スピリチュアル

エンパスが子供に好かれるのはなぜか?エネルギーの循環を起こす合致

「なんだか子供がついてくるような、距離感が近いような…なぜ?」

そんなあなたは“エンパス”かもしれません。

エンパスはエネルギーを受信するため、目の前の人のエネルギー空間に自ら入っていきます。

そのため、エネルギーの発信と受信の認識が無意識に強くあります。

エンパスはエネルギーの完全なる受信タイプであり、物事を受ける許容タイプです。

オラオラドカドカせずに、人を見守り包み込むような人間性があり、エネルギーを発信する人との合致があります。

それが、子供です。

エンパスは子供に好かれる特徴があり、その理由となるエネルギーと人間性の合致があります。

子供になぜか囲まれることが多い場合の理解となり、より自分自身のエンパス気質の活用を育むこととなりますので、エンパスが子供に好かれる理由をご覧ください。

エンパスと子供の関係性

初めにエンパスとは何かについてをお伝えし、その後に子供とのエネルギー的関係性をご覧ください。

エンパスとは

エンパスとは感受共感性の高い人のことで、生まれながらの気質です。

感受性と共感性があり、さらに敏感性があることで、波動認知による理解を無意識にします。

すると、相手の波動を敏感に感じ、感受力から読み取り、共感することで相手の世界を知ります。

自分のことでなくても周囲に居る他者の感情、心情、意図、健康状態、精神状態を自分のことのように感じます。

エンパスとは : 波動認知にて他者の状態を読み取る感受共感性の高い人
※波動とは自分自身の状態を表す振動エネルギーで、生きている以上は常に発される
※まるで他者と自分が同化するように相手のことがわかる

エンパスであることは、自分として生きているにも拘わらず、他者と同調して他者の世界に介入する状態になります。

そのため、関わる人によって楽しくも辛くもなり、エゴが多い人が目の前に居れば心地悪くなり、愛が多い人が居れば心地良くなります。

エンパスは無意識に相手を読み取り理解する。

相手の嘘を知る、体調を知る、思惑を知る、真意と行動のギャップを知り、真相を知る。

知りたくなくても知ってしまうので、嫌でも自然と相手に共感して、相手の状態によって喜びが増大したり、急に悲しくなったり、体調も悪化します。

例えば、宝くじを当てたおじさんが、恥ずかしいので喜びの爆発を家まで我慢している道中、ここは電車の中。
なんだか突然凄く嬉しい気分になり、電車に乗っている最中に謎の心地良さを体感して得した気分になる。

反対も然り、奥さんに逃げられた旦那さんが公園のブランコでキーコ、キーコ。
通りすがりのあなたは、突然奈落に落ちたかのような気分を味わい、吐きそうになり家に猛ダッシュで帰るという。

 

エンパスはエネルギーを受信する

エンパスの最も大きな特徴となるのが、エネルギーを受信することです。

人は生きている以上、波動を常に発し、自分の状態をエネルギーとして肉体と精神と魂から発します。

言い方を変えるとオーラを発し、自分の肉体を初めとした精神と心の在り方、そして魂としての意識状態を表すオーラが、エーテル体、アストラル体、メンタル体、コーザル体…と肉体の外側をまとうエネルギーとして出ています。

エンパスの人は他の人同様に波動を自分自身で放出していますが、目の前に人がいるとそこに入ろうとします。無意識です。

それがエネルギー受信をするエンパス気質の在り方でして、他人が発するエネルギー空間の中に入ることで、感受共感性による相手の理解が生まれます。

これ、嫌でもやめらんないんです。

そのため、エネルギー発信をするタイプや、エネルギーを奪おうとする人が居る場合、「あぁ、体が勝手にそっちに行くー、ソソソ」という感じで介入しますし、飲み込まれもします。

あとはエネルギーを発信している人次第で、良くも悪くも状況が変化します。

イメージとして、金色みたいなキラキラしたエネルギーの中に、「あぁ、すいません、勝手に動いちゃうんです。ほわぁ、最高」みたいなことになったり。

きたないヘドログリーンみないなエネルギーの中に、「あぁ嫌だー、でも体がー、ドンッ、ゲホゲホ、フベベ、モワモワ、Oh my god」という具合です。

周囲にいる人のエネルギー状態次第で自分の状態までもが変わってしまい、自分のエネルギー状態によっても、人を引き寄せやすくなります。

そこで子供は、キラーンと全てを理解しています。

※エンパスについての詳細は、エンパスの特徴は全部自意識の強さ|感受力にスピリチュアルな不思議 をご覧ください。

エンパスの特徴は全部自意識の強さ|感受力にスピリチュアルな不思議エンパスとは共感力と感受力を持つ人のことで、心理学の概念とスピリチュアルの概念にて捉え方が分かれています。 エンパスの特徴はさまざ...

 

子供の認識と生き方

子供は波動認知のプロです。ですが、「これが波動かぁ、エネルギーかぁ」と理解している子はほとんどいません。

波動の認識は感覚と感性を基にします。感覚的に何か引き寄せられれば寄り付き、引き寄せられなければ寄りません。

その際の感覚は、「心地良い」か「心地悪い」、これだけです。

子供はメチャクチャシンプルに感じ取り、明確に物事を判断する感覚を持ちます。

これは、幼ければ幼いほどに波動認知が鋭く、感覚的に明確に理解しています。

私は赤ん坊の時の記憶があるのですが、父親が怒っている時には怒りを表すエゴの心地悪い波動が体中から発され、その状態で抱っこされると、「うわー、やめてー!助けてー!あああああ!」というパニックのような、一瞬も耐えられないような感覚になります。

※波動とは何か。自分の波動を知る方法で疲れる人にバイバイ|紐解くとブルブルブル をご覧ください。

自分の波動を知る方法│波動とはエネルギーであり存在の源であり自己表現波動とはこの世の全ての存在を創り、存在を認識するエネルギーの源です。 そして、自分自身を創造しているエネルギーとの繋がりです。 ...

 

子供は心を主体にして心地良いと感じるものに寄って行く

「くんくん、なんかいい匂いがするなぁ」

こんな感覚を子供は物事や人から感じます。そこで、躊躇とか我慢という概念のない子供は、クンクンと目を瞑りながら匂いの元へフラフラと向かいます。無意識です。

ドンッ、あいた。ぶつかった先には、心地良いものが。

それは、『愛』です。

子供は心を主体にしていることから波動認知が高くなる。
愛を主体にして物事の認識をする生き方。言い方を変えると、今この瞬間を生きている状態。

思考的に過去と未来に生きておらず、今起きていることである感覚と気持ちに集中しています。

心を主体にすることで、「心地良い」「心地悪い」の気持ちを感じ、それは自分の愛と共鳴するか否かによって生まれます。

スピリチュアルな理解では、心の先にある魂がワンネスという“全ては一つ”の意識と繋がり、ワンネスに繋がる者同士は“一体化”となる認知があります。

その際の感覚が、「心地良い」というものです。

子供は感覚優位であることから、心地良いという気持ちに敏感で、心地良さの基となる愛に寄っていく
※愛の気持ちに敏感であることは、その反対のエゴにも敏感で、心地悪いものも感じ取る

 

子供はエネルギーを発信する

子供は活力にみなぎり、健康的です。そのため、血の流れがスムースなように、気の循環が円滑です。

疲れて、休んで、遊んでという日常では、エネルギー消費→エネルギー吸入を滞りなく繰り返し、常にエネルギーを発散するような生き方をします。

感情をあるがままに発し、自分を隠さず表現し、あらゆるものを流します。

そこには、未浄化をなくす循環があり、自分の感情に責任を持つ状態があり、自ら発して取り込んで、発して取り込んでを続けて、常に流し続けます。

流れを作るためには常にエネルギーを発信する必要があり、自分を爆発させるかのように誰かれ構わず放出します。

その認識と生き方から、子供に好かれる人には特徴があります。

 

子供に好かれる人とは

子供が自分の中で感情や心情を表現する場合、いつでもどこでもエネルギーを発散させて自己満足できます。

しかし、対人関係にてエネルギーを発信する際には受信する人が居なければ成り立ちません。

それはまるでコミュニケーションを行うように、物事を伝える人がいれば、それを理解したり受け止める人が必要で、その関係性があることで物事が循環されて一つの行為になります。

子供はエネルギーを発信しまくるために、受信してくれる人が必要です。

感覚と感性にて愛を求める波動認知があることから、エネルギー受信をする愛のある人を好みます。

子供が好きな人とは : エネルギー受信をして受け止めてくれる人であり、心地良さを感じる愛のある人

エンパスです、エンパスがそれに該当します。

 

子供に好かれる人とエンパスの特徴

「そりゃもう、エンパスは子供に好かれるわ」という解釈を深めるために、子供に好かれる人の特徴を見てから、エンパスの特徴を見ていきたいと思います。

そして、両者の特徴から、エンパスが子供に好かれる合致が判明します。

子供に好かれる人の特徴4選

これまでの内容から、子供が求めることは、“エネルギー受信”“愛”の二つです。

二つのキーワードから人間性の特徴が表れますので、順番にご覧ください。

1、気にかける人

子供に好かれる人は、子供を気にかける人です。

子供は気にかけられないと、エネルギー発信ができません。

「オリャリャリャリャ」と誰かに聞いてもらいたくて発信した際に、ツーン…と誰も聞いても見てもいなければ、「おぉ、神よ、私は何と悲しい子でしょうか」と祈り始めるほどショックです。

そのため、エネルギー受信として自分を見てくれて、聞いてくれてと、認識してくれる人を好きになります。

 

2、エネルギーを一緒に循環する人

オリャリャリャリャの後に、ペケペケペケと言ってくれる人を好きになります。

それは一緒に遊んでくれる人です。言い方を変えると、ノリと言いますか、子供のエネルギー発信に合わせる人です。

エネルギー発信が強ければ強いほどに、自分の意志が強く明確なので、「これはやめなさい」「ダメでしょ」「違うでしょ」という否定を嫌います。

それはエネルギー循環が起きない滞りを作る心地悪さとなるので、否定をせずに共に遊んでくれる人を好きになります。

 

3、エゴのない人

子供は愛とエゴを波動にて認知するので、エゴがある人に近付こうとはしません。

エゴがある人とは、他人で自分を認識して見出そうとする意識を持つ人で、恐怖を抱える人です。

それは自分がない人でして、自分が否定されないために他者と比べたり、他を蔑んだり、自分を持ち上げてうぬぼれます。

自分を明確に持つことが当たり前だと思っている子供からすると、エゴのある人は心地悪い上に、何をしたいのかがわかりません。

例えば、“変な人”と言われることを好む人がいて、その理由が変な人であることで他の人とは違う人になって自分の価値を高めようとする意図がある場合、子供にはさっぱり理解できません。

共有や共感ができず、訳わからないので、好きになることはまずありません。

 

4、人を尊重する人

愛があると、一緒に居る際に敬いを持って尊重します。

子供との接し合いや一緒に遊ぶ際に、尊重する行動や思考をする人は好かれます。

それは否定や強制や押し付けをしない人であり、子供だからと線引きや差別をせずに全員と同じ接し方をして、エネルギー循環を促す喜びを子供に与えます。

愛である敬いの気持ちを持ち、受け入れる許容があることで安心感を与え、心置きなく遊ぶ基盤作りを子供に提供します。

※子供に好かれる人の特徴まとめは、子供に好かれる人の明確な理由|小さな大人は仕事の協力者になる をご覧ください。

子供に好かれる人の明確な理由|小さな大人は仕事の協力者になる子供に好かれる人と嫌われる人には、子供の仕事に対する貢献度と邪魔さ加減があります。 子供は大人とは全く違う目線で物事を見て、感じ、...

 

エンパスの特徴6選

次にエンパスの特徴を見ていただき、最後にエンパスが子供に好かれる詳細をご覧ください。

1、優しくて人想い

エンパスは生まれた時から他者の影響を受けて生きています。

そのため、常に共感して同情する人間性を持ち、エネルギー受信にて他者の世界に介入したり干渉させられる生き方となるために、人の気持ちを理解します。

日常での人との共存は忙しなく、自分のこと以外を感受して辛く悲しく苦しむことが多く、痛みを実際に体感するために人の心の傷も深く理解します。

そんな生き方から、辛くて自分を見失う場合もありますが、人を想う経験を培うために優しさを得ます。

 

2、心の愛を主体にする人間性

子供のように感覚や感性優位です。敏感であり、感受性が高いことは波動認知力が高いことでして、子供のように愛とエゴを感じ取り、「心地良い」「心地悪い」を強烈に感じます。

心を主体にする人としての在り方があり、ワンネス認知のある愛を持って生きています。

そのために、同じように心を主体にしてワンネス認知のある人と繋がる感覚があり、人だけでなく動物や自然など、心を主体にした生物との関連深い繋がりを感じ、一緒にいることを好みます。

そして、愛の気持ちと想いやりから、人を敬う気持ちを持って接します。

 

3、周囲を気にかける

エンパスはお母さんのように世話好きです。

生まれた時からの感受共感性があるために、常に周囲のことが自分のことのようになり、周囲の状況や状態を気にかけます。

下を向いている子がいれば様子を伺い、読み取り、包み込むような接し方をします。

人の気持ちがわかり、心を主体にしていることから、人のためになりたい動機を持ち、他者を気にかけてお世話をする特徴があります。

 

4、尽くす

人の世界に入るので同情をしやすく、相手の状態に飲み込まれがちです。

そのため、お世話は人によっては尽くす行為となり、何から何までしてあげようとします。

すると、振り回され、自分の意見を押し付けることをしないので、言われるがままに言うことを聞き、言われるがままに愛を与えてと、利用をされることもあります。

根底には人のために何かをしたい意志があり、人を助けたり喜ばせることが好きで、保育士や介護士や看護士など、お世話にて人のためになる仕事をする人が多いです。

エンパスの多い職業 : 保育士、介護士、看護士、占い師、カウンセラー、音楽家、芸術家、動物飼育員、園芸師、裁縫師、デザイナーなど。

 

5、恋多き人

一人でいることが好きですが、寂しがり屋です。

そのため、一緒に居る恋人を求め、別れても新しい相手を探します。

相手の真意を読み取るために、気のある人がわかるとアプローチを掛けやすい特典もあり、恋に発展することが多くなります。

 

6、わがままな人が好き

尽くして振り回されてしまう人間性がありますが、そんなに嫌な気はしません。

わがままな人に悪い印象がなく、お世話して相手を喜ばそうとします。

人が喜ぶことが好きな優しさがあり、自分を振り回すわがままな人に弱く、気付いたらその人のために行動していたりします。

常に他者が主体になるので、自分以上に他を優先する思考や行動をして、わがままにされても自分の意見を言ったり押し付けることをせずに、少し強気な人に弱いところがあります。

以上が、子供に好かれる人と、エンパスの特徴でした。

 

エンパスが子供に好かれる理由

子供とエンパスの合致

子供に好かれる人とエンパスの特徴から、エネルギー発信したい子供と、エネルギー受信したいエンパスが合致することがわかると思います。

それは循環を作る組み合わせとなり、物事を発して受け入れるコミュニケーションが成立するような両者の合致です。

子供が好きな人とエンパスの合致により、エンパスは子供に好かれる

子供は自由で遊ぶことが仕事です。自分を抑えることはエゴの行為となり、自分を敬う子供は如何に自分を理解してもらい、自分を表現できるかを重要視します。

そのために、ありのままに居られる環境を子供は求め、遊び呆けて自分を好きなだけ表現できる“場所や人や環境”に何よりも大きな喜びがあります。

ありのままに居られる環境に該当するのがエンパスで、エンパスの在り方や人間性にある愛と、エネルギー受信タイプであることを波動にて理解しているのが子供です。

それは、クンクンと近寄る見えない理由となり、子供は無意識にエンパスに近付き、一緒にいることを求めます。

理由はシンプルに、「一緒にいると心地良くて喜びがあるから」です。

 

エンパスは親のように子供を包む

エンパスの“人を想う”、“気にかける”、“尽くす”、“わがままを受け入れられる”人間性は、全ての生物の親のようで、ワンネス意識にて慈しむ心を持ちます。

思考的に、「他人だから」「知らない人だから」という線引きを設けず、近寄ってくる子が居れば自分の子供のように愛を持って接し、子供を世話して尽くすような人です。

そんなエンパスは存在としての在り方・人間性から温かいエネルギーが伝播していて、それを感じ取る子供には無意識の理解があり、一緒にいることで優しさをもらい、エネルギーを受信してくれるエンパスに親のような親近感を感じます。

一緒にいる時間は包まれているように温かさを感じ、心地良さがあるために、「離れたくない」という状態になります。

 

子供の頃の記憶

最後に私の子供の頃の記憶にある、エンパスとの関わりを少しばかしご覧ください。

エンパスと居ると本当に温かい

私は自分を閉ざして人を観察する子でした。

3歳の保育園のクリスマス会では、園長先生がサンタに着替えているところを一人発見して、「はぁ、ああ、あわあわあわ、あばばばば」とうろたえましたが、みんながサンタを“空からやってきた人”だと思い込んで楽しんでいるのをジーっと観察して、誰にも言わないで園長先生に頷きを送るような子でした。

常に観察をして、愛かエゴかを感受します。なので、ほとんどの先生が嫌いという愚連野郎でして、一言一言の言葉にもエゴの波動を感じるので、話かけてくるだけで、「ああ、なんでこっち来るんだ、チーン」と無表情。目を絶対見ない状態で、先生からの嫌われ者でした。

しかし、保育園でも学童保育でも小学校でも、必ず好きな先生が一人は居て、いっつも近付いて離れませんでした。

その理由が今ならわかるのですが、みんな“エンパス”でした。今会えないので確証ではないのですが、エンパスの人と一緒に居ると体感として本当に“温かく”なります。

子供の頃は強烈にその感受があったので明確に覚えているのですが、先生と一緒にいると体がポカポカして、日向ぼっこしているみたいな心地良さを感じ、ただ一緒にいることを凄く喜んでいました。

 

エンパスは距離感が近くて包まれる気分になる

私はわがままを一切言わない子でしたが、好きな先生と居るとわがままになりました。

それに親が驚いて、「すいませんね」とよく言っていました。

保育園の先生に送ってもらいたくて、先生の車に潜んで夕方誰もいない時に見つかって一緒に帰ったりと、離れたくないので一緒にいる時間を少しでも欲します。

今考えれば迷惑ばっかかけてしまったと思いますが、好きな先生はみんな快く受け入れてくれて、みんな話す時の距離が近いんです。

必ず目を見てくれますし、こちらも目を見て話していました。話す時にこちらからのめり込むように、相手に近付いている自分がいて、それはもう、なんか包まれるような、吸収してもらいたい気分でした。

エンパスの人は愛を持つので、それを感受する子供からすると、大好きになります。

子供は心を見るので、嘘をつかない在り方や、純粋な気持ちを感じ取り、こちらのする行動や発言を受け入れてくれる人間性に安心感を抱き、もうスヤスヤお休み気分で、猫の気持ちがわかるようです。

子供の頃を思い出すと、そんなエンパスの人との関わりがあり、エンパスの優しさを教えてくれる素敵な人達の記憶です。

みなさんも子供の頃に好きだった大人の人がいたら、ぜひ思い出してみてください。もしかしたら、エンパスかもしれませんよ。

※反対に、逆エンパスは嫌われる話は、逆エンパスが嫌われる無意識の言動|実は人を恐怖に陥れているかも をご覧ください。

逆エンパスが嫌われる無意識の言動|実は人を恐怖に陥れているかもエンパスの中でも逆エンパスと言われる気質があります。 逆エンパスはエンパスとエネルギーの保持形態が異なり、自分のエネルギーを他者に...

 

エンパスは子供に好かれる まとめ

エンパスはみんなの親のようで、女性も男性も性別関係なく、愛を感じる温かい心地良さから子供に好かれる人です。

根本の人間性と心の在り方があり、人に飲み込まれて介入されられる在り方はエンパス本人にとっては時にとても辛く苦しいものになりますが、その状況で生きていることが常に優しさと敬いを真意として持つ経験となります。

その真相からの在り方は、わかる人には伝わっています。それが子供です。

言語能力や表現方法を作る認識がまだ未発達なので、表現がうまくありませんが、「心地良い」と感じ、近くに寄ってきてくれることが、最もわかりやすくシンプルな表現方法ではないかと思います。

全てのことには意味があり、私達は“気持ち”を感じるために、見えないところに音や電気があるように、さまざまなところでたくさんの情報を読み取り、認識しながら無意識の行動を作ります。

「好き」であることに理由がいらないのが子供です。答えは、「感じるから」が明確な答えです。

それ以上明確なものはないかもしれません。その結果、見つめ、近寄り、触り、微笑み、一緒に居ようとします。

「なんで?」

「一緒に居たいと感じるから」

エンパスに言葉は要りません。わかる人はわかっています。優しさを隠すことはできません。

そんな素敵な人と素敵な子供達との合致は素敵に決まっています。

エンパスが子供に好かれる理由には、人間の基本原理があり、ありのままの本気の関わりが人と人の間にあるのかもしれません。

そんな日常を感じ、辛さと喜びを共に大きく味わえるエンパス、最高です。

それでは、エンパスが子供に好かれる話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です