スピリチュアル

吸い込まれそうな目力にある秘密│真理を体感するスピリチュアル

世にも奇妙な、吸い込まれそうな目。

引き込まれる感覚を覚えるかもしれません。

吸い込まれそうな目には目力があり、愛と恐怖(光と闇)の内包があります。

ここでは、吸い込まれそうな目や目力に潜むスピリチュアルな理解をお伝えします。

  • 吸い込まれそうな目とは?
  • 吸い込まれそうな目の人との関係性とは?
  • 目力のある人のエネルギーとは?

目とは心。目と目を合わせることは、相手の心と自らの心を合わせる意味となり、感じる感覚に詳細があります。

吸い込まれそうな目を持つ人が一体どんな人なのかを知ると、ご自身との関わりの意味が判明しやすくなりますので、ご参考になれば幸いです。

目力に潜む人間真理を見ていきましょう。

吸い込まれそうな目 スピリチュアル

目を見ると起きること

目とは心の表れ。自らの心が目に写り、相手の心が相手の目に写ります。

目を見ることは相手の心を見ると同時に、自らの心を見られる意味があり、相手の心の在り方を垣間見て、自らの心との相性・意味を体感します。

アイコンタクトによって顕在的な情報と共に、潜在的で無自覚な情報を大量に取得し、取得されます。

心は潜在意識、または超意識と言われる全体の認識(ワンネス)領域となり、心と心のコンタクトは無自覚で行われます。

  • 気づかぬ内に相手の情報を取得(または影響を受ける)
  • 気づかぬ内に相手の心の在り方を知る
  • 気づかぬ内に相手の心と自分の心の関係性ができる

このような状態が目を見ると起きています。

 

吸い込まれそうな目とは?

目と目が合うと吸い込まれそうになる目があります。

じっと見ていると引き込まれるような惹き込まれるような。

心と心が見合った時に反発が起きると目を外したくなります。吸い込まれそうになる状態は反発がない表れ、心と心が通じ合います。

心と心が通じ合うことはポジティブな印象があるかもしれませんが、良い悪い両方があり、二つの効果が見られます。

吸い込まれそうな目の効果
  1. 心を開かれる
  2. 心を鷲づかまれる

両者は愛と恐怖の体感を意味し、愛が先行すると心を開かれ、恐怖が先行すると心を鷲づかまれます。

 

心を開かれる目

相手の目によって心を開かれます。

愛と恐怖(光と闇)の認知があり、愛が優位になった時に自らの心を解放的にしようとします。

心を開かれることに反発がなく、パアァと一切の抵抗なく解放。解放してもいい委ねと許しがあります。

この時、「受け入れたい+受け入れたくない」の両方が混在します。

「なんか怖いけどじっと見ていたい、魅力的」というような陰陽共に入り混じる感覚感受があり、「受け入れたい」が先行した時に惹き込まれます。

相手に愛があり、自らの愛を認知した状態であり、とても大切な人であることを意味します。

 

心を鷲づかまれる目

反対に恐怖が先行した場合、吸い込まれる目によって心を牛耳られる危険性があります。

相手の恐怖によって飲み込まれたことを意味します。

目に恐怖が写り、相手の恐怖を見たことで自らが支配されます。相手の恐怖が強く自らでは対抗できない場合、洗脳される可能性があります。

執着してしまいます。身を委ねる執着は相手から離れる動機を自ら見出せない状態となり、心をコントロールされます。

目を通じて相手の想念を心に送り込まれるコネクト状態。恐怖を送って心を支配、喜びを送って相手に好意を抱かせるなど、相手の想念次第で心理が作られます。洗脳方法としても存在するやり方です。

目という気管はとんでもなく重要であり、無自覚での情報のやり取りが猛烈にされていると思っていただくとわかりやすいと思います。

少し怖い内容ですが、吸い込まれる時に恐怖を抱く場合には自然と拒否反応が起きますので、目を逸らすなどすれば情報遮断できます。

知っていると対処できますので、知識として持っておくといいかもしれません。気づかれる方は気づいたと思いますが、これは子供の頃にほとんどの方は既に経験しています。

 

吸い込まれそうな目を持つ人のスピリチュアル

怖い話は置いておきましょう。

大切な存在となる心の解放は、自らの愛を自らが認知し、相手に心を開くことを許した状態です。

吸い込まれそうな目を持つ人とは、自らの愛を引き出してくれる人であり、「自分を知りたい」と感じさせてくれる人を意味します。

自己認知を促す存在が吸い込まれそうな目を持つ人。

これが顕著になる存在が、赤ちゃんです。

 

赤ちゃんは吸い込まれそうな目を持つ人

自己認知を促す人は真っ黒で宇宙人のような目を持ち、赤ちゃんはそのような目を持つ人が多いです。

赤ちゃんを見ると、「自分」という意識を分解させられるような気持ちになるかもしれません。

分解模様には陰と陽の超越意識があり、良いも悪いもない、「怖いから悪い、嬉しいから良い」というルールもない真っ新な自分になります。

赤ちゃんの目には陰陽に偏る認識がなく、ルールもない状態があり、宇宙の仕組みそのものを反映する心の表れとして、人間の真理を体感させてくれます。

まるで宇宙が写っているように、この世の真理がそこにあるような、「人間とは何なの?」「私って一体何なの?」の答えがあるような目。

自らを真っ新に戻してくれる。認識の偏りも固定観念も、自分ルールで縛った支配も執着も何もかもの手放しを促す目です。

「あぁ懐かしいなぁ」と感じる感覚があり、素の自分に戻るような気持ちになります。

 

運命、使命、魂の繋がりがある人

真っ黒で宇宙人のような目でなくても、形や大きさに関わらずスピリチュアルな意味を持つ人に対して、吸い込まれそうな目だと感じます。

スピリチュアルな意味は三つに分かれます。

吸い込まれそうな目の人
  1. 運命の人
  2. 使命に関わる人
  3. 魂として繋がりが強い人

 

①運命の人はツインソウル

ツインソウル(魂の片割れ)の目を凝視すると自分を垣間見ます。

素の自分、何者でもない自分を相手の目に感じ、体感として自己認知が起きます。

目を見ていると陰陽を超越した懐かしい気持ちになるかもしれません。見とれるような、吸い込まれたいと思える状態があり、自分の愛を認知して心を解放しようとします。

 

②使命に関わる人

使命とは人それぞれで大小の概念は存在しません。

子供の出産が使命、結婚、未婚で過ごす経験、孤独の理解、価値になる、生きる、固定観念を取り払う、自立、カルマ解消…と本当にさまざまです。

使命の全うに重要な人物は、吸い込まれそうな感覚を覚えます。それがツインソウルの人もいます。

 

③魂として繋がりが強い人

グループソウルやソウルメイト、ツインソウルやツインフレームなど、魂として繋がりがあり、特に強い人です。

グループソウルの中でもリーダーの目が該当します。

上述の赤ちゃんもこちらに該当します。赤ちゃん以外でも、自己認知を促す存在であり、人間の真理を垣間見せる精神性の人、魂レベルが高く成長を促してくれる人々です。

「あのぉ、宇宙人ですよね?」と本気で思う人もここに該当します。アフリカとかに結構います。

※目が綺麗な人のスピリチュアルは、【キラキラな目の正体】目が綺麗な人のスピリチュアルは「欲と心」 をどうぞ。

 

目力がある人 スピリチュアル

目力がある人とは?

キラキラや綺麗な目とは違い、目に力強さや迫力を感じる人がいます。

綺麗な目は人に癒しを与え、目力は人間性にある強さを表現します。

目にグッと力が入っているような、威圧的で攻撃的で、興奮的で少し怖い、黒目が大きく、何かを訴えかけるような目。

目が小さくても目力を感じる人はおり、目力がある人には大きな特徴として、強さを表す人間性があります。

 

目力がある人は自分の世界を持ち、相手を引き込む

自分の世界とは自らの意見や価値観や観念を持ち、自らを主観にした自分としての世界の見方です。

人それぞれに得意なことや能力や才能があり、相手を引き込むさまがあり、「大きな自信」が表れます。

自信が過剰になると威圧的、相手の世界に入る気などさらさらないほどに自信があり、押し付ける人もいます。

 

目力がある人は目をずっと見て話してくる

自己世界の自信は自負となり、人と関わる際には自らの世界に誇りを持ち、相手を引き込む意識があるために目をずっと見ます。

相手の目に自らの世界である「自分」を写し出す無意識なさまがあり、気づかぬ内に自らの想念を送ろうとします。意図する人もいます。

自らの誇りを表す想念であるために、相手の心には「ポジティブで情熱的な念」が送られ、目力がある人を魅力的に感じさせます。モテます。

人間の不思議でもありますが、心では疑いを持てないため、想念が心に送られると、「あれ、この人のこと好きなのかな?」とポジティブな感覚に当てはまる答えを探そうとします。答えとして、「私はこの人を好きなんだ」と思い込むことが起きます。

 

不安と恐怖にあらがう場合には目に力をいっぱい入れ込む目力になる

自信の反対に、不安や恐怖を嫌がるあらがいが強い場合には、他者からの影響を受けないように身を護ろうとします。

相手に威圧的な目をして防衛を図り、相手をじーっと見て離しません。

この場合には無意識であるため、気づかぬ内に目を張るように緊張状態を作り、「ちょっと怖いんですが…」という印象を与える目力になります。

 

目力がある人の力とはエネルギー

目力の“力”とは、その人の持つエネルギーの強さを意味します。

目力がある人はエネルギーが強い特徴があり、自信はとても大きくなり、強さにもなりながら、相手を疲労させる影響にもなります。

エネルギーは自己愛でもあり、自分をとても大切にしたい気持ちの強さが表れます。

エネルギーの強さは意識から醸し出され、心に蓄積し、目に写ります。

自己愛が強いために自らの在り方を否定せず、我慢や抑制をせずに解放し続けます。

自分に抵抗を作らず、自らが自らを認めて受け入れることでエネルギーは循環され、抵抗がなければないほどに加速してエネルギーが吸収・分配・供給を繰り返します。

とても力強いエネルギッシュな人となり、行動力があり、やる気があり、欲が強く、なにより自己愛が強いです。

 

目力がある人は吸い込まれそうな熱い目を持つ

自分の世界に引き込むさまには、ポジティブで情熱的な念の送り込みがあります。

刺激をもたらす念となり、目を見つめられることで世界に引き込まれ、熱い情動や興奮や刺激を感じます。

とても魅力的な目だと認識します。

「吸い込まれたい」と自らの心を解放的にする委ねが起き、自ら相手の目に吸い込まれようと向かうことも起きます。

 

吸い込まれそうな怖い目もある

ポジティブな目があればネガティブな目もあります。

恐怖を持つ人の目力は情熱的な目以上に熱いメラメラの目。漆黒の闇の世界に引き込みます。

恐怖である危険や苦痛や拒否や怖さの経験値が高く、恐怖を喜んで受け入れる人です。

人が怖いと思えることを平気でする人でして、危険で怖ければ怖いほどに能力や才能を引き出すように果敢に攻めます。

恐怖を味方にした闇側の人間は、情熱的な人とは比べ物にならないほど強い人間性があり、能力や才能発揮している際、恐怖のある中で果敢に攻める際、人が変わるように目も変わり、絶対的な自信を持った自分の世界を目に写し出します。

得意なことや恐怖体験を話しだすとメラメラの目が剥き出しになり、目を見た人を恐怖で飲み込みます。

恐怖によって吸い込む目となり、吸い込まれるとその人が怖くてしかたなくなります。

薄目でパチパチを増やして話を聞きましょう。

※目力の基となるエネルギーが強い詳細は、エネルギーが強い人とは何者?│関わると癒されも疲れもする仕組み をご覧ください。

エネルギーが強い人とは何者?│関わると癒されも疲れもする仕組みエネルギーが強い人はイイ人?怖い人? 両方。 そんな話がここにあります。 エネルギーが強い人は自意識が高く、エネルギー...

 

吸い込まれそうな目力のある人 まとめ

「あなたは宇宙人ですか?」という奇妙な理解から、「洗脳されてます」という可能性まであり、幅広く意味がもたらされる目。

想念の影響、恐怖による飲み込み、人間の真理体感、スピリチュアルな魂との繋がりがあり、「吸い込まれそう」という体感が生まれます。

心とは魂と繋がる通路であり、魂は心を通じて目、顔へ繋がります。

目の力とは目だけでなく心、そして魂である意識からの繋がりがあり、エネルギーや愛や恐怖という人間としての在り方が関わります。

とんでもなく重要な人であり、とんでもない悪人かもしれません。はたまた悪意のない純粋な情熱人かもしれませんし、純粋な闇の人かもしれません。

闇があればあるほど、光があればあるほど、吸い込む目力となり、人々に影響を与える力が表れます。

そこには類まれな能力や才能があり、自信があり、確たる力強さがあります。

目はあらゆる人間の内側を表します。アイコンタクトはとても多くの情報を行き来させる重要な気管です。

相手を見る時、一体何を見ていますか?

何をキャッチし、何を送っていますか?

無自覚でも常にさまざまなことをしているのが私達人間です。

吸い込まれそうな目の人がいれば言ってやりましょう。
「あのぉ、宇宙人ですよね?」

「ばぶばぶー」と喜ぶことでしょう。

人を知り、ご自身を知り、目を知り、眼を開く。目の大切さを知っていただく内容となれば幸いです。

それでは、吸い込まれそうな目と、目力がある人のスピリチュアルなお話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です