方法

他人に興味がないと言われるのは気付きの機会|人の見方が違う心の在り方

「ねぇねぇ、人に興味ないでしょ」

人に興味がないと言われる場合、この興味には、“フォーカス”としての捉え方があります。

同時に、内面から醸し出されるアイデンティティがあります。

私は昔から“人に興味ない”と見られ、“近づくなオーラの召喚者”として生きてきました。

ある日、人のことを知ることで、他人に興味がないと言われがちな人には特徴があり、心理と心の在り方としての理解がありました。

深くはありません。しかし、外側と内側の解釈があることで、人間の理解に繋がります。

見ていきましょう。どうして他人に興味がないと思われるのか?言われるのか?

そこにはさまざまな意味が潜み、自分の人生が始まる合図が切られます。少しスピリチュアルな理解も含めて、ご覧ください。

他人に興味がないと言われる理由

初めに、他人に興味がない人と、他人に興味がないと言われる人の違いを見ていきたいと思います。

他人に興味がない人とは

他人に興味がない人とは、自分に興味があり、自分の喜びにフォーカスする人です。

集中力があり、“自分のためになるかどうか”の物事の見方をして、考え方や生き方を作ります。

興味がないのは“自分のためにならない人”に対してのもので、興味があるかないかがはっきりしています。

そのため、他人に興味がない人は自分を理解していて、自分の好き嫌いが明確です。興味のない人には感情移入も敬いもなく、人と物への区分けや差別化がないので、人と鼻をかんだティッシュは同じように見えます。

その反面、自分に喜びがある事や物や人へはとても興味があり、むしろ興味が強いほどで、敬いを持ちます。極端です。

集中力が高く、自分の喜びとなることに熱中して熱狂します。それは何よりも自分を敬い大切にする生き方でして、自分という存在を明確に世界の中心にして物事を認識します。

 

他人に興味のある人はあまりいない

「他人に興味がない」と聞くと、ネガティブな印象があるかもしれませんが、他人に興味がある人は、本当に“興味”なのかどうか怪しいところです。

興味とは“関心からポジティブな情動によって惹かれる気持ち”によって持ちます。興味の意味はこちらをご覧ください。

興味とは : 積極的な情動によって誘発される気持ち、状況的興味と個人的興味を持つ
※喜び、好きなどの気持ちを感じ、惹かれること
※好奇心、動機付けとの関連があり、状況的興味の継続によって内向的認識による自分の喜びを深める個人的興味になる

他人に興味がある人は、他人という存在や、他人との関わりに自分の喜びや惹かれるものがあります。

しかし、他人との関わりを自分の利益のために利用する場合、他人に興味がある訳ではありません。

 

なんのために他人に興味があるのか?

電車に乗った際に他人に興味があっても、全員に話しかけるようなことはしません。

しかし、会社の隣の席の人には話かけます。

「この違いはなんでしょうか?」

私が会社員の時、会社にいる際は、自分の階の部署へ行くまでに会う人全員に挨拶をしていました。帰りもです。

しかし、挨拶を返してくれるのは同じ部署や同じ階の人の一部でした。

みなさん自分のために挨拶をしているので、自分に利益としての関わりがある人に限定されます。

会社であれば、仕事をする上で関わる人と気まずい関係にならないため、上司から評価を下げられないためなどの自分の利益への目的があり、挨拶をします。

私は数か月間続けましたが、挨拶を返してくれないので、全員には挨拶をしなくなりました。

挨拶をすることにそんな意味があるとは考えもしていませんでしたが、この件で私はある気付きがありました。

それは、“返答してほしい”という自分の押し付けで、自分が喜ぶために一人でも多くの人に挨拶をするという、“自分のための挨拶”をしていたことです。

要は、自分のことしか考えていないということです。挨拶をしようがしなかろうが、私も他部署の人も自分の利益のみにフォーカスをしています。

もし私が、挨拶の返答がなくても何も思わず、みんなが心地良くいられる雰囲気作りのために挨拶を続けていれば、他人に興味がある人だったと思います。

ですが自覚と事実共々、私は他人に興味が一切ない人でした。

人とは他人に興味がないものです。ですが、自分に利益があるから他人に興味があります。

利益には人それぞれの喜びや満足や納得があり、全ては“自分のため”に繋がります。

他人に興味がない人は、自分のためという認識が明確で躊躇がない

最高に潔いのが、他人に興味がない人です。

 

他人に興味がないと言われる人の特徴

他人に興味がない人と少し違うのが、“他人に興味がないと言われて気になる人”です。

他人に興味がない人は自分のための認識があるので、他人に、「人に興味ないでしょ」と言われても、「うん、ないですね」で終わります。

「今日は晴れているね」「うん、そうだね」と同じです。

しかし、他人に興味がないと自覚していないと気になります。それは、他人に興味がないと言われたくないからです。

別の言い方をすると、他人からの評価が気になっているということです。

そんな、他人に興味がないと言われる人の特徴がありますので、見ていきましょう。

 

1、考え事をしていることが多い

頭の中が整理されていないために、思考を巡ることが頻繁にあります。

考え事で新しいアイデアや創造をしているのではなく、「なんで人って他人に興味あるんだろう?」「なんで生きてんだろ?」「人の目の奥には部屋があるのかな?」「脳の真ん中の松果体はあの世へ続くのか?」などの疑問を増やす作業です。

その時の自分を観察すると、答えを出そうとはしていません。思考を巡り、疑問を増やしたり、考えている状態を維持しようとします。

 

2、ぼけーっとすることが多い

ふとした時にたそがれるような状態になります。他人に見せるつもりはないのですが、見られたりします。

そして、もし見られて注目されると、人に見てもらおうと意識的にぼけーっとします。

見られたくないけど、本当は見られたい自分が出てきます。

 

3、何を考えているかわからないように見られる

「あの人は何を考えているのかしら?」と思われがちです。ミステリアスでもあり、おかしな人でもあり、人それぞれに良くも悪くも解釈する在り方をします。

それは、どこにフォーカスをしているのかがわかりにくいためです。言い方を変えるとマイペースなのですが、見られていることに気付かずとも結構見られています。

なぜならば、目立つからです。

 

4、なぜか目立つ

行動が理解しにくく、何にフォーカスをしているかわからないために、他人は気になります。

「自分を持っているようなで持っていない、でも持っているかもしれず妖精的、本当は宇宙人なんじゃないか?!」という勝手な噂が広まります、自分の知らないところで。

全員ではありませんが、スピリチュアルなエンパス気質があり、自分のエネルギーフィールドが無意識に広がっていて、他人の気持ちや感情や意図がわかったりします。これはサイコパス気質でもあります。

すると、勝手に好かれたり嫌われたりして、「はい?何が起きているの?!」となり、「何を勝手にやってんのこの人達は?」という嫌悪を持つかもしれません。

 

5、勝手に話を進めたり、決め付ける人が嫌い

これは干渉をする人ということができます。

干渉をして、自分の世界に介入してくる人を毛嫌いします。それは、自分がない人を嫌うことと同じで、自分の意見がなかったり、人の真似をしている人に好感がなく、「なんなの、よくわかんない」と呆れる感覚や、嫌悪があります。

 

6、人を利用する人が嫌い

実際、他人に興味がありません。

本当は興味どころではなく、嫌いです。

しかし、嫌いな人と好きな人が明確に分かれています。人を利用する干渉や同情、人の文句や否定、愚痴や泣き言、評価や非難をする人が嫌いです。

その反面、人を想い、嘘をつかず、思いやりのある人や、見えないところで頑張っている人や、トイレ掃除している人とかが好きです。

他人の評価を求めず、一生懸命で、自慢もせずにやるべきことをせっせとしている人への好感が人一倍あります。

 

7、本当は人が好き

実は他人に興味深々です。他人の意見を聞くのが好きで、講演にはまったりします。

本当は人が好きですが、周囲にいる人にそのように思える人が少ないと、自分がわからなくなります。

人一倍、人のことや自分のことを考え、理解を深めようとする人間性があり、人との接し合いに軽々しさがありません。

しかし、自分が定まらない違和感や空虚感がある場合、他人を考える余裕がなく、「自分のことを考えたい、でも他人のことも知りたい」という状態で思考がオーバーヒート、ぼけーっとしたり、一人でいることが多くなります。

 

8、はっきりしない

自分がわからない状態かもしれません。すると、「人に興味がない」と言われても、「そうかもしれないけど、違うような、はぁ、そうかな?」という曖昧な返答となり、相手は決定付けて自分が納得したいので、「やっぱりそうだ、興味ないんだ」と決め付けます。

本当は、「あなたのような人に興味がない、でも自分を敬って喜びを尊重する一生懸命な人は大好き」と思っているのではないでしょうか。

 

9、人を恐れ、人を疑わざるを得ない経験をしている

他人に興味がないと言われる人は、人の見方が真剣で、自分の意見を持ちます。

しかし、自分の意見を持つべきか考えさせられる、または悩まさせられる経験があり、虐待や毒親、両親の喧嘩が絶えない環境、荒れて問題のある家庭環境などにて、人についてを真剣に考えさせる記憶があります。

そのため、人への恐れや、不信を抱き、人の見方が希薄にはできません。哲学や心理への興味へ繋がる傾向があり、人の内側や真意、物事一つ一つの表面ではなく中身を知ろうとします。

すると、何も考えていない人や、他人を利用しようとする人への嫌悪が強まり、違和感を感じる人に対しての“興味がない本心”が顔や雰囲気として醸し出されます。

以上が、他人に興味がないと言われる人の特徴です。

※他人に興味がない人の特徴と真意の話は、他人に興味がないのは普通のこと|特徴から見える真意は冷たく優しい をご覧ください。

他人に興味がないのは普通のこと|特徴から見える真意は冷たく優しい他人に興味がない人は自分に興味があります。 興味の意味には、動機付けや、好奇心、本能の行動が含まれ、喜びや幸せを求めるポジティブで...

 

他人に興味がない人のスピリチュアルな理解

心理や思想としての他人に興味がない人と同時に、スピリチュアルな魂としての理解があります。

その際、“他人に興味がないのは当たり前”ということになりますので、ここで不思議な世界でブレイクタイムです。

他人に興味がない スピリチュアルな意味

これまでの内容から、「他人に興味がないから何か?」という認識が少しなりとも生まれるのではないかと思います。

他人に興味があるのは“自分の喜び”という明確な目的を持った上で、人々は関わります。

そこに、猜疑心も疑心感も不要でして、自分のために生きていなければ今呼吸をしないことと同じで、ごはんを食べるのは自分のためで、自分が生きるために他の命を奪い取ることを毎日何度も繰り返しています。

スピリチュアルに他人に興味がない人を考えると、そんな人は存在しなくなり、同時に、他人に興味がある人は、「変人ですか?」ということになります。

 

他人に興味ない人はいないワンネス認知

魂としての概念になると、私達は全員が繋がっているという“ワンネス”への認知があります。

これは、心の認知によって体感するものでして、全ては一つの意識から派生して、一人一人が“個”として存在する認識です。

すると、元を辿ると一つに繋がっているので、他人も何もないという、ちょっと大きな宇宙の話でして、映画の“Lucy”にあった、最後のシーンの状態です。

うる覚えですが、主人公の女性が時間も空間も次元も自由に行き来して、最後は消えて宇宙(全て)になるという、そんな感じの私の勝手な解釈です。

そこまで行かずとも、私達人間には肉体があり脳があると同時に、心があることで波動や気持ちを感受して感じ取ります。

心を主体にすることで、自分の喜びを主体にする生き方となり、それを歯止めしようとする常識やルール、固定観念となる他人の目・体裁・評価・反応に気をつかうエゴがなくなります。

自分に興味があるのが当たり前の自然な理解となり、そこから、自分の喜びのために他人と関わることで、共感や共有や調和があり、敬いの愛を持つことで、自分も相手も喜びを分かち合う関係性が生まれます。
※ワンネスでは他人も自分もなくなるので、他人に興味がないとかの話ではなくなる。

 

エゴの強い人とは関わらなくなる

自分の喜びを主体にすることで、自分を苦しめたり辛くさせることは確実にしなくなります。

それは、自分の喜びとは正反対の行為ですので、我慢や忍耐をすることはなく、嫌々世間体や他人の評価のために人と関わることはなく、あくまで自分の喜びが中心点です。

そこに根っこを生やして軸を持ち、他人に興味があるかどうかは自分で決める状態を作ります。

その際に関わって、心地悪くて喜びがない人は、人のエネルギーを奪い取ったり、時間を取り、無駄話や承認欲求のために他人を利用して、褒めて欲しいための自慢や自己満足をしようとします。

ズバッと切り裂く、というのは冗談ですが、そのようなエゴの塊のような人と関わるボランティアは必要ありません。お金をもらってでもしない方がいいです。

心を主体にして自分を敬う気持ちがあることで、関わる他人を明確に決める意志が伴い、興味がある人とない人が分かれます。

 

興味がある人がいなければ一切人と関わらないのも普通

関わる人かどうかを自分のためかどうかで選択します。

その行為は自分勝手にはなりません。なぜならば、人は自分のために生きているので、自己犠牲を美徳とする人は今の時代には不自然です。

そして、心を主体にすることで自分を敬う気持ちが生まれるので、他を排他したり攻撃するエゴではありません。

他に干渉をせず、他人を利用せず、あくまで自分で喜びを作り、自分で選択をしていきます。

その際に、周囲に興味の持てる人がいなければ、一切関わらない選択も出てきます。

我慢や見栄や恐怖の対処のために嫌々人と関わることに喜びがあれば、興味のない人とも関わります。

しかし、心を主体にする生き方に、喜びと正反対へ向かうことが喜びになる不思議な認識はありません。

そこで、視野を広げることで関わる対象が見えてきます。

動物や自然の存在、または子供や障害を持つ人々です。

 

動物や自然や子供や障害を持つ人々に興味が湧く

心を主体にすると、感性や感覚を主体にして“今を生きる”生き方になります。それは同時に、思考を巡り、脳を主体にする認識が薄れることで、過去や未来に生きることが減ります。

それが、愛を基にする生き方となり、ワンネスの認知が伴う状態です。

すると、動物や自然、子供や障害を持つ人々に興味を持つようになるかもしれません。

理由は、それらの存在が愛だからです。

人と関わらなければならないルールはありません。自分の喜びを求め、自分を敬う生き方をすると、動物や自然と関わる際にはエゴがないために、愛の認知による“心地良さ”があります。

大自然の中で開放的になるのは、ありのままの自分が蘇るからかもしれません。

そして、子供や障害のある人々は愛を主体にして生きているために、関わると心地良さが凄まじくあり、無用な抑制や縛り、常識や観念への囚われとはおさらばです。

私の理解ですが、ダウン症や知的障害の人、自閉症の人などは、愛の認知が強く、歯を剥き出して本気で笑い、本気で楽しみ、本気で喜び合うことができます。

そこには、本当の人間らしさがあり、本気で生きる真剣な姿があり、尊敬と学びがたくさんあり、教えてもらうことで溢れます。

スピリチュアルとは名ばかりですが、ここでは“心”というものにフォーカスをすることでの理解と認識として、“人へのこだわり”、“生き物への隔たりや差”、“思考による抑制や縛り”をひも解く理解となることを願い、あらゆる“他”の存在があることをお伝えしました。

ぜひ、動物や自然、子供や障害のある人々、またはそこで関わっている人と接してみてください。

素敵な人だらけで、興味を持つと思いますよ。

 

他人に興味がないと言われる捉え方

他人に興味がないことは良いことでも悪いことでもありません。

しかし、人を評価や判断する意図を持って、「人に興味がない人」と言ってくる場合には、言われた言葉ではなく、言ってきた人を理解することが大切だと思います。

どんな人と関わるかは自分次第ですので、心地良く、お互いのためとなり、敬い合いながら関われる関係性を築けるとお互いのためになります。

 

他人に興味がないのは普通

他人に興味がないとしても、それはおかしなことでも正しいことでもありません。というかどちらでもいいことでして、どうでもいいことでもあります。

もし、人に興味がないと言われて気になる場合には、他人からの評価が気になっています。

それは、自分が否定されることや、排他されることを恐れている意味です。

その際には、「自分とはどういう人なのか?」を明確にすることが大切で、根っこを探す、軸を探す、自分を持つ、自分の意見を持つ、自尊を抱くことが大切です。

それら全てに共通しているのは、“自分を愛する”ことです。
愛という言葉が嫌であれば、自分を敬い大切にすることと捉えてください。

他人に興味がないのは普通のことです。興味を持てる人がいれば、必ず他人に興味が出ますので、まずは自分に興味を持つことが大優先で、良い感じに人生が進みます。

 

人でも何でも、自分に喜びのあるものを自覚する機会

他人に興味がないと言われて気になる場合、それは合図でもあります。

その言葉に引っ掛かりがあることは、自分の中で解消をしたいことがある意味でして、「自分の喜びとは何か?」というところから始まる自覚の機会になります。

何に興味があるのかは人それぞれです。人に興味がなくても、女性だけ好きだったり、男性だけ好きだったりかもしれません。性別は関係ないかもしれません。

そして、動物や自然が自分の関わる対象かもしれず、虫や菌かもしれません。

いろいろな世界がこの世にはありますので、何に興味を持つかは人それぞれで、人に興味がなければ、それ以外にも同じように大切な生物はたくさんいます。

ちょうどスタートを切る機会ではないでしょうか。

※他人に興味がない人の良い感じの生き方は、他人に興味がないと生きやすくなる|サイコパスでもいいじゃないという話 をご覧ください。

他人に興味がないと生きやすくなる|サイコパスでもいいじゃないという話他人に興味がなければいけないルールなどはありません。 他人に興味がない人の特徴の一つにサイコパス気質の可能性がありますが、「人に興...

 

他人に興味がないと言われる まとめ

以上が、他人に興味がないと言われる理由と意味の紐解きでした。

他人に興味があってもなくてもどちらでもいいですね。大事なのは、自分の喜びを敬う在り方で、その基盤となる自分を持つことです。

言われて気になる場合には、言われたことを機会に、自分を知り、喜びを知り、興味を知り、人を知り、相手を知る時間にすると良いと思いますよ。

「人とは一体?」なんてことを考える必要はありません。自分が喜ぶことや嬉しいこと、楽しいことを探すことから、自分の根っこ探しは進んでいき、世の中の認識を作る自分の世界が広がっていきます。

その際に心の認知を広げることで、思考による縛りがなくなっていくので、無限のように世の中の見方、人との関わり方が変わっていきます。

私はとにかく人に興味がありませんでした。しかし、自分を知った時、人に興味だらけであることを知り、過去を思い出すと、よく講演を聞いたり、人の話ではなく意見を聞くのが好きだったことを思い出しました。

人に興味がないわけではなく、興味がない人ばかりにフォーカスをして、世の中を狭めているのは自分自身であることに気付いた時、興味のある人や、自分の喜びとは何かの答えがポンポン出てきて、自分の好きな人や興味のある人が明確にわかりました。

それは、愛を持つ人でした。

そして、今の私は人と関わることはほとんどなくなりました。関わるのは虫か子供か自然です。

まるでおじいちゃんになりましたが、物事には流れやタイミングもあります。私自身この先、また人と関わる時が来ることを知っているので、そのための中休みでもあります。

今、人と関わりたければ、興味を持てる人と接しましょう。今、虫の気分なのか、猫の気持ちか、花の時期か、海の波か、仕事をするのか、旅をするのか。

この世は最高に楽しく、喜びに溢れた世界です。人でも何でも興味があれば関わり、なければ関わらない。それは何より自分を敬い愛する幸せではないでしょうか。

それでは、他人に興味がないことへの理解が広がることを願いながら、人に興味がないと言われる話を終了します。

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

霊感・霊視・透視のちからであなたの心の霧を晴らします

【有名鑑定師に24時間いつでもどこでも相談可能】

恋愛・不倫・復縁・仕事・人間関係、現代では多くの煩雑とした悩みが私達を取り囲みます。

その悩みや不安を、電話占いで解決しませんか?

電話占いウィルではメディア出演多数の実力派鑑定師が多数在籍中。

なかには、霊感・霊視などスピリチュアルな方法で鑑定する占い師も。

初回鑑定3,000円無料・初回優先鑑定など、嬉しい特典がたくさんあります。

困難な問題への解決法、運命の切り開き方を知りたい方は、一度鑑定を受けてみてはいかがでしょうか?

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です