スピリチュアル

モテる人のスピリチュアルな秘密|鍵は男性も女性もこだわりなし

容姿やお金などの外的な取り繕いは、一切のモテ材料にはならない理解があります。

人間力が表れるモテる人の特徴には心の認識があり、「心を開いて愛をばら撒く」
そんな不思議で心地良い姿が光ります。

モテる人にはスピリチュアルなモテる理由があり、好きになる側の男女の気持ちを理解できる秘密があります。

モテる人は男性でも女性でも共に女性らしさを持っている特徴があり、女性ならではの認識を知る自然発生的なスピリチュアルな認識があります。

モテる男性と女性の理由と特徴から、モテる人を知るスピリチュアルな認識をご覧ください。

人を引き寄せて魅了する人間関係の一助となれば幸いです。

モテる男性のスピリチュアル

モテる男性のスピリチュアルな理由

モテる男性は男女に拘わらず人に好かれる特徴があります。

「女性にモテる方がいいかな」と思う方は多いかもしれませんが、モテる男性はその意識がありません。

思考にてモテる理由には、他の情報や常識やルール、良し悪しを判断する決め事が必要になります。

ルール付けた理由によってお金や容姿、顔のパーツ位置に造形、地位や名誉などの物質や物体としての外面概念が作られます。

モテるために大切な認識ですが、モテる人のスピリチュアルは思考的な理由や、アイテム使用によるモテ方とは違います。

モテる男性には心の認知があります。

 

モテる男性の人間力はエンターテイナー

モテる男性は人間としての魅力があり、髪がぼさぼさで髭ボーボーでも大丈夫。一年中Tシャツと海パンにサンダルでも、Tシャツに穴が開いてペンキが飛び散っていても大丈夫です。

モテる男性は、心にある愛の認知を持って人と接します。

男女から共に好かれますが、女性は心を主体にして感覚と感性優位であるために、特に女性から好かれます。

心があることで愛を持って人を喜ばせようとする、エンターテインメント精神がモテる理由です。

モテる男性とは、人を嬉しくさせるエンターテイナー。

 

人に喜びを与えようとする気持ちがモテる要素

モテる男性を好きになる人は、女性の気持ちを理解できる人。女性的な男性からもモテます。

スピリチュアルな理由となるのは、脳の思考ルールやインプットした情報量の多さやアイテム使用ではなく、心の在り方にある気持ちが伝わるためです。

物的に何か見えるわけではなく、気持ちが相手の心に伝わることで好かれます。

モテる男性は人との間に差別を図らず、「女性から好かれたい」「自分が興味のある人にだけ好かれたい」という思考やエゴがありません。

「相手が嬉しくなるように、喜ぶように」を目的にする意識には、相手を敬い想う愛があり、心と心が繋がるように距離感が近くなります。

モテる男性は、愛の利用方法が人に嬉しさと楽しさを提供すること。

 

モテるのは女性が感謝を抱くため

楽しみや嬉しさを与えることで、与えられる女性は感謝を抱きます。

女性の脳と身体の仕組みから感覚や感性を主体に、脳ではなく心を優位にします。思考以上に喜びの体感や気持ち認識する感受能力が高いです。

感情や感覚や気持ちを認識しやすく、喜びや嬉しさを強く感じるため、お返しの感謝の気持ちも強く抱くのが女性の素敵なところです。

相手を伺い探りながらのご機嫌取りとは違い、創造的で自然に楽しさを提供するのがモテる男性。提供される側も自然と感謝を返したい気持ちを抱き、お互いの相互交流が生まれます。

お互いがお互いを向き合うような相互交流となり、両者の同じ理解によって縮まる、心の距離感が近くなります。

感謝とは愛であり敬いの気持ちです。モテる男性が相手を楽しませてあげようとする敬いの気持ちにより始まる愛の循環となります。

『嬉しくさせる』がポイントとなり、嬉しい気持ちになって女性が感謝を抱くことにモテる仕組みがあります。
嬉しさの提供にて楽しさを味わってもらうので飽きられることがなく、サービス提供意識が高い特徴です。

※変な人がモテる理由については、変人がモテる理由は内面から溢れる|無意識な性エネルギーの秘密 をご覧ください。

 

モテる男性の仕組み

感謝を抱く女性ならではの心の認知があることで好かれる結果が生まれるため、モテるポイントには、女性だからことの関係性があります。

女性の認識 特徴一覧

女性は脳の仕組みと特性から、理論脳ではなく感覚脳と言われます。

そんな認識には特徴がいくつかあります。

女性の認識特徴
  1. 脳の思考以上に感覚や感性を優先して認識する感覚脳
  2. 右脳と左脳の連動に長けて認識力が高い
  3. 一度に認識する情報量が多く感覚的に瞬時に判別する
  4. 潜在意識にて直観やひらめきを受け取りやすい
  5. 気持ちや感情を重んじる人間性と在り方
  6. 愛に触発する心地良さにて「良悪、善悪」を判断する
  7. 感受能力が高く愛を感じやすい

女性の認識特徴から、心を使用する在り方が表れます。

  • 感覚優位にて、何を感じて何を想うかを大切にする
  • 過去や未来への思考以上に、今この瞬間の生き方を大切にする
  • 愛の認知が高く、愛を感じやすい
  • 愛を持つ人に対して心地良い想いを感じやすい

女性は過去や未来に生きていないので過去に依存や執着しにくく、目の前に嬉しいことがあれば、過去は一瞬で産物になったりします。

愛の認知が高いことから、愛を持って接する人かどうかを見分ける能力があります。

心を主体にするために愛の体感感受が高く、感謝を抱くことで愛を与える意識が強まり、人を好きになる動機となります。

 

モテる男性と好きになる女性の合致がある

楽しさと嬉しさを与えてくれる人と会う度に毎回感謝を抱き、会う回数に比例してお返しから愛の気持ちが増し、会えば会うほどに好きになります。

毎回サプライズをされているかのように、自分がお願いしていることとは別に、モテる男性自身の脳の思考や創造性にて嬉しさを提供してくれるので飽きることはなく、好きになる理由が増えていきます。

モテる男性と好きになる女性との合致があり、モテる男性の仕組みが判明します。

モテる男性の仕組み
  1. 人を嬉しくさせる気持ちと、女性の愛の認知と今を生きる生き方が合致する
  2. 愛による嬉しさの提供に感謝を抱き、お返しの愛を抱く気持ちにて相互交流
  3. 心の距離感が近い心地良い共有時間となる
  4. 感謝にて愛を与える気持ちが日に日に増大していく

モテる男性は女性の持つ大きな愛を引き出すことが上手です。心地良さによる自分への愛から、他者へ広がる愛を持つことでエンターテイナーを好きになります。

男性脳でありながらも心の認知を持っていることから、愛を持って人を嬉しくさせる男性はモテる。
モテる男性は脳と心の認識を共に同じくらい使用する特徴があります。

※モテる人のオーラについては、モテる人のオーラに秘密があった|ただ一つの人に好かれる理由 をご覧ください。

 

モテる女性のスピリチュアル

モテる女性

モテる女性もモテる男性同様に、男女隔たりなく関わります。

モテる女性は感覚脳で心を主体にし、理論脳も含めることで男性らしくなる特徴があります。

「あれ、この人俺のこと好きなんじゃないの」
「そうなんじゃないの」
「じゃないのじゃないのそうじゃんね」

脳を使用すると、確信まで勝手に持たせることができます。

好かれる相手が男性だからこその、男性脳と女性心の合致が仕組みとしてあり、理論脳にて思考的に男性と関わることで、男の思考頭を魅了します。

モテる女性は、男性が思考的に喜ぶ行動をする。

 

モテる女性の仕組み

モテる女性と男性の合致を作る仕組みがあり、男性の認識と大きく関わります。

男性の認識 特徴一覧

理論脳を持つ男性ならではの脳と心の認識には、いくつかの特徴が表れます。

男性の認識特徴
  1. 理論脳
  2. 心の気持ち以上に思考優位
  3. 脳内思考にて計算や過程を作りながら物事に意味付けをして解釈する
  4. 理論があることで頭の回転が速くなり、思考力や創造性が養われる
  5. 感受以上に、理論となる知性や思考にて「良悪、善悪」を判断する
  6. 今感じること以上に、過去や未来への回想と空想が多い
  7. 一つに特化して集中し、認識は狭く深く

男性の認識特徴から、脳を使用する在り方が表れます。

  • 思考優位にて、何を考えて何と照合し、投影するかを大切にする
  • 今この瞬間以上に、過去と未来を大切にする
  • 組み合わせの想像や創造など、価値創出が得意
  • ルールを重んじ、物事や人を認める意識が強い
  • 褒めたり認めることに価値を置き、認められると喜ぶ

自分の記憶以上に他の情報が多くなり、感性以上に知性を重んじ、物事を評価や価値判断する人間性と在り方が作られ、「認める、認められる」概念を強く持ちます。

男性の大きな特徴は、物事や人を認める意識が強くなり、自分を認めてもらうことに喜びを感じます。

 

男性を認める女性はモテる

自分が認められているかどうかを認識する特徴を持ち、行動や言葉として必要とされているか、大切にされているかを気にするのが男性です。

愛をドーンと押し付けるよりは、思考的に引き付けられるような行動を好み、
「少しボディタッチする」
「話す時の距離が近い」
「目を見る時間が長い」
「たくさん人がいるなかでよく目が合う」
「他の人以上に話しかけられる」
などの行動をされると好きになります。

モテる女性は元々の感覚と感性優位である認識に、理論脳の思考を組み合わせることで、男性の求める人間性を関わる中で理解します。

人間性を理解した上で敬いを持って認めることで男性から好かれ、モテる女性となります。

モテる女性は、男性を敬いながら認めてあげる。
※認められると喜ぶポイントを心と脳の両方にて把握します

 

モテる女性の特徴

モテる女性の特徴的な様は頭がいいことです。

思考を使い男性を魅了します。悪意や手玉に取ろうとする企みはなく、自然な形で男性を敬う接し方をします。

モテる女性の特徴
  1. 男性と関わる際に、男性目線で接する人の敬い方をする
  2. 思考的に、思考を使用していないように振る舞う
  3. 思考的に、知的に振る舞う
  4. 自分を愛するからこそ、人を喜ばそうと愛を持って敬う
  5. 頭が良いことを男性への敬いや、認められて喜ぶポイント探しに活用する
  6. 知られないように手玉に取り、悪意がない
  7. 一瞬で認識する情報が多く、瞬間的で的確に観察、洞察する

モテる女性のスピリチュアルな理由には、モテる男性と同様に思考的なモテる材料となる顔や容姿や性格や物質的な取り繕いは重要ではありません。

相手を蔑み否定しない在り方があり、悪意を持たずに敬える人間性があり、認識力の高さがあります。

全ての根底には人との関わりが好きである人間性があります。人が喜ぶことが自分の喜びとなり、自然と他者を敬い、男性のために認めてあげる愛を持ちます。

企みや意図はなく、自分を愛して敬っているからこそ、自分にとって自然な形で喜びを生み出す関わり方ができ、自分も相手も共に嬉しい時間を堪能させる能力があります。

※モテる女性のスピリチュアルな話の詳細は、モテる人の特徴。女性は顔じゃない秘密|好かれる理由は男?!をご覧ください。

 

モテる人のスピリチュアル

モテる人のスピリチュアルな特徴

モテる男性は愛を持って人と接することでモテる人となり、実は女性かもしれない可能性を秘めます。

女性同様に感覚優位であり、女性の認識とモテる男性のスピリチュアルな認識に統一性が見られます。

モテる女性は愛を持って人と接することでモテる人となり、実は男性かもしれない可能性を秘めます。

男性同様に思考優位であり、男性の認識とモテる女性の脳と心を組み合わせた認識に合致があります。

モテる男性もモテる女性も共通して男性的であり女性的です。

モテる人のスピリチュアルな特徴
:中性的
※男女への性意識や線引き区分けが少なく、こだわりがない

中性的な人はモテます。

男性か女性かではなく、男性で女性という両性を持ちます。どちらもあるのでどちらを主張したり偏ることがなく、「どっちでもいい」と言わんばかりにこだわりがありません。

心の感覚や感性を感じ、思考にて理論や思考を作る、脳も心も両方を大事にしていることを意味します。

※モテる中性的な人のスピリチュアルな理解は、中性的な人は陰と陽を知る│男も女もなんでもいい魂の生き方 をご覧ください。

 

モテる人のスピリチュアルは敬い

中性的であることは、あらゆる認識を持って自分を喜ばせる能力になります。

モテる男性は女性への敬いの愛を持ってエンターテインメントを提供します。根底には自分を愛しているからこそ、自分を喜ばせるための行動として楽しさを提供します。

モテる女性は男性への敬いの愛を持って認めてあげる接し方をします。根底には自分を愛しているからこそ、自分を喜ばせるための行動として肯定感と価値を評価されている認識を抱かせます。

[他者が喜ぶこと=自分の喜び]となる自他を敬う人間性があり、自分を大事にすることを忘れません。

 

モテる人は線引きや区分けがなく、モテようとしない

「好かれたい」という思考なく、自分の喜びだから人を敬い行動します。
「好きです」と人に伝えることはほとんどありません。

人が好きな前提があるので、特定の人だけ特別枠にする意識がなく、心から好きな場合には線引きや区分けを用いません。

人を評価して好き嫌い、上下左右、レベル分けをせず、好きなら好き。言う必要もなく、心同士が繋がれば言葉なくともわかります。

敬いを持って自分にも他者にも全てに対して接し、自分を抑制したり我慢させたりと開放感をなくすようなことをせず、あるがままの自分としてストレスなく人と接します。

多くの人を愛し、多くの人から愛される結果になることもあり、愛を持つ自由人となります。

スピリチュアルな認知が高まると、ワンネス意識を持ち、敬いの気持ちを多く持つ。そんな人です。

  • ワンネス認知が高いことは魂レベルが高いことを表し、自分へも他者へも敬いを持って接する人間性となる
  • 自分を信じて認めているため、他者を認めて愛し、自他の喜びを作る
  • 中性的で性意識がないことから誰に対しても分け隔てなく、男女の関わりや性行為への認識は全て愛となり、娯楽や刺激を求めるような外面の戯言に興味はない

※モテようと思わない人の詳細は、「モテたいと思わない」心理に潜むモテたい欲の正体とは?をご覧ください。

「モテたいと思わない」心理に潜むモテたい欲の正体とは?世の中にはモテたい人がいれば、モテたくない人がおり、モテたいと思わない人もいます。 モテたいと他者に求める欲があり、モテたくないと...

 

モテる人のスピリチュアル まとめ

モテる人は愛を持って人と接します。優しさがありながらも、モテる男性は優しさの形が楽しみを与えることとなり、嬉しさと感謝を抱かせます。

モテる女性は優しさの形が敬いとなり、認められて大切にされていると思わせる認識を与えます。

共に相手を喜ばす行動にてモテる仕組みがあり、心の愛を基にして自分の喜びを何よりも大切にするスピリチュアルな認識があります。

何もしないでモテることはありません。モテる人にはモテる理由があり努力があります。

努力は自分を知ることであり、自己理解が深いからこそ喜びを大切に敬い、モテる結果が伴います。

恋愛や結婚にある“好き”や“愛”は、全て自分の理解から始まります。

好かれることに敬いを含めることで愛になり、愛に勝るモテ度合はありません。

大切な人をより大切に、好きな人をより好きに、愛する人をより愛するためにも、敬いを持ってモテる人になられてください。

人間関係の見方を変え、素敵な関わりが助長される内容であれば幸いです。

それでは、モテる男性と女性のスピリチュアルな仕組みのお話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

POSTED COMMENT

  1. ハル より:

    本日こちらのブログを知ったのですが、ぐぅの音も出ない程、真実が書かれていると感じました。霊が知りたかったこと、引っかかっていた事が、実例含め、ロジカルにも感覚的にも解明されている爽快感があります。
    私の拙い語彙ではこの感覚をとても表現しきれないのですが、何とかお礼がお伝えしたく、コメントさせて頂きました。

    • 北斗 より:

      ハルさん、伝わりました、受け取りましたよ。
      わざわざお礼をくださり、ありがとうございます。
      スカっとしてもらえれば幸いで、良きことと思います。ぜひ、お役立てください。

  2. ちっち より:

    素敵な人なら嬉しいですが。。

  3. ちっち より:

    私のこと?と思い、またここに感想を書きたくなりました(^^;)笑
    確かに私も、男性・女性、年齢、職業などまるっきり
    分け隔てなく接します。
    そして、こんな私ですが、どうやら魅力を感じてる男性がいるようです。
    着眼点に圧倒される記事で、とてもすごいなぁ!!
    とビックリしました。
    今回も素敵な記事の掲載、ありがとうございます!

    • 北斗 より:

      こちらこそ、ありがとうございます。
      ちっちさんは、素敵な人なんでしょうね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です