方法

気配を感じる方法はヤギ集中│感じる人と感じない人の明確な違いは自己中?!

ヤギのように集中し、鷹の如くフォーカスし、熊のように一心する。

気配を感じることは、生存における重点項目の一つかもしれません。

人が背後にいると気付く、視角に人がいるか感じる、攻撃性や病弱性を読み取る、殺気を察知する。

認識世界が一変して広がる、何かと役立つ気配の認知。

特にハンターや暗殺者には欠かせない能力なので、誰しもが身に付けたいものですね。

気配の認知には、気配を感じる人と感じない人がいます。

この違いは一体何なんでしょうか?

私は気配を消せるため、気配を感じやすい人と感じにくい人を見続けてきました。

そこには、両者に明確な違いがあり、なんといってもヤギ集中が気配を感じる肝だと理解しています。

えぇ、突然おかしな言葉が入ってきましたが、気配を感じるためには動物から集中力を教えてもらうと役立ちます。

そんな奇妙な話、気配を感じるための一助となることを願います。

気配を感じる人と感じない人

気配とは

気配とは、漠然と感じられる様子、感じです。

この気配となる材料はたくさんあると思います。

「漠然だな」と認識するためには、まず「見えない」というのが条件になり、その次に「感じる」というのが条件になると考えられます。

ここに該当するものは、空気(大気)、粒子(電子や素粒子など)、電磁、静電気、磁場、嵐の前兆、波動、エネルギー、気、虫の知らせ、第六感などなど。

メチャクチャ肺活量の多い人が遠くから息を吹きかけた時の、「へ~、何この気配」と耳チョロされたような感じがあったり。

または、「誰もいないはずなのにこの家に誰か居る気がする」と霊的な存在への気配の感じがあったり。

漠然とするためには、情報として認識する量が少ない必要があります。そのため、脳である思考が働きにくいもの、すなわち、見えないで感じるが気配になります。

見えず、感じるの組み合わせは、思考ではなく感覚。

ですが、この感覚が肉体なのか、心なのかの違いがあります。

肉体ですと五感がメインの感覚感受。

普段の目・鼻・口・耳・肌にて感受する感覚とは違うもの、それが不慣れなものだと五感認識しているとは思いずらいため、気配という漠然とした感じだと認識するかもしれません。

心が感覚感受していれば、五感とは違うにもかかわらず感覚があるので、不思議な感覚として気配だと認識するかもしれません。

ここでわかるのは、感覚をどう認識するかの人それぞれの認知度合によって、気配の感覚感受に違いがあることです。

いわば、情報取得が脳か肉体か心か、それらを自覚しているかによって、気配と認識するか否かが変わっちゃう。

このことから、気配とはちょっと意味深。感じる人がいれば感じない人がいるようになります。

※気配がちょっとわかりやすくなる話は、存在感を消すためにオーラを消す│方法は潜在的たそがれボー をご覧ください。

 

気配を感じる人

気配を感じる人は、情報取得となる認識のバランスが良いと考えられます。

脳で理解してから情報と見なすのではなく、ただ肉体がビビっと感じれば、「はい情報の一つ~」と認識。

なので、「この感覚は何だろう?」とか考えません。

考えているとその間にも感じている情報を情報と見なさなくなるので、気配を感じるための情報量が減ります。

それをしないのが気配を感じる人。漠然とした理解しにくい情報を情報と見なし、取得する量が多い人です。

言い方を変えると、自らが認識する情報に拒否や抵抗がない。そして素直、正直、誤魔化さない、誠実、自らに抵抗がない、疑念がない、自己認識力が高い。

自己認識力が高いことが最も大きな特徴です。

この特徴によって、気配を感じる人にはいくつかのさらなる特徴が出てくるので、一覧でまとめます。

気配を感じる人の特徴
  1. 内観力が高い
  2. 不安と恐怖に抵抗が少ない(慣れている)
  3. 自分を理解しようとするスタンス
  4. 自己愛がある(または自分が大切にされていると知っている)
  5. 自意識が高い
  6. 自己中心
  7. 完全なる孤独を知っている

気配を感じる人はとにかく自分を内側から理解する認識があり、自分をよく知っています。

ですが、まったく自分を知らない人もいます。

ちょっとした矛盾です。

これは、思い込みにて自らの世界に閉じこもる人も、気配を感じやすいためです。

気配を感じる方法を曖昧にしないためにも線引きしておきたいので、詳細をご覧ください。

 

気配を感じてしまう人

思い込みに大きく関わるのが自己愛と自意識の高さです。

気配を感じる人は共通して、恐怖を味わう経験が多く、恐怖慣れがあります。

といっても怖いものは怖く、認めたくない、知りたくない、味わいたくないと、どうしても嫌がり拒否したくなるものが恐怖です。

その経験が多いのは、過去に抑圧や強制、否定や支配など、自尊を汚そうとする他からの影響(苦労)が多いと考えられ、自尊を消されるのを防ぐために自らの世界に逃避場を作ります。

このように殻を作る人は自意識が高く、自らを消さないように防空壕のように身を護ります。

ここには、他から愛を貰わずとも自らの愛で身を護ろうとする意識があると考えられ、起きるのが思い込みの激化による自己防衛です。

自分が信じたものは一切疑わないようになり得ます。

自分の世界は自分しか知らない自分のみのもの、という見方で世の中を見る傾向となり、感覚も思考も想いも全てを信じようとするため、ちょっとした気配があれば、「自分の世界にあるもの」という認識になるので、がっちり情報として感受します。

この状態、私が出会った人々は全員が共通してネガティブです。

そして私もこのタイプでした。

すると、霊的なものを引き寄せて、「人の気配がしだす」という要らない特典付きになる人もおり、気配に敏感になります。

この状態は気配を感じる人というよりは、気配を感じてしまう人でして、自らコントロールできなくなる可能性があるので苦しみます。

このように、思い込みによる自己理解か否かによって、気配を感じるのか感じてしまうのかが分かれる傾向があります。

 

気配を感じない人

次は気配を感じない人の詳細です。

気配を感じない人は思考過多、「情報取得は基本的に脳を使用します」という人が多いです。

そこに何も悪いことはないのですが、起きるのが情報選別による量の少なさと、“心”を認識しにくくなることです。

気配とは武術などでも使用される“気”の理解があり、気である波動やエネルギーは、心で受信して感覚に切り替えます。

脳と肉体と心、心技体とも言いますが、三位一体の理解があることで“自分”という存在を知るため、脳だけに偏るとバランスを崩し、気配を認識する基盤が崩れて感じにくくなります。

気配を感じない人の大きな特徴となるのが、「脳で、肉体で、心で認識している」という情報取得時の自覚がないことです。

認識のバランスが偏ると、自ら脳を使用して理解するのではなく、脳に執着したり、認識する自己ルールに執着する可能性があり、理解するのではなく理解させられてしまうかもしれません。

気配を感じるためには認識に執着しない状態が大切になります。

以上から、気配を感じない人は認識に執着がある、いわば、自己概念が強く、「これはこういうものだ」「こうなればこうなるはずだ」という自分ルールが多い傾向があります。

このことからわかる、気配を感じない人の核であり最も特徴的な様が判明します。

「自分だけ」というシチュエーションの経験が少ない。

ここから派生して特徴が表れるので、一覧でまとめます。

気配を感じない人の特徴
  1. 不安や恐怖に慣れていない
  2. 孤独を知らない
  3. 創作がない
  4. 共存意識が強い
  5. 集団帰属意識が強い
  6. 生真面目(ルール順守過多)
  7. 社会的な認識を主体にする人間性(自己中じゃない)

ここでポイントとなるのは、自己中じゃないということです。

「いいじゃん、そっちの方が」という感じですが、気配を感じるためには自己中である必要性があります、もはや絶対条件ほどに。

自己中とは自らをこの世の中心にすることなので、認識の中点を自己に置くことです。

言い方を変えると、社会性や常識やルールなど、自分以外の他によって作られたものを中点にしない意味です。

すると、認識に執着しなくなります(執着する理由がなくなる)。

わかりやすいのが、気配を感じてしまう人です。

自らを絶対的に中点にしているため、思考でも感覚でも心の感受でも、あらゆる認識される情報は情報として取得します。

そこに執着がないために抵抗や拒否、ここの認識だけ強めたいという思いがありません。

しかし、自己愛の少なさ(または過多)が参入することで、自分に都合の悪いことは見ない、知らない、これが私の世界という思い込みを強め、自分の世界に執着することが起き得るので、コントロールから外れて他の影響も全て情報として取得し、苦しくもなってしまいます。

このように、気配を感じる人と感じない人の違いがあり、気配を感じる方法を理解する一助となります。

これらを踏まえて、方法の詳細を見ていきましょう。

※気配に繋がる話は、【決定的に違う】気がつく人と気がつかない人の特徴と能力│認識力が起こすこと をご覧ください。

 

気配を感じる方法

ここから話はぶっ飛び始めますので、読み進めるかどうかは見極められてください。

気配を感じるために大切なこと

初めに上述をまとめがてら、大切なポイントをご覧ください。

気配を感じるポイント
  1. 孤独を知る
  2. 認識の中点は常に自分
  3. 認識をコントロールした上で気配を感じるようにする

「孤独」という言葉には、気配を感じるためのポイントがほとんど詰め詰め、もうギュウギュウです。

ちょっと孤独を開いてみましょう。

自己認識力、自己内観、自分を知る、取得情報への抵抗がない、認識への執着なし、自分の世界への執着なし、他への執着なし、恐怖との結託、集中力保持、自己愛のコントロール‥‥パー。

全部孤独の中に含まれます。

孤独とは自己理解のことでして、自分の世界のみを認識できる状態の体感です。

独りだけ、なので、認識となる思考も感情も感覚も想いも、全て自己理解します(正確にはしなければなりません)。

すると、喜びや悲しみや怖さ。

全て自分自身で作り、表し、見出しているとわかります。

この状態になると、気配を感じられます。

この孤独の理解を持って、方法を見ていきましょう。

 

気配を感じる方法①:ヤギ集中

これはヤギ的な集中力、動物のヤギです。

気配を感じるためには、野生動物になるぐらいの勢いでいきます。

そこで集中力が大事。

集中力が表すのは、自己認識しかない状態。

目を瞑って集中すると、自分を中点として空間が円形で広がるようにブワワーン。

この時のフォーカスは完全に己のみです。

集中は自分の世界に入る状態、他である外界は見ない、感じない、思わない、想わない。

すると、外界の情報が手に取るようにわかり始めます。

これは、気配という情報を取得する基盤を作る意味です。

気配は外からの情報ですが、気配を感じるためには外の情報を感じようとしては逆効果になります。

己のみに集中し、情報取得する基盤の、目、鼻、口、耳、肌、思考、そして心をフリー、執着しない状態にします。

ですが、ここで自分の中に入ろうとしてはいけません。

あくまで、自分をフリーにする状態で集中。他を知ろうとしない、己の中に元々入っている自分にフォーカス、気配が自然と己に入ってくるのを感じやすい状態にする。

これを私はヤギ集中と言っています。

ちょっとヤギ集中をゲットした話を参考にご覧ください。

 

気配を感じる体験談

私がアラスカの森でテントと寝袋で住んでいた時の話しです。

ガリガリで衰退した鶏がら君は、ある日崖の上からヤギが降りてくるのを見かけました。

即座に戦闘モードに入った私はナイフを持ち、降りてくるのを待ちます。

しかし、野生動物のセンサーたるものは敏感も敏感、少しでも気配を出したらバレますので、茂みに隠れてスー。

私から発される気はもうガンガン、「食べる食べる、殺す殺す」とヤベーヤベー。

崖を降りてきていたヤギは中腹で気配に気付き、ギっと私を睨みます。

「はぁー、バレてるー」と心の声は、もはや森の中をこだまする悲痛の聞こえない雄叫び。

猛烈に崖を登って逃げていきましたね。

野生動物は別にヤギに限ったことではないのですが、あのヤギの時の空腹と苦しみから、逃げられたことを忘れられず、ヤギ集中と名付けました。

野生動物は自分の状態・状況が認識のほとんどに思えます。そのため、周囲で何か気配を感じると、本当に一瞬で気付きます。

こちらが気配を完全に消さなければ直ぐに気付きます。

このような経験を幾度も繰り返していると、ある大切なことに気付きました。

これを気配を感じる方法の二つ目としてご覧ください。

 

気配を感じる方法②:自己認識力を高めて他へのフォーカスなし

野生動物と暮らしていると、ヤギや鹿、ウサギに鳥、そして熊との遭遇があり、私が気配を感じる側になる機会は多くありました。

そこでわかったのは、気配を感じるためには自己認識力をとにかく高めること。

そして、自分以外の他へのフォーカスをなくすのが重要でした。

その状態が、自己中心。

「自己中が当たり前なんだ」となれば、気配は常に感じるようになります。

すると、川の中で魚がいるかどうか、傍目で魚が見えずとも、どれほど流れが強くともわかるようになります。

自己中は自分勝手やわがままとは別概念ですが、社会性の中で人との共存環境が主体になると、自己中心は少し難しいかもしれません。

そのためにも集中力が重要となり、自らにフォーカスするのを当たり前にすると自立に繋がり、その上で他者との関わりや認知が起きるので、より余裕を持って人を見て、意見を聞き、心に従いという状態も加速されていきます。

 

気配を感じる方法③:自分を知る内観

上述の自己認識力を高めることは、自分を知ることを意味します。

自分とは内側から、外側から、他者の目線から、全体の目線からと、それぞれに存在しますが全て自分です。

多角的に見る必要がありますが、気配を感じるために重要なのは、「内側から」です。

これが内観力。

内観、内省、内向などありますが、必要なのは内観、内側から己を理解するように観ると自分を知ることができ、自己認識力が高まり気配を感じるようになります。

内観力を高めるには自己理解の上で情報取得することが大切で、この感覚は肉体が、耳が、耳のどこがと自覚します。

この思考は頭が、過去のどの記憶と照合して、どう投影して、どう組み合わせて思考になって頭に入ったか。

この気持ちは心が、どういう感覚で体感で気持ちとしての心地があり、それによってどこが反応して気持ちとなったか。

内観で効果的な方法は瞑想です。

まずは五感から、音が聞こえるとはどういう状態でどういう認識か、目が見えるとはどういう状態でどういう認知か、内観による自己理解はまるで冒険のような遊びで楽しいかもしれません。

 

気配を感じる方法④:孤独を知る

最後の方法は孤独の理解です。

といっても、孤独の理解にはこれまでお伝えしたものが全て必要になりますので、気楽にお考えください。

ここでの孤独を知ることは、自らの周囲に何もない状態を知ること。

孤独という体感を経験することが、気配を感じる自分を作ります。

そのために、独りしかいない状態を味わいます。

完全に独り。

他人はもちろん、他の生き物、物、事もなし。

これは自分の知っている他を一切なくした状態を経験する意味でして、瞑想が役立ちます。

目を瞑ると周囲には何もありません。

思考をなくすと他の介入がなくなり、唯一の認知は自分。

この状態を味わうと孤独を知り、起きることがあります。

自分のエネルギーフィールド認知です。

フィールドに入ってきた何か、それは感覚感受となる気配の基を感じることができるようになります。

その理解が深まると、日常的に気配を感じるようになり、視角で見えなくても人がいるかどうかわかり、大気の変化による雨の前触れがわかり、相手の波動による気持ちがわかり、殺気や攻撃性の感情からの気がわかり、嘘をついているかどうかわかり、人の気配などもわかるようになります。

ここで重要なのが、自らが認知をコントロールしているので、気配を感じても苦しまずに自らのために活用できることです。

コントロールするためにも孤独の理解がとても重要だと考えます。

※気配を感じる方法がわかりやすくなる話、気配を消す方法は熊が教えてくれた│忍法【自分を感じず他者を見る】もどうぞ。

気配を消す方法は熊が教えてくれた│忍法【自分を感じず他者を見る】「あのぉ」 ひゃーー!!きゃーー!! パリンパリンガッシャンガッシャン まるで忍者のように背後に回り、ひと声かけただけで腰...

 

気配を感じる方法 まとめ

以上が気配を感じる理解と方法についてのお話でした。

気配を感じるための先生は、私の理解では野生動物です。

動物の気配察知能力は凄まじく、とても勉強になります。特に自己中心だからこそ他からの情報キャッチがスムースになる理解は、動物ならではの仕組みのように思います。

社会性の中で生きていると、集団という安泰や恐怖対処の思考策がたくさんあるので、生存として気配を感じる必要性がほとんどなくなります。

それはとても良いことだと思いますが、それによって気配を感じなくなることは、心や感覚にある不慣れを撤廃する認識への執着、そして認識を制限することで見える視界や感覚感受の幅を狭くしてしまうかもしれません。

気配を感じると他者とのコミュニケーションがとても円滑になります。

相手を見る余裕ができるため、自らの意見や表現を創作し、他者も踏まえた認識で発言や共有という形の繋がりが起きます。

それはお互いを詮索したり心理を読み漁ったりする恐怖対処から遠のき、自他共に余裕を作る在り方として、心を多用する心地良い関わりになります。

ちょっとヤギ集中とか意味わかりませんし、そんな野性的な本能を引き出す必要などありませんが、より自己理解を深める内容となれば幸いです。

ヤギ集中は魚集中となり、最終的には熊集中となっていきます。

熊集中の際には、気配を感じた後は即座に気配を消す状態へ向かうことをぜひ忘れないでください。

結構重要ですので、気配を感じる際の“自と他”へのフォーカス割合を覚えておきましょう。

「自へのフォーカス100%、他へのフォーカス0%」

これが気配を感じる方法。

これをしてたら社会性がないので、これを当たり前の状態として基盤にし、自分に余裕を持って他へのフォーカスを増やしていくと、良い塩梅で気配を感じる状態になると思います。

そのためにも孤独が大事、そんな話です。

それでは、ヤギ集中でメ~。

なんか口から出ちゃうんだよなー。

ってねー。

【忘れていた人生の合図を電子書籍にて販売中!】

ふざけた人生哲学 幸せはムニュムニュムニュ

サラリーマンだった人間がおかしくなる。森での変人化計画と全貌。

一人での森生活、襲ってきた熊は忘れていた大事なことを思い出させてくれました。

自分を探し出す物語。自分を見失い、人生に疑問を抱き、違和感を感じる時こそ、本当の自分を見つけ出す変貌ストーリーが始まります。

自分らしく人生を生きるための経験と知恵を詰めた哲学を、小説として読む内容。

興味を感じた方は、ぜひ始まりの合図を受け取られてください。それはムニュムニュしています。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です