本当の自分

自分がわからない時に読んでほしい本|ふざけた人生哲学 幸せはムニュムニュムニュ

幸せになりたかったのか、苦しみから解放されたかったのか。何の目的も持たず、ただ目の前の道を歩き進むことは彷徨いではありません。

幸せになるためには、お金を持つことなのか、不安感がないことなのか、恐怖心がないことなのか、不満がないことなのか、安心感があることなのか、満たされて充実していることなのか。

「うん、何でもいいんじゃないかな」と思います。

「何でもよくない!幸せになりたんだー!」と叫んでいた私は、『本当の自分を知る』ことが幸せになるための一つの方法だと知る出来事がありました。

そこで、本当の自分を知る方法を私の体験からつづった本を書きましたので、本の内容をお伝えして、読むかどうかの判断材料となることを願います。

それでは、本の内容紹介と、経験したことから見出す本当の自分を知る方法をご覧ください。

本の宣伝でもありますが、自分がわからない時に役立つ内容であることを願い、書きましたので、自分で言うのも何ですが、本を買う必要はありません。

気楽に、本当の自分を知る仕組みとしてご覧ください。

自分がわからない時に読んでほしい本

本の内容

私は不幸せな人間でした。しかし、ある時に頭のねじが外れてピーンのビーンになった時に閃きました。

それは、「ねじが外れたのではなく、もともとねじなんてないんだ」という気付き。
その際に、「アラスカの森で一人で生活をして自分を見つけよう」という変態の謎の行動へと繋がる始まりがありました。

本のタイトル : ふざけた人生哲学 幸せはムニュムニュムニュ

本はアマゾンのKDPを使用しており、私が書いたものをそのまま載せております。ふざけた内容ですので、お金を払って読むべきかどうかはじっくりお考え下さい。

ざっくりとですが内容をお伝えしますと、このような感じです。

都内のサラリーマンにて働きづくめの私は自分を見失う人生を送っていた。
幼い頃からの家庭環境と固定観念にて、「お金と安定が全てだ、うへへへへ」と思い込み、楽しみながら成長していると思っていたが、ストレスで頭がズンズン躍り出す。

そんな日々を過ごしていたある日、二十五歳となった私は一人暮らしのアパートにてある手紙を見つける。

それは十五歳の時に書いた十年後の自分自身に充てたメッセージ

手紙に書いてあった当時の夢と想いを感じ取った時に始まる物語。
直ぐにインドへ旅立つ私は、全ての脳内の蓄積物をドーンのバーンとされ、帰国後は仕事を辞めて海外へ旅立つ

そして、海外へ出て一年三か月後のある日、私は命を懸けて自分を探す決意をして奇怪な行動へ走り、アラスカの人里離れた森の中で一人で生活を始める

野生動物と自然のみの環境にて、フルボッコで窮地に立たされてさらに立たされることで見つけ出す何か。

何かを探していたものが何かがわからなかった。しかし、森の中で見つけたものは光っていて、ムニュムニュしている幸せだった。

 

本当の自分を知る方法としてのふざけた内容

アラスカでの森生活を舞台にして、自分の探し求めていた幸せを見つけ出す物語の本です。

自分がわからないことから、自分を探す目的を持っていたのですが、自分として生きているので自分がいないはずはなく、自分なのに自分ではない違和感があったことから、その違和感を拭うための行動は、変人と変態の狭間で揺れ動き、「どっちみちおかしいだろ」と思いながら森へ向かうことになります。

幸せを見つける目的ではなく、幸せを邪魔する違和感を見つけることで自分を知る結果が森生活であり、そこで見つけたものは“本当の自分”であり、“既に幸せだった自分”です。

本当の自分を知る方法としての気付きが森生活ではたくさんあり、本には森での毎日の生活をリアルにそのままつづっています。

本当の自分を知る方法をお伝えするには、心理とスピリチュアルを含めた哲学的な思想となりますが、哲学とは気楽でふざけたものであり、本当の自分を知る方法に難しいことはないという意味でふざけた人生哲学としての内容でもあり、森生活の体験談から見える人生哲学を物語とした小説の本です。

※本当の自分とは何なのか?についは、本当の自分がわかるスピリチュアル|本物は自分だと認識してくれないんです をご覧ください。

本当の自分がわかるスピリチュアル|本物は自分だと認識してくれないんです本当の自分とは一体何者でしょうか? 自分のことを考えると、自分の中には何人もの自分がいるかもしれません。 しかし、自分の内側...

 

自分がわからない時だからこそ気付けることがある

私が生活していたのは、北極へ向かう一本道をヒッチハイクで三日かけて北上した道中にある小さな川沿いです。

川沿いを十四日間歩き続け、川の始まりである山の麓に到着し、そこから元居た街まで戻る間の内容の本です。

街を出た瞬間から大自然が広がるアラスカですので、森の中に人間界のルールは一つも通用せず、全ては地球がもたらす自然の法則にて生活が作られます。

そんな自然の法則にて暮らす際には、自分ルールは何も効かないので、クマに「ハチミツよこせー、ボー」と手をブンッとされて、「ギャー、なにこれー」と叫びながら猛ダッシュです。

その自然の法則に本当の自分を知る方法があり、自分ルールの押し付けができないことや、自分は強い存在ではない自覚や、恐怖を持っていることが“普通”であることに気付きます。

そして、自分がわからない、自分の気持ちも意見もわからない状況こそが、“あなたが裸で何も持っていなければあなたでしょ”と教えてくれます。

それは自分を知ることの大切さと、知ることで何が起きるかの意味を目の前の現実として表す世界で、生きることや生きていることの意味を体感させます。

森ではクマに襲われることもあり、食料がなく、ガリガリになって動くこともできなくなり、虫を食べたり植物を食べたり、「あはは、これが人間かね、はぁぁ」と力なく認識し、魚が捕れた時の喜びや、体が動くことの凄さ、ご飯を食べられることや、おいしいと思ってくれる体があることを知ります。

 

自分がわからないことは、幸せになる方法しか存在しないことを気付かせる

自分がわからない状態が嫌ならば、自分をわかろうとします。それは自然と、自分を知るための行動動機になります。

そのため、自分がわからない時=自分を知る機会となり、本当の自分を知ることに繋がることを知ります。

そして、自分を知ることは、それが本当の自分であっても嘘でも偽物でも何でも、幸せになることを知ります。

※自分がわからないことにあるスピリチュアルな意味については、自分がわからないことこそが本当の自分を見つけるスピリチュアルな仕組み をご覧ください。

自分がわからないこそのスピリチュアルな意味|本当の自分を見つける機会自分とは何なのか? 迷子なのか? 彷徨い人なのか? 演技なのか? 自分がわからないとはどういう意味か? 本当の自分がいるのか?...

 

本当の自分を知ることは、探している自分は既に幸せであることへの気付き

私は森の中で、「元々幸せでしょ」と言われたように、幸せなのが当たり前であることに気付きました。

元々この理解は全くありませんでしたが、森生活にて本当の自分を知ることになった際、既に幸せだと気付くことが本当の自分を知る意味であり、自分を知ろうとしている以上は幸せにしかならないことを実感します。

幸せである前提があることで、「今幸せではない」と思っていることこそが、目の前のことや自分自身に起きていることは全てが幸せだと気付く材料となり、何をしても幸せになる意味です。

私は幸せではないと思ってはいなかったのですが、自分がいない違和感があることで、空虚感や喜びのない苦しみを感じていました。

それは、幸せな自分を見ないで、苦しんで幸せではないと思っていることに集中している状態でした。

本当の自分を知るには、「私は幸せではない」と自覚しなければ見つけることができず、幸せではない自覚は、「幸せじゃない幸せじゃない幸せじゃない」と主張し続けなければ思えない。

実際には。24時間ずっと「幸せではない」とは認識しておらず、幸せではないと思っている時間以外は何を認識しているかを観察すると、既に幸せがある自分を知っていく。

“焦点をどこにあてるか”が本当の自分を知る方法の核心で、何か特別なことや物質や物体にて、お金や人を利用する必要はなく、自分が生きていることを認識するだけで自分を見つけることができます。

本当の自分を知る方法を探している時は、自分を見失っていることから幸せだと思えないことに集中しているので、それ以外の時間は何をどのように感じているかを自覚すると、何も感じていない、何も認識していないことを知ります。

それは自分がいないことであり、中身がない状態です。

※森生活での人生を変える気付きの話は、人生を変える経験は誰もいない森生活|おすすめはしない最高の幸福 をご覧ください。

人生を変える経験は誰もいない森生活|おすすめはしない最高の幸福人生を変えることにはさまざまな解釈と意味がありますが、自分を変えることでいつでもどこでも人生を変えることができるようになります。 ...

 

本当の自分を知る方法

本当の自分を知る方法とは

本の中での私は自分がわからないことから、自分がいないことを認識します。

いろいろ考え、知識をインプットして勉強して、意見を作り発言して会話をしているつもしでしたが、それらの動作の基盤や材料は全て自分以外の他者が作ったもので、私自身では何も作って見出していませんでした。

知識を入れることは大切なことですが、私は自分の意見や意志を持って入れていると思っていたのに、その意見や意志は既に社会で作られたはりぼてでした。

そのため、私は全てが中国の遊園地キャラクター状態で、他者の考えやメディアの意見、本の知識や社会の常識を自分のものかのようにインプットして、言い方や語尾を変えて自分のものに思い込むことで、「はい、私は自分の意見をもって話しています」「かぁ、自分の意見も持たずに困っちゃうわね、すいませんビールもう一杯」という具合で他者を否定している変態ピンポン玉でした。

森では調子に乗ることができないので、勘違いや思い込みを貫き通そうとすると、自然界や動物にボッコンボッコンのギッタギタにされちゃいます。経験済みですが止めてあげてほしいです。

調子に乗ってもいいと思いますが、自分がないことを認めずに偽り続けることはできないルールが自然の法則としてあり、それをしようものなら、「鉄槌!ボーン!」と自然界からのお叱りとして、命の終焉を迎えます。

私は幸運にもギリギリであり、スピリチュアル的に助けられる神秘体験を伴い、生還と同時に別世界の入口へと誘われます。

※森で別人になっちゃった話は、別人になる方法は森が教えてくれた|人生を変える計画 をご覧ください。

別人になる方法は森が教えてくれた|人生を変える計画「幸せになりたいなぁ」と森を彷徨っていたようないなかったような。そんな時、森の自然は別人になるきっかけをくれました。 自分の中に自...

 

本当の自分を知るとは幸せを探すこと

アラスカの森生活にて教えられる本当の自分を知る方法は、明確に幸せを探すことです。

本当の自分を知ることは、自分にとっての幸せを探すことが方法になります。

自分がわからない時は、「自分にとっての幸せとは何なのか?」という疑問があります。そのため、幸せを探すことはそのまま“今の自分を知ること”になります。

本当の自分を知る方法は、本当も嘘も本物も偽物もなく、今生きている自分のみに集中することでして、今の自分を認識して、自覚して、知ることです。

今の自分を知ることで、自分にとっての喜びを知り、幸せを知ることになります。

そして、幸せを知ると本当の自分を知ることになります。

 

幸せを邪魔するものを特定すると本当の自分を知る

幸せは自分の中にあるのですが、それを見えなくしている存在に気付くことが本当の自分を知る方法です。

既に幸せである基盤があります。それは本当の自分を知ると必ず体感しますので、お楽しみにしてください。

そんな前提があることから、自分ではない自分を用いて幸せではない時間にフォーカスして、幸せを邪魔するものがいることが幸せではない状態となり、本当の自分を探す状態を作ります。

その邪魔者はエゴといい、煩悩といい、ネガティブな思いといいます。

幸せを邪魔するエゴとは :

・ネガティブな思いを主体にした脳の思考意識
・もう一人の自分として幸せではないことに集中している自分
・物事や自分を受け入れない思考
・恐怖に怯え、恐怖から逃げながら生きる自分

幸せを邪魔するエゴがある時の特徴
  1. 認めてほしいと欲求する
  2. 褒めてほしいと欲求する
  3. 愛してほしいと欲求する
  4. 自分を理解してほしいと欲求する
  5. 必要とされないことを恐れる
  6. 否定されることを恐れる
  7. 欲求を出して与えることをしない
  8. 他人の反応のために行動する
  9. 他人に認められるために行動する
  10. 他人が喜ぶために生かされる

本当の自分を知るとは幸せを探すことであり、言い方を変えると本当の自分を取り戻すことです。

既に幸せである状態を邪魔して見せないようにするのがエゴの役目で、脳内でのみ生存するネガティブな思いを主体にした意識であり、もう一人の自分です。

ネガティブがあることでポジティブを良しと捉える幅が広がります。

そのため、幸せになるためには絶対に必要な存在がエゴであり、心の傷を負わないように自分を強く保って守ってきた存在であり、苦しみは自分を知り、幸せを増大させるための材料になります。

「本当の自分を知るためには苦しむことです」というのはおかしくなりますが、苦しみは不要なものではなく、最終的には既に幸せであることや、エゴの存在を特定する自分の気付きが必ず必要です。

 

ネガティブを理解することで本当の自分を知る

エゴは幸せを邪魔する存在でもあり、自分がわからなくなる理由でもありますが、エゴがなければ愛はなく、愛があることでエゴが生まれます。

エゴは幸せになるために大切な材料となり、自分がわからないからこそ、本当の自分を見つけることができる意味があります。

エゴとはネガティブな思いで、恐怖に怯える自分のことです。必要とされないことや否定されることをとにかく恐れ、恐怖から逃げるように考え方と生き方を作ります。

そんなネガティブな感情を知ることが、自分を知ることになり、幸せを知ることになり、本当の自分を知ることになります。

※自分を取り戻す方法の話は、自分を取り戻す方法はあるのか?|ない、から作る。自分はここにいる をご覧ください。

自分を取り戻す方法はあるのか?|ない、から作る。自分はここにいる自分を失う、彷徨う、わからない。 とはどういう意味か…。 見失う感覚とは? 彷徨う気持ちとは? わからないとは何がわからない...

 

ふざけた人生哲学 幸せはムニュムニュムニュ

本は幸せに気付くための哲学としての考え方を体験と共につづっており、本当の自分を知る方法への理解を促します。

「自分は何者か」「幸せとは何か」を主体として必要なものを探す物語であり、奇怪な人間の人生で一番大切な気付きです。

幸せとはムニュムニュしており、人それぞれに与えられているので、自分を見つけることでそれぞれに表現が生まれると思います。

私の場合は柔らかくて温かくて、フワフワしていて綿のような感じだけど毛はない、猫じゃらしと生クリームを足して割って、そこに大好きな人の息を吹きかけたようなものです。

自分とはいつでもどこでも温かい光です。自分に付け足していくより、自分に付いているものを取り外して軽くすることで気楽に幸せになります。

本当の自分を知るためには裸の状態になることが一番身軽であり、自分を明確にします。それは肉体としての意味ではなく、気持ちとしての依存や執着のない確たる安心感です。

身軽であれば空を飛ぶかのように気楽にします。旅行でも荷物が多ければそれは不安感を表し、家の中が煩雑としていれば心の荒れ模様を伝えます。

身軽に気楽になることは心が弾むこととなり、自分を取り戻して確立されることで安心感の中心となり、軸を持ってブレることがなくなります。

物があろうがなかろうが、アイテムがあろうがなかろうがどちらでもよくなり、より自分が幸せになるにはどちらがいいか、どれがいいかを自分の意志にて選択していき、より自分らしいありのままの生き方をしていくことになります。

※自分を知る意味については、自分を知ることは本当の自分ではない|スピリチュアルは活用するもの をご覧ください。

自分を知ることは本当の自分ではない|スピリチュアルは活用するもの魂や心、スピリチュアルに自分を知ることは現実との隔たりを生む。しかし、魂がある以上は自分を知るためには必要な解釈になる。 自分がわ...

 

自分がわからない時に読んでほしい本 まとめ

以上が私の書いた本、『ふざけた人生哲学 幸せはムニュムニュムニュ』の内容紹介と、森生活の経験から気付いた本当の自分を知る方法についてでした。

自分を見つけるかどうかは、完全に全てが自分の意志と行動で決まります。

他人に自分を変えてもらうことはできず、そんな人を変えたいと思う人もいないと思います。
しかし、自分で自分を変えることができるので、最終的には自分で自分を探して気付くことで、幸せを自ら見出します。

その時に、どこぞの変態のように森に行く必要はありません。あなたにはあなたのやり方があり、物事は楽しく気楽に進んでいきます。

その際に最も大切なことは、“受け入れること”です。

私は物事や自分自身を受け入れたくなかったんです。怖いと思っている自分が嫌で、弱いと思いたくない自分がいつまでも強がって主張してきます。

「ちょっとそこどいてよ、あっちに幸せって書いてあるんだから、あっちに行きたいの」
「あっちに行ったら私がまるで使えなくてしょうもなくて、役立たずみたいじゃない」

あーだ、こーだ言ってきますので、一発ぶん殴ってやりましょう。

というのは冗談で、勘違いと思い込みを訂正してあげて、大切な存在であることをしっかり教えてあげると素直になります。

自分のために生きていたもう一人の自分なので、愛すべき自分であることに変わりはありません。

私は特に、「弱くない弱くない、怖くない怖くない、ガタガタブルブル」となっていたので、「はーあ、もう完全に全てが怖いね、もう怖くて怖くて、臆病者だなぁ」と受け入れることで、弱くないと思い込みたいのは、弱いや怖いと認めたら恐怖を抱えていた自分が傷つくと“思い込んでいた”だけでした。

認めたら、「あれ、内心怖がりだと思ていたけど、そんなに怖くない」とか、「弱っちくてもなんでもいいや、人と比較するものじゃない」と、問題ではないことに気付きます。

自分を探すことはとても楽しいことです。

苦しいことをこれ以上する必要はありませんので、自分らしく楽しいことや好きなことをすると自分を取り戻すことになりますし、頑固にならずに押し付けずに受け入れることで、自分を認識して本当の自分を知ることになります。

そして、幸せは既にあったことに気付き、次は幸せをもっともっと増やすための行動をしていきます。

その時には、自分がわからない時があったからこその恩恵だと気付きますので、自分がわからない状態は幸せになるためにとっても大切です。

本の内容はふざけた内容となっていますが、日常での出来事を真面目に書いているので、そのギャップを味わっていただけるかもしれません。

森でのその日その日の生活を書きつづっていますが、ガリガリの変人に成り代わっていく様を引かずに読んでいただければ幸いです。

お金を払うことですので、必要がなければこのブログにて十分だと思います。むしろ、このブログをここまでお付き合いいただきまして、感謝です。

それでは、本当の自分を知る方法についてと、自分がわからない時に読んでほしい本の紹介を終了します。

人間性への理解も必要かと思いますので、私についてのプロフィール をこちらからどうぞ。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

本のページは、『ふざけた人生哲学 幸せはムニュムニュムニュ』 からご覧ください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です