心理

手が冷たい人は心が温かい明確な理由がある│心理と特徴に心の温度の基

心とは意志となる認識の源であり、重要な人間性を表す熱量管理装置です。

そんな心の温度は手に反映するのでしょうか。

手が冷たい人は心が冷たい。
手が温かい人は心が温かい。

ここにどんな繋がりがあるのか不思議なものですが、心理と精神を含めることで紐解きが露になります。

ここでは、手が冷たい人は心が冷たいこと。そして、手が冷たい人は心が温かいことの両方の理由をお伝えします。

手が冷たくて心が温かい人の特徴と共に、どうして心が温かくなるのかの詳細をご覧ください。

人の痛みを知ることでの心の熱量変化の仕組みが見られますので、人の理解が深まる内容であることを願います。

手が冷たい人は心が温かい理由

手が冷たい心理的な理由

手が冷たくなる理由はいくつかありますが、全てはこの一つに繋がっています。

“血行不良”です。

血が流れないことで手が冷たくなります。

血が流れない理由は人それぞれに、食生活や運動不足、睡眠の質に、胃腸を初めとした内臓の働きと抵抗量、生活習慣にストレス過多が考えられます。

さまざまな理由はあれど、血が流れないことで、心身に流れる空気、リンパ液、エネルギーの停滞・不良・バランスの逸脱があり、手を冷たくする要因が増えていきます。

さまざまに心身内部を流れるものが絡み合い、影響し合うことで循環が作られて血が流れ、身体を下から上から温めてくれます。

同時に、無意識ですが、体温を逃さないために血管を収縮させる働きにて、手と足に血が流れずに冷たくもなります。

体温を作り出すことが難しい理由は、血を初めとした心身の循環がうまくなされていないことが考えられ、そこには心理的な理由があります。

恐怖心を抱える在り方です。

恐怖によって起きるのは、呼吸による空気循環の欠如。

吸入空気量が減り、吸入と吐出のバランスが崩れ、循環不良が起き、血が流れづらくなります。

手が冷たい心理的な理由は、呼吸の循環に抵抗を作る恐怖心。

※さまざまな理由の中での、心理的に考えられる点に“恐怖心”を抱える人間性が関与します。食事や生活習慣、内臓管理や呼吸法によって手の冷たさは改善できるため、恐怖心があっても手が冷たくない人、または冷たいと認識していない人もいます。

 

手が冷たい人は心が冷たい

手が冷たい理由となる呼吸の循環抵抗は、自分の在り方に抵抗があることで停滞や障害が起きます。

恐怖心があることで自分らしくあることを邪魔し、自分の在り方に抵抗を作ります。

恐怖心とは否定された経験と記憶から作られ、手と同時に心も冷たくなります。

 

手が冷たい人は心に傷を負った過去がある

恐怖の基となる否定行為は、他者からの押し付け、干渉、決め付け、放置、無関心、強制、強要、支配などです。

そのために、怒り、脅し、悲しみ、心配、嘘、誤魔化し、無視、同情誘いなどの行為を使用します。

否定されて過激に攻撃されることで、支配や干渉にて自分の世界を私物化され、押し付けと強制にてゴジラのようにグシャグシャと心を壊されます。

積み重なることで恐怖心が強くなり、恐怖心を味わわないために人それぞれ自己防衛の対処が表れます。

自己否定にて攻撃を感じないようにし、嘘をついて自らの価値をなくし、攻撃的に対抗して他者を蹴散らすようになっていきます。

全てに共通していることは、“心を閉ざす”ことです。

否定行為にて恐怖心を抱え、心を閉ざすことで呼吸への抵抗が作られます。

そして、人への恐怖や嫌悪感を持ち、物事を受け入れない拒否が増え、人との関わりや存在自体を受け入れず、呼吸を吸い込もうとしない無意識の認識も作られます。

物事や人を自分に取り込みたくない心理にて、吐き出すことが多くなり、深く空気を吸う感覚を忘れていきます。

フッと息を吹いて煙を吸わないような在り方となり、他人や物事への嫌悪感にて空気循環が体内で起きず、また、酸素量の少なさにて心臓を初めとした内臓器官が働かず体温を作れなくなり、手も心も冷たい人になります。

 

心が冷たい人は手が冷たいまま恐怖に飲み込まれた

恐怖は自分らしさにあらゆる抵抗を作ります。

抵抗は緊張という固さを作り、血も空気もリンパもエネルギーも流れにくくなります。

見たくない、認めたくない、信じたくないと拒否することで、苦痛から逃避する在り方となり、それが恒常化されることで恐怖に飲み込まれることを認めます。

恐怖にあらがう意志がなくなり、何もかもが怖く、人を信じず、人を馬鹿にし、うぬぼれ、見栄を張り、攻撃的になり、嘘をつき、干渉し、同情させ、現実を誤魔化すようになります。

自分を大切にするのではなく、苦痛を味わわないことを選択して、心が冷たい人として完成します。

心が冷たい人は恐怖に飲み込まれることで、苦痛を避ける在り方を選びます。

 

手が冷たい人は心が温かい

恐怖心を抱くことで、物事への拒否と嫌悪の認識が増えます。

心理的に拒否があると、嫌な場所や人などの前では思いっきり空気は吸いずらくなります。

そこには、受け入れたくない認識があり、物事への拒否として呼吸に抵抗が発生します。

拒否の認識は、不安や恐怖の苦痛を味わわない自己防衛からの在り方であるために、自分を大切にする意識ではなく苦痛から逃れる一時的対処、逃避です。

閉ざしたままでは心は冷たくなっていきます。

手が冷たくとも、恐怖心との関わり方によって心が温かい人になり、手が冷たくて心が冷たいのか、手が冷たくて心が温かいのかに分かれます。

手が冷たくても心が温かい人は、恐怖を克服して自分を大切にする人のことです。

 

心が温かい人は手が冷たいまま自分の意志を消さなかった

恐怖の中で対処しながらも、どこかで自分の意志を貫く人がいます。

苦痛からの逃避以上に“喜び”を選択することで、自分を大切にする意志を恐怖に飲み込ませません。

自分の意志を持ち、恐怖を克服するための時間を過ごします。

それは少し辛い時間となりますが、恐怖を知り、自分を知り、認識を理解し、閉ざされた心を開く道を歩みます。まるでRPGのようです。

経験と学びによる成長を手に入れた時、光り輝く剣がもたらされ、というのは冗談ですが、あらゆる心の闇を乗り越え、自分と恐怖を受け入れます。

心が温かい人になります(タラタラッタターと)。

環境以外にも自分の体質や気質の影響もあり、さらに心理の影響もあり、さまざまな要因が絡み合って手が冷たいという結果になり、人それぞれに心を温める道を選択します。

 

心が温かいとは

心が温かい人は自分を大切にする意志を選び、その後の恐怖との対峙を経て心を開くことで、より意志という熱の基を増やします。

心とは自らに喜びを作り与えようとする敬いの気持ち、こそばゆく、“愛”とも言います。

愛とは自分と他を敬うことであり、俯瞰性を持つことです。

心が温かいか冷たいかの意味は、自分を敬っているか否かです。

それは、自分を撫でて甘やかし可愛がることではなく、尊敬と尊重を持ち、自らを大切にする意志です。

心の熱量は、自らを大切にする意志=敬いの気持ちにて変わります。

 

意志とは敬いであり、許しであり、覚悟であり、強さ

心を温かくする意志は、恐怖があることで閉ざされます。

理由は単純に怖いからです。

心を開いて剥き出すと、いくらでも攻撃される可能性があります。

しかし、恐怖を克服して心が温かくなった“元冷たい人”は、経験によって自然と意志を認知し、恐怖に恐れることがなくなります。

意志を貫くためには自らの敬いを始め、恐怖を与えた人を許す必要があり、心が温かい人は既に終わらせています。

それは自分を許すことを意味します。恐怖を与えた人とは存在せず、在るのは自らが作る記憶だけです。

許しには覚悟や決意が要り、そのために精神からもたらされる強さとして、恐怖に打ち勝つのではなく受け入れる真意があります。

全ては自らの理解に繋がる過程があり、恐怖を克服した暁には、それらの過程は全て敬いであることに気付きます。

恐怖があればあるほどに克服が難しく、手が冷たい人は心が冷たい経験を経てから心が温かくなるために、叩き上げのように、心が温かい人の中でも特出した強さを持ちます。

意志が強ければ強いほどに他人の喜びが自分の喜びになり、人を助けてサポートすることや、共有や調和の自他への敬いを持つ、心温かい在り方として強さが表れます。

※強さの詳細は、本当に強い人の特徴はシンプル。肉体もメンタルも超越した地球の姿 をご覧ください。

本当に強い人の特徴はシンプル。肉体もメンタルも超越した地球の姿作られたものであればルールや定義があり、それは人にしかできない思考ゲームです。 何をもって強い人となるのか? 人には人の強さ...

 

手が冷たくて心が温かい人の特徴

手が冷たくて心が温かい人の特徴

特徴にて人物像がわかりやすくなりますので、順番にご覧ください。

1、トラウマや心の傷を克服して自分を取り戻している

過去の傷を克服することで心を知り、温かさと共に自分を取り戻します。

そのため、自分が温かさの基であることを知り、より自らを敬います。

 

2、恐怖を理解して受け入れている

心を温かくするために恐怖との対峙を経験し、恐怖を受け入れるという過程を踏んでいます。

恐れや不安という苦痛に対する理解があり、逃げることをせずに関わる術を知ります。

極端に言うと、「恐怖と仲良し」という具合で、理解の上での関わり方をします。

 

3、人の辛さを理解して自他への敬いを持つ

自らが苦痛を味わう経験をしていることで、人の辛さや痛みを理解しています。

さらに、恐怖を受け入れて克服しているために、他者へも余裕を持った関わり方ができ、自分のみならず他者への敬いを持ちます。

 

4、感受性過敏

誰しもではありませんが、手が冷たくなりやすい気質となるのが感受性過敏、または感受性が鋭い特徴です。

否定行為だけでなく、否定の感情や気持ちなど目には見えない認識をも感受するために、より心は傷を負い、体調への影響が強く体が弱まります。

心に傷を負いやすく、人よりも辛さや苦しみが増えますが、心を温かくするための基盤作りにもなり、自分や人や物事をより深く知ることができます。

 

5、自分への理解が深く、洞察力がある

経験値が高いことで理解が深く、表面だけでなく本質的な見方をします。

意味や原因を掘り下げるように内面を見る洞察力があり、見方が一辺倒ではなく多角的です。

 

6、物事の認識が広く、俯瞰性がある

自分を理解しているために物事の認識幅が広く、他者が見逃すことも把握します。

認識に俯瞰性があり、少し上から全体を一つとして捉えるように見て、それを私利私欲に利用せず、全体の利益として活用する人間性です。

 

7、エゴを知り、愛を知る

エゴである、自分を他と区別して見出す意識を知ります。

同時に、愛となる、自分を自分で見出す意識を知ります。

拒否や攻撃性、受け入れや敬いを両方知ります。

 

8、陰と陽を兼ねている

エゴと愛を知ることで、陰と陽を兼ね備えます。

陰にも陽にも偏ることができますが、バランスを取ることもできる特徴です。

 

9、ネガティブを悪としない

固定観念が少なく、観念に揺さぶられず、自らの認識は明確です。

常識やルールや外部情報のみで、見方や捉え方を変えるような価値や認識の見出し方をせずに、自らと全体の目線を持って認識します。

ネガティブは悪、ポジティブは善というような良い悪いを表面に張り付ける評価をせず、刻印のジューとした重いのを持つような具合です。

 

10、強さからの優しさを持つ

肉体でもメンタルでもない、意志の強さを持ちます。

確固たる意志にある敬いと許し、覚悟と決意には人を想う優しさがあり、心から温かい気持ちで人と接します。

人を温かい気持ちにさせる人です。

以上が特徴でした。

 

手が冷たくて心が温かい人の特徴 一覧

特徴の一覧です。

手が冷たくて心が温かい人の特徴
  1. トラウマや心の傷を克服して自分を取り戻している
  2. 恐怖を理解して受け入れている
  3. 人の辛さを理解して自他への敬いを持つ
  4. 感受性過敏
  5. 自分への理解が深く、洞察力がある
  6. 物事の認識が広く、俯瞰性がある
  7. エゴを知り、愛を知る
  8. 陰と陽を兼ねている
  9. ネガティブを悪としない
  10. 強さからの優しさを持つ

※心が温かい人と冷たい人の特徴は、心が温かい人と冷たい人の特徴と違い│心の温度の仕組みに意志がある をご覧ください。

心が温かい人と冷たい人の特徴と違い│心の温度の仕組みに意志がある体温とは別に存在する心の温度。 温度の熱量によって、心が温かくなったり冷たくなったり。 さらには、心が熱くなったり寒くなった...

 

手が冷たいまま心が温かくなるのはなぜか?

最後に、「心が温かくなっても手が冷たいままなの?」という疑問への理解をお伝えして終了します。

手が冷たいことは血行不良を初めとして、空気やリンパやエネルギーの停滞、生育環境や身体的特徴の因果、体質に気質の因縁、恐怖の多さとなる心理があり、循環がスムースではなくなる呼吸の抵抗があります。

私達一人一人はそれら全てを踏まえて、呼吸にて生存を無意識に紡ぎますので、呼吸法は過去の記憶による潜在意識を基にします。

無意識の行為であるために、呼吸法を突然変えることは非常に困難で、瞑想やヨガにて意識して一時的に変える、または継続することで徐々に潜在意識に刷り込んで変化を促します。

呼吸法を変えることは可能ですが、意識して変えようとする“現状へのあらがい”がないのが、手が冷たくて心が温かい人です。

手が冷たい自分を受け入れているために、手の温度変化を求めません。

恐怖と対峙する過程を経験し、その際の克服にて自分と恐怖を受け入れます。

拒否をなくして受け入れるので、手が冷たい自分をそのまま敬います。

心が温かい人は手が冷たいことを負や悪と思うことがなく、冷たいことも温かいこともどちらも大切で必要だと認識します。

血行が大きな理由となるために、脂肪や筋肉量、食事や睡眠を変えて、内臓器官の働きと休息のバランス、血液を増やして血を流し、循環させるように空気量も増やし、それらを円滑にするために緊張という固まりを解き、血・空気・リンパ・エネルギーのバランスを持って流れを作ることが可能です。

自分を理解しているために必要であればいつでも管理できるのが、手が冷たくて心が温かい人です。

シンプルに、「わざわざ変える必要はない」ということで、手が冷たいままになる気楽な人です。

※手が冷たい際の精神的な改善の話は、手が冷たい人のスピリチュアルは心温か|冷え性は幼少期に原因があるをご覧ください。

手が冷たい人のスピリチュアルは心温か|冷え性は幼少期に原因がある冷え性が続き、まるで氷河期が体内を駆け巡ります。 血行不良から起きる体の冷えを改善しようと、ポカポカお風呂にジワジワホッカイロ。 ...

 

手が冷たい人は心が温かい まとめ

手が冷たいことから始まる心を温める物語、という具合で読んでいただければ幸いです。

心の温度に関わる材料があることで、心が冷たい人も温かい人もそれぞれに表れます。

心が温かい人は自分を喜ばすことで大切にする敬いを選択します。
心が冷たい人は不安や恐怖の苦痛から逃避する納得を選択します。

どちらも人それぞれに大切な生き方と在り方となる中で、心が冷たくなる経験をしながらも、心が温かくなる道を選ぶことには明確な強さがあります。

冷温どちらも経験することで心が冷たいことを知り、人の辛さも苦しみも痛みも体感として真に理解するため、自分への敬いに留まらず他者への敬いをも持つことになります。

それは、強いからこその優しさとなり、陰も陽も理解したからこその人間性です。

手が冷たくなる環境への受け入れや感謝があり、物事を俯瞰して余裕を持つ見方には、人としての温かさを表す心の意志が見られます。

そんな理解にて、人を知る一助となることを願います。

ありがとうございました。

【忘れていた人生の合図を電子書籍にて販売中!】

ふざけた人生哲学 幸せはムニュムニュムニュ

サラリーマンだった人間がおかしくなる、とある森での変人化計画とその全貌。

一人での森生活、襲ってきた熊は忘れていた大事なことを思い出させ、そこで見つけたものはムニュムニュしていました。

一風変わった哲学書であり、森を舞台にした一人の元サラリーマンが自分を探し出す物語。

自分を見失い、人生に疑問を抱き、違和感を感じる時こそ、本当の自分という名のふざけた自分を見つけ出す変貌ストーリーが始まります。

忘れている大事なことを思い出し、自分らしく人生を生きるための経験と知恵を詰めた内容です。何か興味を感じた方は、ぜひ始まりの合図を受け取ってください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です