スピリチュアル

植物がよく育つ人と枯らす人にある意識の違い|魂が伝わるスピリチュアル

植物が好きな人の中には、植物がよく育つ人と枯らす人がいます。

どうして植物が好きなのか?
どうしてよく育つのか?
どうして枯らすのか?

これらの疑問には明確なスピリチュアルな理解と答えがあり、意識の違いと共に、魂の調和に理由があります。

ここでは、植物がよく育つ人と枯らす人のスピリチュアルな特徴と理由をお伝えします。

植物と会話する話ですので、気楽に読まれるとちょうどいい具合かと思います。

植物にあるスピリチュアルな認識

植物と会話することで始まるコミュニケーション

植物には私達人間と同じように“心”があります。

肉体はあり、脳がありません。

コミュニケーションの方法が人対人とは異なり、心にて感受する波動を使用します。

 

植物との会話は波動のエネルギー交流

植物と会話するコミュニケーションは波動交流。エネルギーを交わせることをします。

自分の波動を植物に送り、植物の波動を受け取ることでコミュニケーションが成立します。

波動とは、万物が有する振動エネルギー。感情、心情、意図、健康状態、精神状態などのあらゆる自分の状態を表すエネルギーとして発します。

波動交流であることから、シンプルな会話になります。

自分の気持ちを伝え、相手の気持ちを受け取ります。

波動は想念として想いを伝えることができるのですが、言語を入れ込めた場合、言語理解は受け取る側次第で変換されます。

植物には思考による巧みな会話技術や表現方法がないことから、自分の感情や気持ちとして状態を伝える形のコミュニケーションです。

 

植物との会話にエゴはない

相手の気持ちを感じ、こちらの気持ちを感じてもらう会話。

「この悩みを解決してもらおう」「相談して自分の気を軽くさせよう」「自分のために利用しよう」という一方的な意識がある場合には会話できなくなります。

人との会話では、我欲の解消や利益取得のために利用する人もおり、他者によって利益を得る我(エゴ)や我欲があります。

植物との会話に我(エゴ)はありません。

エゴがないことで、植物との会話はお互いに喜びもたらされる心地良いコミュニケーションになります。

「今日はいい天気だね~」「ホントだね~」という縁側、80歳同士、緑茶、という感じです。

 

植物との会話は敬いと楽しい喜び

コミュニケーションの仕組みが相手の波動受信であることから、相手を理解しようとする意識が必須になります。

私が、「今日も元気?朝から卵焼きと納豆だよ今日は、そっちは?」と言っても、
「…は?」となります。

「私、木、食べないでしょ!わかるあるか?」みたいな激昂はありませんが、単純にコミュニケーションになりません。

自分の言いたいことだけ口から発して、聞いている存在がいればいいという納得を求める行為には、“コミュニケーションする気がない波動”を相手に伝えてしまいます。

相手にネガティブな波動を伝えて、元気をなくさせることを意味します。

エゴがないことから会話には相互交流の意味が生まれ、お互いに気持ちを伝え合うだけのシンプルな会話にも、相手を敬う気持ちがあります。

赤ん坊と会話するように、赤ん坊のことを想いながらまるで独り言かのように話すことがあると思います。

敬いを持って相手のことを理解しようとするのは、自分の気持ちを発し、相手の気持ちを受け取る関わりです。その敬いを愛とも言います。

以上の植物との会話の仕組みから、植物がよく育つ人と植物を枯らす人の理由がわかります。

※植物と会話する詳細は、植物や石と話す。この世は不思議に満ちたスピリチュアルの世界 をご覧ください。

 

植物がよく育つ人のスピリチュアルな特徴

植物がよく育つ人のスピリチュアルな特徴7選

1、植物とよく会話する

植物がよく育つ人は植物と会話します。

前述の会話のことでして、話すとは違い、自分の気持ちを伝えて、相手の気持ちを理解することです。

相手の気持ちを確実に理解しているかどうか、植物と会話するかどうかは重要ではなく、相手を敬う愛を持ち、「植物が何を感じているか、想っているか」などを理解しようとする意識を持ちます。

 

2、地球と一体化している

地球を愛している人は植物がよく育つ人です。

植物は地球と一体化している生命。地球の自然エネルギーと宇宙エネルギーを循環させ、地球の一部として生きています。

川が地球の血であるように、地球上に存在するあらゆるものは地球のために生きることで物事を循環させ、自然で健康な状態になります。

植物は地球の循環に大きく関わり、エネルギー循環や空気を作り、大気を洗浄し、食物連鎖の基盤となります。

植物のように地球を敬い、一体化意識を持つ人は植物とも同化します。

 

3、魂レベルが高い

植物がよく育つ人は魂レベルという、意識の成熟度が高い特徴です。

愛を持つ意味でして、「自分の喜びを敬う」「他者が喜ぶことが自分の喜び」と、他者の喜びを敬う意識を持ちます。

魂レベルが高い人は経験が多いことを意味し、物事の表面ではなく内側奥を見る特徴があり、心理や哲学、スピリチュアルでも宇宙でも菌の世界でも、あらゆることを多角的、俯瞰的に認識しようとします。

植物と関わる際、出身や好きな気候や温度や環境などを調べたり、「どんな環境がベストなのか」を理解して提供します。

 

4、思考優位ではなく、感覚と感性優位

植物がよく育つ人は考え込むことがありません。

テキトーなところがあり、悩みません。悩んでも直ぐに解決したり、問題ではないと認識を切り替えます。

思考以上に感覚と感性を感じることを大切にし、心を主体にします。

片手間で水を上げる、電話しながらチョンチョンするようなことはせずに、植物との時間に集中します。

真剣にキラッと目つきで水やりするわけではなく、気楽にテキトーに一瞬一瞬を明確に認識するという具合。明るくて能天気な傾向があり、ポジティブな人です。

 

5、掃除がされている環境で波動が高い

植物を育てる環境が整っており、場所のエネルギーが循環されて滞りがない状態です。

掃除にて整理整頓されているのは、植物と関わる人の心が整理整頓されていることを意味します。

波動が整い、場所のエネルギーがスムースに流れて波動が高くなります。

波動が高い状態では植物と波動の共鳴が起き、波動を共有することでお互いのエネルギー量が高まり、人は心地良く波動が高く、植物は心躍るようにエネルギー循環をして寿命が長く、元気に育ちます。

 

6、グリーンハンド(グリーンサム)

グングンと成長を促すような、植物がよく育つ人はグリーンハンドと言われます。

英語ではGreen thumb(グリーンサム)と言い、緑の手と異名を持つカッコいい人です。

ポケモンで言うカエルみたいなタイプですね。

緑の手以外にも、水の手、火の手、茶色の手と分かれます。

グリーンハンドの人は植物の育て方が上手な傾向があり、無意識に育ててもよく育つ人で、愛を持って植物を理解する意識があります。

 

7、過去世と潜在意識に植物の記憶が強い

スピリチュアルな過去世の概念では、私達が人間になる前は、植物であった経験があります。

木なんかは生存日数が長いことでさまざまな経験があり、人と関わる神社の木だった過去世などがあると魂の記憶に強く刻まれます。

植物として生きていた時の記憶が強い人は、植物の意識と共鳴する潜在意識があり、自然に同調と敬いを持ち、植物がよく育つ人になります。

過去世にて植物と関わることが多かった人は、生まれながらの気質として植物への敬いと共鳴があり、「あっ、今たんぽぽ踏んじゃったよ、ごめんよ」と無意識に思ったりします。

以上が、植物がよく育つ人の特徴です。

 

植物がよく育つ人のスピリチュアルな特徴一覧

植物がよく育つ人の特徴一覧
  1. 植物とよく会話する
  2. 地球と一体化している人
  3. 魂レベルが高い
  4. 思考優位ではなく、感覚と感性優位
  5. 掃除がされて、波動が高い
  6. グリーンハンド(グリーンサム)
  7. 過去世と潜在意識に植物の記憶が強い

植物がよく育つ人のスピリチュアルには、波動概念と意識の高さ、心を優位にした愛があり、敬いを持って植物と接する認識があります。

※自然が好きな人の特徴は、自然が好きな理由にある性格と心理│ナチュラルは人間もナチュラルにする をご覧ください。

 

植物を枯らす人のスピリチュアルな特徴

植物を枯らす人のスピリチュアルな特徴4選

1、エゴが強い

植物を枯らす人の最も大きな特徴は、エゴの強さです。

植物とコミュニケーションを試みると、植物を思いやる気持ちが乏しい特徴があります。

エゴがあることで波動が低くなり、その場に負のエネルギーが停滞します。植物は自然と感じてしまうために元気がなくなり、枯れていきます。

 

2、思考過多で悩みが多い

植物を枯らす人は脳の使用頻度が高いです。

物事を考える癖があり、理論的で計算式を用います。

思考巡りが多く、過去の記憶や未来のことに対する回想や空想の頻度が高いことで悩みを作ります。

悲観的で否定を好み、批判や文句が多くネガティブになります。

 

3、ストレス過多、自分を明確に認識していない

植物を枯らす人は魂レベルが低いわけではありません。

ストレスが多く、自分や気持ちや意見がわからないという、自分を理解していない状態があります。

恐怖を抱えている心理を表し、与えずに貰いたいと欲するようになります。

自分が癒されるため、ストレス解消のため、自分の邪気を取ってもらうために植物を利用すると、植物のエネルギーを取る形になり枯れていきます。

 

4、こだわりが強くて頑固

エネルギー過多。自分でエネルギーをコントロールできない特徴があります。

チャクラが開きすぎている状態で、陰陽で言うと陽陽という具合に強すぎる可能性があります。

攻撃性や我の押し付けになり、負のエネルギーとして同じ空間にいる植物をアタックしてししまいます。

自分の理解でのみ植物の育て方を決めたり、水の配分や環境を決め付け、植物目線で理解しなくなります。

良かれと思ったことが植物のためではなく自分が納得するためとなり、言動や行動がエネルギーを奪い取る行為となり、植物は針で刺されるようにチクチクして弱まります。

以上が植物を枯らす人のスピリチュアルな特徴です。

植物を枯らす人の特徴
  1. エゴが強い
  2. 思考過多で悩みが多い
  3. ストレス過多、自分を明確に認識していない
  4. こだわりが強くて頑固

 

植物がよく育つ人と枯らす人の違い

植物がよく育つ人と枯らす人の特徴には、それぞれに共通点があります。

  • 植物がよく育つ人は愛がある
  • 植物を枯らす人はエゴがある

 

植物がよく育つ人は愛がある

植物がよく育つ人は、心を主体に感覚や感性を大切にすることから、思い込みや決め付けが少なく、「植物だから」「草だから」「木でしょ」「タラーンとしているやつね」という固定観念のある見方をしません。

植物も命として人間と同じように関わり、敬いの気持ちがあるために、名前を付けたりと大切にしようとします。

物事への線引きや差別がなく、同等に接する姿にある“愛”から高い波動が発され、植物は波動を認知して感じ喜び、心豊かにエネルギー循環をしてスクスク育ちます。

 

植物を枯らす人はエゴがある

枯れるとは死ぬことですので必ず理由があります。

植物のエネルギーが減退する理由にエゴがあり、植物のエネルギーを奪いとってしまいます。

恐怖を感じて怯えたり、怯えている自分を認めずに誤魔化したりと、自らに抵抗があると低い波動を発し、植物のエネルギーは自然と怒りや恐怖を持つ人に吸収されていきます。

 

植物のスピリチュアルな見方

植物は人にエネルギーを与えるために枯れる

植物が枯れる人や枯らしやすい人は、一概にエネルギーを奪い取っている訳ではありません。

植物の役割としてエネルギーを与える働きがあり、私達人間を喜ばせる一役を買ってくれています。

エネルギーとは自分の生気であり命。エネルギーを奪われることで枯れ、エネルギーを与えることでも枯れます。

人に自らのエネルギーを一方的に与えるのが植物。植物を枯らす人は植物に守られているとも言えます。

 

植物は波動を認知するエネルギーの塊

植物には思考がないことでエゴがありません。心を主体にエネルギーを基に生存してコミュニケーションをします。

人が発する波動を常に受け取って理解しているために人の波動に影響されやすく、下記のような状態になります。

  • エネルギーを共有して増やす
  • エネルギーの循環が起きている抵抗や滞りのない場所によってスクスク育つ
  • エネルギーを奪われて減らす
  • ネガティブな波動にてエネルギーが衰退して枯れる

脳がないことで本能(性質)の働きもなく、生存している意味は役割を全うすること、と考えられます。

役割とは、植物の種類によってもさまざまな役割がありますが、どの植物も共通しているのは“地球の一部としてエネルギー循環する”ことです。

 

エネルギー循環をするために必要な人にエネルギーを与える

役割のために、エネルギーを求めている場所に流そうとします。

循環は自然体を意味します。あるがままに一切の抵抗を作らず、流れるままに流し、起きるままに出来事も物事も受け入れます。

植物にエネルギーが入れば、愛の認知にて心が開き、エネルギー循環と流入が加速されます。

植物がよく育つのは、愛によって植物のエネルギー循環が促されているためでして、心が開くことでエネルギーをより吸収して循環させます。

枯れると、「うぅ、苦しい」と植物自身の気持ちを波動で発しますが、「助けて、ヤバイよ、枯れたくないよ」という思考はなく、起きる気持ちをそのまま表現し、起きることをそのまま受け入れます。

そんな最高な存在が植物さんです。

※植物の持つエネルギーの詳細は、植物の不思議な力はこの世の仕組みを紐解く|自然エネルギーに癒しと真理 をご覧ください。

 

植物が好きな人と花が好きな人

植物には花もあります。花が好きな人と植物が好きな人はスピリチュアルな観点からでは見方が違います。

自然との一体化を求めているのか、自分との一体化を求めているのかの違いです。

あくまで傾向ですが、植物が好きな人は自然との繋がりを好む傾向があり、花が好きな人は自分との繋がりを好む傾向があります。

 

植物が好きな人は自然との一体化を求める

植物や木や山などは自然との繋がりの体感があり、地球との一体化を意味します。

「自然と一体化することで本来の自分に戻れる」「開放的になって地球からの癒しや愛を感じる」というような、地球や宇宙との繋がりを認知することで喜びを感じます。

エネルギーとして地球や宇宙と調和し、全体としてのエネルギー循環への意識があり、植物がよく育つ人の特徴にもなります。

 

花が好きな人は自分との一体化を求める

花が好きな人は自分との繋がりを感じる喜びがあり、「心が落ち着く」「癒される」「ストレスがなくなる」という自分を主観にした喜びがあります。

自分を愛している、または愛したい意志があり、自分を成長させることや喜びへの意識を強く持ちます。

人と人の関わりを大切にして調和や協調を重んじ、周囲との関わりの中で自分を磨く認識を持ちます。

自然との一体と自分との一体に違いがあり、人それぞれに意識としての違いがあります。

※木が好きな人の詳細は、【木と同調する】木が好きな人の心理とスピリチュアルに自然なさま をどうぞ。

【木と同調する】木が好きな人の心理とスピリチュアルに自然なさま自然の中でも木が好きな人。 人の好みには自己表現があり、自己認識の鍵があり、心との繋がりがあり、人間性が表れます。 木が好き...

 

植物がよく育つ人と枯らす人 まとめ

植物がよく育つ人と枯らす人の違いには、愛かエゴかがあります。

愛とエゴには関係性があり、愛があることでエゴが生まれ、エゴがあることで恐怖を知り、愛を育むことができます。

お互いになければならないものでして、私達が人間だからこそ持てるものでもあります。

植物にはエゴがないことで、あらゆる感覚や気持ちの波動を認知して、コミュニケーションの仕組みにします。

エネルギーを奪うことで植物を枯らしてしまいますが、植物は全てを受け入れる自然の一部であるため、「くぅ、辛いぜ」という気持ちは表しても、「やめてほしい」「エネルギーを取らないでほしい」という認識は持ちません。

あらゆることを起きることとしてそのままに流します。滞りを作らずため池を作らないように起きるまま、抵抗を作らずにエネルギーを循環させる役割を全うします。

植物がいることで、見えないところでストレスを緩和していたり、「なんだかいつもほど苦しみがないな」と癒しを得ているかもしれません。

植物を枯らすことは植物から守られてエネルギー供給されていることでもあり、より植物を大切に想う理解へ繋がれば幸いです。

より植物との関わりに深みと情動が生まれ、コミュニケーションに色がつくようにお互いの関係性が良いものとなれば、植物も人も喜ぶ共存が生まれます。

地球を大切にする意識に繋がり、よりおいしい空気をスーハーする日がくるかもしれませんね。

植物との見えない関わりにて、お互いに心地良い関係性が育まれる一助となれば幸いです。

それでは、植物がよく育つ人と枯れる人のスピリチュアルなお話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

今日も植物との会話をお楽しみください。

自己理解を深めて悩みを解決する個別相談。心理セラピストとのセッション。心理セラピストになる養成。
やる気を見出し、悩みを解決し、使命を得る機会があります。
現状打破と今後の飛躍。人生を変える選択の一つにされてください。

※あらゆる知恵の詳細。無料プレゼントのお受け取りはこちらからどうぞ。

POSTED COMMENT

  1. くれるん より:

    なんか植物に好かれる人って

    鳥さんにも猫さんにも犬さんにも

    小さい子にも、

    なんだかんだで好かれているような気

    気がする。

    理屈じゃあなくて心を大切にしている感じ?

    父のそうゆう姿を見て

    最近それってめっちゃ大事だって

    気がついた。

    心を大切にすれば、排除されるもの

    なんてない。全てを保有するもの

    それが愛なのか??

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です