スピリチュアル

悲しくないのに…なぜ?│特定の人と話すと涙が出る人間の意識と仕組み

とまらない、泣いているわけではないのに涙がとまらない、まるで泣いているようだ。

全く悲しくないのに、辛さや哀しみの感情もないのに、なぜか涙が出ることがあるかもしれません。

もはや無感情で涙が出ている、あれ、うつの症状かな?

そう思うかもしれません。

「どうして悲しくないのに涙が出るのだろう?」

この理由には、特定の人と特定の状況で話すと涙が出る仕組みがあったりします。

それは精神にある意識の表裏を紐解くとわかる理解、現実的スピリチュアルです。

私達人間を象徴し、日常的にはびこる人間性の話。

ここでは、特定の人と話すと悲しくないのに涙が出てくる詳細を、奇妙爽快意味深うるうる物語、別名一つの考え方としてお伝えします。

えぇ、見極められてください。

おかしな話を大真面目にお伝えする場ですので、よりご自身の内側、それは奥深くの意識の理解を育む時間となれば幸いです。

涙にある意味深の探求を始めましょう。

悲しくないのに涙が出る

悲しくないのに涙が出る人の特徴

涙を流すのは悲しいから、これは泣く理由のあくまで一つですので、悲しくなくても涙は誰しも出すもの。

映画観て感動、うるる。
怒りすぎて、気付いたらぽろろ。
玉ねぎ切っていたら、ぐじゅぐじゅ。
笑い過ぎて、バチャバチャ。

私なんかは、鼻をかんだらピューっと放水のように目から涙が出ます。

とそんなことはどうでもいいですね。

さまざまな感情に紐づいて泣く行為に及びますが、他者への共感、感受性の鋭さ、角膜防御、顔面内部の空気変動などにて、涙が出ます。

ですがこれらとは一線ピー。

悲しくないのに涙が出る場合、自己制御なく涙が出てくる状態かと思います。

それは、自分としては泣くシチュエーションではないにもかかわらず涙が出てくる、勝手に出てくる、とめられない、やめられない、さーどうしましょう。

そこにどんな感情があるのか、どうなっているのかわからない。

これは、自己認識なく泣く状態、まるで自然な反応として涙が出る。

このような状態の人にはある認識が潜みます。

  • 自分を認めていない
  • 自分を許していない
  • 本当は自分を認めたい
  • 本当は自分を許したい

拒否と肯定が入り混じる。

現状拒否認識が優位、肯定認識を自ら出す方法を知らない状態があると考えられます。

この認識がある人にはいくつかの特徴が見られますので、一覧でご覧ください。

悲しくないのに涙が出る人の特徴
  1. 感受共感性が高い
  2. 敏感体質
  3. 我慢癖
  4. 自己否定癖
  5. 自己抑制癖
  6. 自信と自尊がない
  7. 自分を知らない

特徴には、気質や体質として感受共感性と敏感性の高さがあり、人によってはエンパスやHSPと言われます。

③以降の他の特徴は、実は全て同じことを表します。

「自分を自覚しない癖」

自らの行動や思考、感情や気持ち、あらゆる行為と働きを自ら認識し、確認し、認めない特徴です。

ですが、明確に自覚するものがあり、それは決まっていたりします。

「他者目線での自分の立ち位置、状態、在り方」

悲しくないのに涙が出る人、私がそうなのですが、それ以外にも出会った人は私の理解では全員がこの状態でした。

いわゆる、他者にどう見られているかを他者の目線や思考で自覚しようとし、それ以外の自覚をなるべくしないようにする。

すると、「この人はこう思っているだろう」と思い込み、自分がしている行為への自覚をしないように、嘘や誤魔化しが多くなります。

その元凶となるのが、「我慢」です。

忍耐ではなく我慢、嫌なことを嫌々味わう我慢をし続けて、そんな自分を自覚したくなくなると、悲しくないのに涙が出るようになります。

ですが、ただ単に自分を自覚しないからこうなる訳ではないと、私自身の経験からでは理解しています。

そこには、意識であるスピリチュアルな話があります。

 

悲しくないのに涙が出るスピリチュアルな仕組み

意識、それは宇宙との繋がりを見せる神秘の光、なーんて話はしません。

意識とは自我意識、自分そのものです。

この意識、陰と陽、光と闇、始まりと終わり、生と死のように二元化、良いがあれば悪いがあるように二つが組み合わさります。

この意識を人間味として象徴するのがこちら。

愛と恐怖。

表裏の関係にあり、どちらも自分自身のことです。

私達は愛と恐怖を内包し、愛に触発すると自分を愛し、他者を愛し。恐怖に触発すると自分を拒否し、他者を拒否し。

恐怖とは、「怖い」という感情でもありますが、そこには怖い=認められない(拒否したい)という真意があり、恐怖=拒否、認めないこと(または拒否する自分を求める様)を意味します。

例えば、怒りは恐怖の一つ。怒るためには自分が認められない、いわゆる拒否する事柄があるために反発して怒ります。

この時、怒りの対象を許せず否定や非難などの拒否をし、さらにその行為をすることは、物事を受け入れられない自分=自分に対する拒否表現、恐怖状態を意味します。

ここで思い出してもらいたいのが、悲しくないのに涙が出る人の認識。

  • 自分を認めていない、許していない

恐怖を意味します。

この元凶となる我慢、現実として起きたことに対しての、「認める認めない」の自覚をなくし、「本当は嫌だけどしょうがない」と認めていないのに認めたように振舞う演技や誤魔化しが起き、実際には恐怖優位の自我意識を膨らませていき、恐怖に駆られていないと思い込もうとします。

すると、自覚しないようにする癖がつきます。

悲しみも恐怖ですので、辛さや悔しさ、怒りや憤り、受け入れられないことが起きると恐怖で泣きます。

ここで涙を出すポイントが見出されます。

「どうして恐怖で泣くのでしょうか?」

 

涙が出るのは意識にある許し

わかりやすいので子供を例にすると、暗がりの怖さがあれば恐怖にて泣きますが、恐怖だけでは泣きません。

我慢せず、恐怖を受け入れ、それに喜べば、怖いことはその人にとっては喜びにもなり、闇系として全く別の人間性が表れ、泣かなくなったりします。

泣くには一つ材料追加。

愛です。

愛とは恐怖の反対、肯定、認める、受け入れる、許すこと。

それら全てに含まれるのが、「敬い」でして、自分や他者を敬う様が愛そのものです。

恐怖だけではなく、愛が加わることで涙が出ます。

子供は自分を認めて愛しているため、恐怖があっても恐怖を喜びとして迎え入れることができず光、または恐怖だらけの環境にて恐怖を受け入れ闇、と極端になります。

自らを愛する状態で暗闇という恐怖が加わると泣き、自分を愛さない状態に光という愛が加わると泣きます。

愛と恐怖のスピリチュアルな意識の理解では、涙とは愛と恐怖が互いに干渉し合い、反発することで泣くと考えます。

ここでの主旨である、悲しくないのに涙が出る人を対象にすると、我慢にて常に恐怖を内包し、それが大きければ大きいほど、愛が認知された時にドバー、涙を流します。

悲しくないのに涙が出る人の場合、愛とは自分への許しです。

我慢にて恐怖を内包する状態に、「自分を許せる、許してもいい、許そう」と思えることが起きると、涙が出ます。

 

スピリチュアルな涙の仕組み

上述の涙の仕組みを一旦まとめて、内容をわかりやすくしたいと思います。

感情に起因して泣く場合とは違う、意識から溢れる涙がここでの主旨。

とてもシンプルです。

[恐怖]が在る意識状態で、[愛]という[許し]があると泣く。

または、

[愛]という[許したい]意識状態で、[恐怖]という[認めない拒否]があると泣く。

全ては自分の中での話です。

涙の材料は愛と恐怖、それは、「自分を許す意識」と「自分を認めない意識」

我慢すると嫌なことも飲み込むように生きるので、嫌とも良いとも言わなくなり、真意や自分の意見を隠すように押し殺すかもしれません。

すると、自分を許せないという思いも強くなり、我慢させられたことに対して他者を許せない思いも強くなります。

恐怖をどんどんと蓄積した意識状態です。

しかし、その根底には自ら進んで恐怖を蓄積しているわけではない自分がいます。

それが愛です。

恐怖を受け入れて喜んで拒否すれば話は変わります。愛はシュンと消え、どれだけ辛いことがあっても泣かなくなります(我慢して泣かないのはこれまた別の話)。

それは冷たいのではなく、拒否する自分を受け入れている意味でして、闇系の愛として、自信も自尊も持つ形になります。

ですがここでお伝えしているのは、二元化の愛と恐怖、裏表の自我意識そのものなので、消えたと思い込むことはできても実際には消えません。

闇系の愛、光系の恐怖、なんでも好き勝手思考的に作れますが、根本は意識なので作れず、常に自分の根底に鎮座します。

悲しいから、嬉しいからの表面意識からさらに奥へ向かい、無自覚の領域にある自我意識内部からの自己表現、無自覚で癖になった恐怖と、無自覚で心の底から湧き出る愛の認知です。

それはまるで壮大な地球の美しさを見た時の涙。

苦労して山を登り、道中でたくさんの苦しみや辛さを積み重ね、恐怖を蓄積する意識。

その挙句、山頂で見る地平線の自然と太陽、地球と宇宙の調和。

愛、大好きな地球に感謝したくなるような敬いがあり、道中の恐怖を全て許してあげられる力。

恐怖があればあるほど、達成した結果が愛であればあるほど、意識から涙が出ます。

嬉しいも悲しいも通り越した意識からの涙は、心の叫びであり、心からの許しのギフト。

そんなスピリチュアルな話です。

※泣くのが悩みになる際は、悩みがあるから良い。スピリチュアルな悩み相談に大事なこと をご覧ください。

 

特定の人と話すと涙が出る原因

特定の人と話すと涙が出る原因

悲しくないのに涙が出る仕組みがよくわかる様があります。

それが、特定の人と話す時です。

共感性・感受性・敏感性が高い人は、他者からの影響を過敏に受けるために、恐怖を抱きやすくなります。

その恐怖にあらがう方法として我慢があるため、他者の影響を受けやすい人ほど我慢し、誤魔化しや思い込みにて自覚をなくして対処します。

それこそが自分を大切に愛する意識の表れでして、恐怖を抱えやすい人は恐怖を抱えているとも思わないように自分を護ります。

そんな状態で、特定の人と話します。

それは愛のある人

ドバーっと出て来ます、涙が。

特定の人とは、我慢癖の自分を許せる人、我慢しないで関われる人です。

優しい人、敬いの気持ちがある人、否定しない人、拒否しない人、受け入れる人、許してくれる人、安心できる人、恐怖を感じさせない人、自分らしくいられる人、誤魔化さないで関われる人。

我慢する人は日常的に自分を許しません。そして、許さないようにしているかもしれません。

それが恐怖から自分を護る術であるために、常に周囲を伺い、危険性や苦痛、拒否される可能性(恐怖)を探し、対処に勤しむことでより恐怖を蓄積していきます。

一切我慢する必要がない人と関わると、蓄積された恐怖のダム決壊の如く、ドガーンボガーン。

人と話すと涙が出る場合には、話そうとする空間に自身の、または相手の敬いである愛があり、それによって自分を許す状況が作られ、涙が出ます。

ポイントは、恐怖を多く蓄積した状態で自分を許す状況が起きると泣く、というものです。

 

大事な話をすると涙が出る

「自分を許す状況」であるために、特定の人だけでなく、自らが大事な話をする際にも涙が出ます。

それは、これまで言えなかったこと、我慢して抑制していた恐怖そのものを吐き出す時。

恐怖の吐き出しには自分への許しが絶対条件です。そのため、自らが自らを許した時、大事な話をする、または話をしようと試みます。

すると、意識からの涙が出ます。

例えば、恐怖心を抱える両親、父親や母親とのトラウマや心の傷を抱える記憶があると、「私が両親と関わるのを許せない」と無自覚の認識が起き得ます。

そこで、許しが出たために両親と関わろうとするので涙が出ます。また、関わることを既に許していれば、その先の深い関わりや、大事な話をしようとすることで、自らを許そうとする愛によって涙が出ます。

 

自分を許す状況になると涙が出る

人と話すだけでなく、許す状況があるかないかに涙が出る原因があります。

ここでポイントとなるのが、我慢する人が自分を許せる状況です。

我慢する人は強制や逃げ道のない状況になると、真意が表れやすい傾向があります。

例えば、我慢していたことを話さなければならない、我慢してはいけない状態などです。

私の体験談ですが、私は幼い頃からすぐ泣く人間でしたので、なんとしても泣かないように生きていました。

ですが、高校生のある日、ユニークな我が家は完全なる崩壊。死んだり、精神病棟へ強制連行されたり、警察が来たり、役所の人が来たり、いろいろ大変なことになりました。

それは、我が家で夜な夜なやっていたブラックマジックがバレた、というのは冗談ですが、我が家の実情が若干ですが第三者に露になりました。

そして私の実情聴取になった時、話さなければならなくなります。

これは私という我慢する人間にとって、「我慢してはいけない=自分を許していい状態」となりました。

自分で自分のことを許せない、許す方法も知らない人間には、強制や強要は時に助けです。

それは他からの愛ではなく、自らに内包されている愛を引き出してくれる助け。

この時、私は事実のほんの一部を伝えただけで、涙は涙腺が崩壊したかのごとく溢れ、息ができないほどに流れ続けました。

自分を許す状況は人それぞれにあると思います。

  • 自分の幸福なんて考えられない時、幸福になることを許してくれる愛する人がいれば、涙が出ます
  • 苦しみの縛りの解き方がわからない時、解きほどいてくれる人がいれば、涙が出ます
  • 我慢ばかりの生き方の時、気兼ねなくみんなでワイワイ笑い合える状況があると、涙が出ます
  • 憎んでいた人が死に、その人を愛していたんだと気付いた時、涙が出ます

反対もあります、自己愛がある状態で恐怖があれば涙が出ます。

  • トイレ掃除をしてくれているおばちゃんに、「ご苦労様」と言えない自分の不甲斐なさに、涙が出ます
  • 誰かをどうしようもなく好きになり、そんな自分を愛している時に、相手との先行きに不安を覚えれば、涙が出ます
  • 自分を愛しているからこそ、激昂して恐怖に飲まれた自分が現れれば、涙が出ます
  • 自らに恐怖を与えたくない認識が強く、目上の人との関わりなどの緊張感、またはその際の優しい一言で、涙が出ます

涙には癒しの力があり、恐怖があれば愛の意識から、涙を流して心を軽くさせてくれます。

「許し」という愛は、涙という癒しに形を変え、どこまでも自分を敬います。

恐怖を抱え知っている人であればあるほど、自らを、そして他者を愛した時、自然と涙が出るのが意識からもたらされるメッセージ。

「私は私を許しているよ」という自己表現ではないかと思います。

※涙が出る効果については、泣きたくないのに泣いてしまう大切な意味│涙ヒーリングのアイテム化はご法度 をどうぞ。

泣きたくないのに泣いてしまう大切な意味│涙ヒーリングのアイテム化はご法度訳も分からず涙が出る、いえ、本当は理由を知っている、心の奥底では。 泣きたくないのに泣いてしまう。 自己理解がない、自己コン...

 

悲しくないのに特定の人と話すと涙が出る スピリチュアル まとめ

脳科学からの認知があり、心理・行動からの認知があり、スピリチュアルからの認知がある。

私達人間とは意味深で幅広い存在です。

涙とはなんとも不思議なものですが、自然と湧き出る泉に意味があるように、自然と流れる涙にも意味があります。

ですが、ちょっとわかりにくいのがたまにきず。

意識とは深層にある真意であり、変えることのできない自我の表現として、愛と恐怖の混在を教えます。

見えずらくても確実にある、そんな気持ちであり、想いであり、意志であり、信念であり、意識。

悲しいのか嬉しいのか、これは本人のみが決められるものですが、それは後付けで決めるのではなく、既に決まっている。いえ、既に知っている自分の想いかなと。

そのため、真意として深層から流れる涙をとめる必要はありません。

とめることは意識をも隠そうとしてしまいますが、意識は消えません、誤魔化せません、制御できません、コントロールできません。

これらは、「そんなことをする必要はありませんよ」という意味です。

それならば、出しちゃいましょう。

泣きましょう。

表現しましょう。

そして、何より大事なのが知ることです。自分を把握しましょう、確認しましょう、自覚しましょう。

泣いたら許し、それはとても良いことだと思います。

許しが増えると起きるのは、泣くのは素晴らしいという自覚。

我慢している人は、涙を他者に対する干渉や影響作りに使いません。そのため、他者に迷惑な涙の利用は起きにくい。

そんな自分をさらに自覚して、涙を認め、自分を許すための機会とされる内容となれば幸いです。

涙が出たら、その時の自分を感じてみてください。許しは癒しです。

それでは、私は涙の大量生産に勤しむために、意識変えに足を踏み入れようと思います。

変えられない領域に向き込むものには、相応の見返りがある。

涙の取り上げじゃー!

きゃー、やめてー、それだけはー。

あああああ、涙が、出ない、よー。うわーん。

いや泣いてるー。

茶番ー。

そんな演劇でも観てこよっかなっと。

【忘れていた人生の合図を電子書籍にて販売中!】

ふざけた人生哲学 幸せはムニュムニュムニュ

サラリーマンだった人間がおかしくなる。森での変人化計画と全貌。

一人での森生活、襲ってきた熊は忘れていた大事なことを思い出させてくれました。

自分を探し出す物語。自分を見失い、人生に疑問を抱き、違和感を感じる時こそ、本当の自分を見つけ出す変貌ストーリーが始まります。

自分らしく人生を生きるための経験と知恵を詰めた哲学を、小説として読む内容。

興味を感じた方は、ぜひ始まりの合図を受け取られてください。それはムニュムニュしています。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です