スピリチュアル

美しい人の魂に神秘の美学|本当に美しい人には心と艶がある

美しい人には魅力となる美学があります。

データとしての脳の記憶とインプット知識による美しさとは別に、心から感じる美しさがあり、本当の美しさとして人に好かれる人の魅力を作ります。

本当の美しさは誰しもに与えられており、外観の美しさである容姿、姿勢、態度、話し方、会話術、コミュニケーション力は、人に好かれる人の魅力ではなくなるスピリチュアルな認識があります。

私は絵描きとして、「美しさとは何か」を考え続け、美学の意味を見出しました。するとそこに、人に好かれる人の魅力となる特徴が現れ、美しい人と人に好かれる人のスピリチュアルな共通点があることを知りました。

美しい人も人に好かれる人も共通した一つの人間性を持ち、それはスピリチュアルな認識にて理解がありますので、人に好かれる人となることの一助となることを願い、芸術として捉えた美しい人と人に好かれる人の魅力をご覧ください。

 

美しい人のスピリチュアルな認識

美しい人とは

美しい人から、「美しい」と思うには思考的に美しいと思うのか、感覚的に美しいと感じるのかの違いがあります。

私は絵描きですので、人間や物体を対象物として捉えており、テレビ画面のドット(・)の集まりとして認識します。それは、音の形を変えて言語にするようなもので、美しい人の概念は女性だけではなく男性でも子供でも動物でも対象になります。

美しい人かどうかの認識には“思う”のか“感じる”のかの違いがあり、男性の言う美しい人と、女性の言う美しい人のように、美しさの定義はたくさんあると思います。

美しい人かどうかは美しい人自身が提供するものではなく、見る側がどう受け取るかによって生まれます。

美しい人かどうかは、見る側が「美しい」と思えるポジティブな思考があり、思考によって美しいことへの喜びの感情を作ります。

同時に、感覚的な美しさとしては、自分自身の感覚によって感じるものが違うので、一人一人に美しい人の定義があり、「美しい」と感じるポジティブな感覚があり、その感覚から感じる気持ちによって心惹かれ、魅了されることでの喜びを感じます。

美しい人とは : 見る人に喜びを与える人
※思考で認識することで喜びの感情を抱く → 脳の喜び
※感覚で認識することで喜びの想いを感じる → 心の喜び

美しい人とは、思考的な喜び心の喜びを与える人であり、そこには脳と心の美学があり、スピリチュアルな認識があります。

 

思考的な美しい人の美学

美学とは自分自身で認識する美しさではなく、他人によって認識されることで意味を成します。

その為、美しさを醸し出す美しい人自身ではなく、そのものの周囲の反応や感じ方や捉え方によって作り出されます。

美学とは : 周囲の反応で作り出すポジティブな認識となる考え方

美学を作り出すのは、美しいものを見る側です。
その前提を踏まえて、美しいものを提供する側や美しい人が作られます。

変な話かもしれませんが、美しい人がどう思っているかは関係なく、美しい人でも何でもない私のような周囲の人が、「ふむふむ、美しい人じゃないか」とかなんとか言っちゃいますので、本人の意思は無視です無視。

思考によって、「あなたは美しい人だ」と勝手にジャッジしますので、答えを出すために算数のように計算式や公式を使用して、〔1+1=2〕のように、〔目の大きさ+顔のバランス=美人じゃん〕
〔まつ毛のカール具合+頬ひげのなさ+ニキビのなさ÷髪型×顎の長さ-額の大きさ=Goodな美しい人〕
〔胴体の長さ70㎝+膝の綺麗さ-足小指の爪の真っ直ぐさ=おぉ、美しい人〕
などの計算式を当てはめて答えを導き出します。

美学には答えがありませんが、上記のように思考的な美しさには基準が設けられています。

思考的な美学を作る際には、計算式となる公式データがあります。
別名、常識やルール、またはフィルターであり、そこにあるのが思考的な美しさです。

思考的な美しさとは : 世間のデータを基に計算して導き出す評価

公式データは社会的な常識やルールを使用します。

さまざまなデータを用いて、その中から自分に見合った美しさを導き出し、〔美人〕という評価として答えが出されますので、常識やルールに反するというルールも作られ、制限の中で導き出す思考ゲームです。

脳の思考は、脳にインプットした記憶と、心が感じた情動と、肉体の経験を組み合わせて感情を作るので、脳内での創造性によって組み合わせて思考的な美しい人としての美学を作る。

 

スピリチュアルな美しい人の美学

美しい人を見た際に、美しいと思う以外に美しいと感じることがあると思います。

感じる美しさの特徴には、『人それぞれの美しさ』があり、スピリチュアルな心の認知からの想いがあります。

自分がどう感じるかが全ての基準となる美学なので、人それぞれに感じる美しさが変わります。

その時その時の今という瞬間のみに存在する生ライブの、「美しい人だぁ、うわぁ」と感じる感覚があり、着目するのは美しい人の存在のみで、ルールも何もありません。

感覚的な美しさから喜びの気持ちを感じるためには心を使用します。それはスピリチュアルな認識として愛を基にして、そこに近付く感覚があれば喜びとなり、そこから遠くなれば反対の気持ちを感じます。

計算式も公式も思考なく、ただ自分が今感じる想いであり、美しいと感じるポジティブで心惹かれる感覚的な美しさです。

スピリチュアルな美しい人とは : 目の前の人から直接感じる心惹かれる想い
※理由なく心惹かれる喜びを人から感じる

感覚的な美しさは作り出すものではなく、そこにある感覚を生み出す認識です。

どうして美しいかの理由が思考的に存在せず、「ただ、美しい」と喜びの魅力を感じる人がスピリチュアルな美しい人です。

スピリチュアルが生み出す美学によって、美学には神秘性が加わり、答えのない不思議な魅力となります。

そこに美しさを生み出す認識があることで、感覚的な美しさには答えのないスピリチュアルな美学が生まれます。

例えば、子供の絵がメチャクチャな構図だとしても、そこに何か良さや深さを感じることがある場合、そこに美学の神秘性が生まれ、価値が加えられます。

そこにあるのは波動とエネルギーの概念であり、芸術品や人の魅力の大元となる見えない世界があります。

※自己表現を絵ですることの意味は、自己表現を絵でする、その心は?|娯楽か遊びである。をご覧ください。

自己表現を絵でする、その心は?|娯楽か遊びである。「言葉で自分を表現できないので絵を描く」 私が絵描きとして個展や共展をする際に、良く聞く言葉です。 私はあまり絵の説明や意味...

 

本当の美しさとは

美しさには、思考的な美しさとスピリチュアルな美しさがありますが、両方を合わせることで、”本当の美しさ”が生まれます

入口が感覚的なスピリチュアルで、結果的に思考的な美しさを得る自然な形があり、本当の美しさは人に好かれる人の特徴となります。

本当の美しさを得る際には、初めにスピリチュアルな美しさを得る順番があります。

スピリチュアルな美しさには思考によるデータや評価、判断するマインドはなく、純粋にその対象物となる人や物を見て感じる、その瞬間の生きた感覚であり、喜びや心惹かれる想いです。

その後に、思考的な外観からの美しさが自然と付随する仕組みが本当の美しさにはあり、ポジティブな感覚を感じ、心惹かれ魅了される心地良さとして、「あは、なんかわからないけどこの人の魅力を感じるから見ていたい♪」となります。

人を見るだけで心地良さである魅了の喜びが広がる。

それが、本当の美しさとなる力です。

本当の美しさとは
  • 心地良い魅了の喜びを与える、心から感じる美しさ
  • 心の美しさとして周囲を敬う気持ちから、自然と生まれる外観からの思考的な美しさ
  • 心と思考の美しさを重ね合わせることで生まれる、人を寄せ付けて好きになる気持ちを与える魅力の美しさ

本当の美しさにあるのは、見る側の心を惹いて魅了することで与える喜び。
人に好かれる人の持つ大きな特徴。

本当の美しさを持つ人は、見る側である相手に喜びを与えます。そのため、本当の美しさを持つ美しい人は人に好かれる特徴を持ちます。

それは、周囲の人を心から喜ばせる存在であり、居るだけで幸せを与える天使かもしれません。

人に好かれる人の特徴は、人に好かれる人に秘密あり。嫌われる人の知らない唯一の理由 をご覧ください。

人が寄ってくる人の人間性は一つ|特徴からわかる人が寄ってこない訳人も動物も、人に寄るのには理由があります。 そのため、人が寄ってくる人になるには明確な理由があり、人が寄ってこない場合の理由もあります...

 

本当に美しい人

本当に美しい人である意味

美しい人であることは本当の美しさを持ちます。

本当に美しい人であることは見る側の人々を喜ばします。

存在自体が自然と周囲を喜ばす、純粋無垢な魅力として人に好かれる人となりますが、「何もしないで突っ立ていたら人に好かれるんです」ということはなく、スピリチュアルな認識にて人に喜びを与える行為をしているがために、人に好かれる人となる理由があります。

周囲の反応を自分が喜ぶために使用するパンケーキのはちみつ的な思考はなく、美しくあることで周囲が喜び、その喜びが自分の喜びになるという、邪念も計算もなにもない状態です。

本当に美しい人であることの意味 : 周囲が喜ぶ
※周囲が喜ぶことが自分の喜びになる人間性を持つ

美しい人であることに外観による評価はないので、化粧をしたり、顔を変えたり、服装を変えたり、姿勢を変えたり、座り方を変えたり、話し方を変えたり、声を変えたり、メガネを掛けたり、宝石をまとったり、香りを付けたり、歯を入れたりなどをすることに意味はありません。
※思考的な美しさに意味はたくさんあり、思考的な美しさを望まないことで結果的に思考的な美しさを得る本当の美しさがあります。

 

本当に美しい人になる方法

方法は人を喜ばせることです。

本当の美しさを持つ人には人が寄ってきます。
人が集まる人を観察するとわかるのですが、周囲の人が喜んでいる状況が常にあり、人に好かれる結果が伴います。

美しい人は、人を喜ばせようとする意識を持つ。
人を喜ばせようとする気持ちがあることで本当に美しい人となり、人に好かれる人となる結果が自然と伴う。

人を喜ばせようとする気持ちがあることで、それが行動でなくとも、人と接する際に人を想う気持ちになります。

外観による美しさにも喜びを感じる良さがあり、人を喜ばせる気持ちによる内面から醸し出される美しさにも喜びを感じる良さがあり、それらを組み合わせて”人が喜ぶことに喜びを感じる人間性”があることで、本当に美しい人となります。

本当に美しい人になる方法

  • 人を喜ばせる気持ちを持つ

※人を喜ばせようとする気持ちが人間性として表れ、人を喜ばせるための思考や行動が、気配りや心配りや優しさとなる。
※人に喜んでもらうことを意識することで、自分の立ち居振る舞いや、話し方、化粧の仕方や、姿勢などが自然と変わり、外観的にも美しくなっていく。

人を喜ばせる気持ちを持つことで、普段の生活や考え方が変わり、自分のためだけの喜びではなく、人のためとなり自分のためになる喜びを求めます。

思考や行動が自分のためだけのことではなくなり、人が喜んでもらうためにはどうするかという認識の行動となり、人を引き寄せる魅力となります。

そこにあるのは、人を敬う気持ちです。

敬いとは尊重であり尊敬です。

言い方を変えると”受け入れる力”のことで、自分自身はもちろん、他者の人間性や在り方を認めて迎え入れられる許容があることで敬いを持つことができます。

それは”愛”と”意志”にて育まれるもので、人間性と同時に精神性が大切になり、物事の認識の幅を広げ、目の前の人を見た時に見て・感じて・想い・考える理解が幅広くなることで会得します。

例えば、お化粧する理由も、「自分が綺麗に見られたいから」「自分が恥をかかないため」「常識だと認識していることをすることで排他されないため」など、自分のみを鑑みた理解ではなく、「周囲の人が心地良く見られるように」「心地悪くならないために」「みんなが喜んでくれるように」を考えて行います。

人を喜ばせようとする内面からの美しさが、周囲を鑑みる行動に自然となり、外観からの美しさを併せ持つのが本当に美しい人。

※美しくなくてもモテる人のスピリチュアルな話は、モテる人のスピリチュアルな秘密|鍵は男性も女性もこだわりなし をご覧ください。

モテる人のスピリチュアルな秘密|鍵は男性も女性もこだわりなし容姿やお金などの外的な取り繕いは一切のモテ材料にはならない理解があります。 人間力が表れるモテる人の特徴には心の認識があり、心を全...

 

本当に美しい人とは

これまでの内容を踏まえて、「本当に美しい人とは何か?」をまとめます。

美しい人は、自分だけではなく周囲の人々を喜ばせようとする気持ちから表れる思考や行動をします。

そこには、人を敬う気持ちとして愛があります。

人を敬う気持ちを持つことで人のことを考え、人が喜ぶために行動します。

その姿勢や心持ちによって、自分自身の動作や行為や考え方が変わります。

歩き方も自分が優越感を感じるために、右脚の前に左脚を置いて腰をクネクネする社会的なデータによる思考ダンスではなく、前方から来る人を考えて歩く位置を変えたり、少しずれて通したり、歩きにくそうな状態の人を優先してスペースを作ったりするような思いやり歩行をします。

人の話を聞く際も、膝を組んでお菓子を食べながらではなく、相手の状況や気持ちを考慮して話を聞きます。

その際にお菓子を食べたければ相手に一言伝えたり、一緒に食べながら話したり、人それぞれの美しさを表します。

自然と話し方も変わり、人との接し方も変わり、普段の生活が変わり、考え方が変わり、そして生き方が変わります。

本当の美しさは一人一人必ず持っているもので、一人一人違う本当の美しさがあります。

実は誰しもに本当の美しさがあり、千差万別の人間性から表れる”敬い”を持ちます。

敬いとは愛ですが、愛とは自分のみに対して持つものではありません。

自分にも他者にも敬いを持つことが愛でして、どれだけ他者を敬う行動をしても、自分を愛して敬っていなければそれは偽善や嘘であり、その行動をしている張本人が一番それを感じています。

本当に美しい人は、自分を愛することを絶対に忘れません。

その上で、どれだけ他者を敬うことができるかにポイントがあり、それは、他者の喜びが自分にとっての喜びである認識が強ければ強いほどに、本当に美しい人となります。

本当に美しい人とは : 他者の喜びが自分にとってとにかく喜びとなる人
※自分を愛することで余裕が生まれ、他者を愛する人間性になるため、どれだけ自分を愛しているかによって本当に美しい人度合いが変わる

 

本当に美しい人は全ての美しさを持つ

本当に美しい人の面白いところは、愛である敬いの形が一人一人に存在することです。

誰しもが共通の美しさは思考的なもののみで、そこに自分という人間性である脳も肉体も心も含めた自我意識があり、これまでの記憶全てから成り立つ認識があります。

言い方を変えると、魂としての歴史があるために自分を敬い、人を敬う度合いが作られ、どのように愛を与えるかの形も気持ちも変わる、千差万別の魂からの美しさです。

魂とはこれまでの”自分”としての全ての記憶を持ち、あらゆる歴史があり、人間性や在り方となる源です。

魂の記憶によって人それぞれに敬いの表現があり、自分という自己表現があり、多種多様な美しさが生まれます。

そこに共通するのは、誰しもが喜びと心からの魅力を感じる”敬いの愛”であり、自分も他者も受け入れる許容があることで、内面も外観も含めた全ての美しさの表現となります。

本当の美しさとは、スピリチュアルな美しさである内面から醸し出す美しさによって、自然と外観の美しさが付随して思考的な美しさを併せ持つ、全ての美しさ。

※自分を愛するスピリチュアルな話は、自分を愛する方法は自己中心の赤ちゃん|自分勝手とは違う認識が大事 をご覧ください。

自分を愛する方法はスピリチュアルな自己中心|自分勝手とは違う認識自分を愛するとは気付くことかもしれません。 自分を愛することは、環境を活用した上での完全なる自由を与える生き方であり在り方です。 ...

 

本当に美しい人のスピリチュアル

最後に、本当に美しい人が内面も外観も美しくなるスピリチュアルな仕組みをお伝えして終了します。

本当に美しい人の持つ敬いはエネルギーとして表れます。

目には見えない世界が広がり、波動というエネルギーのオーラが美しい人を囲います。

美しい人が持つ“人を敬う気持ち”にあるのは、“人を想う愛”です。

それは愛の波動を発することとなり、高波動なエネルギーを放出します。

愛によって無意識でも引き寄せの法則が発動され、さまざまに波動と調和して引き寄せられる良きことが起こります。

すると、普段の生活を過ごすだけで楽しくなり、常に自分にとって愛を感じるような出来事にて心地良い時間が増えていくサイクルに入ります。

より愛や喜びのある人間性となり、常に自分や他者を敬う愛の波動にて、肉体にも変化が起きます。

それが“細胞の活性化”です。

幸せのサイクルとして循環が作られることで、良きことが起き、良きことを体感し、良き波動を放出し、また良きことが引き寄せられて起き…と続くことは物事の流れを作ると同時に循環を作ります。

その際、肉体も循環され、血が流れるように細胞が活性化され、バイタリティに溢れて健康的で元気になります。

すると“艶”と”張り”が生まれます。

本当に美しい人に起きるエネルギー的お化粧 :
エネルギーが循環され肌艶や張り、健康状態や顔色などに光沢が生まれて見た目から美しい人となる
※キラキラ、ツヤツヤした印象を与え、高波動をまとうことで外観から美しさを感じさせるオーラとなる

美しい人は人を喜ばせようとする愛のエネルギーによって肌艶が変わり、ツヤツヤとして顔が開けたような印象を与え、より美人としての認識を周囲に与えます。

どんな形の目でも鼻でも顔でも、光沢のある悦びに溢れた幸福な細胞の集まった顔となります。

魚で言うと、「幸せな人生を過ごした魚はおいしいな」という感じです。

そして、細胞の活性化と血液やリンパ液の循環と酸素供給が促されることで、活力的にバイタリティ溢れて健康的になります。

それは肉体の健康であり、精神の健康です。

病気で肉体の健康を害していたとしても、精神による健康促進があり、そこには本人のみぞ体感することができる喜びがあります。

人を敬う愛を持つことで波動を高め、美しいオーラをまとったスピリチュアルな見えない魅力となる。
外観の見え方が変わり、内側の細胞までも喜ばし、美しい人となることを促し、人から好かれる結果が伴う。

※美しい人は心が綺麗な話は、心が綺麗な人の輝きに美形もブスもない|自分で選んだ容姿に魂の目的 をご覧ください。

心が綺麗な人の特徴に美形もブスもない|自分で選んだ容姿にスピリチュアル顔が綺麗なのか心が綺麗なのか。 それらは全て容姿となり外見となり現れます。 しかし、可愛いのか可愛くないのか、美形なのかブス...

 

美しい人のスピリチュアル まとめ

本当の美しさとは、選ばれた人のみが持つ運ではありません。
全員に平等に与えられた自分の本来の姿であり、全員が持つことのできる特徴であり個性です。

人それぞれに人を敬い喜びを与える気持ちを持ち、人それぞれの本当の美しさが表れ、美しい人となります。

人を喜ばせる気持ちが人間性として表れ、その気持ちは動作としての立ち居振る舞いや姿勢や歩き方、話し方、言葉使いに影響し、心遣いや思いやり、優しさ、愛として伝わります。

スピリチュアルな部分では本当の美しさを持つ人は、波動によって細胞の活性化が促され、光沢のあるオーラを宿し、同じ顔でも肌艶や活力によって顔の見え方が変わり、容姿からも美しさを醸し出します。

そして、美しい人となる自然な結果が伴い、本当に美しい人としての美学をもたらします。

人を喜ばせる気持ちは直接関わることで本当の美しさとして体感しますが、周囲から見ているだけでも心惹かれる魅力として伝わります。

本当の美しさとは人間自身を表す考え方であり生き方であり、心の在り方が現れる哲学です。

自分が美しいかどうかは考えない美学であり、見えないスピリチュアルな不思議が追加されます。

不思議な美学を無意識に持ちながら、自分が人を喜ばせているかどうかを考え、それが自分の喜びにもなり、周囲には人が溢れる美しい人となり、人に好かれる美しい人となり、人に慕われる美しい人となります。

本当の美しさにはコンプレックスも自己否定もありません。
誰しもが持つ愛を伝える気持ちには自我の押し付けはなく、全ての人を喜ばせる協調と平和のみ生まれます。

一人一人それぞれにある本当の美しさを持ち、人生をより楽しまれることを心から願い、本当の美しさについての話を終了します。

最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。

霊感・霊視・透視のちからであなたの心の霧を晴らします

【有名鑑定師に24時間いつでもどこでも相談可能】

恋愛・不倫・復縁・仕事・人間関係、現代では多くの煩雑とした悩みが私達を取り囲みます。

その悩みや不安を、電話占いで解決しませんか?

電話占いウィルではメディア出演多数の実力派鑑定師が多数在籍中。

なかには、霊感・霊視などスピリチュアルな方法で鑑定する占い師も。

初回鑑定3,000円無料・初回優先鑑定など、嬉しい特典がたくさんあります。

困難な問題への解決法、運命の切り開き方を知りたい方は、一度鑑定を受けてみてはいかがでしょうか?

 

POSTED COMMENT

  1. qhana より:

    このブログをたまたま見つけました。
    素晴らしい内容に感激しました!
    私は斎藤一人さんの「自分を愛して他人を愛します。優しさと笑顔を絶やさず人の悪口はけして言いません。長所を褒めるように努めます。」という白光の誓いに出会い変わりました。
    この言葉を毎日唱えています。
    生まれ持った容姿に恵まれずいじめられて育ちましたが変わりたい一心で幾度の整形もしました。形だけ変えてもしあわせにはなれず、心と魂の美しさを目指して日々奮闘する中、
    自分を愛して他人を愛することの尊さに気が付きました。
    自分を喜ばし他人に喜んでもらえるように生活することは服装などのおしゃれも含め確かに容姿を整えることに繋がりました。
    同性ももちろんですが
    異性からとても大切にしていただける生活に変わりました。
    まだまだ麗人の域には道のりがありますが、このブログを拝読して、
    もっともっと心の底から魂から美しくなりたい!!!と強く感じました。
    私も魂磨き、楽しみながら日々つとめていきます。
    ありがとうございました。

    • 北斗 より:

      qhanaさん、こんにちは。
      どういたしまして。喜んでいただけて嬉しいです♪
      こちらこそ、素敵なメッセージをくださり、ありがとうございます。
      気楽に魂を磨かれてくださいね。きっと綺麗な方でしょうから、少しずつ取り戻すようにゆらゆらと。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です