スピリチュアル

【トントン拍子の使い方が違う?】転職を繰り返す時に知りたいポイント

世の中には溢れんばかりの仕事があり、あらゆる可能性を見出す道が広がります。

そのため、自分に合う合わない、自分らしくいられるいられない、能力や才能を拡大できるできない、成長できるできないなど、違和感や不調和があれば、仕事を辞める理由を抱きやすい環境です。

ですが、転職をしても一度や二度で定着する人もいれば、何度も繰り返す人もいます。

何が違うのでしょうか?

ここでは、私自身の転職や、周囲の人々の転職を見ていると気付く、転職を繰り返す原因と、転職がうまくいかない時に知りたいことをお伝えします。

転職という変化に対して、繰り返す変化のなさという大きな矛盾が潜み、そこには心理とスピリチュアルに基づく紐解きがあります。

転職にあるトントン拍子、これには使い方があるかもしれません。

そんな話を考え方の一つとしてご覧ください。

転職を繰り返す人の心理

転職を繰り返す人の心理

転職を繰り返す人に対して確実に思うことがあります。

「行動力がすごい!」

転職とは簡単なものではありません。転職を繰り返している方が一番ご存じかと思います。

ですが転職を繰り返す方は、「大変だけどそこまで大変じゃない」と言います。

いわば、行動や労力に対するネガティブな印象をあまり持っていません。持っていますが、転職を繰り返さない人と比べると断然少ないです。

どうしてネガティブな印象がないのでしょうか?

「不安や恐怖以上に喜びや満足を求める気持ちが強い」

転職を繰り返す人は感覚優位で、思考的で理論的ではない人が多いです。または、意識して思考的に考えようとする人が多いです。

いわば感覚的、または感覚的だけど現状は思考優位。

感覚優位は良き面もあれば見直したい面もあり、「嫌だ」と思ったらすぐに辞めてしまうことも。

そして感覚的なのに思考優位の場合には、嫌だと思う不平不満を探して、たくさん見つけてしまいます。

ここに行動力があり過ぎるが故の在り方があり、転職を繰り返す人は物事の歯止めに抑制が少ない状態が見られます。

この心理には、現状の縛りの解放を求める心の声があるかもしれません。

心の声はこう言います、「何かに縛られているから、自由や解放を求めているの」

何かとは一体?

自己支配です。

我慢や忍耐をする理由がなくなり、行動力の使い方が現状に対するもがき、物事を流すように、それは事実に直面しても見ないようにする在り方に。

転職を繰り返す人の心理は、自己支配による力の使い方の空回りがあり、解放や自由を求めて新天地を求め続けることが考えられます。

 

転職を繰り返す人の特徴10選

心理を深掘りするためにも特徴を見ていきたいと思います。

ご自身と照らし合わせることで、転職を繰り返す意識の理解に繋がるので、ぜひ試してみてください。

1、行動力がある

特に目立つ特徴です。

とにかく動きが早く、後ずさりがなく、感じるままに行動します。

 

2、せっかち

これは誰しもの特徴ではありませんが、迷うなら選択して先に進もうとします。

 

3、嫌なものがとにかく嫌

みんなそうかもしれませんが、転職を繰り返す人は特にです。

我慢ができない訳ではありませんが、我慢や忍耐する選択肢はないほどに嫌なことを嫌がります。

 

4、自己支配が強い

言い方を変えると、個への認識が強すぎる特徴です。

「自分は自分だ」と頑なになることで主張するように在り方を肯定し、自らを否定したり見直すことを困難にします。

その根底には自己支配にて、自らを維持して揺さぶられないようにしようという思いがあります。

 

5、不安や恐怖以上に喜びや満足を求める

ネガティブとの関わり方や工夫を見出す以上に、ネガティブのない状態を求める特徴です。

嫌なことがあれば、打破する以上に新しい可能性を選択します。

言い方を変えると、自らを変えるのではなく、良き状態が既にある環境に流れていきます。

 

6、気分屋

気が変わりやすく、執着や固執があっても一時で長くは続きません。

そのため、サッパリしている印象を周囲に与え、マイペースで変わった人にも思われがちです。

 

7、自由を求める

自由が本来の生きる道。

常に変化を求める人間性があり、風のように川のように、流れ漂うように生きる気質であり性質。

 

8、軽くて重い

意識が軽いと言いますか、物事を柔軟に受け入れられます。

ですが、自分に対する干渉や押し付けに対しては意識が重く、受け入れることが困難。

自他にて綺麗な区分けがあり、自意識が高い特徴でもあります。

 

9、グラウンディングができていない

人それぞれなのでする必要はありませんが、特徴としてはグラウンディングがない様があります。

言い方を変えると、安定や安心の欠如があり、地に足を付けて根を張る認識が希薄な状態でして、気分も思考も移ろいやすく、変わりやすいです。

 

10、エネルギー量が多い(使う矛先が違う)

最後の特徴です。

行動力の基となるエネルギー量が多く、転職を繰り返す動力があります。

しかし、エネルギーの使い方に自分らしさとの不一致があり、使う方向が別を向いているという状態です。

以上が特徴でした。

 

転職を繰り返す スピリチュアル

転職を繰り返すスピリチュアルな原因

考えられる原因には、意識としての在り方が大きく関わります。

それは、自分という存在との関わり方を意味する話。

“原因”と言っていますが、「転職を繰り返すからいけない、ダメだダメだ!」なんてことはありません。

あくまで転職を繰り返す“紐解き”として理解することがここでの主旨であり、最後に光を見せます。

風のように流れて生きる人もおり、木のように根強く生きる人もいます。人それぞれに性格や価値観があるので、転職を繰り返すことを求める人もおり、求めない人もいます。

転職を求めて繰り返す際には、「良い悪い」の自己理解があると思います。

もし、転職を繰り返すことに負の印象がある場合には、繰り返している状態に不納得が見られます。

それは、会社や人間関係に不調和や拒否があり、不平不満で辞めていくといった、自分以外の他や環境そのものに原因がある、のではなく、他に不平不満を持って辞めていく自分に不平不満があることを表します。

例えば、「人間関係に耐えられない」と辞めるのであれば、それは辞めることが自分のためになるので良いことです。悩みにはなりません。

しかし、辞めることに不納得があれば、良いことではないので悩みになります。

この意識状態にあるのが、自己支配です。

自分の思い通りにできない様への不平不満。それは、思い通りにしようとする抑制、いわば我慢。

そして、新しい仕事を探して一から仕事を覚え、自己紹介して人間関係を築き、ミスをしてしまうのはやむを得ない新人として、不安や恐怖が自然と起きる新天地での時間を何度も過ごします。

ここで明確にわかることがあります。

我慢し過ぎ。

意識からのスピリチュアルな認識では、転職を繰り返すのは我慢し過ぎです。

と言っても、他から言われたことを嫌でも無理矢理耐えるジャパニーズが・ま・ん、イエェ!ではありません。

自らを支配、抑制して縛り付けて、世間的には我慢していないと思わせながら自分の望まない在り方を押し切る我慢。

ちょっとややこしいですが、他からの抑制を一切望まないにもかかわらず、自らが自らを抑制して、それに我慢して行動し続けること。

すると、他者からは色々言われ、自らに対しても不納得を作りと、損する生き方になり得ます。

どうして損する生き方になるのか、深掘りしていきましょう。

 

転職を繰り返す引き寄せ

損することは、自らの在り方が周囲にちゃんと表現されていない、そしてエネルギーの使い方が空回りしている可能性があります。

これは転職を繰り返している様を見ている周囲の人から、間違った見方や評価をされたり、自分自身で納得できるように行動できていない状態です。

転職を繰り返す人は心理や特徴にあるように、行動力やエネルギー量が多い特徴を持ちます。

ですが、正しい使い方をしないとエネルギーを縛り付けるように抑制し、行動に規則性を作ります。

これが損をする生き方でして、自らに不納得を作る流れです。

これをスピリチュアル的に表現する言葉が、「引き寄せ」

エネルギーの強さが間違って使われると、転職にて変化をもたらそうとする行動が、繰り返すことで変化ではなくなるトントン拍子を作り得ます。

 

転職を繰り返すトントン拍子がある

転職にはさまざまに流れや兆候があり、トントン拍子に事が運ばれる時があります。

そこには、自らの意識変化によって周囲を取り巻く波動が変わり、これまでの引き寄せる現実が変わり、行動することで流れに乗ります。

それが得する生き方です。

このトントン拍子は良い流れにもなりますが、悪い流れにもなります。

流れを作っているのは運命でも使命でもなく、自分自身です。

心理や意識としての在り方にて自らが波動を作り、物事や出来事を引き寄せます。

引き寄せとはご存じの方も多いと思いますが、願ったことが引き寄せられるのではなく、確実に自らが認識できることが引き寄せられ、行動にて掴み取って現実化する法則です。

自らに不納得や我慢する意識状態があると、物事を嫌がり変化させる引き寄せ(仕事を辞めて転職)が起き、自分を見直さずに変化させない結果(転職を再度望む状態)を行動にて掴み取ります。

これは、転職を繰り返すトントン拍子になっている状態でして、エネルギーの使い方の見直しが大きなポイントになります。

 

転職を繰り返す時に知りたいこと

転職とは、仕事を辞めることと始めることの両方が含まります。

ここにあるのは変化であり、光と闇の二極化です。

変化とは一つではなく始まりと終わり、光と闇などの二極化の変換点、両方が交わる部分です。

いわば両方。変化は成長にも、後退にもなります。

変化するなら成長したい。

ですが、変化する気がなければ?成長を求めなければ?転職する意味を認識していなければどうでしょうか?

転職という現状に変化を作る行為に意味がもたらされず、転職とは流れる様を表す光景の一つになり、変化ではなく動きや流れになります。

上述の引き寄せの仕組みからもエネルギーの使い方がポイントになり、大きなキーとなるのが自らの認識です。

転職をどう思い、何を求めて転職し、どうなりたくて転職し、どう変化を求めて、何を変えたくて、何を成長させたくて、どんな意味を持って転職するのか。

自らが納得して認められる、意見や気持ちや感情が必要です。

ここで最も重要なのが、「この職場で自分は何ができるか?」の認識と、「エネルギーの自分らしい使い方」の理解です。

一つずつ見ていきましょう。

 

転職を繰り返す時のポイント①:集団帰属と自立意識

テーマは安定と安心、グラウンディングが重要になり、第一チャクラのエネルギー循環です。

ですが、「安定したいのか?」の真意が物を言います。

転職によって経験値を増やし、さまざまな分野の人々との出会いなど、多岐に渡って利点があり、風のように生きることは人によっては最高な自由です。

安定でなくとも、「転職を繰り返すのではなく少し安心感を持って日々を生活したい」といった思いがあれば、この内容は重要です。

ポイントとなるのは集団帰属と自立。

社会という集団環境を拒否せず、自分をそこの一員として認めます。ですが、それだけでは物足りません。

転職を繰り返す人は個や自意識があるので、自他の区分けがはっきりしています。そのため、集団に執着して大多数の中で普通、これは合いません。

集団の中で自立し、自らを持ちながら他や集団との共有や共存を否定しない。そして、徐々に自らの存在は社会性や他者との関わりによって構成されている認識が加わると、敬いが追加されて自立が強まります。

すると、「この職場で自分は何ができるか?」を自分なりに見出すことができます。

この自立の大きな理解となるのは、抑制して自らを縛らないことです。

「嫌なものは嫌」と我慢しない。

ですが、一度それをやってみれば、いえ二度やってみれば十分。他者との関わりでの集団帰属意識の大切さを学べます。

無人島でそれはできても、他者との集団環境では押し付けになることを学べるのが人間の知恵です。

このように他との関わりに意識を向けることで、自分らしく我慢したりしなかったりが工夫できます。

そして他者との関わりで、自らを主張するためにどれほど自らを縛って我慢させているかが見えてきます。

そういった自分が自分を見て・感じて・考える認識が自立でもあります。

 

転職を繰り返す時のポイント②:エネルギーの自分らしい使い方

エネルギーとは活力である動力、生命基盤となる力。

自分らしさとは職場の人や環境によって都度都度変わるもので、固定されて決まったものではありません。

そのため、働く職場と自分の兼ね合いや相性などもあり、エネルギーの使い方は変わります。

使い方はどれほど自分を認識できているかの自己理解が物を言います。

それはチャクラの概念でも、引き寄せ結果からの理解でも、自分の周囲を観察することでの波動認知でも、過去世やカルマを知ることでの魂との約束理解など、自己理解の方法はたくさんあります。

経験と知恵の積み重ねにてさまざまなことを味わって学び、自らの意見や認識を構築しながら育むことで、エネルギーの使い方の理解が少しずつ深まります。

自分自身だけで理解することもできますが、ここに一生をかける人もいます。

ですが、集団帰属意識と自立があることで素敵な道が現れます。

他者の活用や共有、この内容もそうですが、他の知識や知恵を分かち合うことができます。

大切なのは、一方的に利用するのではなく活用、意識と認識の話です。

ここで私の理解からおすすめしたいのは、スピリチュアルなカウンセリングや鑑定です。

自分らしいエネルギーの使い方を知るために、スピリチュアル能力を持つ人々の知恵と気付きとメッセージがあります。

 

スピリチュアルな鑑定にて転職の悩み解消や、エネルギーの使い方を知る

鑑定師はチャネリングやオーラ霊視、占いや波動認知など、人それぞれにさまざまな能力を持ち、一人一人にしかない理解やメッセージを与えてくれます。

私も鑑定してもらったことがありますが、理解幅が広く、守護霊やハイヤーセルフなどの高次の存在とアクセスしてメッセージをくれる鑑定師もいるので、核をついて潜在的に必要な気付きをもらえます。

エネルギーの使い方には、自らの我慢や支配を始め、欠如して気付きが必要な部分への循環やヒーリングなども関わる深い理解ですので、専門的なプロの方にお願いするのが、転職に対する重要な改善と向上になります。

ですが注意点もあります。

自らの意志と意見を持って気付きを与えてもらうことが大切で、一方的に頼るのではなく、自ら悩みを解決するためのサポートとして活用すると自分のためになります。

そんなスピリチュアルな共有や活用がありますので、ご参考にされてください。

さまざまな鑑定師がいるので、興味のある方はぜひ一度ご覧になってみてください。

※初回鑑定3,000円無料・初回優先鑑定など、嬉しい特典がたくさん有
※今だけ限定キャンペーンも有

 

転職を繰り返すスピリチュアルな話 まとめ

私達人間の意識とは不思議なものですが、確実なものでもあり、摩訶不思議。

理解を深めれば深めるほどに新しい道が見え、転職の意味は大きく変わると思います。

私の周囲の人々を見ていると、転職を繰り返す人はエネルギーの使い方を変えるだけで、見違えるように躍進して活動的に自分の使命に突き進んでいます。

一つの気付きは膨大な道を開くのが転職を繰り返す人。

新天地を何度も何度も経験して、繰り返せるのはとてもスゴイことだと思います。

私自身、学生の時はアルバイトを多少点々、社会人になってからは転職を二回だけです。

しかし海外へ旅に出てからは、常に移動していたので仕事を探して辞めての繰り返しで、そこにある自己認識とエネルギー概念をよく理解できる時間でした。

多大な労力を費やす転職、それを繰り返せるエネルギーを使わない手はありません。

使い方がわかると、自分らしさを自ら爆発させるように仕事と関わることもでき、さらに適職や天職、そして自ら仕事を作り出して発信し、経営し、雇用を増やす側にもなり得ます。

そのため、トントン拍子の使い方を変えるためにも、自分らしく得する道に気付く内容であれば幸いです。

転職がご自身のためになることを祈ります。

それでは、今日も働いてご飯食って風呂入ってクー。ビール飲んでクー。プリン食べてクー。

ってね。

適職探しの相談とシミュレーションもできますので、必要な方はお試しあれ。

無料相談できます。
ご自身のキャリアをまずは気楽に診断してみてください。

専門家であるプロの転職エージェントに無料相談ができるため、より自分らしく過ごす人生を手に入れましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です