スピリチュアル

発達障害こそスピリチュアル│ADHDは“自我”の意味を教える

世の中には障害に対する見方が良いようにも悪いようにもあります。

それは脳の思考にポジティブとネガティブがあるためなのですが、スピリチュアルな理解には良いも悪いもなく、心の真意としての認識があります。

発達障害と一言では分類できないほどにさまざまな症状がありますが、アスペルガー症候群とADHD(注意欠陥・多動性障害)の特徴を基にスピリチュアルな認識をすると、発達障害であることは“自我”を象徴する意味があります。

そこには、「個とは何か?」「自分とは何か?」を教えてくれる在り方と生き方が見られ、自我を生き様として教えてくれます。

自我を知ることは自分として生きることや、幸せに生きることに繋がり、「何が真実なのか?」を考えるきっかけになります。

しかし、発達障害の理解には、「そんなことは何でもいいけど、自分として生きるっていいねぇ」という気楽なものがあります。

ここでは、物事の線引きも差別もしない俯瞰的な視野からの見方をご覧ください。

発達障害を持つ人や、関りのある人の理解が広がる一助となることを願います。

・大手、優良、外資系、ニッチトップ企業まで幅広い求人ラインナップ
・オープンポジション求人によるあなたに合った転職支援
・サイトには公開されていない「非公開求人」が80~90%
・障がい者雇用に精通した運営会社の安心感

発達障害、アスペルガー症候群、ADHDとは

発達障害とは

発達障害とは、脳機能障害による対人関係や学習能力に困難が及ぶものの総称です。

“自閉症スペクトラム障害(ASD)”と“注意欠陥、多動性障害(ADHD)”と、“学習障害(LD)”と分類があり、自閉症スペクトラム障害に“アスペルガー症候群”や“自閉症”などの広汎性発達障害が含まれます。

アスペルガー症候群

アスペルガー症候群は自閉症のいくつかの特徴を有し、コミュニケーションの特異性がある障害です。

言葉の発達の遅れはなく、知的発達に遅れのある人はほとんどいないとされています。

アスペルガー症候群の特徴はこちらをご覧ください。

アスペルガー症候群の特徴
  • 対人関係の障害
  • 社会的なコミュニケーションの困難
  • 特定の狭い興味と反復運動
  • コミュニケーションの特異性(空気を読めない、曖昧なものが理解できない、同時並行で複数の作業ができない、急な変更に対応できない、全体像把握が苦手など)
  • 社会適応の一部障害(コミュニケーションの特異性が理由)
  • 感覚過敏(五感が鋭い、少しの態度や言葉で傷つく)
  • ゆらゆら歩き、手をぶらぶら振る
  • インターネット依存症になりやすい

厚生労働省e-ヘルスネット 参照
Wikipedia アスペルガー症候群 参照

 

ADHD(注意欠陥・多動性障害)

ADHDは“不注意”、“多動性”、“衝動性”の三つが主となる症状を持つ特徴があります。

子供の頃には不注意で多動性と衝動性があっても、「子供らしいな」という見方があるので気付きにくいのですが、大人になってから気付くことも多く、“大人のADHD”という言い方もされています。

ADHDに見られる特徴はこちらです。

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の特徴
  • 衝動性・過動性(じっと座っていられない、喋り続ける、黙っていられない、他者を遮って話す、話す順番を待てない)
  • 不注意(ケアレスミス、物事を忘れる、一つの作業に集中し続けることが難しい、楽しくないと退屈になる)

多動性(過活動)や衝動性、また不注意を症状の特徴とする神経発達症もしくは行動障害
Wikipedia 注意欠陥・多動性障害 参照

 

学習障害(LD)

限局性学習障害とも言われ、知的な発達への遅れはなく、文字や数字の理解に関わる脳の発達障害があると言われています。

学習障害の特徴はこちらをです。

学習障害(LD)の特徴

学習障害とは、基本的に全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す様々な状態を指すものである。学習障害は、その原因として、中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されるが、視覚障害、聴覚障害、知的障害、情緒障害などの障害や、環境的な要因が直接の原因となるものではない。
Wikipedia 学習障害 引用

学習障害は特定の学習に対しての障害が見られ、アスペルガー症候群とADHDは対人関係での不調和が起きる特徴があります。

 

アスペルガー症候群とADHDのスピリチュアルな見方

コミュニケーションや社会性の中での対人関係にて不調和が起きるために“障害”となります。

社会性を基準にするので、「みんなと同じようにできる」と発達障害という認識にはなりません。

社会性の認識が困難であるために周囲に合わせることができず、協調や調和を図ることが難しいのですが、それは思考優位ではない意味があり、心を優位にして生きているスピリチュアルな見方があります。

 

アスペルガー症候群のスピリチュアルな見方

アスペルガー症候群の特徴には、対人との調和や協調性がないことでの不調和がありますが、言い方を変えると“自分を偽らない人格”です。

同じことを繰り返す特徴は、一つのことに没頭しやすく、集中力が高い意味です。

一瞬で別のことに集中が切り替わったりもしますが、一瞬一瞬の今を認識しているためでして、思考にて過去や未来の回想や空想ではなく今を生きている特徴です。

脳ではなく心を主体にして、何を感じ、想うかの感覚と感性と気持ちを認識して生きているためです。

知的発達に遅れがないことや、コミュニケーションの障害は、自分を偽らないことでの調和のなさが理由に考えられ、そこには“自我を消さない意志”があります。

 

ADHDのスピリチュアルな見方

ADHDの特徴も知的発達の遅れはなく、多動性と衝動性には“自分のしたいことをする意志”と、“我慢しない意志”が見られます。

それはアスペルガー症候群のように“自分を偽らない人格”と考えられ、思考以上に感覚と感性の心を優位にすることから感覚感受が鋭く、五感を認識しやすい特徴があります。

不注意になる理由は、今この瞬間を生きているために点と点を繋げるように物事を認識するためでして、“今この瞬間を生きる”ので思考的に過去と今を継続的に繋ぎ止めないことから起きます。

それは、過去を生きていないという言い方にもなり、我慢しないので楽しくないことがあればやりたくはありません。

しかし、楽しいことや喜びがあれば集中力が凄まじく、一点集中タイプとなります。

心を主体にして自分を偽らない人格から、アスペルガー症候群と同じように“自分を消さない意志”が見られます。

 

アスペルガー症候群とADHDの波動認知

発達障害を持つ人は、波動認知力が高い特徴があります。

波動を受信する認識が強いために感覚過敏となり、五感を感じやすく傷つきやすい傾向があります。

子供の頃を思い出してもらえばわかるのですが、感覚過敏は標準状態です。

私は赤ん坊の時やお腹の中に居た時を憶えているのですが、子供の頃にはさまざまな感覚を感じ、感性も豊かで、さまざまに見えない感受が人それぞれにありました。

そのために、「まずい」と思えば強烈な心地悪さと嫌悪を感じ、口からヘドロのように垂れ流し、ブエッと吐き出して泣くほど嫌がります。

「なにこれ、最高♪」と思えば、その場で眠るほどに心地良さを感じます。

みなさんはどうでしたでしょうか?

 

波動認知で感覚に敏感なまま生きている

五感とは波動受信からの肉体反応です。
感情や心情に意図、健康状態や精神状態、そして愛とエゴの度合いによってさまざまに波動というエネルギーは人から発されています。

エネルギーは生命が宿る間は常に発されるために、自分からも他者からも波動を感じ、それはそのままオーラに影響します。

そのため、波動を感じていない人はいませんが認知しているか否かの違いがあります。

発達障害の人は感覚感受が鋭いために波動や五感を感じやすく、他者と関わる際には自分の感情や心情同様に、他者の感情や心情の含まれたエネルギーからの影響があります。

例えば、五感にて相手の声を聴くだけでも、そこには必ず声を発した人の感情や心情などの状態が波動として入っています。

すると音の中に心が波動認知した際の気持ちとして、「心地良い」「心地悪い」を感受するのが発達障害の人です。

波動認知の有無は心を使用しているか否かの度合に否定し、心を多用することから感覚や感性主体の価値観や在り方を持ち、心地良い悪いの波動感受の影響を受けやすい特徴があります。

それは、周囲の波動の高低の影響にて、エゴが多い場合には心地悪く嫌悪や苦しみを感じ、生きづらさや辛さを感じる理由になります。

※波動についての詳細は、自分の波動を知る方法│波動とはエネルギーであり存在の源であり自己表現 をご覧ください。

自分の波動を知る方法│波動とはエネルギーであり存在の源であり自己表現波動とはこの世の全ての存在を創り、存在を認識するエネルギーの源です。 そして、自分自身を創造しているエネルギーとの繋がりです。 ...

 

アスペルガー症候群とADHDのスピリチュアルな理解

自我を教えてくれるアスペルガー症候群とADHD

発達障害にもさまざまな症状がありますが、アスペルガー症候群とADHDは“自分として生きること”の大切さを教えてくれます。

障害にはスピリチュアルな魂レベルとしての見方がありまして、魂レベルを高める生き方として、人々に自分として生きることの意味と大切さを教える役割や目的があります。

人それぞれに役割や目的があるので全員が全員ではありませんが、アスペルガー症候群とADHDなどの発達障害という個性を持って生きること、そして、個性を隠さないで生きることによって周囲に大きな影響を与えます。

私のように普通に接しているかと思いきや、「ふむふむ、こういうことをこの人は教えてくれるんだな」と隠れてメモ書きしている人もいますので、存在するだけでも周囲に影響を与えています。

その存在が象徴するのが、“自我意識の強さ”です。

 

自我意識が強いことの大切さ

自我意識とは自分を自分だと認識する意識です。

自我意識がなければ自分はいなくなり、名札を付けて、IDを作り、「一日三食食べる、仕事をする」などのスケジュールがなければ生きられません。

アスペルガー症候群とADHDは自我意識が強く、自分を消さない我慢しないという生き方に自我を強く持つことの意味があります。

 

自我意識とは自分を消さない意志

自我とは脳と肉体と心の記憶を全て含めた“自分”という意識です。

脳機能、肉体感覚、心の気持ちを全て含めた、過去の経験と今生きていることによって自分を自分として認識する意識でして、三つのバランスが崩れることで自分を見失います。

脳や肉体の物質概念による合理主義や統一理解を重んじることで心の認知がなくなり、辞書を読んで笑うような中身のない状態になります。

心の気持ちによるスピリチュアルや周波数概念に偏ることで脳機能や思考を使用せず、目の前にある物質としての現実を見ずに、「アハハハハ、光に包まれる」と夢の中にて暮らします。

「メッチャいい」と思うかもしれませんが、この地球にて生きている意味が薄れてしまい、成長を望まなくなります。

このようにバランスを崩すことで生きている意味や目的を見失う理由になり、自我意識にて自分を認識することが、現実世界にて目的を持って生きるため、そして自ら喜びを作り出すために大切です。

 

自我意識によって自分を確立することができる

生きる上での目的を持つことは生き甲斐や生きる動機になりますが、「目的がないからどうした」という話で、重要なことではありません。

生きている以上は人それぞれに生きている意味や目的がありますが、目的とは、「毎日ごはん食べて良い気分になること」とか、「カジノで豪遊すること」などと自由です。

目的以上に大切なのが“自分を認識すること”でして、自分を確立して生きることが、生きる意味にも目的にも幸せにも繋がります。

アスペルガー症候群やADHDなどの発達障害は自分を消せません。

消したくても消せないために苦しみにもなります。
しかし、それは消さない意志が心にあることを意味し、自分を消して他者に合わせてへこへこして、やりたいこともせずに我慢や忍耐して、「はい、何のためですか?」ということです。

消せないことが自我意識が強い訳でもあり、自分を確立することで自らの能力も役割も生きがいも見つける“意志”があります。

アスペルガー症候群とADHDの自分を消さない意志は、自分を確立して見失わない利益となります。

 

自分として生きることの幸せ

自分を確立することは、自分を抑えつけない、個性を消さない、我慢しない、耐えない、やりたいことをする、やりたくないことをしないということでして、言葉としては極端に聞こえますが、“周囲の目や体裁にて他者の反応のために生きない”ということです。

言い方を変えると、恐怖を抱えて他者のために生きていないということです。

自分として生きたくても、自分を認めてほしい、褒めてほしい、愛してほしい、理解してほしいという他者に執着する我欲があることで難しくなります。

これをエゴといい、自分が否定されることを恐れ、恐怖から逃げる自分から作られます。

アスペルガー症候群やADHDの人が他者に否定されると、波動認知と心を主体にしていることからもろに傷を負います。

それは自我が強くてエゴが少ないことを意味します。

周囲の環境にエゴや否定してくる人間が多い場合には、心を傷つけられることを防ぐ自己防衛にてエゴを極端に多く持つ理由になります。

エゴにて嘘をついたり他者を否定・卑下したり、そして自分を否定することで心を奥へしまう自己防衛方法になるのもエゴです。

心を消し去りエゴを主体にして生きることで、合理主義や統一的な思考概念を主張した脳の生き方としてバランスを崩しますが、発達障害の人はそれができません。

発達障害の人は心を捨てることができません。

それが自我意識が強い所以です。

自我意識とは我であるエゴとは違います。自らのことは自ら認識するのが自我ですが、我とは自らを認識できないために、他によって自らを見出すことで認識します。

他が居なければ自らの存在も何も認識できない場合、脳や思考にて他者と比較したり区別することで自らを見出すので心の認知は薄れ、思考によるルールや常識、他者の反応や評価が生きる理由となり、他者のために生きることになります。

それができないということは、自分として生きることを意味します。

発達障害があると、他者から否定された記憶にて恐怖を健常者よりも遥かに大きく抱えます。それが蓄積されると喪失感や空虚感を抱き、人生に対して何でもよくなってしまうこともあります。

発達障害であることは誰よりも自分を尊重して、自我を強く持って自分として生きることが大切で、それができる人であることを意味します。

※知的障害と自閉症のスピリチュアルな理解は、知的障害と自閉症は愛を教える|強さを求めるスピリチュアルな意志 をご覧ください。

知的障害と自閉症は愛を教える|強さを求めるスピリチュアルな意志人との関わりやエゴの手放しを教える存在に、知的障害と自閉症の方々がいます。 障害があることは、一定の意識レベルを持った状態をスピリ...

 

社会性の中で自分らしく生きるために

私は過去世にて障害がありましたが、それは辛く苦しみを味わうための時間でしたので、幸せに生きるための時間ではありませんでした。

そのため、「自分らしく生きるためにどうすればいいか?」ということを自分の理解としてお伝えすることができませんので、ここからは私が発達障害の人と関わる中で感じたことからの理解として、参考程度に読んでみてください。

 

自分のできることを自覚する

自分らしく生きるとしても社会性があり、そこには他者との共存が必ずあるので、対人関係の問題があります。

そこで、アスペルガー症候群やADHDであることを活用して、周囲に伝える方法があります。

周囲の理解があることで、発達障害の人は生きやすい環境が生まれます。人間って優しい人は本当に多いです。

日本は過去の酷い文化や慣習や習わしがあって今があるので、障害を持つ人への意識が高いと思います。
周囲の人の一部にでも障害を持つことを伝えると、自分らしく生きることに繋がります。

そして、自分のできることを自覚することで、生きる選択を明確にすることができます。

自覚をする人は恐怖を乗り越える強い人であるスピリチュアルな見方があり、自覚をすると自分のできる仕事を選んだり、生き方や関わる人を選択して日常生活を過ごすことができます。

自分を隠すとかではなく、あくまで露わにした前提で、他者に押し付けをせず、自分で生きる環境が無限にある社会の中で、「これが自分には合っている」「これならできるからこの仕事をする」などと選択する。

 

発信者になる

私は今生きていても、障害のある人々と関わることが多く、発達障害の人が友人に何人もいます。というかそういう人がほとんどです。

みんなを観ていると、自分を持っているので、あとは自分を表現する環境があればのびのびするんだと強く思います。

わざわざ表現する必要はないのですが、自分を持っている発達障害の人は、自分を隠したりしなければ自分の意見が明確にあって、自分の見方・感じ方・想い方がクリアです。

何かに属すよりは、自ら作ったり生み出したりすることに向いているように思います。

受信者ではなく発信者です。その際に社会性を理解する必要があるので、一人ではなく協力者を求めることもできますし、ネットにて個人で活動することも可能です。

 

クリエイティブな活動やスピリチュアルな理解を深める

アスペルガー症候群やADHDなどの発達障害の人は、心を主体にして感覚と感性が生まれた時のように鋭いので、創造性があります。

物事の見方や認識が脳の思考理解ではないので、感覚や気持ちを混ぜ込めて認識します。

他者の情報を組み合わせて創造するのではなく、自分にしかない見方と物事の捉え方、そして感情や気持ちを含めることで、自分にしかできない作品が生まれます。

自分の意見を持って自分があることで、創造性の幅は社会的にではなく人として広がり、無限の可能性を見出すことに繋がります。

さらに、波動認知を意識的にすることで、スピリチュアルな理解が開発されますので、開発されたスピリチュアル能力に合わせて活動をすることができます。

 

スピリチュアル能力の開花がある発達障害

スピリチュアル能力と言われるものがあり、それらは誰でも開花させることができます。

ヒーリングやリーディングやチャネリング、霊視や霊媒、オーラの認知や別次元の存在とのコンタクトなど、さまざまに奇怪で楽しい内容が満載なスピリチュアルです。

これらは実は能力ではありません。霊媒に関しては修行と鍛錬が必要で、シャーマニズムとしての人格と意識が必要になりますが、基本的にスピリチュアルな理解は、自分の意識状態によって促されます。

その最たる方法が、“自分を確立する”ことです。

自分を確立することで、自然とスピリチュアルな意識が伴ってきます。その際に意識的に理解して自覚する、さらに自分を理解することで自分の得意分野やできることがわかってきますので、あとは鍛錬という具合です。

アスペルガー症候群とADHDは自分を確立する意志を持つ魂であることから、自分の理解を広げることでスピリチュアルな認識が伴い、新たな世界を見ることになります。

ですが、必要であればという具合ですので、要らない人はそんな能力など、「飯の足しにもならん、ポイッ」という具合でいきましょう。

 

発達障害、ADHDのスピリチュアル まとめ

以上が、発達障害のアスペルガー症候群とADHDのスピリチュアルな意味と見方でした。

障害であることにはスピリチュアルな魂レベルとしての見方があります。そこには、人それぞれの役割や目的があり、この地球に来た意味があります。

アスペルガー症候群とADHDの特徴には大きく“自分を確立する”意味があり、そのための在り方や生き方があります。

そして、自分として生きる姿は自然と周囲に影響を与え、自分をなくすこと、我慢することの意味に気付きを与えます。

さらに、自分を消さない意志、自我意識の強さから、自分を持つことの大切さ、自分として生きることの大切さを知るきっかけを与えます。

発達障害もアスペルガー症候群もADHDも個性ですので、その強い意志には無意識でも周囲に影響を与えるオーラと波動をまとい、「個性っていいね」と思わせる生き方が示されています。

少し違った見方をあることを知っていただき、発達障害である人自身の生きやすい時間が始まることを願います。

同時に、発達障害の人々と関わる環境にいる場合に、接する際の理解と良好な関係を持つ一助となることを願います。

・大手、優良、外資系、ニッチトップ企業まで幅広い求人ラインナップ
・オープンポジション求人によるあなたに合った転職支援
・サイトには公開されていない「非公開求人」が80~90%
・障がい者雇用に精通した運営会社の安心感

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

【忘れていた人生の合図を電子書籍にて販売中!】

ふざけた人生哲学 幸せはムニュムニュムニュ

サラリーマンだった人間がおかしくなる、とある森での変人化計画とその全貌。

一人での森生活、襲ってきた熊は忘れていた大事なことを思い出させ、そこで見つけたものはムニュムニュしていました。

一風変わった哲学書であり、森を舞台にした一人の元サラリーマンが自分を探し出す物語。

自分を見失い、人生に疑問を抱き、違和感を感じる時こそ、本当の自分という名のふざけた自分を見つけ出す変貌ストーリーが始まります。

忘れている大事なことを思い出し、自分らしく人生を生きるための経験と知恵を詰めた内容です。何か興味を感じた方は、ぜひ始まりの合図を受け取ってください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です