悩み

なぜ自分ばかり?怒られやすい人に潜む原因と改善│怒らせ上手になっているかも

「あのー、あの人同じことしましたけど、同じようにキンキンキーンしないんですか?」

「このやろー、全く反省してねぇな!だからお前はキンキンキーン」

私が毎日のように怒られていた学生時代、怒る人の声はこのように聞こえていました。

なんだか異様に怒られる人、いると思います。

どうして自分だけ怒られるの?

怒られやすい人にはタイプが何種類かあります。

タイプ毎に怒られる理由がありますが、全タイプに共通点があります。

それは怒られやすい原因。

私自身、学生の時は教師に標的にされることが多く、「どうして怒られるのか?」を洞察し続けた結果、明確な原因に気付きました。

その気付きは、怒る人の心理と合致する、怒られやすい人の原因にありました。

ここでは私の経験と理解から、怒られやすい理由と心理、怒られやすい人の原因と改善をお伝えします。

もし思い当たる内容があれば、参考にされてください。

怒られやすい理由と心理

怒られやすい理由

ミスやルール違反、他者に迷惑をかけ、危害や損害を与えれば怒られるのは当然ですが、誰しもが同じことをしていたり、共同でのミスにもかかわらず、おいおいおいっ!

「えっ、私だけ怒られるの?」

そんな人がいます。

言い方を変えると、怒る人のターゲットになりやすい人。

このターゲットになりやすいことが、怒られやすい理由になります。

これを紐解くためには、怒る人の内側を分解していくとわかりやすくなります。

怒る人は怒りたくて怒っているわけではありません。

怒るという行為は体力も時間も使い、わざわざこの世で5番目ほどに酷い顔をして、顔に血を登らせて赤み付け、ちょっと早口でも噛まないように言葉を並べ、それでいて適格に怒る内容を指摘し、馬鹿だと思われないように公式な怒りを披露。

いわば、正当な自己表現にて他者に憤りをブチ付ける

こんな行為をしたくはないものです。

中にはストレス発散や、喜んで怒る例外がいると思いますが、多くの人は怒りたくないのに怒ります。

これは、怒らせられていると考えられます。

いわば、怒る動機を与えられているので怒る。

何だかそれっぽいことを言っていますが、これは当然の話です。

怒る動機となるミス、迷惑、損失、危害、ルール違反、規律のぶち壊しなどなど、怒らせる側からスタート、迷惑をかけられる側、規律を守る側に終着エンドでドンッ、キンキンキーン。

怒らせられるので怒る。

このことから、怒る人の心理が少し見えてきます。

 

怒る人の心理

怒りたい人、怒るのが趣味的な人ではなく、怒らせられている人の心理には三つのキーワードがあります。

怒る人の心理キーワード
  1. 正当な怒る動機(権利)
  2. 他者から憤りを与えられている(被害被る)
  3. 自己表現させられている(他者都合)

一つずついきます。

 

1,正当な怒る動機

怒らせられているので、怒る行為に対しての正当な権利を得たかのようになります。

仕事で失敗、何度教えても覚えてくれない、「このこのー」と怒る動機を得ている(または与えられている)ので、「自分が怒るのは正当だ」と認識します。

この瞬間怒る人の頭の中に上下関係が作られ、怒る側が上、怒られる側が下という構図が完成します。

人それぞれに、「怒る権利があるんだ」「怒っていいんだ」「怒らなければならない」と上に立つ状態を得た、または与えられたと認識し、まるで自分が正当化されるような気にすらなる権利です。

ここにある心理は、「主導権を得たんだ(または与えられた)」というアドバンテージ、自分が上、正当、権利がある、力があると思える優位性認識です。

 

2,他者から憤りを与えられている

怒る人の心理からわかる二つ目は、憤りによって怒ることです。

怒る人にとってのイライラ、苛立ち、困惑など、憤りを与えられた実情にて怒ります。

憤りを与えているのは怒られやすい人。

ここでポイントになるのは、「何が憤りなのか?」は怒る人にしかわからないことです。

いわば、怒る人が決める自己ルール“これをされれば憤る”に合致することをされると怒る。

何が憤りになるか、これじゃあわかりません。ですが、怒りとは人の恐怖を表現する感情であるため、少しわかります。

怒る人にとっての恐怖に触発することをされるとそれが憤りになり、恐怖を揺さぶる人であればあるほどに怒られやすくなります。

 

3,自己表現させられている

三つ目は他者都合で怒りという自己表現をさせられている心理です。

喜怒哀楽、あらゆる感情は自らが体感感受して、自ら認識して内側を外側に表します。

ここには、明確な自己都合があります。

ですが、他者から怒りの動機を与えられる場合には、他者都合にてもはや強制的に自分の内側を駆り立てられて表現します。

これは見方を変えると、自己表現を強要させられている状態でして、感情コントロールができていれば話は別なのですが、そうでない人の場合には他者の影響に基づいて怒るために他律状態に陥ります。

すると、「あなたのために怒っているんだ」「なんで怒らなきゃならないんだ」という相反する感情の憤りが作られ、さらに怒りが増大し、怒らせる相手を嫌う正当化が起き得ます。

まるで自分を消されるような、操られているような気持ちになり、翻弄されてストレスを溜める大きな憤りを作る心理となります。

※怒りの詳細については、怒りのスピリチュアルはエネルギー|愛と表裏の関係を持つキレる訳 をご覧ください。

 

怒られやすい人の原因と種類

怒られやすい人の原因

怒る人の心理をまとめると、三つのポイントがありました。

  1. 主導権を握るアドバンテージ取得
  2. 恐怖に触発による憤りによって怒る
  3. 相手の影響にて怒らせられる翻弄

この三つの心理を煽れば煽るほど、怒られやすくなります。

そのため、怒られやすい原因は、怒る人の上記三点を揺さぶるからだと考えられます。

  • アドバンテージを与えれば与えるほど、それは正当化意識を与えれば与えるほど
  • 恐怖に触発する関わりや発言をすればするほど
  • 相手の存在や価値や認識を消せば消すほど、それは怒る人の人間性を無くす影響を与えれば与えるほど

単純に仕事のミスや、ルール違反をすればするほどに怒られるのは、正当化意識を与えているだけですので、それだけでは怒られやすい人にはなりません。

他の二点も含めて揺さぶる、三点全てを揺さぶりまくっている人はとにかく怒られやすくなります。

この三点、実は全てに共通点があります。

この共通をドンッと貫く人は、私の理解では紛れもない怒られやすい人です。

その共通点とはこちら。

人を怒らせておきながら、怒る人の影響を一切受けない

「人を怒らせておきながら」というニュアンスは、ミスや規律違反や迷惑だけでなく、「憤りを与える」という影響を意味します。

ここに大きく関わるのが、恐怖を与えることです。

恐怖とは、怖いという感情だけではなく、認めたくない、知りたくない、味わいたくないなど、「拒否したい」と思える認知です。

この恐怖となるのが、怒る人の影響を一切受けない様。

いわば、怒らせる要因を作っておきながら怒られている自覚が全くない人は、怒られやすくなります。

 

怒られやすい原因のポイント

怒られやすい原因として忘れてはならない理解があります。

怒る側を無関心にさせないことです。

いくら怒っても影響を受けず、「こいつに何言っても無駄だ」と思われれば怒られることは二度となくなります。

無関心になるのは、怒る意味がなくなる時です。

いわば、怒る側に動機があるから何度も何度も怒ってくるというものでして、怒られやすい人とは怒る側に怒る目的を与えている人とも言えます。

「なんだか怒るの嫌だったけど、この人になら怒りがいがあるな」と極端に言うとこういったイメージ。

他にも、「あぁ、怒んの気持ちいいー」とか、「もっとこいつに怒りたいぜ、うへへ」とか、「絶対影響を受けさせてやりたい、キー」などと思わせる影響を与えています。

この状態、怒らせる動機を与えておきながら、さらに怒りたいと思わせる目的を与えているので、見方を変えると怒る人をコントロールしています。

ですが、コントロールしていると自覚できない状態が、怒られやすい原因のポイント。

自尊がない状態です。

自らを敬い、尊重する様がない。

怒られやすい原因をまとめるとこうなります。

怒られやすい人の原因は、人を怒らせておきながら、自尊がない状態で怒られる影響を一切受けないため。

自尊のなさが無関心にさせないのは、正当な自己表現にて憤りをブチ付けられるため。
始めの心理の話です。

自尊がある人を相手にすると、怒る側は緊張します、これは恐怖の表れそのものです。

すると怒りたくありません。

ですが自尊がない人に対しては、正当な怒りの権利として上下関係を作りやすく、疑いなく怒る対象を下にするため恐怖を感じません。

これがあると正当な自己表現として怒り場を作れます。

いわば、怒る基盤が安泰し、心置きなく怒れる。

すると正当化を強めて自己価値を上げるために怒る、怒る人の価値を下げることで自分を上げられる、自己認知として存在の確証や意義を見出し、怒ることが納得や満足という利益を得る行為に変換します。

あとはこの類の人にターゲットにされると完成です、怒られやすい人。

 

怒られやすい人の種類

怒られやすい人を一言で表すと、怒られている影響を受けない自尊のない人ですが、ここには三つのパターンと言いますか、種類が分かれます。

怒られやすい人の種類
  1. ヘラヘラして誤魔化すタイプ
  2. 危険性のある自律タイプ
  3. 怒らせ上手の自覚がないタイプ

どれが一番怒られやすいでしょうか?

 

1,ヘラヘラして誤魔化すタイプ

自分に対して偽りを多用する人でして、オールラウンドに誰からも怒られやすいタイプです。

ここにあるのは誤魔化し。

怒られていることを真に受けず、事実を受け入れず、自己都合で自らが認識したいものだけを認める傾向があります。

このタイプは自己否定をとにかくしないようにする心理が考えられ、怒られたり否定されたり、自らを落とすような影響を進んで誤魔化します。

その対処となるのが、ヘラヘラしたり当たり障りない笑いで誤魔化す方法。

「もういいよ」と無関心にされがちですが、怒りがいがあると思われるタイプでして、いくら怒っても後遺症が全くないので、発散サンドバック的に怒られやすくなり、ストレス多めな上司に気に入られる傾向があります。

 

2,危険性のある自律タイプ

このタイプは能力高め、仕事場の上司に目をつけられやすいタイプです。

出る杭は打たれるという具合で、自律があり自己能力に対する自信があるため、上司からすると自己価値を脅かす危険性があると判断されます。

こうなると、同じミスをしても自分だけ怒られたり、責任を負わされたり、邪魔をしてくる人が出現。

このタイプが自尊を持つと、怒られることで逆に言い負かされる危険もあり、さらに集団帰属の中で自律があるので目立ち、個を主張して先に勝手に進んでいってしまうので、危険因子的な見られ方をされる可能性があります。

いわば、集団帰属の中で個を主張する様など、その場にそぐわないので目立ち、目の敵に勝手にされ、さらに怒っても全く聞く耳持たずで受け入れない自律主義者なので、「何度も怒ってやるぞ、もうー」と相手をいきり立たせ、怒られやすくなります。

 

3,怒らせ上手の自覚がないタイプ

最後のタイプは怒らせ上手。

ですが、怒らせていることに自覚がなく、本人はいたって一生懸命にしたことに対して怒られたりするので納得いかず、なんで怒られているかも自覚がありません。

このタイプ、最も怒られやすい人です。

相手を怒らせて時間や体力消費をさせながら、さらに相手の怒りを理解していない特徴があり、怒られる時のフォーカスが自分にしかありません。

すると、相手は怒りたくないにも関わらず怒らなければならず、さらに怒っている内容を理解されず、己に集中して真剣に聞いてもいない様が顕著に表れ、同じミスを何度もして反省していない明確化があり、怒る人の憤りを作りまくることに。

まるで怒りたいから怒っているかのように認識され、「もうなんなの、キー」とおかしくなってしまうかもしれません。

怒り狂うか、自覚させるために怒る説明を詳しくしなければならず、怒る時間が長くなります。

このタイプ、自信と自尊がない特徴があり、認識に余裕がないので言われたことをするのが基本スタンスとなり、理解していないのに理解した振りなど、自己都合で世の中を認識する傾向が考えられます。

行動に余裕がないと常に焦ってしまい、自らの許容を事実ではなく願望で構成するとできないこともできると思い込んだり、できないと言ってはいけないなどの自己ルールで固めてしまいます。

同じミスを繰り返し、怒られて悲しい自分にフォーカスをするので、ミスをした認識以上に自分の正当化と否定しないための誤魔化しへ向かい、変化を求めずに怒らせる憤りを積み重ねていく可能性があります。

※怒る人側の理解は、イライラする人に明確な心の合図|本当は怒っていないスピリチュアル をどうぞ。

イライラする人に明確な心の合図|本当は怒っていないスピリチュアル自制のないイライラは気付きのチャンス。 イライラする人には、自制なく怒鳴ったり悲しくなったりの状態表現の場合と、ストレスや自分ルー...

 

怒られやすい人 改善

改善方法:怒られやすい人を知る

改善のために最も重要なのは、怒られやすい人の理解。

それは、怒られやすい人は怒られている自覚がないと理解する意味です。

怒られる時のフォーカスは、願望、誤魔化し、思考、感情。

全て怒っている相手と怒られている自分を認識しないフォーカスです。

怒られやすい人は、「なんで怒られてるんだろう?」「なんで私だけ?」「また怒ってるよ」「アハハハハ、そうっすね」「変な顔」「はいはい、わかりました」などと、怒られる時の認識を怒っている人の内側や、怒られる原因に向けません。

この状態が、怒られる影響を受けない様となり、怒られている自覚のなさを表現します。

ここには、怒りを恐れる状態が考えられます。いわば、怒られる原因を作ったという自己否定に繋がる事実を恐れる心理。

「自分は何をしてしまったんだろう?」「この人が怒らなければならないことをしたんだ」「この人の時間を取っている」「怒っている意味があるはずだ」などと、怒られる意味や理由にフォーカスしない特徴があります。

この自覚拒否、フォーカスは自分が不利益にならない状態や、不利益を被っている被害者意識(自己否定せずに済む利益)に向かいます。

この状態は、他者認識と自責のなさ(自己否定しないため)が考えられます。

怒られやすい人とは怒られている自覚がない(またはしようとしない)、そして自らが原因で怒られやすくなっている自覚がない人です。

 

怒られやすい人の改善ポイント

私が学生の時、そして社会人になり立ての頃、仕事でミスをしたわけでもなく、とにかく怒られました。

怒られまくる際、常に怒られる原因や責任を追及せず、怒っている人のせいにしたり、「また無駄に怒ってるよ、変な顔」などと認識を誤魔化し、自分の在り方や怒られる基に一切フォーカスをしていませんでした。

これは紛れもなく、認識から逃げている自分でした。

事実から逃げているとは少し違い、自己都合で認識を湾曲させている自覚(という事実)から逃げる状態です。

これに気付き、さらに自らが人を怒らなければならなくなった時、これまでの自分の所業を捉えて誤魔化さず、やっと自覚することができました。

そんな理解から、怒られやすい人の改善は、怒られやすい人に自らが原因でなっていると自覚することと考えます。

事実をひん曲げる自己都合認識は自分のことしか考えられなくなり、他者の立場や目線で物事を見て感じて考える他者認識が、スッポリ育まれずに空っぽになります。

そこには自尊のなさと、自尊を守るために都合の良いように誤魔化したり自覚しないようにする姿があるので、自覚すると全てが本来の正しい位置で巡り始めます。

特に怒らせ上手の場合には、自己理解を拒否して自己ルールや思い込みを主体にしてしまう傾向があるので、最も自覚を要します。

そこで改善のために活用的なのがこちら。

怒られることは改善の機会そのものです。

怒られる時の相手の発言、ポイントを聞き、どこをどう直せばいいか教えを乞う。

その際には、自分では認識できないことをしっかりと正直に伝え、改善のために、それは自分のためであり他者に迷惑をかけないためなので、嫌だと断る人などいないと思います。

その上でどう学び向上し、次に繋げるか。

一つ一つ確実に自分のできることを一生懸命にして、自信を持てる作業を増やしていく、その際に怒られることがあれば、その機会を何が何でも無駄にしないと、着実な改善に繋がります。

怒られるのは不満や不納得や誤魔化しを作る場ではなく、相談や協力をもらいながらの改善機会として全く真逆の時間にする、そんな話です。

※怒られない仕組みの話は、あの人だけずるい。なぜか怒られない人の隠れた事実と赤ずきんちゃんオーラ をご覧ください。

あの人だけずるい。なぜか怒られない人の隠れた事実と赤ずきんちゃんオーラ同じことをしても一人だけ怒られる人がいれば、一人だけ怒られない人もいます。 怒られない明確な理由や意味があれば納得できますが、答え...

 

怒られやすい人 まとめ

怒られることが恒常化すると、より認めない認識を強めてしまうのは自然だと思います。

怒られるのが好きな人など、なかなかの物好きでなければいません。

そのため、自覚には勇気が要り、恐怖との戦いがありますが、それは自らとの戦いを意味するため、「怒られる自分を認めたくない」という拒否をしないのが大切な行為になります。

自らを押し殺す必要はなく、戦いではなく拒否しない。

怒られる自分を認められなければ認めなくても大丈夫です。大切なことは拒否しない、それが自覚を意味して次へ向かわせてくれます。

自覚し始めると、怒られることは他者の認識を知る経験になり、認識力UPの育みになると同時に、他者の意見や助言をもらえる機会になります。

それが的を射る回答かどうか、それは大きな理解ではなく、如何に認識を広げるかが自他全体の見方をもたらし、自他共に利益となる結果を作ることと思います。

言い方を変えると、自分のために怒る人の意見や理解を頂くと、自他のためになるグッドな話。

怒られやすい時はじっくり自覚。

そんな話に思い当たり、改善へ繋がれば幸いです。

怒られ続けたおかげで怒りのコントロールに繋がる、そんな特典もいつの日かお楽しみください。

それでは、今日の上司の怒り顔、48点ブーブー。

「なーにー!」

今日も怒られやすい私のひねくれ、変わらなーい。

それでいーい。

ってねー。

【忘れていた人生の合図を電子書籍にて販売中!】

ふざけた人生哲学 幸せはムニュムニュムニュ

サラリーマンだった人間がおかしくなる。森での変人化計画と全貌。

一人での森生活、襲ってきた熊は忘れていた大事なことを思い出させてくれました。

自分を探し出す物語。自分を見失い、人生に疑問を抱き、違和感を感じる時こそ、本当の自分を見つけ出す変貌ストーリーが始まります。

自分らしく人生を生きるための経験と知恵を詰めた哲学を、小説として読む内容。

興味を感じた方は、ぜひ始まりの合図を受け取られてください。それはムニュムニュしています。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です