心理

自分のことを話さない人の特徴と心理│そもそも何で話すのか?

おそらく、指名手配中。

どこぞにFBIが潜んでいるかわかりませんので、自分のことをうかつに話すなんてできない。

そんな人、いると思います。

どんな理由であれ、自分のことを話さない人とは結構多いものです。

ここでは、「どうして自分のことを話さないのか?」を知るための特徴と心理をお伝えします。

すると見えるのは、「どうして自分のことを話すの?」という基本原理です。

自分のことを話す人も話さない人も、自己表現の真意を知る心理の時間をお楽しみください。

自分のことを話さない人の特徴

自分のことを話さない人の特徴10選

自分の話をしないと言っても、誰しもが同じ心理状態ではありません。

いくつか特徴的な傾向が人それぞれに分かれますので、特に目立った特徴をご覧ください。

1、謙虚

人の話を聞く人の場合ですが、謙虚や謙遜にて自分の話をお控えなさる。

お会計で絶対に支払いすると譲らないタイプかもしれませんので、時に頑固野郎も含まれ、謙虚と言っても絶対話さないくらいの人もいます。

会話ででしゃばる概念が根底からないがための謙虚な特徴です。

 

2、防衛意識高め

人との関わりは最初からマイナススタート。否定される苦痛など恐怖保持の前提認識があり、何も起きなければゼロ地点に到達します。

攻撃性がなく、自己防衛として攻撃されないことへの意識が高く、過去の経験や傷などによる価値観と生き方から常に盾をかざし、[自分のことを話す=盾がなくなる]と認識します。

 

3、疑いの眼差し

人が恐い場合です。

盾をかざして、ほふく前進して人前に。

「この人はナイフ持っていないよな?」とジロジロ見て、自分が攻撃(否定)されないことを気にします。

人を評価・判断し、危害がないと査定OKのサインが出た暁には自分のことを話します。

人によって関わり方が変わり、常に緊張状態な特徴です。

 

4、指名手配中

常識やルールの大衆目線に後ろめたさがある人のことです。

自分独りvs集団の構図が強くあり、普通や、普通だと思い込んで生きている人達(大衆的な人)には自分のことを話しません。

常識やルールの社会性という大きなバックアップを味方にする人には、常に保身と安泰を得られる大多数意識があり、そういった人間が苦手な特徴です。

本当に指名手配中で情報漏洩を嫌がる人もいることでしょう。

 

5、人に興味がない、関わりがめんどくさい

人に興味がない人は自分のことを話しません。

人間関係がめんどくさいので本当は関わりたくもありませんが、社会環境や制度を使用して共存・勤務・生活している前提があるため、当たり障りなく関わるという一番めんどくさくない在り方をします。

めんどくさいと思うこと自体がめんどくさいので、あらゆるものを受け入れてそつなく、かといって嘘偽りではなく、余計なことを一切考えずに自分の時間を嫌なものにしない工夫があります。

 

6、自己解決意識が高い

「自分のことは自分で、あなたのことはあなたが」

個々を尊重し、自己解決する意識も能力も高い人です。

自己責任への意識も高く、自分のことは自分で管理するため、他者に干渉しません。

自分のことを話しませんが、人のことを聞くのもほとんどなく、頷きや相槌のプロが多いです。

人に聞かないのに聞き上手というテクニック所持者もいます。

 

7、努力と忍耐の鬼

努力か忍耐、または両方を鬼のように鍛えて持ちます。

他者に執着・依存せずに対処・解決しようとし、能力向上や成長への涙ぐましい努力から精神的な強さを作ります。

努力ができない人もいますが、我慢や忍耐にて耐えることで他に頼らない自分を作る努力ができるため、鉄板のような硬くて強い人間に。

「他に頼りたくない」という執着がある人もおり、その場合には悩みを言わない、口が堅い、弱音を吐かないというルールを自らに課します。

 

8、堅気

まじめで、職人気質の人。

努力の道をひた走り、汗水垂らして能力を上げる人です。

精神性や自分の理解を深めるまじめさがあり、自然と他人に興味が薄れ、自分に興味・関心があります。

心理的には内向性の人間性を表し、刺激以上に癒しを好み、自分の内側を内省し内観し、物事の奥深くを理解する上っ面ではない人。

上っ面だけの人に対しては一生自分のことを話さないほどです。

 

9、アドバンデージを取りたい人

人のことは根掘り葉掘り聞き、自分のことは話さない人の場合です。

人の弱味やつけ入る隙を伺い、優位な立場でありたい心理が隠せない人です。

平気で人を無視でき、攻撃性と排他精神に富んだぶっ飛び野郎は自分のことは話しません。

理由は怖いからであり、人、大衆、人前、否定、苦痛、危険が恐い人です。

 

10、人の話を聞く楽しみを覚えた

これまで自分のことばかり話していた人が、聞く楽しみを覚えると一切自分の話をしなくなる人もいます。

自分のことを話す真意や意味を理解し、人の話を聞く楽しさへ向かいます。

人に興味がないと思っていたけど、自ら引き出すことで楽しみが作れる気づきでもあります。

シューターがパサーになったイメージです。

以上が特徴でした。

※自分のことは話さないけど、人のことは聞いてくる人の話は、知りたがり屋の対処│根掘り葉掘りなんでも知りたがる人の実体と企み をご覧ください。

 

自分のことを話さない人の特徴 一覧

特徴の一覧です。

自分のことを話さない人の特徴
  1. 謙虚
  2. 防衛意識高め
  3. 疑いの眼差し
  4. 指名手配中
  5. 人に興味がない、関わりがめんどくさい
  6. 自己解決意識が高い
  7. 努力と忍耐の鬼
  8. 堅気
  9. アドバンデージを取りたい人
  10. 人の話を聞く楽しみを覚えた

 

自分のことを話さない人のタイプ

上述の特徴は人によってばらばらです。

自分のことを話さないと言ってもタイプが分かれるため、誰しもに該当するものではありません。

自分のことを話さないだけでなく、人のことを聞くのか、聞かないのか、根堀り葉堀りほりほりなのか、ほりほり度合でほりほります。

翻訳すると、タイプを大まかに分けることができます。

自分のことを話さない人のタイプ分け
  1. 防衛意識にて話さない
  2. 人との関わりがめんどくさいので話さない
  3. 話す意味がないために話さない

「防衛意識」「めんどくさい」「意味なし」と大きく三つに分けてお伝えします。

 

自分のことを話さない人の心理

自分のことを話さない人の心理:防衛意識

防御優位の価値観による心理、防衛意識。

人との関わりに恐怖心、危険性危惧、拒否の認識があり、距離感と壁を自分を護るために作ります。

自分のために自分のことは話さない、悩みを伝えない、過去を語らない、プライベートは別腹。

心を開くか否かで話すか話さないかを判断します。

人との関わりに信用の有無を設け、疑いを多用する。

どこにFBIが、スパイがいるか、MI6はいつでも動けるらしい。というように人との関わりに緊張感を作る心理です。

[自分のことを話す=心を許す]という自己ルールがあります。

身を護るために人を選びます。

動物には何でも言っちゃう、盾なんかポイポイっと無防備ですけどね。

 

防衛意識は周囲を敵にする

過去の経験や傷が起因した価値観を持ちます。

人との関わりはマイナススタート。否定されなければゼロ地点に到達しますが、本人にとってはそれがプラスなので満足し、それ以上話す必要がなくなります。

価値観によって話す動機がなくなります。

その場がうまく成り行けば、スポットライトを浴びて否定される機会を作りたくない、間違ったことを言って大多数から論されたくない、盾は常にかざしておきたい、心配だから。

人の、物の、出来事の見方がネガティブで思考過多、危険察知に翻弄するために脳内と体は常に硬直、人といるだけで疲れてしまい、なるべく距離をとりたくなる。

周囲が遠ざかる、気楽だけどちょっと寂しい、行かないで、でも居ない方がいいかも、つまらないって言われた、嫌われた、嫌だ、でもこれでいいんだ…。

周囲が敵になっていきます。事実は自分から敵にしている、かもしれません。

 

自分のことを話さない人の心理:人との関わりがめんどくさい

当たり障りない人間関係になります。

めんどくさい人間模様を増長したり、煽りったりはしません。

なんせ一番めんどくさいのはめんどくさいと思うことです。

めんどうなので自分からあえて話しません。どうしてもと聞かれれば拒むようなめんどうもしません。

悲観的で批判的な心理とは違います。

人間のめんどくさい所は、我欲や私利私欲に支配の私物化といった他への干渉。人と会話するだけで自分の損得勘定をし、利益追従に他者を利用する執着に依存かと思います。

自分のことを話さない人は、他者を“利用”する人が苦手です。コミュニケーションや相互交流の“活用”である共有や調和が好きなので、めんどくさくなければ人との関わりに抵抗を作りません。

人との関わりは楽しみや喜びをもたらすポジティブなものにしたい価値観があり、話す内容以上にその場の雰囲気を重んじます。

がっつかず、俯瞰的に自分も他者も見て、自分のことを話すかどうか、その場を仕切り、創作し、みんなの笑顔を作るか、いやいや考えるのがもうめんどくさい。

でも雰囲気をぶち壊すことは絶対しない。

「話す内容ってそんなに大事? あぁ大事、じゃあ大事だね」と柔軟で、思考以上に感覚や感性優位の人が多いです。

当たり障りなくとは適度な関わりで人間関係に抵抗や邪魔を作らず、「平和的に行こうぜ」という潜在的な心理です。

 

自分のことを話さない人の心理:話す意味がない

本人にとって話す喜びがない、話す相手が違う状態が考えられます。

偉そうなわけではなく、自分を大切にするが故の在り方、己の尊重です。

人と関わるのは自分が喜び、満足や納得を得たいからです。誰しもそうだと思います。

自己犠牲を重んじて関わる苦労の美徳者は別ですが、自分のことを話すのは喜びを得る目的があり、社会性に反せず集団所属による保身と安泰確保など、人それぞれの利益を求めます。

自分の話をすることには何かしら満足や納得する意味があります。

  • 自慢したい
  • 場を仕切りたい
  • 評価されたい
  • 褒められたい
  • 肯定されたい
  • 会話を楽しみたい
  • 相手を喜ばせたい
  • 常識に反して排他されたくない
  • 否定されたくない
  • ‥‥‥

話す意味は人それぞれです。

「昔の俺はお金持ちでさ、何でも好きなもの買ってたんだよ」
「ふーん、で?」なんて言われたら、その人には自分のことを話しません。なんせ利益が生み出せない。

目の前にいる人に話す意味がなければ自分のことは話しません。

 

仕事とプライベートを分けたり何なり…

話すことに意味があるかどうかは、話す相手、会話の場、雰囲気にて変わります。

仕事場では一切話さなくても、プライベートではベチャクチャ。他部署に行っている時は別人のように話している、なんてこともあります。

喜びや苦痛のなさなどの利益を尊重する人は、人や場所によって話すかどうかが明確に分かれ、キャラや人間性までも変わります。

「この人、仕事場では一切話さないな」
クンクンとなんだかにおう。
ついて行けばここは新宿二丁目。そりゃ話さない、別世界の人。

人との関わりの意味を理解し、コミュニケーションの意味を持ち、自分を大切にし、他者に翻弄されない人という具合に、物事の価値観を持って自分の意見が明確であればあるほどに、自分の話をするかしないかが明確に分かれます。

 

どうして自分のことを話すの?

人との関わりの捉え方は千差万別。コミュニケーションの相互交流は言語交換ではないので、話すかどうかは選択です。

私達は五感があり、思考があり、心があります。

第六感や直感、波動認知や霊性など、スピリチュアルな概念を含めると、さらに人間関係の作り方や自己表現の形は如何様にも変わります。

あらゆる認知を基に自らを表す。数ある表現方法の一つが言葉を話して伝えることです。

世の中には言葉を話せない人はたくさんいます。障害や病気の症状だけでなく、言語能力がない人や、教育や生育環境に言語がなくて話せない人もたくさんおり、言語自体持っていない民族もいます。

私が数年海外を旅しただけでも多くの人々と出会いました。

そのような人々と出会ったので確信していますが、話すことを選択した人が話す方法をとっています。

どうして自分のことを話す(話す選択をした)のでしょうか?

……

おそらく、自己表現が最も幅広くできる方法だからだと思います。

するとわかることがあります。

自分にとって一番表現できる方法で自分を表したいから、自分のことを話します。

誰しもが褒められたい訳ではありませんので、自慢する人がいればしない人がいます。

そのような価値観や周囲の人や場所や環境の積み重ねによって、話さない選択が出て来ます。

話さないだけで伝えていたりします。話さなくても聞いたり感じたりしています。幅広いコミュニケーションをできるのが人間です。

※話せない理由がある人の話は、誰とも話が合わないのは変人だから?改善は一言「饅頭普通に食わせてー」をどうぞ。

誰とも話が合わないのは変人だから?改善は一言「饅頭普通に食わせてー」友達、彼氏、彼女、職場の先輩、上司など、誰とも話が合わない人がいます。 現状の違和感に対する合図があり、合わないことを気にするか否...

 

自分のことを話さない人の真意 まとめ

これまでの内容をわかりやすくするために二極化し、まとめて終了します。

自分のことを話さない人の二分け
  1. 自己表現をやめるために話さない人
  2. 自己表現方法を“話す”以外にしたことで話さない人

 

自己表現をやめるために話さない人

自己表現とは内側にあるものを他に伝えること。やめるとは上っ面のみになるか、関わりをなくす孤独かです。

しかし、無人島やジャングルで住むわけではなく、社会性を使用した生活の場合にはこうなります。

自己表現をやめるために話さない人は、人との関わりの意味を知らない。

私達は人と人が関わり合い、過去の蓄積と歴史の経験を育み、人間関係は社会性という仕組みになり、今も変化し続けている人と人、物と物、生物と生物が繋がりながら生きています。

社会は私達一人一人や過去の人々の組み合わさりで、時間の概念を超越して生きていると捉えられます。

生きている基盤の場所、土地、風土、地球、社会環境を知る大前提があり、周囲の人との関わりを学んでいきます。

生きている基盤や環境恩恵を理解せずに当たり前だと思うと、自分の話をしない人になります。

 

自己表現方法を“話す”以外にしたことで話さない人

聞く、感じる、思う、想う。

話すとは伝えるツールの一つですので、伝える以上に認めたり受け入れたり理解することを選択した心理があります。

成長しながら物事の意味や理解を深め、人によってはミクロ的に、マクロ的に、詳細に極めるか俯瞰して把握するかに分かれます。

この状態の人は切り分けが明確、余裕があり、社会を使用している前提を理解し、自らの意見や認識を持ちます。

ミクロ派は自らを尊重して話す人を区分けし、話すのか聞くのか、感じるのか思うのか、場所場所、人人で変えます。

マクロ派は話す内容以上に雰囲気や人との関わり、物事の洞察や理解にて受け入れを増やし、全体を把握します。

何も考えていないように見える人でも、色々考えていたり、または感じていたりします。

話さない人は奥が深いのかもしれません。

※自分のことを話さない人の理解が深まる話は、大人しい人は嫌われるかモテるかが明確│人との関わりにある魅力と毒 をご覧ください。

 

まとめ

話すと楽しい、嬉しい、喜ばしい。

そんな人もいれば、聞くと楽しい、嬉しい、喜ばしい人もいます。

雰囲気がめんどくさくない、良い塩梅、ちょうどいいという人もいます。

話すかどうかは選択で、必要なことではありません。

表現方法を変えたために自分のことを話さない人は、話さないからといって嫌われたり、つまらないと思われはせず、むしろモテたり好かれたり、時に妬まれます。

話さずとも内側を知り、在り方を知り、人間性を伝えるのが心理です。

このように話す以外にも伝える方法はたくさんあり、あらゆる表現には送受信の関わりがあります。

自分のことを話す人も話さない人も、心理を知ることでより物事の認識が深まれば幸いです。

それでは、自分のことを話さない人の特徴と心理のお話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

自己理解を深めて悩みを解決する個別相談。心理セラピストとのセッション。心理セラピストになる養成。
やる気を見出し、悩みを解決し、使命を得る機会があります。
現状打破と今後の飛躍。人生を変える選択の一つにされてください。

※あらゆる知恵の詳細。無料プレゼントのお受け取りはこちらからどうぞ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です