生き方

人として成長する方法は知ること【裸で何ができる?という真意】

人として成長する、魂が成長する、心が成長する。

成長することにはさまざまな言葉があり、必要な理解が分散されます。

そんな中でも、人として成長することは私達人間の基本原理かもしれません。

「人としての成長は誰しもに大切」という考え方がここにあります。

ここでは、人として成長する意味と、成長するための方法を見ていかれてください。

  • 人として成長するとはどういうこと?
  • 成長するために何が必要?

これらの紐解きにて、成長するために大切なことを知っていただく内容となっております。

成長への気づきへ繋がる一つの考え方となれば幸いです。

人として成長するとは

人として成長するとは

人、動物、虫として。

私達には人だからこその成長があり、「裸のあなたは何をしますか?」という考え方があります。

スキルや外的にわかる見た目としての生育や熟練とは違い、成長とは自分自身にしか認識ができません。

人としての成長とは、自分で自分の変化にどれだけ気づけるかという認識力であり、自発的に成長するために行動する自立心であり、裸という何にも依存と執着しない状態で何をしようとするかの意志と自分の理解度です。

人としての成長とは、意志、自立心、認識力、自己理解
※これらを過去の自分と比較して、向上を認められるか否か

成長のキーワードがいくつか見られます。これら全てを集約させて成長を認識できるのが、「裸の状態で何をするか」です。

詳細を見ていきましょう。

 

人として成長する意味は裸の状態でわかる

そもそも、成長する必要などありませんし、義務でもありません。

成長したい人だけ成長して、成長しない人は成長しません。

「過去の自分以上になりたい」と、スキルや価値や評価でも、キャラや自分としてや人としてでも、何かしら向上を求める意志がなければ成長するとは考えにくいです。

成長したかどうかは社会的な常識やルールではなく、「自分にとって成長したと認められるか否か」ですので、他者と比べたり区別するのではなく、自分という存在のみを対象にした”自己理解”が必要不可欠です。

成長したい気持ちとなる[意志+自立心]があることで、成長への制限を作らずに辛いことも起きる事実として認め、どんな状況でも周囲を観る認識力と共に、行動して経験して継続します。

そんな成長がわかりやすくなる、「裸の状態で何をするか

裸は成長の意味をわかりやすくしてくれます。

 

裸になってわかる依存と執着と意志

突然ですが、成長の意味をわかりやすくするために、少しイメージをされてみてください。

目を覚ますと目の前は知らない場所。国も違い、人の多い街のようです。

自分自身を見てみると、裸です。

いきなり裸だと捕まっちゃうので、服とサンダルだけ着ておきましょう。あとはお金も荷物も何もありません。場所もわかりません、知っている人もいません。

「さぁ、何をしますか?」

人として成長することの意味は、この状態での自分自身の思考と行動でわかります。

ある人は怖くなって泣き出し、「携帯は?お金は?知っている人は?どうやって生きるの?」と質問だらけ。言葉も通じない人々にすがり、助けを求めます。

ある人は初めは怖くなりますが、自分の状況を理解して警察へ行ったり、人に助けを求めながら自分のできることを考えて、他の人やものにすがります。

ある人は自分のできることを考えて行動します。

ある人は状況を理解して、考えて行動して、生きる術を探り、自分の目的を作ります。

ある人は生きる術を探り、目的を持って行動して、状況を受け入れます。

ある人は初めから受け入れ、新しい自分を知り、学び、行動して、経験を喜びます。

人それぞれにさまざまな行動をすると思います。

何も荷物やアイテムがなく、頼れる人も環境もない時にわかるのが、どれだけ依存と執着して生きているかです。

生きたいと思う場合には生きるための思考を持って行動し、意志の有無がわかります。

裸の状況でわかるのは恐怖に対する自分の在り方と、意志を持つ自分自身です。

 

人として成長することは恐怖と意志の理解

依存と執着がわかると、どれほど他者や荷物や付属品、拠り所やすがる寝床として”他”を頼り、安心があり恐怖のない”安泰”を得ていたかを知ります。

自分を知ることで恐怖からどれほど逃げてきたか、どれほど嫌がって遠ざけてきたかを理解できます。

同時に、依存と執着なく生きるには自分としての自立や強さとなる”意志”が必要となるため、どれだけ責任を持って生きる気があるのかが明確にわかります。

仕事のスキルやキャラクターとしての自分の成長であれば、自己価値を高め、他者からどう思われるか、どう評価されるかに重きが置かれるので、外面以外の内面にある人間性はなくてもできます。

しかし、裸の状態ではそのような成長はできず、できるのは自らを知り、自らを信じることによる成長。その後に必要であれば仕事のスキルなどの成長もできます。

依存と執着にある恐怖を知り、意志を知ることに人としての成長があります。

恐怖と意志の認知が、「あらゆる成長をするための土台作り」となり、意志、自立心、認識力、自己理解の向上へ繋がり、人として成長する考え方です。

※成長速度の話は、ゆっくり成長する人と急に成長する人|地球には変化の適正速度がある をご覧ください。

 

人として成長するための方法

人として成長するために①:恐怖を知る

依存に執着、他者にすがるのが悪いなんてことはありません。

しかし成育と共に、拒否したくなるさまを認めるのが困難になると、恐怖心が膨らみ自己対処できなくなります。

恐怖とは拒否したくなるさまそのもので、「嫌だ、知りたくない、味わいたくない」と思う危険や苦痛や拒否する気持ちです。

拒否したくなりますが、言葉通り拒否していると自己対処できないので他に依存と執着するようになり、自覚を拒んで恐怖から逃げ続けてしまいます。

自分に名札を付けるように装飾して、仕事の有無、職業名、肩書、ブランド名、友人の数、結婚有無、靴の光沢度に洋服の値段を使用して、社会的な常識への順応度や従順度にてルールを盾にして、あらゆる「他」を使用して恐怖を直視しないようになります。

現実から逃げず、恐怖を知ることが人としての成長を促します。

人として成長するためには、依存と執着にて自分がどれだけ他に頼り、すがり、非力さを見ず、認めず、逃げているかを知ることが大切です。

戦ったり克服するかどうかではなく、現実を認めて自らが抱く恐怖を「知る」と、過去と今の自分に別人ほどの認識力の違いが表れ、既に成長していたりします。

 

人として成長するために②:意志を知る

二つ目の方法は意志を知ることです。

意志とは、成長したいのかどうかを明確にする真意であり、自分として生きたいのかどうかを明確にする自分そのものでもあります。

意志を知るとは自分を理解することです。

成長するために何か鍛錬や修行が必要なんてことはありません。

修行や苦しみにて恐怖を知ると、経験によって意志を知ることができるため、半ば強制的に意志を明確にする方法として、素早く成長できる効率的な策でもあります。

しかし、ここではより気楽な成長の方法をお伝えしたいため、苦しみ以上に知性と愛を活用した方法をおすすめします。

 

自分をどれほど大切にしているか知ると成長する

意志とは自分を喜ばす気持ちであり覚悟を表し、目的を持って行動する際の動機となる自分自身そのものです。

目的を持つことは、「~したい」「~する」という意志が必ずあります。自らに目的達成するための機会を与えて、達成した暁の喜びをもたらす源です。

このように意志を紐解くと、「自らを自らで喜ばす自分」だとわかります。

人として成長するために意志を知ることは、自分をどれほど大切にして喜ばそうとしているか、そんな自分の理解です。

修行は要りません。ただ、知って理解するだけです。

しかし、なかなか簡単にはいかないかもしれません。

真意を隠す別の自分がいたりします。自分を偽り誤魔化し、嘘をついて思い込もうとする怠惰やエゴが、意志の理解を邪魔します。

意志は覚悟でもあるため、自らの認めたくないことに向き合えるかどうかが成長に大きく関わり、そのためにも恐怖を知る方法が大切になります。

 

成長する目的を持つ

人として成長するためには自分に正直になる必要があり、目的の明確化が役立ちます。

自らの意見や考えによって見出すからこそ目的がクリアになり、「どうして成長したいのか?」の理解が重要になり、知性の大切さがあります。

知性と言っても知的能力ではなく、自らの頭を使用する立場から、他の情報の鵜呑みではなく自らの情報として思考する認識力です。

自らの目と頭と心を使用して、情報を整理整頓して、自らの意見を明確にすると目的がクリアになります。

成長意志には紛れもなく自分のことを喜ばせようとする気持ちがあり、それを明確に確認することが成長を促します。

※魂の成長という別概念の詳細は、魂の成長とは遊びへの気づき|成長すると真面目になるかふざけるか をどうぞ。

 

人として成長するために③:自分への敬い

最後の方法は、人として成長するために最も必要な自分への敬いです。

敬いとは尊重であり、自分を信じ、受け入れる気持ち。

愛と言われるものです。

裸の状態でも自分を信じ、できることを一生懸命に考えて感じて、自立心を持って認識して思考と行動する力を見出します。

愛は人間を本気にさせてくれます。

本気は最大限の能力と内なる力を発揮して、あらゆる認識を広げ、知らないことや予想もしなかったことができるようになり、新しい才能を見つけ、大きな自信や活力と共に行動する自分を創造します。

意志、自立心、認識力、自己理解は、制限をかけていた縛りを吹き飛ばして新しい自分を開拓し、邪魔する抵抗を払拭するための自然な努力を促します。

自らを敬うことで喜びを尊重できるため、大切に愛する気持ちにて意志が強まり、より人として成長する行動へ向かいます。

苦しみや鍛錬も大切なものですが、自らと戦うか愛するかは天と地ほどの動力引出しの違いがあります。あらゆる苦しいことも受け入れて自らの経験や力に変換する愛は、とにかく自己理解を深める動機になります。

自らを敬うと心や精神への余裕にもなるため、他者へ認識を向けて、より認識力を高める許容を広げ、愛を育む経験にもなり、他者との関わりによっても成長がもたらされます。

 

独りでは生きられない自覚が人としての成長を促す

敬いは事実を知ると自然と生まれるものかもしれません。

事実とは独りで生きられないことです。

生きるためには他者との関わりがあり、社会性があります。お米一粒にも人が関わり、社会性があるおかげでお金を払うだけで得られます。

独りは森や無人島にて裸で暮らすようなものですので、ナイフすら存在せず、生存は宝くじ一等を当てる確率の話になります。

一つ一つが存在する意味や事実を知ることは、必ず誰か人との関わりがある気づきです。

ナイフを作った工場の管理人や、材料運搬トラックドライバーとの関わりなどの特定したものではなく、人と人が関わりあって作られる社会性の認識であり、紐解いていくと数えきれないほど多くの人が関わって成り立ちます。

多くの人と力が組み合わさることで社会が成り立ち、過去の歴史も自分も含まれながら社会も成長していきます。

あらゆる事実の認識は環境を知る意味でありながら、自分とは独りでは生きておらず、生きることも困難であると教え、自分とは他との組み合わせであり、幼い頃から当たり前になっている価値観や観念も全ては親や周囲の人からの影響だとわかります。

他を知ることが自分を知ることになり、あらゆる「知る」という行為は自己理解に繋がる自分を認める意味となります。

全体や他との関わりによって自分が存在するなど、知らないことをより深く知ると人として成長する方法となり、その際のご自身は自分を敬い他者を敬う愛そのものだと気づかれることと思います。

※成長にある段階については、心の成長段階を知る│9つの成長全てに受け入れがある意志と精神性 をご覧ください。

心の成長段階を知る│9つの成長全てに受け入れがある意志と精神性心の成長とは精神への繋がりである精神性を高める意味があり、一歩一歩進んでいく段階があります。 心や精神とは、日本では馴染み深い言葉...

 

人として成長するために まとめ

成長というと練習や鍛錬、修行や苦労のイメージがあるかもしれませんが、人それぞれの選択で決まります。

真っ新な自分として生きることから成長は始まり、敬いの愛を如何に持つかが大切です。

愛を知るには恐怖の理解は必須です。

愛と恐怖は表裏で一体、愛を知ると恐怖がわかり、恐怖を知ると愛がわかります。

私達は他との組み合わせによって生きている現実がありながら、個々の肉体を持って生きていますので、協調や調和と同時に自立の大切さがあります。

両方を兼ね備えた時に平和がわかり、平和には愛と恐怖の両理解によって成り立ち、必ず受け入れがあります。

受け入れるには愛があり、自分を大切にする大前提の意志を要し、自らを喜ばす気持ちと覚悟にて成り立ちます。

人間ですので。

動物でも虫でもない人間だからこその成長には、「知る」がキーワードになると考えます。

知るとは理解であり認識、認める覚悟と知性を要します。

知性には自らの頭を自らが使用する立ち位置があり、他の情報でもなんでも自分なりに吸収する段階があり、そこに思考と行動があります。

人としての成長には人間だからこその肉体・脳・心の使用があり、感覚も思考も精神も全てが大切な成長材料となります。

奥深く、人間だからこその育みとして、恐怖と意志と愛を知る理解がお役立ちできれば幸いです。

それでは、人として成長する意味と方法のお話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

自己理解を深めて悩みを解決する個別相談。心理セラピストとのセッション。心理セラピストになる養成。
やる気を見出し、悩みを解決し、使命を得る機会があります。
現状打破と今後の飛躍。人生を変える選択の一つにされてください。

※あらゆる知恵の詳細。無料プレゼントのお受け取りはこちらからどうぞ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です