スピリチュアル

旅に出たくなるのは心からの合図。一人旅にスピリチュアルな喜びがある

無性に旅に出たくなることがあるかもしれません。

何故かわからないが一人旅や海外へ行きたくなる時、それは現状に不満足があります。

観光や旅行などの娯楽や趣味としての喜びを求めるものがありますが、旅に出たくなるのには、現状の不満足に対する衝動として、自分に変化をもたらしたい心からの合図となるスピリチュアルな意味があります。

私がそうでした。初めて旅をしたのは高校生の時、埼玉県から静岡県と山梨県への一人旅のような旅行のようなものをしました。

どうしても旅に出たくなった衝動や、山奥の電車で誰も何も知らない場所にいることを感じて、心から感動したことを覚えています。

きっかけや旅の形は人それぞれですが、旅に出たくなる心の認識を紐解き、旅にあるスピリチュアルな意味と目的をお伝えすることで、実りある旅をされることを願います。

 

旅に出たくなるスピリチュアル

旅に出たくなる

旅に出たい人に共通していることがあります。

それは、“考える人”です。

物事を思考して、常に脳が稼働しています。私もそうですし、私が海外を5年間旅する中で出会う旅をしている人はみんなそうでした。

言い方を変えると頭がカッチカチに硬い人か思想家です。

旅に出たくなる際には、理由がわからず突然に出たくなることがあります。これまで旅の経験がなくてもあっても突然であり、無性にしたくなる謎の衝動があります。

そこに思考はありません。なので思考を使う方は理由が知りたくなります。

そこには、心の認知にあるスピリチュアルな認識があります。

旅に出たくなる際に、誰かの受け売りやテレビや音楽や詩などの外的な影響による場合には思考的な理由が明確にありますが、「何故だか無性に旅に出たい」場合には心からの合図の意味があります。

 

旅に出たくなる心の合図

旅に出たくなるのは、現状の自分に不満足があり、それは自分ではないことを意味します。

自分なのに自分ではない状態でいるという不思議な状態に不満足の原因があり、脳と心と体が一致せずに不調和を起こしている状態を意味します。

その際に、現状に刺激を与えたり、何か不調和や不満足を解消するために思考を働かせることで、欲求を満たす行為に人それぞれに走ります。

それは食欲だったり、性欲だったり、承認欲求を求め、存在価値を見失わないように生きている感を欲します。

肉体的な快楽と脳への喜びを注射することで、「はぁー落ち着く」と一旦納得してくれます。

しかし、理由がわからず旅に出たくなる場合には、心から合図として、本来の自分として生きたい想いがあります。

旅に出たくなるスピリチュアルな意味 : ありのままの自分として生きたい心の合図

※もっと喜びのある自分でありたい心からの想い

旅に出たくなる場合には、今の自分に違和感があると思います。

そこには、生活を変えて自分に喜びを見出すのではなく、自分を変えることで自分で喜びを作るありのままの自分を感じる何かがあり、そこにスピリチュアルな概念があります。

スピリチュアルとは全てのことに意味を見出す哲学の一つです。旅に出たくなる理由がわかる場合には、思考を使っているので他者の影響があります。その際には外的な環境や生活を変えることで喜びを見出すので、旅というよりは友達と観光したり、温泉に行って美味しいものを旅館で食べて、息抜きやお酒を飲んでストレスを川に流す喜びがあります。

その際には普段とは違うことをすることでの刺激によって、喜びを増したように考えて付け足すので、バーべーキューの豪華版といった感じで、それはそれで楽しい時間になります。

旅に出たくなるスピリチュアルな認識には、別の喜びや楽しみを求める姿があり、そこには別の目的があります。

※心の詳細は、心を知るとモヤモヤの理由がわかる│スピリチュアルな心の働きとは をご覧ください。

心を知るとモヤモヤの理由がわかる│スピリチュアルな心の働きとは「心がなんだが、モギュモギュ、ザワザワ…いや、これを表現するとモヤモヤだ」 心地悪さとして心がモヤモヤすることがあります。 ...

 

自分を変えるために旅に出る

旅に出たくなる際の、旅のスタイルを自分自身で観察するとわかるのですが、一人旅だと思います。

一人で知らない場所へ行くことに恐怖心がある際には、知り合いをつれていくかもしれませんが、一人でどこかへ行き、一人で責任をもって行動することを求めます。

そして、自分の知らない場所へ行こうとします。

そこには新しい自分や、本当の自分を露わにしようとする意志が見え隠れしていて、誰も知らない場所へ行くことでの解放感による喜びがあり、見ず知らずの人と関わることへの喜びや、さまざまなことを経験して学ぶことに楽しみがあります。

旅に出たくなるスピリチュアルな目的 : 自分を変える、人生を変える

※新しい自分や、隠している自分を解放してありのままの自分を知る

何もわからず、何も知らない場所へ行くことには不安がありますが、無性に旅に出たくなる場合には、その不安感はネガティブな恐怖心ではなく、ポジティブな好奇心や期待感のワクワクドキドキがあります。

私が初めて海外へ一人旅をする際は、何もかもわからないので、言語も荷物も行き場所も何をするかも、カラカラカラという頭の中の音を聞きながら歩いて、早速騙されるというインドでの時間でした。

何が起きるかがわからないことや、これから自分はどうなるのかということへのワクワクした喜びや、ドキドキの興奮があったことを覚えています。

何をするかはそれほど重要なことではなく、その場に行くことや、知らない場所に居ることに既にたくさんの意味と目的があり、ただ屋台でご飯を食べることや、お店で何かを買うことや、人と関わることなどの日常に、人それぞれのスピリチュアルな目的があります。

 

旅に出たくなる際の一人旅ですること

旅に出たくなる際には目的があるので、することがあります。

一人旅かどうかは人それぞれかと思いますが、目的は自分を変えることや人生を変えることで、それは大げさなことや糞真面目なこととは少し違います。

真面目でも不真面目でもふざけていても何でも良くて、物事を変えるためには自分に気付くことが大切になります。
人生を変えるためには、何が自分にとって喜びで楽しいことかを認識することが大切になります。

結局旅でも一人旅でも科学でもスピリチュアルでも、自分が喜び満足して幸せになることを誰もが望んでいるかと思います。そこに体裁や嘘や演技をして、自分を隠したり、考えすぎて頭がパッツパツになることで、不満足に繋がり、自分を見失ったり、傷付けられないように自分をプライドで隠したりしていきます。

現状の自分が何者で、何を優先に生きて、何を考えて、何に喜びや楽しみがあって、何を大切にしているかを知ることが重要で、そのためには何をしてもいいんです。

一人旅ですること : 自分に気付くために行動する

※何をしても全部良い

もちろん場所場所の法律は守ってくださいね。

スピリチュアルな認識からの旅や一人旅では、何をしても自分に気付く機会になります。その際に自分の知らない環境に行くことがポイントになり、自分を取り繕って隠す必要のない場所であればあるほど、行動をすることで自分を認識します。

私がインドに行った際は、ふざけまくったインド人にプンプンしていましたが、途中で気付くんですね、「あれぇ?なんかしっくりくるなぁ」と。

真面目に常識やルールに沿わせて自分をギュウギュウに狭い箱に詰めていたことを知り、リキシャードライバーに、「コノヤロー!」とか叫んでいる時や、インド人と一緒に大声で口を全開にして笑い合っている時や、おんなの男に襲われて戦っている時などに、「これこれ!これが私だ!」みたいな気付きがありました。

そんな感じで、何をしていても自分を観察することで、旅の目的がどんどん進んでいきます。

自分を知るためなので、人それぞれに当然気付きが違うので、何をするかは何でも良くて、全ては自分のためになります。行動をしている際に自分を観察する必要もないですので、帰りの道中で、「なんか楽しかったなぁ」と少しでも思えれば、それは既に旅をした目的を果たしている合図です。

国内でも海外でも場所や何をするかは人それぞれに、自分の知らない場所で自分を露わにすることで、自分を知る目的が遂行されていく。

海外へ行って宿泊場から出なくとも、そこまで行ったことや道中での経験に意味があり、自分の喜びや楽しみを自ら作ることに繋がっていく。

※旅行や観光がつまらない場合には、旅行に興味がなくなったのは大切?!旅行する意味を知ると気付く事実 をご覧ください。

旅行に興味がなくなったのは大切?!旅行する意味を知ると気付く事実旅行なんてものはつまらないものかもしれません。 海外を5年間周って気付いたことですが、旅でも旅行でもどっちでもいいけど、旅行に興味...

 

一人旅をするスピリチュアルな目的

一人旅のスピリチュアル

旅に出たくなるにはスピリチュアルな意味と目的がありますが、そもそも一人旅をすることには肉体や脳の喜びや楽しみとは別に心の喜びや楽しみがあります。

自分を知ることや気付きがあることで、旅や一人旅のスピリチュアルな目的がありますが、そこに喜びや楽しみが作られる仕組みがあり、その際には一人であることが大切になります。

一人旅のスピリチュアルな目的 : 自分を成長させることの喜びと楽しみを知る

自分を知ることで、自分として成長することができます。新しい自分を知り、さまざまな経験をすることで、自分の意見を持ち、知恵を持ちます。

それは人に自慢してもいいですし、優越感を得るための道具にしてもいいと思いますが、自分が成長することは何よりも喜びと楽しみがあり、満足感を与えます。

自分が喜ぶことを初めに、強さや愛を知り、知恵や幸せへの智慧を育むことで人を助けたり、協力することでの喜びも作ります。自分の力で何かを始めることもできるので、自信や自尊心も抱き、安心感を自ら生み出します。

あらゆることに余裕が作られることで、創造性が見えて、ごはんを食べながら口の中は遊園地になって、食事中に「ヒャッホー!」とか本気で叫びだして、ヤバイ人に決定されたりします。

どう思われても、楽しいので幸せです。

一人旅をすることには心の認知からの人間としての成長があり、それによって自らがいつでもどこでも喜びや楽しみを生み出す側になります。

それは受け身が発信側となり、エンターテイナーとして自分や周囲の人を満足させます。

一人旅は根本からの喜びの概念を変えて、自らが楽しみの源となる意味と目的です。

※自分探しをする意味がないことは、自分探しの旅にほぼ意味はないけど少し深みがある|海外旅5年間で気付く真実 をご覧ください。

自分探しの旅にほぼ意味はないけど少し深みがある|海外旅5年間で気付く真実自分探しの旅をすることは何か特別なような気がしました。 普段の生活から離れ、自分を赤ん坊のような無知な状態にすることで、さまざまな...

 

旅に出たくなる一人旅のスピリチュアル まとめ

旅に出たくなったら何も考えずに旅に出ましょう。心にある本当の自分が求めています。

さまざまなことが起きます。それは自分に気付くきっかけになり、理解する機会になります。

何に喜び、何に楽しみ、何に満足するのかがわかると、何に幸せを感じるのかを認識します。

認識しちゃえばこっちのものです。いくらでも幸せになれます、自ら幸せにします。

旅なんてのは何でも良いと思います。ただ、旅に出たくなる理由があり、一人で旅をしたい理由があり、知らない場所に行きたい理由があります。それは思考的に答えを見出しても、目的には繋がりませんので、てきとーに答えておいて、実際に経験する際の情動や想いを感じ、自分を知ることが大きな恩恵になります。

旅をした過去があれば、過去の旅を振り返ることで気付くこともできます。その時でなければ気付かないことはありませんので、旅や一人旅をしている際の自分を思い返し、その際の気持ちや出来事を感じてみてください。

真面目な振りをしているのかもしれません。本当はメチャクチャふざけた人間で、おちゃらけポンチの、プリプリゴモラかもしれません。

お風呂場で大声で叫びたい衝動ありませんか? 今一度確認してみてください。

旅と観光や旅行は大きく違います。スピリチュアルな認識があるかどうかは大きなことではなく、心の認知か脳の快楽欲求かの違いによって、求めることも、狙いも意味も、何もかもが変わります。

方向を間違うことで、「あれ、何しに海外行ったんだっけ?」と空港で気付きますが、答えが見えなければ免税店でおみやげを買うことに必死になります。

そんなもの捨てちゃいましょうとは言えませんが、誰かのために旅をするのではなく、あくまで自分のために旅をします。

どんなに辛く大変な時間でも、それが過去になれば、思い返すことで自分のために活用することができます。
捕まらない程度に騙してきたインド人でもひっぱたいて、飛行機の中で、「あんなこともあったな。平気で人を殴るんだな、私」とか思い返して笑っているかもしれません。

旅に出たくなるスピリチュアルな意味と目的があり、一人旅のスピリチュアルな目的と理解は、共に心の認知にある自己の幸せに繋がります。

とことん満足する人生を自ら作って謳歌していきましょう。それでは、旅に出たくなるスピリチュアルと、一人旅のスピリチュアルな目的についてのお話を終了します。

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

霊感・霊視・透視のちからであなたの心の霧を晴らします

【有名鑑定師に24時間いつでもどこでも相談可能】

恋愛・不倫・復縁・仕事・人間関係、現代では多くの煩雑とした悩みが私達を取り囲みます。

その悩みや不安を、電話占いで解決しませんか?

電話占いウィルではメディア出演多数の実力派鑑定師が多数在籍中。

なかには、霊感・霊視などスピリチュアルな方法で鑑定する占い師も。

初回鑑定3,000円無料・初回優先鑑定など、嬉しい特典がたくさんあります。

困難な問題への解決法、運命の切り開き方を知りたい方は、一度鑑定を受けてみてはいかがでしょうか?

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です