スピリチュアル

イライラする人に明確な心の合図|本当は怒っていないスピリチュアル

自制のないイライラは気付きのチャンスです。

イライラする人には、自制なく怒鳴ったり悲しくなったりと自分の状態を表現する場合と、ストレスや自分ルールの押し付けによって自ら憤りを作る場合があります。

同じイライラや怒りでもそれらには明確な違いがあり、自制がない場合にはスピリチュアルな認識によって、イライラする意味と、イライラしない方法が見出されます。

自制なく反射的にイライラする場合には明確な理由があり、自らの意志を持って怒りを鎮めることが可能ですので、このまま少し立ち寄ってみてください。

私は自制なく怒りが露わになり、コントロールがないので、「なんだかな、直ぐㇺッとしてしまうなぁ」と思いながら生きていました。しかしある日、あおり運転をされた時にイライラの正体に気付きました。

気付いた瞬間にイライラとの決別があり、イライラすることが一切なくなりました。

そこには自覚が必要でした。

イライラや怒りを露わにした後に心苦しく感じ、自分を責めたり、対処がわからずに困ることがある場合には、スピリチュアルな意味があります。

私の体験した気付きから、自らイライラと対峙しようとする方の一助となるために、イライラのスピリチュアルな意味と、イライラしない方法を見ていきましょう。

イライラするスピリチュアルな意味

イライラするには種類がある

初めにイライラの種類をご覧ください。

反省が含まれる怒りかどうかで種類が分かれ、ストレスによる意識的なイライラか、自制のない無意識のイライラが存在します。

イライラする種類
  1. ストレスによる憤り : 自分ルールの押し付けにて不満足や不納得な気持ちを作り出し、意識的に自らの状態を表現し、他者のエネルギーを奪い、減らし、攻撃をする怒り
  2. 自制のない反射的なイライラ : 心の傷への接触による反応で、ムシャクシャしたり、声を荒げたり泣き出したり、自らのコントロールのない状態での自己矛盾の表現

ストレスによる憤りにてイライラする場合には、怒りの意識と他者への攻撃意識を明確に持ちます。それは、自らの存在価値を見出すための思考による自己表現で、「これが私という人間だ!」という状態です。

そしてもう一つが、自制のない怒りで自らのコントロールを逸脱して、自分の状態を表現したくないのに表現される矛盾状態の動作です。
まるで怒りの塊かのごとく反射的に「コラッ!」となり、「やっちまった、シュン」という反省があります。

ここでは、自制のないイライラに対するスピリチュアルな理解と、改善方法をお伝えしていきます。

 

イライラする人の特徴

自制なくイライラする人には共通した特徴があり、それは自らの意志で怒っていないことです。

怒りとは自分自身の表現方法でして、人それぞれに声を荒げ、悲しみ愁い、対処のわからない不安や落ち着きの失い、無視、喪失感や空虚感を抱くなど、荒れている状態はさまざまです。

そして、その怒りの状態を我慢して表現しないようにしているのがイライラ状態でして、リミッターを超えると、「もう、我慢できない!」という具合に怒りを露わにします。

ですが、我慢していても露わにしても、イライラも怒りも同じ自分の状態を表す表現方法でして、カラスが人を見て周囲に知らせるためにカーカー鳴くようなものです。

特にわかりやすい怒りは、声を荒げたり攻撃的になって人を怖れさせる言動をする場合ですが、それ以外にも自制がなくネガティブなものは全て怒りになります。

 

イライラしたくないけどイライラしてしまう

実は自らの意志で怒っていないというイライラする人の特徴があります。言い方を変えると、本当は怒っていません。

そこに、自己表現ができていない矛盾状態がありまして、怒りの表現をした後に、「うわ、やってしまった」「なんで怒ってしまうんだろう」「なんとかしたい」「自分ではどうしようもない」「あの人に申し訳ないことしたな」「ごめんなさいしないとな」などの、自己否定や反省や後悔をします。

そして、怒りを表現せずに我慢してイライラで抑えても、「なんであんなことでイライラするんだ」と自分を非難したり、自分自身に疑問を抱く自己理解のない状態になります。

それは、「自分で怒りの対処をしたい」と考えている状態で、何とかしようと改善を試みる気持ちがあることに、ストレスによるイライラとの大きな違いがあります。

 

矛盾を感じる

自分の意志がないのにイライラするから、「イライラを止められない」「何なんだこの状態は」という、錯綜があるかもしれません。

しかし、いくら考えても理解には及ばず、ムシャクシャが広がるので考えるのを止めますが、自分の中での矛盾は広がり続けます。

イライラで抑えられず、怒りを露わにした際には、「はっ、また怒ってしまった…」と、我に返ったかの如くネガティブな思いを感じます。

自制がないことは自分の意志ではないことを表し、それは自分ではないことを意味します。

自分のことなので自分ではない訳がないのですが、「あんた誰や?!」と自分の中に2人居る状態です。

私は、イライラや怒りの自分を別人格に捉えていたので、「この人、また怒ったな」という具合に感じていました。

イライラする人の特徴
  1. 自らの意志で怒りを表現していない
  2. 怒りを対処したいけどできない
  3. 怒った後に、自己否定や反省の憤りがある
  4. 矛盾を感じる
  5. 自分がいない
  6. 改善意志がある自分と、イライラし続ける自分が共存する

自分がいるけどいなくなる時があり、それがイライラや怒りを露わにする時です。

自分の中に居る2人を理解することで、イライラのスピリチュアルな意味と、イライラしない方法が見出されます。

※イライラさせてくる人については、一緒にいるとイライラする人の特徴と対処│いつの間にか自分を変えられている をご覧ください。

一緒にいるとイライラする人の特徴と対処│いつの間にか自分を変えられている「なんでこの人といるとこんなにイライラするの?」 自分でも驚くほどに憤りを感じ、さらに正体のわからない違和感に落ち着かず、理由がわ...

 

イライラする意味

自分の内側に別の自分が居ることから、イライラは内側の自分からのサインであり、気付きの機会となる意味があります。

そのため、イライラすることは自分のためになります。

さらに、怒りとして露わにすればするほどに、サインに気付きやすくなります。

 

イライラは自分が抱く恐怖心の表現

自制なくイライラする場合には、過去の出来事からの心の傷があります。

心の傷は恐怖心となり、心の奥底に潜み続け、心の傷に触発することで反応として怒りが表われます。

イライラする際に攻撃的になって人を怖がらせる場合、過去に怖れを抱き、馬鹿にされたり卑下された記憶が傷としてあり、その際の恐怖心が明確に残っています。

イライラ状態の表現は自分の恐怖への対処であり、過去のように怖い思いを抱かないように無意識に言動して他者を怖がらせたり、恐怖を抱かないように、「自分は強いぞ、弱くないぞ」と、千と千尋のでかい赤ん坊のように威圧しようとします。

 

怒りの表われ度に比例して恐怖心を持つ

人を怖がらせる行為が激しさを増すほどに、恐怖を抱きたくない思いが強いことを表し、“自分は弱くないという思い込み”を何よりも優先して保持しようとします。

強く周囲に当たらずとも、イライラしている状態が態度に表れていれば威圧になり、怖がらせる行為になります。

 

イライラの原因は否定、押し付け、強制

恐怖心を抱く経験が過去にあり、そこには周囲から否定され、押し付けられ、強制される記憶があると思います。

それらの行為は全て、“自分の存在否定”となり、心の傷になります。

イライラや怒りが露わになる際は、自分の存在を否定されることに繋がる言葉や言動を周囲からされた時です。

それは、心の傷に触発する言葉や言動でして、周囲の行為がなければ自らイライラや怒りを持つことはありません。

 

イライラはありのままの自分からの気付きのサイン

イライラや怒りは、心の傷にある恐怖心を見たくない思いからの自己表現です。

それは恐怖心から逃げ続けようとする自分の表われで、「本当はそんな人じゃないよ」という、自分の内側に居る“ありのままの自分”からの不調和のサインがあります。

そのため、イライラする時は自分ではない自分を知り、恐怖心を持っている自分や、恐怖から逃げている自分に気付く機会となり、自分を知るためのスピリチュアルメッセージです。

イライラする人は、攻撃的に見えても実際には攻撃意志は全くありません。
あくまで、恐怖心を見ないようにする対処であり、愛を多く持つほどに怒りの表現が激しくなります。

そのため、イライラする自分が表れることで、「これは私ではないよ」というサインがあり、怒りも恐怖心も持たないありのままの自分がメッセージを送っています。

自制のないイライラは、「自分は強い」「自分は弱くない」と思い込むための言動をする結果、人を怖がらせることをするが、攻撃意志はない。

怒りに対して自責の念や反省をする気持ちがあり、自分の行動と内側の想いとのギャップにて矛盾を感じる。

イライラや怒りが露わになる時は、過去の心の傷にて作られた恐怖から逃れようとする対処であり、心の傷に触れる言葉や言動が周囲にあることでイライラする。

恐怖心を持つ自分と、ありのままの自分の不調和のサインの意味があり、自分を知り、取り戻す機会となる。

※怒りが表れる際の怒りの浄化方法は、インナーチャイルドの怒り。メッセージと浄化の機会を見逃さない をご覧ください。

スピリチュアルな怒りの浄化機会|インナーチャイルドの合図を見逃さない怒りとは、インナーチャイルドの心の傷にあるエネルギーの矛先であり、反応による表現です。 傷となる原因には明確な行為と想いがあり、そ...

 

イライラするのは自分を知る機会

私がそうだったのですが、イライラする時には声を荒げ、戦いになっても本当に何でもしてしまうのではないかと思う状態になります。

スピリチュアルな見方をすると、イライラする時は、「このやろーこのこの」となっていますが、人を攻撃する意図も怖がらせる気持ちも本当はないので、イライラする人は“悲しみや怖れ”を持ちます。

「オラオラオラ」と言っている時には、手がガタガタ震え、足がブルブルして、涙が出そうになります。

しかし、そんなガタブル状態を見ると、「自分は怖れている」「自分は弱い」と思ってしまうので、より怒りを激しくして、「怒りが凄まじ過ぎて手がガタガタしているぜ、へへ」と偽りながらガタブル状態を乗り越えます。

その際には、喪失感や空虚感を武器にして目が座ったトランス状態になるか、目をギラギラにさせてアドレナリンにて恐怖を打ち消します。それは恐怖の克服ではなく、恐怖をボコボコにして怒りの時だけヘロヘロにする一時しのぎですが、一時であれば本当に恐怖を乗り越えてヤバイ人になったりします。

そして、怒り終わった後に、「はぁ、やっちまった」「私はダメな人だ」「申し訳ないことをした」と反省や後悔をします。または、反省や後悔をすることで自分が弱いことを認めてしまうと思い込んでいる場合には、益々非人道的になろうと試みます。

 

イライラのガタブル状態が自分を知る機会

スピリチュアルな見方では、イライラする時のガタブル状態が大切な気付きのサインであり、メッセージです。

イライラや怒りの時、ガタガタしたり、ブルブルと震えたり、涙声になったり、涙が出てくるのは、恐怖や不安から発生しているのではありません。

ガタブルは、自分が在りたいと思うありのままの自分との完全なる不調和による体の拒絶反応で、「誰だねあんた!これは私じゃない!」と教えてくれるサインです。

イライラのスピリチュアルな見方
  • 「この人は私ではない」と教える本当の自分からのメッセージにて、自制のないイライラが表現される
  • 自分とかけ離れた自分であることを教えるサインとしてガタブル状態を表す
  • 人への攻撃意志はないので、恐怖や不安の波動を出す

 

イライラした時の外側と内側を見ることで自分を知る機会になる

イライラは自分を見失っている状態ではありません。イライラすることが、ありのままの自分が表れる状態で、それは気持ちとして表れます。

そのために、反省や矛盾を感じます。

イライラしている時の行動や言動は、“恐怖を抱えた自分”が使用して表現します。
それと同時に、内側の気持ちは“恐怖も怒りも持っていないありのままの自分”が使用して表現します。

言い方を変えると、恐怖の自分は脳を使用して肉体で表現し、ありのままの自分は心を使用して認識します。

イライラと怒りの時は、その2人の表現が一緒にされるので、外側の行為を見るのか、内側の気持ちを見るのかによって、イライラに対する見方や理解が変わります。

そこで、内側を見るのがスピリチュアルな理解となり、ありのままの自分に気付く機会とないます。

※怒りとは愛であるスピリチュアルな理解がありますので、怒りのスピリチュアルはエネルギー|愛と表裏の関係を持つキレる訳 をご覧ください。

怒りのスピリチュアルはエネルギー|愛と表裏の関係を持つキレる訳怒りとは表現方法であり、対処方法であり、愛と表裏のエネルギーという見方があります。 怒ることにはスピリチュアルな原因と、脳にある原...

 

イライラしない方法

イライラしない方法

怒りのコントロールやアンガーマネージメントは自分を理解することで成し得ます。
そのために、周囲の反応や状況に飲み込まれるのではなく、自らの意志や意見をもって現実を作り出す発信者となることが大切です。

イライラが表われる前に自分の認識を知り、考えることで自分を理解することとなるのですが、自制のないイライラの場合にはこのようなことは実施困難です。

そのためにも、過去の心の傷を癒す方法や自分を許すことが大切になり、イライラすることの意味を理解して、イライラを活用することでイライラしない方法が見出されます。

 

怖いと思っている自分を認めて自覚する

ありのままの自分からのサインとしてのスピリチュアルな認識を持つことで、イライラや怒り爆発の時は、イライラではなく本来の在りたい自分の姿との矛盾表現と理解します。

そして、恐怖を恐れて、否定されることを恐れていることを認めます。

「怖い」と思っていることを認めることがイライラしない方法です。

イラついたり怒った後に、自分を思い返して洞察します。
震えている自分、恐怖を認めない自分、より怒りで自分を見ないようにする行為、言動全てを思い出し、「私は怖いんだ」と言ってみてください。

他に誰もいません。自分の中で恐怖を感じている自分を認めることで心がフワッとしますので、感じてみてください。

イライラする時は自制がないので思う存分やってください。しかし、イライラした後にその出来事をなかったことにはせず反省や後悔で紛らわすのではなく、イライラした自分を思い返して自分のために活用して復習します。

 

自分の意志でイライラしていないことを自覚する

自分の恐怖を自覚した後に、イライラしている時を再度思い返してみてください。

全て共通して、周囲からイライラの発端は起きています。

恐怖のある心の傷に触れる出来事や言動をされる触発反応として、イライラや怒りが露わになっている“発端”を認識することで、自分の意志ではなく、まるでスイッチが入るかのようにイライラ発動が起きていることを知ります。

イライラしない方法は、怒りが矛盾表現であり自分の意志ではないことだと認識することで、「なんだったんだこの時間は?」とイライラする時間の必要性を明確に自覚します。

イライラする時がチャンスです。それ以外の時にやると、思考的なもくろみが入るので現実として認めません。

イライラやガタブル状態を観察して認めることで、自分を知る機会となる。
“恐怖を抱えていること”、“自分の意志ではないこと”を自覚することで、自分を理解して、イライラしなくなる。

 

イライラしない方法 解説

イライラする人は本気で自制なくイライラを露わにします。しかし、震えている自分や声を荒げる自分の反応や行動を見返すと、矛盾に気付きます。

それは、イライラする理由も恐怖を感じる理由も目の前にはないことです。

自制のないイライラの時、「弱いと思いたくない」「ダメなやつだと思いたくない」と思っている自分がいます。

「自分が弱い」と思うことを怖れて、恐怖を感じることが自分の弱さに直結すると思い込んでいます。

しかし、実際にイライラする時に恐怖は感じておらず、弱い自分を隠そうとする自分のみ存在しています。

イライラする時に感じているのは自分の体の反応であり、目の前の人に怒っていないので、怒る相手が誰であるかは全く関係ありません。

イライラする理由となる状況が怖いと思い込んでいる自分がいて、イライラする場面では自作自演の舞台公演が始まります。

イライラしない方法を知る怒りの舞台裏

登場人物 : 怖れの反応を感じる自分、怖いと思い込んでいる自分、弱くない自分

イライラする時、怖れの反応を感じる自分を見たくないので、怖いと思い込んでいる自分は怒りの表現を強めて見ないようにする

→ イライラした後に、「怖いんだよ」と怖いと思い込んでいる自分を認める

→「何に怖れているんだ?」とイライラした自分を見返すことで、怖い事実はどこにもないことに気付く

→弱い自分を隠して守っていたが、弱い自分などおらず、「恐怖を抱く弱い自分にはなりたくない」と思い込んでいる“弱くない自分”がいることを認識する

 

恐れていることを認めると、何にも恐れていないことに気付く

イライラしない方法では、「怖いんだよ」と認めることで弱い自分が出てきます。

すると、それは弱いのではなく、弱いと思い込んでいる自分だと気付き、「あれ、それじゃあ何に怖れているんだ?」と辺りを見回すと、怖れる理由や怒る理由すらもないことを知ります。

目の前の人や出来事にイライラして怒る際、目の前の人に怒っているわけではないので、目の前の人を怖れてもいません。

実際、イライラする相手は誰でもよく、怖れの反応としてのガタガタやウルウルやブルブルは相手からではなく、自分が本来の自分の全く望まない状態となっていることへの拒絶反応で、自らが作り出しています。

そのため、ガタブルやウルドキ状態が強ければ強いほどに、イライラする自分は本当の自分とかけ離れていることを表し、それを隠すために怒りで自分を見なくするので、怒りが強ければ強いほどに、本当は平和的な人であることを自らが反応として教えます。

自制のないイライラの時は、怖いと思い込み、弱い自分を見たくないと思い込んでいる自分に気付く、自らが提供するイライラしない方法がある。

  • 怖れている自分はどこにもおらず、「自分は弱くない」と言い張る自分がいるが、怖れから強引に言い張る必要はなく、本当は弱くない自分がいることを理解する。
  • 怖れていない弱くない自分を認識した時、イライラする必要のないことに気付き、自分の意志ではなく、本当の自分とのかけ離れた矛盾が表現されていたことに気付く。
  • 自制のないイライラが強ければ強いほど、平和的で愛のある人であることを自ら教える合図。

 

イライラしない方法は事実に気付くこと

登場人物が勘違いや思い込みをすることで、シンプルなものを少し複雑にして演技します。

それはまるで中身のない空想物語。自らの思い込みにて、一人で演技をする自作自演の楽しくない公演内容。本人も誰も見たくありません。

そんなことはもうしなくていいことを知ると、イライラする時間は終わります。

イライラしない方法は自らが教える事実への気付きでして、スピリチュアルな内なる自分からのメッセージ性のある、「その舞台、つまらないからやめて」という依頼です。

自分を理解することはイライラする原因を知り、イライラする自分はその理解を伝えます。

そして、自分の理解が自分の意志や恐怖や思い込みを自覚して、イライラしない方法となります。

イライラによって自分を見失うこともでき、イライラによって自分を理解することもでき、イライラによってイライラしない方法にもなる、そんな不思議なスピリチュアル。

※自分を知るためのスピリチュアルな理解は、自分がわからないこそのスピリチュアルな意味|本当の自分を見つける機会 をご覧ください。

自分がわからないこそのスピリチュアルな意味|本当の自分を見つける機会自分とは何なのか? 迷子なのか? 彷徨い人なのか? 演技なのか? 自分がわからないとはどういう意味か? 本当の自分がいるのか?...

 

イライラする人のスピリチュアル まとめ

自制のないイライラにはスピリチュアルな認識と理解があり、そこからイライラしない方法を見出すこととなります。

全ては自分の意志によって克服も改善もされていき、イライラする必要がないことと、完全なる自作自演の舞台への気付きは、楽しいかつまらないかで明確に公演継続への判断がなされます。

イライラしない方法に大切なことは、自分を認識するために逃げないことです。
事実を認めるのみですので、そこに嘘偽りは必要なく、自分を見返して確認してみてください。

「怖いんだよ」と認めることで心が軽くなりますので、ぜひイライラした後には試しに言ってみてください。声に出すとより認めやすくなります。

その際に、自分が弱いと思い込んでいる自分が現れますので、「何に対して怖れているのか」を確認してみてください。

「何に対して自分が弱いと思いたくないのか」の答えは過去の心の傷にあります。怒りにて人を怖がらせる言動に走る場合には、過去の幼少期などに周囲の人間、それはほとんどの場合が親や兄弟姉妹による恐怖の植え付けです。

親から怒鳴られて恐怖を抱いたり、兄弟姉妹から馬鹿にされたり、さまざまに恐怖を植え付けられることで、「怖い」「自分は弱い」と思い込んでいきます。そして、「怖いと思いたくない」「自分は弱いと思いたくない」と怖れへの対処をしていきます。

イライラする人は、自分を守るためにそのような性格になっていきますが、本当は平和的で愛に満ちた人です。

その事実は隠すことができないので、自制のないイライラとして、「ほら、あなたはこんな人間じゃないよ」と、明確に体の拒絶反応としてガタブルやウルポン状態として表れます。

誰も聞いていませんので、「怖いもんは怖いの」と開き直ってみてください。声に出してみてください。
なんか、ふわーっと心地良いと思いますよ。

イライラする時はチャンスです。イライラするのは今だけの時間であり、気付いたらイライラする人ではなくなってしまいますので、今の時間を堪能できる時に堪能するのもいいかもしれません。

私はあおり運転をされた時にイライラする自分がムワッと現れました。ストレスでイライラすることがないので、「あっ、イライラしていない、私?!」と久しぶりの自分に再会した気持ちになり、一部始終を観察しました。

しかし、「怖いなぁ、後ろの車」と言葉を発した瞬間に、「あれっ、誰に対して怖がっているんだ?」と思い、明らかに後ろであおっている顔も知らない人に対してではないことに気付きました。

怖いと感じることや自分が弱いと思える材料を隠すためにイライラして怒っている自分が居るにも拘らず、何にも怖れていないのに怖いと思い込んでいて、怖がっていなければ弱い自分はいないことを知ります。

「なんだこの時間は?!」と中身のない出来事を観たことで、イライラにあるスピリチュアルな意味に気付くこととなり、あおる人に停まってもらい感謝しようとしました。すると、後ろの車は右折してどこかへ行ってしまい、ありがとうも言えずでしたが、その日はずっと見ず知らずの人に感謝し続けることとなり、知らないところで人々は影響し合っていることを実感しましたとさ。

それでは、イライラする人のスピリチュアルな意味と、イライラしない方法の共有を終了します。

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

霊感・霊視・透視のちからであなたの心の霧を晴らします

【有名鑑定師に24時間いつでもどこでも相談可能】

恋愛・不倫・復縁・仕事・人間関係、現代では多くの煩雑とした悩みが私達を取り囲みます。

その悩みや不安を、電話占いで解決しませんか?

電話占いウィルではメディア出演多数の実力派鑑定師が多数在籍中。

なかには、霊感・霊視などスピリチュアルな方法で鑑定する占い師も。

初回鑑定3,000円無料・初回優先鑑定など、嬉しい特典がたくさんあります。

困難な問題への解決法、運命の切り開き方を知りたい方は、一度鑑定を受けてみてはいかがでしょうか?

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です