方法

引き寄せの法則とは何か│普通のことを言っている?という大事な理解

ムアムアムアと物事を思うままに現実として引き寄せる。

世の中では今、“引き寄せの法則”が流行っているとか。

「ん、今じゃない?そうとう前から流行っている?」

そうでしょう。それはおそらく太古からの話です。

引き寄せの法則とはどんなものかを知ると、それはおそらく太古からある“普通のこと”で、最近の言語表現として、“引き寄せの法則”となり、最近の傾向としてスピリチュアルも科学も含めた証明を欲するのだと思います。

ここでは、引き寄せの法則の詳細をお伝えして、それは日常的で普遍的であることをお伝えします。

その理解から、引き寄せの効果が出る人と出ない人の明確な違いがわかり、何を意味して何をもたらす法則なのかがわかります。

そして、「これ、要ります?」という話であることがわかることで、この世で生きている意味や、自分という存在の大切さに気付く理解がありますので、ぜひご覧ください。

参考としてスピリチュアルな引き寄せの法則も一緒にどうぞ。

引き寄せの法則とは

引き寄せの法則とは

引き寄せの法則とは、“同じようなものが引き寄せ合うこと”です。

そのため、自分が楽しくてポジティブであれば、楽しくてポジティブなことが起きたり、味わい経験する自分が現実として現れます。

同時に、苦しくてネガティブであれば、苦しくてネガティブなことが起きたり、味わい経験する自分が現実として現れます。

それは、自分から起きてほしいことへ向かうのか、起きてほしい未来から自分にやって来るかの違いを人それぞれに作ります。

そこには、「自分が主体なのか?」「起きてほしい未来の空想が主体なのか?」の違いがあり、どちらも人それぞれに大切です。

最も大切なのは、自分がいるかどうかです。自分の明瞭度や認識度合いにより人それぞれに引き寄せの結果や効果が変わり、引き寄せる速度も変わります。

人それぞれの違いはありますが、引き寄せの法則とは、引き寄せ合うことを表現する仕組みです。

同じようなものが引き寄せ合うので、“自分が主体”、“自分が現実を引き寄せている”認識にある、“自分”と“現実”が大切。

 

引き寄せの法則はおまじないではない

この法則は引き寄せ合うことの理解なので、スピリチュアルでも科学でもさまざまに仕組みの解説があります。

  • スピリチュアルでは、波動の性質による同調と共鳴、意識状態にある記憶とのアクセスにて引き寄せが起きる
  • 科学では脳内認識と心理にあるアファメーションやスコトーマ、物理と量子の視点にある粒子や現象の起きる規則性と原理にて引き寄せが起きる

※アファメーションとはポジティブ思考にて自分を肯定する思い込みを作ること

※スコトーマとは心理的盲点のこと。脳が情報の取捨選択をしているために全てを認識しているわけではなく、見えているものと見えていないものがある(見たいもの、見たくないもの、見えるもの、見えないものなど人の認識や情報の選別にて取り入れる情報が変わる)

スピリチュアルはどちらかというと“おまじないでハッ”というイメージがあるかもしれませんが、波動には量子力学の認識があり、同時に脳科学の認識もあるために、仕組みの紐解きがあります。

ただ、“見えない”というのが盲点となり、信ぴょう性や確実性に頼りなさを抱くこともあると思います。

しかし、引き寄せの法則の主体はとにかく自分です。解説が不確実でも何でもおまじないではなく、良いことだけが起きるような良いとこ取りの法則ではありません。

おまじないのように思えても、自分を主体にした上で、「チチンプイプイのホレホレホレ」と本気でしなければ、目の前に大金は現れません。

「現れるんかい!」という感じですが、引き寄せの法則は大金を自分でボンッと置くことで、「現れた」となります。

「チチンプイプイ」の段階では既に自分の腕の中にがっつり大金を抱えています。そして、「のホレホレホレ」と同時にそれをボンッと机に置く。

「そのフレーズ要りますか?」ということです。

つまり、「自分で現した」状態です。

 

自分の認識と行動が必要

引き寄せ合うとは、自分と自分の思い描く願望が寄り合うことです。

ガチッと鉢合わせるには、願望を作るための“認識”があることで始まります。

それをアファーメーションと言ったり波動と言ったりしますが、自分の中にあるものを自分で認識することで、グイグイと引き寄せます。

それは自分の中にある記憶を基に行動動機をもたらす意味で、認識するための過去の記憶や情報がなければ願望を抱くことすらできません。

引き寄せの法則は、自分の中にある認識を引き寄せるための行動動機を作る意味

引き寄せたい自分を認識して、その自分と鉢合わせるための行動が必要です。

 

認識と行動のために、認めて受け入れる

自分と、自分の中の願望としての空想の自分が生まれます。あとはそれらが、「こんにちは、ついに会えましたね」と鉢合わせする時、引き寄せ完了です。

そのためには、認識によって作られた願望を確実にする必要があります。さもなくば、鉢合わせの時に、「あ、あのぉ、私が望んだ私…ですか?」とグニャグニャのグミみたいな自分みたいなのに問いかけることになります。

“認識”している、「こうしたい」「こうなる」という願望や欲望で何を引き寄せるかを決めるので、その認識をしている自分を理解していなければ、おかしなことになります。

それが、自分が本当に望んでいないことを願ったり、自分の喜びではなく恐怖を味わわない逃避としての願望だったりする場合、鉢合わせを望むために行動をする自分がいなくなり、引き寄せ合いません。

目隠しをして、100ḿ走を真逆にクラウチングスタートでドンッと走り出すみたいな感じになります。

引き寄せるためには、自分を理解して自分の望むものを“認めて受け入れる”必要がある

願望を認識するためには脳内に情報としての記憶が必要です。

例:コーヒーを飲みたいと認識する際には、実際にコーヒーを飲んだり、誰かがコーヒーを飲んでいるところを見た記憶がある。

コーヒーの存在を知らなければ、コーヒーを飲みたいと思うことすらありません。

コーヒーを飲みたいと願望することは、コーヒーを飲みたい自分を理解している=そんな自分を認めて受け入れているという意味です。

引き寄せる自分を認めて受け入れることが必ず必要
※願望を持つ自分を受け入れている状態

 

自分で行動をして自分の中の認識を引き寄せる

願望としての自分を認めることは、認識の基となる記憶を受け入れている意味です。なので、実際に経験している記憶は自然と現実味があるので、受け入れて引き寄せやすくなります。

願望として、「こうなったらいいな」と誰でもいくらでも空想できます。テレビやインターネットにて他者の情報はいくらでも入るので、自分の現実とは全くかけ離れたことすら空想できるのが今の時代です。

空想の自分を受け入れて認められるかどうかにて、引き寄せる効果が人それぞれに変わります。

認めた後は行動です。行動をして両者が握手。
「どうもどうも、最高ですね、えぇついにやりましたね」という会話が起きることでしょう。

認識と行動をする“自分”が全ての基となり、自分が行動をすることで願望と引き寄せ合い、現実が目の前に現れます。

例えば、恋人が欲しければ、「恋人ができる」と願望する自分を認めて受け入れることで、その自分を基盤にした認識となります。

それは、自分の見るものや考え方の基が変わる意味でして、見えるもの感じるもの考えるものが変わり、波動が変わり起きる現象も自分の行動も変わります。

“恋人がいる自分”という記憶があることで、後は恋人を作るための行動に入ります。

自分を受け入れていることで、異性を見た際に、「あんな人と付き合えたらなぁ」と眺めていただけの状態から、「話しかけてみようかな」と思うようになります。

その際には波動の認知も加わり、同じような心持ちや認識の人と出会うことがあったりして、これまでは何も行動しなかった状態から、「あのぉ…」と行動する。

これら一連が全て引き寄せの法則となっていて、「あのぉ」と声を掛ける自分が記憶にあり(認めている)、その後に友人になっている自分を認めていればその行動ができ、デートをする自分を認めていれば誘う行動ができ…と続いていきます。

どこまでの自分を認識できているか=本気で願っているか=願望を叶えている自分を認識できているか=今の自分を喜ばせたい意志があるか、です。

「いや、やっぱり恋人のいない自分の方が自分らしい」と認めていれば、それを引き寄せていきます。

願望を認めていれば、そんな自分になることを心から望み、喜びを自ら作る認識になります。

それは、自分の幸せを願い、自分を喜ばしたい意志=自分を受け入れることです。

 

引き寄せとは自分と現実をどれだけ認識しているかを表現する法則

“自分”を受け入れているかにて引き寄せる内容が変わります。

引き寄せができるかできないかではなく、常に引き寄せは起きていて、それが自分にとって良いことか悪いことかの違いがあります。

悪いことも自分で引き寄せているのですが、それを受け入れられなければ、「引き寄せは嘘だ」と物事を否定する状態に入ります。

自分を受け入れるには今この瞬間しかチャンスはありません。

それは“現実”として認識できるのは今しかない意味でして、過去の自分を認めて受け入れるのも今のみ可能です。

言い方を変えると、毎瞬毎瞬に今があるので、常に自分を認めて、願望を持って行動できます。

そんな毎瞬を繰り返すことで、受け入れる今があり、認めない今がありの上下変動をしながらも、最終的に叶えている自分を受け入れていれば現実を自分の行動で目の前に現します。

その際に常に受け入れて認めることで、引き寄せる速度が上がります。

そんな法則は、自分と現実をどれだけ認識しているかを表現するもので、良いも悪いも日常的に引き寄せて現実化させています。

 

引き寄せの法則 まとめ

これまでの内容をまとめたものはこちらをご覧ください。

引き寄せの法則とは
  1. 叶えたい夢物語を引き寄せるのではなく、自分が認められる認識を引き寄せる
  2. 願望を持つ自分と、現実の行動をする自分の鉢合わせ
  3. 同じような認識や波動のものが引き合う同調作用
  4. 行動の基を作る仕組み
  5. 自分の理解と受け入れをする話
  6. 良いも悪いも自分の内側がそのままに表現される現実化
  7. 記憶を基に全ては自分自身の認識と行動によって現実を創る法則

どんなことを引き寄せるかは人それぞれですが、ポジティブなことのみを引き寄せる際のポイントがありますので、こちらの一覧もご覧ください。

ポジティブな引き寄せのポイント
  1. 常にプラス思考を維持する
  2. 自分の喜びを明確に理解する
  3. 自分を主観にした喜びのみを願望にする
  4. 自分が何を感じて考えて想っているのかを知り、人間性に沿った願望をする
  5. 自分のことを理解して自分の行動を常に受け入れる
  6. 自分のために生きている理解をして、行動動機を「自分のため」と明確にする
  7. 願望に期待せず、忘れる
  8. 自分を受け入れる
  9. メンタルブロックを外すために自分を許す

ネガティブにならないことが利益になるので、人それぞれの喜びの解釈が生まれますが、自分が喜び嬉しくなる満足としての“喜び”でなければ自分が主観にならないために、自分の喜びにはなりません。

その際には、自分以外の他者の反応や評価を気にしたり、常識やルールに合わせようとする自分がいるかもしれません。

すると願望の主観は自分ではなく他になってしまうので、それを心から願うことはできず、真意として行動しません。

その際にはメンタルブロックと言われる、自分を縛る思考や経験による観念があるため、許しや自分を理解することが大切です。

それら全てに共通して、願望を自分の喜びにして、認識と行動を自覚するのが“自分を受け入れる”ことです。

受け入れは今この瞬間にしかできないので、それは“今を生きる”ことにもなり、現実と自分を認識する方法ともなります。

引き寄せの法則は起きることや自分自身に拒否をしない、ありのままの自然な状態、抵抗のないさまとなる“自分を受け入れる”がポイントになります。

引き寄せの法則とは現実の仕組みを物語る理解です。

全ては自分の認識がそのまま反映されていることを教えてくれるものでして、行動をしないことには何も変わらない基本原理の教訓です。

※引き寄せのポイントとなる口癖は、なんでもいいの本当の意味│これが言えれば全てが何でも良くなる法則 をご覧ください。

なんでもいいの本当の意味│これが言えれば全てが何でも良くなる法則「次の旅行先どこがいい?」 「んー、なんでもいいよ」 「コノコノ、テキトーに答えんな!」となります。 なんでもいいの意味を...

 

スピリチュアルな引き寄せの法則

スピリチュアルな引き寄せは少し概念が飛ぶので、参考としてご覧ください。

ですが、おまじないではなく、主体はこれまでお伝えしたものと同じで“自分”と“現実”の認識です。

そこに、“見えない”概念があり、願望を作るための記憶へのアクセスをする意識が加わります。

 

記憶とのアクセス

スピリチュアルな引き寄せの法則は、波動認知と、意識状態による記憶とのアクセスがポイントになります。

特に願望を作るための記憶情報をどこから引っ張り出すかへの理解があり、そこには無自覚で見えない世界の仕組みがあります。

 

スピリチュアルでは認識する記憶が膨大で自覚できない

良いことも悪いことも人それぞれの認識と行動にて起きていきます。

その際には認識できる記憶を基にして、コーヒーを飲んだことがなくても、「コーヒーを飲もう」と思うことができて、そのための行動ができます。

記憶がなければ思うことすらできないので何も始まりません。そのため、記憶や自分が認識できることが全ての主体です。

しかし、スピリチュアルな心の中の記憶を含めることで、話はぶっ飛んでいきます。

私はぶっ飛びの引き寄せを経験しているので、これを事実として伝えますが、「こんなこともあるのかな」という認識が丁度良い塩梅だと思います。

スピリチュアルな引き寄せの法則では、潜在意識と超意識の記憶を使用します。

潜在意識は無自覚で行動と思考する意識で、頭の中から引き出す自覚がありません。それは所持している情報の90%以上あると言われていて、残りの僅かは自覚できる顕在意識です。

潜在意識は脳の長期記憶でもあるので脳との連動がありますが、いかんせん自覚ができないので、「こうしたいな、こうなりたいな」という願望を意識的に作れません。

しかし、無意識でもどこかで認識している記憶なので、引き寄せとしては、「わっ、こんなことは予想できなかった!」などのサプライズ的な出来事になります。

潜在意識には過去世の記憶やハイヤーセルフという高次元の自分の意識が含まれるために、記憶量が膨大になります。

すると、「全く考えたこともなかったけど、今インドにいて最高に心地良い、なんで?」という不思議なことを引き寄せたりします。

それは、過去世でインド人だった記憶があったりと、無自覚に潜在意識の認識にて行動し、旅行先に決めて、チケットを購入して、飛行機に乗って、「なんとなく来たけど、めっちゃ好きじゃんここ」という感じに引き寄せの結果が起きます。

「それって引き寄せなの?」という感じですが、認識がなければ行動はしないため、無意識の行動動機として潜在意識を使用した引き寄せという理解です。

 

自分以外の記憶も入りてんやわんや

極めつけは、超意識という宇宙全体の記憶が含まれます。

これは意識状態や受け入れの許容によって人それぞれに記憶との繋がりが変わるので、全員が対象ではありませんが、この記憶を無意識に認識していると、とんでもないことを引き寄せます。

それが、「奇跡」というものです。

宇宙が生まれてからの記憶はどこかにあり、それをワンネスと言ったりしますが、その記憶に無意識にアクセスして過ごすことで、行動がなくても目の前にドンッ、「妖精がしゃべった?!」というのは冗談ですが、奇跡が起きます。

例えば、庭を掘ってたら太古の遺跡とか、大判小判が出てきたみたいな話です。

奇跡はおとぎ話みたいになります。そういうのが絵本や紙芝居になるのかもしれません。

予想できないサプライズを超えて、「…やっち…まったな…」みたいな、「これは…現実か…?」みたいな感じになります。

天気を変える人なんかは結構こういう類の引き寄せをする人かもしれません。

「おばあちゃん、起きて!」

「ふぇあ?なんじゃ?」

「裏の森が動き出して、家ごと空に浮かび始めたの!」

「ほう、ついに始まったか」

「ばあちゃん、何者?!」とそっちのサプライズではありませんが、ばあちゃんの引き寄せがやばいことになります。

そんなスピリチュアルは楽しいですね。

※引き寄せの仕組みがわかりやすくなるので、未来は決まっているだって!?│決まっていない認識との共存に無限の選択 もご覧ください。

未来は決まっているだって!?│決まっていない認識との共存に無限の選択未来が決まっているのか決まっていないのか。 ここでは、物理学と量子力学、スピリチュアルと哲学を含めた未来の観測として、私の知ってい...

 

引き寄せの法則って要る?

引き寄せの法則って一体何なの

引き寄せの法則を知ると、「えっ、結局引き寄せの法則って何?」と思いませんか?

私は全力で思います。いろいろ言ってきましたが、「当たり前のことを言っていない?」と私自身思います(スピリチュアルは除いて)。

最後に私が伝えたいこととして、「引き寄せの法則って要りますか?」という話をご覧ください。

つまるところ、引き寄せとは生きている現実の仕組みを説明しているものです。

「良いことだけ起こしたい」と思っても、その“良いこと”とは本人にしかわかりません。

それを、「社会的にこれが常識だから、これが良いことでしょ」と、宝くじで一億円当たることが良しみたいな解釈では自分の理解はなく、現実がわからなくなります。

そんな状態を教えて、自分として現実を生きることを教えてくれるのが引き寄せの法則なのかもしれません。

私を例にすると、確実に宝くじで一億円など要りません。むしろ当たってしまえば行動する機会がなくなり、行動意欲や動機を衰退させ、物事を考える頻度が減り、お金を稼ぐために頭を働かせて、人と共存して楽しむ遊びの時間が減ります。

それは自ら喜びを作る機会が減ってしまい、自分で自分を認識する状態に邪魔が入ります。誰か欲しい人がいればあげればいいのですが、それであれば自ら一億円を作り出す行動をして、その後に人にあげることの方が自分のためにもなり、あげる人のことをより考えられます。

 

引き寄せは日常生活のこと、法則になることで自分を見失う

引き寄せの法則はあくまで自分を知り、受け入れを理解して、行動動機を作るモチベーションみたいなものではないでしょうか。

そのため、“引き寄せの法則、ドン”と名前がついてカッコいいですが、遥か昔から日常的に起きていたことだと思います。

「良いことや幸せなことが起きるなら儲けもん」という感じがあるかもしれませんが、解釈を間違えると自分を見失うようにも思えます。

良いとこ取りをしたい欲は、一部の都合の良いものしか認識しないので、自分の意見なくまっしぐらです。

すると、苦労は悪みたいになり、苦労があることで幸せを自ら作れるようになれる現実を見ないようにしようとします。

それはそれで何でもいいのですが、「引き寄せの法則って普通の話ですよね?」というのが私の意見です。

「自分を知り、受け入れて行動する」

それは、晴れているのが好きだから、晴れは良いなと思うものです。

「晴れているのが好きだから、雨なんて最悪」と思うことは普通なのかどうか。悲観的な自分であれば普通です。楽観的であれば、「雨が降るから晴れをありがたく思えるな」などが普通です。

悲観も楽観もなく、ただ自分を認めて受け入れていればそのまんまです。晴れているのが好きなら好き、嫌いなら嫌い。認識するのは現実のみ、晴れている時に雨のことなど存在しません。

自分の目で見て、体で感じて、頭で考えて、心で想って。今を生きることは、引き寄せの法則が言っていることそのもので、現実は自分が認識して行動して現実になります。

 

生きている自分と現実をそのまま教えてくれる引き寄せの法則

何を求めて行動して。

「あれも欲しいこれも欲しい、もっと欲しいもっともっと欲しい」

何でもいいと思いますが、引き寄せは毎日常に起きています。

夜ご飯を食べたいと願います。そんな自分を認めて受け入れていれば、食材を買いに行ったり、料理をしたり、外食をしたりと、人それぞれの認識と願望に合わせた行動動機が作られ、あとは自分の意志にて行動して、現実を目の前にドンッです。これで引き寄せ完了です。

引き寄せという言葉だとわかりにくくなりますが、現実を創る仕組みとして、自分で思って理解して認識して行動してドンッです。

とてもシンプルです。

ご飯を食べようと思わなければ、願わなければそれまでです。

どこまでの認識をしているかは、どこまで自分を大切にして喜びを与えたいと願い、どこまでの自分を受け入れているかです。

そのご飯が、「誰かがご飯を持って訪ねてくる」「大金持ちになる」「素敵な人と結婚する」「好きなことをして生活する」に変わるだけで、全部仕組みは同じです。

なので、法則というんでしょうね。決まっているから誰でもできる。なんせ常に叶え続けています。

そういう、ご飯を食べる一連の話です。

※人生なめてると無意識に起きる引き寄せの話は、人生なめてると良い感じ│世の中なめてると辛い感じ│そんな仕組みの話 をご覧ください。

人生なめてると良い感じ。世の中なめてると辛い感じ。そんな仕組みの話人生をなめられる人は確実になめた方が良いです。なんせそれは能力だから。 人生なめたいです。本当はみんなそう思ってます。 です...

 

引き寄せの法則 まとめ

そんな引き寄せの法則があります。

スピリチュアルは抜きにして現実的な引き寄せを見ると、それは日常的なことであり、普遍的で誰しもがしていることの仕組みです。

“日常の法則”、“ご飯を食べる法則”、“いつものこと”、“普通法”、“自分”、“生きる”…

新しい名前はパッとしませんが、引き寄せの法則とは“自分と現実の仕組み”を物語る解説ではないかと思います。

それをより活用的にすることができますが、それは、「良いこと起きる起きる起きた起きた起きた!」「お金持ちになるなるなったなったなった!」と頭を膨らませることではなく、自分をより理解して受け入れて行動をすることで自然と目の前に起きることです。

仕事が倒産寸前だったけど建て直せたのは、その人がスゴイんです。望んで願って、たくさん行動して努力をしたんです。その認識の自分であれば起きることも変わり、自分の行動も変わり、引き寄せるものがどんどん大きくなっていきます。

全然モテなかったのにたくさんの人に好かれるようになったのは、その人が素敵な人なんです。たくさん人のことを勉強して、人の気持ちを理解しようとして、たくさんの人と出会う行動をしたんです。

貧乏だったのに、自分のしたいこともなかったのに、とさまざまな状況からの克服や改善や向上があります。

それは、みんな自分自身の喜びを求めて、自分を大切にして受け入れているために、行動をして自分で喜びを作ろうとしたためです。

喜びを求める自分を自覚して認めることで、自分を大切にして受け入れることとなり、それは日常的なご飯を食べることと同じ意味だと気付きます。

太古の人はこのように何でも引き寄せていたと思います。何でもというのはその当時の人が認識できることです。

自分を明確に持ち、生きている自分と現実を理解しながら生きることで、意志を持って行動をして、自分に嘘をつかず、自分のことでわからないことや彷徨うことはなく、何を引き寄せるかを明確にして行動に入る。

それはとてもシンプルな生きている意味となる自分自身の存在と認識となり、物事を現実にする引き寄せではないかと思います。

そんな見方にて、より引き寄せの法則を理解する一助となり、同時にはまって自分を見失い、現実逃避をする生き方にならない引き寄せが起きれば幸いです。

それでは、引き寄せの法則とは何なのかについての見方と考え方、そしてスピリチュアルを含めた不思議な引き寄せの話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

今日もたくさんのことを引き寄せていきましょう。

霊感・霊視・透視のちからであなたの心の霧を晴らします

【有名鑑定師に24時間いつでもどこでも相談可能】

恋愛・不倫・復縁・仕事・人間関係、現代では多くの煩雑とした悩みが私達を取り囲みます。

その悩みや不安を、電話占いで解決しませんか?

電話占いウィルではメディア出演多数の実力派鑑定師が多数在籍中。

なかには、霊感・霊視などスピリチュアルな方法で鑑定する占い師も。

初回鑑定3,000円無料・初回優先鑑定など、嬉しい特典がたくさんあります。

困難な問題への解決法、運命の切り開き方を知りたい方は、一度鑑定を受けてみてはいかがでしょうか?

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です