人それぞれ

子供に好かれる人の明確な理由|小さな大人は仕事の協力者になる

子供に好かれる人と嫌われる人には、子供の仕事に対する貢献度と邪魔さ加減があります。

子供は大人とは全く違う目線で物事を見て、感じ、想い、考えます。

何をどのように認識しているかに、子供に好かれる人の理由と特徴が表れ、子供の気持ちを理解する以上に、自分が子供だった時を覚えていることがポイントになったりします。

子供には子供の仕事があります。

そして、一日の時間の大半は仕事をして過ごします。

そんな子供達の見ている世界には、無意識の人間哲学があり、スピリチュアルな認識があり、動物と共通している理解があります。

子供に好かれる人と嫌われる人の特徴から、子供に好かれる人の人間性が判明しますので、一緒に見ていきましょう。

子供に好かれる人と嫌われる人の特徴

初めに、子供に好かれる人の特徴を見て、その後に子供に嫌われる人の特徴をご覧ください。
そこには、両者の子供への貢献度が表れます。

子供に好かれる人の特徴9選

1、子供目線で接する

子供に好かれる人は子供目線で接します。

子供は、「目線が上からだから偉そうだ」なんて思いません。しかし、接する態度にある人間性を見ます。

それを子供は言語化できないので、表現方法は好き嫌いではっきりと示します。

子供目線で接する人は、目線を子供に合わせるかどうかは関係なく、態度として子供に合わせます。

それは、「子供だから」という固定観念や思い込みや決め付けがないことです。

 

2、一人の人間として接して何も考えていない

思い込みや決め付けがないことで、物事の視界を狭める差別や線引きをしません。

そのため、子供と接するのも大人と接するのも同じで、話し方が急に変わったりすることがありません。

それは同時に、物事を深く考えない人間性でもあります。

答えに執着しないので柔軟です。その場で答えが出たとしても、その後状況が変われば、その答えは一瞬で変わります。

本当は何も考えていなかったりします。

 

3、自分の世界を持つ

自分という人間を明確に自覚しています。そして、「子供に合わせてあげる」という世話している感は一切持ちません。

常に同等です。自分が遊びたいから子供と遊びます。遊びたくなければ、「嫌だ」と言います。

しかし、わがままではなく、自分の世界を持った上で子供と接するので、子供の意見を否定したり、批判することは絶対にしません。

自分の世界を敬っており、それは他者の世界も尊重する“個の敬い”です。

自分の意見も子供の意見も尊重し、共有や意見交換をして、共存にはどちらがいいかをお互いに決め合う意識を持ちます。

「ブランコか」「ジャングルジムか」

「じゃあ先に、ブランコで靴飛ばしの勝負して、その後にジャングルジムでおサルさんごっこはどう?」という具合です。

 

4、創造性がある

何をして遊ぶか、何をして子供と接するかのアイデアを考えます。子供が遊びたいことがあれば、それをする中で、「こうしたらもっと楽しいかもしれない」などの創造性を膨らまし、提案して一緒に創作します。

創造性と共に他者の意見を尊重するので、子供に自分の意見を提案して、理解してもらった上で、「じゃあ、お風呂から早く出る時のルート探りしようぜ」と遊びの幅を広げます。

創造性によって子供の遊びの可能性を広げ、楽しみを広げます。

競争や結果を求めることだけが遊びではないので、おままごとの際の一言一言のセリフが重要になり、真面目さ、不真面目さ、ぶち壊しさなどのオリジナルです。

一緒に意見を考えたり、とにかく遊びに対する幅を広げることをして、「いかにもっと楽しむか」を考える特徴があります。

 

5、出しゃばらないけど引っ込まない

子供に好かれる人はバランスがあります。あまりしゃしゃり出て、「おれが、ジャイアンだ!」と調子に乗ることはありません。

同時に、「みんながすることを私もするよ」という控え目過ぎる感じもありません。

我の押し付けをせず、謙遜せずに自分を持つ。存在感があり、エゴが少ないという人です。

 

6、観察力があり、行動する

子供に好かれる人は良く周囲を見ます。子供達の状況と同時に、一人一人の状態を観察して接します。

子供の状況から異変を感じれば確認します。直ぐに行動に移し、子供のために解決を図ります。

言い方を変えると世話好きでして、あくまで自分が納得するためではなく、子供のためにケアをします。

集団で遊んでいる中で一人はぐれる子がいれば、その子のとこに行って、「どうしたの?」と聞きます。
そして、一緒に問題解決したり、状況打破を試みて、また遊ぶという感じです。

世話している感ではなく、仲間としてケアする様子です。

 

7、ノリが良い

子供と接する際にとにかくノリます。ですが、使われるのではないので、「子供のノリについていってあげる」のではなく、自分がノリたい意志を持ちます。

明るい性格かどうかは関係なく、「石の上に立って手を繋ぐ遊びしよう」と言われれば、「うん、意味わからんけどやろうか」とノリます。

一旦ノッても、「つまんねぇ」と思えば一緒に楽しむために遊びの幅を考えて広げるので、まずノリます。

 

8、楽しむことが大好き

子供に好かれる人の最も大きな特徴です。

楽しむために自ら創造をして、「楽しませてほしい」という概念は少なく、自分で楽しみを作る人です。

とにかく楽しむことが好きで、喜ぶことや笑うことが仕事みたいな人です。ふざけるのが好きで、物事の変化や、常識を壊して新しい遊びを考えます。

ルールに則らないことで創造性を広げるので、あくまで自分の目で見て、体で感じて、頭で考えて、心で想い、認識します。

楽しむことが好きであるために、子供と接することを好み、楽しむ時間を堪能します。

それは、自分のための喜びです。

※子供を理解する大人については、大人になるって何なんだ?子供の時を思い出すとわかる大きな人 をご覧ください。

大人になるって何なんだ?子供の時を思い出すとわかる大きな人大人になることはとても大きなことだと思っていたことを、今でもよく思い出します。 大人への憧れがあり、子供から大人になる時がいつかわ...

 

9、エンパス

感受共感性の高い人のことをエンパスと言います。
相手の心情や感情や意図を読み取り、自分のことでなくても相手の状態を理解する人です。

エンパスは愛を持ち、エネルギーを受信する許容と寛容を持つ人間性があり、子供のエネルギーを爆発的に発信する状態を受け入れます。

そのため、エネルギー概念としての合致が起き、子供が喜ぶありのままに居る状態を作り、安心感を与えるエンパスは好かれます。

※エンパスは子供に好かれる話は、エンパスが子供に好かれるのはなぜか?エネルギーの循環を起こす合致 をご覧ください。

エンパスが子供に好かれるのはなぜか?エネルギーの循環を起こす合致「なんだか子供がついてくるような、距離感が近いような…なぜ?」 そんなあなたは“エンパス”かもしれません。 エンパスはエネル...

 

子供に嫌われる人の特徴5選

1、我が強く、干渉が多い

我が強く、押し付ける人は子供に嫌われます。

エゴが強く、恐怖心を抱えている人でして、承認欲求、存在価値の見出しや喪失対処として、「認めてほしい」「褒めてほしい」「愛してほしい」「理解してほしい」と、自分の必要性を見出すために他者を利用します。

他者の反応なく生きられないので、他者がどう思うか、どう認めるかなどを思考して生きる人です。

 

2、自分がない

自分がないことは子供には一瞬でバレます。すると、一緒にいても付いてくるだけになるので、子供としてはつまらない存在になります。

それで子供は嫌いにはなりませんが、何を聞いても自分の意見を出さないで付いてくる場合には、「遊ぶ気がない」「自分のために使われている」と子供にはバレて、嫌われます。

これが子供同士であれば、そこにエゴがないので嫌われることはありませんが、大人の場合には、自分の意見がないことにはエゴが含まれるので、子供はそれを感じ取り、距離を取ります。

 

3、遊びの邪魔をする

子供が遊ぶのは楽しむためだけではありません。そこには、「自分を知る」という意味もあります。

そこで、遊びの押し付けやルールの押し付けをする場合には、自分を知る喜びがなくなり、遊びの意味が“時間消費”となり、邪魔になります。

そのため、明るくても活発でもいいのですが、自分のために子供を利用して遊びに参加したりすると、とても邪魔で嫌われる人となります。

 

4、ネガティブでノリが悪い

子供は思考以上に心の感覚や感性を主体にします。そのため、自分の出し方がわからない子はいますが、ネガティブな子供というのは存在しません。

本質的にポジティブな人間性があることから、ネガティブに過敏です。

ネガティブでいることには何の問題もないのですが、ネガティブな状況で近付かれると、子供はとてつもない心地悪さを訳もわからず感じてしまいます。

それは心を主体にしているからなのですが、そのために、ネガティブな人とは自然と距離を取ります。

さらに、ノリが悪ければ楽しくありません。
子供は、「この人、苦しそうな生き方しているからなんとかしてあげよう」とはあまり思わないので、遊ぶ余裕がない人と関わる意味は子供からすればありませんので、ソソソと距離を取り、遊びの邪魔をされないことを望みます。

 

5、恐れる人

子供に嫌われる人の最も大きな特徴です。

恐怖を抱える人は超絶に嫌われます。それはそのまま自分がないことに直結して、自分を偽り、自分を隠してカモフラージュの誤魔化し、偽善となります。

子供にそういった策は通用しません。自分がないことを直ぐに見抜かれ、飴玉を舐めている子に、「はて?」という顔で見つめられます。

子供界では自分がない人は存在しません。生育と共に増えていきますが、幼ければ幼いほどに数は少なくなり、完全な“個”としての存在です。

そのために、個を持っていない人が不思議で仕方がなく、「どうしたんだろ?」「訳わからん…???」となります。

それは、「宇宙人見た!」とかそういうレベルでもなく、ネガティブなエゴから心地悪さを感じ、“一緒に居ると心地悪くなる謎の人”となり、関わりをとにかくなくします。

※子供の気持ちと世界についての話は、子供の気持ちを忘れない世界の見方|誰もがみんな子供だったと思い出す をご覧ください。

子供の気持ちを忘れない世界の見方|誰もがみんな子供だったと思い出すこの世には、年齢によって態度や身分や生き方が変わる仕組みがあるようです。 すると、大きくなるにつれて子供の気持ちがわからなくなって...

 

子供に好かれる人の理由

これまでの内容から、子供に好かれる人が持つ人間性の共通点が表れます。

子供の仕事を理解している人は好かれる

子供には子供の仕事があります。それが、“遊び楽しむこと”“自分を知ること”です。

子供の仕事
  1. 遊び楽しむ
  2. 自分を知る

遊ぶことには楽しむ意味があるので、遊んでも楽しくなければ仕事にはなりません。
自分を知ることは遊び楽しむことに含まれていて、遊ぶことが重要になります。

子供には、“遊ぶ”という仕事があり、それは私達大人が仕事をすることのように大切で、仕事帰りの居酒屋の一杯目のビールと、おままごと帰りの一杯目のピーチファンタは全く同じ、「クワァッ、効くー!!」です。

そんな子供達の仕事を理解している人は、子供の意見も、子供の遊びも、そして子供の存在自体も尊重します。

 

子供にとっての自分を知ることの喜び

仕事である遊びの目的は、“楽しむ”、“自分を知る”です。

自分を知ることには無上の喜びがあり、鬼ごっこをして、走るのが早いことを知ったり、遅いことを知ったり、体を曲げて避けるのが上手いことを知ったり、鬼の直ぐ後ろで存在感を消せることを知ったり、作戦を練るのが上手いことを知ったり、その時の飲み込みが早いことを知ったり、さまざまに知らなかった自分を理解する機会があります。

自分を知っていくことでの喜びがあり、「もっと早く走れるようになろう」「遅いから避けるのを上手くしよう」「策を練られるように頑張ろう」と、自分を成長させるモチベーションにもなります。

そこで、生育と共に周囲のエゴの影響で、「自分より遅いやつはダメだ」などとなることで本質を見失い、自分を認めてもらう、褒めてもらうなどの他者の反応のために生きることになります。

しかし、子供達は純粋に他者との比較をして、優越感と劣等感を自分を理解するために活用します。

そこには、自分の理解による喜びと、新しいことに挑戦できる喜びがあり、それらは自分を成長させ、学びや経験を自然とつける行動になります。

ぜひ思い出してみてください。キャッチボールでボールがキャッチできなかった一番最初、目を輝かせて、「へへ、なんだこれ、おもしれぇ」って思いませんでしたか?

 

遊びと自分を知ることに協力する人を大好きになる子供

遊んで楽しむことには喜びがあり、自分を知ることにも喜びがあり、それらの喜びを増大させてくれる人を、“仕事の協力者”とここでは呼びます。

仕事の協力者は、遊びの邪魔をまずしません。そして、遊びの幅を広げられるように意見を与えたり、意見を広げるための話し合いや理解の場を設けます。

その際に必ず必要なのが、“賛同の確認”です。

「タイヤから落ちたら死ぬゲーム」をして、砂遊びで団子作り、その後に何をするか考える時に、「これがいいか」「これでいいか」などの話し合いをして、いいかどうかを確認します。

それは、遊びの協力にもなり、子供一人一人の尊重にもなり、より遊びの幅を広げて、楽しみと自分の理解を広げる機会提供となり、そして本人も一緒に遊んで喜びを分かち合います。

そこで、創造性、観察力、行動力があることで、子供の仕事に協力できるので、仕事の協力者として楽しみも喜びも広げ、子供に好かれる人になります。

 

自分にも子供にも愛を持って接する人は好かれる

楽しんで喜ぶことを大事にするのは、自分を愛しているからです。

子供は心を主体にしていることから、自分の愛を感じやすく、他者の愛も感じやすくなります。

遊ぶのは楽しいからで、楽しいのは喜びや嬉しさがあるからです。それは、自分を大切にして、自分に喜びを与える意志が強いことを表していて、自分を愛する意味になります。

子供に好かれる人は、自分のことを愛しているために、自分が喜ぶことを主体にします。

喜びを増やすためには自分一人よりも他者が必要で、他者も含めて楽しむことで自分も他者も喜ぶ機会になります。

その際に喜びを増大させるためにも、「みんなで楽しむ」という意識が大切で、他者を敬う愛を持って接します。

それは、コミュニケーションを取る際に“他者がいるから会話できる”という意識があることで、自然と他者の存在や意見を尊重することと同じで、一緒にいる時間を一人の大切な人間として認識して、分け隔てなく、差別も線引きも、思い込みも決め付けもせずに、対等に関わります。

※人が寄ってくる特徴と理由は、人が寄ってくる人の人間性は一つ|特徴からわかる人が寄ってこない訳 をご覧ください。

人が寄ってくる人の人間性は一つ|特徴からわかる人が寄ってこない訳人も動物も、人に寄るのには理由があります。 そのため、人が寄ってくる人になるには明確な理由があり、人が寄ってこない場合の理由もあります...

 

子供が寄ってくる人のスピリチュアルな理由

子供に好かれる人と同時に、子供が寄ってくる人がいますが、両者には少し違いがあります。

子供が寄ってくる人とは

子供が寄ってくる際には、一緒に遊び楽しむ時間以上に、“一緒に居る時間を求められる人”です。

子供と遊ぶ際には、ノリや子供の尊重となる“愛”が好かれるために必要ですが、子供が寄ってくる人には、一緒に居たいと思わせる雰囲気があり、そこには愛と同時にスピリチュアルな認識があり、子供も動物も共通した寄りたくなる所以があります。

 

子供が寄ってくる人のスピリチュアル

子供が寄ってくる人には波動やオーラの概念としての雰囲気があります。

それは、愛を基にした波動やオーラでして、高波動を放つ人間性があります。

子供が寄ってくる人の波動とオーラ

波動とはエネルギーともオーラとも言い、同じものです。波動には高い低いの表現があり、オーラとしては大きい・美しい・輝き・整然・勢いとして表れます。

子供が寄ってくる人の波動には“安心感”があります。それは動物に好かれて寄られる理由にもなり、一切の攻撃性のない状態、すなわちエゴのない状態があります。

子供が寄ってくる人は安心感と攻撃性のない様がある
※安心があり、恐怖がない波動とオーラ

その様を見る子供には“大きな背中”に見え、一緒に居たいと思える姿です。体が大きい、強そうなどの外見は関係なく、子供は人間性を見るために、自分として存在する意志や、心の在り方を観察します。

 

子供みたいな人に子供は寄ってくる

安心感があり攻撃性がない人は、言い方を変えると“子供”です。

エゴがないので邪気がなく、周囲に壁を作らないために、抵抗感なく関わることができます。

まるで子供のような人で、子供目線からすれば子供と関わっているような気分になります。

子供みたいな人は子供として関わられる
※活発か落ち着きがあるかによって、寄ってくる子供のタイプも変わる

落ち着きや安心感がある場合、一緒に居るだけでも眠たくなり、自由で、よく人を観察して、安心を求める猫みたいな子であれば近くにずっといます。

活発で元気な場合、一緒にはしゃいだりする仲間のように子供は感じるので、元気な子であれば同じ子供のように関わって遊びます。

 

波動やオーラの変化を感じやすい子供の心

思考が発達する前の子供は、脳以上に心を優先します。そのために、感覚と感性が鋭く敏感です。

そのため、否定や恐怖を感じることに非常に敏感で、心地悪さを感じます。ネガティブを感じると心地悪くなるのは、自分を否定されることでの恐怖や不安を感じることに繋がることを感性から理解しているためです。

心を主体にすることで、変化に気付きやすいのが子供です。それは外観の髪型違い、チャック開いてるもそうですが、感覚からの気持ちや気の変化も同様に察知します。

それが、波動やオーラを無意識に感じる子供の能力です。

誰しもが持っているので能力とは言えないのですが、心を主体にすることで、自然と波動やオーラの変化を感覚で感じ取り、「心地良い」「違和感」「心地悪い」という具合にシンプルに受け取り、状態や状況を理解します。

そのため、波動が良く、オーラが大きく美しい人には心地良さを感じ、一緒に居ることを求めます。

※赤ちゃんに好かれる人の特徴と完全にスピリチュアルな理由は、赤ちゃんに好かれる人は認められた天使|意識状態の違う別世界を生きる をご覧ください。

赤ちゃんに好かれる人は認められた天使|意識状態の違う別世界を生きる赤ちゃんは完全なる“個”を持ち、愛の塊として存在する人間の象徴です。 赤ちゃんは愛の基となるスキンシップがなければ生きられないこと...

 

子供が寄ってこないスピリチュアルな理由

子供が寄ってくる安心感と真逆の攻撃性を持つ人は嫌われる人になりますが、さらに寄ってこない人には、スピリチュアルな心の在り方としての理由があります。

嘘をつく人に子供は寄ってこない

自分にも他者にも嘘をつく人に子供は寄ってきません。嘘をつくことで自分を偽り、他者をも騙します。

しかし、悪意やエゴによって嘘をつく場合です。悪意なく嘘をつくことは喜びになるので、子供に好かれます。

自分のために他者を利用したり、排他したり、害する嘘は、自分の恐怖を感じないためや対処となり、その際に自分の行動と気持ちに嘘をつきます。

その瞬間にエゴを生み、子供はそれを感じ取ります。

平気で嘘をつくようになると、自分を偽り自分を見失う人となり、驚くほどに低い波動を放ち、近付くだけで心地悪く苦しくなるので子供は寄ってきません。

しかし、生育した小学生や中学生や高校生であれば、エゴの強い子は嘘をつく人を崇めたり、社会性への反発として憧れの的になったりします。

 

親が嘘をつくことをとにかく嫌う子供

幸せハッピーファミリーは除きますが、子供が寄りたくない存在は親がなりやすいです。

それは、“嘘をつく最も身近な存在”だからです。

子供には、「この人が親だからね、わかった」と言い聞かせてインプットする過去があります。それがなければ、隣の家のおじさんを、「パパー」とか言い出します。

常に近い関係で生育することで最も身近な存在となり、愛を強く持ちます。

すると、愛の反対であるエゴも強く持ちます。そのため子供は、親や兄弟姉妹に対して他の誰よりも大きな愛を持ち、大きなエゴを持ちます。

親が嘘をつくと子供は感じ取ってしまうので、直ぐにバレて心地悪さを感じます。他の誰よりも愛があるために、嘘をつかれることで大きなエゴを感じ、強烈に寄りたくない理由が作られます。

ですが、育ててもらっていることや愛をもらっていることにて相殺して、寄りたくない具合を緩和します。

※動物に好かれる人の理由とスピリチュアルは、動物に好かれる人の特徴に見えない秘密|心地良さを放つオーラと落ち着き をご覧ください。

動物に好かれる人の特徴に見えない秘密|心地良さを放つオーラと落ち着き人に好かれる人に理由があるように、動物に好かれる人にも理由があり、それは人間以上に明確な特徴が表れます。 動物に好かれる人には共通...

 

子供に好かれる人、嫌われる人 まとめ

これらの内容は、私が子供と関わるのが大好きであることからの体感と、赤ん坊の時やお腹の中にいる時からの記憶があることと、波動を感じることから子供が感じ取ることがわかるために理解した内容です。

子供はとても純粋で敏感ですので、いろいろなことを理解しています。
脳で理解することはそんなにありません。感覚や感性の心の想いとして理解するのは、目の前の風景をパッと理解するようなものですので、一瞬で目の前に広がる情報を読み取り、過去の記憶との差異を見つけ、変化に直ぐ気付きます。

それは、チンパンジーが1~15のランダムに並んだ数字を一瞬だけ見て、数字の配置を一切間違えずに記憶しているようなものです。

そこに波動やオーラの感覚も含めるので、実にさまざまなことを感じて認識するのが子供です。

そのため、子供は人をよく観察しています。子供も大人もよく観て、それを一回一回伝えてきませんが、体調や精神状態、感情の起伏にホルモンバランス、トイレに行く頻度やへそくりの隠し場所などたくさん知っています。

そんな子供に好かれる人は、さらに人を観察する人でして、あまり多くを考えずに感覚や感性を主体にして、人と楽しむことに集中します。

頭を使うのは創造性を広げて、子供の遊びの幅を広げて、一緒に楽しみ喜ぶ時くらいのものです。

子供の仕事の協力をして、自らの満足もする人は、自分も子供も愛して敬い、いかに一緒に楽しい時間を過ごすかをバランス良く堪能します。

子供に好かれる人や寄ってくる人は、自分を大切にしているので我慢や忍耐をすることはまずありません。子供が自分のためだけで他者に迷惑をかけていれば、遊びを変えたり、もっと一緒に楽しめる内容を考えて提供します。

そんな、創造性と子供界への理解を持った人は、まるで子供のような大人で、子供に好かれる人になります。

それでは以上が、子供に好かれる人と嫌われる人の少し哲学的な話と、動物の認識にもなるスピリチュアルな理由についてでした。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

『幸せへ導く』あなたの悩みを電話占いで解決

新規登録で最大10分間(2400円分)無料特典プレゼント

有名芸能人を鑑定したこともある実力派占い師が所属しているカリス。

鑑定件数100万件以上の実績があるので、電話占いに不安を感じている方でも安心して相談できます。

電話にて24時間いつでもどこからでも、あなたのお悩みを解決に導きます。

PR:Tphereth

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です