スピリチュアル

魔性の女にスピリチュアルな魔の性格|闇の力は魅惑と崩壊をもたらす

魔の性質。悪魔か、魔術か、魔法使いか。

不思議で魅力的な存在に、魔性の女がいます。

何者でしょうか?

人を惑わす魔性の力は一体どこへ連れていく。気づくとサイケデリックな色とりどりの世界、煌びやかで芳醇なにおいがかぐわしい。

まったりと体がほどかれるようにとろける、ここは異世界、魔性の女の世界。

魔性の女には力があり、闇を彩るスピリチュアルな性質があります。

ここでは魔性の意味からわかる、魔性の女の性格と闇の力をお伝えします。

魔性の力には魔の意味する人間味があり、意識や精神のスピリチュアルな理解へと繋がりますので、人間の不可思議さと凄みを知る一助として、正体を知っていかれてください。

おかしな人間模様をお楽しみください。

魔性の女 スピリチュアル

魔性の女とは

魅惑のキノコは毒か美味か幻覚か。

全部。

そんな内容をここではお伝えしますので、魔性の女ご自身は見ない方がいいと思います。

魔性。
言葉の定義は、“魔の力で人を惑わす性質”。

魔の性質を持つ女という意味です。

魔女的な、闇的な、悪的な、陰的な。

怖く、不思議で、関わり難いイメージもありながら、人を惑わす魅惑的な、惹かれるような、誘惑的な、甘く吸い寄せられるイメージもあると思います。

男を惑わす力となる性質の“魔”に、魔性の女の正体が潜みます。

 

魔とは悪の力

魔性の女の醍醐味は悪の力。これが魔性です。

魔とは閻魔や悪魔、魔女や魔術などに使われる言葉、「魔が差す」とも言い、悪い心を引出す意味です。

人を迷わし、悪をなす。そのための不思議な力を持つ。

まるで等価交換、不思議な力を得る代わりに、人を迷わす義務を課せられるような。

魔性の女とは、悪の力を持ち、人を迷わし、悪に惹きつける人です。

世の中には、「天然系魔性の女」もいますが、天然で自由奔放、何も考えていない天真爛漫、そんな悪はありません。

このようなタイプはただの魅力的な人。ただの素敵な人。ただの善寄りで魔性とはかけ離れます。

しかし、全て演技だったら話はボロンと変わります。

天然系を装う人は天然ではないことを表しますので、自分が演技している自覚がある場合には、悪の力がビンビン活きている魔性の女です。

ここでお伝えしたい魔性の女は悪であり陰、魔の性質を持った女そのもののことです。

しかし、単純に悪いこと、いけないことではなく、人を惑わす魅力がある=男を喜ばす力があり、魔の性質の奥深さが潜みます。

魔性の女とは魔の性質を理解して、男を手玉に取るような力の使い方をします。

ここにスピリチュアルな理解を含めると、より正体がわかりやすくなりますので、詳細を紐解きたいと思います。

 

魔性の女はスピリチュアル的性質

ここでのスピリチュアルの意味は、意識や精神です。

魔とは善悪の悪、天使と対極する力。

仏教の概念では、善事を害する、災いをもたらす、悟りの妨げとなる、修行を邪魔する=自分や真理を解く妨げ、煩悩を引き出し、人の心を悩ます悪霊と捉えられています。

魔性の女が悪魔で悪霊なんてことはありません。あくまでそんな性質を持っているだけです。

善の道を妨害し、悩ませ、考えさせ、翻弄させ、エゴを引出し、我欲に走らせる力を持つと、人を魅惑にも崩壊にも導くことができます。

  • 人によっては嬉しく、快楽に溺れ、快感にひた走り、生きている意味をも見出す恩恵が
  • 人によっては人生を壊され、自分を見失い、執着と依存と我欲の固まりにされる
  • 人によっては新しい自分、解放的で心地良い状態を頂け、なんでもしてあげたいと思える心を体感して満足できる
  • 人によっては心を奪われ、従順になり、支配され、ヨダレを垂らしながらワンワン言うロリポップキャンディーに

魔性の力は使い方次第で、人を快楽の海に入れて溺れさせ、幸せの淵で心地良く眠らせます。玉手箱開いたら…ってやつですね。

悪に身を染めさせ、己自身の理解を遠ざけることもできます。

 

魔性の力が共通してもたらす結果は、自分を見失わせること

精神を一旦消し、意識を自我ではなく、に変える意味です。
とは、自らを自らで認識できず、他の存在にて自分の存在を確証する(煩悩にて悩みや疑いや我欲を引き出す)

少しわかりにくいかもしれませんが、自らの意志で行動できなくなり、魔性の女の世界に飲み込まれることです。

魔性の女とは飲み込んだ人の自我を我にさせ、その人自身を見失わせるスピリチュアル的性質の使い手、という具合です。

良いも悪いも人それぞれです。良いと思う人にとっては本当に良いことであり、素敵な存在が魔性の女=魔の力。

 

魔性の女は心を牛耳る

飲み込まれるとは、心を牛耳られる意味です。

私達人間は肉体と脳と心の一体物。心がなくなると頭を使うようになり、仏教で言う修行の妨げになります。

思考散漫、悩みが多くなり、心が満たされない感情を抱き始める。理由付けや疑いが多くなり、思考的に空虚を埋めるように満たそうとすることで、嘘や思い込み、決め付けや正当化を図り貫こうとする。

周りの意見が聞こえなくなり、気づくと自分の認めたくない恐怖に覆われ、我欲に走り、快楽や刺激を求めやすくなり、一時凌ぎやその場の逃避癖が付く。

どんどんと自分が分散されるように遠ざかる。

しかし、そこはエキゾチックでエロく奥深い世界。

現れるのは、ズンズンズンズン。
あっはっはっは、私は笑うセールスマン、別名魔性の女。

魔性の女は闇の性質が根付いており、陰は陰を引き寄せるように、闇のにおいに強く反応します。

そこで、魔性の女が魔たる所以が発動します。

蜜を与えます。とろっとろっの甘ーい蜜、もだえる満たしの刺激、たまりません。

「心を牛耳る?どうぞうどうぞ」と喜んじゃう。

心を牛耳る魔性の力を使用し、蜜を与えて虜にします。

何のため?

他者をオモチャにして自分を喜ばすためです。

快楽と刺激と満たしを味わい、喜びの創作ができるから、人間の方がただのオモチャより楽しい。

このようにお伝えすると、「何だか魔性の女は最低だな」と思うかもしれませんが、全くそんなことはありません。

魔性の女は男を虜にすることで喜びを与え、その上で飼いならしていると思わせないように飼いならします。

人によっては幸せを与えてくれる存在です。

 

魔性の女の魅力

「自分を見失うなんて、怖い」と思う人もいれば、
「新しい自分を知れた」と思う人もいます。

自分が確立されている人にとっては、魔性の女とはただの自己愛が異常に強い人間です。

自分を染めて欲しいと思う人にとっては、新しい世界を見せる創造主のようになります。

まるであるがままの解放的な自分になれるような、普段できない甘えも、わがままを言える許しもあり、何でも言うことを聞いてあげたくなっちゃう、そんな自分でも知らなかった優しい気持ちを体感でき、これまでには知りもしない新しい自分、新しい世界を解放的に堪能する興奮と楽しみがある。

頭から離れない、忘れられない、ハマります。

魔性の女の魅力は、気づかぬ内に喜びながら縛られていることです。

相手を困らせるために縛るのではなく、喜ばすためなので縛られて支配される側は、心地良く自然と笑顔になります。

変態プレイのようですが、心理的な心情表現、楽しい快楽世界、魔性の女の世界に完全に入って身を染めている状態です。

完全なる主導権を握った上で相手の心を牛耳り、魔性色に染めるように関わり、闇は魅惑的な美しさを醸し出し、魅力を認識させます。

自分を失わされたにもかかわらず、まるで新しい何かを引出してもらうような、理解させてもらうような、心惹かれる気持ちになります。

これが魔性の女の魅力。心理と心を熟知し、心を惹く関わり方をします。

※魔性の女が理解している心を惹く話は、【男女別】なぜか惹かれる・気になる理由│答えは常に意味深なスピリチュアル をご覧ください。

 

魔性の女の性格と見分け方

魔性の女のスピリチュアルな性格

精神面を表す性格があります。

魅力的な在り方となる他者の心を消し去り、喜びを注ぎ足す行為。気づけば虜にされた人の頭は魔性の女のことでいっぱい。

これは既に頭が魔性の女に飲み込まれている状態でして、アニメ的に頭をパクッとされたとイメージしてもらうとわかりやすいと思います。

このような所業をする性格、独特なものがいくつかありますので一覧でご覧ください。

魔性の女の性格(精神面)
  1. サイコパス的
  2. 常識やルールは自分で決める独自性の強さ(何を考えているのかわからない不思議さ)
  3. 演技が上手く、理論的で頭の回転が速い
  4. 普段は自分を露にしないが、利益を得られる時に魔性の力が剥き出しに
  5. 性的に男をジーッと観る癖がある
  6. 経験豊富、知識量多にて余裕を持って物事を見る
  7. 観察癖、洞察力がある
  8. 我慢や忍耐は反吐が出るほど嫌い
  9. 洗脳的目力を使う
  10. 自己愛が強く、他者が道具に見える
  11. 男の心理を全てパターン化
  12. 喜びの創作は他者を使った刺激作り

 

魔性の女はサイコパス?

サイコパスは知的で思考的、理論的に相手を読み取り、心情を理解して内面を把握します。

人の内情を読み取ることから、嘘、誤魔化し、真意を知り、情報収集量が何もしていなくても異常に多いです。

他人に興味がなく自分に対する興味が強く、自分が喜ぶために他者を利用したり、コントロールして遊んだりします。

故意に人を蔑み馬鹿にする人もいますが、反社会性を持つために常識やルールに準じる概念がなく、人も携帯もゴミも同じように捉える、それが常識という人もいるので、自然と遊び道具として人を認識する人もいます。

もちろんそんなことをしない人もいて、悪意なく純粋に自己愛から人を弄ぶ人もおり、まるで赤ちゃんが大きくなったような状態でもあります。

良いも悪いも関わる人次第で変わるのがサイコパス、魔性の女と似ています。

 

魔性の女は自己愛に基づいて喜ぶために生きる

魔性の女をサイコパスに捉えると、性格がわかりやすくなります。

自己愛が異常に強く、他者を利用します。

頭が良く、理論的に男を手玉に取る術を知っています。

経験や知識量が多く、思考優位で物事の内面や実状を理解する認識力を持ちます。

男性は脳と気質、価値観と観念形態から、認められて愛されることを欲します。そのような心理や在り方を経験の豊富さから熟知し、あらゆる心理をパターン化し、臨機応変に手のひらコロコロを作ります。

常に自己愛が中点にあり、“自分の喜び”が生きる意味です。

他者を蔑み、おかしくさせ、生活を崩壊させてやろうという企みはなく、喜びを得るために他者を使って創作活動。

特に刺激を得る人間関係と模様を作るために、人の欲や嘘、歓びに血反吐、怒りに悲しみ、後悔に安堵、憎悪に妬み、愁いに快感など、脳から生まれる思考と感情を幅広く使います。

イメージは人間を使った芸術家、ヴァンダリズムで刺激と独自性と崩壊を。

創作で出来た自分自身の作品を全部燃やした時の、他者の反応などで刺激を得るような感じです。

※サイコパスのスピリチュアルな理解は、サイコパスの特徴とスピリチュアルな見方|赤ん坊のまま大人になった をご覧ください。

 

魔性の女の関わり方

魔性の女にとっての喜びとは、刺激です。

魔性の力を使う張本人は、力を得るために自らの心はありませんので、残った頭の使い方に長け、頭で作られる思考や、反応や反射から生まれる感情を多用します。

頭を使うと表れる特徴として、[喜び=刺激]になります。
※心を使うと“癒し”に

経験豊富なので、さまざまな他者からの影響があり、ちょっとしたことでは刺激を感じなくなっています。

脳が納得するために生きているため、歳を重ねれば重ねるほどに、過去の経験以上のものがないと納得しなくなる自然な仕組みです。

人との関わりはアブノーマルな形にもなり、性行為は奇形と化し、男をより深い世界へ誘い、快楽と刺激を作り味わうために手玉に取る行為を繰り返します。

傍から見ていると関わりはとても特徴的で、常に表の顔と裏の顔を準備し、一言発言すれば相手の反応や認識を裏の顔でジーッと見ます。

どんな状況でも自らが刺激を得られる準備を怠らない、独自の自己愛性の強さが表れます。

 

洗脳的目力にハマる

私が個人的に強い印象を持つ魔性の女の性格は、目力です。

洞察して内情を読み取るように頭を使うので、洗脳の手立ても理解し、目を活用します。

魔性の女は目をジーッと見てきます。ただ見るのではなく、快楽という思念を込めて見ます。

洗脳法の一つなのですが、闇系の人間が持つ特徴の一つでもあり、相手を飲み込み支配する欲が強い性格を表します。

快楽の気持ちを伝播させるように伝えることで、自分の空間に飲み込み、主導権を握ろうとします。

より魔性度が高くなると、女性的な魅力にて力を増大し、性的なイメージやフェロモンを使い、男性を見る時に性的な想像をして、感情や興奮を目に込めて相手を飲み込もうとします。

ただ目を見る行為にも企みがあり、喜びを求める強さにはあっぱれです。

サイコパスとやはり似ているところがあり、純粋な子供のような(善の力を持つ)人の目と目が合うことを嫌い、背けます。喜びを得る目的や対象が目の前になければ、目力を使うことも、目を合わせることもありません。

そこに、魔性の女の見分けポイントがあります。

 

魔性の女の見分け方

なかなか日本では魔性の姿を堂々と表す女性はいないかもしれません。

見分けポイントは傍からではわかりにくく、直接関わった時の反応や利益追求への在り方を見ることが方法になります。

自らの利益を求めて人と関わる際には必ず頭を多用するため、心理的に先回りした関わり方をします。

こう言えばこう言ってくる。
褒めれば、こんな感じで言い返してくる、そしたらここを認めて…とパターン化されています。

関わり方や利益の求め方に見分けポイントが幾つか表れますので、一覧でご覧ください。

魔性の女の見分け方
  1. 利益を得られると踏んだ特定の男には、驚くほど態度が変わる
  2. 刺激を作る時、目がギラギラする
  3. 大事な時に焦らす
  4. 異様に肯定して放す
  5. 目をジーッと観られた時に性的情動を感じる

心理を多用した思考発達が特徴的です。

思考的に関わりながら何も考えず自然にする演技が上手ですが、その経験の繰り返しにて行動や関わりがパターン化されているため、魔性の女と関わる時間が長くなると見分けポイントの傾向がわかるようになります。

特に目立った見分けポイントは目です。

目の奥に力が入っています(あくまで喜びを作るために人と関わる時)。

目がギラギラして、吸い込まれるような目です。

相手が目を警戒しているとわかれば、ギラギラをキラキラに変えようと癒し系のほんわか甘えん坊キャラに変化の術をしてきますが、闇系はどれだけ毛皮を被ろうが尻尾がジッパーから出ています。

ギラギラ感は魔性の女に見慣れるとわかってきますので、ぜひ観察してみてください。

観察されていることに気づくタイプですので、上手にしないと尻尾を巻いて逃げてしまいますのでご注意ください。

※魔性の女の特徴と天性の詳細は、魔性の女が天性たる所以│生まれつきの欲と見えざる努力で花開く魔の特徴 をご覧ください。

魔性の女が天性たる所以│生まれつきの欲と恐怖に蜜を与える特徴魔性の女は闇の力を使うことで男を虜にします。 心が満たされる陶酔感と高揚感を含めた幻覚を見せ、魔性の女次第で幸福を見せるか奈落に落...

 

魔性の女のスピリチュアルな理解 まとめ

魔性の女は関わる相手にも喜びを与えるため、人によっては「飲み込まれた」ではなく、「飲み込んでくれた」になります。

魔性の力を持つ人間の世界に飲み込まれると、新鮮で初体験的な興奮、陶酔感、爽快で刺激的な時間と空間を味わえることでしょう。

そんな関わりを作る魔性の女、虜になる人はハマりまくります。

純度の高い執着を引出し、煩悩とエゴを満載に放つ解放感は、堅苦しい社会から飛び出し、殻を抜け出すように新鮮なとろみをもたらします。

時に救済となる縛りの中の縛り。縛られていると思わなければ、夢の中の快楽と酔いしれた満たしの世界は、喜びを与える魅惑の提供者。

時に濃厚に、時にエキゾチック、時に崩壊的に、時に惑わす心地良さ。

気づけば海の底かもしれませんが、良いか悪いかは関わる本人のみぞ知る淡いピンクの闇の世界です。

魔性というスピリチュアルを含めた意識と精神の力、人の心に影響を与える能力者は、自らを闇に投じ、自己愛と刺激の探求を深める奥深い人へとなっていきます。

それは年月を重ねることでキノコを鉄鍋でグツグツ煮込む、別々魔女になるとかならないとか。

闇には闇が、光には光が引き寄せられるのがこの世の摂理です。関わる際には注意してお楽しみください。

それでは、魔性の女のスピリチュアルな理解を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

自己理解を深めて悩みを解決する個別相談。心理セラピストとのセッション。心理セラピストになる養成。
やる気を見出し、悩みを解決し、使命を得る機会があります。
現状打破と今後の飛躍。人生を変える選択の一つにされてください。

※あらゆる知恵の詳細。無料プレゼントのお受け取りはこちらからどうぞ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です