号です。

話は戻って2018年2月。

私はメキシコ人の友人エディ(男)&ルーシー(女)と共に、メキシコ サンルイスポトシ州 レアルデカトルセにいます。

おじいちゃんをメッセンジャーとして導かれた土地に立ち、私は目的のサボテンペヨーテを探します。

ボリビアのサボテン「サンペドロ」によって開かれた旅の道、ボリビアからメキシコまでのサボテン橋渡しを受けた私は、「ペヨーテを何としてでも手に入れる!」と意気込んでいます。

 

レアルデカトルセ(Real de Catorce)

山道を車で走り続け、トンネルを抜けた場所にある閉ざされた砂漠地帯の町、レアルデカトルセ。

人の肌は砂漠地帯特有の色黒、民族衣装と笑顔の素敵な人々が暮らしています。

町の色は黄土色のみというシンプルな外観が広がり、土で作った家に石畳の道が広がり、移動は馬が主、観光地化されており、レストランやホテルも点在する町です。

「レアルデカトルセから馬で砂漠を歩きわたり、砂漠でペヨーテを見つける」と現地の人に教えてもらい、馬を持っている人を訪ねて周り、運良く道端で知り合った人の家族を紹介してもらいます。

 

砂漠のペヨーテ探し

早朝にレアルデカトルセの町を出発する我々三人と、馬の持ち主のメキシコ人男性。

馬の持ち主はペヨーテの地までガイドをしてくれるということで、彼を先導に一人一頭の馬に乗って出発です。

私にとって人生で初めての乗馬。

私には夢がありました。
「馬と一体となり颯爽と馬の足音を立てながら風と一緒になる」

何度イメージトレーニングしてきたことか。
馬と一緒に走るための乗り方は、脳が知っていると思い込んでいる私に、ガイドが教えてくれたのはとてもシンプルでした。

「はい、このロープを右に引くと、馬は右に行く。左に引くと?そう、左に行く」
「よし、じゃあ行こう!Vamos vamos」

やっぱりメキシコのノリは気楽で最高です。

馬はとても大きく、ずいぶんと揺れる馬の背中は高く、乗り上がると目の高さは3mほど。急にパカラパカラっと走り出すと、一様に「ワァー」とか「キャー」と言う我々は、楽しみながらの移動です。

そして、歩いたり走ったりと忙しない馬と共に、三時間ほどで目的地に到着。

ガイドが、「この辺りでペヨーテは生息している。それじゃあそれぞれ見つけてくれ」と言い、馬を降りてペヨーテ探しが始まります。

自力で探すのですが場所は砂漠ど真ん中、辺りを見渡すとサボテンだらけ。

みなさん、メキシコの砂漠はサボテンと砂のみです。

多種多様なサボテンが生え、動けば確実に刺さるという確実性があり、どこを歩いても刺さるので痛くて仕方ありません。

この地に来る前、ペヨーテに関する情報をあるメキシコ人から聞いていました。

一緒に来たルーシーの友人で、彼女は定期的にペヨーテを摂取しにこの土地へ来ている常連。彼女はペヨーテに関して、あることを教えてくれていました。

ペヨーテ探しのポイント、「自分で見つけることがとにかく重要」

「ペヨーテは我々が探すのではなく、ペヨーテが我々を探しだす」と彼女は教えます。

要点をまとめます。

  • ペヨーテは育つのに約30年以上かかるので、根本から採ってはいけない
  • 再び育つように採る必要があるので、慎重に根本の上側から採る
  • ペヨーテは土の中に埋まっているので、視覚的に見ても地上からはわからない
  • 丸くてかわいいのが特徴

メキシコではとても大切で貴重な存在なので、採取には慎重で細心の注意を図る必要があります。
※もし探される際はご留意ください

視覚的に探しても見つからないので、私はペヨーテ探しが始まっても探しませんでした。

ただブラブラと棘に刺されながら、鼻歌を歌って歩く、フンフフン。

歩いているだけですが、私の五感と第六感はフルで感覚を研ぎ澄ましています。

これは私の得意技で、「歩いていながら感じまくってます」スタイルです。

 

ペヨーテのガイド

ボケーとしながら歩いていると、フッと顔が向き、何かを周辺から感じます。

感じた辺りを視覚的に探し出すと、ありました!

見つけたのは直径10㎝の大きなペヨーテ、慎重に根元を取らないように採取完了。

ガイド曰く、直径5㎝あれば“大きいペヨーテ”になるようで、10㎝は特大メガトン級です。

満足しましたが、「もう一つ欲しい」と誠実な欲望が現れ、私は再度ボケーっと歩き続けます。

しかし、それ以上は見つからず、ガイドや友人達の微かな声が聞こえます。
「おーい、どこいったーー!」「帰るよぉーーー!」

声の遠さに、自分が随分と遠く離れていることに気づきます。

「絶対にもう一つ見つけたい」と全身全霊をかけて、ボケーに集中します。

すると、突然どこから現れたのか一匹の白い犬が目の前にいます。。。

何もないへんぴな砂漠地、辺りに家などありませんが、綺麗な犬がいる、ワン。

「どこから現れたの?!」と驚く私ですが、白犬は何かを案内し始めます。

まるで、「こっちに来るんだ」と言うように、私を見てから歩いて動き出し、ちゃんと付いて来ているかを振り返り確認してきます。

少し歩いたところで白犬は止まります。

何もない土の上、大きな棘のあるサボテンの脇に鼻をやり、私を見る白い犬。

「ここ掘れチョンチョン」と言われているとしか思えず、いざ掘ってみると。

なんと化け物のようなどデカいペヨーテが現れます。

慎重にペヨーテを採って手に乗せると、手からはみ出る程の大きさで直径15㎝はあるモンスターペヨーテでした。

視界を犬に戻すと、はいでました、いません。

幻か妖精かメッセンジャーか。ただ感謝のみが残り、友人とガイドの元へ走って戻った私でした。

ペヨーテには本当にガイドがいるのかもしれません。

 

ペヨーテを食べる

「ペヨーテを食べると三十分後くらいに幻覚の効果が出始める」「帰りの馬に乗っている際に、幻覚を観始めるだろう」と教えてくれたガイド。

ペヨーテの効果がどんなものかを楽しみにしながら、我々はペヨーテを食べます。

ルーシーは一口食べて、あまりの不味さに顔をしわくちゃにして嫌悪感、拒否して食べません。

「うわっ!こんなもの食べられない!口に入れるのも無理!」

エディは頑張ります。もの凄く頑張っているのが手に取ってわかる顔をして食べています。

そして真顔、飲み込むことのみに集中しているが、喉が拒否しているようで、真顔のまま地面一点を集中して見続け、放心状態です。

二人の様子はペヨーテを口に入れて直ぐにわかりました。

あまりの不味さに喉も拒否をするが、口内に滞在させておくことを口が拒否するほどの不味さ。

しかし、儀式マニアの私はこれが動力。

ペヨーテの効果を知るためにあえて歯で砕き、とにかく不味い味を抽出できる限り出して食べます。

ただ、味わってしまうと体が一瞬で吐き出そうとするので、味合わないように噛み続け、食べたいが喉が飲んでくれないという状況に。

すると隣のエディが、「オロロロロロ!ヴゥエアァオ!」とガッチャンガッチャン猛烈に吐き出します。

「あの真顔からメッチャ吐くなぁ」と思うと笑ってしまう。笑って少しでも気を緩めると味わい吐くことになるので、我に集中しますがデカ過ぎる。食べども食べども減っていきません。

自分との闘い、ペヨーテとの闘い。

吐いてしまうと幻覚も効果もなくなってしまうので、「絶対に吐かない!」と自分に言い聞かせ、何とか口に納めて飲み込んでいきます。

何とか飲み込めたと思ったら、そこにはルーシーとエディの食べ残しが。

“ペヨーテを知りたい欲”がある私は、もちろん食べます。

「よう、いつでも吐けるぜ」と体から言われている。

しかし、絶対に何があろうが吐くわけにはいかず、何としても阻止する気持ちで一杯。

真っ直ぐに立つこともできない、最早空気を吸ったら吐いてしまう状況ですが、なんとかやりきりました。

完全にエフェクトを得る準備が完了。

 

砂漠で暴れる馬とペヨーテ

ペヨーテを食べることに成功し、残りは馬で行きと同じ砂漠と山道を三時間かけて戻るのみです。

ガイドが、「それじゃ馬に乗って」と言い、我々はそれぞれ馬に乗ります。

その時、石にくくっていたガイドの馬の紐が解けており、ガイドの馬は遠くに行ってしまい、ガイドが走って追いかけに行きます。

我々三人はその場にポツーン。

ガイドが馬を追いかけるのを見守っていた次の瞬間でした。

明らかにソワソワし始めた馬達が、「ヒヒーン!!」

ルーシーの馬が前脚を高く上に挙げて暴れ始めます!

続いてエディの馬も私の馬も暴れ始めます!

ルーシーの馬は前脚を地面に戻すや否やダッシュ!

続いて私の馬がルーシーの馬を追い、その後ろにエディの馬が走ります!

暴走です!

パカラッパカラッと全速力でどこかへ向かう馬と我々。

私は馬のスタートダッシュで体が後方へのけ反り、右手のみ鞍(くら)を掴み、体は左後方へ。体は馬の横っ腹に付き、左脚は地面に着くような状態でほぼ落ちています。

「このやろう!落ちるかぁああ!!!!」と、狂い走る馬の横っ腹で気合を入れまくり、体を鞍に戻します。

「このやろう!」という気持ちは、「ペヨーテ吐いちゃうだろうが!!!」という思いのみからの発言。

馬の背中に乗り直すことに成功した時、これまで催していた吐き気がなくなり、苦しみから解き放たれて気分爽快になります。

しかし、目の前を走っているルーシーがパニックになっているのが前方に見えます。

馬は完全に我を失っており、道のないサボテンや石の上を走り、ジャンプしての障害物レース状態。

馬がジャンプした時の反動でルーシーの体が左側へずれ、次の瞬間、全速力の馬の揺れでルーシーは背中から投げ飛ばされます!

「ズザザザアアアアアァァァ!!!」と、砂煙と共に地面の煙の中に消えていくルーシー。

「あぁ!!ルーシー!!!」と叫びながらも、必死に馬に掴んでいる私とエディ。
ルーシーがいるであろう砂煙の中を、疾風の如く駆け抜けていく私達と馬達。

 

夢が叶う

落馬したルーシーを後ろに、私もエディも馬をどうすることもできず滑走と暴走の狭間を疾走。

馬がどこに行くかわからない、どのようにこの全速力の中操るべきかわからない。

私はただ落ちないように必死に馬にしがみついていました。

しかし、初めに落とされそうになったことで怖れがなくなり、馬の振動が強烈であるが故に自然と腰が上がり、振動の吸収方法を理解します。

馬の操り方はわからないが、腰を上げて馬と共に振動を吸収する感覚がわかった時、私は馬と一体になっている感覚を味わいます。

「ただ全力で走る私」

人間であることを忘れたかのように、自分を馬だと思っている私。

風を切る感覚が心地良く、まるで馬の気持ちがわかるように一体、一緒に走っている感覚。

「どんどん速くなれ」と私の想いが通じたかのように、まだまだ速度を上げる馬はサボテンを幾つも飛び超えていきます。

飛び跳ねようがジャンプしようが変わりはない、ただ前だけを見て風を切り颯爽と疾走する人間と馬は、もう一体化済み。

私は最高な気持ちの中にいました。

夢が叶った瞬間であり、夢を叶えている大切な時間。

「馬と一体となり、馬の足音を立てながら風と一緒になった」

これは幻覚ではなく現実の中、幸福感に包まれていく私はもはや夢の中。

‥‥

「一体どこまで来たのだろうか?」

ルーシーのことをまるで忘れていた私が我に還った頃、馬は落ち着きを取戻していました。

私は前進であれば速度を調整できるようになっており、全速力でルーシーの落馬した場所へ向かいます。

最早、「ハイヤッ!」と馬をはやし立てて加速。

途中で、エディが馬と共に遠く彼方でクルクル回っているのを発見し、「……エディは何かと戦っている」と思いながら、一目散に猛スピードでルーシーの元へ駆けつけます。

夢のために、友人の大惨事を完全に忘れていた時間を取り戻す全速力です。

 

メキシカンスタイル

ルーシーは小石と固まった砂の上に落ち、横たわりながら泣き叫んでいました。

「ワンワン」泣いているのではなく「ギャーギャー」泣き叫んでおり、悲痛さが強く心に突き刺さります。

馬を降りてルーシーの元へ向かうが、痛みでパニックになっており、話せる状態ではない。

救急車を呼ぶことにしますがそこは砂漠のど真ん中、携帯の電波もなく、車が来れる場所ではありません。

一旦全員を集める必要があり、エディとどこかへ消えていたガイドを集めます。

ガイド曰く、「救急車は入って来れない」「戻っても病院が村にない」「ここから三時間かけて馬で山道を超えて町まで戻り、そこから車で最寄の病院のある街に行く方法しかない」

ルーシーは体を起こそうとするだけで、気絶するのではないかという悲痛の叫び声をあげるので、少しも体を動かすことができません。

この状態で無理矢理に馬に乗せて、パカパカラされた時には“死んでしまう”と、ルーシーも含めて予測できる。

ルーシーの命に別状はなく、肩を損傷した状態だが、異常なまでに痛みを感じ泣き叫んでいるのを見ると、今後の体の動向が気になるところでした。が、その時から私には明らかに異変が起きていました。

ペヨーテを食べることでもたらされる効果の始まりは、この世の事情など関係ない。

我々は成す術なくルーシーの痛み具合を見ながら、ルーシーが行けそうなタイミングで町まで戻ろうと考え、その間にガイドは馬と共に猛スピードで町まで戻り、別の方法がないかを確認しに行きます。

そして二時間経過。

ルーシーは変わらず泣き叫んでおり、ここまでの痛みは尋常ではないことが容易に理解できました。

ガイドが町から戻ってきて、「山側とは反対側から強引に救急車を砂漠に入れてもらうことができたから、もう直ぐ救急車がやってくる!」と伝えてくれます。

「良かった、これで病院に行ける!」と安堵し、地平線まで広がる砂漠を見ながら救急車を待つこと一時間。

「全然来ない!」と思った時に遠くから音がします。

「バリバリバリ、ガサガサガサ」

救急車の音ではないが、砂煙が地平線彼方に見えます。

しばらくすると、砂漠のサボテンをなぎ倒しながら、道も何も関係なく突進する暴走車が見えますが、なんと外観は救急車。

サボテンをバリバリバリ!と倒しながら、我々の目の前にキーー!と暴走車が止まります。

「やった、ついに来たよ!」と喜びが包む中に見た光景は、コーラを飲みながらゆっくり救急車から降りてくる男二人。

共にジーンズ。

ドアを「ドーン!」と力一杯に閉めて、だぼだぼのTシャツに靴底を地面に擦るように歩く二人は、まずはテンガロンハットを被ったガイドに、「que tal?(Hey what’up的な挨拶)」を言いながら、手の平をお互いにパンと叩き合い、その手をグーにしてグーとグーで軽く正面から合わせる挨拶をします。

私が想像する救急車像とはかけ離れた、「救急車停まっていたから盗んできました♪ところで調子はどう?」みたいなノリです。

これはメキシコ人のエディやルーシーからしても、思っていたものとはかけ離れていたそうで。

そして、ここから地獄が始まります。

 

サボテンなぎ倒す救急車

まず、彼ら二人が救急隊には思えない。

ここには100%純粋な疑いしかありません。

そしてそんな彼らは、ルーシーを抱えて救急車に運ぶが、乱暴過ぎてルーシーは叫び暴れます。

とりあえず二人に「触るな」と伝え、我々三人は救急車の後ろに乗ります、が何とそこには何もない。

ただの引っ越し用ハイエースであり、搬送用の移動ベッドがない、注射もない、薬品的なものもない、なにもない。

硬いクッション椅子が唯一の救い。

救急車を運転する彼らは、「バリバリバリ」と強引にサボテンをなぎ倒していくので、車内は振動が激し過ぎて、ルーシーは最早叫びを通り越して泡を吹きそうになっています。

これは馬のパカラパカラが軽く感じるほどで、バラバラバラ!ガッタンガッタン、バリバリバリ!と手を抜かない救急隊員精神。

「スピードを落としてくれ!振動を抑えられるように道を選んでくれ!」と何十回言おうが、「ok,ok」で変わらない。

頭にコーラぶっかけてやろうかと考えたが、私は私でペヨーテの効果で別世界に入る状態。

「おぉ、人の気持ちが体感できる。ルーシーの痛みが見えるぞ」と訳がわからなくなります。

私はルーシーの首をシュッと手套して気絶させてあげたくてたまらないほど、ルーシーは辛そうです。

休むことなく叫び続け、叫びに強弱を付ける音楽のようになっていきます。

終始泣き叫ぶ振動によって、低音と高音を使い分ける悲痛のコンサート。地獄の単独ライブです。

悲痛の叫びが続く地獄のような時間が、車内に一時間以上続き、一番辛いのはルーシーです。

見守るエディは、ルーシーを抱きかかえながらも実はペヨーテの幻覚世界に入っていたことは後々知るのでした。

そして、ついにコンクリートの公道に出て地獄を通り超えました。

ここで運転している救急隊の強みが発揮されます。

「これまでで一番早い車に乗っている」と本気で思うほど、街中を猛スピードで駆け抜けていきます。

もちろんピーポーピーポー言いながら、ノンブレーキで交差点を100㎞/h以上の速度で駆け抜けていくそれは映画の世界。

そして、病院に到着。

診察に二時間待ち、医者に言われた言葉が、「ここでは見れないね」

「馬鹿なのかな?」と全員思うボケをぶちまけてきた、これが医療現場の喜劇か。

その日、ルーシーとエディはそこからさらに二時間かかる街へ救急車で向かい、私は我々の車や荷物があるレアルデカトルセに戻り、一旦の収束となりました。

ペヨーテを食べる旅は波乱の連続であり、もはや効果どころではありませんでしたが、ペヨーテの世界はこの世の真理をまざまざと見せ、惨事の中でのあらゆる効果と作用を見逃すことはできないほどでした。

最終的には翌日に病院で合流し、ルーシーとエディの元気な顔を見ることができました。

その日もペヨーテを食べていた私は、再会と共にペヨーテの効果を説明するのでした。

 

ペヨーテを食べる旅の体験談 まとめ

ルーシーはその後、街の大きな病院への搬送と共に緊急手術を受けました。

肩にはボルトが入りましたが、肩も腕も動くように回復していったので無事でなによりです。

砂漠のガイドはその後ずっと、砂漠のどこかへ走っていった馬達を探し続け、見つけ出したそうです。

私はさまざまな出来事がある中、ペヨーテを食べることでの効果を味わい続け、「ペヨーテとは何なのか?」を学ぶことができました。

ルーシーもエディも共に仲良くやっており、あの救急隊員の二人は変わらずコーラを飲み続けていることでしょう。

たかがサボテン、されどサボテン。

さまざまなことが起きたペヨーテ探しの旅。

苦悩がある分、体験するものは大きく影響し、成長を促してくれます。

私にとってはボリビアから繋がった大切な旅の経験であり、ペヨーテによって人間とこの世の原理を学ぶ新しい時間の始まりになりました。

このハプニングにより、私は人間の真髄たる本質を深く理解し、ルーシーはその後の人生を変えるほど、この件で人生に対する考え方が大きく変わったそうです。

ペヨーテが人に教えてくれることは底知れないものがあるかもしれません。

何かを求めて、目的を持って向かう先には大きな経験が待っています。

この話は、ただの暴れ馬の珍事ですけどね。

それでは、メキシコにある神秘のサボテンペヨーテを食べる体験談を終了とします。

最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。

お手紙でこのサイトを応援する『お気持ちを大切にします』

POSTED COMMENT

  1. ゆうた より:

    大爆笑
    (ごめんなさい)
    (こんなに笑ったの久しぶり)
    (ごめんルーシーさん)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です