心理と特徴

魔性の女が天性たる所以│生まれつきの欲と恐怖に蜜を与える特徴

魔性の女は闇の力を使うことで男を虜にします。

心が満たされる陶酔感と高揚感を含めた幻覚を見せ、魔性の女次第で幸福を見せるか奈落に落とすかが決まる。

目が覚めた時にはもぬけの殻、なんてこともあるとかないとか。

ここまで極端でなくとも、小悪魔的な魔性の女として適度に魅惑を与え、気づけば男が虜になり、気軽に操っている、なんて人もいます。

幻覚を与える度合は人それぞれにありますが、男を虜にする仕組みには天性と思しき操り捌きが見られます。

ここでは、魔性の女の天性たる所以を紐解き、魅了して忘れられなくするテクニックの詳細をお伝えします。

  • 魔性の女の天性たるテクニックとは?
  • 生まれつきの魔性性とは?
  • 魔性の女と小悪魔の女の違いと特徴とは?

私は男ですので、男目線として魅惑と崩壊を思わせる特徴と心理を併せてご覧ください。

実情を言語化すると若干悲惨でおかしな内容が含まれますので、見極めて読み進められてください。

魔性の女 生まれつきの天性

魔性の女の天性とは

魔性の意味は、悪魔のような、人を惑わす性質。

「悪魔のような女」とは聞こえが悪いかもしれません。魔性とは悪の持つ力であり性質ですので、善と対極します。

地獄と天国、悪魔と天使、閻魔と地蔵菩薩、闇と光、漆黒と光明…

闇サイドの性質を持つ女性が、魔性の女。

陰と陽の二極化のように、善悪の悪側として捉えると、魔性の女が持つ天性の力がわかりやすくなります。

天性の力は、人の意志を失わせることで男を虜にする。

魔性の女が天性かの如く男を魅惑することには、惑わしによる虜テクニックがあります。

天性だと思えるほどの魔性力は、虜テクをものにし、自然と男に使用する癖のような在り方に。

恒常化すると才能として日々テクニックが向上するサイクルに入り、プロは匠となり、師となる魔性メンターです。

 

魔性の女の天性たるテクニック

虜テク。

男を虜にすることは、言い方を変えると捕虜。

捉えて鳥かごにぶち込めます。

そんなことをしたいのかどうかは置いておき、手懐け捌きはお手の物。魅了して惑わし、気づけば笑顔で鳥かごにピヨピヨと。

虜テクに使用する方法は一つ、甘い蜜。

これが天性と称賛される理由です。

天性の虜テクは、やっていることは非人道的ですが、やられている本人は笑顔でホワホワ、「喜んで!ガシャン」とかごに入っていきます。

これが魅惑、誘惑の蜜の惑わし。蜜惑。

 

蜜で惑わすことで人の心を鷲掴むテクニック

魔性の女の蜜惑はエサです。

天性の虜テクの真髄は人の意志を失わせること。言い方を変えると、心を鷲掴むことです。

心を鷲掴めば、後はエサをあげることで自由に人を操ります。

魔性の女の天性は、心を鷲掴むことから始まる意志の吸い取り、かごの扉を開けて甘いエサで誘い込み、檻のなかで虜。

「このやろー、やめてくれ!」なんてなりません。

「うん、ありがとう心を鷲掴んでくれて」

幸せな捕虜を作ります。

強引に虜にしているわけではなく、恒常化しているテクニックにて相手を喜ばしながら引き付け、囚われていることに一切気づかない人もいます。

なぜならば、鳥かごに檻はなく、あるのは出入口の扉のみ。辺り一変ピンク色。そこは既に魔性の女の中、幻覚の中。

気づかぬ内に裸に首輪、魅惑の世を見せる惑わしです。

 

魔性の女の天性的誘惑

天性たる所以は他にもあります。

誘惑術に一般常識は通用しない、魔性の女自身のルールで縛る透明な紐です。

実際に縛っているわけではないのですが、「あれ、なんで縛らないの?(縛ってよ)」と縛られていないことに違和感すら感じさせる魔性界の常識に飲み込みます。

意味わかりませんね。

これは、「モテる、好かれる」なんてどうでもいいと思わせる誘惑術でして、魔性の女はモテるわけでも、好かれているわけでもなかったりします。

明らかにモテている見かけがありますが、内情として起きていることは誘惑にて心を奪い、頭を支配する操り。

我を見失わせる魔性の力の本領発揮がここにあります。

 

魔性の女は操りポイントを熟知している

魔性の力は意志を見失わせます。意志とは動機であり行動の源、自ら喜びを作る動力です。
※反対に善の力は、意志を見出させる(自分を知ることができる)

意志がなくなると喜びは作るのではなく、作ってもらう執着が出て来ます。

そこで甘い蜜。いちころ、私のような男はキャー、ひとたまりもなくコロコロー。

男の心理や行動学を熟知した熟練の賜物。幼い頃から養われた才能、まさに天性。男の人それぞれの自信と自信のなさの両面にドンッと突くような接し方や関わり方、話し方や触り方をします。

頼る・甘える・委ねる・信じる・認める・受け入れる、褒める、焦らす、否定するを混ぜ込めてこねこねすることで、自らのための行動を→魔性の女のための行動にする才能。

操りポイントは、人の強みと弱みを極端に引出し、認めて否定してを繰り返す緩急にて心をガシッと握り潰す

後は誘惑に目力、フェロモン、性的喜び、興奮、刺激を込めることで、コロコローと。

既に魔性の女の中の檻にイン。

 

魔性の女の天性は欲の大きさ

誘惑にて操ることができるのは、幼い頃からの環境や才能の育みがあり、何より欲の持ち方に起因していると考えられます。

天性の誘惑は、欲の大きさです。

自分を喜ばす自己愛の強さと言えるものです。

物事の見方は常に、「私が如何に喜ぶか」です。

喜びを努力して見出しながら生きてきた経験の豊富さがあり、何でもかんでも満足や納得があればいいのではなく、舌が肥えているように頭が肥えています。

ちょっとしたことでは喜びにはならず、魔性度が高くなればなるほどに、「ここぞ」というタイミングを見計らうようにターゲットを絞り、一気にたたみかけます。

この時、豹変します。まさに豹、動物化。

魔性の女の天性は、動物的、本能的に行動するほど自らの喜びを得る欲が強いために、自然と養われるものと考えられます。

※支配されたい、操られたい人の心理は、【支配されたい女と男の心理】誰しも支配したいしされたい真意 をどうぞ。

 

魔性の女の生まれつきは欲

魔性の女にもさまざまなタイプがいます。

魔性度合によって小悪魔的な可愛いく魅力的な感じにもなります。

極度の魔性の女=典型的な人には、上述の欲の強さが隠し切れないさまがあります。

生まれつきの欲の強さによって、天性のテクニックを自然と恒常化する価値観や観念を構築します。

特に自らを喜ばすために刺激を求める欲が強く、刺激を欲するあまりに、人間関係の美しさと汚らわしさを共に混ぜ込めて味わうアブノーマルで奇怪、独自性を持った喜びの抽出行為があります。

 

過去の環境にて欲が強くなることもある

心理の理解からでは、幼少期の生活環境に愛の欠落や、肯定をされず無視や放任による間接的な拒否の中で育ったことが考えられ、若年時から年配の男性と関わる機会が多いことも人によってあると思います。

幼少期にて共通している環境は、人から利用される人間関係の多さがあり、常に相互交流を偽った一方的な利用があり、それに準じて自らも人を利用して喜びを見出すようになると、自己愛性が強くなるとも考えられます。

生まれつきの欲の強さがあり、さらに人によっては生育環境による自己愛を求めざるを得ない人間関係の経験にて、人との関わりで自らの喜びを見出す術を学びながら、魔性の性質を自らの内から引き出した。そんな可能性があります。

※魔性の女の正体については、魔性の女にスピリチュアルな魔の性格|闇の力は魅惑と崩壊をもたらす をご覧ください。

 

魔性の女の特徴

小悪魔(小魔性)の女は人気者

魔性度が減ることで行き過ぎない小魔性と言うのでしょうか、小悪魔的な存在になります。

魔性の女は同性から嫌われますが、小悪魔の女は嫌われず、妬まれます。

「いやどの道ー」という感じですが人気にもなります。特に男性を魅惑するテクニックは同性から重宝され、男目線から見ても適度に手のひらでコロコロして欲しくなるものです。

小悪魔の女、魔性の女とは全くもって違うタイプです。

心を鷲掴み潰す。そんなことはしません。
人の意志をなくす。そんなことはしません。
魅了し尽くして飲み込む。そんなことはしません。
人生崩壊するまで弄ぶ。そんなことはしません。

心を掴み、甘い蜜をあげて自らの喜びを増やします。

魔性の力の使い方、度量、独自性、自己愛、創造性、意志、恐怖との関わり方、人生経験、どれをとっても魔性の女とは比べられませんが、より関わりやすい存在となり、男受けも良くなります。

魔性の女と共通しているのは、欲の強さです。

魅惑と恐怖を併せ持つ、淫蜜な匂いと執着を引き出すほどの惑わし、あっぱれな崩壊、見捨てっぷりはなくなり、より近しい存在として男心をこちょこちょして、ささやかな勘違いや、束の間の癒しを与えます。

魔性の女は同じ女性から敬遠されがちですが、小悪魔の女は女性からの人気も高く、見習うべくテクニックとして男を翻弄する術を知ります。

 

魔性の女と、小悪魔の女の特徴

初めに魔性さん。

魔性の女の特徴
  1. 自己愛が強い
  2. 自分を敬うが、他者を敬う認識がない(または乏しい)
  3. 人をおいしく調理できる思考派で頭が良い
  4. 自らの魅力を熟知して自信がある
  5. 自由奔放で関わりに緩急と強弱を作る(褒めて焦らす的な)
  6. 男性の心理的弱点を熟知している
  7. 目力がある
  8. ターゲットの前では豹変する
  9. ターゲット以外の前では魔性だとわからない
  10. 切り替えが激しく、急に冷たくなる
  11. 演技上手で、人の洞察力に長ける
  12. 洗脳方法を知る(または無意識に使用している)
  13. 匂いのある独自性にて世界観が独特
  14. 創造性が高い
  15. 主導権を握り、テリトリーに飲み込むのが上手
  16. 刺激の喜びや満たしに貪欲で、主導権を握られると消える
  17. 悪意なく人を崩壊に陥れる
  18. 善には向かわない(悪を極める)

次は小悪魔さん。

小悪魔の女の特徴
  1. 自分が可愛くてしょうがない
  2. 男は誰しもが助けてくれると認識している
  3. 苦労をあまり知らない
  4. 男の多い家族の末っ子
  5. お嬢様
  6. 男性が喜ぶポイントをパターン化して把握している
  7. 魅惑以上に、助けたくなる雰囲気を出す
  8. 独自性以上に、自由な様に魅力がある
  9. 独自性以上に、強気な様に魅力がある
  10. 許されるポイントとタイミングを知っている
  11. 自己愛以上に、他者から愛されることを求める
  12. 自己価値を高めるために人をあえて弄ぶ
  13. 主導権を握れないと機嫌が悪くなる
  14. 刺激や癒しの満足と納得に貪欲
  15. 弄んでいることに気づかれた上で関わられる(利用されることもある)
  16. 善に向かう可能性も、悪に進む可能性もある

魔性と小悪魔では度合が変わることから、激しさに差が見られます。

魔性の女は男を熟知する天性の環境と、自然と養い続けている才能から、闇の匂いを強めて魔の力を使います。

魔の力によって関わる男性は、意志がなくなっているにもかかわらず新しい自分を発見するような喜びを抱き、あらゆる甘味な誘惑にて、既に魔性の女の中であることに気づかないほどです。

まるで幻覚を見せているように異の国へ誘い、女性の魅惑をふんだんに提供して、人間関係の血と汗と甘みと緩みから刺激という名の満たしを創作します。

気づけば心も頭も鷲掴んで溶かした飴細工がビヨンビヨンと伸びながら、あらゆる幾何学模様と色彩豊かな虹色ワンダーランドを披露。

目が覚めた男性はおそらくインドで真っ裸。

恐ろしい人だ。

小悪魔の女は好き勝手に楽しむ遊園地。

怖がられることも嫌われることも少なく、たまに恥をかかして怒らせる程度。

男を惑わし利用するテクニックとして重宝される大切な存在です。

幻覚の効力が弱ければ夢見心地も浅く、適度な顕在状態で意識を持って関わり、恋愛テクニックとして自らの喜びを作る男女の関わりが促進されます。

どちらも闇サイドの力ですが、一時の甘い誘惑で包み込むように、わたあめに包まれた白い物体は海に沈むか、公園のベンチに置いてかれるか。

公園がいい。そんな違いがありますね。

 

魔性の女の天性的な弱点と特徴

蜜を貰う男は魔性の女に牛耳られ、「何でもしてあげたい」と幻覚によって思うことはあっても、心から愛することはないかもしれません。

なぜならば、魔性の力で心の意志を消しているため、操りには心理やメンタルなど思考的に感情を使い、人間行動学に基づく関係性に則ります。

心以上に脳を使用した関わりであるために、魔性の女は自らの心を引き出されるような存在を毛嫌いする傾向があります。

弱点は光の存在との関わりです。

闇の反対となる光、悪の反対となる善の存在とは、恐怖ではなく愛を基に生きる人。自らの意志が明確でありながら他者の意志を引き出し、自尊や愛や心に気づかせてあげる人です。

弱点といっても利口で行動力があり、切り替えがとにかく早いのが魔性の女ですので、光が現れればササーと消えていなくなります。

「愛のある光側の人とは関わらない」という天性と反発することでの特徴です。

 

天性の蜜となる匂いを持つ

魔性の女の魅惑となる蜜は、蜂がブーンとやってきて花びらの上でゴロゴロっと寝転がり興奮するような効能があります。

この蜜をもたらすのが天性の“匂い”です。

嗅覚に限った意味ではなく、“独自性”という、男が取り込まれたいと思う唯一無二の世界観です。

独自性によって不思議な雰囲気と魅力が増し、より虜になりたいと思わせる匂いとして、魔性の価値が強まります。

「この人にしかない世界だ」と思える独自性は魔性の女の価値を高める材料になりながら、魔性の女自身が自らの意志と認識を作る創造性となり、他に干渉されても翻弄されず、自らを尊重するように意志を貫く強さとなります。

常識やルールなどの社会性に飲み込まれて自分の意見も認識もない、ということのない特徴は生まれつきの個の確立があります。

他者を模倣して自らを消すこと以上に、個々に存在する一人一人の在り方を尊重し、自分は自分である世界観を持つことは、常に自らが作り出す意識を持つ人間性を表します。

独特な考えや意見を持ち、他者に押し潰されない強さや、苦痛を恐れない恐怖との関わり方の理解があり、生まれながらの個を大切にする気質と同時に、人生経験が豊富な特徴です。

創造性の高さ、個を尊重する気質、独自性からの特有の匂いが、魔性の女の大きな特徴でありながら、天性たる所以を醸し出します。

 

魔性の女の天性と生まれつき まとめ

生まれ持った天性となる気質に性質。

私達は誰しもがあらゆる天性を持ちますが、魔性が天性であることは実際には考えにくく、幼少期からの生活環境、人間模様における経験が魔性を呼び起こす爆薬になる、という具合の話です。

最終的に魔性の力を使うか否かには環境にて培った人格と価値観があり、天性の欲の大きさ、個を尊重する在り方が混ざり合うことで、悪の力は闇感を強めて育まれていきます。

悪は人を見失わせます。
善は人を見せます。

闇と光のように自らを目くらますか、光をあてて指し示すか。

悪がないと善がわからないように、光がないと闇がわからないように、お互いに大切なものです。

闇は恐ろしいですが、目くらました時に行く道がわからなくならないように、自らのかごに入れて虜にしてあげるのが魔性の女。

後は煮るなり焼くなり好きにして。とはならず、笑顔でかごへ向かう男性は、魔性の世界を見ることで新しい自分が引き出されるように思え、興奮と歓喜を含んだ幻覚は、見たことも味わったこともない空間を夢見心地で堪能させます。

火の中、手の中、懐の中。着飾る色気が漂う時間は、空間湾曲と共にぐにゃぐにゃと。

それが魔性。気づいた時には夢の中、心を牛耳る女の手。

覚悟を持って一度関わると、楽しい世界が広がっているかもしれません。

魔性の力を得るまでには、あらゆる経験と自然な努力の積み重ねによる才能が潜みます。人として奥深くなるには、それ相応の過去と経験と努力があるもんですね。

それでは、魔性の女の天性たる所以のお話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

POSTED COMMENT

  1. ちっち より:

    ズバリ、小魔性の女は私の事ですね。

    周囲から ”魔性の女” に見られてきた私ですがその自覚さえなく
    ”違うんじゃないか?私はもっと穏やかなはずだけど・・”と
    感じていました。
    ”魔性の女”と言われる度、同じ女でも他のニュアンスがあるのでは?
    と思い続けていました。

    とてもしっくりくる素敵な記事で、とても感動しています。
    ありがとうございました!!(^_-)-☆

  2. くれるん より:

    うーん

    多かれ少なかれ 人を惑わすのはあんましよくないなあと。

    後悔している点は 正直ある(笑)

    少々ではなく、大反省会です。

    惑わす系統じゃなくても、すべてにおいての欲って ほんと大変です。

    ないと、生命としての危機なのかもしれないけれど、

    自分の欲で人を傷つけて、正気に戻ったときに、ほんとごめんって

    なにやっとんねんうちって、一人でいるときになぜか涙が溢れてくる状態

    になったことがある。

    無に帰れたら、無になれたら、誰も傷つけることはないのにな。

    いや、過去の繰り返しをみてるんだったら、どうにでもこうにでも

    せめて、人のためになるようなこと、大きなことはできんかもしれない

    けれども、しようかなあと思う。

    最近は 優しいとか真面目だとか、勘違いしてくれるひとが(親友は面白い っていってくれるけれど)

    多いけれど、ほんとは、日々自身の心と向き合わないと

    人を いつの間にか 傷つけてしまうから、慎重になっているだけで

    少しでも油断したら、大変なことになるってことを忘れないでおきます

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です