スピリチュアル

自分の使命を知るには人生の彩りを知る│スピリチュアルを活用した方法

人生の任務、役割や目的と言われる使命。

自分の使命が何なのか気になるものです。

やるべきこと?
やりたいこと?
やらなければならないこと?

自分の使命を知るにも、見つけるのか探すのか気づくのか何のか、少しわかりにくいものです。

ここでは、詳細を見えやすくするためにスピリチュアルな解釈を活用し、自分の使命を知るための理解をお伝えします。

  • 使命とは一体なに?
  • 使命に種類がある?
  • 自分の使命を知るにはどうすれば?

これらの疑問の紐解きを知っていただく内容となっております。

理解と気づきにて使命を知ることに繋がりますので、使命の意味と自分の使命を知る一助となれば幸いです。

自分の使命にあるスピリチュアルな意味

自分の使命の捉え方がある

使命とはミッション、人生の任務と言われます。

役割や目的や天命など言葉はさまざまにありますが、大切なポイントは一つ、人生における自分の意味を成すことです。

少しわかりにくい表現かもしれませんが、人生を過ごす上での生きている意味や、存在する意味をまかり通すための行為です。

使命とは人生の意味を成す行為。

「人生」とはスケールが大きそうですが、大きいか小さいかは本人にしかわからず、本人が自由に決められます。

大小を知る基盤の自分を知ることで人生に話が向かうため、「使命とは自分と人生を物語る彩り」と捉えるとわかりやすいと思います。

 

使命とは自分を知り、人生を知ること

使命を知っているか否かにて、人生の指標・軸の明確度が変わります。

目指す先や目的、するべきことややりたいことがわかると、動機を見出して行動する理由がはっきりするために迷いや不安が減り、喜びや満足を得るための熱を持ちながら人生を突き進みます。

人生の時間の使い方や生き方を明確にすることができ、人生の意味がわかります。

「人生に意味などない、要らない」と思えるかもしれませんが、自然と人生の意味がわかるのが使命を持って生きる状態。

『使命とは人生の意味(理由を理解している中身)』という解釈ができます。

言葉上は任務、ミッション。実際に起きるのは人生の指標ができ、悩み解消し、目的や生きる意味を知り、行動動機や理由、自分がしていることを自ら理解するための軸となる使命です。

リアルな生きている現実では、人生を知ることを表します。

以上から、使命には二つの解釈が存在します。

使命の捉え方

  • 人生を知るための材料でありツールとして使命がある
  • 人生を知ることがそのまま使命となる

 

使命のスピリチュアルな意味

スピリチュアルに解釈すると、捉え方に内訳が加わります。

私達一人一人は意識でありエネルギー、魂として記憶を保持して自分という自我を持っています

生まれてくることにも、生まれた時の姿・形にも、現状の姿・形にも意味があり、使命や役割や天命を生まれてくる前に決めてくるとも言われます。

事前に決める際には、あらゆる過去の記憶を駆使して定め、魂としての記憶を総動員させて未来のミッションを決めます。過去を基に未来を決める行為です。

もちろん決めていたとしても自由に生きる意志があることで、未来はいくらでも変えていくのが私達人間です。

ここで着目したいのは、「使命をどうして事前に決めるのか?」です。

事前に決めることに何の意味があるのか?・・・使命の意味がわかる
本当に決めているのか?・・・自分の使命を知る方法がわかる

スピリチュアルを活用することで、これらの疑問から使命の意味と、知る方法がわかります。

 

スピリチュアルな使命は過程を重んじる

事前に決まっていたとしても今世で起きるのは、「その使命知りませんけど?」です。

決めたことを覚えていないので自覚できません。魂の記憶には刻まれていると考えられますが、無意識領域なので把握できず、今世を生きながら見出すことになります。

使命を見出すことが初めの使命になります。

人生の意味を成すためには、まず見出すことが先決で、一連は既に使命の内に入ります。

人生の意味は知るもの?見つけるもの?探すもの?気づくもの?加えるもの?理解するもの?超越するもの?…もはや何もしないこと?

何が正解なのか、理解の幅が広過ぎるように思えますが、人生の意味を探りながら生きる過程を経験することで見出せます

スピリチュアルな使命には、人生の意味を見出すための過程=行動と経験と理解が必須です。

※スピリチュアルの意味は、【スピリチュアルとは一体なに?】簡単に言うと意識。深掘りすると宇宙。をどうぞ。

 

スピリチュアルな使命に種類がある

「人間は成長するために生きている」と聞くことがあるかもしれません。使命の一連であり人生の意味でもあり、成長、学び、経験、影響作りにて記憶を増やすと、魂を向上させることができます。

使命が生まれた時からわかっている場合、インドの有名な人のように、生まれて間もなく天に指を示して、「天上天下ゆいがむにゃむにゃ」と人間離れしたことをするかもしれません。

その際には使命を全うする段階へ進み、意味が少し変わります。

事前に決めた使命を知っているか否かにて、使命を見出すための過程の要否が変わり、種類が見られます。

スピリチュアルな使命の種類
  1. 使命を見出す過程・・・成長の使命
  2. 使命を全うする・・・影響の使命

種類それぞれの詳細を見ていきましょう。

 

①使命を見出す過程

使命を得るまでの道中でありながら、これも使命です。

目的は明確に成長。学びや経験が主体となり、如何に自分を知り、人生の意味を理解するかが使命です。

使命を見出す過程とは、成長によって自分を向上させる意味です。

 

②使命を全うする

具体的に使命の詳細を理解した上での使命です。

人生の意味を理解している前提があり、人によっては他者の人生の意味を知る目的を持ちます。

最終的にはワンネスという全体の認知となっていき、自分の使命ではなく全体、他のため、人のため、環境のため、地球のためとなっていきます。

明確に影響を作り、自他に与えることが目的。自分だけでなく他者への影響を含めた発信力・影響力があります。

使命を全うするとは、自分を活かして影響を作ることです。

 

使命とは自分が絶対的な主観になる人生

二つの種類によってわかるのは、使命とは人生の意味そのもの。自分を知り、人生を知る一連であり、知った後も続く人生の意味を成す行為です。

一人一人が己の人生を持ち、全ての中心に自分が存在し、人生をどのように見て、捉えて、感じて、思うかは自由です。

人生の意味を知るのか、気づくのか、加えるのか、創るのかは本人にしかわからず、意味を成すとは本人のみぞ知れることを表します。

絶対的に自分が中心で主観になることで人生の意味が自然とわかり、自らが中心だとわざわざ認識すらしない状態となり、無我夢中で目的に向かって突き進むさまが表れます。

使命とは熱中、集中が自然と表れる状態であり、はっきりと自らの生きる道を知っているさまです。

※人生の目的については、人生の目的はスピリチュアルがおすすめ│終わらない魂に生涯の遊び方 をご覧ください。

 

自分の使命を知る方法

自分の使命を知るために知っておきたいこと

使命を知ることで人生の目的や生きる熱を得るように、迷いなく突き進む動力となり、不安や恐怖や苦痛のない状態、または納得や安泰を作る状態になれます。

人生の兆しが見えることにはあらゆる利益があるために、使命を知りたくなるものだと思います。

一つ明確に把握したいのは、使命は与えられるものではなく自ら見出すものということ。

使命は自分の中にしかありません。

自分の外側で探す=他者から与えられる、他から得る場合には、現状のあらがいに対する利益や納得という別物になります。

自分の使命を知るためには内側、現状の不満や苦痛など目先の対処ではなく、自分を知る目的が大切です。

使命を知るための目的を明確にすることが大切。
他者主観ではなく、自分を主観にして理解する意志(喜びを自ら作る動機)が重要ポイントです。

 

使命には大それたも些細もない

もう一つ知っておきたいこととして、使命にレベル分けはありません。

見出す過程も使命ですので、あらゆる自己の成長や、他者との関わりでの経験や学びは使命になります。

大それたも些細もなく、目的を果たし、役割を持って行動し、意味を理解し、自分を伸ばす経験となり、才能開花や能力向上、アイデンティティに気づき、パーソナリティを創りと、さまざまに人生の意味を成していきます。

人それぞれに言葉としては、役割、使命、目的、天命以外にも、生きがい、やりがい、熱意、集中、楽しい、嬉しいなどになります。

  • 人によっては子供を産むことが使命
  • 結婚すること、結婚しないことが使命
  • 貧乏な家で育てば、貧乏を脱却することが使命
  • 金持ちな家で育てば、金持ちを脱却することが使命
  • 何も考えない人間性であれば、考えるようになる経験が使命
  • 考えすぎる人間性であれば、考えないようになる経験が使命
  • ‥‥

使命を見出す過程にあらゆる成長機会があり、必要な時間になります。

使命を全うする段階になると成長に影響が追加され、発信的に他との関わりが深まります。

全力で自分を知り、成長し、影響を与えるという喜びを自ら作る意志が大切になり、使命のレベル分けや価値に眼中なし。ポイッと放りましょう。

それでは、実際に使命を知る方法を順番にご覧ください。

 

自分の使命を知る方法①:敬いの信念

実際に使命を知る際、それが使命かどうかがわかる明確な合図があります。

魂からの合図、信念です。

信じ貫く心、絶対に曲げられない意志、絶えない火。使命であれば何があっても心は折れず、壊れず、貫く信念を感じます。

スピリチュアルな理解として、事前に使命を決めていることが本当なのかを確認する方法となり、同時に自分の使命を知る方法になります。

信念は魂の意志との繋がりにて体感する気持ちであり感覚、熱です。

魂の意志として事前に決めている使命に触発すると、「そのために生まれてきたんだ」と無意識ながらも絶対に曲げられない気持ちを抱きます。

信念を感じさせる気持ちによって自分の使命を知ることができます。

その気持ちは使命の種類によって変わるので、詳細を見ていきましょう。

 

成長のための使命には、自分への敬いがある

使命の種類の一つ目は、自分に対する敬いが信念に含まれます。

敬いとは自分を許す、尊重する、受け入れです。

敬いの形は人それぞれに変わります。

  • 人によっては強い気持ちで頑固になる
  • 優しくほがらかになる
  • 継続する動力と気持ちを持つ
  • 負けない気持ちや、恐怖に飲み込まれなくなる
  • 他者を蹴落としてでものし上がろうとする
  • 攻撃的で排他的、自己防衛を強めて激しさを増す

さまざまな形があり、全てに共通するのが自分への敬い。信念を敬うからこそ無茶をして、強くなり、恐怖に負けず、時に他を排他し蹴落とし、熱を持ってまっしぐら。

または、楽しく嬉しくなることを尊重し、自分としてあらがわず、行為を全うする。

敬いによってしたいことやりたいことにフォローする意志をも感じ、喜びや嬉しさ、楽しさや満たしをもたらすので、その気持ちを感じるか否かも使命を知る方法になります。

着眼、焦点の矛先は自分のみです。そのため、時にわがままで嫌悪を周囲に与えます。

それでも曲げられないのが信念です。

 

影響を与える使命には、他への敬いがある

使命二つ目の種類は、他に対する敬いの信念が合図になります。

この場合、自他への敬いが共にある信念です。

影響を作り、与えて他と関わるため、自他への影響を自ら発信する使命となります。

したいことやりたいことなど、使命を全うする行為には他に対する敬いがあり、人のため、動物のため、自然のためなど、思いやりや尊重、居場所を作ったり社会的な差別をなくしたり、他のためです。

しかし、間違えてほしくないのは他を変えるのではなく、影響を与えて他自身が自ら変わるためのサポートや一助とすることに、敬いからの使命が見られます。

曲げられない信念であるために、必ず自分への敬いを忘れていないことが前提にあり、自己犠牲で嫌々他者だけ助かるというものとは違います。

常に主観は自分でありながら、他を敬う信念があるか否かを確認することが自分の使命を知る方法です。

 

自分の使命を知る方法②:違和感とカルマ

二つ目の方法は、カルマの解消が使命になる場合です。

前世を含めた魂の記憶があることから、あらゆる因果が人それぞれにあり、解消するべくカルマが積まれています。

カルマの解消は自己の成長に直結し、現実や起きたことを認める必要があります。

カルマは本当にさまざまですが、自分が認められないことがあれば解消するべくカルマの可能性があります。

違和感や不調和など、自分らしくいられないことでの拒否、否定があり、違和感と認め難い拒否がある場合にはカルマ解消が使命になり得ます。

例えば、家系のカルマはとてもわかりにくく、自分が起因していなくとも因果応報に絡まることがあります。

家系で代々続く何か。みんな離婚している、アル中続き、男の子しか生まれない、女の子しか生まれないなどなど、その際にはそのカルマを止めることが解消になり、違和感や強い拒否があれば使命となります。

※わかりにくいと思うのでカルマの詳細は、自分のカルマを知る方法|知るだけか解消するかが分かれる意志がある をご覧ください。

 

自分の使命を知る方法③:主体性を持つ

三つ目の方法は、主体性を持って人生を生きることです。

自分の人生である確たる認識を持ち、自らが現実を創造する立場として主人公の自覚をします。

ポイントは他に干渉せず、自らが喜びを作ることです。

他者の使命や生き方と比較して自分を見るのではなく、喜びを与えてもらう、利益を貰う、安泰を待つのではなく。

自らを見て、自分の意見を持ち、感情を表現し、気持ちを認識し、喜びを作り、利益を生み出し、安泰を掴みにいきます。

主体性を持って受信ではなく発信し、消費ではなく生産し、止まるのではなく行動することで、自分の使命を知る方法になります。

※使命が見つからない際には、やりたいことがない、けどやりたくないことはある場合に知っておきたいこと をご覧ください。

 

自分の使命を知るポイント一覧

これまでの内容から、自分の使命を知るポイントがいくつかありますので一覧でご覧ください。

自分の使命を知るポイント
  1. 人生の意味を知ること
  2. 喜びを作る意志を持って自分を知ること
  3. 自分を知り、人生の意味を理解する過程で使命が見つかる
  4. 自分に対する敬いの信念の有無が使命を教える
  5. 他者に対する敬いの信念の有無が使命を教える
  6. カルマ解消の嫌な仕事的使命もある
  7. 主体性と創造意識が重要

以上のポイントで大切なことは、敬いを持って自分を知り、信念を知ることです。

人生の意味が使命であるため、今使命がわからずとも、自分や信念の理解が深まる過程で使命を知ることができます。

※使命を見出すために欠かせないやる気の詳細は、やる気が出ない時「自分」がいなくなる│消える意識のスピリチュアル をご覧ください。

やる気が出ない時「自分」がいなくなる│消える意識のスピリチュアルやる気が湧かない、だるい、動きたいのに動こうとしない。 行動したい気持ちはあっても実際に行動へ向かわないジレンマ。 このよう...

 

自分の使命を知るスピリチュアル まとめ

自分を尊重し、そのままでもあるがままでも許し受け入れることは、愛して大切にする意味です。

目の前を大切にし、一つ一つの出来事や人との関わりに意味を見出す気持ちを持つと、そのまま自分を知り、人生の意味を知ることとなります。

人生の意味がわかると意味を成すことができ、その際の行為はそのまま使命になります。

自らが喜びを作る意志を持つと、使命を見出す過程の経験や学びの成長が使命そのものとなり、その中でも曲げられない信念や気持ちを抱くかを確認すると、詳細に使命を知るスピリチュアルな方法となります。

使命とは人生の意味であることから、喜びを得て活力的な行動となる人生の指針にもなります。

カルマや成長も使命であるため、辛さや恐怖の克服や改善も含まれます。

自分を知り、敬いを持って生きることが使命そのものとなり、生きる過程の一つ一つを大切に認識し、意味を持つ行動が、詳細な使命を知ることに繋がる。

そんな使命のお話です。

スピリチュアルな解釈によって使命の意味の内訳がわかり、信念という魂の意志からの熱を活用すると、自分の使命を知る方法になりますのでぜひ参考になれば幸いです。

それでは、自分の使命を知るお話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

自己理解を深めて悩みを解決する個別相談。心理セラピストとのセッション。心理セラピストになる養成。
やる気を見出し、悩みを解決し、使命を得る機会があります。
現状打破と今後の飛躍。人生を変える選択の一つにされてください。

※あらゆる知恵の詳細。無料プレゼントのお受け取りはこちらからどうぞ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です