スピリチュアル

花粉症のスピリチュアルな意味は総決算|治す方法は自覚と受け入れ

花粉症には学術的な理由や、ストレス状態からの心理的な理由や、食生活からの健康的な理由がありますが、そこにはスピリチュアルな理由と意味もあります。

しかし、花粉症の理由は現在でも明確には知られていないんです。

「アレルギー、以上」
「先生、どうして私は花粉症アレルギーになったんですかね?」
「知らんがね、そんなもん、人によって、ブラブラブラ」と。

そこには、スピリチュアルな理由が含まれるために、人それぞれに相対的な反応が表れ、根底の花粉症の理由を曖昧にします。

スピリチュアルとは全てのことに意味を見出す哲学の内訳です。
そのため、学術にも心理学的にも健康的な見解も含まれ、そこに一人一人が持つ自分の世界の認識が含まれるので、一人一人に違う答えが導かれます。

ここでは、私の花粉症の兆候から判明した花粉症のスピリチュアルな理由と意味を共有したいと思います。

判明したのは、「私のハイヤーセルフに確認したんですよ」という完全なスピリチュアルな認識になります。そんなことはどうでもいいことですが、よりスピリチュアルっぽくなるかと思うのでお伝えしました。

それでは、花粉症にお困りの方に役立つ内容であることを願い、あまり知られていない花粉症の明確な理由と意味、そして治す方法をご覧ください。

花粉症のスピリチュアルな原因

花粉症の原因を探る

花粉症の学術的な理由はアレルギー、心理的な理由はストレス、肉体的な理由はジャンク、不摂生な食生活という具合でしょうか。

しかし、アレルギーの理由は不明、ストレスなく、一年間ノージャンク、肉ほぼなし、魚少し、納豆と野菜ばかり好んで食べても私のように花粉症。

理由不明です。

私は花粉症にはならずに育ちました。しかし高校生のある時に突然花粉症になり、その後は花粉症シーズンになるとお店に入れなくなるほど酷くなります。

空気の出入りが多い空間に入ると、そこに滞留している花粉が口に入るは鼻に入るは目に入るはで、息ができないほど鼻水が止まらなくなり、目が完全に開かなくなります。

「うわっ、目が開けられない、うわっ、誰か助けて」と、本当に腰を曲げて手を左右にこまねき、眼鏡を必死で探す農家のおばあちゃんみたいになります。

当初はパニックでしたが、毎年のことで慣れていき、花粉症の時期には大型店舗以外のお店に入店できないという状態でした。

しかし、海外へ出た瞬間にピッタリ花粉症がなくなり、5年間の海外の旅にてさまざまな場所へ行きましたが、一度も花粉症にはなりませんでした。

そして、帰国して数か月した花粉シーズンで、「ズルズル、ズルズル、ぶあっっくしょん!」
再開です。

日本はスギとヒノキの花粉が多いのかなと思ったのですが、私は異常に鼻が効くので、花粉のにおいでシーズン入りはニュースより早くもわかります。そのため、海外にいる際も花粉のにおいはさまざまな場所で察知しており、花粉の味もあるので花粉が口から鼻から体内に入ってきますが、花粉症の症状は一切ありませんでした。

なのになぜ。日本では花粉のにおいがし始めると、ズルズルして目が痛くなります。

花粉症になったり治ったりを繰り返すことで、原因を探り続けましたが私にはわからず、ハイヤーセルフという自分の11次元の守護霊に原因を訪ねてみました。

すると、花粉症にはスピリチュアルな原因がありました。

 

花粉症は欠乏の不満足表現

花粉症のスピリチュアルな原因には、アレルギーやストレスや食生活の原因が全て含まれており、どれも花粉症の原因です。

そこに人それぞれに、“不満足感”“不納得感”を持つことで、花粉症の症状を決定付けます。

 

花粉症の原因は不満足感、不納得感の蓄積

花粉症のスピリチュアルな原因は心の反発を作る自分自身が作ります。

「こうなりたい」などの願望から現状否定の気持ちを生み出すことで、心の反発となります。

それは、現状否定になる不満足感や不納得感の“欠乏感”という気持ちで作られ、「こうなりたい」「こうしたい」「こうあったらいいな」というポジティブに思える願望や気持ちだとしても、現状を少しでも受け入れない気持ちがあることで、花粉症の原因を作ります

 

花粉症は不満足感が一定許容を超えると発症する

花粉症の症状が出るのは、不満足感を作ったらズルズルするのではなく、蓄積して一定の許容を超えたときに発症します。

  • 花粉症はアレルギーであり、アレルギー症状は花粉症に限らず、蓄積を重ね続けて、あるラインを超えると爆発するかのように反応として症状を表す。

それはカップに不満足感を溜めていき、カップを溢れるまで蓄積することでドバーンとなり、ぶわっくしょんっ、わっちゃっちゃ、ズルズルビーンとなります。

人それぞれの心の反発の許容を超えるまで不満足感や不納得感を作ることで、花粉症になる。

幸せであっても、ストレスがなくても、食生活が整っていても、今以上を求めた際のちょっとした現状否定が花粉症の原因になる。

心の反発による願望と言っても少しわかりずらいかもしれませんが、これはそのままの自分を受け入れていないことを表す心の認識です。

スピリチュアルな理解では心は魂であり、魂には潜在意識と繋がった“ありのままの自分”の姿があります。その自分は全てを受け入れており、“ネガティブ”に捉えたり、“受け入れない”という概念がありません

そのため、現状否定に繋がる欠乏を持つことで、心である自分に反して生きることとなり、不調和やわだかまりとなる反発が生まれます。

どれだけポジティブな気持ちで、「こうなればいいな」と思っても、その真意に、「今のこの状態、この生活、この人達と一緒にいるよりも幸せがある」などの気持ちがあることで、気持ちを裏返すと自分を否定する思いを作ってしまいます。

「こうなれば今より良くなるな」という思いから、「今より良くなる = 今も良いけど、良い状態と比べたら…」と現状否定が入ります。

意識をしていなくても、思考的に今以上の喜びを求めると、欠乏の思いが含まれ、不満足感が無意識に蓄積していく。

願望を持つ際には、現状を受け入れた上で、「こうなったらもっと私は喜ぶ」と現状否定なく、喜びにさらに喜びを作るような状態であることで、否定の気持ちは含まれなくなる。

 

花粉症のスピリチュアルは総決算の意味がある

花粉症のスピリチュアルな原因には大切なポイントがあります。

それは花粉症の原因となる不満足や不納得の欠乏感の蓄積は【一年間の総合蓄積量】であることで、肉体の細胞が全て生まれ変わる期間です。

一過性のある不満足感ではなく、年間を通して蓄積した量が許容を超えていることで、ドバーンとなります。

 

一年間に溜まった不満足感を花粉シーズンに吐き出す

肉体は花粉シーズンを活用します。

花粉かどうかは正直どうでもよくて、肉体は花粉をきっかけに鼻水や目の痛みやくしゃみなどにて症状を露わにすることで、蓄積された花粉症の原因の不満足感を排出しようとします。

一年間の総決算として、溜まった老廃物を出している状態が症状であり、心の反発の思いや脳内や心にべた付くヘドロを体から出します。

体は体内の心の汚れや脳内と肉体の汚れを出すタイミングを見計らい、排出することでキレイに掃除されます。

病気や風邪の認識と同じで、症状は自分の中にある不調和やわだかまりを教えてくれており、痛みや症状の体の反応が出ることで、蓄積した不要物を取り除こうと働いてくれていることを表現します。

風邪をひいた際に咳をして、鼻水を出して、熱を出すのは、体の治癒能力にて治している意味があり、花粉症も同様に症状が出ることに意味があります。

そんな症状の意味に、スピリチュアルな理解がさらにあります。

 

花粉症のスピリチュアルな意味

花粉症は掃除の時間を表す

花粉症のスピリチュアルな原因は、一年間に蓄積された不満足感や不納得感からの現状否定となる心の反発です。

心の反発は、ありのままの自分で生きられなくする不調和となり、自分の思考ではそう思っていなくても、心の真意を認識すると今を受け入れていなかったりします。

受け入れないことはストレスにもなり、さらに食生活からの花粉症にも、体が求めていないものを体内に入れることで体の不満足としても症状が出ます。

肉体と繋がっている心は反発によってヘドロを吐き出し、そのヘドロを自分から出したいんです。

その際に肉体は花粉症を活用します。
肉体はきっかけがないと行動することができないので、風邪にして排出したり、病気にしたりしますが、花粉症は一年間の総決算にて年間ヘドロをベロベロと排出することができるので、不満足感が多ければ多いほど花粉シーズンは肉体の最高の時です。

「ついに来ました総決算期!」「全部出します、出し尽くします!」という横断幕を掲げた肉体内花粉症対策課。
今年の目標は、4月末までの全て排出です。

 

心身に蓄積した不満足感からのヘドロ掃除

花粉症の症状を出し、心身をキレイに清く、ありのままの自分でいられるように大掃除を肉体は始めます。

花粉症の症状が出たら、出せるだけ出しましょう。我慢したりすると大掃除の邪魔をしてしまうので、自分のためになりません。

そのためにも、鼻水は飲まずに排水溝にぺっ、鼻水はチーンとかんでごみ箱ぽいっ、くしゃみは何度もわっはっは。

毎日のうがいで口をゆすぎ、鼻の中をキレイにすることや、家の中などの滞在場所の空気をキレイにすることは心身大掃除の手助けになります。

花粉症のスピリチュアルな意味では、心身が花粉シーズンを活用して、心身内の汚れを排出している。
掃除をすることで、ありのままの自分で生きられるための合図やサインを見えやすくする。

※掃除のスピリチュアルな話にてわかりやすくなりますので、掃除の効果は心を洗うスピリチュアル|運気と波動UPの嬉しい時間 をご覧ください。

掃除の効果は心を洗うスピリチュアル|運気と波動UPの嬉しい時間突然掃除したくなることがあるかもしれません。 掃除には物理的に物が片付くことで整理整頓されると同時に、月日によって蓄積されたホコリ...

 

花粉症を治す方法

心と肉体は連動しています。そのため、肉体が浄化されると心も浄化され、その反対も然りです。

しかし、花粉症には食生活による肉体の不満足感の原因もあるために、心との連動なく肉体のみの力によって掃除をする必要もあります。

そのため、花粉症を治すには肉体の浄化と、心の浄化が共に必要になります。

花粉症を治すには、肉体の大掃除の邪魔をしないことが前提にあります。

なので、症状が出たらドバドバと出しましょう。そして、その際に最も大切なことが、花粉症の症状は自分を浄化して清掃してくれている“自覚”です。

 

肉体が自分のために働いてくれている自覚が大切

肉体は心と連動して、あくまで自分の中の不要物を排出して、心豊かに一年を始められるように、そして、ありのままの不調和のない自分として生きられるように合図を送ります

肉体は症状を出すことで不要物を排出して浄化を推進します。その際に、肉体を使用している“自分(肉体と脳と心を統括した自我)”の状態と肉体の活動の意味を把握することが、浄化の基盤作りになります。

それは、監督のいないサッカーチームでみんなが自分のできることを試合で一生懸命にしている時に、メンバーのために校長に好き勝手言いまくったらクビになった監督が観客席から応援している状態です。

みんな不安でした。チームがバラバラで、手は指との連動がままならずタコ踊り。
足はクネクネダンスを始めて、ドリブルしたい脚がうまく走れず、足の指もスパイクの中でピロピロ動いている。

みんなが頑張っていることを自覚することで統括が生まれ、花粉症の症状を浄化させる掃除をより一層促します

 

不満足感のある自分を自覚して、今の自分を受け入れる

最後の仕上げに、今の自分を受け入れることで花粉症とさようならすることになります。

花粉症のスピリチュアルな意味には、花粉症が治まった後の意味合いがあり、それは、ありのままの自分で生きやすくなることです。

体も心も常にありのままの全てを受け入れた自分として生きることを望んでいます

そのため、肉体がしていることを自覚すると共に、自分自身に起きていることと、自分の在り方や現状を受け入れていないことの意味を自覚することが、肉体の応援になり、自らの意志である“心”を綺麗にし、心からも連動している肉体の浄化を促します

心とは自分の中心点であり核となる部分です。そこに理論や計算の思考はなく、掃除をするために、一つ一つ片付けなければならない過程もありません。

“受け入れる”ことで、心の不純物は一瞬で浄化される。

そのために、自分の気持ちや在り方を自覚することが大切となり、現状の自分に100点をあげていない自分を見つめることが花粉症を治す方法になる。

その際に、「100点をあげなければいけない」ということはありません。自分がどのように自分を認識して、どのように受け入れない気持ちを見出し、どのように現状否定に陥っていたかを自覚することが、自分を受け入れることとなり、一人一人違う自分としての在り方が生まれます。

自分に否定や不調和や違和感なく、「これが私」と心から思えれば、肉体も脳も心も全てはその意向に順応します。

すると、どれだけネガティブでも、「文句を言う自分が私」と自覚して受け入れていれば、不満足にはならず、花粉症になりません。

全ては自分を自覚して受け入れることで認識が変わり、不満足感の蓄積をしないことができますので、今の自分を受け入れることが花粉症を治す方法になります。

 

花粉症を治す方法の意味 解説

自覚と受け入れにて花粉症を治す方法と言っても、わかりにくいかもしれないので、参考として私の場合を例としてご覧ください。

私は、自分の好きなことをして生活をしているので、毎日がポジティブでとても幸せに過ごしていました。

そのため、不満足感などはちっともないと思っていて、ポジティブに、「もっとこうなったらいいなぁ」「こうなれるようにもっと頑張ろう」「たくさん勉強してもっとわかりやすく伝えられるようになろう」などと生活での幸せを増やすために行動をしていました。

そしてついに、「これで思ったように向上したんじゃないかな」と思えるまで頑張って行動をした時に結果が全く伴いませんでした。

その時の反応で気付きました。「これだけやってもだめなんか」と思ったんです。

そこには、“未来への期待”があり、“決め付け”“欠乏感”がありました。

期待だけだと思っていたのですが、実際に結果が伴った時に、それは自分を受け入れず否定をして、「今のこれよりも、こうなった方が幸せなんだ」と現状の欠乏感からの決め付けで期待をしていました。

無意識に不満足感を自分で作って溜めていることに気付き、ちょうどその頃、グシュグシュンし始め、鼻水と涙が止まらなくなり、花粉症シーズンINでした。

花粉症の症状が酷く、暇つぶしによくハイヤーセルフと遊ぶためのコンタクトを取っていたので、聞いてみたところ、「そりゃ、不満タラタラや」と言われました。

そんな自分を自覚すると、「もしかしたら、無理矢理に現状を受け入れようとして、頭で考えて頑張って幸せになっていたのかも」と思い、何も考えずにただ現状の自分を受け入れました。

それは、鼻水が出ていることをそのまま、「普段は鼻水出ないけど出てくる、体が出したいんだな」「くしゃみがでるのは、体が出したいんだな」というように、「もっと幸せになりたいからいろいろ頑張って生きているんだな」とそのまま観察する状態です。

すると、「今、幸せ」とそのまま感じ、「今も良いけど、もっと幸せだったらもっと良い」と思うまま思い、「今のままでも良いけど、もっと喜びを自分で作れそうだから頑張ってみよう」「あくまで幸せは結果でもたらされるんじゃなくて、自分で作る!」と受け入れました。

そしたら、その後二日間は症状がより激しくなったのですが、二日後には治りました。

不思議なもので、花粉症のにおいだらけで、外に行けばいつも感じている花粉の味もしているのですが、全く涙も出ず、くしゃみがなくなり、鼻水は一日一枚のティッシュという具合でほとんどなくなりました。

※症状にして自分の内側を表す話は、咳にあるスピリチュアルは心身向上を誘導する|隠された意味と心理状態 もご覧ください。

咳にあるスピリチュアルは心身向上を誘導する|隠された意味と心理状態ゴホゴホと突然咳が出たり、咳が止まらなくなる。そして、慢性的に咳が出て止まらないことがあると思います。 肉体と心が繋がっていること...

 

花粉症のスピリチュアルな仕組み まとめ

花粉症は一年の総決済であり、溜まりに溜まった原因を排出する喜びの時です。

症状が出ると辛くて大変ですが、心身は喜びまくっていますので、協力してキレイにしてしまいましょう。

私は花粉症になったり治ったりを繰り返し続け、「なんか体に遊ばれている」と思っていましたが、思えば不満足に繋がる“欠乏からの願望”が多かったなぁと思い返します。

願望は大切なものですので、欲として持つといいのですが、願望を抱くと同時に現状否定の気持ちが含まれているかどうかをしっかり確認したいところです。

不満足感や不納得感は、言い方を変えると不安や恐怖となり、仕事の心配やお金の不安、結婚や人生など、人それぞれに生まれているかもしれません。

花粉症にならずとも、定期的に風邪にしたりして心の反発を排出している人もいます。
私自身、自分のコントロールで花粉症にはなっていませんが、心身がヘドロを出したい時は、焚いている火の煙を吸って風邪になったりして、「えっ、これが?」という自分の理解では不明ですが、さまざまな機会を肉体は活用します。

花粉症は総決算としては最高の活用であり、排出し放題の大掃除です。

花粉症の人が多くなることは、物事の受け入れが少なくなっていることを表し、それは幸福度を左右します。

昔の人は花粉症になることがなかったそうです。満足して幸せだったんでしょうね。

スピリチュアルな認識によって、花粉症を自分のために活用することができますので、受け入れや現状否定のバロメーターとして自分を知る機会にされるといいかもしれません。

どんな自分でも自分ですので、自覚と受け入れを試しにされてみてください。

それでは、花粉症のスピリチュアルについての話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です