スピリチュアル

魂を磨くために必要なことは一人一人違う│魂を知るとわかる磨く意味

魂を磨くために徳を積み、人に優しくして、犠牲精神を深める?

それらは磨くための材料であり、必須ではありません。

何をするかも大切ですが、何よりも”魂”が主体であることを忘れてはなりません。

磨くものを間違えると、徳の変わりにエゴを積み、自分のために人に優しくする利用をして、成長していると思い込む状態となり、実際に魂を見てみると、「真っ黒じゃないか!?」ということに陥ります。

そんなことが起きないために、そして魂を磨くことに集中するために、魂を磨くとはどういうことかご覧ください。

魂を磨く意味がわかると、何をすることが大切なのかが明確に見えてきますので、魂磨きの参考となることを願い、魂を磨くことの意味と必要なことを一緒に見て行きましょう。

魂を磨くとは

魂とは

こんこん言っていますが、一体魂とは何なのでしょうか?

魂を磨く上で最も大切な理解が、魂とは何かを自分なりに把握することです。

人それぞれの認識となる、頭や肉体や心、過去に蓄積された情報からの人間性や在り方があるので、”自分なりの把握”になってしまうのは避けられません。

しかし、魂が一人一人にあることから、自分なりに把握することが何よりも魂の理解を促します。

そのため、自分なりの解釈と理解が大切になる話を主体にして、魂の話をお伝えしていきます。

 

魂とはあらゆる記憶のこと

磨く土台である魂とは記憶の蓄積による“自分の構成材料全て”のことです。

それは、今生きている状態を例にすると、生まれてから今日までの記憶のことでして、脳を使用した記憶情報、経験した感覚に感情、心の気持ちなど、自分の中に保持されるものです。

それが魂になると実に膨大な記憶量になります。

過去世も含まれ、自分が自覚できる顕在意識とは別の自覚できない潜在意識、さらに平行世界や次元別の概念も含めたハイヤーセルフやワンネス意識の記憶などのスピリチュアルもあります。

膨大な記憶を持つ”魂”は自分が経験した記憶であれば全てを保持しています。

そのため、魂とは”自分の全て”です。
自覚できないことや、思い出せないことも含めた、ありとあらゆる自分を構成する材料が魂です。

そんな魂、一体何なのか?
特定することは難しそうですができます。

今この瞬間の自分です。

魂とは今この瞬間の自分であり、自分の認識
※全ての構成材料を基にして、今この瞬間の自分が存在する

過去世があろうがなかろうが、科学的だかスピリチュアル的だかは重要ではありません。全ての記憶を基にして自分が存在する事実と現実が重要です。

“今この瞬間”がこれまでの長い自分の歴史の中で最も記憶を持っています。

 

魂とは今の自分の認識のこと

過去の記憶によって自分が存在しますが、魂が今の自分と言われてもわかりにくいですね。

そこで“魂”を別の捉え方にすると、“今の自分の認識”となります。

“認識”です。

それは、自分が物事を知り、理解し、判別し、評価し、認めるための基準であり見方です。

簡単に言うと、「太陽見たらどう思う?」に答える自分です。

認識は人それぞれ完全に千差万別です。なぜならば、過去の記憶にて構成される見方であるためです。

物事をどのように見て・捉えて・感じて・考えて・想うかはみんな違います。

太陽の色を見て美しいと感じる人もいれば、綺麗だと思う人もいれば、地球を体感している人もいれば、まぶしいと考えている人もいます。

さらに、太陽を見て感動しているようで、実はその場の雰囲気や自分に酔いしれたり、太陽を観ながらオーラ観察したり、見続けている自分を観察したり、使用している目の症状や変化を楽しんだりと、一つの行為にも人それぞれにほぼ無限の認識があります。

魂とは今の自分の認識
※見方・捉え方・着眼点・考え方・生き方・人間性・在り方・気質・人格・性格など、あらゆる”自分という存在の表現方法と理解”

今の自分の認識が過去の記憶による自分の構成材料であり、魂です。

※魂についての詳細は、魂と心の違いと関係性│自我には心と脳と体、魂は記憶のアクセス場 をご覧ください。

魂と心の違いと関係性│自我には心と脳と体、魂は記憶のアクセス場魂があることで自我があり、心があることで気持ちがある。 魂とは自分を共有する意識。心とは愛を認知する通路。 魂と心は、リンゴ...

 

魂を磨くとは

魂を知ることで、魂を磨くことの意味がわかります。

磨くのでキュッキュする感じで、磨くことで綺麗にして、明瞭にはっきりと見えるようになり、輝きと光を持つようになります。

磨く際に魂が汚れている場合、これは磨き甲斐があります。

汚れがなく既に綺麗であれば、磨くことで輝くようになり、さらに磨くことで光ります。

それは宝石を磨くようなイメージで、人それぞれの自分の状態によって磨くことの意味が違います。

 

魂が汚れることはないが認識が汚れる

万が一、汚れがあれば磨くことで綺麗にできます。

魂は蓄積された記憶であることから、汚れるも何もありません。

しかし、魂を表すのが”自分の認識”であることから、認識の汚れが起きます。

それは、自分の認識がわからない、知らない、真意に気付かない、意志を持たない状態です。

認識が汚れていれば、魂を磨くことで自分を明確にします。

それは何か凄いことをしなければならないわけではなく、ただ、曇っている目や、閉じている目を開く行為です。または、フィルター付きのサングラスを取り外すという具合です。

 

魂が綺麗かどうかは自分にしかわからない

魂を磨くことで綺麗になりますが、「これはピカピカだあ!」と思うかどうかは認識ですので本人にしか判断できません。

他者からすれば、「どこがやねん」と思うかもしれませんし、「磨き過ぎてもはや曇ってない?」とか言い出すかも。

磨くことで自分の認識が晴れるように明確になり、自分らしい考えや生き方や在り方となるので、磨かれたかどうかは本人にしかわからず、本人であれば迷いなく自覚できます。

特に汚れを取って綺麗にした際には、汚れと言う認識を邪魔する”抵抗”が取り除かれるので、自分らしいことがはっきりわかります。

そのため、魂を磨くことで認識を明確にして、自分という存在がはっきりしますが、それは本人にとってはっきりしているかどうかです。

 

魂が磨かれることを共通認識することで綺麗だと思い込んでしまう

ここで注意点があります。

魂を磨くことで綺麗になっていく様は本人にしかわかりませんが、統一的に、「これをすると綺麗になるで」と誰かと同じである特定理解をすると、綺麗にしているものがいつの間にか変わってしまいます。

「はーい、それじゃあ、お高めのカシミアおふきんで小刻みに磨けば必ず綺麗になりますからねー」と言われると初めは綺麗になります、カシミアなので磨く側が本気だからです。

しかし、キュッキュしている内に、「あれ、ナニコレ?!私の魂じゃない、石っころじゃん!」と気付きます。暗示という名のサングラスをかけています。

グラサンは取り外して、バキバキに踏んずけてカシミア野郎に投げつける、というのは冗談ですが、他者と共通した特定の行為や詳細な方法は魂磨きにありません。

あくまで自分の認識が魂なので、それを如何に明確にしていくか、そして綺麗にして輝かせるかは本人が認識できる領域のこと。

 

魂磨きは自分を知り、真意を知り、喜びを知り、意志を知ること

魂を磨くことの意味は、自分の認識をクリアにします。

それは、自分を知ります

それは、真意を知ります

それは、自分にとっての喜びを知ります

人に優しくする行為をすれば魂が磨かれるのではなく、行為をすることで自分を知り、本当に優しくしたいのか、何のために優しくしているのかの真意を知り、優しくする目的にある喜びと意志を知ることが魂を磨くこと。

イメージしてみてください。

水晶のような丸い魂があります。
長年の泥とガスがカピカピになって水晶を覆っています。

その汚れた水晶を磨いていきます。汚れの奥には自分の認識があり、全ての記憶があります。

汚れを取っていくことで自分の考え方や生き方、人間性や在り方が見えてきます。

その際、真意とは違うことをしている自分を知り、嘘をついて誤魔化すことで真意を見ないようにしていることも知ります。

真意を知ることで本当に求めていることを知り、何を好んで、満たされ、嬉しく感じ、何が自分にとって心からの喜びかを明確に知ります。

嘘偽りなく、我慢や忍耐にて苦しむ自分はおらず、喜びに忠実で、自分を中心として物事を見る魂がいます。

魂を磨くことで自分は自分でしかないことを知り、喜びに忠実な自分は完全なる自己中心であることに気付きます。

すると見えるのが“意志”です。

意志とは喜びを求める源であり、行動する際の動機であり、何のために生きているかを明確に理解している自分自身です。

魂を磨くとは自分の意志を明確にすること
※全ての記憶を基に存在する今の自分の認識の源が意志

何かを認識する際には必ず意志があります。

例えば、「魂を磨きたい」と思うことに理由があり、現状を改善したい、克服したい、もっと強くなりたい、成長したい、自分らしくなりたい、幸せになりたいという願望があります。

その願望が行動動機となり、魂を磨く行動を促します。

「~したい」「~する」の根底には自分に喜びを与える意識があり、何かしら良きことを自分のためにもたらそうと抱く源があり、それが意志です。

意志があるから自分を喜ばし、ご飯を食べて生きようとしたり、さまざまに自分のために行動します。

あらゆる認識の源には自分を喜ばそうとする意志があり、それを知るためにも魂を磨くことが大切になります。

※魂を磨く段階については、魂レベルの段階(人生のステージ)に8つのステップ|最後は宇宙行?!をご覧ください。

魂レベルの段階(人生のステージ)に8つのステップ|最後は宇宙行?!魂レベルという魂の成熟度を表すバロメーターがあり、人それぞれに魂レベルに段階が作られます。 段階によってこの世での人生にステージが...

 

魂を磨くために必要なこと

これまでの内容を踏まえて、魂を磨く人それぞれの人生に必要なことを見ていきましょう。

魂を磨く人生に大切な自己中心

魂を磨くことで自分の認識の源である意志を明確にし、それは喜びを求める自己中心な自身を知ることとなります。

「自己中なんて最悪だ、やだやだ」と思うかもしれませんが、自己中心とは自分を認識の中心にすることで、この世には自分しかいないと気付くことです。

一般的な”自己中”とはネガティブな印象が強いかもしれません。それは、社会性の他者との共存環境の中で自分を中心にする在り方のことで、他者の存在が必ず必要な前提理解の上で自分を中心にするので、他者に迷惑をかけたり自分のために利用する目的を含めた人間性を意味します。

他者を含めず、自分という世界の中に他者はいないことを把握し、「全ての中心は己である」と知る。

すると、中心に自分という世界があることを認識し、自己中心である私達一人一人がこの世に居る状態を”自信と自尊を持つ”と言います。

自分を敬い尊重と尊敬することで、他者には他者の世界と認識があることを理解し、押し付けや決め付けをせずに他者を尊重して尊敬する敬いとなります。

魂を磨くことで個々を尊重し、一人一人に認識が違うこと、魂を磨くことの意味が違うことを知るため、人間としての成長に繋がるのが魂磨きです。

 

魂を磨く人生に人それぞれの喜びがある

喜びは自分を大切にする意志でもあり、意志とは自分にとっての喜びを求める行動動機となり、その意志も魂の記憶によって構成されます。

そのため、これまでの経験による記憶次第で求める”喜び”は変わります。

例えば、過去の記憶が辛いものばかりで、過酷な状況を生き抜く試練のような忍耐と強さを経験する記憶をたくさん持つとします。

すると魂は強さや忍耐を求める意志を持ち、そのための行動をします。

成長を望む意志にもなり、自らを苦しめて辛さを味わう状況を作りますが、それが本人にとっての喜びであり、行動したいと思える意志です。

または、これまでの記憶を踏まえて、これまで味わっていないことを経験する意志にもなります。

魂の記憶によって「なにが喜びか?」は人それぞれに変わり、誰しもに共通なのは“自分のため”というものです。

人それぞれの認識があり、世界があり、喜びがあり、意志があり、魂の記憶があり、自分のためがあり、みんなに千差万別の魂を磨く人生があります。

それは、自分をとにかく喜ばせることかもしれません。

とにかく楽しいことだけ味わう人生かもしれません。

嬉しいこと、愛を知ること、強さを知ること、成長すること、成長を知るために過酷なこと、辛いこと、不幸を知ってからの幸せなこと、幸せだけ…いろいろです。

全ては魂の記憶に基づく意志があり、苦行でもお気楽でもなんでもいいんです。

魂を磨くことで自分の喜びを知り、何が”自分にとって”なのかを知ります。そのため、魂を磨くためには“自分にとっての喜びを明確にする”ことがとても重要なことです。

※魂磨きとなる成長の理解は、ゆっくり成長する人か急に成長する人か|地球の適正速度がある をご覧ください。

ゆっくり成長する人と急に成長する人|地球には変化の適正速度がある成長するかしないかの違いには、自分の意志があるかないか、生きているのか生かされているのかの違いがあります。 成長する人は何をしよう...

 

魂を磨くために必要なこと

魂を磨くことで自分の認識を明確にして、自分を知っていきます。

しかし、魂を磨くのは誰でしょうか?

自分です。

自分を知るために魂を磨くのに、磨くのは自分であることに魂を磨く上での大切な理解があります。

それは、自分を知らないからこそ魂を磨くということです。

その状態が、魂に淀みや汚れがあり、自分の認識が明確に見えていないことです。

魂を磨くために必要なことは、今生きている自分を今の自分が認識することです。

魂を磨くためには、今生きている自分を、今の自分の目線で認識することが必要

少しわかりにくいので、詳しく見ていきましょう。

 

今がどんな状況でも自分として認識することから魂磨きは始まる

とにかく現状を理解することから始まります。

どんな状態でも、人間性でも、性格でも、今の自分が現実です。

気付いていない認識や、隠している自分、思い込んでいる価値観が私達にはたくさんあり、現状に違和感や不調和を感じることで自分を認めたくない気持ちになります。

しかし、どんな状況でも状態でも、現状をそのままに認めることで魂を磨くことが始まり、認めていない自分であればそのままに、隠して取り繕うこともそのまま認識します。

それは、現状の自分に嘘をつかずにそのまま観ることです。

自分を自分で認識することが既に魂を磨く行為の始まりとなり、自分にとって抵抗のない認識に気付いていきます。

魂である自分の認識をクリアにするために、今の自分を観察するように見て・感じて・考える自覚が魂を磨く行為の始まり。
魂を磨くためには自分の意見や人間性や在り方など、あらゆる認識に対する抵抗(自分への嘘、誤魔化し、紛らわし、見ない振り)をなくすことが重要。

 

真実を理解することで魂が磨かれる

魂を磨く行為への抵抗となる嘘や誤魔化しは、自分にとっての真実を邪魔します。

それは真意や意志を隠してしまい、魂を綺麗にすることを妨害する障害となるので、抵抗をはっきりと自覚する必要があります。

一切の抵抗がなくなった時、自分にとっての喜びを明確に理解し、100%純度の自分らしい物事の見方や捉え方となり、人間性と在り方に心地良さがもたらされ、「これが私だ!」と汚れのない魂を自覚します。

そのために、自分にとっての本当の認識に気付くことが必要です。

 

本当の認識は今この瞬間にしか存在しない

本当の認識を探し出します。

自分にしかわからない真実の見方があり、物事の捉え方があり、意見があります。

夕日を見た時、「綺麗だな」と思う奥には本当の認識があります。

「綺麗だな」の奥では何を見て、感じて、想っているのでしょうか?

考えてみてください。

今、高さ300mの崖の先っちょに立っています。

何を思いますか?

「怖ええぇ!」です、私は。

しかし、怖いと思う認識の奥には本当の認識としての真実があります。

真実は今この瞬間にしかありません。

怖いと思う場合、今崖の上に立っていることを理解していません。

怖いと認識する際は過程式が存在します。
「もし落ちたら…」「もし足を滑らしたら…」「もし強風で煽られて足が耐えられなかったら…」「もし足場がもろかったら…」

全て脳内の予想や予測があり、一旦頭の中に入って未来の空想をして、「怖ええぇ!」となるので、現実から一旦離れたまま起きていない未来をメインにして認識します。

言い方を変えると、目を瞑って崖の上で怖いと言いながら現実を見ていない状態です。

崖の先っちょに実際に立ち、今感じて、今思う認識を理解するとどうなるか?

強烈な風を感じ、味わったことのない新鮮でおいしい空気が体に入り、包む。

とてつもない臨場感とリアル、そこには爆発的な刺激があり、高揚感と興奮感、そしてワクワクしてドキドキする!

味わったことのない感覚があり、情動があり心情を感じる崖の上の今この瞬間が真実です!

そこには、新しいことを経験している喜びがあります。

真実の認識は今この瞬間にしかありません。それを知った時、自分にとっての喜びを知り、真意を知り、意志を知り、魂は大きく磨かれています。

 

魂が磨かれると恐怖がなくなる

真実に気付いた時、自分が当たり前だと思っていた認識が思い込みだったことを知ります。

幼少期から、「当たり前」だと自然に思い込んでいることは気付きにくいものです。

しかし、認識の奥にある真実は全てを覆します。

「絶対にこれはこういうものだ」と確信していたことが思い込みだと自覚するほどに、あらゆることがクリアになり、魂が綺麗になっていきます。

例えば、「ご飯を食べる必要がない」などもそうです。

「そんなことはないっしょ」と思っていたことが、自分にとっては真実だったりします。

しかし、魂磨きはあくまで“自分にとって”で本人にしかわかり得ないことをお忘れなく。

魂を磨くことで真実の気付きが起きるのは、恐怖を理解するためです。

恐怖を知ることは恐怖を味わうことではなく、自分の思考による思い込みや固定観念を知ることです。

思考にて作る恐怖を知ることで魂は磨かれていく
※思い込みや固定観念を紐解くことで恐怖の正体がわかる

思い込みは脳がします。

思い込めればそれ以上疑問に思うことがないので、「当たり前」「そういうもの」と自然になります。

「真っ暗が怖い」という思い込みがあるとして、実際に何が怖いのかを自分なりに紐解くことができれば魂は磨かれます。

あえて夜中にお墓に行き、「恐怖に打ち勝つ、せい!」ということではありません。ただ真実を知るだけです。

脳は思い込む以上に、考えるために使用すると自分のためになります。
「どうして外灯がない所は怖いのかな?」と考えます。

人が出て来るかもしれないから?
お化け?
自分がわからないことを自覚するから?
助けがなくて一人で生きられないから?
弱いと思いたくないのに弱い自分を嫌でも自覚するから?

何かしら理由があります。

恐怖との直面は誰しも嫌なものですが、実は認識の真実を知るのが怖い=偽りの自分ではなくなることが怖いということもあります。

それがわかれば、魂を磨かないことが自分にとっての喜びかもしれない。
それがわかって、そんな自分を変える意志が見えるかもしれない。

恐怖を知ることは何かしら前に進ませます。その時に自分の認識を知る気があれば、魂が磨かれます。

 

魂を磨く方法

これまでの内容から、魂を磨く方法をまとめます。

魂を磨く方法
  1. 自分の世界の自己中心になる
  2. 自分にとっての喜びを明確にする
  3. 今生きている自分を自分の認識で理解する
  4. 嘘や誤魔化しをせず、認識に抵抗を作らない
  5. 今この瞬間のみに存在する認識の奥にある真実を捉える
  6. 思考や空想に惑わされず、恐怖を知る・見る・受け入れる

魂を磨きたいと思う人はもの好きでしょう。

みんな楽して生きていたいものですが、そんな中でも魂磨きを意識する人は少し別枠だと思います。

言い方をスピリチュアルにすると魂レベルが高い人です。

恐怖からとにかく遠ざかり、とにかく逃げる方法を考えるのが今の生き方かもしれません。

しかし、そんな時代でも魂を磨き、自分を向上させ成長させようとする人は必ず変わります。

そのためにも、とにかく自分にとっての喜びを明確にすることが大切です。

そして、恐怖を知り、恐怖の正体を知ることで魂磨きは急速化していきます。

※魂が磨かれて綺麗な人の特徴は、心が綺麗な人の特徴に美形もブスもない|自分で選んだ容姿にスピリチュアル をご覧ください。

心が綺麗な人の特徴に美形もブスもない|自分で選んだ容姿にスピリチュアル顔が綺麗なのか心が綺麗なのか。 それらは全て容姿となり外見となり現れます。 しかし、可愛いのか可愛くないのか、美形なのかブス...

 

魂を磨くとは まとめ

あらゆる思い込みは恒常化され、自分でも疑問に思うことは困難になっていきます。

しかし、自分が中心の世界を認識し、物事を捉えるその奥の真実を知る意識を持つことで思い込みに気付き、魂からの意志を明確にして物事をフィルターなく捉えます。

カウンセリングを受けても、セミナーでも占いでも何でも受け、考えて行動して経験して、自分の見方を知り捉え方を知り、真実の認識を知ることで魂はキュッキュしていきます。

その際、共通の行動として特定のことをみんなでする必要はありません。

一人一人に魂がある以上、自分の世界にしかない唯一無二の認識があり、魂の記憶があり、その集大成である今この瞬間の自分がいます。

今という時、今という空間、今という自分が全てです。

今存在することを主観にして、中心にして物事を観る。それは、魂の記憶による認識となり、恐怖を受け入れた抵抗のない様を表します。

汚れを除いた魂の認知にて、記憶となる経験は物事を綺麗に見せ、これまで見えていなかった所が見えるようになります。

それは他者の素敵な所かもしれません。道端に自生する葉かもしれません。その上で遊んでいる小さな蛙の一生かもしれません。

魂を磨くことで世の中がどれほど広いかを知り、一人一人の魂がどれほど尊重に値するかが見えます。

そのように自分も含めて大切な世の中があることを知るのは、なんだかとても心地良いことだと思います。

魂を磨くために必要なことを知っていただき、ご自身にとっての良い時間が成長と共に創られることを願います。

ご自分を大切にしてくださいね。

それでは、魂を磨くことの意味と必要な理解の話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

霊感・霊視・透視のちからであなたの心の霧を晴らします

【有名鑑定師に24時間いつでもどこでも相談可能】

恋愛・不倫・復縁・仕事・人間関係、現代では多くの煩雑とした悩みが私達を取り囲みます。

その悩みや不安を、電話占いで解決しませんか?

電話占いウィルではメディア出演多数の実力派鑑定師が多数在籍中。

なかには、霊感・霊視などスピリチュアルな方法で鑑定する占い師も。

初回鑑定3,000円無料・初回優先鑑定など、嬉しい特典がたくさんあります。

困難な問題への解決法、運命の切り開き方を知りたい方は、一度鑑定を受けてみてはいかがでしょうか?

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です