人それぞれ

心が冷たい、温かいとは│手が冷たい人は心が温かい明確な理由がある

心が冷たい、温かいと言われる人がいることは、心に温度がある意味なのか?

私達人間には感覚と感性と思考があることで、心の気持ちを捉える理解があり、自分の健康状態以外にも、精神に心理状態、物事の認識や人間性、自分としての在り方が心の温度のように存在します。

間接的に私達の身体は肉体と脳と心が全て繋がっている認識があり、自分の在り方が手を冷たくさせ、心を冷たくも温かくもさせます。

そこには、心が冷たい人と温かい人の特徴があり、手が冷たい人と温かい人の身体的で心理的な在り方があります。

ここでは、心が冷たい温かいの意味とそれぞれの特徴、手が冷たくなる心理的な理由から、手が冷たい人は心が温かくなる仕組みをお伝えします。

心と身体の繋がりを見ていきましょう。

心が冷たいとは

初めに、心が冷たい意味と冷たい人の特徴をご覧ください。

心とは

心とは何だか曖昧なもののように感じるかもしれません。

しかし、心には役割が明確にあり、若干のスピリチュアルが含まれます。

心とは波動感受にて気持ちを認識する自分の意志

“波動”とは振動エネルギーのことで、万物全てが有する“存在の証”のようなものです。

私達人間の場合、生きている以上常に発されるエネルギーで、自分の健康状態や精神状態、感情や心情、愛とエゴによる“自分の在り方”を示すもので、言い方を変えると“オーラ”です。

これは、音や電波や視覚情報となる光のように目には見えないものですが、感じることができます。感受です。

波動を感受して、それを気持ちに変換するのが心であり、「心地良い」「心地悪い」「心地良くも悪くもない」と感じます。

そこには、“愛”か“エゴ”か“脳との連動”かの違いがあります。

心地良い悪いと気持ちをシンプルに感じますが、良くも悪くもない場合には、脳の感情と紐づけて、人それぞれの認識や生き方に沿って気持ちを作り体感します。

その際には心での感受ではなく、脳によって感情を認識して、心と脳が連動をします。

 

心は意志を認識するツール

「心地良い」か「心地悪い」の二つの気持ちは心が愛とエゴをそれぞれに感じることでの反応です。

  • 心地良ければ愛
  • 心地悪ければエゴ

明確に分かれます。

心は自分の意志と真意を表します。

それは、自分の在り方に沿っていれば心地良く、反していれば心地悪く感じる、“ありのままの自分”との繋がりです。

ありのままの自分と言っても、羽をはやして裸でパタパタ飛んでいるようなことではありません。

抵抗のない自分の姿のことでして、違和感や不調和を感じない自分らしい状態です。

例えば、悪いことの定義は社会的に脳の思考で作っているので、本望として悪いことが好きであれば、心からの意志としてありのままの自分である状態です。

その意志は言い方を変えると“魂との繋がり”でして、自分を誤魔化さずに抵抗のない状態を認識するのが心の役割です。

心がないと、誤魔化しや思考による真意の偽りを偽りだと思えなくなります。世の中のルールに準じたり反したりと、全ては社会性を軸にすることになり、合理主義の統一主義で、自分の意志を認識できなくなります。

 

心は愛とエゴを認識するツール

意志を認識するための心があることで、自分らしくあるのか否かにて、愛かエゴかが分かれ、「どれほど自分のことを受け入れているのか?」が、そのまま愛とエゴを体感させます。

  • 受け入れられる出来事や自分に対しては心地良く感じる
  • 受け入れられない出来事や自分に対しては心地悪く感じる

例として、自分を愛していれば自分でも他人との関わりでも心地良くなり、受け入れられないこととして嫌悪や抵抗や恐怖があれば心地悪くなります。

愛かエゴか、言い方を変えると、敬いか恐怖かにて感じる気持ちが変わり、それぞれを認識するために心があります。

以上から、心とは波動感受にて気持ちを認識する自分の意志という解釈となり、心は愛かエゴかを区分けして体感するもので、自分の認識や在り方である“人間性”を基準にしています。

自分自身や他人や物事を受け入れているか否か、または受け入れの割合にて自分らしさが決まり、愛かエゴかの違いは、“自分にとって受け入れられるか拒否か”にて作られます。

すると、心の温度として冷たい人なのか温かい人なのかの意味と特徴が表れます。

※心の働きを知る話は、心を知るとモヤモヤの理由がわかる│スピリチュアルな心の働きとは をご覧ください。

心を知るとモヤモヤの理由がわかる│スピリチュアルな心の働きとは「心がなんだが、モギュモギュ、ザワザワ…いや、これを表現するとモヤモヤだ」 心地悪さとして心がモヤモヤすることがあります。 ...

 

心が冷たい人

心が冷たくなるのは、受け入れない拒否が多く、エゴが多いためです。

すると、自分の意志が認識できなくなります。

拒否をすることが多く、エゴが多くなることで愛が少なくなります。

そのため、心が冷たい人の大きな特徴は拒否が多く、愛がないことです。

心が冷たい人とは拒否とエゴが多く、愛がない

 

エゴが多いとは

拒否することで、物事を現実として起きたままに認めません。

「今ソフトクリームはがっつり地面に落ちました」と認めなければ、いつまでもそれが頭の中に残り、対処できない悩みになります。

それは苦しみになり、寝る時にも、「あぁ、なんであそこでソフトクリーム落としたんだ、くそっ!」となります。

心が冷たい人はそれを続け、エゴがあることに妥協しません。

「エゴが悪い」なんてことは固定観念でしかありませんので、拒否を続けます。

すると、あることが起きます。

“攻撃的”になります。

妥協をすると、「こんな自分は良くない」「もっと受け入れないと」「起きたことなんだから仕方がないじゃないか」と現実を受け入れて対処しようとします。

それでは心が冷たい人にはなりません。攻撃的であることに違和感や嫌悪を感じてしまうことは、自分の意志を認識して愛があることを意味します。

そもそも“エゴって何?”という話ですが、エゴとは自分を守るための対処として、自分が否定された時(嘘をつかれる、騙される、押し付けられる、決め付けられる、愛されないなど)に心が傷つかないように、嘘をつき、誤魔化し、無視して、卑下して、他を蔑み、うぬぼれ、攻撃的に排他をする意識です。

そこに共通しているのは、他人と区別することで自分を見出して認識する在り方です。

※エゴの詳細は、エゴの意味とはスピリチュアルな契約|エゴがない人が教える活用方法 をご覧ください。

エゴの意味とはスピリチュアルな契約|エゴがない人が教える活用方法私達は常に二人の自分を持ち、使い分けたり、使われたりと共存や利用の関係性を持ちます。 そんな二人の内の一人をエゴと言います。 ...

 

心が冷たい人は否定されなければなれない

エゴを多くしても妥協をすることで攻撃的にはなりません。

人を否定・批判・非難する際、心から攻撃的になるためには、自分の行為を“善し”とします。

正当化するためには思考的に、「これでいい」と思うための理由やルールを付けて、楽しもうとしたり、自分の真意を消したり、とにかく邪魔な意識を消して貫きです。真っ直ぐに、隣に掛け声や引き戻す声があっても無視、ある意味純粋です。

それは、自分も他人も敬わない状態で、他人が苦しむことや自分が納得することで正当化します。

すると、バイキンマンみたいになりません。バイキンマンは少し妥協した組です。

あの人は悪事を心から楽しんでいるタイプですので、若干サイコパス的な遊びの感覚が入り、自分の世界を持って喜びを敬い、自分を愛する状態です(※完全に私の勝手な意見です)。

一切の妥協なくエゴを増やすためには基盤が必要で、幼少期の影響としての心の傷が特に深くあります。

反応していたら身が持たないほど否定をされた場合には、開き直りのように自分を守るためにエゴを増やし、一切の愛の介入をなくして貫くことで、心から攻撃的になります。

完成です。心、凍ってます。

 

心が冷たい人の特徴

目立った特徴をいくつかご覧ください。

心が冷たい人の特徴
  1. 他人に興味がない
  2. 自分を愛していないことに違和感がない
  3. 表情が一つしかない(無か笑っているか怒っているか)
  4. 社会的な固定観念は強くないが自分ルールの固定観念が強い
  5. 思い込みと決め付けが激しい
  6. 愛への嫌悪があり、距離を取ろうとする
  7. 他人を敬う気持ちがない(自分にもない)
  8. 嘘をつき、騙す
  9. 他人の辛さがわからない、協調性がない
  10. 他人を否定することと挨拶は同義
  11. 傷をつけるために攻撃的になる

心が冷たいことで、他人にも冷たいと同時に自分にも冷たい特徴があります。

そのため、「自分がどう思われるか」「自分の好きなことをして喜びを与えたい」ということを気にせず、社会的に地位や名誉を取得して、人を馬鹿にしたり否定することが当たり前の状態を作ることに喜びを見出します。

しかし、喜びが何かがわからないので趣味の一つとして行為し、物事に執着をしたり、地位に依存することはなく、何か集中できることや喜びを探しながら生きます。

 

心が冷たい人の攻撃性はガチ

攻撃性には、相手を傷つけるためのものがあれば、自分を守るためのものもあります。

心が冷たい人は明確に“相手を傷つけ、苦しませるため”という目的があり、そこに最も大きな特徴があります。

例えば、若い頃に悪事を働いたりヤンキーになる人は、心が冷たくない人で、自分の意志を消さない人です。

家庭環境や周囲にエゴが多く、周囲からの攻撃性から身を守る術としてエゴを使用するタイプです。

攻撃性の目的が自分を守るためでして、自分を否定されることや、自分らしくいられない状況があると攻撃的になりますが、それは他から否定される行為があることが動機になり、周囲の環境や社会性からの縛りに対してのものです。

自分を守るための防御として、盾でどつくみたいな状態でして、周囲にエゴが多ければ多いほど、盾を尖らせることをします。

しかし、根底の心理には“自分を守るため”という自分への愛があり、自分のために攻撃性を活用します。

ヤンキーの中に、心が冷たい人がいるとどうなるか?

完全に浮きます。

喧嘩をすると仲良くなることがあるかもしれませんが、心が冷たい人は、相手を傷つけることに違和感がなく、反省もなく、喜びもありません。

その際に、無理矢理に喜びを作る人は自分を守るための攻撃意志でして、心から喜ぶ人は自分を敬い愛するサイコパス的な人です。

心が冷たい人はガチで攻撃をして、心が痛くなることも、喜びを抱くこともなく、「これは喜びかな?」と頭を傾げて終わりです。

なので一人でいることがほとんどです。居場所がないので、しもべとかを作りますが、友人という関係ではありません。

※心の声を知ると理解しやすくなるので、心の声を聞くとは│意志を知る頭と体との連動。魂を含めた意味がある をご覧ください。

心の声を聞くとは│意志を知る頭と体との連動。魂を含めた意味がある心に声があり、頭に声があり、体に声がある。 一体どの声を聞くのが良いのか? その答えを知っているのが意志です。 何の声...

 

心が温かいとは

次は心が温かい人です。これまでは冷たい内容でしたので温めていきましょう。

心が温かい人

心が温かいことにエゴのあるなしは重要ではなく、愛があるかないかにて決まります。

愛があることは、受け入れが多く拒否が少ないことで、受け入れることは敬いが含まれます。

心が温かいとは : 敬いの愛を持つ
※受け入れが多い

エゴがあっても、ヤンキーのように自分への敬いや意志の認識があり、口が悪くても心が優しい真意があります。

 

受け入れと敬いの繋がり

自分や他人や物事を受け入れることは、あるものをそのままに認める意味になります。

他人であれば他人そのものを認めることなので、干渉や介入、押し付けや決め付け、依存や執着はありません。

人をそのままに尊重して、意志をあるがままに認める“敬い”があります。

それは自分でも物事でも同じです。

自分を敬い、他人を敬い、物事を敬うことが“受け入れる”意味でして、そのまま、「自分を愛する、他人を愛する、物事を愛する」ということになります。

※心が温かい人の持つ愛は、愛とは何かを紐解くスピリチュアルと哲学|想いに種類と意味がある をご覧ください。

 

エゴの攻撃性はあくまで自己防衛

心が温かい人は敬いがあるために、心が冷たい人のような攻撃性を持ちません。

エゴがあっても、あくまで自分を守るために攻撃性を使用して、無視をしたり、蔑み、うぬぼれ、嘘をつき、否定や批判や非難をします。

心が温かい人は周囲の環境によって攻撃性になることはあっても、あくまで防御であり、自分の意志と真意を明確にしているために、自分の喜びを尊重する考え方と生き方をします。

自分を敬えば敬うほどに自分の喜びを尊重します。すると、攻撃性から距離が遠のき、自己防衛としても攻撃をしなくなります。

 

心が温かい人の特徴

心が温かい人の目立った特徴はこちらです。

心が温かい人の特徴
  1. 受け入れる許容が広い
  2. 敬いの気持ちが強い
  3. 自分を愛している
  4. 自分の喜びを尊重することから、他人と共感しようとする
  5. 協調性があり、他人の喜びが自分の喜び
  6. 物事を深く考えず、悩みを持たない
  7. 生命への区分けや差別の固定観念がなく、生き物に同じように関わる
  8. 地球や住む場所など、環境への配慮がある
  9. 苦しみや辛さに敏感
  10. エゴを感じやすく、体調の変動が激しい
  11. 意志が強い

心が温かい人の大きな特徴は自分への敬いが強いことです。

自分が喜ぶことを尊重して、その状態を貫きます。そのために、他人が喜ぶことも自分の喜びとなる余裕があり、物事を受け入れる許容を広く持ちます。

さらに、受け入れるための認識が鋭く、愛とエゴを心で感じる感受性が高く、波動や周囲の影響を受けやすい体質であることから体調の変化が著しくあり、自然を好み、食べ物を考慮して摂取します。

認識が深いのでさまざまな情報を取り込む観察力がありますが、自分のために脳を休ませ、悩みを作らず、感覚や感性を主体にします。

※心が温かくなるために必要な理解は、心の声に従うことの真意│実はどうでもいいそんな声の秘密。をご覧ください。

心の声に従うことの真意│実はどうでもいいそんな声の秘密。心の声を聞き、そこに耳を傾ける際、何を思いますか? 心の声は思考ではなく意志から生み出されるために、頭の声とは違います。 心...

 

手が冷たい人は心が温かい話

最後に、これまでの話から、手が冷たい人は心が温かいのかどうかの話をして終了します。

手が冷たい心理的な理由

手が冷たくなる理由はいくつかありますが、全てはこの一つに繋がっています。

“血行不良”です。

血が流れないことで手が冷たくなります。

血が流れない理由は人それぞれにあり、不健康な食生活や運動不足にストレス過多が考えられます。

流れに滞りを作る理由があり、気が流れていないことも考えられます。

同時に、無意識ですが、体温を逃さないために血管を収縮させて、手と足に血が流れずに冷たくなります。

そこには、体温を作り出すことが難しい状態があり、その理由の一つに、呼吸の循環がうまくなされていないことが考えられます。

その原因となるのが、恐怖心を抱える心理的な在り方です。

手が冷たい理由 : 呼吸の循環が起きていない
※呼吸をうまくできない理由に恐怖心がある

 

手が冷たい人は心が冷たい

手が冷たい理由となる呼吸の循環は、自分の在り方に抵抗がなければ停滞や障害は起きず、スムースに流れます。

しかし、恐怖心があることで自分らしくあることを止めてしまい、自分の在り方に抵抗を作ります。

その恐怖心とは否定をされた経験と記憶から作られます。

そうです、心が冷たい人と同じです。

 

手が冷たい人は否定をされて心の傷を持つ過去がある

否定の行為をされないで育つ人など存在しないと思います。ですが、否定が過激でエゴを基に攻撃をされることで、干渉をされて私物化され、自分の世界に介入され、押し付けと強制にてゴジラのようにグシャグシャと壊されます。

そして、嘘をつかれることで自分を見失う原因を作られ、さまざまに心の傷をズタズタと負います。

それが積み重なることで恐怖心が強くなり、恐怖心を味わわないためにエゴを作って増やしていきます。

特に脅しや圧迫にて強制や強要をされることで、恐怖心から呼吸がうまくできなくなります。

そして、人への恐怖や嫌悪感を持ち、物事を受け入れない拒否が増え、人との関わりや存在自体を受け入れず、呼吸を吸い込むことをしない無意識の認識が作られます。

フッと息を吹いて煙を吸わないような在り方となり、他人や物事への嫌悪感にて空気循環が体内で起きず、また、酸素量の少なさにて心臓を初めとした内臓器官が働かずに体温を作れなくなり、手も心も冷たい人になります。

物事を自分に取り込みたくない心理があり、吐き出すことが多くなり、深く空気を吸う感覚すら忘れていきます。

しかし、自分への敬いを消さなかった人は別枠です。心が温かい人になります。

 

手が冷たい人は心が温かい

恐怖心からの拒否に嫌悪感、それは他人と物事に対するものです。

それを自分に対して抱くかどうかにて、心が冷たい人になるか、心が温かい人になるかが分かれます。

そこにコントロールはありません。否定されて恐怖が増えることで、対処はエゴを増やすことに集約されます。

しかし、“自分の意志を消すか消さないか”、心の認知にて全てが変わります。

 

心が冷たい人は手が冷たいまま恐怖に飲み込まれた

恐怖が多すぎると、自分として存在することができません。何もかもが怖くなり、人を信じることもできなくなり、自分の存在を消さないように人を馬鹿にしたり、うぬぼれていきます。

そして、最終的には攻撃的になり、自分が経験して対処していることから人の辛さや苦しみに共感することはしません。

恐怖のある中で自分を出すことは心をズタボロにされる自滅行為です。そのため、自分を消し、意志である真意や本心を消し、自分への敬いがなくなります。

心が冷たい人は恐怖に完全に飲み込まれた人です。防衛として自分が消えてなくなることを選び、恐怖に怯えない在り方として、攻撃性を持つことを選びました。

 

心が温かい人は手が冷たいまま自分の意志を消さなかった

片や恐怖の中、自分を消すようにエゴを増やして対処をしながらも、どこかで自分の意志を貫く人がいます。

心のどこかで自分の意志がたまに見え隠れします。
自分の意志が出ると現状の自分の在り方と真意のギャップから自分で自分を苦しめるので、見ないようにします。

しかし出てきます、「私は隠れんぞ!これが私なんだよ!」と。

自分の意志を持って恐怖を克服するための時間を過ごし、経験と学びによる成長を手に入れた人は、あらゆるエゴを乗り越え、完全に自分を自覚して受け入れることになります。

そして、心が温かい人になります。

恐怖を克服する際にはあらゆる自分を受け入れるため、そのままの自分を受け入れることで手が冷たいままになります。

自分に敬いを持っているために、手が冷たいことに抵抗や嫌悪がありません。

手が冷たくて心が温かい人は、恐怖を味わう経験があることでより人の辛さや苦しみがわかり、他人を敬う気持ちを持つ。

他人の喜びが自分の喜びになり、人を助けてサポートをすることや、物事を発信する立場にて人と共有と協調をして、心温かい人の在り方となる。

心が温かい人は強い人である話は、本当に強い人の特徴はシンプル。肉体もメンタルも超越した地球の姿 をご覧ください。

本当に強い人の特徴はシンプル。肉体もメンタルも超越した地球の姿強さには人としての強さ、動物や虫などの生物の強さ、植物や自然としての強さなど、それぞれの世界の強さとなるものがあり、それは求めるものでは...

 

手が冷たい人は心が温かい理由

手が冷たい人は心も冷たいです。しかし、恐怖を知っているからこそ恐怖を受け入れ、自分の意志を消さなかった人は、人の痛みを知る心温かな人となります。

その理由の一覧はこちらです。

手が冷たい人は心が温かい理由
  1. 否定をされ、トラウマや心の傷を多く持つ経験がある
  2. トラウマや心の傷を解消して自分を取り戻している
  3. 恐怖を受け入れ、克服をしている
  4. 強いエゴを知ることで、より愛を知る基盤を持つ
  5. 辛い経験にて、人の辛さを理解して敬いを持つ

 

手が冷たい人は感受性が高く、心が温かくなる基盤となる

自分の意志を消さなかった人は、手が冷たくなる環境があっても、心を取り戻します。

血が流れずに手が冷たくなる理由は体質にもあり、感受過敏である気質も考えられます。

エゴの波動を感受し過ぎることで、より心は傷を負うこととなり、体調への影響が強くなり、体が弱くなります。

すると、食べるものも決まり、脂肪をつける食べ物を求めず、健康を維持することを求めて野菜や穀物や果物や魚などを好んで食べる在り方が作られます。

そのように環境と同時に、自分の体質や気質の影響もあり、全てを含めて自分の在り方が作られ、恐怖への対処が作られます。

そのため、感受性が高い人は手が冷たくなりやすく、同時に心が温かくなる基盤にもなります。

 

手が温かい人と手が冷たい人の心の温かさの違い

手が温かい人は物事の受け入れが寛容で、空気の吸入に抵抗や苦しさがなく、生きることや自分の在り方に余裕が生まれます。

すると、脂肪にて肉体を守る余裕と同時に、自分への敬いや恐怖への対処に余裕があり、あまり物事を考えて悩み込むような在り方が作られなくなります。

それは、幸せになりやすい体質でもあり、気楽に、時にテキトーに物事を受け入れたり流したり、とても寛容で柔軟です。

そして、自然な形として自分を敬う気持ちが増えます。

比べるものではありませんが、辛さを経験しているかいないかの違いがあることで、手が冷たい人が恐怖を受け入れて克服した暁には、手が温かい人とは比べられない心の温かさを手に入れます。

  • 手が温かい人…自分を敬う意志を持つ
  • 手が冷たい人…自分を敬い、人や物事を敬う意志を持つ

※手が冷たい人の辛い経験によって、他者を敬う気持ちがもたらされる

どちらも温かいことに変わりはありませんが、手が温かい人は自分への敬いを強く持ち、手が冷たい人は自分への敬いを強く持つと同時に、人や物事への敬いを強く持ちます。

※手が冷たい話の詳細は、手が冷たい人のスピリチュアルは心ポカポカ|冷え性は幼少期に原因がある をご覧ください。

手が冷たい人のスピリチュアルは心温か|冷え性は幼少期に原因がある冷え性が続き、まるで氷河期が体内を駆け巡ります。 血行不良から起きる体の冷えを改善しようと、ポカポカお風呂にジワジワホッカイロ。 ...

 

心が冷たいと心が温かい まとめ

心が冷たいことと温かいことには、エゴか愛か、拒否か受け入れかの違いがあります。

そして、核として自分の意志を消すか貫くかの違いがあり、恐怖になってしまうか対峙するかの全く違う在り方が同じような経験から作られます。

自分の意志を消さない人は、恐怖に飲み込まれず、手が冷たいままでもそれを受け入れ、恐怖を受け入れることで心が温かくなる経験を積みます。

心が生まれた時から温ければ、その温度を維持することができます。しかし、それ以上に温かくする場合には、心が冷たい状態を知る必要があります。

言い方を変えると、恐怖を味わう経験があることで、自分だけではなく他人を敬う気持ちを抱き、人の喜びが自分の喜びとなる大きな愛を持ちます。

心が冷たい人は“愛”という言葉に強い反発と嫌悪感を持ちます。それは、恐怖に飲み込まれる決意をしたためでして、愛と決別するほどの決意にて、「愛ってなんだ」「バカらしい」と自分の真意がよみがえることを恐れます。

人それぞれに生き方と在り方があり、何が良いも悪いもなく、心の温度は人間性として温かく冷たく調整されます。

それが成長であり、生きている意味であり、上も下も右も左も知ることで、世の中をより知る認識がもたらされるのかもしれません。

それでは、心が冷たいと温かい意味、そして、手が冷たい人は心が温かい理由についての話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

『幸せへ導く』あなたの悩みを電話占いで解決

新規登録で最大10分間(2400円分)無料特典プレゼント

有名芸能人を鑑定したこともある実力派占い師が所属しているカリス。

鑑定件数100万件以上の実績があるので、電話占いに不安を感じている方でも安心して相談できます。

電話にて24時間いつでもどこからでも、あなたのお悩みを解決に導きます。

PR:Tphereth

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です