スピリチュアル

スピリチュアル的な仕事の意味│命がけの暇つぶしは良いこと尽くし

仕事最高かよ、楽しい、会社を家にしたい。
仕事つまらない、辛い、会社行きたくない。

賛否両論です。

仕事って何なんでしょう。

お金稼ぎ?常識の従順性?奴隷制度?精神安定?修行?見栄の上塗り?

遊びでしょ。という話をここではお伝えします。

仕事するかしないかは個人の自由であり選択です。その根底があることから、仕事の意味には自分を見つめる理解や機会が含まれ、スピリチュアルな理解を含めると全貌がわかりやすくなります。

仕事とは何かを知ると、自分の内側を見る意識が見えてきますので、仕事の意味を自分の内面から捉えるスピリチュアルな理解をご覧ください。

仕事とは

初めに、仕事とは何なのかをご覧ください。

仕事とは何?

仕事の定義付けは、”職業や業務としてすること”です。

言い方を私なりにすると”暇つぶし”という具合になります。

家で煎餅食べながらテレビ観るのと、会社に行ってパソコン数台の前に座っているのは同じです。
公園の芝生の上で裸足で瞑想しているのと、スーツ着てお客さんと対応して部下と業績の話をしているのは同じです。

仕事、それは“自分にとっての時間の使い方”です。

そこに定義付けをして、職業や業務としてする場合に何が変わるのか?

“目的を持って時間を使うこと”となります。

そのため、仕事とは目的のために人生の時間を費やす行動動機となり、自分の時間を費やしたいと思う何かしらの行動意欲があります。

そんな意欲や動機がなければ、仕事することなんてありません。

言い方を変えると、目的なく仕事をしていたら、仕事の意味がなくなっちゃいます。

意味なく行動することは私達人間にはかなり困難です。脳を取り外せばできるかもしれませんが、「お金は支払わないけど、この電柱一本を一年間かけてペンキで白くして」と言われれば、「嫌だ」と言います。

ですが、「給与1000万円ね」と言われればお金をもらうことが目的となり、人によってはペンキぬりぬり年になります。

 

仕事とは他者への影響

上述の内容から、目的がなければ煎餅食べていることと仕事は全く同じで、「お金のため」など何でもいいのですが自分にとっての目的があれば仕事になることがわかります。

しかし、煎餅を食べてテレビを観ることに目的があったらどうなるでしょうか?

「私はテレビを観る時にカステラじゃなくて、煎餅があると本当に幸せなの」と言う人ならば、そこには明確に目的があります。

目的とは自分にとっての喜びであり利益へと繋がることで、自分を喜ばす意識があるからこそ目的を持つことができます。

「煎餅バリバリして喜びを求めてます。で、これは仕事ですか?」という話がここでの本題で、仕事の意味を教えてくれます。

答えは、仕事ではありません。

しかし、それを動画配信したらどうなるか。煎餅食べてテレビ観ることの意味を人に伝えて、コラムやエッセイにしたり、はたまた映画のワンシーンのアイデアとなったり、絵画の描写モデルになったり、煎餅屋さんの新企画案になったりしたらどうなるか。

仕事です。

誰かの役に立つなど、価値を認められる影響を他者に与えることでどんなことでも仕事になります。

仕事とは : 目的を持って他者に影響を与えるためにすること
※自分の価値を他者に提供することを目的にする

煎餅をただ食べるのでは仕事になりません。

人がいるならば煎餅で人に影響を与えるために食べます。煎餅のカスが口からピーンと跳ね飛び、ボロとほてり落ちる具合も影響を与える力を持ちます。

それが、”価値”になります。

わかりやすいのは、「この人美味しそうに煎餅食べるな、私も食べたくなってきた」となれば、その煎餅バリバリさんは、煎餅の会社から報酬をもらうに値する価値があります。

その場に煎餅屋さん関係者がいなければ価値に気付かれませんが、目の前の人にはしっかり影響を与えているので、ボランティアとして仕事を全うしたことになります。

もちろん、煎餅バリバリさんがそれを仕事だと思いたければですが。

 

仕事に報酬有無は関係ない

煎餅を食べることに他者への影響があるだけでは仕事にはなりません。

大切なのは目的を持つことで、それは自分の価値を提供しようとする意識であり、自分を喜ばせようとする意識です。

そのため、煎餅バリバリさんを例にすると、いくら報酬がなくても他者に影響となる自分の価値提供ができ、そのための目的を持っていれば仕事になります。

仕事でいくら報酬をもらうかの概念はありません。

それは、労働力や自分の時間を雇用主に提供したことでの対価に、お金という概念がないことを意味します。

報酬が発生しようがなかろうが、他者に影響を与える価値提供を目的にしていれば、ボランティアと同じように明確な仕事となります。

それは、私の歌声を虫を対象に熱唱して提供しても、報酬は頭に引っ付いてくるというものなので、価値による報酬は影響を受ける側が決めることで、お金だけが報酬とは決まっていないのが仕事です。

そこには気持ちやお返しがあり、愛や敬いの報酬も含まれます。

 

仕事とは他者との交わり

これまでの内容から、仕事は一人では成り立たないことがわかります。

誰かしらに価値を提供して影響を与え、そこに自分を喜ばせようとする目的を持つことで行動に移します。

目的を持つ自分が存在し、他者が存在し、関わり交わり影響を与える。

そんな仕事とは二つの行動の組み合わせです。

仕事とは
  • 目的を持つ自分の行動
  • 価値を提供して他者に影響を与える行動

仕事とは何なのかを知るキーワードは、“目的を持つ”“価値を提供する意識”“影響”

仕事には自分と他者の関わりで生まれる影響力があります。

影響力にて報酬の度合いが変わり、自分の価値と影響にてお金も気持ちも移り行き、自分の喜びも他者の喜びも増減される作用を持つのが仕事です。

そんな仕事が人生の時間の費やし方として、一つの選択肢となります。

※働くことの意味については、働く意味とは実は常に目の前にある│目的を明確にする生きる話?!をご覧ください。

働く意味とは実は常に目の前にある│目的を明確にする生きる話?!仕事して、働いて、食べて、寝て、生きて。ここに意味を求めるには少し難しさがあります。 ですが私達は考える種族であり、答えや納得を求...

 

スピリチュアルな仕事の意味

ここからスピリチュアルな認識を含めて仕事の意味を見ていきましょう。

スピリチュアルな仕事の捉え方

上述にて仕事は人生の時間の費やし方の一つだとお伝えしました。

そのため、仕事したくなければしなければいい、したければすればいいというものです。

しかし今の時代は貨幣制度、日本は資本主義ですので、コンビニに大根を持って行ってたけのこの里と交換しようとすれば、おそらくポリスメンがやってきます。

「あなた、どこから来たの?」と宇宙人扱いです。

お金が必要な時代です。どうしましょう。

安心してください、選択肢は無限にあります。資本主義であれば自分でいくらでも起業できますし、借金もできます。

野菜を育てればお金は要らないかもしれません。家はいくらでもありますので、もらえるかもしれません。

そして契約による対価があります。これを一般的に”仕事”と言うと思います。

スピリチュアルな仕事の意味からすると、自分の労働力や時間提供による対価は仕事ではなく“契約”です。

スピリチュアルに仕事を捉える場合には、自分の意識としての認識があり、それが”自分の価値提供”と”自分の喜びを求めた目的”によって見出される”意味”となります。

仕事の意味
  1. 自分の価値と喜びにて自分を理解する
  2. 仕事している状態から見える自分の真意と理解がある

仕事することで自分の意識として人間性や在り方が見え、自分の理解や物事の意味を知る。

自分の意識が仕事の意味を決める

仕事することでわかることは、”自分の理解”、”物事から見える意味”です。

  • 価値を如何に提供して影響を与えられるか
  • どれほど自分の喜びを求めて目的を持つか
  • 仕事している状態から見える真意は何か
  • 仕事にて見出される自分に起きていることの意味とは

スピリチュアルに仕事の意味を知ることは、”自分”の人間性と在り方を知ることと同じです。

価値を提供するためには、初めに自分の価値を把握する必要があり、それは自分で自分を認めることです。言い方を変えると、自分をどれほど許しているかです。

“許し”を持つことで自分を大切に愛することに繋がり、自分らしくありのままに在ることに一切の抵抗がなくなり、自分の価値を認めることで自分の言動何もかもが価値になります。

 

仕事とは他者との関わりにて自分を知り、発信者へ誘う

仕事である以上は必ず他者との関わりと影響があります。

影響は自分の価値提供に対する反応であり、それがそのまま報酬という形になります。

仕事の価値は対価ではなく報酬であることから、目に見える物質やお金以外にも、感謝や愛の気持ちや行動や恩義があります。

そのため、仕事にて他者と関わることで、自分という人間を認めれば認めるほどに見えない気持ちや行動を価値として提供することができます。

仕事することで、自分が自分をどれほど認めているかがわかる
※認めているか=許しているか、愛しているか

自分を認めることで起きることがあります。

発信者になることです。

仕事の意味を知ると受信的で消費的ではなく、発信的で生産的となり、価値の提供と影響を与える側として明確に確立される。

 

仕事は自分を喜ばす目的

仕事する上で”自分の喜び”を求めることから、さらにスピリチュアルな仕事の意味が見出されます。

仕事とは目的に対して行動することですので、そこには自分を喜ばそうとする意識があります。

そのため、自分を喜ばそうとする意識がなければ仕事することはできません。

仕事と契約の違いがあり、仕事には自分を認めて価値提供すると同時に、自分を敬う気持ちが大切です。

喜びを求める意識は自分を大切にするが故に抱く人間性です。

喜びを求める意識によって行動動機が作られるため、より自分のために意欲を持って他者と関わる在り方を持ち、それは他者に影響を与えたいと思う気持ちに繋がります。

仕事によって自分と他者を敬う気持ちを養い育むことができる

初めに自分の喜びを求めます。そして、もっと自分を喜ばせたいと敬う気持ちを持つことで、他者への価値提供をより良いものにする努力のきっかけになります。

より影響を与える意識にて他者への敬いを強め、他者のために価値を与える行動をするのが仕事です。

契約として業務をこなすことは生活資金を得て、安心感や安泰を手に入れます。契約の中で自分の価値提供を広げることには制限があるので困難ですが、求められることや契約内でできることを自分の喜びにすることで、喜びの目的を持った仕事をすることができます。

 

仕事はビジネスではない

自分を認めて喜ばそうとする意識が高ければ高いほどに影響力があり、自然と他者を敬う行動へと繋がります。

そのため、仕事は契約とは違い、価値を与えるだけ与えて報酬がどれほどかはわかりません。

例えば、自分の時間をたくさん費やして他者に影響を与える価値提供ができた時、報酬が、「ありがとうございました」という言葉や気持ちかもしれません。

その際にお金が欲しければ、「言葉ではなくお金をください」という契約や相互理解が必要です。

自分ができるのは価値提供ですので、どれほどの影響があるかは自分ではなく他者が認識することで、報酬に納得いかなければそれは自分を認められていないことを表します。

すると、他者への価値提供だけでなくお金の報酬を求めるビジネス志向として、自分の目的が明確になります。

仕事を知るには、仕事とビジネスを別物として捉えるとわかりやすくなります。

仕事とは自分の喜びを求めた価値提供のため、仕事を活用することでビジネスを作ることができる
※相互理解のある契約にてお金という報酬をもらう方法を生み出す基が仕事

仕事とは自分の人間性や在り方を知るものであり、仕事を活用することでビジネスになります。

※仕事と同じようにお金の話は、お金を知るスピリチュアル|生きる意味と仕組みが詰まる愛とエゴの物質化 をご覧ください。

お金を知るスピリチュアル|生きる意味と仕組みが詰まる愛とエゴの物質化お金とは価値のことで、人々の共通認識による信用です。 同時に、お金にはスピリチュアルな見方があり、そこには愛の交換による人間として...

 

仕事内容は何でもいい

仕事には、「何するか?」以上に、「何しているか?」という現状に対する仕事の見方に大切な意味があります。

仕事にて自分を認め、喜ばし、敬うことができ、さらに意識状態によって他者を敬うことに繋がります。

それは、仕事によって魂レベルという精神性や人間性が高まる意味です。

仕事をする際には”自分”という基盤の人間性や在り方が何よりも大切で、何をするかという仕事内容は大きなことではありません。

仕事と契約では意味が異なりますが、制限と認識が違うだけで同じように自分の価値提供をすることでの報酬という意味では同じです。

そのため、仕事でも契約でも、自分のできることをすることで自分の意識を高め、人間性や在り方を認めて大切にする”自分の理解”がもたらされます。

「今何しているか?」という自分への認識が大切で、自分の価値=自分の喜びを前提にして会社のためにできること、部署のためにできることなどをすることで、仕事の意味が見出されます。

 

仕事は自分のための活用であり、命がけの暇つぶし

自分の喜びが目的であることから仕事には、“自分のできることを一生懸命する”という理解があります。

そのため、一生懸命でない自分が業務をこなしていれば、自分を認めず喜びを求めず大切にしていないことを表します。

スピリチュアルに仕事を理解すると、全ての主体は”自分”です。

自分の喜びの目的を持つと仕事に命を注ぐほど大好きになります。命を注ぐ必要はありませんが、それだけ努力できるし、したくなります。

そのため、仕事したいかしたくないかが分かれるのは、自分を知っているか知らないか、自分を認めているか認めていないか、携わる業務を敬い、自分も他者も敬っているか敬っていないかが明確になります。

仕事は自分のためとなり命をかけてもいい暇つぶしであり、人生の時間を費やす一つの方法です。

仕事が嫌ならする必要はないと思います。睡眠と同じで、寝る時間がもったいなければ寝る必要はありません。ご飯も同じです。

全ては自分を大切にして喜ばしたい目的のある行動です。

その際に、行動と同時に自分を知り、認め、許し、愛し、敬い、価値を知り、努力を知り、他者を知り、他者を敬い、自分を喜ばし、欲しければビジネスを作る。

何とも良いことだらけな時間が仕事です。

※スピリチュアルな人生の目的は、人生の目的はスピリチュアルがおすすめ│終わらない魂に生涯の遊び方 をご覧ください。

人生の目的はスピリチュアルがおすすめ│終わらない魂に生涯の遊び方何をするために生きているのか? するべきことがある人生なのか? 達成やしたいことを目的として人生を過ごす。 そんな人生の目...

 

スピリチュアルを仕事にする

仕事内容は重要ではないことから、スピリチュアルを仕事にしようと何だろうと同じです。

自分の価値提供としてできることを一生懸命して努力する。そこには喜びがあり、自分を理解する時間があります。

スピリチュアル能力があり、それを価値にする意識と喜びを求める目的があることでそのまま仕事になります。

しかし、スピリチュアルを仕事にする際には、他の仕事とは少し違う概念が入るため、人間性や在り方が重要です。

それは、自分をどれほど許せているかです。

スピリチュアルを仕事にする際に大切なこと : 自分を許す

“自分として生きることにどれだけ抵抗がないか”ということです。

悟るとか覚醒とかではなく、自分そのものの価値提供として他者と関わる業務となるために、自分を確立することが大切です。

※許す詳細は、許すことなど存在しない│許さない思いと事実を知ると見えるジーザスな自分 をご覧ください。

 

ヒーリングの際には必ず軸が必要

スピリチュアルな仕事をすることで、次元概念を超え、意識状態の変動が激しくなります。

中には霊媒、憑依や変性状態となり、エネルギーの使用によって肉体と精神は疲弊します。

その中でもヒーリング、他者の穢れを取り、浄化し、治癒や治療をする仕事は、必ず自分の軸が必要です。

それは、地球に生きていることを明確に理解して、フワフワせずにがっしり根を張る意識です。

スピリチュアル能力があることを人のために使用する際に、能力を過信することで自分を傷つける結果が伴います。

それを防ぐために地球概念の認識が大切で、地球と繋がるグラウンディングを初め、確実に地盤を固めてエネルギーを流して浄化や治癒することで、自分も人も喜びになり、仕事やビジネスとして成り立ちます。

スピリチュアル能力を持つことで人への奉仕や慈悲を抱き、その際に自分を無意識にないがしろにしてしまう可能性があるので、自分の喜びを忘れずに”仕事”の意識を持つことが大切です。

私自身スピリチュアルにヒーリングをしているわけではないのですが、能力の理解と共に以前に軸の大切さを痛感したことがあるので、人柱とならないためにも参考になれば幸いです。

 

辛い仕事のスピリチュアルな意味

最後に、現状の仕事に対して辛さを抱く際のスピリチュアルな理解をお伝えして終了します。

会社に行きたくない、仕事したくないと思うような辛い仕事をしている場合、「やめちゃえ」というのは冗談ですが、その仕事をしている自分をぜひ観察してください。

頑張っている、耐えている、苦しんでいる、戦っている…

なんで?どうして?なんのため?

辛い仕事には、業務内容を初め、仕事場、人間関係、自分の状態、在り方、考え方からさまざまな理由があります。

辛い仕事をしている中でも楽しそうにしている人も実はいたりしますので、何かしら自分から見える所に”辛い”と思う理由があります。

忍耐や苦労して何があるのか?

自分を観察して、疑問への答えが明確にあれば、その仕事をすることに何かしら自分を成長させる意味があります。

しかし、疑問への答えが明確でなければ、それは仕事ではありません。喜びがない状態ですので、自分のしていることへの認識や、行動へのギャップがあり、何かしら歯車が合っていません。

 

辛い仕事をしている意味

契約を仕事だと思うことで認識のずれが出て、空想と現実の差を作ります。

それは、苦しみや不満や不調和を作りますので、自分の認識と実際にしている行動を把握する必要があります。

そのためには、ここでの内容を参考にして仕事の意味を理解して、契約しているのであれば、契約の中で自分の喜びを見出すことを考えてみてください。

しかし、それでも辛い場合には意味があります。

“変化”です。

変わり時の合図ですので、仕事の意味を知り、自分を理解し、次の段階へ入ります。

それは、自分の価値を見出す時、自分を認めて許す時です。

辛い仕事をしている意味 : 自分を理解して変化の時であることを教える
※辛さに耐えられなくなる今の状態がまさに変化の時

「仕事したくない、辛い」「会社行きたくない、嫌だ」となれば合図です。認識のずれでなければ、体と心からの合図として変化を促しています。

辛くても仕事していることに意味があるので、ぜひ観察をして、自分を知り、仕事の意味を知ってください。

それが終われば道が変わる時ですので、退職や休息、自分の価値提供として自ら何かを始めたり、転職したり、ニートや旅や生き方を変える。

辛いことは、仕事の意味を知るための一息、ホッ。

あとは、自分の喜びのために仕事をします。業務内容をしっかり認識して自分のできることをする、必要であれば自分のために努力する。

価値提供の時間が始まります。

※仕事が辛い際の悩みや転職のスピリチュアルな話は、転職のスピリチュアルな兆候を見逃さない│仕事に悩む意味に合図あり をご覧ください。

転職のスピリチュアルな兆候を見逃さない│仕事に悩む意味に合図あり仕事に悩む時、転職するか我慢するか、辞めちゃうかニートになるか。 もう旅しちゃう。そんな選択肢もあるかもしれません。 いえ、...

 

仕事のスピリチュアル まとめ

仕事なんて別にしなくてもいいんです。つまらなければ辞めて、辛ければ転職して、休んで。

仕事する場合には仕事をしていることに意味があるので、自分を知り、仕事を知りと、何かしら自分のための理解を得て、辞めたり転職したり起業したりと次に進みます。

仕事はとにかく自分のことを教えます。

会社とは法人であり、一人の存在のように認識されます。会社も人間も同じように人間性や在り方があります。

契約の中での業務であっても、会社を一人として捉えることでより仕事の意味がわかりやすくなり、自分のためと同時に会社のための敬いを持つことができます。

社長も重要ですが、社員全員で会社の一つの顔になり、性格や気質や考え方が作られます。

そんな会社にて仕事することで、自分の喜びを知り、増やし、価値を知り、広げ、自分を知り、理解します。

時には辛いこともあると思いますが、それは自分を知るための機会であり、喜びを増大させる基盤作りの経験となり、自分をより知って観察するタイミングを教えてくれます。

仕事が楽しくなる一助であることを願います。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

【人生が始まるストーリーを電子書籍にて販売中!】

奇妙に核を突く人生物語の本

※少しばかしおかしな人間なもので…少しばかしおかしな経験をしました。
アラスカの森で起きた、奇人となるまでの変貌ストーリー。
一風変わった刺激物として、ふざけた人生を大真面目にお伝えしております。


楽しく読める内容となっている実話ですので、ぜひご覧ください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です