心理と特徴

影響力がある人の特徴に絶対的な真髄│信念との合わせ技一本

影が形に従い、響きが音に応じる。
他に作用を及ぼし、変化を与える。

影響力というものがあります。

影響力があるかどうかは年齢も性別も国籍も肩書も関係なく、人としてどれほど他に変化を与えるかにて問われます。

赤ん坊が最強かと。

影響力がある人とは赤ちゃん、以上。

と、これで終わってはつまらないので、影響力がある人を少し詳しく紐解いてみたいと思います。

影響力がある人には特徴と種類があります。

影響力がある人には絶対的な真髄があります。

影響力には良い悪いも人それぞれに見られますので、影響を与えるのか受けるのかをよりご自身のために見つめる機会となれば幸いです。

影響力がある人の特徴

影響力がある人の特徴11選

1、光と闇が両極端

影響の度合いが高まれば高まるほどに、光か闇のどちらかに分かれます。

愛か恐怖、陰か陽か、二極で分かれますが良い悪いはなく、光の人だから光の影響を与える、闇だから闇の影響とは限りません。

 

2、信念を貫く

影響力となる原材料に信念の貫きパワーがあります。

信念を持つことは誰しもにできますが、貫くためには意志を抱き、自己認識を高め、思考や感情を知り、観念や価値観を理解している前提があり、自分のことを知っている特徴です。

 

3、自信の塊

もはや塊です。

自信がないとか、欠如しているとか、少し隙間があるとか、そういった破片の可能性もないほど。

思い込みにて自信と自尊を持つ場合と、自信を持っているとも認識しない場合があり、両者は影響の類や力の及ぶ範囲が変わります。

 

4、経験値が高い

信念を貫けるさまは経験値の高さを物語ります。

過酷で辛いことも、特異で異様な経験もしている特徴です。

 

5、不干渉

他者に干渉せず、干渉されない状態を標準だと認識します。

人によっては他者に興味がない人もおり、興味があるのは自らが何をして、何ができて、何を与えれら、何をお返しでき、何を創るかです。

他に執着や依存せず、自らも他も客観的に見る目線を持ち、馴れ合い以上に個々の存在から見出される可能性と力を見据えます。

 

6、自信過剰になると人を利用する

一部の影響者ですが、自分のために他者を利用します。

洗脳や心理的な操作による影響力として、人を自分のために変えさせ、自らの納得や満足などの利益のために使うちょっと怖い人です。

 

7、洞察力と分析力がある

洞察と分析の認識力の高さがあり、手のひらコロコロ力の基盤となるものでもあります。

情報の瞬間的な取得、記憶、組み合わせが得意で、人や状況や状態を見極めて洞察し、細部に分析して理解できる人です。

何が自分にとって大切で、利益があり、必要かを知り、何が他者にとって大切で、利益があり、必要かを知ります。

 

8、柔軟

信念を貫く変えられない核を持ち、目的やゴールとして定めて達成を目指す動力を持ちます。

ゴールは何があっても変えず、目的のために柔軟性を持ち、道中は必要とあらばいくらでも変えます。

 

9、本性がわかりづらい

意味深で謎な存在です。

自律意識を明確に持ちながら信念の核があり、どれだけ偉い人に何を言われても合わなければあしらい流す。3歳児の意見にハッとしてガラっと意見を変えちゃう。

一瞬一瞬を生きる在り方があり、どれが本当の顔で、どんな性格が主で、どんな観念を定着させているかわかりづらい人で、掴みどころを見つけにくいです。

 

10、自分を敬う

「自分大好き」というレベルではなく、愛してやまない対象。
「私は私を敬い愛している」と自覚しません。

敬っているように見えなくても24時間365日、一瞬も欠かさずに敬うことが当たり前の状態です。

 

11、恐怖が好き or 興味がない

恐怖に対する認識が一般的ではありません。

闇側の人であれば恐怖を好み、派生させるように広げることが喜びに。

光側の人であれば恐怖を受け入れ、不要なものではないけど必要な状態を既に超えているので特に興味なし、「あればあるでいい、なければないでいい」

恐怖や不安、苦痛や危険に動じても、自分を抑制したり制御して止まることはありません。

自然と強い人という印象を周囲に与える特徴です。

以上が影響力がある人の特徴でした。

 

影響力がある人の特徴 一覧

影響力がある人の特徴
  1. 光と闇が両極端
  2. 信念を貫く
  3. 自信の塊
  4. 経験値が高い
  5. 不干渉
  6. 自信過剰になると人を利用する
  7. 洞察力と分析力がある
  8. 柔軟
  9. 本性がわかりづらい
  10. 自分を敬いまくる
  11. 恐怖が好き or 興味がない

※影響されやすい人の特徴は、影響されやすい人は自分がない?│実は自分だらけの心理と特徴 をご覧ください。

 

影響力があるとは

影響力がある人のキーワード

「影響力がある人と言えば」というキーワードがあります。

影響力とは力や作用を他に与えて、変化を及ぼす力という意味です。

影響力者に最も大切だと考えられることは他者との関わり。存在の確立です。

「この人はこの人」と明確に周囲にわかる存在。唯一無二の認識を周囲に与えるため、“自分”を確立しています。

自信があり、意志があり、信念があり、自己認識力があり、恐怖を簡単にあしらう様があります。

影響力がある人の大きな特徴は恐怖に反発しません。恐怖に対する抵抗がなく、動じない強さを持ちます。

影響力がある人のキーワードは、『恐怖に動じない強さを持つ』です。

 

影響力の種類

影響力がある人には光と闇の二極があり、光(愛)のある影響力者と、闇(恐怖)の影響力者に種類が分かれます。

影響が深く、大きくなればなるほどに二極に分かれる傾向があり、そこまで影響力が大きくなければ二極は見えなくなります。

光と闇という影響力の矛先に対する分け方だけでなく、影響力の幅や深さに対する分け方もあり、短期的な影響か、中・長期的な影響かにて種類が分かれます。

二つは初期影響か、継続影響かと言い換えることができ、それぞれに影響の効果や作用が変わります。

影響力の種類
  1. 初期影響(短期)・・・外部への作用
  2. 継続影響(中・長期)・・・内部への作用

一つずつ見ていきましょう。

 

①初期影響力

短い期間の影響を与える力です。

人の外部に対して作用や効果を与えることで、行動発起や気づきをもたらし、刺激と同時に影響が起きます。

外部とは思考や他の情報記憶、顕在意識に影響を与える意味。自分以外の“他”となる人や物、情報となるルールや常識、文化や慣習、他者の目や反応を主体にしたものに基づきます。

アイドルや独裁者、革新的なアイデアや思想、サイケデリックな未知や快楽、恐怖対処となる空想物語や疑似現実の憧れなどが該当します。

初期影響を与えるには突発性や刺激、衝撃に起爆と勢いが重要になり、トレンドや新鮮味、「今だけ!」などの制限やコントロール心理などが効果的で、ビジネスとしてよく活用されるものです。

 

②継続影響力

もう一つは、中・長期的に影響を与える力です。

人の内部に対して作用や効果を与えることで、行動発起や気づきをもたらし、大きな目覚めと共に影響が起きます。

内部とは自分にしか理解・認識できない深い部分の思考や記憶、潜在意識に影響を与える意味。自分を主体にしたものに基づきます。

根源的な知恵や哲学、自然の摂理や真理、コーチングやカウンセリング、自分自身を思い出させ、隠れているものへの気づきとなる能力や才能開花、潜在領域を認識するような自己理解を深める歓び、創造による未知の開拓となる動力や行動動機の発見などが該当します。

継続影響力には魂の理解も人によっては追加され、スピリチュアルも若干含まります。

自分自身に気づくという影響作用で、根源的で心の底から求める宝探しのサポート力となるので、継続的に影響が及びます。

宗教は継続影響力に該当すると考えられますが、恐怖から逃れるために執着する場合は初期影響、執着せずに自己理解の内側の信仰は継続影響と分かれます。

影響を与える側だけでなく、受ける側のスタンスによっても影響力の及ぼす範囲や質が変わり、人と人の関わりにも影響力は左右されます。

 

影響力がある人の真髄とは

影響力の矛先となる光と闇があり、種類となる短、中・長期があり、影響を受ける側の執着度によって範囲や質が変わります。

すると、
成長を求める人には成長を促す人が、
刺激を求める人には刺激を与える人が、
癒しを求める人には癒しを与える人が、
堕落を求める人には堕落を与える人が、
光を求める人には光を与える人が、
闇を求める人には闇を与える人が、
とそれぞれに人と人の繋がりがあります。

さまざまに分野や求めるものによって影響の受け与えの道が違うために、「他者を変えてやろう、へへへ」と企む人もいれば、「他者に変わってほしい、祈り」と想う人もいれば、「これで何か影響があればいいな」と考えたり、「勝手に影響受ければ」と思ったり。

いろいろと影響力がある人はいます。

しかし、とんでもなく影響力がある人がいます。

赤ちゃんです。

 

影響力がある人の真髄がある

さまざまに影響の左右があり影響力の及ぼす範囲も量も質も変わりますが、影響力がある人には共通したある一つの真髄があります。

とんでもなく影響力がある赤ちゃんを見ると明らかになります。

赤ちゃんが泣いただけで周囲は慌てふためき、なすがままに作用が及び、動きが生まれ、影響されます。

夜中に毎晩泣かれても、親の方が泣かされながら動きます。

超有名歌手が夜中に美しく泣いていても、眠ければ無視しちゃうかもしれないのに、赤ちゃんには影響されます。

親でなくても、赤ちゃんが道端で一人でいれば、誰しもが何かしら影響を受けるのではないかと思うほど、とんでもない影響力です。

そんな影響力がある人の真髄がこちらです。

自分にしかできない使命(目的)を果たしている。

 

使命を果たす信念を持つ人は影響力がある

光でも闇でも、自らを確立して信念を貫く姿には絶対的な自信があり、使命(目的)を持って自らに誠実に行動するさまがあります。

初期でも継続影響でも、唯一無二の存在として他者に対して自分のできることをする姿には、自分にしかできない使命遂行があり、全うするために絶対に変えられない信念を貫きます。

行動は本気で、覚悟も責任も持った在り方として一生懸命にできることをし、他者に自然と影響が及ぼしながら、自らを成長させます。

影響力がある人とは、自らの行為によって自らに影響を与え、他者にも影響を与える使命遂行中。

※影響力と関係する信念の話は、信念がある人とない人は何が違うのか?貫き度に曲げられない動力源 をご覧ください。

 

影響力がある人のスピリチュアル

影響力と信念の関係性から、使命に対する魂の概念が含まります。

使命には強い信念があり、覚悟を持って行動するさまがあります。

覚悟には思考、心、魂の違いがあり、魂から覚悟している人は影響力に強い信念が加わり、より大きな影響力として周囲に伝播します。

  • 思考による覚悟…意思
  • 心による覚悟…意志
  • 魂からの覚悟…信念
    目的達成の動力であり、変えることのできないほど強い念を持つ

使命には信念が関わり、貫く動力を持って全うする覚悟があります。

スピリチュアルには生前に既に使命を決めている魂の概念があり、生後に生活しながら思考と心で覚悟を持って使命や目的を持つこともあります。

生前から決めているものに関しては、変えることのできないほどの強い念を持ち、大きな覚悟を持ちます。

全うする使命として魂との繋がりを感じ、「これは絶対に達成する!」という気持ちになり、恐怖は到底太刀打ちできないほどの動力が魂から注がれます。

動力によって行為する使命は、他者に影響を与えようと思っていなくとも自然と影響を与え得る大きな影響力です。

エベレスト登頂などの自分の限界を超える勇姿や、スポーツ選手やアスリートなどの全てをさらけ出すような本気の姿、一生懸命で真っ直ぐで、どれほど辛くても努力をし続けられること。どこまでも楽しみ謳歌する姿には信念からの動力があり、行為や働きだけで影響を与える大きな力となります。

自分のためだけでなく他者のためも含めた時、千差万別の自分にしかできない使命全うの力として影響力が及びます。

※使命のスピリチュアルな話は、自分の使命を知るには人生の彩りを知る│スピリチュアルを活用した方法 をご覧ください。

 

影響力がある人 まとめ

影響力がある人は年齢も性別も国籍も肩書も関係なく、周囲に作用を与え、変化をもたらします。

エゴを生み出す前の幼い子供は、自らの認知と確立度が高いため、些細な一言で心を突き刺す大きな影響をもたらしていたりします。

子供は言うことも行動も見逃せない大切な存在です。

生育と共に経験を増やし、恐怖と仲良くなることでより影響力を強めて自らの在り方が定まり、目的を持って行動すると影響のえの字がちょろちょろと。

大きな目的を持って行動すると、影響のえいの字がちょろちょろと。

使命を果たすために覚悟して行動すると、唯一無二の類まれな大きな影響力がドバンッと放出。

使命を果たす覚悟の行動に“他者のため”という理解を含めると、大きな影響力がボッカンボッカンと大噴火。

そんな具合です。

子供でありながら自らの使命を全うしている人はとんでもない影響力者。

これが赤ちゃんです。

赤ちゃんの初めの使命は生きること。一瞬一瞬を本気で生きる人の行為は、誰も無視できないほどの影響力です。

そんな影響力がある人の特徴と紐解きから、影響を与える際も受ける際も、範囲や質をより良きものとされる一助であれば幸いです。

影響力のある人になりたいと思う方はぜひ赤ちゃんのようになられてください。

それでは、影響力がある人の紐解きを終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です