スピリチュアル

セックスの本質は性エネルギーの受け渡し|赤ちゃんが教える性行為の意味

セックスの幅の広さ、驚愕の人間知能と言いますか、思考にて満足感を得るための私達の脳はいくらでも快感を作り出します。

そもそもセックスをする意味はあるのでしょうか?

本能による脳の働きと肉体活動があることで、セックスにはさまざまな意味が加わりますが、セックスの本質的な意味を考えるとスピリチュアルな理解が生まれます。

なぜならば、性行為にはエネルギー概念があり、それ以外は汗水たらして、「運動かよ?!」みたいな体脂肪消費タイムのノリではないかと思います。

ここでは、セックスのスピリチュアルな意味から、「何のため?」「何の時間?」「どういう行為?」「幸せのため?」という理解をお伝えします。

実は赤ちゃんの時を思い出すと、セックスのスピリチュアルな理解があったりしますので、私の赤ちゃんの時の記憶を含めて、スピリチュアルセックスの理解拡張をしていきましょう。

奇怪な内容ですので、気楽にまじまじと、そしてじっくりとご覧ください。

セックスのスピリチュアルは性エネルギー

セックスとは愛のエネルギー共有

愛を交換する場、それをこの世では“ベッド”と呼ぶそうです。

性行為とは愛の交換による共有の場の意味があります。

私達はスピリチュアルな概念ではエネルギー体です。同時に、肉体と脳があることで物質概念がありますので、両方の理解があります。

エネルギー体の認識となるのは、私達の持つ“心”です。心とは“愛”のことで、善悪の“善”の認識となり、気持ちとして「心地良い」と感じさせます。

物質概念には肉体と脳があり、共に連動して本能による活動を司り、さらに脳は思考によってネガティブとポジティブの“感情”を作り、気持ちとして「納得、満足」「不納得、不満足」をエゴから感じさせます。

 

性エネルギーの交換による性行為

スピリチュアルな認識では、心の愛によってセックスをする場合には、愛による性エネルギーを第一チャクラから生み出します。

そして、性エネルギーをパートナーと交換することでエネルギーを増大させて一体化することができます。

それは愛の特性であり人の能力でして、愛のエネルギー空間を作ることで性エネルギーを一体化させて、両者が入り混じるようにエネルギーを分かち合い、共有によって愛が増大していきます。

そして、エネルギーの増大に伴って心の愛の認知が広がって、魂としての心地良さを感じます。

 

性エネルギーを交換して何になるのか?

一体化によって愛を分かち合い、育む際の心地良さは、脳の快楽や満足とは違うものとなり、「全てを委ねてもいい」というような絶対的な安心感と開放感の委ねを感じることになります。

そこには、本質的な人として存在する意味があり、私達一人一人が愛の塊である理解があります。

セックスによる性エネルギーの交換によって、自分を制御したり隠すものがなくなり、あるがままの魂の状態となり、何もかもが剥き出しで、「恥ずかしい」「いやらしい」「卑猥」「みだら」「恐れ」「不安」などのあらゆる障害や弊害が一層された解放状態になり、完全なる純粋な自分が出てきます。

そのため、セックスにて性エネルギーを交換することは、両者がお互いの愛によって、お互いのあるがままの自分を表す時間となり、そんな何も隠すことのない相手には、愛からの“感謝”を抱く関係性になります。

セックスには、性エネルギーを交換することであるがままの自分を見出し、愛を育むことでの愛への理解が深まる意味がある

セックスは自分を見出して理解させ、愛の存在であることに気付かせます。

 

セックスは愛を育み、愛を与える

セックスによって自分を理解することに、スピリチュアルなセックスの意味があり、快感を求めることや、必要とされている、愛される、愛しているという確認作業とは別のリアルな愛の共有時間になります。

心地良さの源であり、自分の源でもある愛を体感することで、自分の愛を持ってパートナーに愛を与える意志を持つことにも繋がります。

それをするかどうかは人それぞれですが、性エネルギーの交換にて愛の分かち合いが起きれば、相手に、「愛を与えたい」という心からの想いを抱きます。

すると、愛を与え、貰い、与え、貰いの循環が起きて、ますます愛を増やし続け、セックスの頻度が高まり、より自分を、そして相手を理解して、人としての本気の関わり合いが促進されます。

 

性エネルギー共有は誰とでもできるのか?

これまでの内容のように、お互いに愛を持って自分を知る理解が実際に起きればバンバンザイですが、そのためにはセックス相手がとても重要になります。

愛の共有によって愛は増大されて一体化を体感しますが、共有がなく一方通行、または両者に愛がなければ、それはいったい何の時間になるでしょうか?

愛のないセックスをする意味はなに?

そうです、ジムの手すりがついた走るやつと同じです。「外で走れぇい!」と言いたいところですが、ここで言いたいのは、思考的な体脂肪消費計画ということです。

真面目に言うと、“脳の納得と満足”です。

 

愛がなければセックスの意味はエゴの拡大

愛がなければそもそも性欲はありません。

性欲には“肉体と脳と心”の三種類があり、愛のない場合には、脳の思考による性欲のみが存在します。

それは、思考的に自分を満たして満足をする性欲となり、相手の顔、体、服、場所、状況、心理、においなどの外部情報と、他者や社会性との比較による優越感や、承認欲求、自己肯定材料、そして脳内ホルモン分泌として、脳が満足と納得をするための性欲です。

脳の思考にて、「腰を振ってパーティは最高に気持ち良いぜ」「激しくベッドをギシギシさせるのがセックスの神髄なり~」などとルール設定をして、条件を達成できた時に、「はぁはぁ、最高だ、はぁはぁ」「そうだよな、俺、はぁはぁ」「最高だったでしょ、ねぇ私、はぁはぁ」と納得します。

愛がなければ、自分の脳の納得や満足のために相手を利用する状態となります。

この状態をマハトマガンディーさんは、“劣等者”と言いました。

禁欲主義として性行為も禁じたガンディーさんは、「相手を愛の対象として見ない段階で、既に相手は私の中で“劣等者”になってしまう」と言っていたそうです。

 

劣等者の見方をする愛のないセックス

愛のないセックスをする場合、そこには意識をせずとも“利用する”という認識が生まれます。

愛がなければ相手を敬う気持ちがありません。すると、セックスの目的と意味は、“自分のためのみ”になってしまいます。

そこに相手を喜ばす目的はなく、自分が快楽を味わうことや、相手を気持ち良くさせているかどうかの確認にて、自己満足や自己肯定にて脳の納得や満足をします。

スピリチュアルなセックスの概念はなく、愛の共有も性エネルギーの交換も起きず、心からの心地良さがなく、体の反応としてイクという状態です。

愛のないセックスにてオーガズムを得られる場合には、脳内快楽ホルモンのドーパミン、エンドルフィン、オキシトシン、セロトニンが分泌されて、脳内幸福を感じて快楽に溺れる、またはセックスへの嫌悪感の記憶を強く刻む可能性がある。

 

愛を知らないと脳内快楽から抜けられず、愛の共有ができなくなる

学術的には女性は男性よりもオーガズムを得やすいそうです。

オーガズムの定義(特に男性)が主観的であるために、射精をすることでの快感がオーガズムかどうかは厳密には決まっておらず、むしろ違うのではないかという見方が多いと言われています。

すると、男性がオーガズムを得ることはほとんどないのではないでしょうか。

女性は刺激への感度幅が広く、陰部の性感帯が広いとされているために、オーガズムの種類が豊富で、一部では26種類のオーガズムがあると報告されているようです。

女性は脳内快楽をホルモン分泌によって感じやすく、その感覚が強く、さらに頻度によって増すことで、脳が満足するためのセックスから離れられなくなる可能性があります。

すると、愛のセックスによる心地良さとは違う快楽に走り、相手に愛を与えるセックスをする意識もなくなります。

エネルギー共有はお互いの意志が大切となり、一方通行は成り立ちません。相手が一方的に奉仕を続けることはできますが、相手の愛がなければ奉仕にも愛がなく、愛のない快楽をそれぞれに味わう時間となり、同じベッドにいるのにお互いの脳内でのみ、せっせとホルモン作りをしているような不思議なことになります。

 

相手を敬う気持ちがあることでセックスに意味が生まれる

愛とは自分を理解することで体感する自分の源です。
愛の共有によってお互いに自分の愛、そして相手の愛を体感しますが、それがなくても愛を感じることはできます。

それが、自分も他者も敬う気持ちです。

セックスをする際に、「自分だけ満足させてもらいましょうか、さぁ」という具合では、相手への敬いはなく“利用”のみです。

相手を選ぶことも大切ですが、自分の愛が前提としてなければセックスは運動みたいなものになり、「ジムでもいっとけーい」という感じが否めなくなります。

相手を敬うと同時に、自分を敬って大切にすることが大事で、そうするとセックス相手を選ぶ際も自分を大切にする意識によって、自分を軽く見せることもなく、軽く見る相手に近寄られることもなくなります。

※性欲にあるスピリチュアルな理解は、性欲のスピリチュアルでわかる自分の欲深さ|ムラムラする理由とは? をご覧ください。

性欲のスピリチュアルでわかる自分の欲深さ|ムラムラする理由とは?ふがふがもんもんハッスルビンビン。性欲旺盛、蛇だか亀だか人参だかを食べてモリモリとなる。 性欲には肉体的なものと、思考的なものと、...

 

スピリチュアルなセックスとは

相手のエネルギー受信による体調と運気の変化

性行為をする相手によって体調や運気が変わることがあります。

これはエネルギー交換の概念から自然な結果として、相手のエネルギー受信をした影響が起きます。

エネルギー交換をすることで、エネルギーの発信・受信・または両者が両方を持つ特徴が表れます。

そこで、受け身の人は相手のエネルギーの影響を受けやすい人間性があり、セックスにて運気も体調も変化しやすくなります。

 

セックス相手の人間性と波動状態が重要

裸で体を重ねるとは、体の密接だけではなくエネルギーも密接し、お互いの影響を受け合います。

私達の体は肉体がありますが、その外側にも目には見えないエネルギー体が覆います。

肉体から、エーテル体、アストラル体、メンタル体、コーザル体、ブッディ体、アートマ体、モナド体という八層にて私達は構成されている。
※エーテル体は肉体を覆うように外側にあり、さらに外側にはアストラル体と続いていく

エーテル体は周囲からのエネルギーを受け、感情や健康状態に影響を及ぼす部分でして、セックスでは相手の波動によるエネルギー介入がエーテル体に起きます。

そのため、相手の波動状態によって、体調変化と運気への影響が左右されます。

 

エーテル体が受ける波動

エーテル体はオーラとして見る部分でもあり、周囲のエネルギー変化で影響を受ける部分であるために、性行為での超密接状態ではオーラもブヨンブヨンになったり、猛烈になったりします。

相手の波動状態によって影響を受けるため、相手の感情や健康状態、精神状態やエゴの度合いが重要でして、ネガティブでエゴが多ければ多いほどに、セックスをすることで体調不良になり、波動を下げられることで運気も下がります。

 

思いやりと感謝のエネルギーで運気が上がる

相手に思いやりがあり、自分が感謝を抱く状況があることで運気が上がります。

相手から、「喜ばせてあげたい」などの尊重の気持ちを持って交わってもらうことがあれば、思いやりも感謝も抱くこととなり、相手のおかげで波動が上がり、エーテル体が良き影響を受けて運気が上がる仕組みがあります。

相手次第での影響を受けやすい状態となるために、相手を理解した上でセックスをすることが、自分を守るために大切になります。

 

スピリチュアルなセックスとは

スピリチュアルな認識には、脳の快楽や肉体の満たしを凌駕するセックスがあります。

それは、凄まじい幸福をセックスにて感じる、“完全なる愛の認知”による魂のセックスです。

私、おかしな変態宇宙人でして、このことを存じております。

世の中にはスローセックスや、ポリネシアンセックスなる、精神的な快楽によるものがありますが、スピリチュアルなセックスは魂的です、オカルト的です。

それは言わずもがな“愛”を完全なる主体として、性エネルギーを脳天にぶちかますことで起きる、性エネルギーの流動によるオーガズムの雨あられ嵐台風ストームです。

そんなセックスをするためには厳しい条件があります。

 

スピリチュアルなセックスには条件がある

スピリチュアルなセックスにてオーガズムを得るためには、チャクラを全て開いている必要があります。

それは、会陰部の第一チャクラ~頭頂部の第七チャクラまでの全てです。

全て開いていることは、“自分を確立している”ことを意味します。それは、最低限として、“エゴとの分離”を果たしている状態ですので、ポジティブとネガティブは超越しています。

そして、セックスをする際に、相手を敬い愛する気持ちを持っている必要があります。

それは、愛を知っていることでして、自分を愛して、他者を愛することができることです。

そして、セックスをする相手から性エネルギーをもらう必要があります。

それは、相手から、「この人にオーガズムを与えたい」と思ってもらうことです。

そして最後に、相手からもらった性エネルギーが会陰部から入るので、第七チャクラまで流すことで、脳天をエネルギーが打ち付けてエクスタシーにオーガズムの嵐が起きます。

スピリチュアルなセックスに必要なこと
  1. 第一チャクラ~第七チャクラを開いて自分を確立する
  2. 相手を敬う愛を持つ
  3. 相手から愛の性エネルギーをもらう
  4. 性エネルギーを会陰部から第七チャクラまで流す

スピリチュアルなセックスをしたいと思っても、残念ですができません。なぜならば、自分の意志では条件が揃わないためです。

セックスとは相手がいなければ何も成り立たず、相手を何よりも敬い喜ばす愛の共有場です。

完全なる愛の共有があり、相手からの愛によって、「この人に幸せになってもらいたい、喜んでもらいたい、オーガズムを与えたい」と心から想われることで性エネルギーをもらいます。

そして、もらった時に頭頂部までの流動をすることで、スピリチュアルなセックスによる、完全なる愛の幸福感を味わいます。

そんな、スピリチュアルなセックスがあり、セックスの意味を教えてくれます。

 

セックスとは赤ちゃんが教えてくれる愛の時間

最後に、「セックスとは何なのか?」を教えてくれる存在をご紹介します。

それが、“赤ちゃん”です。

実は上述のスピリチュアルなセックスを教えてくれたのは赤ちゃんです。えぇ、おかしな話ですので気にしないでください。

赤ちゃんはミルクを乳から飲む際に、完全なる愛を母親に与えます。

私は赤ちゃんの時のことを憶えているのですが、赤ちゃんはミルクをもらう時に不思議なことをします。

それは、愛のエネルギー空間を広げて母親を包み込みます。そして、一方的な愛を母親に与えて、母親のチャクラを全て開いてあげます。

すると、母親は赤ちゃんからの愛を感じて、母として自分の存在を確立し、「この子を守る」「この子は私の子」という強い意志を抱きます。

同時に、母親は愛を感じて赤ちゃんを敬い、ミルクと同時に愛を与えます。

この時、赤ちゃんは性エネルギーをもらい、ミルクを吸う度にエネルギーが下から上に貫く感覚を感じて心地良くなります。

赤ちゃんは愛の塊であることから、愛による究極的な幸福を頻繁に感じており、セックスとは全く違う概念ですが、同じようにエネルギーの流動を体感して、幸せの中に眠ります。

 

スピリチュアルなセックスは完全なる愛を持つ人によって生まれる

セックスとはエネルギー交換であり愛の共有です。

とても神聖で純粋な行為であり、愛の気持ち、愛の意識、そして自分という愛の源にて作られる時間です。

それは心が洗われる浄化の時であり、人間の本質を知り、心の美しさと輝きを心の奥底から体感する光の広がりです。

セックスは愛を持つ人によって生まれ、上述のスピリチュアルなセックスにて条件が揃わずとも、相手が完全なる愛を持った人であれば、その時間限定ですが愛の認知と自分の自覚が伴い、チャクラが自然と開かれます。

そして、気持ちと同時に性エネルギーをもらうことで、涙が出るような幸福感を味わい、完全なる信頼感と安心感の中で、光を味わいます。

 

性行為の形は重要ではない

セックスは快楽の満たしや、ホルモン分泌による満足がありますが、セックスのスピリチュアルな理解には、性行為としての形は大きなことではありません。

それは、キスをすることでも、抱き合うことでも、手を繋ぐことでも、繋がりの形は何でもよく、大切なことは愛の認知と相手を敬い慈しむ意志です。

敬いの意志によって、どんな形でも相手やパートナーを心から愛し、考えられないほどの幸せを感じてもらうことができます。

そして、喜んでもらうことで、自らも愛を感じて幸福に満たされます。

それが、私達人間の性行為であり、セックスです。

※性行為への禁欲に対するスピリチュアルな理解がありますので、禁欲の本当の意味にスピリチュアル|断食と性行為には抑制ではなく喜び をご覧ください。

禁欲の本当の意味にスピリチュアル|断食と性行為には抑制ではなく喜びを欲望とは愛を生み出す糧となり材料となり、喜びと成長をもたらします。 しかし、禁欲という言葉があります。 禁欲にはどんな意味が...

 

セックスのスピリチュアルな性エネルギー まとめ

これらの内容は、私の赤ん坊の時の記憶と、ハイヤーセルフからの伝授と、私自身の体験と理解によって書きました。

見苦しい内容があったかと思いますが、お許しあれ。ということで、いかがだったでしょうか?

奇怪なスピリチュアルなセックス、オカルティックなニューセックスとはなりませんでしたが、スピリチュアルな認識からの本質的なセックスの意味と理解でした。

今も昔も性別関係なくセックスがあり、今では公けになる時代となりました。男女間という括りは必要なく、人と人の愛の共有、そして性エネルギーの共有としてのセックスがあります。

マハトマガンディーさんは禁欲生活にて、裸の女性とあえて肌をつけて寝ていたそうです。

そこには、ガンディーさんの性への向き合い方や、相手を敬い、劣等者として見ないための愛の訓練があったのかもしれません。

性行為に対する禁欲は、自らの愛を増大させ、相手を愛する気持ちを大きく持つきっかけになります。

しかし、そこに我慢や忍耐が伴う場合には、自分を見失い禁欲の本来の意味を逸脱します。

セックスをすることに悪いことはありません。しかし、禁欲の意味を見失うことと同じように、自分を知らず愛を知らず、育み共有する意志もない場合には、セックスの意味が脳のためとなり、快楽や愛の喪失に繋がり、自分を見失う道を歩みます。

相手を利用する行為は、自分を見上げて相手を見下げます。それは無意識でもそうなります。

全ては自分の愛から始まります。愛がなければ相手からもらうことになるのか、自ら生み出すのかは選択です。

しかし、愛の一方通行では共有は起きません。一時の愛の認知はありますが、一瞬で終わり、お互いの脳内ベッドでのホルモン分泌とのにらめっこが始まり、なんのために一緒のベッドにいるのかが謎になり、それをオカルティックホルモンセックスと言うのかもしれません。

愛の認知が増えていくことで“満たされない”という感覚がなくなります。すると、わざわざ裸になることもなく、わざわざ場所を考えたり、時間帯や、服装、香水にシャワーに歯磨きと、忙しい準備は減っていきます。

性行為という形も不思議なものですが、肉体があり脳があることから、脳内快楽も大切な経験となり、愛とホルモンの組み合わせも楽しい愛になりそうです。

それでは、セックスにあるスピリチュアルな話をこれにて終了します。

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

霊感・霊視・透視のちからであなたの心の霧を晴らします

【有名鑑定師に24時間いつでもどこでも相談可能】

恋愛・不倫・復縁・仕事・人間関係、現代では多くの煩雑とした悩みが私達を取り囲みます。

その悩みや不安を、電話占いで解決しませんか?

電話占いウィルではメディア出演多数の実力派鑑定師が多数在籍中。

なかには、霊感・霊視などスピリチュアルな方法で鑑定する占い師も。

初回鑑定3,000円無料・初回優先鑑定など、嬉しい特典がたくさんあります。

困難な問題への解決法、運命の切り開き方を知りたい方は、一度鑑定を受けてみてはいかがでしょうか?

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です