人それぞれ

わがままな人は矛盾に生きる愛の存在|自分を愛するスピリチュアルな見方

わがままで何がいけないのか。

“わがまま”と“あるがまま”には天と地、いえ、月とスッポン、太陽にゴマふりかけと言わざるを得ないほどの差があります。

わがままな人の特性を観察してみると、実はサイコパスかもしれない事実がスピリチュアルな見方として現れます。

そこには、心を主体にした生き方を求めながら脳を主体にすることからの逸脱も逸脱、矛盾と無意識の苦しみがあります。

わがままな人の特徴から見えるわがままな人の見方、そして、現にわがままな人である方の一助となることを願い、改善方法を少し違った捉え方からお伝えします。

わがままなのには訳があり、わがままな人を理解する気持ちは多少なりとも重要かもしれません。

それはサイコパスは一概に悪い人ではないことと同様に、新たな事実が見えるかもしれません。
それでは、わがままな人を紐解きます。

 

わがままな人の特徴

わがままな人とは

わがままな人の印象には、自分勝手で自己中心的な行動と思想があるかと思います。

それは言い方を変えると、“自分を愛する人”にもなります。

わがままな人は自分を大切にして、自分を喜ばせたいが故に、自分のことだけを考えて、周囲のことを考慮も配慮もせずにまっしぐらです。

そんなわがままの社会的な定義を辞書で調べてみました。

わがままとは (我が儘、我が侭) : 引用 コトバンク

他人のことを考えず、自分の都合だけを考えて行動する・こと(さま)。
身勝手。自分勝手。 「 -をいう」 「 -な性格」
思うとおりに贅沢をする・こと(さま)

私には良い意味なのか悪い意味なのかどちらとも解釈できるのですが、自分を愛する人の特徴に似ています。

そこで、わがままと似ているニュアンスの、“自分を愛する人”と比較して、実際にわがままと言われる人を観察するとわかるのですが、自分を愛する人とわがままな人には、“他者の介入があるかないか”の違いがあります。

自分を愛するとは、自分の利益を敬うことです。その為、わがままな人はポジティブな意味として捉えられそうですが、他を敬うか排他するかによって、天国と地獄になります。

①自分の利益のみを敬い、他人の利益を排他する → わがまま

②他人の利益も敬い、自分の利益も敬う → 自分を愛する

自分のために他人を蹴落とすのか、蹴落とさずとも自分を大切に尊重するかの違いがあり、見え方も印象も大きく変わります。

自分を愛する際には他人の利益を敬う必要はありませんが、自分の利益への敬いを忘れないことが重要で、他人はほうっておいて大丈夫です。そのうち余裕ができた時に、他人の利益も敬うようになっていきます。

わがままと自分を愛するは“エゴが愛か”の違いで、わがままな人は矛盾の中で生きている苦しさがあります。

この事実を知ると、少し考慮してあげようと思うかもしれません。

わがままな人は他を考えないが、他の存在が自分の利益に必要。
自分が満足するためにエゴで他者を巻き込むことで、自分の利益を上げる。
矛盾を作りながら生きており、エゴに苛まれて自分に気付くことが難しい。

※自分を愛するスピリチュアルな理解は、自分を愛するスピリチュアルな秘密|完全な自由を与えられますか? をご覧ください。

自分を愛する方法はスピリチュアルな自己中心|自分勝手とは違う認識自分を愛するとは気付くことかもしれません。 自分を愛することは、環境を活用した上での完全なる自由を与える生き方であり在り方です。 ...

 

わがままな人になる原因

わがままな人は、自分の利益のために他者を巻き込む必要があり、他者を利用しなければ利益を得られない現実があります。

他者を考慮していないからこそわがままな人と認定されるのですが、他者がいなければ自分の喜びは存在しないという矛盾です。

わがままな人を観察するとわかることが、“自分のことしか考えていない”のではなく、“自分が喜ぶために他を含めている”ことです。

言い方を変えると、自分だけでは喜びを作れず、他者の存在にて優越感を感じたり、承認欲求を得たり、自分の存在価値を高めたり、存在意義を見出したり、見失わないようにすることで、喜びである利益を得ます。

その喜びとは脳の満足であり、腕にチューっと注射をするような状態や、ストレス発散に居酒屋に行って酔うためにお酒を利用するようなものです。

わがままな人の喜びとは : 脳の満足、納得

※自分の存在を認識できる出来事や理由が欲しい

脳が満足するには他者との比較による優越感が有効的で、認められることや評価されること、存在を認知してもらう方法をとります。

わがままな人として生きてきた経歴があると、自分の欲しいものは何としてでも得ようとしますので、これまでも実際に得てきた実績があります。

その為、実際に得たいものを得ても当たり前だと思っているので、内心はそんなに喜んでいません。

得たものよりも、それによって自分が認められることや、評価を上げる状態で自分の価値を見出せることの方が喜びがあるので、必ず他の存在を巻き込もうとします。

その際に我慢や忍耐とか、苦労とか努力が伴う際には、我欲を押し通せないことを学び、自ら喜びを作り出す道を選びます。

その為、幼少期からの生活環境が大切になり、わがままな人は我欲を通せる環境があったことになります。

または、過去の生活環境からの反発で、「今は我慢を絶対にしないぞ」と決意して、敢えてわがままになっている場合もあると思います。

それらの環境からもたらされる性格があり、わがままな人になる共通の原因があります。

わがままになる原因 : 愛と苦労をもらわずに育った

※周囲の人にて我欲を満たし通せる環境だが、周囲の愛がなく、さらに自分を見失うことで自分に愛を与える(自ら喜びを生み出す)意志がなくなった
※苦労をたくさんもらった際には反発からのわがままになるが、意識的なわがままで本意ではない繕い

幼い頃から我欲を通し、なんでも言う通りになったり、欲しいものは何でも買ってもらえたり、泣けばあやされて飴玉をもらい、怒ればなだめられてリカちゃんハウスです。

両親の真意を言語化しますと、「これで黙ってろ」ということですが、おそらくもう少し優しく、「これで静かに言う通りにしてろ」です。

愛のない環境で育つことで、周囲からの愛をもらえず、我欲を何でもかんでも満たせる状態では思考力がなくなり、子供のまま大人になったようになり、解決能力がなくなり生存能力が著しく乏しくなります。

幼少期や生活環境からのものであれば、わがままな人に作られたということにもなり、わがままに他者を巻き込み、人を利用して自分のために生きるのは人それぞれの生き方でもあり、生きる知恵でもあります。

愛のない環境で育ったことでわがままな人になる原因がある。
我欲を通せる苦労のない環境があったことで自ら喜びを生み出す意志がなくなり、物質や物体にて自分の外側を装飾することでの喜びを主体として中身がなくなる。
サイコパスと特徴が似ている。

そんな愛の欠落によるわがままな人、サイコパスの人と特徴がそっくりであり、愛がないという状態も同じなんです。

 

わがままな人とサイコパスの人の特徴

わがままな人の特徴はサイコパスの特徴と似ています。

サイコパスの特徴をご覧ください。

サイコパスの特徴
  • 良心が異常に欠如している
  • 他者に冷淡で共感しない
  • 慢性的に平然と嘘をつく
  • 行動に対する責任が全く取れない
  • 罪悪感が皆無
  • 自尊心が過大で自己中心的
  • 口が達者で表面は魅力的

※Wikipedia 精神病質

わがままな人の言動を考えてみると、他者を考えない自分勝手、共感性のなさ、自分の我欲のために嘘をつく、責任への意識はなく自分を満たす、人を利用することに罪悪感はない、自信があり自己中心的、わがままな姿が表面的に魅力と、似ています。

上記はあくまで私の主観的なわがままな人への解釈ですが、サイコパスの特徴と似ており、サイコパスは現在も詳しい原因は不明とされていますが、幼少期の虐待や遺伝の影響があると考えられています。

サイコパスには“反社会性”があることが大きな特徴となっており、幼少期の環境に明確な社会への反発があり、嫌悪感や憎悪に繋がる経験が考えられ、それは愛の欠落に繋がります。

しかし、わがままな人はそのような反発がない特徴があり、それは我欲を貫ける環境からの喜びがあり、仮面的な偽りの愛から、反社会性を抱く理由がないけど人への愛がわからないという状態が作られます。

わがままな人に反社会性はなく、愛を知らないことからの悪意のない迷惑が周囲にかかる。
環境からの性格にてわがままになっており、無意識に他者を利用しているが、愛を知らないことで罪悪感がなく、悪意もない。
純粋な迷惑人であり、本人にわがままである意識はない人もいる。

※サイコパスのスピリチュアルな理解をまとめていますので、サイコパスのスピリチュアルな見方|訳ありの赤ん坊に生き方あり をご覧ください。

サイコパスの特徴とスピリチュアルな見方|赤ん坊のまま大人になったサイコパスとは悪人なのかどうかを考えると、悪人ではない考えがここにあります。 言葉の定義から、そして社会的な印象からは悪の見本例の...

 

わがままな人のスピリチュアルな改善方法

わがままな人のスピリチュアルな見方

わがままな人は自分の利益を純粋に求め、愛を知らないことと、愛を自ら認知できないことから、悪意なく周囲の人を巻き添えにして、我欲の解消と自分の利益を求めようとします。

そこには、脳を主体にしているけど、思考力が育まれていないことと心を主体にしたい本意が見られます。

それは矛盾のある状態で、脳は使えないけど心も使用できないことから、不調和や違和感をどこかに感じます。

すると、満たされない状態や空虚感を感じ、より自分を満たそうと脳の満足を求め、サイクルが続きます。

スピリチュアルな魂である心の認知があり、心は愛そのものであるスピリチュアルな認識からは、愛を求めている姿が見出されます。

私達人間は、周囲の愛がなくとも自らが愛を持っていることで、自分を愛することで喜びを生み出し、他者の大切さや敬いを抱くことができます。

しかし、自分を愛することができなければ他者を愛し敬うことはできず、演技や嘘になってしまいます。

わがままな人は愛を貰えず、自分で見出せず、そしてわがままになってしまうことで周囲から愛をもらうこともできなくなり、愛を求めます。

しかし、愛を求めている認識がないので、終わることのない満たされない欲を解消しようと生き方が作られます。

わがままな人のスピリチュアルな見方 : 愛を求める純粋な愛の人

※愛を一度でも知ることで愛の認知が伴うが、それができない状態を自ら作り、どうしたらいいかわからない状態

わがままな人は愛を求めます。しかし愛を知らず、唯一の自分の愛を忘れてしまいました。

純粋であるが故に自分を喜ばせようとしており、心を主体に生きたいけどそれができない矛盾の中、苦しい状態である見方があります。

自分に嘘をつかずに我慢をしない生き方をしているのですが、愛がないことで自分の本当の喜ばし方を知らない状態で、脳の思考にて他者と比較することで、強引に人を排他したりする行動が生まれますが、悪意がないので罪悪感も生まれません。

悪意がないことはエゴを主体にしていないことを意味しているのですが、自分の存在価値を高めないと生きている意味を見失うことからやむを得ずに他者を利用するエゴとなり、全てが矛盾になります。

 

わがままな人の改善方法

わがままな人は悪意なく矛盾の中にいますので、自分で何を求めているのかを明確にすることが大切になります。

自分を見失っているのですが、どこかで愛を認知していることから、わがままな人としての生き方を変えません。

それは過去を否定し、自分を否定する概念がない意味で、本当は心を主体に感覚的で感性を基に生きたい見えざる意志でもあります。

そんなわがままを改善するには愛を知ることが大切で、そのために自分を知ることが重要です。

周囲からの愛を貰う以上に、自分自らの愛を認知することが大切で、初めに自分を愛することです。

わがままな人の改善方法 : 自分を愛する

※自分を知り、あるがままの自分になることを心掛ける

散々自分を愛しているような行動をしているのですが、それらは全て自分への愛ではなく、エゴの満たしであり、我欲の解消で、自分を愛するとは反対方向の行為です。

自分を愛するには、わがままではなく、あるがままの自分になることです。

自分を愛するために : あるがままの自分になる

あるがままとは : 現状の自分を受け入れた自分として、そのままの姿

あるがままになるには現状の自分を受け入れる必要があります。受け入れることで、心を主体にします。

受け入れないことで満たされない気持ちを抱き、自分の我欲を解消しようと行動します。

あるがままの自分を受け入れるには、今を感じることが大切となり、わがままな人の特徴には心を主体にしたい隠された意志があります。

その為、感覚や気持ちを基に感性で生きることで気楽な生きやすい自分が出ます。それは、脳をあまり使用しないことで、考えないことです。

わがままな人はあまり考えません。しかし、自分が喜ぶためにどうすればいいかは脳を主体にしますので、それを少なくします。

そして、自分が感じている感覚や気持ちを感じるような生き方をすることで、あるがままの自分が出てきます。

あるがままの自分になるために : 感覚や気持ちを感じる

※感じるには“今この瞬間に何を感じているか”を意識する日常生活にする

今の自分を受け入れる頻度を増やすことが大切で、そのためには今自分が感じていることを認識する癖をつけることです。

感じる状態では受け入れない選択はなく、受け入れのみになります。

感覚や気持ちを受け入れる頻度を増やしていき、自分を少しずつ見出して自分自身で認識することが、わがままを改善する方法になります。

それは、自らを知り自分の愛を知り、そして心を主体にしてあまり考えることなく、自分を愛します。

自分の愛を認知した時、少しずつ他者を考え、考慮します。そして、他者を愛することへ向かっていき、わがままな人ではなくなります。もちろんサイコパスでもありません。

 

自分を愛するとは

自分を愛するとは自分の気持ちに従うことで、“あるがままに自分のしたいようにすることを受け入れる”ことです。

受け入れる際には必ず責任があります。
それは自分の意志で自分を心から喜ばし、幸せになる決意と覚悟の基に成り立ちます。

自分の喜びでもエゴの満足でも、自分の言動を受け入れなければ心からの満足はなく、自分を愛する行為にはなりません。しかし、受け入れることで自分を喜ばし満足させ、幸せにします。

自分を愛する意味 : あるがままに自分のしたいよう、自分を喜ばし幸せになる決意

※自分を理解して自分を認識して受け入れること

目の前のことや自分のしていること、そして自分自身を認識しなければ自分を愛しているかどうかわからなくなります。

自分を認識して物事を受け入れるためには、自分を喜ばすことや幸せになる決意を意識することが大切になります。

「私は嘘をつかず、幸せになる」という宣言です。

自分を愛することは自分を心から喜ばすことですので、自分が幸せになると意識することです。

自分を愛することに矛盾はありません。
とてもシンプルに自分を幸せにする意志を持ち、自分の喜びのために自分を大切に愛する行為ですので、そこには他人を介入させたり干渉したりはありません。

「ほれ、ケーキでも買ってきて私を喜ばせなさい」と他によって自らを満足させようとするのではなく、ケーキを食べていなかった時間を認識して待ち遠しく楽しみを作り、自ら一生懸命にお金を稼いで、入ってみたかったケーキ屋さんへワクワクしながら行って購入し、家に帰ってケーキを食べる喜びのために音楽をかけ、ミルクティーを用意してはちみつを入れて、ケーキを食べることで自らが喜びを感じ、自ら幸せになろうとする行為で自分を愛します。

自分を愛することには他人を排他して、巻き込む思考はありません。

とてもシンプルに、自分は自分の利益のために生きていることを理解して、自分を大切に敬うことで、自分を愛します。
それ以外の気持ちはありません。

・自分を愛することで自分を優先するのは、自分を大切に敬う結果として自然な形
・自分を愛することで自分を優先する行為には、他人を排他する気持ちや、ネガティブな考えに従うエゴはない
・自分の喜びを欲するありのままの自分の意識に沿った結果が、自分を愛すること

わがままな人は言動は自分を愛する人に似ています。しかし、真意が全くの別物です。

わがままな人は悪意なく純粋であることから、自分を知り、愛を認知することで自分を愛する人になりますので、あるがままに生きることを求めてみてください。

※自分を愛する生き方は、自分を好きになる方法│そんなものはないという自分を愛する気付き をご覧ください。

自分を好きになる方法│そんなものはないという自分を愛する気付き「この人が大好き。それは私自身のこと」 このようになれば、おそらく幸せだと思います。自分を好きになり愛すれば、全ての中心を自分にし...

 

わがままな人のスピリチュアル まとめ

わがままな人はとても嫌われます。原因がどうであれ、他者を巻き込み、人を利用する行為に愛はなく、戦いを生む理由を作ります。

しかし、わがままな人には悪意のない矛盾の状況があり、愛を知るきっかけや本人の理解があることで、物事は急速に変化して向上していきます。

失礼なことを散々伝えてきましたが、私はわがままな人への不のイメージがあまりなく、観察をすることが好きなのでよく拝見をし、わがままな人の状況を理解することで応援メッセージとしてこのような内容を作成しました。

わがままな人は育つ家庭環境から、自分を変えたくても非常に困難な基盤が既にあります。その為、無意識でも不調和や違和感の蓄積される生き方をしていくこととなり、なんとかしようという意志もそのうちになくなります。

幼少期の環境や自分の育った生活基盤には、本人にとってのさまざまな意味があります。

何が良いも悪いも本人の中にしかありません。
しかし、もし苦しみやどうしたらいいのかわからない状態で、それを味わわないためにも矛盾の中をまっしぐらに突き進むことでいつか壁にぶつかります。

何とかしたくても罪悪感がなければ気付くことはできません。どうしてみんなに嫌われるかがわからなければ変化を生み出せません。

そのことには本人にとっての意味がありますが、自ら気付くきっかけがあることで、大きな幸せを自ら作る機会となれば幸いです。

それでは、わがままな人のスピリチュアルな見方にて、少し違った捉え方が成されることを願い、わがままな人についての話を終了します。

最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。

『幸せへ導く』あなたの悩みを電話占いで解決

新規登録で最大10分間(2400円分)無料特典プレゼント

有名芸能人を鑑定したこともある実力派占い師が所属しているカリス。

鑑定件数100万件以上の実績があるので、電話占いに不安を感じている方でも安心して相談できます。

電話にて24時間いつでもどこからでも、あなたのお悩みを解決に導きます。

PR:Tphereth

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です