人それぞれ

猫に好かれる人と嫌われる人の秘密|波動と人間力から私達はいつも獲物

猫を観察すると、感覚機能と本能に忠実に行動をしていることがわかります。

ペットとして人と関わることの多い猫には、野生との違いや犬との違いが、人との共存生活で表れます。

猫には大きな特徴として、自由と安心を求めるために、本能からの習性にて“人を観察”します。

観察する際には動物本能を使用し、エネルギーの概念にある“波動”から“人間力”を見ます。

観察力が他の動物よりも遥かに優れていることから、猫に好かれる人と嫌われる人はとても明確に表現されます。

気付くと猫は常に人を観察しています。そんな猫をひたすら観察していると、猫から見える私達の姿が現れ、人としての在り方と同時に人間力となる真実が判明します。

猫は自由で気ままです。何よりも自分の幸せを優先する勝手で可愛い動物であることから、猫に好かれる人と同時に、好かれたように見える人も現れますが、それは完全に使われている状態ですので、猫の真意を一緒に知っていきましょう。

猫を観察することでわかる、猫から好かれる人と猫に嫌われる人の持つ特徴と秘密を知ることで、猫とのより良い関係性を築く一助となることを願います。

 

猫に好かれる理由に本能と習性

猫の生態と習性

猫を観察するとどれほど猫が自由かがわかります。

猫がすることは基本的に、寝る、食べる、遊ぶ、瞑想、観察です。
うちにいる猫なんかは、ほぼ瞑想と観察と食べてばっかです。

私も同じようなものなので一緒に瞑想したりしますが、自由なので直ぐにバリバリむしゃむしゃして、ちょこんと座ってまた瞑想です。

外にいる猫なんかをずっと追いかけて観察しますが、野良猫は食料調達と喧嘩が追加される具合です。

そんな猫の習性から猫にとって大切な本能が見られます。

猫の本能と習性
  • 睡眠(14~20h/日)
  • マーキング(安心するために自分のにおいをつける)
  • 爪とぎ(狩りのため&マーキング)
  • 毛づくろい(清潔を保つ、体温を下げる調整)
  • 縄張り意識からの威嚇、攻撃
  • 暖かい場所を好む
  • 単独行動
  • じゃれて遊ぶ(狩りの訓練も兼ねる)
  • 狭い場所を好む(安心感を得る)
  • 警戒による観察(見つめる)
  • 狩猟(攻撃は本能だが狩りの技術は本能ではない)
  • 飼い主に餌をあげる(母性本能)
  • 夜行性(夕方~夜、明け方が行動時間&狩りに適した時間)

猫の本能と習性からわかることは、寝る狩り(食べる)安心するが生きる主体です。

特に、安心するためにマーキングとして、おしっこをかけたり、寄ってきてすりすりしたりと、自分のテリトリーを自分のにおいで満たそうとします。

そして、一日の大半は寝ているので、寝るための場所がとても重要になり、安心感を得られる場所を選びながら、暖かい場所や狭い場所を好みます。

猫には五感の働きから特徴的な特性が見られます。

猫の五感と特性
  • 聴覚…60~65000Hzまでの高音域が聞き取れ、人の~20000Hz、犬の~47000Hzを上回り、高音域を聞き取りやすい(女性の声が聞きやすい)
  • 視覚…瞳孔を開いたり細めたりと光量を調整して暗所での視力が良い、僅かな光でも物を見ることができる
  • 嗅覚…人の数万から数十万倍の嗅覚を持ち、縄張り確認、食べられるものかどうかの判別に使用する
  • 味覚…甘味を認識できず、アミノ酸に対する反応が強く、苦みを強く感じる
  • ひげ…感情によってひげの状態が変化し、狭い場所の通行可否の判断に使用し、感覚神経や血管が分布する非常に鋭敏な感覚器になっている

Wikipedia ネコ 参照

さまざまな特性がある中で、ネコの尻尾には痛覚があり、尻尾は敏感で大切な自己表現として、感情や状態を表すサインとなっています。

尻尾の動きでわかる状態
  • 立てる・・・機嫌が良い
  • 横に早く大きく振る・・・不快な時
  • 横にゆっくり大きく振る・・・狩りや遊びで興奮している、リラックスしている、飼い主への返答の代わり
  • 後ろ脚の間に巻き込む・・・怯えている(耳を後ろに伏せていることを伴う)
  • 大きくふくらませている・・・驚いた時、または威嚇する時(同時に全身の毛を逆立てる)
  • 他の猫や人間に巻き付ける・・・親愛の情を持っている

Wikipedia ネコ 引用

猫はネコ科としてトラやライオンと同じ生態があります。
実際に違うのは大きさのみであり、それ以外の体の作りや、本能の動きは同一です。

猫はとてもアグレッシブで、待ち伏せ型の捕食作戦の基、獲物を捕獲します。
運動能力がとても高く、ジャンプ力に瞬発力に体の柔軟性が非常に高い動物です。
走ると最高速度は40Km/hを超えると言われており、瞬間的な動きが速いがスタミナがない特徴もあります。

猫の凶暴性はトラやライオンと同様であり、それはペットの猫も同様です。

しかし、ペットの猫は人との共存を成し得た動物であり、人と猫の歴史は約9500年前に遡る記録も発見されているほど、人と近い関係性を持ち続けます。

 

野良猫とペット猫の違い

野良猫とペットの猫は全く違う生き物です。

両者の違いにあるのは“社会性”であり、人との共存をするためにペットは思考を持ちます。

動物とペットの違い : 人の社会性による思考を持つのがペット

※行動規範が本能と思考に基づくペット

 

ペットの猫は人の社会性を持つことで、躾を受け入れたように行動する

猫が他の動物と違うのは、単独行動を好み、従順性がないことで、“人間の言うことは聞かず”、躾や強制を受け入れません。

何よりもありのままの自分でいることを尊重するので嫌なことは絶対にせず、ペット猫は優先順位を思考で決められるので、エサを貰うためや好きな人と一緒にいる際の心地良さを優先して、躾を受け入れたように自分のために行動します。

トイレの場所など人との共存に必要なことを生活する環境それぞれに理解し、本能とのバランスを取りながら、「心地良い」「心地悪くない」気持ちに従いながら生きていきます。

例えばトイレの場所を指定されていても、「そこにしてね」という人間の躾で行動は抑制されません。

「トイレは自由にするニャー」と感じているのですが、本能に従うことで「外に居る時は何も言われないから外にして、家の中に居る時は怒られると心地悪いからトイレでしよう」という具合です。
そこにはペットとしての思考があります。

 

愛とストレスを持つのがペット

愛とストレスを生み出す原因は飼い主と生活環境です。

そこには人から受けた“愛”があり“ストレス”があるので、思考を持つペットは生活環境によって健康状態も精神状態も生き方も変わります。

“愛”を感じることで人の好き嫌いを判別し、人に寄ったり離れたりをする習性が見られるのですが、そこにあるのは愛を感じることと本能の組み合わせです。

そして、動物とペットの最大の違いは、愛を感じて物事を判別するかどうかです。

 

ペットは愛を知り、愛で物事を判別することに動物との違いがある

ペットは人との共存によって愛を知ります。

愛とは心地良いと感じる感覚からの想いであり、そこに思考を挟むことで愛の定義付けを感覚的に行い、本能と組み合わせることで無意識に心地良い感覚のあるものへ寄っていく習性が生まれます。

そこにあるのは愛を感じる波動エネルギーで、ペットである猫にはスピリチュアルな一面があります。

 

猫に好かれる理由と嫌われる理由

猫の習性と本能から、猫にとって大切なことは、心地良さと安心感です。

猫は波動というエネルギーを感じています。

 

波動に、猫に好かれたり嫌われる理由となる行動の基がある

波動とは、全ての存在が有する振動であり、スピリチュアルな概念ではエネルギーや気やオーラという言葉になります。

感情や想いから発される波動があり、オーラや生命エネルギーといった人間をまとうエネルギーで、波動を発するものそれ自体の存在を認識する源です。

物事や存在を認識する元であり、心によって波動のエネルギーが認知され、感じた感覚を変換することで“心の想い”として気持ちを味わいます。

波動を心が感じる際の気持ち :
「心地良い」か「心地良くはない」の2種類の想いを生み出す

人間も波動を感じることができますが、猫は敏感に波動を感じており、自我がなければないほどに感度が高まるので、ペットよりも野生動物のほうが感度が高くなります。

 

猫は波動を基に判別材料として習性を作り、人に対する好き嫌いの認識を作る

猫などの動物やペットは常に波動というエネルギーを感じ、波動による想いを物事の判別材料にする。
安心感を求める猫の習性と、心地良いと感じる波動を発する人との合致があることで、猫に好かれる人と嫌われる人が判明する。

※動物の感じる波動やエネルギーに関しての詳細は、自分を紐解くとブルブルブル。自分の波動を知ると高まるエネルギー をご覧ください。

自分の波動を知る方法│波動とはエネルギーであり存在の源であり自己表現波動とはこの世の全ての存在を創り、存在を認識するエネルギーの源です。 そして、自分自身を創造しているエネルギーとの繋がりです。 ...

 

猫に好かれる人と嫌われる人

猫の生き方と波動の合致

猫は波動を常に感じているので、人の発する波動に敏感です。

人の感情や気持ちから発される波動は、四六時中何かしら発されているので、その時の状態や精神状況や心理状況などを猫は全部お見通しです。

しかし、頭の中まではわかっていませんので安心してください。

そこには猫の波動を感じ取るスピリチュアルな能力と、習性としての観察力があり、常に人を観察して、状態や状況を認識します。

何にも考えないでぼけーっとしているかと思いきや、警戒本能と狩猟本能からの習性にて、人の状態を感じ取ろうとします。

波動を認識材料としているので自然と感じ取り、たまにそれ以外の見えない存在を感じ取ったりもしています。

私も波動を感じる人間なのですが、うちの猫と一緒に瞑想をしている時に、見えない霊的なのが来ると一緒にそこをジーっと見ています。向こうは困っているかもしれません。

猫は好き嫌いがはっきりしており、それは何よりも自分の存在を尊重するためであり、躾も何も受け付けず、自分が心地良く生きることを大切にします。

好きなものは好き、嫌いなものは嫌いとはっきり認識します。
しかし、思考が浅いので後に引いたり根に持つことはなく、一瞬一瞬の今のみを認識して自分のために生きます。

そのために、猫に好かれる人や嫌われる人は明確に表現され、後には引かないので嫌いになった次の瞬間には好きになったり、好きになったら直ぐに嫌いになったり、自由です。

猫の生き方:あるがままの自分でありのままに生きる心地良い生き方
※心地良いと感じる波動を認識材料として、心地良ければ人を好きになり、心地悪ければ人を嫌いになる。
※思考をほとんど使用しないので、好き嫌いの認識は心地良いか心地良くないかで判断する。

※猫に好かれる人の特徴と人間性の詳細は、猫に好かれる人の特徴に心理と人間性|強くてモテるけど興味なし?! をご覧ください。

猫に好かれる人の特徴に心理と人間性|強くてモテるけど興味なし?!動物に好かれる人の中でも猫に好かれる人には、猫ならではの安心感と距離感への敬いがあります。 人との関係が深く歴史も長い猫には、人の...

 

猫に好かれる人は愛を持つ人

  • 猫に好かれる人は心地良い波動を発して猫と接する人です。
  • 猫に嫌われる人は心地悪い波動を発して猫と接する人です。

心地良いと感じる波動を基に行動をしており、その心地良さが『愛』です。

ポジティブな波動は心地良さを与えますが、その中でも愛が最も心地良さを与えます。

体感として、「楽しい」「嬉しい」なども心地良く感じますが、「愛し」「愛され」の心地良さはそれを凌駕する心地良さです。

その為、猫に好かれる人は愛の波動を持っている人であり、愛を持って接する人は猫に好かれる人となり、なつかれます。

 

愛を持って接する人は猫に好かれる

スピリチュアルな概念を持っているかどうかは一切関係なく、愛を持って接する人からは、猫と戯れたり接する際に“愛の波動”が伝播します。

愛の波動は、自分と猫を敬う気持ちを持っていることを表し、自分の喜びと猫の喜びを想いながら、心豊かに接します。

その際の波動を感じる猫は心地良い感覚を味わい、「人と一緒に居ることが心地良いので好きになる(一緒にいる)」という、自分のみを考えて自由に生きる猫のシンプルな認識判断です。

愛の波動を持つ人は、猫以外にも動物に好かれる。
猫に好かれる人は動物以外にも人に好かれ、モテる。

心地良さがない人を好きになることはなく、エサをくれるから使用することで猫が寄ってくる人となり、“猫に好かれたように見える人”となる。

※動物に好かれる人の人間性については、動物に好かれる人の特徴に見えない秘密|心地良さを放つオーラと落ち着き をご覧ください。

動物に好かれる人の特徴に見えない秘密|心地良さを放つオーラと落ち着き人に好かれる人に理由があるように、動物に好かれる人にも理由があり、それは人間以上に明確な特徴が表れます。 動物に好かれる人には共通...

 

猫に好かれる人は強い

愛を持って接する人は動物に好かれます。

波動を感じる動物には嘘は通じないので、猫や動物に好かれる人は嘘偽りなく心から愛情や優しさを持つ人です。

しかし、猫に好かれる人には他の動物やペットとは違う独特な理由があり、波動が再度関係しています。

猫に好かれる人は、猫の習性から来る動物性本能が別にあり、それは猫の生き方にも現れるものです。

 

猫に好かれる人の最大の特徴は、猫が「強い波動」を認めた人

※強いとは精神と心を組み合わせた人間としての強さであり、愛の認知度の高さと自分を確立して物事を認識する意志の強さ(恐怖に負けない意志)
※“強さ”を持つ人は、猫に安心感のリラックスを与える

「強いか弱いか」
ここに本能としての物事の判別と判断基準があり、猫は動物の中でも特に弱肉強食の本能が働きます。

猫が日常生活ですることは、「寝る」「食べる」「遊ぶ」「瞑想する」「観察する」、以上です。

猫は本当によく観察しています。
何かをジーっと眺めることが非常に多いです。

ここにはスピリチュアルな概念として、霊的な見えないものを見ていることもありますが、これは波動を感じている状態であり、警戒本能と狩猟本能からの習性にて“強いかどうかを判断”しています。

観察をしている際に何か対象となるものを見つめる場合、強さを波動で観察して判断材料を収集しています。

これは戦いを避けるためのもので、事前に情報収集して強いと判断したものには攻撃を仕掛けることはなく、できるだけ体力を使わない術を持ちます。

ペットなどで家に猫がいる場合はぜひ観察してみてください。
一日中観察することになりますが、ふとした時に見られています。それは寝ている時も例外ではなく、気付くと枕元に座って頭の上からジーっと観られていたりして、「おぉ、何してんのよ、怖いことするじゃない!」と目が覚めると驚きます。

猫は目と目が合うと動物本能がむき出しになるので、戦いモードに入ります。
その際には波動を感じて集中しており、相手の強さを見て、相手が自分より弱いかどうかを感じて判断しています。

数秒で判断が終わります。覇気を出す人がいれば、どんな猫でも直ぐに目を逸らします。

 

自分より強いと感じればしもべのように付いてくる

強いと判断されると、マーキングとは別でスリスリしてきたり、「撫でてくれ」と心地良いことをしてもらいたいと訴えかけてきます。

さらに、尻尾を巻いて親愛を表したり、膝などの上に乗って足をフミフミする行動を見せます。

しかし、弱いと感じれば、「ニャー」とエサのためやドアを開けさせるために使ってきます。そのニャーは可愛いものではなく、「ほれ、早く開けるニャー」です。

もし私達を食べられると認識していれば、弱いと判断された時に鳥のようにムシャムシャ食べられます。

私達は一生獲物です。

強さとは人としての強さであり、そこには攻撃性や排他性はなく、自分を守り他を守るための確たる意志。自尊心から生まれる自他を敬い想う自負と自分を確立する人間力、恐怖に打ち勝つ強さ。
その人間力は人を守る強さとなり、愛の想いとなる力。
本能の習性と波動を感じるスピリチュアル能力を組み合わせて、猫自身で強いか弱いかを人から感じ取り、強いと判断される人は猫に安心感を与えるので、好かれる人となる。

猫は弱肉強食の本能と、トラやライオンのように一匹の個を尊重する本能があります。

その為、ペットとして家に居る場合には、家に居る全員が獲物です。いつでも食べようとして、全員を対象に自分より強いか弱いかを観察しています。

波動を基に感じ取って判断し、自分が一番強いか、はたまた人間の誰かを強いと認めて尊重するか、誰かしら一番強い人を定めます。

自分より強いと判断すれば習性に従って猫に好かれる人としてなつかれ、そこに愛があればより親密に常に猫が寄ってくる人となり、一緒のベッドでスヤスヤと安心して眠ります。

 

猫の習性と本能からの猫に好かれる人

猫の習性と本能から、猫は“安心感”を求めます。

ライオンなどの野生動物であれば、肉体的な強さを誇示することで、外敵から身を守るための安心感を得られますが、ペットの猫の安心感は人の社会性からの愛に基づきます。

自分の意志を持ち、恐怖に負けない強さは愛からの強さであることから、猫の本能と合致して最も安心感を与える波動を発します。

しかし、強さ以外にも安心感を与える言動は、猫に心地良さを与え、猫に好かれる理由となります。

 

優しい女性の高音の声が猫に好かれる

聴覚にて高音域を聞き取りやすいことから、女性の声を好む傾向があり、高音の声に習性から反応します。

そこで心地良い感覚を与えられるように、優しい敬いのある声をすることで猫に安心感を与えて喜ばれます。

あくまで波動にて認識判断しているので、優しさがなければ効果は見られなくなりますが、聞こえやすい声であれば反応をするので、興味を与える材料になるという具合です。

 

猫に興味、関心がない人は猫が寄ってくる

安心感を好むことから、ガツガツと寄ってくる人を猫は好みません。なぜならば、「可愛いから触りたい」「癒されるから一緒に居たい」「気持ちいいから撫でたい」という我欲の解消で猫を自分のために利用する場合、愛はないので、猫に心地良さを与える行為ではなくなります。

そのため、猫に興味や関心がなく、あまり積極的に関わらないことで、干渉されないことからの安心感を持ちます。

そして、猫は自分の生きたいようあるがままに自由に生きるので、自分の寄りたい時にマーキングとしてスリスリして、「自分のもの」という臭い付けをして、好きなように関わりを持ちます。

猫に好かれるわけではありませんが、猫が寄ってくる人となる特徴です。

※鳥に好かれる人は猫に好かれる人と特徴が似ていますので、鳥に好かれる人の人間性はオーラに表れる。鳥の感じる心地良いとは? をぜひご覧ください。

鳥に好かれる人の人間性はオーラに表れる|鳥とカラスに見える別の世界たくさんの人がいる中でも、鳥は人を判別して寄りつき、鳥に好かれる人が示されます。 そこには、鳥から好かれる人間性があり、鳥が寄って...

 

猫に嫌われる人

猫に嫌われる人は、スピリチュアルな波動概念による愛やポジティブな気持ちがない人です。

愛がなくともポジティブな楽しさや喜びの気持ちがあれば、心地悪さを猫が感じることはありませんが、ネガティブに人を否定したり物事を非難したりする状態では、猫に嫌われる人となり、餌以外で猫は寄り付きもしません。

そして、猫の本能からの強いか弱いかの判断にて弱いと判断された場合には、猫に嫌われる人として正式に決定です。

その際には、心の状態や想いから判断されているので、演技も偽りも通用せずにスピリチュアルに認識されます。

猫に嫌われる人の特徴
  1. エゴが多くポジティブな状態ではない人
  2. 愛がない人
  3. 自分が確立されておらず、意志がなく軸がない
  4. 猫に弱いと判断され、恐怖に飲み込まれる人

※自分や他人に対する恐怖や不安を抱え、キョロキョロと周囲を伺うような人で、言い方を変えるとハイエナのような人。

エゴが多い状態では、猫が目の前に現れてもピューっと走っていきます。さらに、部屋などの空間にいる場合には猫がソワソワと落ち着きがなくなり、ストレス状態を露にします。

愛がないので心地良さがなく、ありのままに心地良く生きている猫にとっては関わりを持つ理由がなく、意志がなくフラフラしている状態なので、食べられる対象であれば既に食べられています。

食べられるのは冗談ですが、野良猫であれば猫に嫌われる人はシャーっとされます。それは弱いと判断されたことで、戦いモードに猫は入っている状態です。

猫は極力体力を消費したくないので、猫から仕掛けることはありませんが、シャー状態で立ち向かっていけば、体中に爪痕が残る結果となるので気を付けてください。

※虫に好かれる人のスピリチュアルな話は、虫が寄ってくる人に秘密あり。心の使い手は伝言板の役割を担う をご覧ください。

虫に好かれる人に秘密あり。心の使い手は伝言板の役割から寄られる役好かれる人には寄りたくなる理由があります。 虫に好かれる人には、虫が寄りたくなる好かれる理由があり、本能と心の意識レベルに見えない...

 

犬と猫に好かれる人の違い

猫は強さを本能の習性と波動で判断しているのですが、犬はこれをしません。

犬が人を好きになり、なつく理由は同様に波動の心地良さにありますが、犬にとって重要なことは愛のエネルギーの大小です。

犬に好かれる人と、猫に好かれる人の違いには、愛の大小、強さの大小の違いがあります。

犬に好かれる人、猫に好かれる人の違い

【犬に好かれる人】
愛を持って接する際、波動が高い人であればあるほど、犬に好かれる
→愛による敬いの想いが大きいか小さいか

【猫に好かれる人】
強さとなる人間力が強ければ強いほど、猫に好かれる
→自分を確立する強さの波動が大きいか、小さいか

猫に好かれる人の持つ強さは、自尊心としての意志であり、人としての強さ。
そこに攻撃性は一切なく、犬に好かれる人同様に愛に繋がる想い。

※犬に好かれる人の特徴については、犬に好かれる人に共通点あり!寄ってくる人が持つ波動の秘密 をご覧ください。

犬に好かれる人に隠された共通点と特徴|波動を読み取る動物の秘密動物は全てを感じています。 純粋な生き物でエゴがないことから、嘘や取り繕いは通用せず、関わる人や動物自身の状況や状態を本気で表現し...

 

猫に好かれる人と嫌われる人 まとめ

猫は思考を持ち、愛などの心地良い波動を基に物事を判別し、人を好きになり、嫌いになります。

猫に好かれる人の特徴には、愛を持って接することでのポジティブな心地良い波動を発していることと同時に、人としての確たる意志である人間力の強さを持ちます。

そこには、猫ならではの個を尊重する一匹狼的な生き方があり、個を敬う動物性本能からの本質があります。

その為、猫を観察することで、猫と接している人の人間性を知ることにもなり、猫のスピリチュアルな波動を感じる能力によって愛や優しさを知り、猫の習性ならではの能力によって人間としての強さと、強さがもたらす安心感を知ることになります。

気付くと猫はジーっと眺めています。
それ以外は寝ていたり瞑想をしていたりとぼけーっとしていますが、気付くと目をギラギラさせていたりしますので、獲物だと思われているかもしれません。

人と人との関係でもそうですが、目を見ることでその人の状態や状況、精神状態や心理状態までのあらゆる情報が読み取れます。

そこに波動を加えて、「強い弱い」の判断をしているのが猫であり、動物としての本能です。

戦いの意志がないのは、家の中に戦う必要性がないからです。
猫は平和主義者ですので、心地良いことだけにフォーカスをして、お腹いっぱい食べて一生お昼寝していたい生き物です。

襲うのは食料捕獲のためであり、生存本能、子孫繁栄のためですので、それ以外は戦いを望まれなければ戦いません。
そのためにも、事前に相手を理解して相手を読み取ることで、いざという時に備えます。

ハイエナは猫に嫌われます。
ハイエナは弱いわけではないのですが、自分という個がないので依存と執着を基にして生きます。その状態ではエゴとネガティブな思いが主体となり、猫に嫌われる人となり、猫が寄ってこない人になります。

猫に好かれる人は猫のように個を尊重し、確固たる自分としての強さを持つ人が傾向として多いです。

そこには平和主義としての攻撃性や排他性はなく、個人であることや、自分を持つことを敬います。

猫に好かれる人も犬に好かれる人も根底には愛の波動があり、その前にはそれぞれに強さや愛の違いがあり、好かれる人の特徴を猫のように、犬のように彩ります。

それでは、猫を観察しているとわかる猫に好かれる人と猫に嫌われる人の特徴とスピリチュアルな認識についての話を終了します。

最後までご覧頂きまして、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です