悩み

【改善は心の在り方】挨拶したいけどできない大人│人見知りは心と頭のバランス

挨拶できないと苦労が増え、周囲からの批判も増え、常識のない様から悪い印象を与えやすくなります。

大切だとはわかっていても、いざ目の前に人が居ると挨拶できない。

どうしてできないのでしょうか?

大人だから、子供だからは関係ありません。挨拶できない人にはできない理由と原因があります。

人見知りで挨拶できない、怖くてできない、したくてもできない。そんな時は考え方を変えることが役立ちます。

根本から挨拶の意味や使い方を変え、自分のために挨拶を使用すると改善できます。

挨拶できない自分自身を理解し、改善のために大切な考え方がお役立ちできれば幸いです。

挨拶したいけどできない大人の真意、心の在り方に見合った大切な理解をご覧ください。

挨拶したいけどできない大人

挨拶できない大人の困ること

挨拶したくでもできない人。できるけどしない人とは異なり、挨拶できない大人とみなされます。

挨拶は大切な人間関係の一番初め。挨拶できないと人間関係が育まれず、一番大切な出だしを自ら崩してしまいます。

批判的な印象を周囲に与える要因が多くなります。

  • 社会的常識がない
  • 大人になってできないのは改善してこなかった
  • 躾を受けていない
  • 心を開く気がない
  • 人間関係は受動的で行動しない
  • 他者に興味関心がない
  • 自分の事しか考えていない

さまざまな評価・判断をされてしまいます。

人と人の繋がりの合図であり意思疎通、相互交流の橋渡しである挨拶は、両者の合致を生みます。

できるのにしない場合には、両者の合致を求めておらず人間関係を作り育む意思がないことが明白となり、呆れられて嫌われることがあります。

できるのにしないとは違い、できない場合には根本の人間性を見られ、その人自身の否定や心配や猜疑心を持たれ、周囲から目立ちます。

なるべく目立ちたくないにもかかわらず目立ってしまいます。

干渉が増えて他者からの影響が多くなり、挨拶できない大人の様は、自分にとって求めていないことを自ら作る状態になり、ますます挨拶しずらくなっていきます。

 

挨拶できない理由

挨拶できないことには三つの理由が考えられます。

挨拶できない理由
  1. 人への怖さ
  2. 自己防衛優位
  3. 逃避癖(誤魔化し)

人への怖さは人見知りが関わり、恥ずかしさや不安や恐怖を抱きます。

恐怖は強烈な感覚であり、感情をも引き起こし、拒否する反応を示します。

とても嫌なものですので、挨拶したいと思っても怖くて行動をストップします。

ここに関わるのが自己防衛優位です。

 

自己防衛優位にて挨拶しないことを無自覚に優先する

挨拶しないようにしている可能性があります。

無自覚なのでコントロールできず、「したくでもできない」になり、「喜ぶよりも嫌なことが起きない様を望む」という願望が潜みます。

「嫌なことは起きないで」
「ポジティブ有よりネガティブ無が良い」
「何も起きない平穏を望む」
という意思が強ければ強いほど、思考である頭をコントロールしようとする意識が表れ、自覚しない癖のように価値観や観念の自分ルールを作り、則る自分を求めます。

思考をコントロールする意識によって、「どうして挨拶できないのか?」を本気で考えないようにすることもあり、自分の中に別人の自分が居る状態になります。

ここに関わるのが逃避癖(誤魔化し)をする思考です。

 

逃避癖にて自覚しないように挨拶できない様を作る

思考をコントロールする意識によって自覚有無を作り、本人を支配するようになります。

自己防衛に重きを置き、ルールをたくさん作り、挨拶となるべく距離を取るように在り方を決めます。

挨拶したいと思ってもできない仕組みや真意に目を向けないように、挨拶して起きるであろう恐怖や不安を駆り立てるように過去の記憶を呼び起こします。

挨拶できないことで心を苦しめないためにも現実から逃避し、自覚しないように、正当化するように、仕方がないと思うように、次は頑張ろうと思うようにします。

いつの間にか挨拶できない様が知らぬ間に完成され、したいけどできなくなります。

 

もう一人の自分が挨拶できないようにしている

「挨拶したいけどできない」という相反する意思には二人の自分がいます。

  • 挨拶したい自分
  • 身を護るために挨拶しないようにする自分

挨拶できない三つの理由を作る自分は少し悪いキャラのようにも思えますが、実際にしていることは自分を護るためであり、大切な行為です。

相反する自分が居ながら、挨拶できない状態が先行している場合、身を護ろうとするもう一人の自分が優位なことを表します。

思考が身を護るために支配している心理です。

盾をかざす様が強く根付き、挨拶できないように自らを歯止めします。

「挨拶しない方が安全で怖くないよ」
「挨拶したらどうなるか知ってるの?無視されるかもよ」
「恥ずかしい思いしたくないでしょ、それじゃあやめよう」

 

挨拶したい自分がどこかに居る

挨拶できないことを正当化した場合、挨拶したいとは思わなくなります。

しかし、「挨拶したいけどできない」と思うことは、挨拶できない自分に違和感があり、どこかに挨拶したいと言う自分が居ます。

「本当は挨拶したい」と真意がありながら、思考が声を大きくして聞こえなくします。

思考に支配されることに、挨拶できない原因があります。

 

挨拶できない大人の原因

挨拶できない原因は心の在り方

理由の根底。身を護ることを優先し、挨拶できないようにする意識優位の状態には、心の在り方が関わります。

挨拶できない原因は心を開き過ぎている。

大自然の中で愛のある人々と関わり、少しの人間と動物との生活であれば、心を開けば開くほどに解放的に自分らしく抵抗のない生き方ができます。

しかし、世の中にはさまざまな人との関わりがあります。

人と関われば否定され、拒否され、無視され、嫌な気持ちを味わうこともあります。

家族や友人など近しい関わりがあればあるほどに干渉が増え、影響が増し、心をズタボロにされる可能性もあります。

心を開き過ぎると自らを護る意識が薄れ、心と思考のバランスを崩します。

他者からの影響が強くなり過ぎて、心の傷やトラウマにもなってしまいます。

一度心に傷を負うと、開き過ぎている人は一気に閉ざそうとします。閉ざさない人もいます。

閉ざすことで人間不信になったり人が嫌いになったり、挨拶する必要性などないと在り方を作ります。

閉ざさない人が、挨拶したいけどできない大人です。

 

心を閉ざさないと自己防衛過多になる

心は開いたままであるため、心を何としてでも護る体制に入ります。

自己防衛が激化し、身を護る意識を強めます。思考過多です。

心に偏っていた人間性が頭に偏ると、挨拶できない理由の状態です。

 

挨拶できない時に知りたいこと

極端にどちらかに偏ってしまうのは、素直過ぎる性格や感受性の高い気質が関わり、心を開き過ぎてしまう人間性があります。

本来は心を優位にした感覚や感性優位でありながら、思考を多用して頭を巡る現状があると疲れ、ストレスやイライラを作りやすくなります。

自分に対する違和感が強くなり、能力や才能の一部も出せておらず、仕事で失敗が多かったり覚えが苦手になったりと、不調和の兆候がさまざまに表れます。

心を護らなければ自尊がなくなり、自分という存在自体を失ってしまうため、心の防衛は絶対死守。それほど重要であり、挨拶できない理由は必要だから起きています。

しかし、防衛過多にて偏ると、「挨拶したい」という真意の自分が隠れたままとなり、勇気ややる気も出にくく、人が怖いと思い、距離を図りたいと思っているのに目立ってしまい、挨拶するための改善をしたくてもできなくなります。

挨拶したくてもできない。
挨拶する改善をしたくでもできない。

大切なことは、自分の中にある相反する状態の理解。あらゆる違和感と不調和の元凶の突き止めです。

ここから改善に入りましょう。

 

挨拶できない大人 改善

挨拶できない元凶

心を開き過ぎることから始まる、挨拶できないジレンマと矛盾の自己違和感。

心を知らないという意味でもあります。

知らないと心を護るために頭の思考へ向かい自己防衛。自らが思考を使用する意識を持たず、頭に委ねるように対処してもらうと思考に支配されてしまいます。

心を開く人は挨拶の意味は相互の繋がり、お互いが心を開き距離感を近づけるための行為として使用します。

心による挨拶。心を開くことを恐れる時に心を開く挨拶はしたくてもできません。そしてするべきではありません。

心を知らないと、挨拶の使い方が自分を苦しめる方法になっている可能性があります。

 

挨拶できない時は挨拶の使い方を変える

心を開く人は純粋で素直な傾向があり、他者の影響を受けやすい特徴があります。

心を開くとは愛を持ち、人との繋がりを喜び、自らの愛の認知を慈しむ人間性を意味します。

心を開く挨拶はとても大切なものですが、他者との共存社会では常に使用するのではなく見極めを求められます。自らを傷付ける危険性を晒してまで挨拶するものではありません。

挨拶できない時に心を開く挨拶は一旦やめましょう。

 

挨拶の意味を知ると挨拶しやすくなる

挨拶は自他共のためとなる心の距離感を近くする繋がりになり、人を利用して自分が喜ぶ方法にも、常識従順の社交性にもなる多様な使い方があります。

挨拶できない時には現状の自分に見合わせて、少しずつ挨拶の使い方を心に近づけていきます。

初めは心から遠い思考的な挨拶から。

「自分のため」と自己納得と満足するために挨拶します。深くを考える必要はありません。

常識に則っている私。
挨拶できないと思われない私。
自分のためになるかならないかのみを考える私。

「自分のため」であるので、他者は含めないようにします。

どうしても他者にどう思われるかを気にしてしまう場合は、挨拶ではなく笑顔や会釈や軽く手を挙げるようにします。

 

挨拶する対象を明確に区分けする

自分のための挨拶を実際に経験した後は、挨拶する対象をルール化して区分けします。

ルールを自覚することが大切なポイントです。

  • 家族には自己満足の挨拶
  • 同僚はアイコンタクトしてから挨拶
  • 先輩はアイコンタクトしないで会釈
  • 上司は「お疲れさまです」と言う
  • 友人は手を挙げる
  • 動物には心の挨拶

ルールは実際に挨拶した時の印象や受けを見てから、自分なりに決めてみてください。

ルール化のために時間や文言を決めておくのも大切な方法です。
「11:00からは、こんにちはにしよう」
「17:00以降でスーツを着ている人にはご苦労さまと言おう」

自覚してルールを作ると、思考に支配される状態が少しずつ緩和されていきます。

 

挨拶の意味を知る

挨拶にはあらゆる意味があります。

自分や相手のことを考えるのではなく、挨拶の意味にフォーカスすると挨拶できるようになります。

挨拶の意味
  • おはようございます…お早いですね、ご苦労さまです
  • こんにちは…今日はご機嫌いかがですか
  • お疲れさま…相手の苦労を労う
  • こんばんは…今晩は良い晩ですね
  • おやすみなさい…ゆっくりとお休みになってください
  • さようなら…さようならば、これでお別れしましょう

言葉それぞれの意味がありますので、意味にフォーカスして使用すると、挨拶に不安や恐怖を感じにくくなりますのでお試しください。

※挨拶の使い方の詳細は、【礼儀】挨拶しない人の心理が表す挨拶の大切さ│職場での関わり対処 をご覧ください。

 

挨拶できない人は心を知る

あらゆる違和感と不調和を作る元凶となるため、最も大切な改善は心を知ることです。

「心とは一体何なのか?」は自分を知る意味。

自己理解にて心を知る方法となるのは、心理とスピリチュアルの理解です。

心理を知ると自らの内側を知れるため、どうして心を開き過ぎて調整ができないのかなどの自分自身の在り方を把握できます。

スピリチュアルな意識や精神の理解を含めると、エネルギーや前世、エゴや何人もの自分の内包など、内側の探求が深まり、挨拶にある最も重要な“礼儀”についてを根本的に知ることもできます。

「どうして挨拶したいのか?」
「どうして挨拶できないのか?」
「どうして人見知りだと挨拶できないのか?」
「どうして挨拶が怖い、人が怖いのか?」

あらゆる疑問は自分を知るための材料です。

自己理解を深めることで不安や恐怖の意味もわかり、自らの行動を客観的に捉えて、物事を自分自身で解決する力となります。

挨拶できない時には自分を知り、心を知ります。心理とスピリチュアル(またはどちらか)の理解を育むことが重要な行動となり、改善方法そのものです。

行動は必ずご自身を変える力となります。

 

挨拶できない大人 まとめ

挨拶できない時には挨拶を無闇にはなさらず、自己理解を深めて少しずつ挨拶の使い方を知ってみてください。

「したいけどできない」という相反する意思には、全く異なる認識や価値観を持つ自分が、別々の意識として内側に存在します。

ある時にはこの意識、ある時には別の意識と入れ替わるように交錯し、自らに違和感や不調和を感じると、二つの意識によるジレンマのサインとなります。

自己理解を深めると一つ一つの考えも感覚も感情も、あらゆるものに意味があり、全ては自分のために繋がっていると理解できます。

全く別の世界の見方となり、人生は一変します。

挨拶とは人間関係の一番初め。人間関係とは自分と他者でもありますが、自分と自分の向き合いも意味し、挨拶は自己理解の一番初めでもあります。

自分との向き合いにおける違和感は心を知る合図となり、解放されるように自分が露になる時、本来の心と心の繋がりを作る挨拶が喜んでされます。

その時は人を喜ばす挨拶となり、他者に価値を与える挨拶となり、抑えていた能力や才能、勇気ややる気を留める抵抗がなくなり、人柄が重宝される大切な人となります。

ぜひ、全く異なる世界の見方を堪能されてください。人生は面白いと痛いほど感じられてください。

そんな始まりとなる内容であれば幸いです。

挨拶できないことに悩まれたご自身を褒める日を、作っていきましょう。

それでは、挨拶できない人の原因と改善についてのお話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

自己理解を深めて悩みを解決する個別相談。心理セラピストとのセッション。心理セラピストになる養成。
やる気を見出し、悩みを解決し、使命を得る機会があります。
現状打破と今後の飛躍。人生を変える選択の一つにされてください。

※あらゆる知恵の詳細。無料プレゼントのお受け取りはこちらからどうぞ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です