心理

攻撃的な人の特徴に潜む心理と末路│ヤベーのか生きるためかタイプがある

攻撃的な人には二つのタイプが分かれ、それぞれにどのように攻撃的なのかがさらに分類されます。

どうして攻撃的なのでしょうか?

なんかあったの?
すさんだ過去が?

攻撃的な人は喜んで攻撃をする人と、自らが生存継続するために仕方なく攻撃をする人がタイプとして分かれ、それぞれに心理と末路が見られます。

そこには共通した人間性からの特徴があるため、特徴からわかる心理と末路、そして末路を変える道を一本お伝えします。

戦いにまみれて生きる攻撃的な人の仕組みと詳細を知ることで、夜な夜な鬼の叫び声に恐れる際の対処になりますので、鬼の見極めに行きましょう。

攻撃的な人の特徴

攻撃的な人の特徴11選

“攻撃的”というニュアンスは幅広い捉え方ですので、「攻撃的とはどういうこと?」という理解を含めて、攻撃的な人の特徴を順番にご覧ください。

1、否定、批判、非難、無視を他者に対して行為する

攻撃的な人の攻撃方法は本当にさまざまです。

その中でも特にわかりやすいのが、否定、批判、非難、無視です。直接的にする場合もあれば、間接的な手法を取る人もいます。

怒りや暴力にて人格否定に存在否定。言葉や態度にて性格や人間性を批判非難に無視。

陰口など間接的な場合、わかりにくいけど確実にわかるように他者に対して行為することで攻撃を試みます。

 

2、愚痴、泣き言、否定、批判にて同情を誘う

直接的な暴力や暴言などはわかりやすい攻撃手法ですので刀でズバッ、バシュッと真正面から来ます。

しかし、気付かぬうちに、「うわっ、なんだこの煙?!モワモワ」「く、く、苦しいよ」と毒ガスのように攻撃する手法があります。

それが、愚痴、泣き言、否定、批判にて同情を誘うことです。

その場にいない人を敵と共通認識させ、賛同して同情させることで自分のテリトリーに相手を誘いこみ、後は好きなようにエネルギーを奪い取り、疲弊させ、ストレスを与え、好き放題です。

モワンとテリトリーを広げる手法なので、そこに入ってしまうと直接的以上に辛い攻撃を見えないようにすることができる技の一つです。

 

3、成否判断で物事を見て極端に判断する

物事の見方が極端な特徴があります。

これは正しい、あの人は間違っているという見方が常識として根付いており、“正しい”の基準は全て“己”です。

成否判断で自分の理解や考え、思考や知識を認識するため、何もかもの見方が“味方か敵”、“使えるか使えないか”、“利益か損失か”、“強敵か雑魚”というように極端です。

己を基準にして良いか悪いか、高いか低いか、強いか弱いかの二極です。

 

4、動物的で虫的な思想で勝ち負け判断

攻撃的な人は人間というよりは動物や虫に近いです。

考え方が勝ち負け、強い弱いの二極化で、さらに良い悪いは弱肉強食の爬虫類的理解によるものです。

そのため、勝つために負けを作る概念があり、強い人がいればその下に弱い人がいると考え、世の中の見方が一元化した一つのみ。

一つの枠組みの中で勝ちがあれば残りは負けという具合で、認識の幅が狭く極端な思想を持ちます。

勝ちを“良、善、正義”と認識して、勝ちではない人は皆“ダメ、悪、低能”という枠に入れて負けにします。

 

5、思い込みと決め付けが激しく、比較して判断する

物事の見方が己を中心に良い悪いであるため、上記のように「動物や虫」と言われれば、「何っ、人間より下等に見下しやがって」とありもしない己の認識を勝手に当てはめて、思い込んで決め付けます。

常に他者と比較してどちらが良い悪いと評価をくだし、自らの認識を正として他を比較するために、自分にそぐわないことを悪や否定の対象として“敵”に見なします。

 

6、自分が認められるか否かで現実を認識する

実際に起きていることをそのまま認識せず、自分のルールや常識というフィルターを通して物事を見て、評価・判断してから認識します。

そのため、現実を認めるか否かではなく、現実を自分のフィルターで認めることができるか否かであり、認めることができる=現実です。

起きるそのままがリアルの理解ではなく、自分が認めることができることのみをこの世のリアルと認識し、世の中の見方が限りなく狭い特徴があります。

 

7、戦いが生きる動力

攻撃的な人は戦いを好む人と、戦いを求める人と、戦いを必要とする人がいます。

戦いが生きる動力となり、血の流れを感じるようにヨダレを垂らしながら刺激を欲します。

それによって得られる利益が人それぞれにあり、生きている意味を見出し、価値を作り、力を誇示し、己を他者に確立させることでの喜びに納得するように生きます。

「ドラゴンボールか!」とツッコみたくなるようなカカロット的人間性です。

 

8、自己顕示欲と承認欲求、支配欲が強い

攻撃的な人は己を見出したい欲望がとても強いです。

自己顕示欲や承認欲求を持ち、自らを認めてもらい、存在を誇示するように主張します。

支配欲も強いために、人にマウントをかけ、「こうしなさい」「私が正しいんだ」「あなたは間違っているんだ」「わかったか、わかったと言え」「早く言え、私が正しいと認めなさい」と押し付けて干渉します。

 

9、自分が中心でありたい欲が強い

何をしても、どこに居ても、誰と居ても、常に自分がその場の中心でなければ嫌だと考える自己愛性が強いです。

行き過ぎるとこの世では障害と名を付けられ、人格障害や攻撃性パーソナリティ障害などになります。

主張が激しく、そこに賛同しないとイライラして怒りを露にし、「自分が中心でないとダメなんだ!」という訳あり的な鬼気迫る在り方をします。

 

10、負けは何があってもダメ、絶対

飲酒運転のポスターかと思わせるほど、“負け”は絶対NGです。

負けを認めることはなく、認めてしまうと大変なことになる心理があるため(※後述しています)、嘘や誤魔化し、思い込みや決め付けが多く、自分の正当化に忙しないです。

 

11、固定観念の塊で変化を嫌がる

疑似現実的な認識をリアルだと思い込む生き方があるために、「子供、未熟、ダメ、まだまだ」などの偏った見方をして、固定観念だらけです。

現状維持を好み、変化することを嫌がり拒みます。そのために、リアルではなく自分の都合の良いものを都合の良いように解釈します。

以上で特徴は終了です。次は心理を見て詳細を紐解いて行きましょう。

※見えない攻撃をする人の特徴がありますので、エネルギーを奪う人の特徴と真意。奪われる人にも目的がある密な関係 をご覧ください。

エネルギーを奪う人の特徴と真意│人の幸せを奪うこと理由がわからないけど、「何となく心地悪い」「あの人と居ると疲れる」「あそこに行くと気分が悪くなる」などの違和感を感じることがあるかもしれ...

 

攻撃的な人の心理

攻撃的な人の2タイプ

攻撃的な人には大きく分けると2つのタイプがあります。

攻撃的な人のタイプ
  1. 攻撃することを喜ぶ人
  2. 攻撃することで喜びを見出そうとする人

二つのタイプにて、両者の人間性は天と地ほど異なります。

同じような特徴をどちらも持ちますが、その特徴が表れる人間性には真意と真意が見えない違いがあり、タイプによって心理も末路も変わります。

攻撃的な人の大きな特徴は、“自分が負けてはならない”というモットーを持つ人間性です。

それはタイプによって、「負けることは嫌だ」という場合と、「負けたら終わり」という場合に分かれます。

初めに、「負けることは嫌だ」と思うタイプの心理を見ていきましょう。

 

攻撃することを喜ぶタイプの心理

負けたくないという心理にはあえての浅い認識があります。

「負けたら嫌だ」という程度には切羽詰まっている様子はありません。

遊びだからです。攻撃することが楽しいんです。

相手を否定し批判し非難し、時に無視、時に暴力、時に陰口、時に毒ガス。
個別ではなく集団で、さらに率先して人をいじめる人はこのタイプです。

武力的な人も頭脳的な人もいます。それぞれに肉体的な攻撃か、精神的な攻撃かが分かれ、肉体を殴って蹴っての否定か、心やマインドを傷つけての否定か、どちらも否定することが攻撃です。

この人間性の心理には、人の苦しみや滑稽さ、悲壮で無力な様を自分と比較して、上下や強い弱いや勝ち負けの差を作り、馬鹿にして蔑むことが喜びで楽しいと思う認識があります。

言い方を変えると、人間らしい。

「どこがやねん」

という感じですが、私達が笑う時の一つは人の失敗や滑稽さです。

変な顔をしたり馬鹿な真似をしたり、人の恥ずかしい所が露呈した時の在り方や心理状態を自分と比較や照合して、差を見出して笑います。

笑うとは馬鹿にすることだけではなく笑顔になったり微笑ましく思うことも含まれます。そこには自分との違いや、理解できないことなどを自分と比較して見出す笑いがあります。

その際に、「人の失敗や痛みで笑うのは良くない」とルール設定することで笑わないように取り繕います。ですが、攻撃的な人はその取り繕いがなく、自分が楽しむために人を攻撃してあえて笑える状況を作ろうとします。

「The Human」
ヤベー奴と読みます。違うか。

 

戦いの人生に居ることが常識だと思っている

喜んで攻撃する人は、人を馬鹿にして蔑み排他することに躊躇がありません。

そこには純粋な喜びがあり、物事は上下、高低、勝負で認識することが常識として記憶されているため、率先して行います。

自分をどこまでも喜ばして正当化する目的があり、「王様や殿様が何よりも偉い最高の状態だ」と認識して、真っ直ぐな目をして王位を狙うようにします。

王位をゲットするのは一人だけ、そのためには他を排他して蹴落とすのは当たり前という、何百年か前にあったであろう思想や、戦いの多い王族家に伝わるような生き方が自然に記憶されて人間性が構築されています。

常に戦いの中で生き、そのために周囲から排他された過去もあり、傷つけられた経験もあり、「やられたからやり返す」のではなく、「やるのもやられるのも自分次第でそれが当たり前」として戦いの人生を生きています。

 

独りでは生きられない虫

喜んで攻撃する人はとても純粋な虫のような人間です。

これは馬鹿にしているのではなく、爬虫類脳という脳が発達した人間を意味します。

爬虫類脳とは、自己防衛意識が強く、排他意識と攻撃性を強く持つ人間の脳の三層構造の一つです。

人間の脳の三層構造

  1. 爬虫類脳
  2. 哺乳類脳
  3. 人間脳

※三つのどれを主体にするか、使用割合によって人間性や人間味が人それぞれに違う

爬虫類脳は虫や魚のように、己のみを認識して本能的に生きる活動を司ります。

特徴は変化を拒み、反応が早く直ぐ行動し、本能に忠実、恐怖から逃避し、攻撃性と侵略意識を持ち、支配と服従の中で生き、安全を求めることです。

お腹が空けば何か食べ、性衝動に駆られれば性行為へ走り、強い者が現れると逃げ、これまでの認識を正として変化を拒み、満足や納得を求めて目の前に獲物が居れば殺して食べるように生きます。

爬虫類脳を主体にすることで自己顕示欲や支配欲を持ち、攻撃的になります。

過去の環境にて排他や攻撃をされてきた経験があればあるほど、人を攻撃することが自分の喜びとして、欲望の線引きや制御なく忠実にひた走るようになります。

服従するが支配欲と恐怖があるために独りで立ち向かおうとはせず、集団や他者を使い、様子を見ながら食い尽くすように攻撃して倒す知恵を持ち、独りでは生きていけない虫です。

見方を変えると、とても純粋な子供のような人でもあります。

 

攻撃することで喜びを見出す人の心理

もう一つのタイプにある心理は自分を見失っていることでの攻撃性です。

攻撃することに喜びを感じませんが、攻撃することで利益という名の喜び(納得)を見出すことができるために人を利用します。

どういうことかと言いますと、“自分を見失っている”ために、生きている意味や己の価値を自ら認識できず、他者を蔑み馬鹿にし、自分よりも劣っていると“下”に見れる状態を作ることで利益を得ようとします。

そのため、優越感を感じることを目的に攻撃し、自己顕示欲と承認欲求を求め、人を利用して肯定材料を求めるために他を蔑み蝕みます。

マウントして押し付けて干渉し、自分の力や権力にて変えさせることで自己の正当化=価値を見出す利益とし、己の存在に確証を得ようとします。

実際の攻撃によって苦しむ相手を見て喜ぶのではなく、攻撃することで自分を見出すために他者と“差”を作り、その差によって“生きることを継続する意味”を得ようとします。

言い方を変えると、生きる術として攻撃する状態です。

 

エゴに苛まれ、我が強く、否定されることを何よりも恐れる

恐怖とは、私達にとって最も心地悪く嫌悪感を感じる感情であり気持ちです。

攻撃的な人は自分の価値、存在意義という生きている確証を得るために他者を利用し、その利用手段が攻撃です。

そのため、集団を作っていじめを進んでする人間とは違い、自分のために仕方なくそこに参加して、差を見出して己だけ蜜を吸おうとします。

そこには、自分のことしか考えられない“我”と“弱さ”があり、エゴによって自らを自ら認識できず、自分では対処も改善も何もできない状態になります。

言い方を変えると、生きているのではなく生かされている状態。

何に生かされているのか?

力に、権力に、恐怖に、親に、社会性に、常識に、ルールに。そして、否定されないという目の前の利益にです。

生かされる。生きていない以上、自ら認める肯定も自らを受け入れる受容もできず、他に頼りすがり、執着して依存して対処します。

 

負けることはダメ、絶対

攻撃的な人の心理は、とにかく自らを見出す人間性であり、否定されないための対処をし続ける在り方です。

それは、自己防衛として生きている意味を見失わないための心理であり、爬虫類脳を主体にしながらも自らの過去の経験で意見と思考を持ち、人の痛みや苦しみを理解しているために、攻撃して他を苦しめることに負い目を持つ人間味でもあります。

負い目を感じることで自らの行為を否定するように思ってしまうため、人間味を感じればそれを隠して拒否するように奥へ奥へしまい込み、自らの内側に蓋をするようになかったことにします。

嘘や誤魔化しや思い込みを駆使して、本当になかったようにしたり、怒りや泣く行為にて事実をうやむやにして攻撃を過激化させます。

命がかかっていると思い込む空虚な危機感を持つことで、ちょっとしたことに怯え、嫌がり、空想を肥大化するように被害者意識と正当化認識を持ちます。

明らかな経験の少なさがあり、事実を認識しない己の世界や他者によって作ってもらった価値観を基に、認められると判断したもののみを見てきた結果による心理です。

負けることは“自らが自らを否定する”という最もしてはならないことと思い込み、これまでの嫌々攻撃し続けてきた行為や人間性、頑張って利益を得てきた経過に軌跡、全てを踏みにじる爆弾テロの自爆行為。

それだけは何としても拒否します。そのため、負けても他者に責任を押し付けたり、嘘にて対処して認めることはしません。

それは、「負けることが嫌」というレベルではなく、「負けたら終わり」という事実を経験していないのに認識している“完全なる思い込み”です。

攻撃によって喜びを見出す人の心理には、“空虚な思い込み”という張りぼてを大理石の盾だと思い、自分を護るためにかざす姿があります。

※攻撃的な人のスピリチュアルな見方については、攻撃的で支配的な人のスピリチュアルな見方│人を苦しめたい宇宙人?をご覧ください。

攻撃的で支配的な人のスピリチュアルな見方│人を苦しめたい宇宙人?攻撃する人もされる人も、どちらも訳があり、目的があり、対処があります。 ここでは攻撃的な人に焦点を当てて、「どういう人間性で、どう...

 

攻撃的な人の末路

タイプは違えど、どちらも攻撃的な人の心理として大きなものは、自分をとにかく誇示して正当化したいことです。

わかりやすく言うとこのようになります。

攻撃的な人は、他者の存在なくして生きられない心の弱い人間。

物事の認識、価値観、人間性、あらゆるものは他との比較や照合、他の反応や評価、人を蹴落とし、馬鹿にして蔑み、いじめることで見出し、生きている意味を求めます。

存在する価値や意味を全て“他の存在”によって見出す特徴があるため、周囲に自分より下だと思える人や比較対象がいなくなった時、独りでは生きられない末路が待っています。

生きられないというのは、生きている意味がわからず、虚無、空虚を認識してしまい何も考えられなくなることでして、「自分は何者、何をしたいの、どうして存在するの?」と何を疑問に思っても答えが出せず、真っ暗闇に居るような状態になります。

年齢を重ねる毎に嫌でも己を認識する精神性の発達や、周囲の環境や人々の変化があるため、いずれ自らを認識する時がくるかもしれません。

しかし、ここでタイプが大きく影響します。

喜んで攻撃する人の真っ暗闇の先は私にはわかりません。

喜びを見出すために攻撃する人は、私の経験からこれまでの内容をお伝えしているので、末路を変えられると断言できます。別の末路の道があります。

 

一度死ぬことで末路が変わり攻撃性がなくなる

攻撃を喜んでしていない場合はどこかに後ろめたさがあり、負い目があり、何より“楽しい”と思いません。

なぜならば、攻撃することで自らを苦しめているからです。

そのため、攻撃をやめない以上は末路は己の喪失、空虚である現実を認識して灰に。

末路を変えるためには事実を認める、これだけです。

思い込みが思い込みだと気付くためには経験する必要があります。それが事実を知ることであり、現実を現実としてそのまま見ることです。

簡単に言うと素直になることです。

喜んで攻撃する人は自分に対して素直ですが、それ以外には素直ではありません。
素直にヤバい奴として末路へまっしぐら。日本では鬼として地獄で重宝されるとかされないとか。

喜んでいない場合には、素直にそのままをそのままにできれば末路は変わります。

簡単そうに言っていますが、これをするのはとても難しいです。なぜならば、攻撃する人と攻撃される人は両者の共通認識にて成り立っているからです。

それは引き寄せでもあり、鏡の法則として自分の中にある認識として現実が反映されているためでして、攻撃される人は攻撃する人と同じステージに居ます。

攻撃する側は優越感を主に狙いますが、攻撃される側は劣等感と被害者意識を主に狙います。どちらも利益になり、攻撃は人を傷つけますが守るためでもあるので攻撃が一方的に悪ということはありません。

そこには善も悪もなく、一人一人がどのように認識しているか次第で“自分にとっての善と悪”になります。

攻撃する方が拳を傷つけながら自らの存在に利益を得るように、攻撃される方が頬を傷つけられながら自らの存在に利益を得るようにお互いの関係性があり、どちらも独りでは自らを認識できない心理があります。

どちらも現実を認め、自らの人間性と在り方を理解して離れることが大切ですが、そこには執着と依存がお互いにあり、離れることを拒む心理があるため、一度死ぬことが大切です。

死ぬとは生命を終わらせることではなく、これまでの人生に一旦の線引きをすることでして、これまでの自分と今この瞬間からの自分を別々に区分けすることで、過去の自分を俯瞰して現実として認めやすくする方法です。

とにかく現実をそのまま認めることができれば、自分の弱さ、逃げる様、臆病で、嘘つきで、生意気で、弱いから怒り、弱いから泣き、弱いから声を荒げ、弱いから人を蹴り飛ばし、弱いから馬鹿にし、見たくないから、見れないから、勇気がないから、自信がないから、自分がいないから攻撃することを自覚します。

すると末路は変わります。全く新しい人生が始まり、本当は攻撃性がないことをはっきり知ります。

※利益のために利用する人の末路は、人を利用する人の末路に闇と光│利用される人との相互関係にカルマ有 をご覧ください。

人を利用する人の末路に闇と光│利用される人との相互関係にカルマ有利用、そこは一方通行です。 人と人が関わる際に一方通行だとどうなるのでしょうか? 一方的に自分の利益を求めます。 一方的に...

 

攻撃的な人の末路 まとめ

末路はこの写真みたいなヤベー奴で決まり。というのは冗談ですが、攻撃的な人には大きく二つのタイプがあることで、末路も大きく異なります。

どちらも生きている意味や答えを出せない空虚な自分を認識する末路があり、喜んで攻撃する人はその事実を認めないために、攻撃し続けて獲物を狙い続ける人生、または喪失する人生となります。

ですが、私にはわからないだけでその後に新しい末路があるのかもしれません。より攻撃力を増す力を得てプレデターみたいな体と顔になる、宇宙に行っちゃうとか。

そんなことはどうでもいいのですが、喜びを見出すために攻撃している自分を見失ったタイプは、自分次第で一変した末路が作られます。

そのためには事実を認め、完全なる反省と感謝を抱く瞬間があります。

攻撃する人は弱い人です。弱さとなる事実を認めない何かがあります。

それが、恐怖から逃げ続ける認めたくない自分であり、自らを認識して肯定も受容もできない心理です。

どうしても言葉に棘が出てしまう内容ですが、攻撃する人もされる人も、共に自らが喜びを作り育むことができる理解がここに少しでもあることを願います。

攻撃的な人には近づかず利用させない。攻撃的な人自身は一度死ぬ。それが共に向上を見せる道かと思います。

それでは、攻撃的な人の特徴からわかる心理と末路の話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

【忘れていた人生の合図を電子書籍にて販売中!】

ふざけた人生哲学 幸せはムニュムニュムニュ

サラリーマンだった人間がおかしくなる、とある森での変人化計画とその全貌。

一人での森生活、襲ってきた熊は忘れていた大事なことを思い出させ、そこで見つけたものはムニュムニュしていました。

一風変わった哲学書であり、森を舞台にした一人の元サラリーマンが自分を探し出す物語。

自分を見失い、人生に疑問を抱き、違和感を感じる時こそ、本当の自分という名のふざけた自分を見つけ出す変貌ストーリーが始まります。

忘れている大事なことを思い出し、自分らしく人生を生きるための経験と知恵を詰めた内容です。何か興味を感じた方は、ぜひ始まりの合図を受け取ってください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です