スピリチュアル

ペヨーテの効果に9つの神秘|鹿が誘う魂は本当の自分の能力を教える

メキシコにある守られたサボテン、その名を「ペヨーテ」と言います。

メキシコでは、インディアンであるウィチョール族の儀式に使用され、アメリカのネイティブアメリカンは儀式や精神薬として使用し、自然や神の恵みとされているサボテン。

ペヨーテを探す旅の過程では、さまざまなことが起きました。
探す時から始まっていたペヨーテの不思議は、ペヨーテの幻覚によって魂を認識し、誰しもが持つ隠された能力に気づくことに繋がります。

ペヨーテによって教えられたことはスピリチュアルな魂の存在であり、全員に共通するこの世の真実があり、一人一人が持つ本当の自分の存在です。

ペヨーテにある効果を知り、ご自身のペヨーテ体験の振り返りや、これからペヨーテを探し求める方の一助となることを願い、ペヨーテとは何かをお伝えします。

それでは、不思議な世界のお話に入りましょう。

ペヨーテとは

ペヨーテとは守られたサボテン

ペヨーテとは、植物のサボテンです。
メキシコの法律で、「州からの持ち出し」を厳しく禁止している守られたサボテンであり、メキシコ北部とアメリカ合衆国南部(元メキシコ領)にしか生息しない円盤のようなサボテン(上記写真)です。

現地インディアンが儀式で使用し、とても神聖で大切な存在として認識されています。

 

ペヨーテと儀式

ペヨーテは日本では“ウバタマ”と言われます。
生息が遅く、花をつけるまでに約30年かかると言われており、観光地化と同時にUSAに存在する“ペヨーテ・ディーラー”により、野生のペヨーテは絶滅が危惧されています。

ペヨーテを採取する際は細心の注意の上、根に傷をつけないようにし、無用な摂取や嗜好としての使用概念は捨て去る必要があります。

ペヨーテを使用するメキシコのインディアン(ウィチョル族、コラ族、タラフマラ族など)とネイティブアメリカンには、儀式として使用する神聖なものとして扱われています。

ペヨーテの儀式として知られるのは、メキシコのウィチョル族の“ペヨーテ狩り”です。

毎年乾季になると、ペヨーテの聖地“ウィリクタ”までペヨーテ巡礼(ペヨーテ狩り)として、シャーマンと共に約300~400kmの距離を歩き続け、多くのペヨーテを採取して集め、聖地にて儀式を執り行います。

旅の間はペヨーテのみを食べて過ごし、ペヨーテ以外の食事・睡眠・性への行為は控えられ、儀式にて神との交信やあの世への旅が始まるとされています。

ペヨーテにはメスカリンによる幻覚作用が認められており、LSDと似た作用を持ちますが、薬物とは違うために副作用は認められないことが研究でわかっており、インディアンはペヨーテの使用には敬いと配慮を持ち、儀式としての使用目的を明確に持って使用します。
※Wikipedia ペヨーテ 一部参照

 

ペヨーテを食べることで、「ビジョンを観る」と言われる

「ペヨーテとは一体どんなものか?」
効果や特徴がありますので、一覧でご覧ください。

ペヨーテとは
  • 意識状態を変えることで未来予知や内観作用をもたらす
  • 幻覚作用にて精神的効果をもたらす自然薬
  • 医薬的に依存症やうつ病などの精神疾患の改善に効果がある
  • インディアンの儀式で使用され、神と交信する手段
  • 吐き気を催す、ただただ不味いサボテン

これらの特徴がある奇妙なサボテン。食べることで効果が表れ、ビジョンを観ることとなります。

ビジョン(Vision)として共通で見られるのが動物の『鹿』です。
※ペヨーテは『鹿の心臓』を象徴しており、現地インディアンやネイティブアメリカンでは、『鹿は神と交信するためのメッセンジャー(交信者)』とされている

ペヨーテの効果には、魂やエネルギー状態になることでの肉体的な効果と、魂としての効果があります。

魂とは何かを知ることで、人間とは何かを知る手がかりとなり、人それぞれにもたらされるペヨーテの効果と、摂取する意味が見出されます。

※ペヨーテを探す旅の体験談をまとめていますので、メキシコの神秘ペヨーテを探す旅 砂漠にサボテンなぎ倒す救急車 をどうぞ。

 

ペヨーテの効果

ここからは実際に体験で理解した効果の詳細。おかしな内容に入っていきましょう。

ペヨーテの効果と魂とは何かについて、私の知っている全てを順番にお伝えします。

ペヨーテ効果①:次元上昇

ペヨーテを食べると感じる感覚が変わります。

感覚変動はペヨーテ効果の始まりの合図、徐々にさまざまな効果が表れます。

体全体がゾワゾワし始め、心臓辺りに高揚感や興奮感を感じ始めます。ペヨーテの効果が切れるまで続きます。

ペヨーテの効果時間 : 3~8h(人それぞれに差異が大きい)

 

体が感じる感覚が変わり、五次元空間以上で感じる感覚になる

しだいに体が浮いているような軽い感覚になります。

次元が変わっています。地球の三次元空間から上昇を伴うことで始まるペヨーテ効果の一つ目です。

この状態は、7つ全てのチャクラが開き、魂の自分と完全に調和していると考えられます。

  • 体が感じる感覚がこの世のものとは変わる
  • この世の三次元では、五感(触感、聴覚、味覚、嗅覚、視覚)の感覚を主に感じるが、五感以外の感覚を感じる
  • 肉体があるので五感の感覚機能も引き続き使うが、五感以外の感覚が主体になる状態

五感以外の感覚が主体になる状態のイメージは、「かめはめ波や波動拳を使う人は、こんな感じだろうな」「空飛べるかも」と本気で思えるような感覚です。

言語説明が難しいため、このような表現となることをお察しください。

 

ペヨーテ効果②:魂状態になる

ペヨーテの効果中に人と話す場合、話している自分とは別に、俯瞰して観ている自分がいるとわかります。

完全に別の意識として自分の話を隣で聞いているようになり、意識状態が肉体から魂になっていることを意味します。

自分を第三者として俯瞰する状態となり、肉体を使用している立場になります。

 

魂の自分を主観として、肉体と脳を使用する

肉体と脳と心の三位一体であった三次元状態が変わるため、唯一次元上昇可能な心(魂)が肉体と脳と分離します。

エネルギーの意識体である魂が完全に分離していることを認識する状態となり、魂で物事を感じる自分が主観となり、肉体と脳を使っている自我の自分を別人として観ます。

  • 魂は肉体とは別の意識になり、体感する次元が違う
    ※自分の意識レベルによって、体感できる次元の幅が人それぞれ変わります
  • 魂を主観にして、肉体や脳を使っている自分と共存する形が作られる
  • 脳の思考を使用するかどうかを選択できる状態となり、目を瞑ると肉体を離れて魂の状態となり、目を開くことで肉体を使用している自分を認識する

魂状態になることで、「これが私だ!」と謎の確信を抱きます。

過去を思い出すような感覚で、分離された状態や魂としての状態に違和感は皆無です。

魂とは心によって繋がっている意識の源です。

拒否したくなる不安や恐怖は脳の思考にて作るため、脳と分離した状態では否定や文句、非難や愚痴、羞恥心や嘘偽り、うぬぼれや他者を配慮しないわがままなどのネガティブな認識がなくなり、他によって自らを認識するエゴがない状態を知ります。

例えば、「うるさいな」と口で言ったとしても、拒否したくなるネガティブな認識ではなく、「ハハハ、バカヤロウこのやろう」と笑いながら文句を言うような状態になります。

文句のように聞こえたとしても、言われた人がネガティブな波動を感じることはなく、むしろ喜んだり楽しくなります。芸人みたいです。

※魂状態の詳細については、あの世の暮らしぶりは今世で決まる|死後の世界が楽しいかは自分次第 をご覧ください。

 

ペヨーテ効果③:幾何学模様

ペヨーテの効果の体感と同時に、目の前の空間に幾何学模様が観え始めます。

これは空間にある模様が観えるようになる状態で、空間は全て『幾何学模様』で創られていることを知ります。

 

この世の空間全てが幾何学模様になる

辺りを見渡すと、空間が四角形や三角形を組み合わせた幾何学模様になり、この世の見え方が通常とは全く異なります。

空間に幾何学の物質があるのではなく、この世は幾何学模様で構成されているのを観ている状態で、空間の波動を五感以外の感覚機能が受信して、認識できるようになる効果です。

幾何学模様は六次元以上の周波数と考えられ、魂の状態として三次元世界での周波数ではなくなったことで、別次元に存在する概念を認識している状態。
※六次元以上の周波数に合わせる魂かどうかによって、効果有無が人によって変わります

キラキラと光を放つ半透明のような幾何学模様が、全ての空間や物質に張り巡り、魂で観ている感覚があります。

何ともキレイですが、「うん、そうだよね」と当たり前に認識している自分がいますので、魂の状態での常識を物質世界で認識している感覚となります。

幾何学模様が見えることは自閉症の発達障害や知的障害の症状特徴の一つです。心を主体にしてありのままの自分として生きる意識レベルの高い状態で見えるため、症状を持つ人々の意識の高さを物語ると私は考えます。

 

ペヨーテ効果④:自分の能力を知る

ペヨーテによる魂状態によって、人それぞれに能力開花が起きます。

私の場合、自分の手から猛烈にエネルギーが出ていることを感じ始めました。

まるでアニメの世界。手からエネルギーがもの凄い勢いで出ており、目では見えないのですが、魂の状態では感じて理解しています。

「何だこれは?!」と初めはなりますが、直ぐに「知っているぞ!これが私だ!」となり、魂状態では確信だらけです。

 

スピリチュアルな能力開花が起きる

自分の秘められた力を教えてくれるのがペヨーテの効果です。

人それぞれに自分の持っているエネルギーや、五感以外のあらゆる感覚機能からもたらされる能力に気づくきっかけとなります。

スピリチュアル能力は特殊なものではなく、誰しもにある基本能力であり、練習や鍛錬を自分の特徴や特性に合わせて進めることで能力が開花します。
「特殊でも何でもなく、誰しもが持つものだ」とわかるのもペヨーテの効果です。

私の場合、手から出るエネルギーにヒーリングの力があると理解している自分がいました。

「このエネルギーで何でも治せる」と知っている感覚となり、人の肩に手をかざすと痛みや違和感が大きな塊として存在することが認識でき、痛みを掴むこともできます。

能力開花とは能力所有の気づきを意味しており、全て波動理解によってもたらされます。
※波動とは振動エネルギーであり、常に人や物や万物から発される状態を表すエネルギー

魂状態となることで波動認知は空気があるように当たり前になり、自分に合った能力が見えます。

※波動の詳細は、自分の波動を知る方法│波動とはエネルギーであり存在の源であり自己表現 をどうぞ。

 

ペヨーテ効果⑤:テレパシー

自分の想いではない気持ちを感じます。

周囲に居る他者の気持ちを感じており、波動認知によるテレパシー効果です。

 

他人の気持ちを感じる(テレパシー能力)

テレパシーは他者の波動を受信することで、気持ちを感じます。

「痛い」と肉体が反応する感覚ではなく、痛い状態から感じている意識状態が伝わり、痛いことで感じる辛い想い、苦しい気持ちがまるで本人であるかのように自分に伝わります。

「何を考えているか」の思考はわかりません。精神状態における気持ちや意識を波動によって理解できる状態です。

幸せそうな人からは心地良い幸福感が伝わり、幸せな気分に。
怪我を負って辛い人からは、ネガティブで心苦しい辛さを感じ。
心配する時のネガティブな気持ちや、ぼけーっとしている時の堪能感(ぼけーっと感)を感じ。
「なんか、早く今日も終わらないかなぁ」という退屈を感じ、などの具合です。

感覚や想いを感じ取るのはテレパシー能力と同じもので、別の言い方をするとリーディング(透視)の初期認知です。

何を想っているかを言語やジェスチャーなどの動作なしで理解できます。

※テレパシーについては、言語のない世界は意外に身近!不思議なテレパシー体験で知るこの世 をご覧ください。

 

ペヨーテ効果⑥:食べ物からのエネルギー摂取不要

ペヨーテを食べた際、計2日間何も食べていない状態でしたが、全くお腹は空きません。

私は実験として、屋台で買ってきたタコスを食べようと試みます。
好物のタコスにもかかわらず、「タコス、要らない、悲しい、プイッ」と、全然食べたいと思わない状態でタコスを目の当たりにします。

一口含んでも飲み込むのが困難なほど食べられません。

胃に満腹感はないけど、既に満たされているので食べられない感覚です。

魂状態となることでエネルギー摂取が食べ物から必要なくなり、宇宙エネルギーや自然エネルギーなどの“プラーナ”の概念となり、存在するだけで無意識にエネルギー摂取がされます。

エネルギーが自然と摂取されて満たされる効果。食べ物や飲み物など、物質からのエネルギー摂取が不要になります。

水は正常に飲むことが可能で、困難ではありますが食べることもできます。

胃に物は入っていませんが、エネルギーで満たされて“お腹いっぱい状態”であり、「別腹でデザート」の感覚で、食べようと思えば食べられるイメージです。

※エネルギー的な食事については、スピリチュアルな食事はエネルギー|食べる必要がなくなっていく?! をご覧ください。

 

ペヨーテ効果⑦:全ての意識を感じる

ペヨーテによってあらゆるものに意識があることを感じ、この世の広さを体感します。

私はペヨーテの生息する砂漠に行った翌日に、約4時間ほど車を運転したのですが、この時、道中で見かける自然や雲に意識が宿っていることを感じます。

雲とコミュニケーションを取ることも可能となり、あらゆるものに意識があると知ります。

 

自然、動物、植物、鉱物から意識を感じる

自然や雲などに意識が宿っていることがわかる効果です。

言語会話ではなく、波動として理解するテレパシー状態であるため、自然や雲などの存在にも意識体があり、命が宿っていることを体感できる状態です。

自然などの意識体は人間のように思考やエゴがないことで、「認めない、拒否する」という波動状態がなく、とても心地良い波動の高さを感じられます。

雲や自然の想いも感じるので、常にエネルギーを吸収している状態にもなります。

※大麻の効果に植物の力がありますので、大麻(マリファナ)の効果を言語化|知らなくていいスピリチュアル植物 をご覧ください。

 

ペヨーテ効果⑧:あの世へ行く

これまでのペヨーテ効果7つは、全てこの世の三次元世界を舞台にしたものであり、私の意識は常にこの物質界にありました。

五感を使用した肉体や脳の活動を含めた状態に、本来の魂の状態を混合させているので、魂状態で地球という物質世界を体感した状態での効果です。

この舞台が物質世界でなくなると、あの世へ行く神との交信が起きます。

最後の効果はぶっ飛びです。

 

ペヨーテの神髄は、『あの世へ行く、神との交信』

鹿のヴィジョンを見ると、あの世へ繋がるゲートが開きます。

目を閉じると物質世界との遮断が可能であり、魂のみの状態にすることで、あの世へ行くことができ、道標として鹿のビジョンを観ることで始まります。

言い方は〔神〕でも何でもいいのですが、神とは、あの世であり、あの世にある創造主としての光のことです。

この効果は、南米アマゾンにある【アヤワスカ】の儀式と同じです。

ペヨーテもアヤワスカも効果は魂になること。魂とは何かを知ることにペヨーテの核となる効果の意味があります。

行き着く場所は死後の世界への繋がりであり、それをインディアンは『神との交信』と言っていると、私は考えます。

死後の世界へ行くことで、これまでの地球の歴史を観ることも、宇宙の歴史を観ることも自分の意識レベルが見合えば可能です。その人に必要なものを観たり、予言を行ったりということに繋がります。

 

ペヨーテは自分とは何者かを教える

ペヨーテの真の目的はここにあります。

死後の世界には魂本来の状態以外は行くことができないので、『完全なる自分』を知ることになります。

嘘も偽りも誤魔化しも通用しない、本来の自分の姿。

スピリチュアル能力があろうが、あの世があろうが、全てを受け入れている自分の存在を教え、人それぞれにペヨーテを摂取する意味や効果をもたらします。

※アヤワスカ儀式にて理解するあの世の詳細については、アヤワスカの神髄とシャーマンの力|あの世に行く儀式が始まる をご覧ください。

アヤワスカの効果とシャーマンの儀式|夜な夜な始まる魂の旅夜な夜な広がるシャーマンの歌声によるアヤワスカ儀式。 場所は南米のアマゾン。 精霊から認められたシャーマンによって、自分の内...

 

ペヨーテの効果と意味 まとめ

効果の幅は人それぞれにあり、視野の広さや自身の世界の広さからも体感するものは変わってきます。

さまざまな効果がありますが、最後にお伝えしたいもう一つのペヨーテの効果があります。

ペヨーテにてもたらされる効果は、「自分を知る」

波動とは何かを認識し、エネルギーを理解し、この世の仕組みと人間の作り、あの世との繋がり、この世での役割など、生きている意味や自分の存在意義を理解させてくれるのがペヨーテです。

しかし、それはあくまで自分の世界からの認識であり、人それぞれにこの世をどのように認識するかは自由であることをペヨーテは同時に教えます。

全ては自分が創る世界である意味となり、あらゆることが目の前に現実化される状態となります。

これを知るために自分を知ることが大切となり、ペヨーテがもたらす効果の8つ以上に大切な、自分を知る機会となります。

自分を知る効果を最後に含め、ペヨーテの効果を9つとしたいと思います。

あの世へはこの世の人生が終ったら行きますので、今という時間をどう過ごすかが大切なのだと思います。

今という時間を過ごしやすくしてくれる植物がペヨーテであり、認識を変えさせてくれる力です。

地球の自然は、本来の姿を思い出させてくれる存在であり、自分を俯瞰的、客観的に知る機会を与えられることで、より現状の自分やあるがままの自分としての意志を示してくれます。

自分を見失うことでの苦しみがある場合や、心の傷やトラウマなどの苦悩を持つ場合には、精神疾患への治療薬としても使用されているペヨーテの効果がありますので、その際には自分で自分を知ることが、改善や克服へ繋がる道を示してくれるのだと思います。

ペヨーテと関わる際の知識として、お役立ちできる内容となれば幸いです。

それでは、ペヨーテの効果から学ぶ理解の共有を終了します。

最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。

POSTED COMMENT

  1. ブッダブ より:

    Kajiさんとあなたがペヨーテの理解を深めてくれた、、ありがとう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です