方法

他人に興味がないと言われるのは気づきの機会|人の見方が違う心の在り方

「ねぇねぇ、人に興味ないでしょ」

人に興味がないと言われる場合、[興味=フォーカス、アイデンティティ]の捉え方があります。

興味がないことは最高の自尊ですが、「興味がない」と言われることに大切な意味があります。

ここでは、他人に興味がないと言われる有効活用をしていきたいと思います。

  • どうして他人に興味がないと言われるのか?
  • 他人に興味がない人の特徴とは?
  • 他人に興味がない人の意識とは?
  • 他人に興味がないと言われた時の気づきとは?

人に興味がないと思われ、見える印象には、たくさんの気づきがあり、人を知る機会が潜みます。

興味はなくていいと思いますが、せっかく言われたのであれば、気づきの機会となれば幸いです。

他人に興味がないと言われる理由

他人に興味がない人は自他の区分けがはっきり

他人に興味がない人は自分に興味があり、自分の喜びにフォーカスする人です。

集中力があり、“自分のためになるかどうか”の物事の見方をして、価値観や観念を作ります。

前提として、誰しもに興味がないわけではありません。

興味がないのは自分のためにならない人に対して。興味のあるなしがはっきりしています。

自分を理解して好き嫌いが明確。興味のない人には感情移入も敬いもなく、人と物への区分けや差別化がなく、人と鼻をかんだティッシュは同じだったりします。

自分に喜びがある事や物や人へはとても興味があり、敬いを持ち興味が強いほど。極端です。

自分という存在を明確に世界の中心にして物事を認識するのが、他人に興味がない人です。

 

他人に興味のある人はあまりいない

「他人に興味がない」と聞くとネガティブな印象があるかもしれませんが、他人に興味がある人は、本当に興味なのかどうか怪しいところです。

興味とは、関心からポジティブな情動によって惹かれる気持ちにて抱きます。

興味とは、
積極的な情動によって誘発される気持ち、状況的興味と個人的興味がある

  • 喜び、好きなどの気持ちを感じ、惹かれること
  • 好奇心、動機付けとの関連がある
  • 状況的興味の継続によって、自分の喜びを深める個人的興味になる

他人に興味がある人は、他人という存在や、他人との関わりに自分の喜びや惹かれるものがあります。

しかし、他人との関わりを自分の利益のために利用する場合、他人に興味がある訳ではありません。

 

なんのために他人に興味があるのか?

電車に乗った際に他人に興味があっても、全員に話しかけたりはしません。

しかし、会社の隣の席の人には話しかけます。

この違いはなんでしょうか?

私が会社員の時、ビルにいる際は部署へ行くまでに会う人全員に挨拶をしていました。

挨拶を返してくれるのは同じ部署や同じ階の人の一部でした。

私も含めて誰しも自分のために挨拶をしているので、自分に利益としての関わりがある人に限定されます。

人とは他人に興味がないものです。自分に利益がある場合、他人に興味を抱きます。

利益には人それぞれの喜びや満足や納得があり、全ては自分のために繋がります。

他人に興味がない人は、「自分のため」という認識が明確で躊躇がありません。

最高に潔いのが、他人に興味がない人です。

※人の気持ちがわからないと言われる際の理解は、人の気持ちがわからないのは当たり前│でも言われたからには意味がある をご覧ください。

 

他人に興味がないと言われて気になる人の特徴

他人に興味がない人と少し違うのが、他人に興味がないと言われて気になる人です。

他人に興味がない人は自分のための認識があるので、「人に興味ないでしょ」と言われても、「うん、ないですね」で終わり。

「今日は晴れているね」
「うん、そうだね」と同じです。

しかし、他人に興味がないと自覚していない場合、気になります。他人に興味がないと言われたくないからです。

他人からの評価が気になっていると考えられます。

そんな、他人に興味がないと言われる人の特徴があります。

 

1、考え事ことが多い

頭の中が整理されていないために、思考巡りが頻繁にあります。

答えを出そうとはしない思考巡りとなり、疑問を増やしたり、考えている状態を維持しようとします。

 

2、ぼけーっとすることが多い

ふとした時にたそがれる状態になります。他人に見せるつもりはないのですが、見られたりします。

もし見られて注目されると、人に見てもらおうと意識的にぼけーっとすることもあります。

見られたくないけど、本当は見られたい自分が出てきます。

 

3、何を考えているかわからないように見られる

「あの人は何を考えているのかしら?」と思われがちです。

ミステリアスでもあり、おかしな人でもあり、人それぞれに良くも悪くも解釈する在り方をします。

 

4、なぜか目立つ

行動が理解しにくく、何にフォーカスをしているかわからないために、他人は気になります。

「自分があるようでないようで、あるかもしれず妖精的、本当は宇宙人なんじゃないか?!」という勝手な噂が広まります。

全員ではありませんが、他人の気持ちや感情や意図がわかったりします。エンパスやHSPやサイコパス気質とも考えられます。

勝手に好かれも嫌われもします。

「何が起きているの?!」となり、「何を勝手にやってんのこの人達は?」という嫌悪を持つ場合は、自己認知を高めたい心理の表れ(自意識が高いのに抑えている状態)です。

 

5、勝手に話を進めたり、決め付ける人が嫌い

干渉する人が苦手な特徴です。

自分がない人を嫌い、意見がなかったり、人の真似をしている人に好感がなく、「なんなの、よくわかんない」と呆れる感覚や、嫌悪があります。

 

6、人を利用する人が嫌い

嫌いな人と好きな人が明確に分かれています。

人を利用する干渉や同情、文句や否定、愚痴や泣き言、評価や非難をする人が嫌い。

人を想い、嘘をつかず、思いやりのある人や、見えないところで頑張っている人や、トイレ掃除している人とかが好き。

他人の評価を求めず、一生懸命で、自慢もせずにやるべきことをせっせとしている人への好感が人一倍あります。

 

7、本当は人が好き

実は他人に興味深々です。他人の意見を聞くのが好きで、講演にはまったりします。

本当は人が好きですが、周囲にいる人にそのように思える人が少ないと、自分がわからなくなります。

人一倍、人や自分のことを考え、理解を深めようとする人間性があり、人との接し合いに軽々しさがありません。

 

8、はっきりしない

自分がわからない状態かもしれません。

「人に興味がない」と言われても、「そうかもしれないけど違うような、はぁ、そうかな?」という曖昧な返答となり、相手は決定付けて自分が納得したいので、「やっぱりそうだ、興味ないんだ」と決め付けます。

本当は、「あなたのような人に興味がない、でも自分を敬って喜びを尊重する一生懸命な人は大好き」と思っているのかもしれません。

 

9、人を恐れ、人を疑わざるを得ない経験をしている

人の見方が真剣で誠実、自分の意見を持ちます。

自分の意見を持つべきか考えさせられる、または悩まさせられる記憶があり、虐待や毒親、両親の喧嘩が絶えない生活、荒れて問題のある家庭環境などを経験しています。

人への恐れや不信を抱き、人の見方を希薄にはできません。

哲学や心理への興味へ繋がる傾向があり、人の内側や真意、物事一つ一つの表面ではなく中身を知ろうとします。

以上が、他人に興味がないと言われる人の特徴です。

※他人に興味がない人の特徴と真意の話は、【日本の優しさ】他人に興味がない人が優しいと思われる仕組み をご覧ください。

 

他人に興味がないと言われる気づき

他人に興味がないと言われる人の意識とは?

「自分の喜び」という明確な目的を持った上で人々は関わります。

「自分が喜べるから人との関わりで相手の喜びを尊重する」とも言えますし、「人間は基本的に自分にしか興味がない」とも言えるものです。

自分のために生きていなければ今呼吸をしないことと同じで、ごはんを食べるのは自分のためで、自分が生きるために他の命を奪い取ることを毎日何度も繰り返しています。

「自分のため」という認識は誰しもの基盤にあり、その上で関わるか否かを決めて人間関係を作るのが私達人間です。

そんな理解には、「他人に興味がないからどうしたの?」という認識にある、自分の真意の在り方が判明します。

 

他人に興味がないと言われる人は心を主体にする

私達には肉体と脳があると同時に、心があります。

心とは自尊心であり感性と情緒を生み出す基盤。波動や気持ちを感受して気持ちを認識する気管でもあります。見えませんけどね。

他人に興味がない人は自他の区分けがはっきりし、自らの価値観や観念は感性を主体に構築します。

感性とは他のルールや常識や情報ではなく、自らの五感、思考、知覚にて認識した自分にとっての自分が作った自分のみの材料でして、価値観や観念などの自分ルールを作る基盤です。

感性があることで、「この風は肉まんに包まれたみたいで気持ちいいね」と自分にとっての認識をします。

「風は風、風速5mだから肌感覚が体感15℃の気分、それはすなわちスーパー銭湯の水風呂のことだよ」とか言いません。

心を主体にすることで自分の喜びを主体にする生き方となり、それを歯止めしようとする他の常識やルール、固定観念となる他人の目・体裁・評価・反応に気を使うエゴが少ない傾向があります。

あくまで自分の喜びが中心点。

関わっても心地悪くて喜びがない人は、人のエネルギーを奪い取り、時間を取り、無駄話や承認欲求のために人を利用し、褒めて欲しいための自慢や自己満足をしようとします。

ズバッと切り裂いてやる、というのは冗談ですが、エゴの塊のような人と関わるボランティアは必要ありません。お金をもらってでもしない方がいいです。

心を主体にして自分を敬う気持ちがあることで、関わる他人を明確に決める意思が伴い、興味がある人とない人が分かれます。

他人に興味がない人の意識には自他の区分けによる自意識の高さがあり、心を主体にすることで自らを尊重する自尊基盤があります。

こういう方が他者との関わりも、孤独の大切さも共に知れる存在です。

※恋愛に興味がない件は、恋愛に興味がなくなった時に切り替わる世界│人生が始まるスピリチュアルな話 をご覧ください。

 

他人に興味がないと言われた時の気づき

他人に興味がないことに良いも悪いもありません。

大衆的で統一意識を持ちたい種族の人々は、「集団依存をせずに個を持つ存在」を毛嫌いする傾向があります。

人を評価・判断する意図を持ち、「他人に興味がない人だ」と言われる場合には、言われた言葉ではなく、言ってきた人を理解することが大切です。

どんな人と関わるかは自分次第ですので、心地良くお互いのためとなり、敬い合う関係性を築けるとお互いのためになります。

 

言われて気になる場合には自己理解を深める機会

他人に興味がないとしても、おかしくも正しくもありません。

どちらでもいいことでして、どうでもいいことでもあります。

他人に興味がないと言われて気になる場合には、他人からの評価が気になっている可能性がありますので、言われたことではなく自分自身の理解を深める機会になります。

気になるさまには、否定や排他を恐れている心理が考えられます。

「自分に興味が薄れているよ」と自らが自らに教えてくれています。

自分を明確にする機会となり、軸を持つ、自分の意見を持つ、感性を持つ、自尊を抱くことが大切です。

全てに共通しているのは、自分を大切に敬い、他人に興味がない自分を認めることです。

他人に興味がないのは普通です。興味を持てる人がいれば興味が出ますので、言われて気になる場合には自分に興味を持つことを意識してみると、自分のための気づきの機会となります。

※他人に興味がない原因と心理は、他人に興味が持てないのはなぜ?心理を探るとわかるのは改善不要 をどうぞ。

 

人でも何でも、自分に喜びのあるものを自覚する機会

他人に興味がないと言われて気になる場合、合図の意味があります。

言葉に引っ掛かりがあることは、自分の中で解消したい何かがある意味でして、「自分の喜びとは何か?」というところから始まる自覚の機会になります。

何に興味があるのかは人それぞれです。人に興味がなくても、女性だけ好きだったり、男性だけ好きだったりかもしれません。性別は関係ないかもしれません。

動物や自然が関わる対象かもしれず、虫や菌かもしれません。

いろいろな世界がこの世にはありますので、人に興味がなくても大切な生物はたくさんいます。

「何が自分にとっての喜びなのか?」を知るスタートです。

※他人に興味がない人の生き方については、他人に興味がないと生きやすくなる|サイコパスでもいいじゃないという話 をご覧ください。

他人に興味がないと生きやすくなる|サイコパスでもいいじゃないという話他人に興味がなければいけないルールなどはありません。 他人に興味がない人の特徴の一つにサイコパス気質の可能性がありますが、「人に興...

 

他人に興味がないと言われる まとめ

以上が、他人に興味がないと言われる理由と意味の紐解きでした。

他人に興味があってもなくてもどちらでもいいと思います。大事なのは、自分の喜びを敬う在り方を今一度明確にすることです。

私はとにかく人に興味がありませんでした。しかし自分を知った時、人に興味があると知り、過去を思い出すとよく講演を聞いたり、人の意見を聞くのが好きだったことを思い出しました。

人に興味がないわけではなく、興味がない人ばかりにフォーカスをして、世の中を狭めているのは自分自身であると気づいた時、興味のある人や自分の喜びとは何かの答えがポンポン出てきます。

好きな人や興味のある人は、心を主体にする人だと思います。

人と関わる際は興味を持てる人と接すると良いと思います。虫の気分なのか、猫の気持ちか、花の時期か、海の波か、仕事をするのか、旅をするのか。

この世は最高に楽しく喜びに溢れた世界。人でも何でも興味があれば関わり、なければ関わらない。それは何より自分を敬い愛する幸せです。

ぜひ他人に興味がないと言われることを機会と合図にされ、自己理解を深めてより喜びのある生き方を引き延ばしていきましょう。

他人に興味がない真意を知っていただく一助となれば幸い。

他人に興味がない、それは自分に興味を持って人生を謳歌する選択。そんなお話です。

それでは、他人に興味がないと言われる気づきを終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

自己理解を深めて悩みを解決する個別相談。心理セラピストとのセッション。心理セラピストになる養成。
やる気を見出し、悩みを解決し、使命を得る機会があります。
現状打破と今後の飛躍。人生を変える選択の一つにされてください。

※あらゆる知恵の詳細。無料プレゼントのお受け取りはこちらからどうぞ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です